セリス地下室クラブPart4
1 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:00 ID:???

    /⌒⌒ヽ
   /l iヾヘ  ヽ     _______________________________________________________________
   l∧lニニヾ ヽニ)   /前スレはセリス地下室クラブPart3
    l lTi -=l l l  < http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1022690429/l50
   ( ヽ ー  .ソ ヽ、 \______________________________________________________________
    ノ(`─ヽ二フ、 ヽ 
 n__r、/⌒ヽ\\\)     
 LLヽヽ/ヽノノヽ,,つ\  
     .| セリス |-‐'"⌒  〜〜
    ◎ ̄ ̄◎ ころころ〜

参考スレ
前スレ
セリス地下室クラブ
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/1007742931/
+++セリス地下室クラブ+++
http://game.2ch.net/test/read.cgi/ff/988976796/
FF6のセリス萌えなひと集まれ〜(^-^)
http://piza.2ch.net/ff/kako/974/974567834.html
セリスとセックスしたいんだよ!!
www.geocities.co.jp/Playtown-King/3349/980308940.lzh

2 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:01 ID:FHEf+dks
2GET

3 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:01 ID:???
乙!

4 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:03 ID:???
削除

5 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:04 ID:???
新スレおめ&前スレ950乙

6 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:06 ID:???
おー立ったのかお疲れ
引き続き期待さげ(;´Д`)ハァハァ

7 セリス車 ◆Celes642 :02/09/23 00:08 ID:???
よかったね〜

>>1
お疲れ様

8 スレ立て人 :02/09/23 00:12 ID:???
アフターフォロー。

+++セリス地下室クラブ+++
http://game.2ch.net/ff/kako/988/988976796.html
セリス地下室クラブ
http://game.2ch.net/ff/kako/1007/10077/1007742931.html

それでは、このスレッドの今後ますますのご発展をお祈りしつつ、
失礼させて頂きます。

9 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:16 ID:???
>>8 お疲れ様です。どうもありがとうございました

10 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 00:16 ID:???
>8
サンクス!

セリス車たんいたのかよ
しばらく見ないから心配したよ(w

11 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 02:49 ID:???
>1
乙かれ〜。

>さすらいの。さん、ヘターレさん
続き楽しみにまってるYo!!

12 さすらいの。 :02/09/23 08:56 ID:???
●腐った林檎23●

「コーリンゲン」
「コーリンゲン!?」
ロックとエドガーが同時に叫ぶ。
「…って前全員で行ったばっかじゃねえか」
ロックの言葉に、セッツァーはやれやれという表情で、言う。
「まあ行ったわな。でもセリスだけが―入らなかった場所が、ある」
「…?…あ」
「レイチェルの眠っている―地下室だ」
「…」
「それで変だったのか?」
エドガーが言う。だが、ロックはしばらく考えた後―。
「いや、セリスは写真で何度もレイチェルを見てる…けどな」
―だから変だったのか?
―でも、セリスはレイチェルを見た事が、ある
―…レイチェルを、実物を見たからといって―
「…わかんねえよ」
ロックがため息をつく。


新スレおめでとうございます(´▲`)


13 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/23 10:41 ID:???
さすらいの。さん朝から乙〜

14 新人 :02/09/24 00:51 ID:???
さすらいの。さん、ヘターレさん、最高でつ!

15 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/24 01:17 ID:???
ハゲドウ!
職人さん(・∀・)イイ!
期待sage(;´Д`)ハァハァ

16 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/24 05:14 ID:???
おい、全スレ消化してから引っ越せよ・・・

17 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 00:39 ID:???
前スレの埋め立ても終わりましたよ
999だた・・・SS職人さん、ますますのご活躍期待しております。

18 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 00:40 ID:???
よっしゃー!
期待さげ(;´Д`)ハァハァ

19 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 00:41 ID:???
初1000get!つか、こっちはsage進行で。
多分前スレあげたヤシは14さんとは別だと思うが、一応

20 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 00:50 ID:???
>19
オメデd

職人さん方待ってます(;´Д`)ハァハァ
オペラじっくりやりたくなった(;´Д`)ハァハァ

21 セリス車 ◆Celes642 :02/09/25 01:03 ID:???
ありゃ?
批判要望板の面白いスレ見てたら1000逝っちゃったのね

>>19
おめでとう


22 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 01:27 ID:???
>>19
おめでd!

このスレでも、皆でセリたんにマターリ萌えれると(・∀・)イイね


23 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 01:29 ID:???
お絵描き掲示板(本館)のセリたんカワエエ(;´Д`)

24 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 01:54 ID:???
こっちにうぷしてほしいねえ

25 さすらいの。 :02/09/25 19:51 ID:???
●腐った林檎24●

「まあ悩め悩め!んでどーしても駄目だと思ったら俺にセリス譲れ」
セッツァーが嗤ってロックの肩を叩く。
「やるかよ」
ロックはそう言うと部屋から出て行った。エドガーは、言う。
「…本気か?」
「何が」
「セリス」
「全然」
セッツァーはそう言うと、煙草を吸い始める。
「かわいいしヤりたいとかは思うけどな、それは普通に男として、
だ。それにセリスは、あの馬鹿一筋だし」
「…そうだな」
「それにしてもセリスは、何で変なんだろうな」
「…それな。まあレイチェルが関係しているとしか思えないけど」
二人は同時にため息をつく。煙草の煙が、部屋を濁した。

「こらー!!変態岩男!!リルム達の部屋の前で、何してんだっ」
「…お前ら待ってるに、決まってるだろうが」
買い物に行っていたティナとリルムが、部屋へと戻ってくる。ロック
はドアにもたれて煙草を吸っていた。
「…どうしたの、ロック?」


うーぬ(´▲`)前編と違ってエロ少ない。でもケフカが絡んでくる
とすごい事になると思うので…。


26 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 23:20 ID:???
さすらいの。さんのロックイイ!(´∀`)
どうしたセリたん!どうなるロクセリ!
ケフカの登場楽しみらー

27 さすらいの。 :02/09/25 23:22 ID:???
●腐った林檎25●

「ちょっとな」
ティナがドアを開ける。そして、ロックを通す。ロックは最初部屋
を入った所で立っていたが、ティナの誘導によりソファーに座る。
「で、何?」
ティナがロックに問いかける。ロックが煙草の煙を吐きながら―言
う。
「―あいつ、…てかセリス。俺の部屋いるから…今日はあっちで寝
かせてやってくれ」
「こんのセクハラ岩男っ!!」
リルムがロックに向かって枕を投げつける。枕はロックの顔にヒッ
トした。
「ガキ!!何すんだよ」
「今夜もセリスを寝かせないつもりっ!?セリス寝不足になっちゃ
うでしょこのタコっ」
「…じゃなくてな!!」
「…?」
「俺は今日リビングででも寝るからな」
ティナとリルムはきょとんとしていたが―ティナが、言う。
「…セリスと何か、あったの?」



28 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 23:44 ID:???
あ、さすらいの。さんだお疲れ〜
リルム10歳とは思えないw

29 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/25 23:46 ID:???
うおーーなんていいところで切るんだ!!
何かあったの!!?何があったの!(;´Д`)
リルム何げに爆弾発言。
続きキボン。

30 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/26 07:02 ID:???
さすらいの。さん乙〜マセガキなリルムたんにも(;´Д`)ハァハァ

ところで、お絵描き掲示板(隔離)に神の絵が…降臨してた
挿絵ハケーン!!ウマー(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)

31 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/26 18:07 ID:???
>30
俺も見てきた(;´Д`)ハァハァ
絵師さん最高!!‥‥欲を言えばもっとエ(略
でも最高(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

さすらいの。さん続きを‥‥‥!

32 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/26 23:17 ID:???
まったりしながら待ちますです。
職人さんたち、みなさんがんがってくだされ。
FF1&2はムービーでしゃべるらしいけど
6はしゃべんなくて ホントよかったよ。

33 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 01:30 ID:???
>32 禿同
特にその後付けの声が自分の中のイメージと異なった場合なんて…メモアテラレナイ

34 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 02:38 ID:???
さすらいの。さん、乙です
続き激しく気になりまつ(;´Д`)ハァハァ
んで、続き待ちにとちょっくら絵を描いてみました
偽りの果実の終盤あたりのラブラブ時代をイメージ(一応…)
http://north-cape.parfait.ne.jp/cgi-bin/ffdq/data/IMG_001643.jpg

すでに見てくださった方もいるようで大変ありがたいです
ありがとうございます(´Д`*)
ここの小説にすんごいハマリまくってたまらなかったので描いてしまいました
これからもさすらいの。さんやヘターレさんの小説楽しみにしております

35 セリス車 ◆Celes642 :02/09/27 02:45 ID:???
>>34
隔離の方ですね
すごく(・∀・)イイ!!ですよん

36 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 03:03 ID:???
リメイクで声当てるのは難しいだろうな
人それぞれイメージ分かれるだろうし…
セリスたんは余程綺麗な声の声優じゃない限り駄目だ
しかも凛々しさと可愛らしさを兼ね備えてなければ認めない(w

>35
カナーリ(・∀・)イイ!!!!!
職人さん マ ン セ ー (;´Д`)ハァハァ
よかったら是非第2弾を………(;´Д`)ハァハァ

37 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 17:01 ID:LkT1JwiK
さすらいの。さん続きをー

・・・小説かきたくなった

38 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 17:06 ID:???
>>37
ぜひ!書いてホスィ(;´Д`)

さすらいの。さん漏れも待ってます(;´Д`)ハァハァ

39 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 17:22 ID:???
www.elf-game.co.jp/data/lineup/ww/ww4.jpg

セリスじゃないけど(;´Д`)ハァハァ

40  ◆B4U/WKDY :02/09/27 18:06 ID:???
>>39
それ、ワーズワースのシャロンじゃん
ちょっと似てるかも

41 37 :02/09/27 22:09 ID:J4BT2YHW
こんばんは!
さっそく小説かいてみました。
さすらいの。さんの小説と並べるのはかなり無謀な気がしますが、
まあ読んでやるかという方、どうぞお読みくだされ。

バタン・・・
と背中で扉の閉まる音がして、セリスはますます緊張を強めた。
(・・・どう、しよう・・・)
セリスは身を固くしたまま、視線だけで部屋を見回す。
ーベットと、ちょっとしたテーブルと椅子。
それだけの部屋だ。
ー・・・それだけの。
続いて、背後で鍵のしまる音がした。
そして、彼の近づいてくる、気配。
「・・・セリス」

・・・題名はかくとネタばれになるので書き終わってからにします。
お目汚しをいたしました。でもまだ続きます。ごめんなさい。

42 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 22:11 ID:???
>>41
どうでもいいが、sage進行で頼む
地下室クラブなので

43 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/27 23:54 ID:???
>41
メール欄に sage って入れるんだよ
小説書いてくれるのは(・∀・)ウレスィ!

44 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/28 00:05 ID:???
小説凄い好きです!書いてる方頑張って下さいね!

45 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/28 15:29 ID:???
さすらいの。さん暫くお休みですね・・・
今までの進み方が驚異的だっただけだけどやっぱり(´・ω・`)ショボーン
続き期待してます!
他の職人さんもがんがってください〜

46 37 :02/09/28 16:47 ID:???
名前を呼ばれ、セリスの肩がぴくん、とはねた。
その様子を見て、彼ーロックは少々苦笑し、彼女の肩に手を伸ばした。
両手で彼女の肩をそっと掴み、ひきよせるとそのまま後ろから抱きしめる。
「・・・ロック・・・」
吐息がふれるほど近くに彼の顔があり、セリスの心臓ははねあがった。
「あ、の・・・ロック」
首にかかる吐息からセリスは逃れようと身をよじった。
しかし、それをはばむようにロックの腕の力が強まる。
「あの、ロック!・・・っ、ん・・・ッ!」
抗議をしようとしたセリスの科白が、甘い吐息に変わり、緊張にかたくなっていた身体の力が抜けた。
ロックがセリスの首筋に赤い花を散らしたからであった。
すっかり力の抜けた彼女の肩にまわしていた腕をほどき、ロックは彼女の首筋に唇をつけたまま、セリスを自分の方へ向かせた。
そしてセリスのうなじに手をまわし、彼女の唇を奪おうとー・・・

し、素人なのでご迷惑をおかけします・・・メール欄にsage、ですね
了解です

47 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/28 17:02 ID:???
キ(・∀・)タ!!

48 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/28 19:38 ID:???
純愛エチー(・∀・)イイ!
続き待ってます(;´Д`)ハァハァ
さすらいの。さんも期待sage〜

49 37 :02/09/29 01:19 ID:???
「っ、ロック、ちょっと待って!」
セリスが切羽詰った声をあげた。
「・・・?どうした?」
ロックはセリスの答えを待ったが、彼女は視線をあちこちに泳がせ、決してロックと視線を合わせようとしない。
「セリス?」
「あー・・・、そうだ!ロック、お茶飲もう?!今淹れるから!」
そういってセリスはロックの腕から逃れると、お茶を淹れ始めた。
ロックはその背中を見やり、軽く溜め息をつくとベットの端に腰かけた。
やがて、彼女の淹れた紅茶の香りが部屋を満たす。
「ミルクいれる?」
「いや、いい」
「砂糖は?」
「いらない」
セリスは注文通りの紅茶をカップに注ぐと、ロックに差し出した。
ロックは手をのばしーカップではなく、彼女の細い手首をつかんだ。
ぐいっと引き寄せる。
「あ!?」
カップは床に落ちて割れた。
そして、セリスはー
「ちょ、ちょっとロック!待ーっ、んッ」
ベットの上に組み敷かれ、唇を塞がれる。
セリスは必死に両手でロックの肩をおした。
しかしくちづけの熱はかえってあがるばかり。
「・・・−っ、ま、待っててば!ロッ・・・」
「待てない」





50 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/29 02:20 ID:???
こういうのもイイね(;´Д`)ハァハァ

51 37 :02/09/29 14:28 ID:???
ロックの瞳に射ぬかれ、セリスは肩を押す力を弱めた。
「・・・ずっと待ってたから。だからー」
ロックはセリスの顔の横に置かれていた右手を彼女の髪に、頬にそっと触れさせた。
セリスの手の力は抜け、今はもうロックの肩に置かれるだけになっている。
「もう待てない」
その瞳はとても真剣でー。
セリスは顔を真っ赤にして両手でそれを覆った。
嬉しい。
正直にそう思った。
「セリス・・・?」
・・・嬉しい。しかしー・・・
「・・・ごめんなさい」
その言葉にロックは落胆の色を表す。
「そう、か・・・」

読んでくださっているようで嬉しいですー
次で終わりそうです。

52 37 :02/09/29 14:49 ID:???
セリスはロックの声の様子で、今自分が発言した言葉が誤解を招いたことを悟った。
慌てて両手を顔からはずす。
「違う、違うの、そうじゃなくて!」
ー待っていた。それは自分も同じ。
それを何とか彼に伝えようとセリスは必死に言葉を探した。
「−待ってたの、私も待ってたの!でも・・・、でも・・・!」
そこまでいうとセリスは黙り込んでしまった。
ロックは彼女に続きを促す。
セリスは再び顔を両手で覆いー・・・
「私・・・今、・・・月のものなの」
最後のほうは蚊のなくような声だった。
まわりの空気が凍りついたー気が、した。
二人の間に沈黙がおりる。
「ごめんね・・・?」
セリスは申し訳なさそうに、そろそろと手を顔からはずしながらロックを見上げた。
ロックはほっとしたようなーそれでいて残念そうな微笑をもらすと、彼女の額にそっとキスをした。

ー二人が一線を越えるのは、まだ後の話。   
                      おわり
 
ここまでひっぱといてこれかよ!と思われた方、すみません
題名は‘据え膳‘。・・・まんまです。逝ってきます・・・

53 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/29 15:07 ID:???
カワ(・∀・)イイ!

54 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/29 16:02 ID:???
ワラタw
ほんとにセリたんかわいい(・∀・)

55 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/29 23:11 ID:???
じゃー一週間たったら二人は・・・!(;´Д`)
それまでロックは我慢するのだね?!

56 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 00:13 ID:???
>55
なるほど(;´Д`)ハァハァ

ところでロックとセリスが初めてヤっちゃうのはいつ頃だろう
案外ケフカ倒すまで何もなさそうなんだけどハァハァ
でもさすらいの。さんのみたいな早々としたのもハァハァ

57 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 00:19 ID:U4+xyIJp
>>56
やっぱ初対面の時だろ?
・・・ってのはありきたりだからもくさんの漫画みたいにサウスフィガロ脱出後だな。

ところで、セリスに似た金髪女が出てくる洋物をハケーンしますた。
洋物の女ってみんな男喰ってやるって感じなんだが、その女はどっちかっていうと
きついイメージ。ちなみに相手の男優もロックに似てなくも無い。

58 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 00:20 ID:YUf6Q09L
http://yahooo.s2.x-beat.com/

59 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 00:21 ID:???
>56

1・セリスをサウスフィガロで助けだした後
2・コーリンゲン後
3・オペラ後
4・魔大陸前
5・世界崩壊後
6・瓦礫の塔後
7・他

1でファイナルアンサー

60 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 00:27 ID:???
>57 下げてくれ…メール欄に半角でsageで頼む

>59
3…と言いたい所だが、やっぱりオペラ直前に限る

61 57 :02/09/30 00:51 ID:???
>>60
スマソ。もうひとつ候補があった。ロックとセリスの喧嘩中だ。三角島に行く前の
船の中。ロック船酔いするくらい激しいのを希望!

62 ヅークフソード ◆zasKARIU :02/09/30 01:07 ID:???
もう一つのセリススレにも書き込んだが、ここの住人的にこのスレはdo-u-yo?
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1031482392/

nyotai mori

63 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 01:21 ID:???
>>59
その際強姦か和漢かも問われる(;´Д`)ハァハァ
初対面とか喧嘩中とか絶対ムリヤリだろー
>>62
結構かわいい
レスもっと早ければなー

64 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 01:40 ID:???
>>56
マジレスすると、
フェニックスイベントがおわる前に手出してたら
ロックはなかなかの最低野郎だと思われ…(藁

65 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 01:58 ID:???
セリスたんはなんかものすごくセクースに夢を抱いてそうなので・・・
手出そうにもなんか難しそうだ。

>64 禿同。

66 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 02:32 ID:???
たしかにかなり夢抱いてそう…大変だねロック
男らしく待つかある意味男らしく奪うかの2択だなw

67 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 13:10 ID:???
ちょこっと作ってみたので書き込んでみます〜。
どうぞ読んでやってくださいm(_ _)m

68 67 :02/09/30 13:10 ID:???
あなたの差し伸べた手を掴むことは出来なかったけど
あなたは私のものになったと何故か確信出来た。
それが、最後の記憶。

目を覚ました私を待っていたのはシドだった。
シドはこの世界がどうなったのか事細かに教えてくれた。
それはあまりにもリアリティがなくて、無さ過ぎて、
当初私は混乱していた。
でもそれまでと違った大地と海と空の色を見て、
そして私の祖父になってくれたはずのシドが、
いつまでも一緒に暮らそうと話したシドが、
私を置いていなくなってしまったから、
私はいやでもこの世界を理解した。
「誰もいないのかぁ…」
つぶやいても誰も拾ってくれないのをわかって
つぶやく自分がなんだか馬鹿馬鹿しい。
「守ってくれるんじゃなかったの…?」
私はあの時、私のものになったと実感できたのに。
実感した、その理由は全く分からない。
でもロックの腕に残った傷跡−私がつけた傷跡は
確かにそう物語っていたように思う。

私があの時、つけた傷――

69 67 :02/09/30 13:16 ID:???
あの時私はどうやっても眠りにつけないで、
手持ちの剣と一緒に月を眺めていた。
つきは心洗われるような美しさだったけれど、
明日には起こるであろう戦いと、血で鈍い光を放つ剣とが
私を素直な気持ちにさせてくれなかった。

「眠れねぇよなぁ。」
そう言ってロックが近づいてきた。
「眠れないねぇ。」私が、答える。
「どうなるか、わかんないしねぇ。」
「うん…でもどうにかするために行くんだよな」
そう言って月を仰ぐロックはとても奇麗だった。
かわいい顔をしてるなぁ、そう思ったとき私は彼の胸の中にいた。

70 67 :02/09/30 13:42 ID:???
「なっ…ちょっ、ロック!?」
「いいから」
「んっ…」
彼の唇が私のそれを覆う。
私たちがそういうことをするのは決して初めてではなかった。
私は彼の唇が、その柔らかさがとても好きだった。
だからその時はそう抵抗しなかった…その唇が首を這うまでは。

「やっ…!!何す…る」
「ごめん」彼は首のあちこちを撫でる。
「ねぇロック…ねぇっ!やめ…」
「ごめん…やめない」首から徐々に下へ下へとすすんでゆく。
こういうことがどういうことか、私でもわかってる。
でも、私が描いていたのはこう突然のものではなくて、もう少し
慎重な面持ちの中進んでゆくものだった。そんな私の頭の中をよそに
彼は胸を口に含む。「あっ…」
「気持ちいい?」そう言って彼は手をスカートに忍ばせる。
するすると手が胸のほうへ近づいてくる…その途中で何よりも敏感な、
自分でも触れたことの無い場所へとさしかかった。
声も出せずにただ目を閉じ肩だけが震える。「…気持ちいいんだ。」


71 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 14:59 ID:???
つ、続きを…(;´Д`)ハァハァ

72 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 16:12 ID:???
「ごめん…やめない」←イイ!!
謝りプレイと命名し〜る〜(´Д`)タマンネ

73 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 17:17 ID:???
純情なセリスたんに謝りながら色んなことすんの萌え・・・(;´Д`)ハァハァ
次の日恐いけど・・・(;´Д`)ハァハァ

74 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 18:26 ID:???
つーか、昔の石橋タカアキを彷彿させるのぅ・・・
『ごめんねゴメンネごめんねゴメンネごめんね………ゴメン…ねぇッ』パタリ

75 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 19:03 ID:???
「ごめん…やめない」激しく萌え(;´Д`)ハァハァ、純愛カプール(・∀・)イイ!!
ロックが下道でなくちゃんと和姦で手を出すならフェニックス直後が妥当?
それにしてもさすらいの。さんの下道ロックw も恋しいYO(;´Д`)ハァハァ
いろいろ期待sage

76 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/09/30 20:04 ID:???
>>59
じゃあ俺は7・他で、兄弟がコイントスイベントで抜けて
フィガロの寝室で偶然二人きりになった深夜ロックが発情して襲うに一票w

77 67 :02/10/01 00:55 ID:???
抵抗の言葉は思い浮かんでも感覚に沈んでゆく。
だめだと思う気持ちはあった。いけないと思う気持ちはあった。
でも私のその気持ちをよそにロックは私の体を愛でてゆく。
「…セリス?」
ロックが驚いた顔でこちらの顔を覗く。
私は涙が輪郭に沿ったとき初めて、自分が泣いていることを知った。
彼の手が頬に触れ、優しく拭う。暖かくて冷たい、てのひら。
私はただ無性に悔しかった。多くのものが口惜しかった。
口惜しさが私を駆り立て、次の瞬間には行動に移していた。
音はしないけれど彼の顔が少し、歪んだ。
口からも「痛い」に似た言葉が息と漏れている。

78 67 :02/10/01 01:20 ID:???
口の端から鉄に似た味が染み入ってくる。
でも、彼は何も言わない。私の涙も、止まらない。
「怒らないの?」
「…何を」
「私が噛んでいること。君に歯向かってるんだよ?」
「別に…そんなこと問題じゃねぇだろ」
語尾に荒々しいものを含め、ロックは私の体を押し倒す。
「っ…」思わず、うめく。
「ごめん痛かった?」「痛いよ。」
「また噛んでいいから。俺の事、噛んでいいから。」
「もう噛まないわよ」「でもごめん、…ごめん。」
言うや否やロックは私の体をぎゅうと締め、私の顔と、首と、胸と
ひたすら愛撫する。私の大好きな、柔らかな唇は私のあらゆる部位の
皮膚を染めでもしたいのか、止むことを知らない。とうとう普段露に
なることのないところまでやってきてしまった。
私にとって何とか「防いでいたもの」をするりと剥ぐと下をそこに
這わせようとする。流石に羞恥と恐怖とが襲ってきて、私はひたすらに
暴れる。「やぁ…」
「嫌なの?」目を合わせ尋ねてくる。ずるい。
「いやでは…ない。けど…今はやだ…。」
何とか傷つけないよう不機嫌にさせないよう、必死に選んだ言葉を
最後まで聞かずロックはバンダナを外す。「…困ったなぁ。」
「えっ!?や…何」「噛むだけじゃ足りないの?」そう言い終えると
私の腕はバンダナに束ねられていた。「外して。」
「噛まれるくらいはいいけど、殴られるのはちょっと嫌なんだ。
ごめんね…ごめんね。」
言いながら内腿に強い力を与え、少々私の体の力が抜けたところで
覆い被さってきた。

79 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/01 02:13 ID:???
初体験セリたん…?!(;´Д`)ハァハァ
かなり萌えです、作者さん頑張って(;´Д`)ハァハァ

80 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/01 11:15 ID:???
バンダナプレイ(;´Д`)ハァハァ

81 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/01 20:06 ID:???
職人さん方、続きを……!(;´Д`)ハァハァ

82 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 01:31 ID:???
ちょっとつくってみますた。お暇な方はドゾー

ロックになってセリたんを落としてください。
途中選択肢がありますので、その都度お好きなリンク先に飛んで下さい。
名前欄にある数字はこちらの都合ですので、あまり意味はありません。
その他についても深く考えず直感でおながいします。
つか考える所など無いが。

多分稼動すると思いますが、不具合ありましたらは…報告おながいします

83 Mission: Impossible :02/10/02 01:32 ID:???
 フェニックスの洞窟で再会した時、セリスは目に涙を浮かべて俺に抱きついてきた。
そして、一年ぶりに会うセリスがとても女らしいことに俺はかなり驚いた。
以前のセリスならあんな柔らかい微笑を浮かべたりしなかっただろう。
だが最初こそ戸惑ったものの、セリスが可愛くなっているのに対して正直悪い気はしなかった。
それに…今夜あたりOKが貰えるかもしれない。いや、もらってみせる。
窓からは月明かりが優しく差し込む。二人で眺めるにはうってつけの満月だ。
セリスの長く艶やかな髪を指に絡めながら見る月はどんなにか綺麗だろう。
俺は自分でも頬が緩むのを感じながらベッドから起き上がり、その辺に脱ぎ捨ててあった靴を履いた。

 宿屋の二階にある自室を出ると、廊下はひんやりとして静まりかえっていた。
さて、どうしよう?

セリスの部屋へ行く
→ http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/qa/1032022936/753

とりあえず階下へ 
→ http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/qa/1032022936/741
     
自室に戻る
→ http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/qa/1032022936/742

84 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 01:47 ID:???
>>82
すげえええ!!感動した!楽しかったよ!

85 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 01:49 ID:???
>84 なんつー早さ読んだんでつか?びびりますた。

86 82 :02/10/02 01:53 ID:???
どうでもいいが、誤植多いな…
>82 × 不具合がありましたらは
   ○ 不具合がありましたら

>85 ×なんつー早さ読んだ
   ○何つー早さで読んだ

87 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 02:14 ID:???
>>82
まだ途中だけどすっげえ楽しいw
後でじっくりやります、職人さんサンクス!

88 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 03:02 ID:???
>82
すごいおもろい!ありがとう!
ていうかロックがいかに神かわかった。クリアできねーw

89 87 :02/10/02 03:20 ID:???
初EDがロック×カイエンみたいな感じで激しく鬱になりますた(;´Д`)
でもおもしろかった!
タイトルからして全部オチあるんだろーとか踏んでたけど(w
HAPPY END(・∀・)イイ!!! ロックウラヤマスィ(;´Д`)ハァハァ

90 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 03:39 ID:???
>89 そのEDは一、二を争う悲惨な奴でつ…

ネタバレは程々でおながいします。
重複スレではネタバレOKってのは如何?





まぁ、そんな大層なものでもないけどな…(鬱

91 89 :02/10/02 04:02 ID:???
>90
スマソ(;´Д`)
さっきやり直したら別の新EDハケーンしますた
ほんとよくできてる・・・

92 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 13:43 ID:???
>>82
うおおキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
感動しますた。HAPPY END(´Д`;)ハァハァ

93 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 20:06 ID:???
しかしHAPPY ENDはもう少し先まで描いてもよかったんじゃないでしょうか


と言ってみるテスト(;´Д`)ハァハァ
楽しかったよ〜職人さんアリガd

94 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 22:36 ID:???
セリス「あ!っちょ…ロック!そんなとこ…ひぁッ!」
ロック「ここが…どうしたの?」
セリス「ふざけないで…ッ!ぁッ!だめぇぇっ!!」
ロック「セリス。もうココ、いっぱいだよ…」
セリス「ぁぁ…ぁぁッ!!」


さて、二人は何をしているでしょう?

95 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/02 22:50 ID:???
>94
小説の続きかと思って一瞬期待しただろゴルァ!!w
で、ふたりはナニしてるんですか(;´Д`)ハァハァ?

96 ヅークフソード ◆zasKARIU :02/10/03 01:06 ID:???
>>94
テトリス中

97 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 04:08 ID:???
>>96
(・∀・)ソレダ!

98 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 07:49 ID:???
ロックの圧勝か(w

99 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 14:52 ID:???
「耳掻き」…もアリ?
耳クソたっぷりなセリたん萎え〜(自滅

100 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 15:33 ID:???
>98
完敗セリスたん(;´Д`)ハァハァ
負けず嫌いそうだし必死っぽくてカワ(・∀・)イイ!
>99
ゴルァ!!!!!!!!

ついでに100セリタン(;´Д`)ハァハァ

101 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 15:48 ID:???
戦闘以外はちょっとへたれてるセリたん(;´Д`)ハァハァ
細かい作業とかまるでできなさそうでかわいい・・・
缶詰とかも開けるのへたくそだったり。
かといって手伝うと怒られたり。ああん(;´Д`)ハァハァ

102 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/03 16:06 ID:???
>101
激しく同意!不器用セリスたん(;´Д`)ハァハァ
テトリス対戦中として>>94見るとなごむw
というか、別の意味で萌える…(;´Д`)カワエエエ…

ところで職人さん方SSの続きキボンヌ(;´Д`)

103 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 00:02 ID:???
>102 禿同
さすらいの。さん〜67さん〜(;´Д`)

104 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 00:19 ID:???
同意。
さすらいの。さん10日近くお休みだと心配になってくるYO…(;´Д`)
67さんも続き待ってます(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

105 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 18:06 ID:???
セリたんでもっとハァハァしたいよ〜!!

(;´Д`)ハァハァ

106 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/04 18:11 ID:???
前スレで「小説書きたいな」と言ってた者ですが
今なら割り込んでいいですか・・・?

107 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 18:31 ID:???
>>106
どうぞどうぞ!是非読ませていただきたい!

108 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 18:39 ID:???
>106
是非!書いてください(;´Д`)ハァハァ
職人さんいっぱいいて最高だ(;´Д`)

109 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 18:40 ID:???
>106
待ってまつ!!いつまでも待ってまつ!!
(;´Д`)ハァハァ

110 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/04 20:20 ID:???
>>106
読みたい×2(;´Д`)!お願いします!期待sage

他の職人さんの続きも激しくお待ちしてます(;´Д`)

111 37 :02/10/05 00:20 ID:???
逝ったにもかかわらず私も新しく小説作ってみました!
>106さんの小説に掛からないように一気にかきこんでおきます!
今回無駄な部分が多い気がするのですが微妙に仕掛けをいれてみたのでそこも楽しんでいただけたらと思っております。

お気に召さないかもしれませんがどうぞー

112 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 00:39 ID:???
>>111 待ってます!!(;´Д`)ハァハァ


113 37 :02/10/05 00:43 ID:???
駄文1
その日はエドガーが城に戻りたいと言ったので、皆そろってフィガロ城に泊まることになった。
久しぶりに一人部屋でゆっくり眠れると、俺は風呂に入ると早々にベットに横になった。
その時、控えめなノックの音がして、
「ーロック。起きてる?」
セリスが顔を出した。
「セリス。どうした?」
声をかけると、彼女は恥ずかしそうに部屋の中に入ってきた。
手には大きな絵本をかかえている。
ーそういえば今日、彼女がフィガロ城の図書館で本を読んでいたな、と思い出す。
セリスは絵本で半分顔を隠しながら、甘えるように俺を見、言った。
「あの、ねロック・・・絵本、読んでくれる?」
俺は少し驚いて彼女を見かえした。
目が合うと、セリスは顔を赤くして絵本に顔を全部隠してしまう。
「・・・駄目かな?」
ーそんなセリスを見て否といえるはずがなく。
俺は微笑して彼女に両手をのばした。
「いいよ。おいで」
セリスは顔を輝かせ、のばした俺の両手の中にもぐりこんだ。
俺は彼女の手から絵本をうけとり、開いた。
ー絵本は、古い匂いがした。

「‘昔むかしー・・・

114 37 :02/10/05 01:10 ID:???
駄文2
ー・・・あるところに、お姫さまがいました。
ある日、お姫さまのもとに男がやってきていいました。
「お姫さま。わたしは時間をうばわれてしまったのです。どうかわたしの時間をとりもどしてください」
お姫さまは男にたずねました。
「どうしてわたしに頼むのですか?」
「山脈の獅子があなたなら呪いをといてくれるといったからです」
お姫さまは困りはてましたが、自分に助けを求めてきたひとを追いかえすわけにはいきません。
お姫さまは世界中の医師や薬師をよびよせましたが、だれも男の呪いをとくことはできませんでした。
しかしお姫さまはあきらめず、男とともに、呪いをとくために賢者と名高い雪原の聖獣をたずねました。
「どうすればこのひとの呪いをとくことができるのですか?」
雪原の聖獣はいいました。
「砂漠の鷹をたずねなさい。そうすれば男の呪いはとけるでしょう」
お姫さまと男は、砂漠の鷹をたずね、ききました。
「どうすれば呪いをとくことができるのですか?」
砂漠の鷹はいいました。
「南の森の歌姫をたずねなさい。そうすれば男の呪いはとけるでしょう」
ふたりは南の森の歌姫をたずね、ききました。
「どうすれば、呪いをとくことができるのでしょう?」
南の森の歌姫はいいました。
「空駈ける鷲をたずねなさい。そうすれば男の呪いはとけるでしょう」
そうしてお姫さまと男は、空駈ける鷲をたずね、それから古城の狼に会いー、世界中をまわりましたが、結局だれひとりとして、男の呪いをとくことはできませんでした。

115 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 01:12 ID:???
37さんのロクセリはかわいくて(・∀・)イイ!

116 37 :02/10/05 01:28 ID:???
「ああ、あなたの呪いをとくことはできないの?」
お姫さまは悲しそうに、まだ一度も笑顔を見たことのない男をみつめました。
男はーお姫さまがまだ一度も笑顔を見たことのない男は、いいました。
「いいえ、お姫さま。わたしの呪いはとけました」
お姫さまはとてもおどろきました。
「いつ呪いがとけたのですか?」
「あなたに会ったときにです」
男は続けていいました。
「あなたに会って、雪原の聖獣を、砂漠の鷹を、南の森の歌姫や空駈ける鷲をーそして古城の狼をたずね、世界中を旅してきました。その間にわたしはあなたの声をきき、あなたの笑顔を見、あなたのやさしさにふれ、そしてあなたを愛しました」
男はお姫さまの手をとり、
「ありがとう。呪いをといてくれるのはやはり、あなただったのです」
お姫さまの手の甲にくちづけ、
「ーあなたがわたしの‘時間‘だったのです」
はじめてお姫さまに笑顔を見せたのでしたー・・・

117 37 :02/10/05 01:59 ID:???
駄文4
・・・ーそうして男は、・・・セリス?」
俺は腕の中の、絵本を読んでくれとせがんできた少女の名を呼んだ。
しかし、返ってきたのは彼女の規則正しい寝息だった。
俺は苦笑し、彼女の額に口づけ、その寝顔をみつめた。
・・・彼女と出会ってから本当にいろいろなことがあった。
時には彼女を傷つけ、泣かせたりもした。
しかしー彼女は知っているのだろうか?
自分が、彼女の存在にどれだけ救われているか。
彼女をどれくらい大切におもっているのかー・・・
「全く・・・わかってんのか、この‘お姫さま‘は」
俺は絵本を閉じ、‘お姫さま‘を起こさないようにそっと彼女を腕におさめたまま、ベットに横たわり、目を閉じた。
ー彼女の髪は、甘い、いい匂いがした。

・・・そうして、男は時間をとりもどすことができたのです。
男の時間は、お姫さまとともに、いつまでもつづいていくのでしょう・・・    おわり


>116の最初に駄文3と書くのを忘れていました・・・ごめんなさい
とりあえずおわりです・・・非エロですみません・・・再び逝ってきます。


118 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 02:03 ID:???
37さんのセリたん萌え〜(*´∀`*)
セ、セリたん!ボクのお姫様になって下たい!!(;´Д`)ハァハァ

119 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 02:25 ID:???
>>117
今だロック、  お  そ  え






スマソ(;´Д`)
かわいいロクセリごちそうさまでした!
まさに純愛ですな、非エロも(・∀・)イイ!!

120 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 03:05 ID:???
いい匂いのセリたん…(;´Д`)ハァハァ

121 完結SS :02/10/05 03:20 ID:???
37さん作
>>41 >>46 >>49 >>51-52

37さん作
>>111 >>113-114 >>116-117

122 現在執筆中SS :02/10/05 03:25 ID:???
●腐った林檎● 23話〜25話 さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27


67さん作
>>68-70 >>77-78

123 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 04:15 ID:MiSVDRNY
ふごっ!

124 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 12:25 ID:???
>>122
もしかしてヘターレさんでは?いつも乙です〜

ていうか職人の皆さんに感謝!!!(;´Д`)ハァハァ
鬼畜もエロもほのぼのもロックが全部持ってくのかYO、チクショーw

125 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 13:59 ID:???
ロック=オールマイティ (w

ボ、ボクもオールマイティになるから・・・だからセリたん!(;´Д`)ハァハァ

126 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/05 15:03 ID:???
37さん、お気使いありがとうございます

先達の方々のような文才とスピードを持ってる訳ではないのですが
ちょっくら書かせていただこうと思います
あんまり(;´Д`)ハァハァものでは無いかもしれませんが…(w

127 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 15:10 ID:???
>126
お待ちしてます(;´Д`)ハァハァ

128 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/05 15:22 ID:???
「あんた、マリアよりも綺麗だな」
空飛艇…というよりも豪華なホテルというに相応しい広い室内。
そこに銀髪のオーナー・セッツァーが立っていた。向かいには煌びやかなドレスを纏った女性。
決して衣装に負けることのない美貌は確実にセッツァーをとらえていた。
彼女のまわりに先ほど現れた奇妙な輩など全然気にも止めない。
フッ……とセッツァーは軽く笑った。
「決めた。あんたが俺の女になる、それが条件だ!」
空飛艇を帝国領土侵入のために使わせてくれ、と頼んだ返事がこれだ。
もちろん仲間たちは動揺の色を隠せない―――彼女ひとりを除いて。
「わかった」
「セリス!?」
淡々と答える彼女にいち早く反応したのは心配そうに事の顛末を眺めていたロック。
おおよそ人として当たり前のリアクションだったがセリスは…
「セッツァーの空飛艇を借りる代償が私。こんなわかりやすい話ってないわ」
「オマエ、そんなこと言ってコイツに何されるかわかってるのか?」
そい言い終えてロックは『しまった』と思った。
オペラ劇場からブラックジャック号に連れ込まれ、そして現在に至るまでセリスはずっと
顔色ひとつ変えずに事の成り行きを見守っていた…。
それは、何も知らない18歳の女の子だからじゃない。
ちょっと考えれば想像がつく、帝国に居た女性がどんな扱いを受けてきたのか…!!

129 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/05 15:40 ID:???
「なかなか…話のわかるお嬢ちゃんだな」
そのセッツァーの声に我に返りつつも、彼を完全無視する意味を込めて鋭く仲間たちを見やる。
「エドガー」
「…ああ」
当然ながらエドガーもロック寄りの意向らしかった。
「この話は無しだ。我々は他の手段を探す、これで失礼させていただくよ」
「ちょっと!エドガーまで何を言い出…」
文句を言おうとするセリスをロックが後ろ手で制した。わずかに肩が震えていた。
「セリス、兄貴やロックの言うとおりだよ」
嫌味のつもりは無いが、マッシュの優しく宥める様子にセリスはついに観念したようだ。
ところが……
「待ちな」
このまま黙っているセッツァーではない。
口で言ってわからない相手なら…と思い武器を手に取ろうとしたロックだったが、その心配は無用だった。
彼は笑っていた。
「アンタら、面白いなァ」
事態が飲み込めず、その場に立ちつくす4人…。
「気に入ったよ。この空飛艇、好きに使ってくれていいぜ」
「だ……!駄目だッ、セリスは!!」
ロックのその慌てぶりにセッツァーはもちろん、エドガーやマッシュまで笑い始めた。
セリスはセリスで、こっちの意味は飲み込めていないようで不思議そうに顔をしかめている。
「そこのニィちゃん、交換条件ナシで空飛艇を使わせてやるって言ったんだよ、わかったか?」
「あ………そうか…」
理解したロックは笑うことも怒ることもできず、ただ赤面するしか無かった。

130 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/05 15:43 ID:???
まだ続きます、また明日〜(w

131 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 16:12 ID:???
>130
ヤター萌えイベント(;´Д`)!続き待ってます(;´Д`)ハァハァ
セリスたん、帝国であんまり酷い目にあってない事を願う(;´Д⊂)

132 67 :02/10/05 16:28 ID:???
83のみっしょんやってみますた…寝ちまいました(笑)
やっとネットの出来る環境に帰ってきたので書き込ませてもらいまする。

133 67 :02/10/05 16:40 ID:???
「どうして欲しい?」
私の体を舐めながらロックは尋ねる。「…バンダナを解いて欲しいわ」
「それはダメ。殴られたくないしね。」…完全に楽しんでる。
「それ以外にして欲しいこと、無いの?無いんだったら俺の好きにしちゃうよ?」
「もうしてる…じゃない」「あはは、そうだね」
話しながら、笑いながら彼は私をいじった。「う…んぅ…」
「可愛いなぁ。」そういって胸の突起を軽く噛む。
「こういうところがね、硬くなってくるのは体が気持ちいいと思ってるんだよ。」
「思ってない…!!」ロックが胸から頭を上げ、私の顔を正面から見る。
「本当にそうなら顔をしかめることも、赤く染めることも無いんだよ。」
「それなのにどうしてセリスのお顔は真っ赤なの?」
「それは…」
「嘘を吐く子はお仕置きです。」彼の目が笑ったと思った瞬間…


134 67 :02/10/05 17:00 ID:???
「やぁぁ…っ!!!」
私の体に雷が走った。体のありとあらゆる骨を、電気が走る。
ロックがそこを触れる度、執拗に強弱をつけたり手の位置を変えたり
する度、私の体は大きくうねる。私のうねりと表情を見てロックは楽
しんでいた。「可愛いなぁ…折角なのに、ごめんねぇ。」
「もぅ…やめてぇ…っ」
こんなにたくさんの感覚を一度に受けたら私はおかしくなってしまう。
とてもとても、怖かった。「らめぇ…。」虚ろになった視界の中、
ロックが少しこちらを心配するような顔つきになっていた。わかって
くれた!そう思うと少し安心できた。きっと止めてくれる筈。だけど
彼の手は止まらなかった。それどころか私を侵食しようとし始めた。

「痛かったら、言うんだよ」
そう言いながら徐々に徐々に私の中に侵入ってこようとする彼の指。
「でもこれだけびしゃびしゃにしてたら大丈夫かな?…どう?」
私は恥ずかしさの余り目を見れずにいた。ただ、くん、と私の中に
侵入ったと解ったときはとても変な感覚だった。痛みと何かがこみ
上げてきた。「痛い…」そう呟くと指の動きはもっとゆっくりになり、
よりじっくりと「私」を味わっているようでもあった。

135 67 :02/10/05 17:24 ID:???
「恥ずかしいよ。」
息も絶え絶えになってきている。何て情けないんだろう。
「可愛いよ??そうしてるのも…」笑顔を全く崩さず、そう言うと私にくちづけた。
二つに感覚を裂かれ混乱しそうな中、突然私の体に衝撃が走る。
「ほら…セリス見て御覧。」そういうとロックは私のスカートをぐいと剥がすように
腰まで上げた。私は首を大きく振る。「俺の手が入ってるの…感じる?」そう言いな
がら何をしているのか、私の中に私を掻き乱す動きがあって…最早私は声など出せず
呻くだけしかできなかった。
どれ位そうしていたか全く見当もつかないけれど、するりとロックが抜く。
そして痛かったかを私に尋ねるとこちらが答える前に下着を剥ぎ取ってしまった。
「やぁ…!!」「…痛かったでしょ?ごめんね?」
それだけ言うと彼は私の太腿に顔をうずめた。その直後に私は頭が働かなくなって
しまった。私を押さえつける手も弱っていたから腰を浮かして逃げることも出来る
…そう感じながらも不可能であることを体感した。体には倦怠感にも似た感覚が
まとわりついていて、しかしそれはとても心地よく、ずっと体を漬けていたかった。
しばらくすると聴きなれたようでとても卑猥な音が響いてくる。この上なく恥ずか
しくて思わずロックの名を呼ぶ。「もっと、したげるよ…?」そういうとロックは
より大きな音を響かせる。次第に頭が白くなる…「…あああっ!!!!」

肩で息をしているとロックの喉が目の前にあった。「何してるの…」
ぼう、とした頭で何とか声を出す。「もっと気持ちよくしてあげるんだよ。」
そういうと私の腕からバンダナを解いた。そしてにこりと笑うとこういった。
「もう、自由だよ」

136 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 18:36 ID:???
割り込みにならないことを祈って・・・
>67さん
ロックの口調がエロくてイイ!!!
恥ずかしがって怖がるセリスたん激萌え(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
>ミニ子さん
セッツァーカコ(・∀・)イイ!!!次の展開楽しみです(;´Д`)ハァハァ

ほんとにロックオールマイティだなあ・・・w
37さんのほのぼのも可愛い(*´Д`*)
ヘターレさんのミッションもかなり萌え!というより燃え(;´Д`)
職人さん方アリガd!さすらいの。さんもお待ちしてます〜(;´Д`)

137 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 19:06 ID:QH0lJC55
ここ、すっごくおもしろいですね!
小説もおもしろいですし・・・。
特に最近はロクセリばかりでたまりません。
ロクセリイラストが描きたくなってまう・・・ぐふぅッ

138 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/05 19:19 ID:???
>>137
sage進行らしいので一応さげでよろしく〜
イラストは大歓迎です(;´Д`)ハァハァ

139   :02/10/05 22:43 ID:nQAOcrvR
http://north-cape.parfait.ne.jp/alflailawalaila/log/980308940.html
ここの171〜のセリス小説がツボにはまりました。
過去ログなんだけどね。

140 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/06 00:04 ID:???
漏れは97〜の小説もどきにワロウタ

141 ヘターレ :02/10/06 01:05 ID:???
>>83についてですが、リンク先の内で
今日明日中には1000レス行きそうなスレがあるのでお早めにどうぞ。

職人さん方頑張って下さい。


142 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/06 15:20 ID:???
やはり陸路を地味に進むよりも空の旅ははるかに快適だった。
風は心地よいし空は突き抜けるように青い。
皆が新しい環境に興味津々だったが…少しばかり距離を置いた位置からぼんやりと
外の景色を眺めるロックが居た。
そこへセッツァーが歩み寄ってきた。
「どうだい?わが飛空艇は」
「褒め言葉が欲しいなら他の奴らんトコ行けば?」
喧嘩を売るつもりは無いが、悪態をついていたい気分だった。
セッツァーはまたフッ……と笑った。
女が笑えば可愛いのに、男が笑うとどうしてこうも気持ち悪いのだろうか。それとも
コイツはわざと癇に障る笑い方をしてる…とか?いやな奴だ。
「さっきは悪かったね、恥をかかせるような目に遭わせて」
そんなセッツァーの言葉はロックにとって皮肉以外の受け取りようが無かった。
もっともセッツァーのほうも、100%謝罪のつもりで言った訳では無いが…
「…別に」
ここで怒ったら相手の思うツボだ。
平静を装いながら目を景色のほうに戻す。『もう会話は終わった。さっさと何処かへ
行ってくれ』の合図のつもりだった。
だがセッツァーは一向にその場を離れようとしない。
「あの美人ちゃん、『セリス』っていったっけ?」
やっぱりそう来たか。
「さっきの態度からすると、彼女はお前の女じゃないね」
「だったら何だって言うんだ?それから俺の名前はロック、お前って言うな」

143 ミニ子 ◆rY7ENQE. :02/10/06 15:41 ID:???
ロックとセッツァーの位置からやや離れた所―――艇の中央部分ではセリスやエドガーが
先ほどセッツァーから教わったであろう操縦法をカンタンに復習しながら雑談していた。
風に揺れる金髪が、つかまえておかないと何処かに彼女が消えてしまうことを暗示している
かのように見えた…。
「じゃあ…セリスはロックの女じゃないんだな?」
なんでそんな事を二度も言われにゃならんのだ。
溜息をつきながら「まだ、ね」とロックは答えた。
「守るって約束したんだ。だから…俺達のことは放っといてくれ」
彼の意志の固さをセッツァーは感じ取っていた。
「あんなに美人なのにね…。お、そんなに怖い顔するなよ。とりあえずソレは覚えといてやるわ」
ポン、ポン…
ロックの肩を二回たたいた後、黒いロングコートを翻してセッツァーは室内へ消えていった。
美人…か。
確かにセリスは美人だ。だが自分が彼女に惹きつけられる理由はそれだけじゃない。
昨日のように覚えている。いや、忘れられない。
数ヶ月前に初めて会った時のセリス…
サウスフィガロの地下室でボロボロだったセリス…
俺の助けを拒み、血色の失せたカラカラの唇から絞り出された言葉。
 「 こ の ま ま 死 な せ て … 」

「…絶対に守ってやる!!」
小さく呟く。気が付くと、痛いくらいに右の拳を握り締めていた。
夜が近付いてきた空の風は冷たかった。

144 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/06 16:32 ID:???
職人さん乙!
続き待ってます(;´Д`)

145 37 :02/10/06 20:11 ID:???
逝ったんじゃなかったのか、とつっこまれてもしょうがない・・・37です。
素敵小説満載なので再び触発されました・・・




・・・・・
また書いてもいいですか・・・?
据え膳の続編みたいなかんじで。
今度はたぶんエロです。
これ書いたら三度目の正直で逝きます・・・駄目?

146 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/06 20:29 ID:???
>37さん
そりゃモチロン是非!!!!
書いてください(;´Д`)ハァハァ

147 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/06 21:23 ID:???
>37たん
ていうか逝かなくていいでつ!!SSよろしくおながいしまつ!!

他の職人さんも楽しみにしてます(;´Д`)ハァハァ

148 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/06 22:44 ID:???
>>135
ああああ・・イイ所で・・・!!(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
>>143
ロックとセッツァーが仲悪そうなのがらしくて(・∀・)イイ!!
>>145
逝かなくてよし! お待ちしてます(;´Д`)ハァハァ
37さんのロックはようやく報われるのか・・・・w

  職  人  さ  ん  マ  ン  セ  ー

149 ミニ子 ◆NyrY7ENQE. :02/10/07 15:58 ID:???
「なに?話って」
いつも通りの口調でセリスは言う。
とりあえず離れに二人きりになった訳だが、どこから話したら良いものか。
「今日の…あの言動は良くないと思うぞ?」
「は?」
疑問に疑問で返されると困る。
「何て言うか。その…もっと自分を大事にしろよ」
頭の中で色々と言葉を選んでみたつもりだったが、結局古臭い台詞しか出なかった。
が、それでセリスも理解したようだった。
「そうか。普通はそうしないものなんだね」
目を伏せて話すセリス。悪い事を言ったかな、とロックは後悔しはじめた。
重苦しい空気があたりを支配する…。
次に何を言ったらいいだろうか?セリスは泣いてはいないだろうか?
彼女の長い睫は濡れる気配も震える気配も無い。
…いっそ泣いてくれたら思い切り慰めてやれるのに。
「みんなの役に立ちたかったの」
小声ながらも沈黙を破ったのはセリスの方だった。
「帝国に行くには飛行艇が必要、それでセッツァーの女になる。全然おかしい事だと思わなかった
 別にそういうの初めてじゃないし、自分を大事にする必要なんか…無いよ」
ロックの心は痛んだ。
目の前の女の子は嘘なんかついてない。傷ついてない。悲しんでない。
彼女にとって『普通のこと』なのだ。

150 ミニ子 ◆NyrY7ENQE. :02/10/07 16:09 ID:???
「ロック…?」
黙ったままの彼を心配そうに見上げるセリス。
「あ、ゴメン」
意識しないうちに怖い顔をしていたようだ。つかさず笑顔を送る。
つられてセリスも微笑む。
まだ胸は痛むが今のうちに言っておこうと思った。
「じゃあ、これからは俺の為に自分を大事にしてくれないか?」
「……」
「イヤか?」
今度はセリスが黙り込んだ。焦らしているらしい。
チラリとこちらを見て口を開いた。
「ロックには人生を狂わされたもの。責任とって貰わないとね」
意味深な言葉が返ってきたものだ。
セリスは笑うのをやめてロックをジッと見つめた。まっすぐな瞳だった。
「初めて会った時、死ぬつもりだったのに邪魔してくれたから。だから…ね」
脳裏にボロボロのセリスの姿が蘇ったが不思議と心は沈まなかった。
「了解、一生かけて責任とりますとも」


fin

151 ミニ子 ◆NyrY7ENQE. :02/10/07 16:16 ID:???
終わりです。
もう少し揉める予定だったんですが解決する(サマサ和解)まで書くのはしんどいので(w

お目汚し失礼しました。
それではロムラー兼名無しに戻ります。

152 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/07 16:46 ID:???
>ミニ子たん
面白かったでつよ〜!!セリたんカワ(・∀・)イイ!!
サマサ和解編も是非読みたいでつ!(;´Д`)

153 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/07 20:22 ID:???
>151
(・∀・)イイ!
セリたん幸せになってくれ(;´Д⊂)

154 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/08 18:27 ID:???
>ミニ子さん
面白かったです!
てっきり三角関係のドロドロした話になるのかとw

他の職人さんの続きや新作も楽しみにしてます(;´Д`)

155 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/09 21:13 ID:???
人いないのかYO!ヽ(`Д´)ノ
…ところで最近、さすらいの。さんはどうしたんだろう…
もくさんの漫画といい、イイ所でストップされると欲求不満だ(;´Д`)ハァハァ

156 完結SS :02/10/10 00:15 ID:???
ミニ子さん作
>>128-129 >>142-143 >>149-150

157 現在執筆中SS :02/10/10 00:22 ID:???
●腐った林檎● 23話〜25話 さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27

67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135

期待sage

158 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/10 00:47 ID:???
>157 乙〜!

職人さんお待ちしてます(;´Д`)ハァハァ

159  ◆B4UVWvDIVE :02/10/10 18:10 ID:???
ハロウィン風ティナ&セリスらしい
ttp://www.rinku.zaq.ne.jp/chie/gazou/irasuto3/ff6-thina-serisu.jpg

160 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/10 21:55 ID:???
>>159
・・・カワイイ(*´Д`*)

161 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/11 00:17 ID:???
ヒトイナイ・・・

162 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/11 00:45 ID:???
イルヨ!!!

なんか久々にネットまわってたらけっこうセリたん絵見つけて、
というかロクセリ絵が多くてロック邪魔だとか思ってたら何事かと思えば
ロック誕生日祝の準備ですた。セリたんの方がオマケだった(;´Д⊂)ロックおめ
つーかロックの誕生日ってそんなに近くないよなぁ(w  ミンナキガハヤイYO

163 セリス車 ◆4dCeles642 :02/10/11 01:15 ID:???
12桁テスツ

  |
  |_
  |   ヽ
  |ノ=リ)〉 >>162さん
  |゚ ー゚ノノ   URLをきぼんしとくね
  (]_´ノ
  |/l_ゝ
  |

164 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/11 22:08 ID:???
職人さん続き期待さげ〜(;´Д`)ハァハァ
誰かロックの誕生日ネタでSS書いてくれる猛者はいませんか?w 他力本願ごめそ。

165 67 :02/10/11 22:48 ID:???
一瞬わけがわからずきょとんとしていた私に向かって、もう一度。
「ほら、自由だよセリス。」
ようやく気付いた。ロックは私に覆い被さったまま、にやにやと笑っている。
その笑い方は今までに見たことが無いほどいやらしかった―「逃げないの?」
体には余韻が残っている。体は何かを期待している。頭は??
口の端を上げて目を細めたまま彼は言う。「もっと気持ちよくしてほしいの?」
「…!!!」
言葉にされた瞬間、恥ずかしさがこみ上げてきた。
目を見ることも出来ない。でもわかってる…ロックは笑ってる。
「して欲しいの?」そう言って口付け、私の「女」の部分を再び触れた。
「あ…っ」「…して欲しいんだぁ。ほら、逃げたいなら逃げれるよ?」
確かに私は彼に組み敷かれてはいたけれど、両手が自由になった今簡単に
逃げ出せた。でもそれは理論上であって…私の頭と体とが上手く噛み合わ
なくなってしまっては可能とは到底言い難い。

「ほら、ひちゃひちゃ言ってる…セリスは、どうしたいの?」
「や…」
「や、じゃわかりません。どうしたいんですか??お口で言いましょうね?」
「…にして」
「ん?」
「もぉ…好きにして。」


166 67 :02/10/11 22:53 ID:???
はぁホントにお久しぶりです。
何だかいやらしいんだかなんだかなぁ…
解説するのも空しいですけど一応これらはセリスの回想です。
(わかってもらえていたのだろうか…w)

てか何だかよくわからんもん書いてしまいまして…ほんと申し訳ないです。
とりあえずこれ終わらせたら修行してきます。
そしてロック誕生日モノを!!…だめかなぁw

167 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/11 23:36 ID:???
>>166
(・∀・)イイ!!!続きを・・・(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
ロック誕生日モノも心待ちにしてます(w

…それはやっぱり『プレゼントはわ・た・し』みたいなアレだろうか、ベタだ…


だが決して悪くない(;´Д`)ハァハァ

168 37 :02/10/12 00:16 ID:???
今更ですが何時ぞやかの駄文についてのお話です。
あの話にでてくる物語の賢者さんたちですが、
山脈の獅子→バナン→リターナー本部
雪原の聖獣→氷付けの幻獣→ナルシェ
砂漠の鷹→エドガー→フィガロ城
南の森の歌姫→マリア→オペラ座
空を駈ける鷲→セッツァー→ブラックジャック号
古城の狼→ガストラ→ベクタ
・・・と途中抜けたりしていますがリターナー本部からセリスに出会い、二人が一緒に行動した場所を暗示してみました。
誰も気づかねぇよ、とひとりつっこみをいれてみる・・・

前のことは忘れて新しい小説のことを考えることにしました。
題名はとりあえず‘続・据え膳‘・・・でも据え膳じゃないです。
今度こそ ハ ァ ハ ァ さ せ る
・・・ような内容になる予定です

169 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/12 00:17 ID:???
>167
うむ、悪くない、まったく悪くないぞ(;´Д`)ハアハア

>>166
続き激しくキボン!!セリたんかわいいぞ!
誕生日ものも是非読みたいYO!


170 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/12 00:32 ID:???
誕生日記念ものは先約済みか…頑張れ67さん

171 37 :02/10/12 00:37 ID:???
続・据え膳1
ーとても晴れた日の午後だった。
セリスはうきうきと大きな買い物袋を抱えて街を歩いていた。
今日は古代城を調査しに行った仲間が、二週間ぶりに帰ってくるので彼らが使ったであろうアイテムを買い足しに街まで来ているのだがー
(ロックが帰ってくる!)
セリスの頭の中はそれでいっぱいだった。
買い物に出てきたのが午前だったので、もしかしたらもう帰って来ているかもしれない。
そう思うと、セリスの歩調はますます速まる。
しかし、その歩調は街外れの公園の前を通り過ぎようとしたとき、ぴたりととまった。
「・・・だから、それじゃ駄目なんだって。うまくいくはずないよ」
これから恋人をむかえようとするセリスには、あまりにも不吉な言葉。
思わず手に持っていた買い物袋を強く抱きしめる。
「‘そういう‘とき、男にまかせっきりっていうのはよくないよ。それじゃいつか男に飽きられて捨てられるよ」
「!」
女の言う‘よくない‘ことについて思い当たるふしがあり、セリスは息を呑んだ。
捨てられる?ロックに?
動悸がはやくなり、目に涙がうかぶ。
ーそれは、セリスが最も恐れることだった。
今にも泣き出しそうなセリスの耳に、女の声だけが、聴こえた。
「たまには、女のほうがやってあげないと」

172 67 :02/10/12 01:01 ID:???
>>170
先約済みって…170さんも書いてください!!
ワシが書いてもどうせまたへちょいものになってしまうので…。

173 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/12 02:06 ID:???
>171 続編乙!

>172 こういうのは早いもの勝ちかと。
謙遜せず、いい物おながいします。期待sage

174 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/12 02:07 ID:???
>37さん
作品中の賢者については気づいてましたよ〜
…古城の狼とか、間違ってたらハズカスィから突っ込まなかっただけですw
狼じゃなくて犬だったら皇帝って確信持てたのに…!(w
とにかく続・据え膳激しく楽しみです(;´Д`)ハァハァ

>67さん
ロックエロくてタマランです(;´Д`)
抵抗するセリスもカワ(・∀・)イイ!!!続き期待しまくり(;´Д`)ハァハァ

>>170
アテがあるならゼヒ170さんも書いてホスィ(;´Д`)

175 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/12 02:29 ID:???
せっかく>>164がいいネタ振ってくれたし、それぞれの職人さんのが読みたい〜!
……ていうのが自分のきぼんだけど何もできないやつが口出しスマソ
みんなでロック祝うフリしてセリスたんにハァハァしようYO(w

176 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 01:22 ID:???
削除人さんありがとう!

177 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 01:29 ID:???
ヤター!!!

178 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 01:52 ID:???
おめでとうござます!嬉しい(´Д⊂)
削除人さんありがとうありがとう。そしてセリスたん(;´Д`)ハァハァ

179 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 02:03 ID:???
削除人さんマジ感謝(;´Д⊂)
この際ロック誕生日祭でも復帰祭でも何でもいいからハァハァしたいw

180 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 02:24 ID:???
ほっとしたYO!削除人さんマンセー!!
地下室復帰メデタイ!
で、別スレにも書いたけど隔離絵掲に絵を投稿しますた
・・・が、激しく期待を裏切るラクガキなので心の広〜い方、見てやって
ください。何かくっさいセリフつきのやつです。
マジでしょぼいので見る方は期待せずに・・・

181 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 02:27 ID:???
セリスは階段の上で大きくため息をついた。
この先の場所を訪れることがあまり好きではなかったからだ。
しかし、ロックがなかなか出てこないので
呼びに行く役目を仰せつかってしまったのだった。
 
 階下の地下室には沢山の花々に囲まれて、
ある女性の亡骸が静かに横たわっている。
彼女は一見眠っているようにも見えるが、
血色の失せた顔は生きているもののそれとは明らかに異なる。
そこにはロックの過去の時が止まったまま淀んでいるような気がして、
セリスの足は自然と遠のいていた。
 しかし、セリスは自分の心の中で少しずつ
彼女の存在を受け入れられるようになってきていた。
(「今、私のことを想っていてくれるのは本当なんだから、
それだけで十分だわ。
ロックの過去の気持ちまで欲しがるのはいくらなんでも贅沢よね。」)
だがそのように前向き考えられるようになったのも、ごく最近のことだ。
階段の上で立ち止まったままでいる自分自身を奮い立たせるように、
頭をぶるっと振るうと足を踏み出した。

 セリスは不自然なくらい精一杯の笑みを浮かべようと努めながら
ロックに声を掛けようとして、思い留まった。
気軽に声を掛けられるような雰囲気ではなかったからだ。
いつもいるはずの妖しげな老人がおらず、
ロックは女性の顔をじっと覗き込んでいる様子だ。
 しかしセリスの位置からはロックの背中しか見えず、
はっきりと何をしているのかまではわからない。
セリスは何気なく背を伸ばしてロックの方を覗き込んだが、
目に飛び込んできた光景に、思わずその場に凍りついた。
 そして数歩後ずさると、今しがた下りてきたばかりの階段を全力で駆け上った。

182 2 :02/10/13 02:28 ID:???
 気配に気付いたロックは、
逃げるようにして走っていくセリスを慌てて追いかけた。
「セリス!おい!待てって!」
さすがロックのスピードにはセリスも敵わず、
外に出たあたりで腕を掴まれた。
ロックは少し息を切らしながら、屈託のない感じで笑いかけた。
「どうしたんだよ、セリス?声掛けてくれれば良かったのに。」
「触らないで!」
セリスは勢い良くロックの手を振り払った。
ロックは行き場のない手で仕方なく頭を掻いた。
「なんで怒ってるんだよ。気付かなかったくらいで怒るなって。」
「別に怒ってないわよ!」聞く耳を持とうとしないセリスに対し、
ロックは面倒くさいという風にわざとらしくため息をついた。
「じゃあ何だよ?
俺がコーリンゲンに来るといつも機嫌が悪くなるからな、セリスは。
いい加減にしてくれよ…。」
 だが、セリスは何も言わずに走り去ってしまった。
ロックは、レイチェルを見舞う度に
セリスの顔色を窺わねばならない事に内心うんざりしていた。
だから、ロックはわざと追いかけず、言葉一つかけもしなかった。

だが、多少強引な手を使ってでもセリスのことを追いかけるべきだったのだ。
そう、今日だけは。

183 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 02:33 ID:???
おおお!SSが読めるって し あ わ せ !!
セリたん・・・ドキドキ(´Д`)どうなるんでつか?

184 ヘターレ :02/10/13 02:36 ID:???
と、後先考えずに書き始めたわけだが、どうやって収拾つけよう…
スレ復帰した感動を共有したかっただけな罠(w

>>179
てなわけで>>181-182でも食らえw!

>180
唇が(・∀・)イイ!天野絵の服も。
つーか本当にまた会いたいよ…

185 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 02:48 ID:???
ヘターレさんだ!ワーイワーイワーイヽ(´∀`)ノ
続き気になります!ヽ(´∀`)ノ幸せだ・・・・W

。・゚・(ノД`)・゚・。

186 37 :02/10/13 17:20 ID:???
削除人さんご苦労さまです!
一時はどうなることかと・・・復帰おめでとうございます!!

とりあえず続きを・・・ヘターレさんの下に書くのか・・・
・・・緊張します

<174
実は犬にしようと思ったんですが鷹や鷲ときて犬というのはかっこ悪いなと思ってやめました。




187 37 :02/10/13 18:03 ID:???
続・据え膳2
二人が‘そういう‘関係になったのは、多少困難もあったが、三ヶ月ほど前のことだった。
それはとにかく、くすぐったくて、恥ずかしくて、とてもあったかくて。
‘そういう‘ことが初めてだったセリスは、どうしたらいいのかわからず、全てロックにまかせきりだった。
・・・時々、そんなこともするのか、と驚きもしたが。
初めてがそうだったせいか、その後肌を重ねてもロックが最初から最後までやってくれた。
そういうものなのだと、思っていた。
セリスは買い物袋をダイニングのテーブルの上に置くと、仲間の”おかえり”という言葉に生返事をして、いつものソファに座り込んだ。
(でも・・・違うんだ。そうじゃないんだ)
ーたまには女のほうが、やってあげないと。
公園の女の声が頭に響く。
ーしかしそれはよく考えるといつもロックが自分にしてくれるああいうことやこういうことを、自分がロックにしてあげるということだ。
自然と今までの彼との夜が次々と浮かびあがり、セリスは顔を紅くした。
恥ずかしさのあまり手近にあったクッションをたたく。
「おいおい。艇の備品は大事にしてくれよ」
頭の上の、近いところから声がして、セリスは驚いて思わずクッションをその声の主の顔に投げつけた。
「・・・備品は大切にしてくれって言っただろ」
顔面に直撃して床に落ちたそれを拾い上げ、ほこりをはらいながら艇の主は言った。
「い、いつから、そこに・・・?!」
「セリスが顔を紅くしてクッションをたたくところあたりから」
セッツァーはクッションをもとの場所にもどし、セリスの隣に腰掛けた。
そして意地悪そうな顔で、彼女の髪をひっぱりながら、言った。
「なーに紅くなってンの?」


セッツァーがでてきた・・・

188 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 18:34 ID:???
うおおおお!!!セリスたんカワイイ(*´Д`*)

189 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 20:54 ID:???
>>187
「そんなこと」ってどんなことだ・・・・(;´Д`)
ナニ仕込んだんだロック!!!(;´Д`)ハァハァ

190 37 :02/10/13 21:19 ID:???
続・据え膳3
セリスは赤い顔のままもうひとつ手近にあったクッションを抱きしめ、それに額をおしつけた。
この銀髪の賭博士は、経験が豊富なせいだろうか、‘そういう‘ことに対して勘が鋭い。
「・・・わかってるくせに」
クッションから目だけを覗かせて、セリスはセッツァーを睨んだ。
セッツァーはひっぱていたセリスの髪を離し、口の端を上げて笑った。
そしてセリスの腕に微妙に力がこもったのを見て取ったのか、また投げられてはたまらないと、セリスの手からクッションを取り上げる。
セリスはもう一度セッツァーを睨むと、視線をソファの正面にある窓に移す。
空は赤く、日が沈みかけていた。
ロックはまだ帰ってこない。
「ねぇ、セッツァー」
セッツァーは煙草に火をつけながら何だ、と答えた。
「男の人ってどういうことをしてあげたら喜ぶのかな・・・?」
セリスの発言に賭博士はさして驚きもせず紫煙をふかす。
「ンなもん人それぞれだろ」
「じゃあセッツァーは?どんなことをしてもらったら嬉しい?」
セリスが振り返ると同時に、彼女の金の髪がさらりと空気に舞う。
それが夕日を反射して、えもいわれぬ美しい色に輝いた。
セッツァーはその色彩に見とれる。
そして振り返った彼女の顔はー
(ああくそ、美人だよなコイツはよ!)
最近は見慣れてきたと思ったが、セリスは時々こちらがどきりとするような表情をする。
(本人に自覚がないあたりがやばいが・・・)
ロックが二週間前、心配していたのがよくわかる。
セッツァーはセリスの腕をつかんだ。
「・・・教えてやろうか」

191 37 :02/10/13 21:43 ID:???
続・据え膳4
セリスはいたって真面目に頷いた。
「うん。教えて」
なんと言っても今日は自分がロックに‘そういう‘ことをしてあげなければならないのだ。
できるだけ情報は多いほうが良い。
セッツァーはつかんでいたほうの手を口元にもっていくと、彼女の指を軽くかんだ。
セリスは不思議そうにその様子を見ている。
セッツァーは彼女の手を唇から開放すると、セリスの両肩を押してソファに背をつけさせた。
さすがにセリスもここまでくるとおかしいと思う。
「あの・・・セッツァー?」
セッツァーの手がセリスの腕から足へ這う。
そして彼女のスカートの中に手を入れようとー
「なにやってんのかな、賭博士さんは?」
その声に賭博士は明らかにチッ、といったような顔をし、セリスは顔を輝かせた。
ロックはセリスを抱き起こすと、セッツァーから守るように背に隠した。
そうして一刻でもセリスをこの男の近くには置きたくないといったように、彼女の手をやや乱暴にひいて、自室のほうへ歩いていった。
その二つの背中を見送り、
「・・・艇の備品は大切にって言っただろ」
自分の上着のすそをソファに縫い付けている短剣を見て、セッツァーは呟いた。

やっとロックが出てきた・・・

192 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/13 23:52 ID:???
純情なセリスたん萌え萌え(;´Д`)ハァハァ
なんつー可愛い悩みなんだ、畜生ロック…(w
他の職人さんも続き待ってます、期待sageー

193 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 15:13 ID:???
fu

194 37 :02/10/14 16:24 ID:???
続・据え膳5
部屋に入るとすぐに抱きしめられた。
セリスはロックの体温が嬉しくて、彼の背に手をまわす。
ーこうするのは二週間ぶりだ。
ロックは先ほどのことだとか、言いたいことはたくさんあったが、今はとにかく彼女にふれたかった。
両手で彼女の頬をつつみこみ、額をあわせる。
目が合うとセリスは少し恥ずかしそうに頬を染め、微笑んだ。
「おかえり」
その言葉にロックは微笑みかえし、ただいまと言ってから吐息がふれるほど近くにある彼女の唇に自分のそれを重ねた。
「ん・・・」
上がり続ける口付けの熱に、セリスはそろそろとロックの腕に、そして肩に手を這わせ、彼の髪をせつなげにつかむ。
二週間分の空白を埋めるような口付けをかわし終えると、ロックはキスを彼女の顔のあちこちに散らし、そして首に深く口付けた。
びくり、とセリスの肌がはねる。
「・・・ぅ、ん」
甘い吐息をもらし、セリスははっとした。これではいつもと同じだ。
慌ててロックをとめる。
しかし、彼の愛撫はとまらない。
「ロッ・・・クぁ・・・ッ!」
「ごめん、我慢できない。二週間もおあずけくらったから」
そう言ってロックは器用にセリスの服のボタンをはずしていく。
これ以上進んだらもうとめられないーそれは、自分が彼に‘そういう‘ことをしてあげるのは恥ずかしいし、セリスは身体をこのまま彼にゆだねたくもあった。
しかし、先ほどの女の声が再び頭によみがえる。
ーたまには、女のほうが、やってあげないと。
セリスは、胸元にかかろうとしているロックの唇を、なんとかとめた。

195 37 :02/10/14 16:49 ID:???
続・据え膳6
いいところを邪魔されたロックは、不満そうな顔をしてセリスを見上げた。
「どうかしたのか?」
ロックの問いにセリスは答えず、曖昧に微笑む。
そしてロックの肩を軽くおし、そのまま彼を二、三歩下がらせ、ベットの端に座らせた。
「・・・まさかまた月のものとか?」
眉をひそめ、自分を見上げるロックの唇に、セリスはそっと、キスをおとした。
ロックの瞳が驚きに開かれる。
彼女が自分からそういうことをしてくることは、今まで一度もなかったから。
「セリス?」
名前を呼んで、視線を合わせると、彼女の頬がさっと紅くなった。
そうしてセリスは瞼をゆるゆると伏せた。
ロックは彼女の伏せられた睫の長さに見とれる。
やがてセリスはたどたどしい手つきでロックの洋服のボタンをはずし始めた。
そしていつもはロックがセリスにするように、彼の肌に唇を這わせる。
ロックは彼女の不器用な愛撫を受け入れたようだった。
やがてセリスの唇は下へと到達する。
(ココも・・・するんだよね・・・)
セリスはおそるおそるロックを見上げた。
ロックもまた、セリスを見下ろしており、目が合うと少し紅い顔で微笑んだ。
セリスの中に今までおさえていた恥ずかしさが一気にこみあげる。
セリスは手をのばし、彼の額にまいてあったバンダナを下にずらし、彼の目を隠した。
「セリス?!」
彼女がこういう行動にでたのも驚いたが、普通は逆だろう、と心の中で叫ぶ。
とにかくバンダナをとろうと手をのばしかけー
「・・・ッ!」
ロックの手は、次の瞬間”彼”をおそった感覚にびくり、ととまった。

196 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 18:25 ID:???
>>184
ヘターレさんサンクス!!続き楽しみにしてます!
179ですが反応遅くて申し訳ない(;´Д⊂)

37さんも頑張れ〜(;´Д`)何てことさせるんだロック(;´Д`)ハァハァ
ここ職人さんイパーイで幸せだ…

197 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 20:16 ID:???
純情責めセリスに激しく萌え〜(;´Д`)ハァハァ
(;´Д`)ハァハァできることって貴重なんだなあと
しみじみ思った数日間ですた。避難所も復帰おめ!

198 さすらいの。 :02/10/14 21:18 ID:???
しばらく来ない間にすごいことになってる(´▽`)すごい
すごい〜!!さすらいの。久々の登場です、忘れられている
可能性大…(´△`)さすらいの。も腐った林檎の続きを書
いていきますっよろしくお願いします。


199 さすらいの。 :02/10/14 21:31 ID:???
●腐った林檎26●

「…ちょっとな」
「?」
「わかんねえけど…あいつ今一人がいいっぽいからな」
不思議そうな顔をするティナとリルム。ロックは頭を抱え込む。し
ばらく部屋は沈黙に包まれた。
「あーーーーわかんねえよっ!!」
ロックが急に叫ぶ。
「この馬鹿岩男っ!急に叫ぶなっ驚くだろっ」
「うっせえよ、お前に何がわかんだよっ」
「何いっ?」
「…はいはいロック」
ティナがとりあえずロックを落ち着かせる。
「…あなたがわからないのはわかったから、その前に話してくれな
いと…私達が何て言えばいいのかわからないんだけど?」
「その通りだよ馬鹿岩男っ」
「…」
再び部屋は沈黙に包まれる。ロックはゆっくりと口を開く。
「…セリスの事なんだけどな」


200 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 21:56 ID:???
さすらいの。さんお帰りやっしゃー。
ああ、幸せだよ(;´Д`)ハァハァ

201 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 23:13 ID:???
ほんと、荒らされた時は呆然とするだけだったけど、すばらしい職人さん達はいるし幸せ(;´Д`)ハァハァ

202 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 23:27 ID:???
あ〜!さすらいの。さんお帰りなさい!
職人の皆さんホントにアリガd!おかげで毎日ハァハァです(;´Д`)ハァハァ
全ての続きに期待さげ!

203 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/14 23:53 ID:???
さすらいの。さん!!待ってたYO!
37さんもヘターレさんも、続きかなり楽しみにしてます!
(;´Д`)ハアハア、(;´Д`)ハアハア、(;´Д`)毎日セリたんにハアハアできるなんて・・・
これも職人さんたちのおかげ!!がんがってくらはい。


204 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 01:35 ID:???
続きが楽しみですね。

ところで・・・
達観したようなティナがなんか(・∀・)イイ!

205 3 :02/10/15 01:44 ID:???
 宿に戻ったセリスは、廊下の隅で一人小さくなってへたりこんだ。
先ほどの光景がセリスの脳裏でフラッシュバックする。
確かにロックはレイチェルにキスをしていた。
しかも穏やかで愛しむような表情で。自然とセリスの口から言葉がもれた。
「何よ、あれ!なんで、なんでロックはあんなことしておいて
平気な顔で私に笑いかけられるのよ!」
そう言ってはみたものの、
セリスは自分の中で怒りが言葉と共に急速に失われていくのを感じていた。
そして後に残ったのは失望と、寂しさだけだった。
頭の中にあったはずの全ての言葉が虚無に絡め取られ、
セリスの口からはもう恨み言一つでさえ出てくることはなかった。
言葉の代わりに、セリスは膝を抱えてひとつため息をついた。

 セリスはロックの気持ちの整理がつくまでゆっくり待とう、
そう懸命に自分に言い聞かせて来た。
それは同時に真相を確かめることが怖くて、
訊くことを避けてきたセリスの心情の裏返しでもあった。
しょせん私は身代わり…それとも彼女が生き返るまでのつなぎ?
あの人が生き返ったら、私は用済みなのだろうか?
セリスは今まで幾度となくこの問いを自分の中で繰り返してきた。
 そしてロックのなにげない行動が、
セリスの目にはその問いの答えのように映ったのだった。
 ロックが追いかけて来なかったことも、
キスする所を見られてなお平然としていたことも、
全てはロックにとって彼女が今でも一番大切な存在であるからだ、
という答えに。

 セリスが失意で自暴自棄になりつつあった所へ
エドガーは偶然通りかかった。普段は夕刻に宿屋にいることなど滅多にないのだが、
今日は約束をすっぽかされて、仕方なく退散してきたのだった。

206 4 :02/10/15 01:44 ID:???
 薄闇の中で遠くを見つめてぼんやりとしているセリスを見つけると、
エドガーはセリスの正面に回って覗き込んだ。
「そっちも待ち人が来なかったみたいだな。」
エドガーの声に驚いて、セリスがはっと顔をあげた。
「エドガー?珍しいわね、こんな時間にいるなんて。」
「本意じゃないがね。」憮然とした表情でエドガーが答える。
「へぇ、エドガーでもふられる事ってあるのね。」
セリスがくすっと小さく笑いを漏らすと、
エドガーはまぁね、と肩をすくめた。
 するとセリスはおもむろに立ち上がった。
「ねぇ、代わりに私が付き合ってあげる。どう?」
突然の提案にエドガーは驚きつつも、すぐに微笑を返した。
「嬉しいこと言ってくれるね。じゃあお言葉に甘えて
十分に慰めてもらうことにしようかな。」
エドガーは跪くとセリスの手の甲にうやうやしく口付けた。
「手だけでお終い?」
セリスが挑発するように、にっこりと笑い返す。
「お望みとあらば、もっと上まで行きますよ?」
エドガーは、指でセリスの腕をなぞりながら立ち上がった。

 セリスはこの行動ががロックへのあてつけだと自覚しつつ、
心の中でそっと呟いた。
ロックでなくたって、慰めてくれる人くらい私にもいるんだから。
ロックのことを思い出すだけで、先ほどの光景がちらりと頭をかすめる。
セリスは寂しさを振り払うように、エドガーの首に手を回した。

207 5 :02/10/15 01:45 ID:???
 エドガーはセリスの言葉を冗談かと受け取っていたのだが、
セリスが本気だと知って一瞬躊躇した。
だがそんなことはおくびにもださず、セリスの唇に親指で軽く触れた。
「驚いたな。一体どういう風の吹き回し?でも、そういう詮索は無粋だね。」
セリスが何かを言いかけて口を開いたが、エドガーは有無を言わせず唇を貪った。
強引に舌を割り込ませ、激しくまさぐる。
 
 セリスは拒否こそしないものの、
ロックとは余りにかけ離れたやり方に、耐えるように目を閉じている。
だが、我慢しきれずにエドガーの肩を押し返した。
「ちょっ…と待って、エドガー…誰かに見られたらどうするのよ?」
本当は嫌悪感で耐えられなくなったのだが、
セリスは自分から誘った手前もあり、引っ込みがつかなくなっていた。
エドガーはそんな言葉を気にする様子もなく、悠然と微笑んだ。
「セリスがあんまり可愛いから、キスしただけ。
誰かに弁明しなければならないような事はしてないよ。」
今のところはね、という言葉の後半部分を飲み込んで。

208 現在執筆中SS :02/10/15 01:50 ID:???
●腐った林檎● 23話〜26話 さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199

67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135 >>165-166

「続・据え膳」 37さん作
>>171 >>187 >>190-191 >>194-195

ヘターレ作
>>181-182 >>205-207   現在4本が同時進行中(;´Д`)

209 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 01:51 ID:???
>198 お帰りなさい

210 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 01:54 ID:???
いいぞエドガー!!(´∀`)お し た お せ !!
ロックに一途なセリたんがもう、もう・・・!(;´Д`)

211 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 02:11 ID:???
>>180
ラストナイトフィーバーも…セリたんですよね?
前の絵は唇が(;´Д`)ハァハァと思ったけれど、
なんつーか肌の色が(・∀・)イイ!です。絶妙。どこがしょぼいのかと小一時間(略
(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)ハァハァ 萌えまくり

ってラストナイト〜の方違ったてらどうしよう…

212 180 :02/10/15 02:24 ID:???
>>211
ありがd!
もちろんラストナイトフィーバーもセリたん。
喜んでくれて嬉しいYO!(´∀`)セリたんしか描けんのだ。


213 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 02:30 ID:???
ヘターレさんもロクセリかと思ってたらこの展開はもしやエドセリ・・・!
今後の展開がかなり楽しみです、ドロドロに期待w(;´Д`)ハァハァ
というか4本同時進行(・∀・)スバラスィ!!!!!職人さんマンセー!!!
37さんのは純情セリスたんが可愛くて(;´Д`)ハァハァ
67さんのはロックエロくてめちゃめちゃ(;´Д`)ハァハァ
さすらいの。さんはおかえりなさい心配してたYO(;´Д`)ハァハァ
絵師さんも最高です!もうとにかく(;´Д`)ハァハァ

214 さすらいの。 :02/10/15 17:22 ID:???
●腐った林檎27●

「…まあ、ロックが悩む理由なんてセリスの事しか無いでしょうけ
ど」
ティナは嗤う。ロックはふてくされたような顔をしたが、言葉を続
けた。
「…何だろな、何かあいつ…わかんねえけど」
ロックは必死に言葉を紡ごうとするがうまく浮かばない。初めてみ
るそんなロックの姿にティナとリルムは笑みを浮かべた。
「変なんだよ」
「変?どうして」
「レイチェルの事が関係してる…から…かも…、な」
「…レイチェルさんの事?」
「何かな、賭博馬鹿がセリスの願いでセリスをコーリンゲンに連れ
て行ってな…レイチェルの所に行ったらしい。多分そっからだ、あ
いつがおかしいの」
「…あれ?でもセリスはその人の事前から知ってたんだろ?何で今
さら…」
「だからそれがわかんねえんだよ…」
再び沈黙。三人は悩み、塞ぎ込んでしまった。
「…ねえ、レイチェルさんの所、行ってみようよ」
「は」
ティナの提案にロックは顔を上げる。
「そしたらさ、セリスが変な理由もわかるかもしれないでしょ」
「…」



215 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 18:35 ID:???
さすらいの。さん乙〜!
何があったんだセリたん…慰めたい(;´Д`)ハァハァ

216 こんぶ(いきなりですが) :02/10/15 20:10 ID:???
 「………」
セリスの姿を見た瞬間、ロックは言葉が出なかった。 (…セリス‥だよな?)

普段はおろしている髪が高いところで結ばれうなじがのぞいている。
頬を赤らめているロックをセリスは不思議そうに覗き込んでくる。、と同時に花の香りしてきた。
「そのリボン似合ってるぜ…」 それがやっと言えた一言だった…。   目を合せば、きっと取り返しのつかないことになる。 ロックは自分の欲情を抑えるのに必死だった。

控え室をあとに舞台へとあがって行くセリスの後ろ姿からたまらなく愛惜しい。

217 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 20:24 ID:???
(・∀・)アタラシイショクニンサン?!

218 こんぶ(どもっ) :02/10/15 21:12 ID:???
あれからというもののロックのセリスへ想いは募るばかりであった。そこにはいつもの闘う態勢のとれたセリスの姿があった…。しかしロックにとっては『いつもの』とは違う何かを感じていた。
とある街で宿をとった一行は明日の朝までの間、それぞれ自由行動をとることになった。ロックはというと今は風にあたることさえも無駄と感じ一人部屋の中で物思いにふけっていた。
コンコン…。「ねぇ‥ロック…。」 突然の訪問者にロックは胸がえぐられそうになった。…そう、まさに今頭の中にいた人物の声がドアの向こうから聞こえてきたからだ。

219 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 21:32 ID:???
すげぇ盛り上がってるw
相手がロックでもエドガーでも(;´Д`)ハァハァ
これも職人さんたちのおかげですYO!


220 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/15 22:21 ID:???
セッツァーでも(;´Д`)ハァハァしたいYO
…ちょっと違うか。セツセリで・だ(w

221 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/16 01:23 ID:???
そういえばセッツァーのあんまり見ないね、ロックの次くらいにに脈ありそうなのに…w
でも一途なセリスが好きなんで個人的にはやっぱロクセリが一番(;´Д`)ハァハァ
職人の皆さんがんばってください〜!萌えSSばかりでしあわせ…!

222 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/16 02:11 ID:???
>221 禿同。一途なセリたんは萌える。
だが、個人的にロックと絡むよりも一途なセリスがつまみ喰われる方が萌える…
ロクセリも好きだが、ロクセリよりもエド(略 

だが結局言いたいことは一つ。
期 待 s a g e

223 6 :02/10/17 00:48 ID:???
「相当使い慣れた言い回しのようだけど、そのセリフを使ったのは私で何人目?」
「正確には5人…って冗談だよ。
そんな風に思われていたなんて心外だな。」
 セリスは憎まれ口を叩きながら、この状況からどう逃れるかを考えていた。
うろうろと視線を彷徨わせるセリスをエドガーは徐々に壁際に追い詰め、
両手を壁についてセリスの退路を断った。
「いくら私だって、誰彼構わずキスしてまわってるわけじゃない。
本気の時だけだよ、口にするのは。」
「どうせそれも冗談でしょ?」
セリスは取り合わず、エドガーの腕を外そうと軽く手をかけた。

「冗談抜きで本気になった、といったら?」
 エドガーは腕に力を込め、セリスを腕の中に収めたまま不敵な笑みを浮かべる。
セリスはエドガーから視線を外して俯くと、小さな声で呟いた。
「ごめんなさい、エドガー。やっぱり、私は…」
 その後を言うか言わないかの内にエドガーは素早くセリスの言葉を遮った。
「それ以上言ったらマナー違反だよ。
俺といるのに他の男の名前を出すのはよくない。」
声のトーンを落としながらも、いつもの優しい笑顔でエドガーは首を振った。
「でないとこの場で実力行使したくなるから…さ。」
セリスは見慣れているはずの笑顔に、セリスはなぜかぞくりと寒気を覚えた。
そして、奇妙な違和感の正体にすぐ思い当たる。
「エドガーって…いつから俺、なんて言い方するようになったの…?」
はっと顔をあげてセリスが尋ねる。
エドガーはそれには答えずに無言でニヤニヤと笑っている。
セリスは嫌な汗が背中を伝っていくのを感じながら、
どんどん状況がまずくなっていく事に、危機感すら覚えていた。

224 7 :02/10/17 00:48 ID:???
 とその時、遠くの方で誰かの階段を下りる足音が二人の耳に届いた。
セリスは助かったとばかりに声を上げようとしたが、
エドガーはセリスの口を片手で塞いだ。
なおも声をあげようとするセリスに対し、
エドガーは悪戯っ子のような笑みを浮かべて、人差し指を口元に当て、
シーッと音を立ててみせた。
「さすが鋭い勘してるよね。セリスのそういう所、好きだなぁ。」

 そう言うなり、エドガーはセリスの背後にあった物置の扉を開けて
セリスを中へ引っ張り込んだ。
後ろ手にエドガーがスイッチを入れると、
ほこりをかぶったオレンジ色の電球がぼんやりと二人を照らしだす。
「一応国王だからさ、プライベートの時以外は俺って言う訳にいかないんだよね。
そういえば、二人っきりになるのって初めてじゃない?」
いつも冷静で穏やかなはずのエドガーの目に、妖しい光が宿る。
セリスはその気配に気圧されるようにして、
思わず数歩後ずさった。
 
 だが狭い室内に加えて、モップなどが乱雑に放り込んであるため、
足元がかなりきつく、セリスはすぐに隅に追い詰められていく。
二、三歩さがっただけで、壁に背中がぶつかって身動きがとれなくなった。
エドガーは獲物をいたぶる獣のようにゆったりとにじり寄ると、
セリスの首筋に手を回し、耳元にそっと囁いた。
「ここなら邪魔は入らないね。」
「どういうつもっ…嫌っ!」
エドガーがセリスの首筋をゆっくりと舌でなぞる。セリスは顔を背けながら、
足をばたつかせた。箱の一方に当たり、やや大きな音がする。
エドガーは肩をすくめると、まるで子供を扱っているかのように
また指を立ててシーッと音をたてた。
「いい子だから、静かにしてて。」

225 8 :02/10/17 00:49 ID:???
と、セリスの両足の間をエドガーの片膝が割った。
その隙間に指を差し込む。セリスが恥ずかしさで顔を赤らめながら、
恥部にあてがわれた指を外そうと手を伸ばす。
「やめてっ!エドガー、やめ……ぁうんっ」
エドガーは一向に静まる様子を見せないセリスに閉口し、
また強引に口を塞いだ。
そして下にあてがった指を小刻みに動かしていくと、
布越しの指先に、ゆっくりと暖かい液体の感触が広がっていく。
セリスは必死でくぐもった声をあげながら身をよじったが、
谷間を移動する指の感触に、次第に肩を震わせながら反応し始める。
エドガーは、目を閉じて感応しはじめているセリスをみると、
唇を貪りながら、満足気に笑った。

 そして片手で器用に、その反面粗雑にセリスの胸元に手を突っ込み、
上半身を剥いだ。そのままセリスを壁際の箱に押し倒し、
益々身動きの取れない状態に持っていく。
完全に逃げられなくなってセリスは咄嗟にエドガーの唇に噛み付いたが、
エドガーは一瞬顔をしかめただけで、すぐに楽しそうな表情に戻る。
セリスの唇を放し、自分の唇についた血液を舌で拭った。
「そんなに嫌なら、大声で助けを呼んでみる?
それとも…今ドアを開けてあげようか?」
ドアが細く開けられ、光の帯がセリスの肢体を照らす。
上半身は既に何もつけていない状態にあったセリスは、
片手で胸を隠しながら、ドアに掛けられたエドガーの手にすがり付いた。
「やめて!開けないでっ!お願い。」激しく首を左右に振る。
「そうまでして頼まれちゃしょうがないか。」
エドガーは喉の奥で笑いを漏らすと再びドアを閉め、
今度は内鍵を掛けた。
カチリ、と鍵のかかる金属音が室内に大きく響く。

226 ヘターレ :02/10/17 01:03 ID:???
こんな感じで。もう少したったらまたまとめします。

職人さん方頑張って下さい。絵師の方も(;´Д`)


227 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 02:25 ID:???
ヘターレさん乙ー!
寝る前に覗いてみてよかった…こんなSSが読めるなんて最高っす!もう(;´Д`)ハァハァしまくりっす!(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
いいぞエドガー!!そのままセリタンに
ダ イ ビ ン グ !

228 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 02:42 ID:???
寝る寸前に(;´Д`)ハァハァしちまいました・・・。
鬼畜入ったエドやんいいです。

229 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 03:31 ID:???
(・∀・)イイ!!!!なんて良スレなんだ・・・職人の皆さんに感謝感謝(;´Д`)ハァハァ
一途なセリスたんが萌えるに激しく胴衣!こんな健気な娘そうそういないYO(;´Д⊂)
でもロクセリがベースにあるからこそ他の男と絡む方が萌えるかも(w
ヘターレさんの鬼畜エドガーかなり(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
もちろん純愛ロックも大好きだ!どの作品の続きも楽しみです〜!

230 37 :02/10/17 10:43 ID:???
続・据え膳7
セリスはゆっくりと”彼”を口にふくんだ。
先端から根元へ、舌を絡みつかせるように動かす。
彼女の口の中で、”彼”は徐々に太く、硬くなっていった。
セリスは歯を立てないように注意しながら、何度も何度も”彼”を愛でた。
そうするうちに、彼は絶頂をむかえたようだ。
「セリス・・・ッ!!」
セリスの口に、顔に白い液がこぼれる。
(ロックのにおいがする・・・)
セリスは口からこぼれる液をぬぐい、いまだ太く硬い状態を保っている”彼”を見、次に自分がすべきことを考える。
いつもロックが自分にしてくれることを考えても、自分のすべきことはあとひとつー・・・、セリスはロックの目隠しがとれていないことを確かめると、先ほどロックがはずしかけたボタンをはずしはじめた。
ロックが目隠しをしていなければ、このような行動はできなかっただろう。
セリスは自分の身体に全く自身がなかった。
ロックは自分を抱くたびにきれいな身体だといって誉めてくれたが、その言葉を素直に受け止められないでいる。
部屋の壁にかけてある姿見に、自分の裸体がうつっているのが見えた。
どこがきれいなのだろう、と思う。
「・・・もうとってもいいか?」
その声にはっとしてセリスは鏡からロックへと視線をうつした。
ロックは言うか言わずか、すでに目隠しーバンダナをはずし、床におとしている。
セリスは慌てて先ほど自分が脱がした彼の白いシャツで身体を隠した。
その様子に、ロックは苦笑する。
セリスは顔を真っ赤にして身体だけでなく、顔もシャツに隠した。はずかしさは先ほどの比ではない。
「あんまり、見ないで・・・」

231 37 :02/10/17 11:15 ID:???
続・据え膳8
「何回も見たことあるだろ・・・ってなに着てるんだよ、セリス」
ごそごそと自分のシャツを着始めたセリスに、ロックは言った。
シャツはセリスには大きく、彼女の太股の中ほどまですっぽりと覆ってしまっていた。しかも彼女はご丁寧にボタンも全部とめている。
ロックはセリスの手首をつかみ、ひっぱると、ちょうど向かい合うようなかたちで彼女を膝の上に乗せた。
彼女の太股に右手を這わせ、シャツの下から肌をまさぐる。
ロックはセリスがシャツの下にはなにも着ていないことを確認すると、背後のほうからセリスのそこに、右手を這わせた。
びくり、とセリスの身体がはねた。
「セリス・・・濡れてる」
その言葉に、セリスの肌が紅くそまったのがシャツごしにもみてとれた。
ロックは左手で彼女の腰をもって向き合った状態のまま、セリスを両膝で立たせる。
そしてちょうど彼の目の前にきたセリスの胸を、服の上からゆっくりと揉んだ。
そしてその先端を、口にふくむ。
「んぅ・・・」
白いシャツがロックの唾液でぬれ、セリスの肌と、その先端の色を浮かび上がらせた。
ロックはそれをしばらく見つめ、やがてうかされたようにセリスの肌のぬくもりを求め、シャツのボタンをやや乱暴にはずした。
シャツが割れ、彼女の白い肌があらわになる。
ロックはそこにいくつもの赤い華を散らし、いっそう強くセリスを抱いた。
そうして、彼女のそこに、”彼”をゆっくりとおしあてた。
セリスの身体がふるえた。
きつくしがみついてきた彼女の髪をなでる。
「セリス・・・そのまま腰、おろして」

232 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 12:17 ID:???
37さん乙〜。
こんな時間から(;´Д`)ハァハァさしてもらいます。

233 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 15:04 ID:???
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
セリたん積極的でもなんか控え目でかわいい…
ハダカに大きめのシャツってのもたまらん(;´Д`)ハァハァ
どこが据え膳だロック、おいしすぎだろーッ

234 こんぶ :02/10/17 20:31 ID:???
「ねぇ、ロック…入ってもイイ?」 …ロックはごくりと息を呑むと胸の高鳴りを抑えつつやっとの思いで返事を返した。「あ…ああ」(セリスがこの部屋に!?)
カチャ…とドアが開いた。 彼女がドアを開いたというだけで、その音で体に電流が走る(かなり重傷だな、俺…)
セリスが部屋に入ってきた瞬間とっさに目を背ける。 そんなロックの姿を見てセリスは遠慮深そうにそっとドアをしめた。「ねぇ…あの‥ね、ロック‥話…聞いてくれる?」
「……ロック、私のことキライ…なの?」 「えっ!!」予想外の質問にロックは驚いた。

235 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 21:56 ID:???
SSイパーイ(;´Д`)ハァハァ
職人さん続き待ってます

236 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/17 23:53 ID:???
ここは天国だ!!(´∀`)
どのSSも続きが気になる!!
ヘターレさん、さすらいの。さん、37さん、こんぶさん。乙でーす!

237 現在執筆中SS :02/10/18 00:56 ID:???
●腐った林檎● 23話〜27話 さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214

67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135 >>165

「続・据え膳」 1話〜8話 37さん作
>>171 >>187 >>190-191 >>194-195 >>230-231

こんぶさん作
>>216 >>218 >>234

ヘターレ作
>>181-182 >>205-207 >>223-225 同時進行は5本…

238 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/18 03:13 ID:???
>237
ヘターレさんまとめ乙です!
5本同時進行…凄い。職人さんいつもホントにありがとう(;´Д`)

239 さすらいの。 :02/10/18 16:31 ID:???
●腐った林檎28●


「おい、そこの酒飲んでる奴」
「あ?」
自室で酒を飲んでいたセッツァーだったが、不意に声をかけられド
アの方を向いた。
「何だよロック」
「コーリンゲンまで、行け」
「はあ?」
「飲酒運転も今日だけ許す。とにかくコーリンゲンまでこれ飛ばせ」
「嫌に決まってるだろうが、めんどくせ…っておいそれは!!」
「お前の大好物のドンペリだ。酒屋からいただいてきた。…飲みた
いか?」
「…行くぞ!」

「ケフカ様、お持ちしました」
「ああ君、ありがとう」
「…しかし何に使うのですか?ビデオカメラなど…」
「ちょっとね、楽しい事にだよ」


萌え小説大量ですなあ…忙しくて小説更新できないし今エロも無いか
ら退屈だと思いますがひっそーり頑張ります(´▼`)



240 [es] 9 :02/10/18 17:35 ID:???
「お願い、許して…」セリスが哀願する。
エドガーは子供をあやすように、セリスの頬を優しく撫でた。
「子供の頃、御伽話って読んだことない?」
「えっ?」
 急に態度が変わったエドガーに、セリスは戸惑いながら眉間に皺を寄せる。
エドガーは先ほどまでの強引さを微塵も感じさせず、
穏やかな表情で頬杖をついて微笑んだ。
セリスはエドガーから身を隠すようにして
ウエストまで引きさげられた服へとおそるおそる手を伸ばす。

 不思議なことにエドガーはそれを止めもせず、
相変わらず黙ってセリスの頭を撫でている。
 セリスは急にエドガーが自分を解放してくれたことにほっとしつつ、
胸元を片手で握り締めて警戒しながら、木箱に座り直した。
「少しはあるけど…」
「あ、そういえば何を許して欲しいの?セリスは。」
エドガーはあくまでマイペースに話題をすりかえた。
尋ねる口調を使いながら、セリスに答えさせる隙を全く与えずに
エドガーは言葉を続ける。
「俺の唇に噛みついたこと?あれは結構痛かったな。」
セリスの髪から手を離し、
わざとらしいくらい大袈裟に考え込む仕草をしながら、
ニヤリと笑った。
「それとも…うーん、そうだな…
ロックへのあてつけの道具として俺を利用したことかな?」
 セリスは、自分の思惑を全て見通した上で嫌味を言われ、
俯いてしょんぼりと肩を落とした。
「ごめんなさい…」
「そんなことだろうと思った。まぁ、別にどうでもいいんだけどね。」
エドガーは短く吐き捨て軽く鼻で笑った。

241 [es] 10 :02/10/18 17:35 ID:???
 てっきりエドガーが怒っているのかと思っていたセリスは、
驚きで目を見開く。
「エドガー?」
「あぁ、ごめんごめん。そんな不審そうな顔しないでよ。
話を元に戻そうか。童話の話、いや御伽話だっけ?
その話だったよね。」
 すっかりエドガーのペースに巻き込まれたセリスは、
ただ唖然としながら目を瞬かせて頷くだけだ。
エドガーはセリスの横に腰掛けると、
女性にしては大きなセリスの手に、自分の手を重ねた。

「ああいうのってどれも共通しててさ、
願い事は一つだけって決まってるじゃない。
だから俺はセリスを許す気は無いよ。」
「ど、どういう意味…?」
 セリスは瞬きを繰り返しながら訊き返す。
「やだなぁ。こういう時だけ鈍感なんだから、セリスは。
さっき扉を閉めてくれって言っただろ?
俺はその願いを叶えた。もうセリスの頼みを聞く必要ないよね?」

 途端にエドガーは身を翻し、力でセリスを箱にねじ伏せた。
木箱の角で肩が擦れ、セリスが顔を歪めても、
エドガーは意にも介さずセリスにのしかかる。
「痛い…放して、エドガー!ロックのあてつけに…利用したのは謝るわ!
でも、本当に嫌なのっ!」
セリスは滅茶苦茶に手を振り回す。
手が当たり、髪留めが飛んで長髪がセリスの片頬に落ちる。
床にぶつかる金属の音に、セリスがはっと手を止めた。

242 [es] 11 :02/10/18 17:37 ID:???
エドガーは髪を乱雑にかきあげると、三度人差し指を口にあてがった。
今度はシッとは言わずに、セリスの唇にふわりと置く。
「他の男の名を出すな、って俺忠告したよね?」
さっと微笑の仮面が落ち、一切の表情が消えうせる。
セリスは心臓が早鐘を打ち始めるのと同時に、
冷や汗が一筋首の後ろを伝っていくのを感じていた。
 口調も声色も全く変化がないのに表情だけが抜け落ち、
さながら機械仕掛けの人形のような異様な雰囲気を醸し出す。

 無表情のまま、エドガーはセリスを覗き込む。
「静かにしてろ。二度言わせるな。」
セリスは、冷たい瞳に魅入られたように、こくりと頷いた。
反抗しないセリスにエドガーは優しく声を掛ける。
「良い子だ。肩、見せて。さっきぶつかっただろ?」
 セリスはエドガーの能面のような顔を見ることが怖くて、
目を閉じたまま横を向いた。
と、左肩の傷にエドガーが舌を這わせながら
丁寧な手つきでファスナーを下ろしていく。
 
 セリスは痛みよりも、何をされるかわからない恐怖で肩を震わせた。
「痛む?」
セリスは無言で首を振る。エドガーはそれを確認すると、
マントの上にセリスを仰向けにさせた。
 セリスの肌を覆うものが無くなり、
直接空気に触れる冷たさに鳥肌がたっている。
エドガーはザラザラとした感触を楽しみながら、
一方の手は足へと滑らせ、もう一方で乳房を包み、口に含んだ。

243 ヘターレ :02/10/18 17:39 ID:???
数字だけだと紛らわしいので題名つけました。

ところで隔離でセリたんハケーソ
あの手袋は…ロックか(;´Д`)ハァハァ

244 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/18 18:02 ID:???
さすらいの。さん、乙ーケフカはビデオカメラを何に利用するんだ・…(;´Д`)ハァハァ
ヘターレさん、乙ー
セリタンを心配しつつも鬼畜エド全開に(;´Д`)ハァハァ
次回も楽しみにしてまつ。

245 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/18 18:35 ID:???
おお!こんな時間に盛り上がってる
ここ夜中じゃないとあんまり人いないのかと思ってた…w
さすらいの。さん、非エロでも萌え萌えだYO(;´Д`)ハァハァ
ヘターレさんの鬼畜エドガー相変わらず(・∀・)イイ!
ロック絡みで萌え倍増です(;´Д`)ハァハァ

246 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/18 18:39 ID:???
絵師さんこっちに貼ってくれればいいのになー
隔離どこだっけ(;´Д`)

247 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/18 20:21 ID:???
セリスたん専用絵板とかあったら天国なのだが。
隔離は20日でおしまい、見納めです。

248 34 :02/10/19 00:45 ID:???
SS書き様いつも乙です!
来るたびに小説の続きが読めてココは天国のようだ(*´Д`)

前回コメントくださった方々ありがとうございました
↓一応エロに挑戦…でも玉砕してるので期待はしないで下さい
http://north-cape.parfait.ne.jp/cgi-bin/ffdq/data/IMG_001884.jpg

249 セリス車 ◆4dCeles642 :02/10/19 01:10 ID:???
  |
  |_
  |   ヽ
  |ノ=リ)〉
  |゚ ー゚ノノ >>248 すごくエッチで(;´Д`)ハァハァしちゃいます
  (]_´ノ
  |/l_ゝ
  |

250 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 02:47 ID:???
>>248 (;´Д`)ハァハァ 
アニメーション楽しかったでつ。ぱんつの皺が細かい…
実はあなたのフローラにも萌(ry ←スレ違いゴメソ
    

251 さすらいの。 :02/10/19 10:09 ID:???
●腐った林檎29●


「…久々だな」
一行がコーリンゲンに着いたのは、翌朝だった。飛空挺から降りた
ロックとティナ、そしてリルムは―早速レイチェルが眠る地下室へ
と向かう。
「あっ、ロックだ〜」
「ほんとだ、久しぶりぃ〜」
途中で、若い女達がロックに声をかける。
「よう」
ティナとリルムは少し離れた所からロックと女達が話すのを見てい
た。存在自体が奇跡であるぐらい美しいセリスよりは、劣るが―そ
れでも女達は、美しかった。
「…何、岩男モテモテじゃん」
「…でもロック、無表情ね。セリスといる時とは、違う…」
「そりゃーセリスへの愛でしょうが、愛」
「おいお前ら、行くぞ」
女達との短い会話を終えたロックは、再び歩き出す。
「…今の何だよ、この浮気岩男」
「…俺が馬鹿やってた頃、関係のあった女達だ」
それを聞いていつものように野次を入れようとしたリルムだったが、
ロックの顔が思いのほか神妙である事に気付く。
「岩男…?」
「俺はレイチェルが死んでから…同じ村の…女達にも手を出した。
最低なんだよ…」
「―」


252 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 10:32 ID:???
>>248
うおおおおキターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!
こんさよさんのセリスたんマジ(;´Д`)ハァハァ
あの手は…あの手は誰だッ…やっぱロッ(ry(;´Д`)ハァハァ
>>251
さすらいの。さん朝から乙です!
ストーリーの奥が深くてイイ!
さすらいの。さんのロック密かに激燃え(;´Д`)カコイイ…

絵師さんも職人さんもいい人ばかりでここはほんと超優良スレ(;´Д`)ハァハァ

253 67 :02/10/19 12:52 ID:???
「好きにして、いいの?」
「もぉいいよ…」
目が泳ぐ。頭は依然としてぼんやりしたままだ。もうどうでもいい気がした。
恐らく反抗したところで私は敵わないし不快な思いをさせるだけだ。
そう考えると抵抗する気が失せてしまった。でも、次の一言で引き戻された。

「ここ、外だよ??」「!!」そういえば、そうだったのだ。
「野外で、しかもテントの傍で。いつ誰が来るとも解らないんだよ??」
「やっ…!!そんなの嫌だ…っ」
くん、と私の顔は彼のすぐ傍に引き寄せられた。
「戦士に二言は無い。」「…」「そうだろう?」
「あ…っ!!」両腕を捕まれたまま強く地面に押し付けられる。
私の方を押さえつけ、そのまま私の体を撫で始めた。
「さっき手を離してあげたのに逃げなかったね。いいこ。」
そう言って乳房を口に含む。「して欲しかったんでしょ??」
「違う」そう言おうとした瞬間ロックの指が私の口を塞ぐ。
舌を強く押さえつけられ、声も出せない。そのことに驚いているうちに
ロックの手は「私」を強く触り始めた。
「外なのにね…やらしい奴。何、お前…上からも下からも涎垂らして。」
ふっ、と軽く嘲る様に笑う。初めて見る顔つきだった。


254 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 13:44 ID:???
67さん乙〜
一度言ったことを否定するセリタンに(;´Д`)ハァハァ

255 [es] 12 :02/10/19 15:52 ID:???
 舌先で既に固くなった先端を転がしながら、甘噛みを繰り返す。
「ねぇ、もうここが勃ってるのは寒いから?それとも…他に理由でもあるの?」
 セリスは自分が感じ始めていることに気付かれないよう耐えていたのだが、
エドガーの問いに答えなければ
またさっきの恐怖を味わうことになるのだろうか、
そう思って恐る恐る目を開ける。
 そこにはいつも通りの柔和な笑みでエドガーが微笑みかけていた。
無言の重圧でセリスに答えを急かす。
 
 セリスは仕方なく口を開いた。
勿論こうすればセリスが口を開くであろうことなど、
エドガーは先刻承知の上だ。
セリスの意識から外れている秘裂に手を伸ばし、
ショーツの上から小さな粒を弄ぶ。
「あっだめっ…んっく、ぁん…」
冷たくなっていた白い布が、新たな暖かい液体で満たされる。
「いやらしくていい声だよ。やっぱり身体は正直だね。」
くすくすとエドガーが笑う。
指先を振動させながら、擦りつけるように刺激をおくる。
セリスは声をこらえながらも、快感には抗えず、
エドガーの指に合わせて腰を動かす。

 エドガーの指の先では、下着の上に沁みだした透明な液体が糸を引いている。
指が陰部に触れて離れる度に淫らな音が立ち、エドガーの劣情を一層煽る。
するりと指をショーツの中に滑り込ませると、
熱く潤った襞が指を迎え入れる。
「セリスはどっちが弱いの?前、それとも後ろ?」
エドガーは問いかけながら、言葉通り前の粒と後ろの入り口とを愛撫する。
「ぁうんっ、やぁ…っそれ以上は…さわ…っゃあぁっう…」
セリスは頬を真っ赤に染め、吐息を混ぜたような声で反応を返す。

256 [es] 13 :02/10/19 15:52 ID:???
エドガーはセリスの耳元に口を寄せ、耳朶をついばむ。
「どっちも…かな?」
エドガーの言葉にセリスの視線がほんの一瞬揺れる。
「素直だなぁ。どっちも感じる性質なんだね。」
セリスが反論するより早く、エドガーはセリスの顎先を舐め、
両手でショーツを引きおろしながらゆっくりと下へ向かって舌を滑らせていく。

 潤った谷間に舌が到達すると、セリスの太腿がびくっと反応をみせる。
薄桃色の裂け目をぬらぬらと光らせる透明な粘液を
赤い舌が舐め取っていく。
充血して顔を覗かせている芽を舌先で軽く叩きながら、
指で膣口を撫でていく。
絶え間なく溢れ出てくる蜜をエドガーが吸い上げると、
セリスの快感に比例するように、じゅるっと卑猥な水音がこぼれる。
そしてエドガーは中指をセリスの中心部にむかってゆっくりと沈めていく。

257 [es] 14 :02/10/19 15:53 ID:???

 セリスの閉じられた目蓋がぴくぴくと痙攣し、
顎を仰け反らせてため息のような声を唇の隙間から漏らす。
指に吸い付く襞をこすりながら、奥を突くようにして、
熱い内部をエドガーがかき回す。
愛液の絡んだ指が出し入れされる度、セリスが淫らな声をあげる。
「涎がすごい溢れてきてるよ…こうやってもらうの…好き?」
催眠術でもかけるように、セリスに低い声で囁く。
「んくっ…違っ…ぁあうんっ…」
エドガーは指の速度をあげながら、親指で勃起した肉芽を弾く。
「言い方を変えようかな。気持ち良い?セリス…」
セリスは快感の渦に飲み込まれながら、目を閉じて頷いた。
「きも…ちい…っあぁっ、やぁあっっ!」
頂点に達して、セリスが全身の力を失って倒れこむ。

 セリスは絶頂の余波にまだ身を置きながら、
唇に触れる心地よい柔らかさに、意識をすることもなく自然と応えていた。
舌を絡め、互いに唇を挟み込むようにして押し付けあう。
身体の一点に欲望の火をくすぶらせ、エドガーが激しくセリスを求める。
 セリスは自分の太腿に硬い物があたるのを感じ、
エドガーの背中に手を回した。
「いいよ。」そう小さく呟く。

258 [es] 15 :02/10/19 15:54 ID:???
エドガーがふと手を止めてセリスを見つめる。
セリスは自分で言ったセリフに恥ずかしさを覚えながら、
胸をエドガーに押し付けた。
「さっき自分で言ったでしょ。二度言わせないで…」
 エドガーはセリスの頭を撫でて抱き起こし、セリスの手を首へ回させた。
「しっかりつかまってて。」 
そう言うなりエドガーはセリスの膝に手をかけM字型に大きく開脚させる。
セリスがその体勢に嫌がる間を与えず、
すぐに十分に潤った蜜壷の奥へと侵入した。

 徐々に中心部へと押し入ってくる熱に、
セリスはエドガーの首筋に爪を立てながら、息を吐き出す。
 完全に中へ入ってから、エドガーはセリスを抱えたまま後ろに下がった。
そのままセリスを貫くように腰を打ち付け始めた。
セリスはエドガーに抱きかかえられたまま上下に動かされている。
エドガーの力に重力が加わって最深部まで突き上げられ、
セリスはだらしなく口元を弛緩させたまま嬌声をあげる。
「あぁっ…んあっくはぅん…きもちい…い…ぅあっん」
口端から液体が首筋へと伝う。
  長い睫毛を伏せ、欲望の宿った目を半分閉じながら、
セリスは悦楽の中へ沈み込んでいく。
同時にエドガーも額に汗を浮かべながら、
熱を帯びるセリスの中心部に己を打ち込む。
 淫らな快楽に、二人の繋がる速度が速まっていく。
「あっう、んぁうんっ、もう…が…まんでき…ゃあぁぁあっ!!」
セリスは長い金の髪を振り乱しながら大きく痙攣すると、
全身で絶頂に達した事を示した。すぐにエドガーもオルガスムを迎える。
まだピクピクと卑猥な液体を滴らせる襞から離れ、
完全に欲望を吐き出した。
 セリスの上気した肌をそれがゆったりと滑り降りていった。

259 [es] 16 :02/10/19 15:55 ID:???
 けだるい快感のもやの中にいたセリスは、
頬や目蓋に触れる人肌の心地よさに目を開いた。
エドガーはいつのまにか普通の格好に戻っている。
「もう真っ暗だな。」
そう言ってエドガーが天窓を見上げた。
セリスも衣服を身に着けながら上を見遣った。
小さな窓の端に三日月の先端部分が顔を覗かせている。

「夕飯ご馳走するよ。」
 エドガーはここに入る時とは正反対に、
レディ・ファースト然として扉を開けた。
 そしてドアを閉める時、ふいにセリスに微笑んだ。
包み込むような自然で暖かい笑みが、
無意識の内にずっと緊張し続けていたセリスの神経を緩めた。
セリスの深いブルーの瞳から一粒の雫がこぼれ落ちる。
 そのことに一番驚いたのはセリス自身だった。

「あ、やだ…急に緊張の糸が切れたからかな。」
 笑って涙を拭おうとするセリスにエドガーは困った顔でハンカチを差し出した
「一方的に乱暴して悪かった。」
セリスはそれを受け取らず、手の甲で拭った。
「誤解しないで。エドガーに謝って貰いたいなんて私は思ってない。
大人の男と女なんだから、そういう関係になる事もあるわ。違う?」
セリスに全く似合わない大人びた台詞に、エドガーは思わず苦笑した。
「クールなセリスも悪くないけど、
そういう言葉を口にするには、5年ばかり早いかな。」

260 [es] 17 :02/10/19 15:56 ID:???
 エドガーの言葉にセリスがむっとした顔になる。
「失礼ね。ところで…さっき、静かにしろって本気で脅したわね?
お陰で今更泣くはめになったじゃない。」
片方の眉をあげて覗きこむセリスに対し、
エドガーは言葉を濁しながら意味深な笑みを浮かべた。
「さぁ、どうだろうね。セリスの想像に任せるよ。」
あくまで飄々と質問をかわすエドガーに、
セリスは半ば呆れながら笑った。
「本当に食えないわね、エドガーって。どこまでが本気か分からな…」

 と、背後から飛んできた大声に、セリスの言葉は中断した。
「セリス!何処にいたんだよ!心配したんだぞ!」
セリスの姿を見つけたロックは息を切らせながら走り寄った。
しかし、振り返ったセリスの頬には涙の跡があり、
ロックは眉をしかめた。
「セリス、どうしたんだ?」
そう尋ねかけたところでロックの顔色が変わる。
セリスの左肩に真新しい傷跡と唇の跡を見たからだ。
ロックはセリスの制止も聞かずにエドガーに食って掛かった。
「ロック、やめて!私から」
「お前がしっかり捕まえておかないから、
私みたいなのに横取りされるんだよ。」
エドガーは挑発するようにせせら笑った。
「てめぇ…!!」
そう言うが早いか、ロックは顔面に右ストレートを見舞った。
鈍い音と共にエドガーが呻き声をあげる。
押さえた手の間から鮮血が床に垂れる。
 もう一発殴ろうとして、ロックはセリスに腕を掴まれた。
仕方なくロックは拳を下ろし、行き場のない怒りを壁にぶつけると、
一人で階段を上がっていった。

261 [es] 18 (完) :02/10/19 15:57 ID:???
「エドガー、大丈夫?
今、私のことかばったわね。あれじゃエドガーだけが悪者じゃない。」
セリスがかがみこむ。
「全然大丈夫じゃない。痛ぇ…。
あ、セリスは余計な事ロックに言うなよ。
そうでないと私が殴られてやった意味がないからな。
わかったら黙ってとっととロックを追いかけろ。夕飯はまた今度な。」
 エドガーは鼻を押さえたまま階段の方を指差した。
セリスはしぶしぶ頷くと、走ってロックの後を追いかけた。
「ま、しょせん私の役回りはこんなもんか…。
後はあいつらでなんとかするだろう。」

 セリスの姿が完全に見えなくなってから、
エドガーはハンカチで血を拭いながら再びぶつぶつと呟いた。
「ロックの奴…せめて中心線は外せよ。中心線は。
あいつに遠慮って言葉は無いのか?
それにしても…さっきのキレっぷりは我ながら恐ろしかった。
前々からMじゃないだろうとは思ってたんだよな。Mじゃないとは…。」

                                  終

262 ヘターレ :02/10/19 16:00 ID:???
[es]
>>181-182 >>205-207 >>223-225 >>240-242 >>255-261


連投しまくりスマソ。 
というわけで、ここまでお付き合い下さりどうも有難うございました。 
鬼畜に(;´Д`)ハァハァレスを下さった方々にも多謝。

わがままなお願いですが、
読み手さんの立場からみたアドバイス(もっと短くまとめろゴルァ!!等)
が有りましたら、是非ともお願いします。
もちろん(;´Д`)ハァハァしていただけるだけで至福ですが、何か?

263 現在執筆中SS :02/10/19 16:01 ID:???
●腐った林檎● さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214 >>239 >>251

67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135 >>165 >>253

「続・据え膳」 37さん作
>>171 >>187 >>190-191 >>194-195 >>230-231

こんぶさん作
>>216 >>218 >>234        4本進行中!期待sage!

264 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 16:02 ID:???
これで他人様の作品で心置きなく(;´Д`)ハァハァできる…!
期待sage(;´Д`)

265 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 17:51 ID:???
久々に来てみたら良スレになっとる(;´Д`)ハァハァ
>>247
作るか?
でも絵師さんが来てくれるとはかぎらないしな

266 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 19:34 ID:???
>67さん
ロックの思う壺というか、必死なセリたんに(;´Д`)ハァハァ

>ヘターレさん
乙〜!今回もかなりハァハァさせて貰いました(;´Д`)ハァハァ
なんだか終わり方が切ない…親友同士の対立がすごいツボ(;´Д`)ハァハァ

というかどのSSもセリたんの余裕のなさに激しく萌え〜
職人さんいつもありがとう・・・・!どれも続き楽しみです(;´Д`)ハァハァ

267 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 19:37 ID:???
>>265
つくれるの?だったら是非・・!!

と言いたいところだけどやっぱ絵師さんにかかってるなぁ

268 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/19 19:53 ID:???
ヘターレさん乙でした。ただのあて馬に終わることのない
エドガーが良かったです。エチ部分もエチなのに下品じゃないので
好きです。つまりは(;´Д`)ハァハァ

他の皆さんの作品も好きです。連日の(;´Д`)ハァハァに血圧も上がります。

>265
絵板できたらかなり嬉しいけどね。絵師さんもそのうち増えると思いまふ。
名無しの絵描きは結構いると思われ・・・

269 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/20 00:21 ID:???
最萌え時も、セリたんの絵を自炊してたの絵師さん結構いらした記憶があるから
設置したら、来て貰えるんじゃないかなあ。

・・・と言ってみるテスト
セリたん絵板ができたら、自分もヘタレながら遊びに逝きたいと思いますし。

270 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/20 00:30 ID:???
ナイス週末・・・職人さんありがとう(;´Д`)ハァハァ
隔離閉鎖なんだね、サミスィー(´・ω・`)
セリスたんの絵板あったらほんといーな
>>269
マジですか(;´Д`)ハァハァ

271 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/20 01:19 ID:???
ヘターレさん良かったYO!かーなーり(;´Д`)ハアハア!!
今日はイパーイあって嬉しい。
また読みたいなとつぶやくテスト。さらにもっと愛(?)のある話だと
いいなと言ってみる。い、言ってみただけさ・・・!!
他の職人さんたちも楽しみだ!(´∀`)

セリタソ絵掲、あったら描きに行きますよ。なんたってマイ最萌えだから。

272 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/20 02:01 ID:???
お前らちょっとハァハァしすぎですよ!!!






キテヨカッタ(;´Д`)ハァハァ・・・・

273 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/20 17:56 ID:???
絵掲でけたらヘタレながらも描きに行きますー(*´∀`*)

274 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/21 00:28 ID:???
今日は盛り上がってないなー
セリスたん絵板…あったらほんといいな(;´Д`)

275 あぼーん :あぼーん
あぼーん

276 あぼーん :あぼーん
あぼーん

277 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/22 01:37 ID:???
セリスたん、ブリザガお願いします(;´Д`)ハァハァ
今日は人がいないノカー

278 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/22 23:08 ID:???
今日も職人さんいない??さみしー
最近かなりにぎやかだったからなぁ・・・(´・∀・`)ショボーン

279 ヘターレ :02/10/22 23:11 ID:???
(;´Д`)ハァハァ有り難く頂きました。
丁寧なレス下さってどうもでつ。参考になりますた。

鬼畜路線が好きなくせに、書いててセリタンが可哀相になって
最後には結局もにょるってのは問題だと思っていたのですが、
そうでも無い様ですね。チョト安心

不満とかも是非おながいします。ここを直して欲しい、等。
乙女セリスよりも将軍セリスが良い、とか。

次書くとしたら…どんな需要があるのでしょうか?
セツセリ(既出)?地下室?
いずれにせよキボンヌがあれば、おながいします(コソーリ

280 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/22 23:33 ID:???
セツセリきぼ〜んぬ!

281 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/22 23:39 ID:???
心はロックに捧げてるんだけど
ついセッツァーに…みたいなのどです?(;´Д`)ハァハァ
切ない和姦きぼんぬ

282 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/22 23:44 ID:???
わあ、ヘターレたん!
エチーはこれでもかってくらい鬼畜にしといて
最後はなんだかいいかんじ(?)ってゆうのは大好きでつ!!
考えただけでハアハア(;´Д`)地下室とゆう単語にかなりひかれるYO。
1、地下室でロクセリ。
2、フィガロ城の地下室?でエドセリ
3、飛空挺の地下室??でセツセリ
4、他

かなり無理矢理だったか・・・1をコソーリキボン

283 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 00:14 ID:???
和姦マシュセリひそかに希望れす!(;´Д`)ハァハァ
今まで見たことないしな〜

284 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 00:20 ID:???
じゃあここは仲良く間をとって5Pで

285 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 00:42 ID:???
複数はいやだ・・・ごめんよ・・・。
>283にほんのり同意。ちょいセリたんリード気味で(;´Д`)ハァハァ
自分はセリスは女の子っぽいのが好きなんだけど
将軍様とどっちのが人気あるんだろ。女って将軍タイプ好き多そうだな。

286 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 00:58 ID:???
私は女だけど乙女セリスが好き!可愛いし。
将軍口調の時がかっこいいから、よけーに
強がってたんだなー根はこんな純情なんだなーって萌えます。
更にいえばロクセリが好き…一途なセリスが(;´Д`)

あと>>284は多分、メール欄…(w

287 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:08 ID:???
将軍セリス派って男に多いんじゃないのかー
自分含めてまわりはみんな乙女派なんでピンとこない

288 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:10 ID:???
>284 5Pかよっw!

将軍セリスたんが好きだ…けど、将軍でいるのって短期間な気がする
ナルシェ終わった辺りで既に口調が…いや、後半は後半で良いが。

289 285 :02/10/23 01:11 ID:???
キャ、恥ずかティー。ごめん。>284
ごめんついでにガウはどうか?とか言ってみるテスト。
エチなくてもいいです。揉まれるくらいで・・・(;´Д`)ハァハァ

290 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:23 ID:???
ガウ(・∀・)イイ!!
ガウを風呂に入れてあげるセリス
体の違いに好奇心旺盛なガウに触られまるセリスたん…(;´Д`)

291 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:26 ID:???
ガウほどの年とヘーキで風呂入る無防備セリたん(;´Д`)ハァハァ

292 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:26 ID:???
オーソドックスにロクセリキボン

293 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:28 ID:???
しょうがねえな、6Pだ6P!!!w

294 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:33 ID:???
ガウに理性なんてカケラもなさそうだし
一度性に目覚めたら大変なことになりそうだ・・・(;´Д`)ハァハァ
マシュセリも見たことないなー
でも漏れ、セリたんに攻めのイメージ全然ないYO
こういうことは常に受け身っぽいところが萌えるわけで。

言いたい放題でスイマセン(´Д`;)>ヘターレさん

295 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 01:47 ID:???
やっぱロクセリ…タイムリーに誕生日ネタで…だめ?
幸せ〜なやつが読めたら自分はこの際非エロでもいいです(w
いや、エロに越したことはないけど(;´Д`)

296 279 :02/10/23 01:57 ID:???
>294 そんな気を使わずとも…つか既に名無しで参加してるしw
盛り上がってて(・∀・)イイ!

297 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 02:09 ID:???
>>295
はげどう。

298 294 :02/10/23 02:30 ID:???
ヘターレさんありがd!収集つかなくなっても知らないw

ロックのために一生懸命ケーキつくるセリスに(;´Д`)ハァハァ

・・・・・・ってすでにエロじゃねえーーーーーーーー!!!!!!
・・・せっかく作ったのに「ケーキよりお前がイイ」みたいな
ごちそうさまな話もいいと思います先生!もう何でもハァハァw

299 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 02:51 ID:???
こんな真夜中に元気なスレだなぁ…(w ヘターレさん頑張ってください

300 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 07:52 ID:???
300セリたん(;´Д`)ハァハァ

301 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 17:23 ID:???
職人さんカモン!!!!!
>>298
イイかも。セリたんかわいすぎる(;´Д`)ハァハァ

302 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 18:10 ID:???
女体盛りケーキ・・・・・捨て身もいいところ





いや、スマンかった
忘れないでくれ

303 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 18:30 ID:???
>>302
それは尽しすぎ。(w

というか…
ロックの誕生日っていつだっけ…(;´Д`)

304 かりう ◆mPzasKARIU :02/10/23 21:11 ID:???
>>302
GO

http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1031482392/

305 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 21:15 ID:???
>303
ロックの誕生日は11月24日だそうです。ちなみにO型、身長175センチ
体重67キロ。セリスたんと3センチしか変わらないんだね。つうかヒール
はかれたら抜かれるな。

306 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 21:52 ID:???
やはりロクセリは根強いでつね。一番多い…のは当たり前ですが。

職人さん召喚sage 
皆さんお忙しいのでしょうか。さすらいの。タソ 67タソ 37タソ こんぶタソ
(;´Д`)カモン!






>302 ああ。忘れないとも。

307 37 :02/10/23 21:58 ID:???
盛り上がってますねw
誰も待ってないと思いますが続き行きますー

続・据え膳9
セリスはロックにしがみついたまま、ゆっくりと腰をおろそうとする。
しかし、いつまでたっても”彼”は頭が少しそこに入っただけで、奥までの侵入を許されなかった。
「駄目・・・、できない・・・」
ロックのこめかみに頬を押し当て、セリスは消え入りそうな声でいった。
セリスは‘そういう‘ことをするのが嫌いというわけではなかった。
むしろ好き・・・といっていいと思う。
しかし、”彼”が自分の中に入ってくるこの瞬間だけは苦手だった。
苦手というよりも恥ずかしかったのだ。
”彼”が自分の中に入ってくるにつれて、自分の中の見られたくない部分が彼に見られているような気がするのである。
また、自分のあげる声も、恥ずかしかった。
ーもっとも、一旦”彼”が中に入ってしまうとそうもいってられなくなるが・・・。
「どうしても出来ない?」
ロックはセリスの背中にまわしていた両の手を彼女の腿の裏にそれぞれ移動させながら、確認するように問いかけた。
こくん・・・とセリスが頷く。
次の瞬間、ロックは彼女の両腿を勢いよく自分のほうへひいた。
セリスのバランスがくずれる。
「ッ?!」
彼女の体重が、一気に”彼”を奥まで押し込んだ。
セリスはあげそうになる声を必死に抑え、ロックにきつくしがみついた。

余談ですがセリスはシャツは着たままです。前があいてるだけです。わかりにくくてごめんなさい・・・

308 303 :02/10/23 22:00 ID:???
>>305
サンクス!
一ヶ月先のことでこんなに盛り上がってたのかYO!
11月下旬……暖め合いたい季節だね(;´Д`)ハァハァ…(w

>>304
(・∀・)ドナタデスカ?!

309 303 :02/10/23 22:04 ID:???
>>307
ガーン!37さん割り込んでしまってすいません!(;´Д⊂)
というか(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
つ…続きをドンドン…!!!

310 現在執筆中SS :02/10/23 23:19 ID:???
「続・据え膳」 37さん作
>>171 >>187 >>190-191 >>194-195 >>230-231 >>307

>307
誰も待ってない、とか謙遜しないでyo…
現に楽しみにしている人間がいるわけし…。
勿論オレモナー

て、偉そうにゴメソ

311 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/23 23:46 ID:???
37タソ、イイ(・∀・)!
待ってた、待ってたYO!!
好きなヤシのために積極的になるセリたん(;´Д`)ハアハアハアハア(;´Д`)ハアアアア

312 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/24 00:40 ID:???
37さん待ってました(;´Д`)
ロクセリはラブラブながらもちょい乱暴めのロックが好みなので
かなりツボ(;´Д`)ハァハァ ロックドキュ(略くさいしw

313 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/24 00:47 ID:???
というか、ちょうど来月ロック誕生日か〜。
再来月はクリスマス・イヴで…




(;´Д`)ハァハァ職人さん、期待しt(ry

314 ヘターレ :02/10/24 21:39 ID:???
正直どれもひかれたのですが、手始めに>>289の辺りで書かせて頂きます。

315 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/24 21:42 ID:???
あっヘターレさん!
お待ちしてます(;´Д`)ハァハァ

316 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/24 23:55 ID:???
ガウセリってどんなんかな(;´Д`)ハァハァ ヘターレたんガンガレ!
他の職人さんもЩ(゚д゚Щ)カマーン(←ちょい前こんなんなかったっけ?

そういえばセリたん絵板の話が流れてるなーw 激しく設置キボン………

317 37 :02/10/25 22:27 ID:???
>303 割り込み大歓迎です!

続・据え膳10
口を引き結んで必死に声を出さないように耐えているセリスを見て、ロックは意地悪そうに微笑んだ。
身体を重ねると彼女はいつも最初は声をあげないように必死になる。もちろん、それが最後まで実行されたことはない。
ことが終わったあと、−といってもセリスはいつも半ば意識を失うように眠ってしまうので朝になるがー、その理由を彼女にきくのだが、セリスはいつも顔を紅くしてシーツをかぶってしまうので、いまだにその答えは返ってきていない。
照れるセリスがとてもかわいいので、ロックは情を交わした翌朝には、必ず彼女にこの質問をしてはセリスをいじめた。
(さて、今日はいつまでもつのかな?)
微笑んだかたちのまま、セリスの引き結んでいる唇に口付ける。
そうしてセリスに問いかけた。
「セリス、動ける?」
セリスは首を振ろうとした。声をあげないようにするだけで精一杯なのに、自分から動けるはずがない。
しかし公園にいた女の言葉がセリスの頭に再び響いた。
ーそれじゃいつか男に飽きられて捨てられるよ。
(やだ)
女の言葉に、セリスは首を振るのをとどまった。
おそるおそるロックの首にまわしていた腕の力をゆるめ、両手をロックの肩においた。
そうして身体を少し離すと、ロックと目が合った。
彼がもう一度視線で問いかけてくる。
セリスは少し不安そうな顔でわずかに頷いた。

話が進んでいない気が・・・ぐはっ・・・つ、次からは!

318 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/25 23:16 ID:???

セ  リ  た  ん  必  死  だ  な  (  藁

・・・じゃなくて(w
37たんキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━!!!
恥じらうセリスたん(;´Д`)ハァハァ 意地悪ロック(;´Д`)ハァハァ
続きを・・・・・・!!!

319 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 00:12 ID:???
くひゃー。恥じらい(・∀・)イイ!!!!頑張るセリたん(・∀・)イイ!!!!
ロック意地悪で(・∀・)イイ!!!! (;´Д`)ハァハァをありがとう37さん。
ご自分のペースで頑張ってくださいー

320 37 :02/10/26 01:40 ID:???
続・据え膳11
「セリスが気持ちいいようにしていいから」
ロックの気遣いが嬉しく、そして情けなく思い、セリスは曖昧に微笑んだ。
そうして手に力をこめるとゆっくりと腰をもちあげる。
奥をついていた”彼”の先端が彼女の内壁をこすった。
セリスの身体を快楽が走り抜ける。
頭の中が真っ白になり、身体の力が抜け、彼女の身体は再び重力にひきよせられ、”彼”を深くまでおしこんだ。
しかしそれでもセリスは喉の奥でうなっただけで声はあげなかった。
彼女の熱っぽい吐息だけが、ロックの耳にあたる。
ロックは彼女の背を優しく抱きながら、もっと激しく彼女を求めたいという自分の中に湧き上がる欲求を抑えることができなくなりつつあった。
再び腰をもちあげようとしていたセリスを挿入した状態のまま、ベットに押し倒す。
「ああああっ?!」
それが突然だったことと、急に体位がかわったことによるせいか、セリスは思わず声をあげ、”彼”をきつくしめつけた。
「っ!!」
何とかロックは達しそうになるのをとどまった。先にイッてはみっともないではないか。
しかし彼女は今の衝撃で自分を手放してしまったようだ。
達してしまったことと、声をあげてしまったことに対してセリスは快楽の余韻にひたりながらも、顔だけでなく肌をも紅く染めて小さく首を振った。
「セリス、声聴かせて」
彼女の両足を胸につくほど折り曲げる。
「セリスの声・・・もっと聴きたい」


321 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 02:23 ID:???
ここここれはヤヴァイマジで萌える!!!!!
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

322 37 :02/10/26 02:35 ID:???
続・据え膳12
ロックは最初はゆっくりと、先ほどの彼女の行動から学んだことを生かし、奥まではつかずに彼女の内壁を”彼”の先端がこするようにつきあげた。
セリスは感じやすいところを幾度もつかれ、声をあげないようにしていたことなどすっかり忘れ、彼の動きにあわせて甘い声を漏らす。
彼は徐々に動きを速め、そして”彼”を彼女の中から先端近くまで引き抜くと、一気に奥までつきあげた。
「やあん!」
彼女が声をあげると同時に、なかの圧力が強まる。
「そ・・・んな、奥・・・無理、だよぅあ、ア、ヤぁっ!!」
ロックはかまわず強引に彼女の弱いところをせめては、深くつきあげ続ける。
「あっ・・・ぁああっ・・・、んんんっ、ッ」
セリスは眉を寄せ、目に涙を浮かべ、ロックにしがみついた。
”彼”の先端が奥にあたるたび、身体にしびれるような快楽がはしる。
それは、彼女の理性を鈍らせた。
「やぁ、いい・・・よ、ロックぅッ・・・気持ちい・・・ィアッあ、ああ!!」
ロックはより深く彼女を快楽におしやるために、無駄な動きを減らし、速度をはやめ、彼女の奥だけを攻め始めた。
先端まで引き抜き、一気に奥までつきあげるという動きをくりかえす。
セリスは苦手な感覚を何度も何度も味あわされ、たまらない声をあげた。
しかし恥ずかしいと思う気持ちはどこかへ消え去り、より自分を求めてほしいと思った。
ロックの動きが、セリスを頂点へと追いつめる。そしてまた、ロックもセリスとともにのぼりつめた。
先に耐えられなくなったのはセリスの方だった。
「ぃ・・・やあああああ!!」
セリスはロックにきつくしがみつき、”彼”にきつくからみついた。
ロックもまた彼女の身体を抱きしめ、彼女の中で頂点を極めた。

実はエロを書くのは初めてなのです・・・文章になっているのか心配です。

323 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 02:42 ID:???
続きキターーーーーーー!!!!!
エロ初めてとは思えないよ、最高(;´Д`)ハァハァ

324 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 03:12 ID:???
セリスたん真っ最中(;´Д`)ハァハァ




325 37 :02/10/26 14:40 ID:???
続・据え膳13
彼女が自分のものであることを確認したあと、ロックは心地よさそうに目を閉じているセリスの額に口付けると、ベットをおりた。
帰ってきたばかりなのでまだ夕食もたべていないし、とりあえずシャワーでも浴びてからと考えての行動だった。
しかし、いつものように眠ってしまおうとしていたセリスは、自分が眠るまでは必ず抱きしめていてくれた腕がなくなり、慌てて身体をおこした。
そして自分の失態に気づく。
・・・最後まで彼にしてあげられなかったことに。
ーそれじゃいつか男に飽きられて捨てられるよ。
ロックの背中がそれを肯定しているように見え、セリスは彼の背中にかけよった。
後ろからきつく、抱きつく。
「セリス?」
今日セリスの行動に驚くのは何度目だろう、と思いながらロックは彼女の名前を呼んだ。
セリスは額を背中につけたまま、
「ロック・・・怒ってる?」
と、泣きそうな声で聞いてきた。
ロックは何のことか、と眉間に皺をよせた。ふと、先ほどのセッツァーとのことが思い浮かぶ。
二週間前にあれほどきつく言ったにもかかわらず、とまあ怒ったといえば、怒っていたのかもしれないな、と思い返す。
ロックはセリスの方に向き直ると、うつむいたままのセリスの顔をあげさせた。
先ほどの声と同じ、泣きそうな顔をしていた。
「まあ、怒っているといえば怒ってるけど・・・」
その言葉に、彼女の目に涙がもりあがってきたのが見え、ロックは慌てて言い足す。
「これから気をつけてくれれば、いいよ」
セリスはとりあえずは安堵したようだがまだ少し不安が残る面持ちで頷いた。
その表情を見てロックはやはり彼女を一人のこしてはいけないな、と思い、セリスは今度こそ最後まで自分がするのだと、決心した。
双方が多大なる勘違いをしていたが、そのことを二人が知るのは、後日談。

おわり

326 37 :02/10/26 14:48 ID:???
どのあたりが続なのか、と思う今日この頃・・・37です。
読んでくださった方、どうもありがとうございます。

それでは職人さん方々頑張ってください!!楽しみにしています。




・・・今度は切ない系の話が書いてみたいデス

327 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 16:17 ID:???
お疲れ様でした〜。萌えました。

そんな37さんにセツセリきぼんぬと言う私は鬼でしょうか…?


328 完結SS :02/10/26 17:34 ID:???
「続・据え膳」 37さん作
>>171 >>187 >>190-191 >>194-195 >>230-231 >>307
>>317 >>320 >>322 >>325

329 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 17:35 ID:???
37さん乙!エロック(;´Д`)ハァハァ

とりあえずネタが出来たので置いていきます。

330 誰の物? 1 :02/10/26 17:36 ID:???
「おれ、ハラへった!」
 ガウはセリスの白いマントを引っ張る。
「また?今さっき町で食べてきたばっかりじゃない。」
セリスは呆れ顔で傍らのガウを見下ろす。
ガウはなおも強くマントを引いて駄々をこねてみせる。
「獣ヶ原、おれ、ハラへるー!」
「全然理由の説明になってないわよ。
それに、セッツァー達と合流してからでも遅くないじゃない?
もう少し我慢してよ。ね、ガウ?」
「ううー…セリス、いじわる!」
 まったく言う事を聞かないガウに、セリスはため息をついて愚痴をこぼした。
「カイエンがいないとすぐこうなるんだから。
やっぱり、私が先に行けばよかった。」 

 手綱を締める役目のカイエンが不在なのに加え、
ここ数日のモブリズと獣ヶ原の往復、という単調な日々にガウは飽き飽きしていた。
それでさっきからワガママ放題というわけだ。
 しかもガウを鍛えるために獣ヶ原に来たセリス達だったのだが、
モブリズの村にかなり長期滞在したので荷物が運びきれず、
4人は別行動を余儀なくされたのだった。
 そこで結局カイエンがセッツァーを呼びに行き、
ロックがチョコボで荷物を運搬し、
セリスはガウを鍛えながら合流地点に向かうという運びになったのだ。

 独り言を呟くセリスを尻目に、
ガウは威嚇するようにセリスの周りをくるくると回ってみせる。
「いじわる!いじわる!」

331 誰の物? 2 :02/10/26 17:37 ID:???
「セリスがいじめるのか?」
 一足遅くチョコボで追いついたロックが頭上から声を掛けると、
ガウはチョコボの影に隠れて訴えかける。
「セリス、いじわる。おれハラへっても、セリス何もくれない。」
 ロックは軽々と地面に降り立ち、ガウの肩を叩いた。
「それは酷いな。もっと言ってやった方がいいぞ。」
「ロック!」セリスが一喝し、ロックは肩をすくめた。
 しかしここまでガウに散々ねだられていたので、
セリスの方があっさりと折れた。
「わかったわよ。じゃ、休憩して何か食べましょ。」
「やったー!おれ、にく食いたい!ほしにくのスープ!」
ガウは小躍りしながら飛び跳ねる。

「そんなに手間のかかる物はちょっと…」
 セリスが渋い顔をする。
「だめなのか?」
「作ってやれよ。なぁ、ガウ?」
「がう…」
 ロックという協力者を得て、もの欲しそうな目つきで指をくわえながら、
ガウはセリスにすり寄る。
「ロック、無責任なこと言わないでよ。私、ただでさえ苦手なのに。」
「まぁ確かにセリスの料理はまず…痛てっ」
たちまちロックは後頭部を殴られ、顔をしかめる。
「じゃ、キノコたっぷりのスープにしよっか、ガウ?」
「おれ、手伝う!スープたっぷりキノコ!」
 ガウは無邪気に喜びながら、セリスの腕に抱きつく。

332 誰の物? 3 :02/10/26 17:38 ID:???
「セリス…お前、俺がキノコだめなの知ってて、わざと言ってるな?!」
ロックはセリスの腕を掴んだ。
「嫌いな人は食べなくてもいいわよ。どうせ私の料理はまずいしね。」
セリスは取り合わずに涼しい顔でつん、と横を向いた。
「じゃ、ガウはお水汲んできて。二人分、ね。」
二人分という所を強調しながらガウに言う。
「セリス、からかって悪かった。機嫌直してくれよ、な?」
 ロックはセリスの腕を掴んだまま自分の方へと引き寄せた。
セリスはくるっとロックの方へ向き直ると、くすっと笑った。
「じゃあ、キノコ採り手伝ってくれる?」
「うっ…だから俺は形がダメなんだって…わかった、手伝うよ!」
「ありがと、ロック。じゃ、早く採って来なくちゃ。」

 セリスとロックが戻ってきて暫くすると、
鍋に大量の水を汲んだガウが汗だくで現れた。
「セリス…これ…。」
セリスは焚き火に枯れ木をくべながら顔を上げた。
「ガウ、お疲れ様。随分たくさん汲んできてくれたのね?
二人分で良いっていったのに。」
「おれ、たくさん食べる。セリス、いっぱい作る。な?」
ガウは明らかに重そうな鍋を、焚き火の上に載せる。

333 誰の物? 4 :02/10/26 17:39 ID:???
「それはいいけど…本当に私の作ったスープでいいのね?」
「なんでだ?おれ、セリスのスープ好きだぞ。」
ガウは不思議そうな表情で聞き返す。
思わずセリスはガウを抱きしめた。
ガウはなぜセリスが喜んでいるのかわからず、
きょとんとしている。
「ロックでさえそんな事言ってくれないわよ。
この際ガウが味覚音痴でも構わないわ。ありがと、ガウ。」
「どうせ俺は憎まれ役だよ。」
ロックは頭の上で手を組むと、少し離れた場所に座った。
 セリスはてきぱきと準備を進める。干し肉を鍋に放り込んでから、
強制的にロックに手伝わせて採ってきたキノコを大量に加えた。
「たくさん、たくさん!」
その光景を見たガウが目を輝かせる。
対照的にロックは青ざめて口許を押さえた。
「やっぱり俺は遠慮しとくよ…ちょっとその辺ぶらついてくる。
食い終わった頃には帰ってくるからさ。」
と早々に退散していった。
 寂しく一人立ち去るロックを見て、
セリスはロックに可哀相な事をしたな、と後悔したのだが、
今はそれどころではない。慌てて鍋に思考を戻した。

334 誰の物? 5 :02/10/26 17:40 ID:???
 ぐつぐつと煮立った鍋をかき回しながら、
セリスはポケットから小さな袋を取り出し、塩を鍋に振り入れる。
「セリス、それ何だ?それもうまいのか?」
「これは美味しくないわよ?」
「おれ、それも食べたい!」
「じゃ、ちょっとだけよ。」
セリスがガウの手にほんの少し塩を載せる。
「これだけ?」
「舐めてみればわかるわよ。」
ガウは不服そうな顔をしながらも、一口にそれを舐めた。
「しょっぱい!これまずい!しょっぱい!!」
顔をしかめて舌を出すガウに、セリスはくすくすと笑った。

「だからまずいって言ったのに。じゃ、代わりにいい物あげる。」
 そう言うと、セリスは再び胸のポケットから小さい袋を取り出した。
ガウは似たような袋を、不審そうな表情で眺める。
「これはおいしいわよ。」
 セリスは自分の掌に袋からガラスの破片のような物を出してみせた。
「これ…食べられるのか?」
もちろん、そう言ってセリスは一粒口に入れた。
「食べてみる?」
 ガウはおそるおそるそれを手にとる。
と、決心したようにそれを口に放り込んだ。
「これ、うまい!石なのに、甘い。セリスは変な物たくさん持ってる!」
 初めて食べる味に、ガウは嬉しそうに声を張り上げ、
セリスの手から残りのこんぺい糖を全て奪って平らげた。
そしてまだ足りない、といった目つきでガウはセリスを見上げる。

335 誰の物? 6 :02/10/26 17:40 ID:???
「残念でした。もう何も持ってないわよ。」
 セリスが手を上げてみせたが、
ガウはなおもじっとセリスの胸元をみつめている。
まだ食べ足りないのかと思い、
セリスはガウの頭をなでると、鍋の蓋をとってかき混ぜた。
「ガウ、心配しなくても、こっちがそろそろ食べられそうよ?」
 セリスの言葉にガウの表情が一変する。
「ほんとか?スープ、もうできたのか?」
 セリスは急ごしらえの食器にスープをよそった。
かぐわしい香りが辺りに満ちる。

 ガウはセリスから奪い取るようにして食器を受け取る。
「ガウ、冷まさないと熱いわよ?火傷するって!」
そうセリスが言っている側からガウはスープをがっついている。
「あつい!でもうまい!」
 セリスは自分にもスープを注いだ。
何しろガウは何を食べてもうまい、としか言わないのだから、
セリスが自信を持てないもの無理はない。
 セリスはそっとスープに口をつけた。
干し肉とキノコがまろやかにスープになじんでいる。
「今日のは上出来。こういう時に限って成功するのよね。
ロックはどこまで行っちゃったのかしら?
一口くらい食べて欲しかったのに…。」
 セリスがロックを探してきょろきょろとしている間に、
ガウは鍋から直接食べ始める。
不器用な手つきで移し替えるなり、瞬く間に食べ終わる。
鍋の残りはほとんど一人でガウが食べ終えてしまった。

336 誰の物? 7 :02/10/26 17:41 ID:???
 手すら使わずにがっついた為、ガウの口元はおろか足まで汚れ放題だ。
セリスは口元を拭ってやりながら、またくすっと笑った。
「本当にお腹が空いてたのね。それにしても、すごい汚れっぷり。
一旦町まで戻って、お風呂に入ってこようか。」
 しかしガウが左右に首を振るので、セリスは困ったような顔をした。
「ガウがお風呂嫌いなのは知ってるけど、
セッツァー達が迎えに来てくれるまで時間はたっぷりあるんだし。
一緒に入ろうよ。」
「ふろ、すぐそこ。おれ、知ってる!」
 
 そう言うとガウはセリスの手をとって走り出した。
セリスは荷物もそのままに、
ガウに引っ張られるようにして山の方へと登っていく。
「ガウ!すぐそこって、どういうこと?ちょっと、どこ行くのよ?!」
 山の中腹辺りまで登ると、ガウはセリスの手を離して走り出した。
「セリス!こっち!」
あくまで元気一杯のガウを、セリスは半ば呆れながら追いかける。
「ガウ!どこまで行くの?」
 ガウを見失わないように急いで追いかけると、急に視界が開けた。

 森を抜けたセリスを湯気が取り巻く。
近くに小さな池のような場所があり、
その水面には小さな泡が地中から溢れている。
「こんな所に温泉が湧いてるのね。驚いた。」
すでにガウは服を来たまま、派手な水音を立てて泳ぎ回っている。
「そういえば、ガウはこの辺りで育ったんだったわね。」
セリスは自然と笑顔になっていた。
それを見てガウが嬉しそうに泳ぎ寄る。

337 誰の物? 8 :02/10/26 17:41 ID:???
「セリス、これ、好きか?」
「ええ、大好き。」そうセリスが微笑むと、ガウは両手で手招きをする。
「セリス、いっしょに来る!」
「待って、今服を脱…」セリスはそう言いかけて、手を止めた。
ガウに導かれるままに来てしまったので、
着替えどころかタオル一枚持っていないことに気付く。
「荷物、チョコボと一緒に置いてきちゃったから、取ってくるわ。」
「セリス、ほんとは…これ嫌いなのか?」
 躊躇するセリスに、ガウの表情が微かに曇る。
「そうじゃないけど…。困ったな…ロックにも何も言ってこなかったし。」
 セリスが考えている姿をガウは無言で見つめていたが、
やがてしょんぼりと泳ぎ去ってしまった。
「あっ…ガウ…」
 セリスは逡巡した後、肩当てとマントを外した。
「でも、きっとロックなら探しに来てくれるよね。ガウ!待ってよ!」
 セリスはブラジャーとショーツというあられもない出で立ちになると、
鮮やかなフォームで飛び込んだ。

「待ってって言ったのに。」
 セリスはガウに追いつくと、背後からガウに抱きついた。
小柄なガウはセリスにいきなり頭まで湯の中に沈められ、
うーっと一言唸ると勢い良く後ろに倒れこんだ。
今度はセリスが不意打ちを受け、湯の中に逆戻りする。
セリスはむせながら立ち上がり、乱れた髪を両手でかきあげた。
「セリスおばけー!」
 大はしゃぎながらガウはセリスに飛びつき、髪をぐしゃぐしゃとかき乱す。
セリスは笑いながらガウを捕まえようとするが、
その度にガウはすばしこく逃げ回る。
しばらくセリスの髪の毛をいじっていたが、
ガウは何かに気付いたようにふと手を止めた。

338 誰の物? 9 :02/10/26 17:46 ID:???
「なぁ、セリス…」
「なぁに?」
「うで、さわってもいいか?」
 ガウは上目遣いにセリスの表情を窺いながら小さく呟く。
セリスは目を瞬かせながら軽く頷いた。
「いいけど、突然どうしたの?何かくっついてる?」
セリスはそう言うと長い金髪を背中にまとめ、
自分の腕を確認しながらガウに差し出す。
 薄く赤みの差す滑らかな腕にガウはそっと触れた。
「つるつるー!」
 そう嬉しそうに叫ぶなり、肩だけでなく背中の方まで触り始める。
「ガウ、くすぐったい!」
セリスは首をすくめ、声をあげて笑う。

「なぁ、なんでだ?おれ、ザラザラ。セリス、つるつる。なんでだ?」
ガウは珍しい物でも眺めるように、セリスの腕を撫でる。
「さぁ…多分私が女だからじゃない?」
「なぁ、なめてみてもいいか?」
「え?腕を?構わないけど、何の味もしないわよ?きっと。」
セリスはそういいながらも、ガウのしたいようにさせている。
ガウはセリスの手首の辺りをぺろっと舐めた。
「味、おれとおなじ。セリス、おんな、でも、味おなじー!」
 ガウは新たな発見に喜んで、手を上下させながら湯を跳ね上げる。

セリスはその飛沫に目を細めていたが、
ガウの視線に気付くと微笑んだままガウの頭を撫でた。
「どうかした?」
「なぁ…」先ほどと同様に遠慮がちに切り出すガウに、
セリスは先回りをして尋ねた。

339 誰の物? 10 :02/10/26 17:47 ID:???

「今度は何に興味を持ったの?」
「それも…さわってみていいか?」
ガウは指をくわえながら、遠慮がちにセリスの胸を指差す。
セリスは吹きだしながらも微笑んだ。
「いいわよ、別に。腕と大して変わらないと思うけど。」
「がう…」
ガウは頷いたが、すぐに首を振って拒否する。
「やっぱり…セリスおこる。おこる、おれ、いやだ。」
「怒らないって。約束する。」セリスが改めて言い直すと、
ガウは指でセリスの胸にそっと触れた。
 指先を押し返す柔らかな弾力に、
ガウは次第に夢中になって撫でまわし始める。

「なんだ?これ。はじめて!セリス、変なものいっぱい持ってる!
ふかふか!セリス、ふかふかー!」
「ちょ…ガウっ…きゃっ!急に変なところ触らないでよ!
くすぐったいんだから…こらこら、
そんな所に手を入れたらホックが外れちゃう!」
 水を吸って重くなったレースのブラジャーが、
思い出したようにぽっかりと水面に浮かぶ。
ガウは好奇心一杯にさっとそれを取り上げると、熱心に眺め始めた。
「ガウ、それは大事な物だから、返して!」
 セリスが取り返そうと手を伸ばすと、
ガウは泳いで逃げ出す。
「これ、なんだ?へんなのー!」
「こら、ガウ!待ちなさい!」

340 誰の物? 11 :02/10/26 17:48 ID:???
 セリスは長身をいかしたストロークで、すぐにガウに追いつく。
前に回りこむと、水から顔を上げて両手を広げた。
ガウが驚いて立とうとしたが、思わぬ深さで足が付かず、
パニックを起こして溺れそうになる。
水を飲んでむせながら暴れるガウを、セリスは慌てて抱き寄せた。
「ガウ、つかまって!」
 少し底の浅い所まで泳いで連れて来ると、
セリスはほっと息を吐き出す。
「ごめんね。ガウ、平気?」
 ガウはセリスの首にしっかりとしがみついたままだったが、
こくっと頷いて手を放した。

「おれ、へいき!」ガウに笑顔が戻り、セリスが胸を撫で下ろす。
「それじゃ、さっきのを返して。あれは私の物だから、
ガウにはあげられないの。」
 ガウはうなだれながら、セリスにブラジャーを返した。
「おこったか…?」
「どうして?怒ってないよ。約束したでしょ?」
「ほんとか?」先ほどからガウはやたらとセリスの機嫌を窺う。
セリスは不思議に思い、出来る限り優しくたずねた。
「なんで私が怒るって思うの?」
「うう…ロック、ふかふかさわる、セリス、おこる。
おれ、ふかふかさわる。セリス、おこる…」

 ガウはガウなりの言葉で理由を説明した。
どうやら、ロックがふざけてセリスの胸を触ろうとし、
セリスを猛烈に怒らせた出来事が頭の片隅に引っ掛かっているようだ。

341 誰の物? 12 :02/10/26 17:48 ID:???
 セリスはごく最近のその事件を思い出すと、
真っ赤になりながら両手で顔を覆った。
「あれはっ、ロックが何ていうか、その、調子に乗ってるから怒っただけで…」
 ガウ相手にしどろもどろになりながら、弁明する。
突然赤くなって言葉を並べ始めたセリスに、ガウは驚いて目を丸くする。
 セリスは落ち着くためにコホン、と一つ咳払いをすると、
改めて仕切り直した。

「とにかく、私はガウに怒る気なんて無いわよ。安心して。」
 ガウは、セリスの言葉にぱっと明るい表情になると、
セリスに抱きついて頬擦りを始めた。
「ふかふか、好きだ!ふかふか!ピカピカのつぎに好きだ!」
「ガウは大袈裟ね。こんなの別に珍しいものってわけでもないのに…
きゃあっ、くすぐったいっ!
触ってもいいから、その前にこれ付けさせてよ!ガウってば!」
セリスが笑って身をよじる。
 ガウはセリスの胸の柔らかい感触が余程気に入ったのか、
放そうとするどころか、持ち上げてみたり寄せてみたりと、
夢中で遊んでいる。
「ふかふか、おもしろい!おれ、たからものにするー!」

「ガウ、その「ふかふか」は俺の物だから、だめだ。残念だけど。」
ガウは突如として現れたロックの声に、途端に落胆した表情になる。
「ロック!」
セリスがロックに気付き、慌てて胸元を覆い隠す。
「これ、ロックのなのか…?」
ガウはそう言いつつも、まだセリスの胸から手を放さない。

342 誰の物? 13 :02/10/26 17:49 ID:???
 ロックは大人気ないとは思いつつも、
自分がガウ位の年代だった頃を思い出し、腹が立つのを抑えられなかった。
まだ俺だって触らせてもらってないんだぞ!手を離せ!
…とは言わなかったものの、
「俺が先に見つけたんだ。だからそれはっ…!」
一向に手を離す気配を見せないガウに詰め寄った。
「がぅ…うぅー…」
 妙な火花を散らし始めた二人を見て、
セリスは慌ててホックを留めるとロックに小声で囁いた。
「ロック!子供相手にむきにならないで。
ただ甘えたいだけなのよ。悪気はないわ。」
 そしてすぐにガウに向き直ると、頭を撫でてやりながら言った。
「ガウ、ロックも来たことだし、セッツァー達の所へ行こうよ。
十分遊んだでしょ?」
「うう…あそんだ。」
 ガウはセリスに優しく諭され、手を離して頷いた。
 しかし、ガウはロックにセリスを独り占めさせるのが嫌なのか
はたまた玩具を取り上げられたのが悔しいのか、
セリスの手を強く握って引っ張った。
「セリス、いっしょ。」
「分かった、一緒に行くわ。
ねぇ、ガウっていつもこんなに甘えたがるっけ?」
セリスは仕方ないといった笑みを浮かべながら、ガウと仲良く湯船から上がった。

 去り際にセリスはロックを振り返ると片手をあげ、
ごめんね、と無言で口を動かした。
 ロックは気にしていない、といった感じで首を振ったが、
まるで恋人同士のように腕を組んで歩いていく二人の姿を、
こめかみに血管を浮き立たせながら見送った。
「ガウの奴…!あれが誰の物なのか後でしっかり教えてやるからな!」

343 ヘターレ :02/10/26 17:50 ID:???
というわけで激しく生温いガウセリですた。
文章にすると平仮名が多くて読みにくい…ゴメソ
ガウセリにこんな弊害があるとは。

最後になりましたが、ここまで読んで下さって有難うございました。
ここまでぬるいと痛い等、批判でも何でもご自由にどうぞ。
つーか、傍から見てるとコピペ荒しのような連投っぷりだ。スマソ

344 さすらいの。 :02/10/26 19:18 ID:???
●腐った林檎30●

それからレイチェルの眠る地下室へ行くまでの間、誰も言葉を―発
さなかった。でもそれは気まずいものではなく、何か、それぞれ想
いにかられて―
「…着いた、ぞ」
階段を下りる。建物自体が古い為、三人が歩くたびにミシ、ミシ…
と音が鳴る。
「…あ」
部屋の中央に、花が散りばめられ―少女が一人、眠っていた。
「キレイ…」
レイチェルを初めて見たリルムは、花に劣らない美しいその顔立ち
に、思わず声をあげた。
「そりゃお前よりはな」
先程までとは違い、いつもの憎まれ口に戻ったロックに、リルムは
嬉しそうな顔をし―そして、いつものように。
「うるさいこの暴言岩男っ!!」
「痛えな、このタコ!」
「もーっ、二人ともっ…」
そしてまたいつものように、ティナは二人を抑える。
「ここに何しに来たか、忘れたの!?」
「…忘れるかよ」


久々の更新です…(´▲`;)


345 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 21:56 ID:???
ききききキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
ヘターレさん乙です。不覚にもガウにほんのり萌えてしまいますた。
ほのぼのしてていいです・・・(´Д`*)

でもってさすらいの。さんもお帰りです。あああ、続き気になるっす。
素敵な週末にカンパイ(;´Д`)ハァハァ

346 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/26 23:34 ID:???
ナイス!職人さんたちワンダホー!!
37さん、とても初エロとは思えないYO!!ハアハア(;´Д`)良すぎ!!かなりハアハア
37さんの次回作に期待sage!
ヘターレさん、ガウセリもイイですね!!ガウ確信犯じゃあるまいな(;´Д`)ハアハア
ロックおいしい役。面倒見のいいセリたん萌えsage!(;´Д`)ハアハア
さすらいの。さん、続き楽しみにしてたっす!!セリたんはどうなるんでつか
考えただけでハアハア(;´Д`)ケフカに期待sage!


347 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 02:26 ID:???
神だらけのスレで萌え死にそうです!

ヘターレさん、乙です!290でっす!
私の思い描いていたガウセリが読めて
その上ロクセリ要素もあって…って最高すぎます!!(;´Д`)ハアハア
乳揉みガウにもヤキモチロックにもそして何より無防備セリスたんに萌えまくりました!
リクエスト聞いてくださり本当にありがとうございました!!

37さんも乙でした!最後のオチにちょっとワラタです。
2人ともかわいすぎる!!!
そして初めてとは思えないエロさに(;´Д`)ハアハアしまくりました!
切ない系もぜひ読んでみたいです

そしてさすらいの。さん!ロックが相変わらずカコイイ!!
ここのロックとリルムのコンビ好きだぁ(*´∀`*)
続きが激しく気になりまつ!

348 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 03:58 ID:???
>>326
37さんお疲れさまです!かなり萌えました(;´Д`)ハァハァ
エロ初めてとは思えないですほんと…!
ほのぼの話の優しい時とコレの意地悪い時のロックのギャップが激しくツボ…
昼と夜は違う顔持ってそうで(w 必死なセリスもカワイイ(*´Д`)
切ない系も読んでみたいです〜 是非!

>>343
ヘターレさんの書く早さと質と量に感動!ガウセリカワ(・∀・)イイ!!!
ひらがな喋りのガウに密かにハァハァしてしまいながらも
無防備なセリス(;´Д`)ハァハァ ついでに大人げないロックも(・∀・)スキダ!
これからも頑張ってください〜!

349 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 04:11 ID:???
>>344
さすらいの。さん更新乙です〜!
レイチェルに何の用が…?!続き激しく気になります(;´Д`)
ご自分のペースで頑張ってください〜 …本音を言えば、早くケフカを(略
ス、スイマセン(;´Д`)ハァハァ

職人さん、今週もスバラスィ週末をありがとう…!

350 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 12:12 ID:???
みんなすげぇハァハァしてるw
こういう自分も(;´Д`)ハァハァ
職人さん達は神!!


351 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 20:00 ID:???
どの話も萌えまくり(;´Д`)ハァハァ
ロクセリでもそれ以外でもやきもち焼きのロック(・∀・)イイ!!!!!
職人さんマジ神!期待sage

352 現在執筆中SS :02/10/27 22:47 ID:???
●腐った林檎● さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214 >>239 >>251 >>344

67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135 >>165 >>253

こんぶさん作
>>216 >>218 >>234           以上3作が進行中

353 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 22:48 ID:???
37さんの次作はどんなのか楽しみー
何セリになるんだろう?

354 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 23:08 ID:???
セリたんとティナが温泉でキャーキャー言ってるのを覗くロックなんてのはどうでつか?

ロックオイシスギカ・・・(´Д⊂

355 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/27 23:10 ID:???
37さんと言ったらロクセリだろうがあッ!

・・・すいません激しく希望コミデス、切ない系(;´Д`)ハァハァ

356 こんぶ :02/10/28 00:36 ID:???

 最近ろくに真正面からセリスを見ることができなかったことが、誤解を招いていたようだ…
「ご…ごめん!」ロックは慌てて誤った。
しかしその言葉をロックの気持ちとは反対の意味にとらえたセリス…「私はやっぱりあの人のかわりなの…?」また慌てて言い返す「…‥えっ!そ‥そうじゃない!だから… 俺が言いたいのは……」(あ〜なんでこうなるんだ〜!)
「…ロック‥」セリスがドアに寄り掛かりひとつ深呼吸をした…
「…そうじゃないのなら…私があの人のかわりじゃないのなら、今ココでそのことを…証明して?」

357 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/28 00:42 ID:???
おおおー!!純愛かと思いきや急展開??ハアハア(;´Д`)の兆し!
こんぶさん続きキボーン!!!

358 こんぶ :02/10/28 01:03 ID:???
セリスは恥ずかしさと不安な気持ちでじっとロックを見つめている。
ロックは始めは驚きをかくせなかったが、ドアに寄り掛かって頬をほんのりと赤らめているセリスがなぜかとても小さく見え、そしてとてつもなく愛おしく感じた。
「セリス…」
ロックは立ち上がりゆっくりとドアの方へと近付いていく。
もう頭の中では何も考えられず本能のままでの行動だった。
そして、そのまま流れるように自然にセリスを抱き締めた。壊れやすいものかのように優しく包み込む。
セリスはロックの背中に手をまわし逆に力いっぱいに抱き締めた

359 こんぶ :02/10/28 01:31 ID:???
 「ロック…。ロック…!!」
胸に顔をうずめ自分の名を連呼している…そんなセリスを見てロックはもうどうでもよくなった
(──壊してしまってもいい…)強く押しつける。その痛みもセリスにとって不思議と心地よく感じられた。
これ迄触れたくても触れられなかった存在がココにある…互いの想いが込み上げ強く求め合う。
そしてロックの右手がセリスの顎にあてられたかと思うと一瞬で上に向けられた。
三秒ほど見つめ合いすい寄せられるように口付ける。
唇を押しつけ合う。柔らかな唇に興奮しながらも、次はゆっくりと舌をいれていった

360 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/28 11:51 ID:UOR3v9cK
(・∀・)カエレ!


361 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/28 12:38 ID:???
>>360
オマエモナー

362 さすらいの。 :02/10/28 20:43 ID:???
●腐った林檎31●

「セリスが変な理由を、探しに、ね」
「…とは言ってもな」
ロックは部屋を見渡す。暗い地下室に、白い花とレイチェルだけが
浮いて見えた。
「…別に何も無いだろうが、わかるかよ」
「…それを探しに、わざわざ…」
ロックとティナが話しているうちに、リルムがレイチェルに近づき
―触れる。
「…」
冷たくも、暖かくも無い、不思議な、温度。リルムはいたたまれな
くなり―急いで手を離す。その時、レイチェルの頭の辺りを覆って
いた花が床に落ちた。
「だから俺は」
「―岩男」
ロックの言葉を遮り、リルムが言う。
「何だ?」
「セリスが変な理由、わかったよ」
「本当!?リルム」
「超簡単。…何で気付かなかったんだろ」
リルムが肩をすくめる。ロックとティナもレイチェルの元に駆け寄
った。
「…ほら、見て」


363 さすらいの。 :02/10/28 20:53 ID:???
●腐った林檎32●

リルムが呟く。
「…ピアス」
「あ」
レイチェルの耳には、光るピアス。それは、三人にとって見覚えの
ある―
「…岩男と一緒の、ピアス」
「…」
「おそろなんでしょ」
「あー…」
「考えてみればセリス、ピアスの事言ってたよね、何で気付かなか
ったんだろ」
「…そういえば、ね」
「…これが、理由か?」
ロックは自分の耳に触れる。
「馬鹿かあいつは…」

「…ん」
ロックの部屋で―セリスは目覚める。目は少し腫れていた。セリス
は目をこすりながら、置いていた水を一気に飲み干す。
「っ…はあ」


364 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/28 23:44 ID:???
>363 乙!ネタの仕込みが細かい(;´Д`)

>>361 おちつけ!そして放置だ。








365 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/28 23:59 ID:???
さすらいの。タンうp乙!!
なんだか切なくなったYO・・・

こんぶタンも嵐は気にせず!
続き楽しみに待ってまつ!!

366 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/29 00:47 ID:???
さすらいの。さん乙です!
相変わらずロックカコイイ…しっかり者のリルムにも密かにモエ〜(*´Д`)
セリスたんも出てきたし続きかなり楽しみです(;´Д`)ハァハァ

こんぶさんも頑張れ〜!セリスたんの方からお誘いかYO!(;´Д`)

67さんの続きや他の職人さんの続きも待ってます、期待さげ〜!

367 あぼーん :あぼーん
あぼーん

368 あぼーん :あぼーん
あぼーん

369 あぼーん :あぼーん
あぼーん

370 あぼーん :あぼーん
あぼーん

371 あぼーん :あぼーん
あぼーん

372 あぼーん :あぼーん
あぼーん

373 あぼーん :あぼーん
あぼーん

374 あぼーん :あぼーん
あぼーん

375 あぼーん :あぼーん
あぼーん

376 あぼーん :あぼーん
あぼーん

377 あぼーん :あぼーん
あぼーん

378 あぼーん :あぼーん
あぼーん

379 あぼーん :あぼーん
あぼーん

380 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/29 09:10 ID:???
お疲れさん

381 265 :02/10/29 19:16 ID:???
ちと遅れましたが絵板設置しますた
設定とか何にもやってないんで若干不便かと思うけどそのうちカスタマイズします
アップも出来るタイプなんでオフラインで描いたものもうpしてくれるとうれすぃです
作動しないとか、問題あったら言ってください
http://isweb44.infoseek.co.jp/play/minme2ch/cgi-bin/ff6/bbsnote.cgi

382 265 :02/10/29 19:22 ID:???
それとちょっと位のエロなら大丈夫だと思うんでエロもドゾ
むしろ描いてくださいおながいします(;´Д`)ハァハァ

383 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/30 00:25 ID:???
フト自分がつぶやいた一言を、実現してくれてありがとうです265さん!
こっそり描いてみましたよ。

384 ハンター ◆B4UUR6XDXY :02/10/30 00:33 ID:???
>>381-382
民明、乙

>>383
(・∀・)イイっすよ
アダルトなセリスで萌え

385 民明 ◆lq.XAzq4cA :02/10/30 00:39 ID:???
>>384
バレバレかYO!

386 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/30 00:41 ID:???
絵板キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━!
民明たん有難う…!!

387 265=民明 ◆SreSPtBiM. :02/10/30 00:42 ID:???
まちがえたこう

絵板で使いづらいとかあったら出来るだけ対処しますんでご意見よろ

388 ハンター ◆B4UUR6XDXY :02/10/30 00:49 ID:???
>>385
おまい絵板で「みんめい」って書いてンジャン
本当に乙!

389 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/30 02:02 ID:???
おおーー!乙です!!
何かここも盛り上がってきますたね。(´∀`)
お絵かき行こうっと!エロもよいとはすばらしいー

390 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/30 17:15 ID:???
絵板キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
民明たんありがとう!
なんでここでは名無しなんか知らないけどもう神と名乗ってくれ!
絵師さんも最高です(;´Д`)ハァハァ

391 民明 ◆SreSPtBiM. :02/10/30 20:12 ID:???
>>390
ここは名無し時代から住み着いてたスレだったから途中から名前
つけるのもアレかな、と思って名無しでいますた
特に深い意味はない。

小説続き期待sage

392 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/30 21:58 ID:???
>391
一体いつ頃からここの住人なんだよ

民明タンの小説も期待sageしてみるテスツ

393 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 00:21 ID:???
●腐った林檎● さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214 >>239 >>251 >>344 >>362-363

こんぶさん作
>>216 >>218 >>234 >>356 >>358-359

394 ヘターレ :02/10/31 00:23 ID:???
ガウセリにレス下さった方々どうもありがとうございます。
感想は本当に何より有り難いです。

遅まきながら…祝絵板誕生! 民明さん激しくお疲れ様!感動しました。
神々の降臨するスレはここですか?

が、絵が描けんので代わりにこっちでネタを。
>>295 >>298 (>>302w)辺りで。
ロクセリ書くのは苦手だが、めでたいのでひとつ挑んでみまする。

395 295 :02/10/31 01:09 ID:???
絵板すごくイイですね(*´Д`*)民明さんお疲れ様です!
>>394
ヤターロクセリ!誕生日ネタ採用ウレスィ〜!
ヘターレさんの江戸セリやガウセリでも
コソーリ嫉妬ロックと困るセリスたんに萌えてました…(w
いや、あれは勿論相手が違うからこそのモエ〜でしたがw
楽しみに待ってます、期待さげー(;´Д`)

396 ケーキの作り方 1 :02/10/31 01:14 ID:???
「どうしよう、こんなことしてる時間無いのに…」
 セリスはあたふたと床に落ちたクリームを拭き取る。
床には生クリームが飛散し、灰色の床に白のまだら模様ができあがっている。
これでボウルをひっくり返したのは5度目だ。
「昨日は出来たのに、何で今できないのよ!」
セリスは半泣きになりながら新しく生クリームを泡立て始めた。
スポンジにそっと伸ばしていくが、
厚く塗りすぎているため、表面がデコボコで波打っている。
ヘラでそれを平らに伸ばそうとするのだが、新しい波が増えていくだけだ。
しかもクリームが柔らかすぎて、
下部で液体状になったクリームが溜まっている。
 セリスはケーキを平らにする事を諦め、
とにかく飾りつけをしてなんとか誤魔化すことにした。

「とにかく、見た目だけでも終わらせなきゃ。
木苺を適当に散らせば何とかなるわよ…ね。」
セリスは不安に苛まれながらも、全体に苺を散らした。
鮮やかで赤い小さな実は、白い土台にとてもよく映えた。
セリスはそれを見ると、満足そうに頷いた。

397 ケーキの作り方 2 :02/10/31 01:15 ID:???
 横目でチラリと時計を見ると、
ロックとの約束の時間まではあと30分ほどある。
何とかなりそう、と安堵のため息をつき、
セリスはクリームを絞り袋に詰め込んだ。
「後は周りを少し飾れば出来上がりだわ!」
 ところが、何事も大雑把に挑むセリスのこと、
袋に詰めたクリームの量が多すぎたようだ。
手を掛けて思い切り力をいれて絞った瞬間、
袋が崩壊し、中身が上下に思い切り飛び散った。

 思いもよらぬ事態にしばし呆然としていたセリスだったが、
前髪の先からポタポタと垂れる乳白色の雫に、
落胆してため息をついた。
 ふとセリスが自分の身体を見下ろすと、薄いグリーンの筈のレオタードが、
悪趣味な白い水玉模様に変わっている。
「あーあ…着替えなきゃ。でもケーキも直さなきゃいけないし…。」
セリスはとりあえず着替えを後回しにすることに決め、
汚れたレオタードとブーツを脱ぎ捨て、ハーフトップとショーツという格好になった。
「あと15分しかない!」
セリスは焦りながら再び先程と同じ工程に手をつけた。

398 ケーキの作り方 3 :02/10/31 01:16 ID:???
「セリス、こんな所にいたのかよ」ロックはキッチンの戸口から声を掛けた。
「お、いい匂い。何か作ってたのか?
部屋に来てくれって言ったのにいないからさ。」
「きゃっ!ロ、ロック!まだ、時間前よね?!
ちょっと、待…あと、後3分でいいから目をつぶってて!」
セリスは慌ててロックに向き直りながら、後ろ手に道具をかき集める。
「はぁ?な…わかったよ。つぶってりゃいいんだろ。ほら。」
ロックはセリスに押し切られるようにして仕方なく目を閉じた。
「ありがと。もう少し待ってて!」
セリスはそう言うなり、
たった今自分の尻でへこませたケーキの補修にかかる。
これまでの失敗を何とか取り戻そうと必死だ。

 あたふたとしているセリスの手元をロックはひょいと覗き込んだ。
銀色のシンクの上には、起伏の激しい白い山の中に赤い物が点々と存在する
ケーキと思しき物体が載せられている。
「なんか、へこんでねぇ?」
「目をつぶっててって言ったのに!」セリスがちらっと睨む。
「いや、セリスがゴソゴソやってるからつい、さ。」
ロックは両手を広げて肩をすくめた。
「これ、俺の為に作ってくれたわけ?」
「だって誕生日でしょ?だからいつもとは違うものを、って…できた!」
セリスは慎重に飾りつけを終えると、得意げな表情でロックの顔を覗き込む。
どう控えめに見ても食用には適さない見た目なのだが、
ロックはセリスが一生懸命に作る姿を想像しただけで頬が緩むのを感じていた。

399 ケーキの作り方 4 :02/10/31 01:22 ID:???
「セリスって本当に不器用だもんなぁ。
特に食べ物系の才能は壊滅的…って冗談だよ。珍しくうまそうじゃん。」
「それ、全くフォローになってないけど?」セリスがむっとして言い返す。
見た目じゃなくて味だよ、大切なのは。とロックは言おうとしてやめた。
どちらにせよフォローにならないからだ。
 ともかくロックはシンクに腰掛け、ケーキの欠片にかじりついた。
セリスも同様に隣に腰掛けると、不安そうにロックの様子を窺っている。
「クリーム多いけど、美味いよ。ケーキだけ上達が早い…訳ないよな。
これは…相当練習したんだろ?」
「うん…でも、ロックに喜んでもらえたから、それだけで嬉しい…。」
練習どころか特訓を積んできたセリスだったが、
ロックに美味しいと言われ、頬をほころばせた。
「誕生日おめでとう、ロック。」
ロックは照れたように笑うと、もう一口ケーキを頬張った。

「それにしても、また派手に汚したなぁ…お前もクリームだらけだぞ。
これじゃどっちがケーキか見分けがつかないよ。」
ロックはあることを思いつき、セリスの両まぶたの上に手を置いた。
「セリス、ちょっと目閉じてて。」
「え、何?何?」
 セリスはロックの手をどけ、驚いて目を瞬かせる。
「いいから。ほら、早く。」
セリスがしぶしぶ目を閉じるなりロックは悪戯な笑みを浮かべ、
絞り袋に入った生クリームをセリスの顔に噴射した。

400 ケーキの作り方 5 :02/10/31 01:23 ID:???
クリームの飛沫で睫毛を白くさせながら、セリスが目を開く。
「やったわね…!!」
セリスは突然のことに面食らったが、すぐに楽しそうな顔になって
ロック目掛けて泡立て器を振り回す。
クリームの洗礼を頭からあびたロックは、
反撃しようとして床のクリームに足をとられた。
「危ない!」
咄嗟にセリスがロックの手を取ったが、
セリスの体勢も不安定だったため、二人は床に倒れこんだ。
「ごめん」
同時に謝ってから、二人は互いの姿を見て吹きだした。
「全身クリームまみれだぞ、セリス。」
「ロックこそ、子供みたい。」
ロックはセリスを抱き上げ、シンクに座らせると
セリスの頬についたクリームを舌先で拭った。
「なんか本当にケーキ食ってるみたいだな。」

401 ヘターレ :02/10/31 01:24 ID:???
こんな感じで生暖かくよろ…と言いたい所だが、
我ながら書いてて恥ずかしい(ニガワラ


402 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 02:09 ID:???
>>401
スイマセン生暖かい話大好きですw
激しくカワ(・∀・)イイ!甘ったるいですねイロイロと…w
続きカナーリ楽しみです(;´Д`)ハァハァ

それにしてもセリたん不器用すぎる(;´Д⊂)

403 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 13:31 ID:???
ヘターレさん乙です!
セリタンがあまりにも不器用すぎてちとワロタw
だけど生暖かいのも(・∀・)イイ!
ガンガッテください

404 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 14:23 ID:???
>ヘターレさん
やばい、モニタの前で顔がニヤけるっす。なま暖かいイチャイチャ
最高です。これからケーキ買ってきて食べることにします。

他にもいろいろと期待さげ(;´Д`)ハァハァ

405 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 18:27 ID:???
セリスの趣味はローズトピアリーだし、実際はかなり器用と思われ
結構何でもこなせるのがセリスたんのイメージだなあ
(・・・で、恋愛関係とかにはめちゃくちゃ不器用に一票(;´Д`)ハァハァ)

でもリアル不器用セリスたんも可愛くてヨシ(*´Д`)!!!
ヘターレさん、ラブラブロクセリ期待してます(;´Д`)ハァハァ
他の職人さんも絵師さんもがんばってください(*´Д`*)
期待sage〜って下がりすぎだけど大丈夫かなw

406 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 19:25 ID:???
>>405
ローズトピアリーとは何ですか?聞いた感じはいかにも女性らしい名前ですが。
>・・・で、恋愛関係にはめちゃくちゃ不器用なセリタンに一票
禿堂!!w
もてるわりには対処の仕方が分からないという可愛いセリタンであってほしいw
(;´Д`)ハァハァ萌え萌え

407 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 20:45 ID:???
>>406
トピアリー【topiary】
樹木などを鳥・動物などの形に装飾的に刈りこむ技術

らしいから、ローズ・トピアリーは薔薇を加工した飾りじゃないかなー
セリスの趣味のはもっと小さめのリースみたいなやつだと思うんだけど。

というかセリたん…好きなものがアンティーク絵本で
趣味がローズトピアリー作りとシド博士の温室の世話で
宝物がシド博士から貰った「セリス」と言う名のバラの株、って…

か  わ  い  す  ぎ  る  !

調べてて一人で萌えてしまいますた(*´Д`*)
恋愛奥手なセリスも(・∀・)イイね!可愛い…

408 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 21:21 ID:???
>>407
うおぉ、丁寧にどうもサンクスコ!
セリタン元将軍なのに意外と女らしいのね…………
きっと部屋には彫刻のバラともらった「セリス」の花が……
その二面性、たまらなくイイイイイイイ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
かーなーり萌えます!!!
教えてくれてありがとう!


409 67 :02/10/31 22:38 ID:???
「う…いつもと違うよぉ?どうしちゃったの…?」
初めて見る表情、初めて受ける言葉、初めてのこと。
半ば混乱している頭の中で私は何とか『彼』をつかもうとした。
「俺の何を知ってるの?…自分のこういう、面すら知らないくせに」
くっ、と喉の奥で笑うとロックは私にくちづけた。
そうして体を起こし、私の腕を足で押さえつけると、言った。
「あーん、してみて。」「?」
「セリス、あーん。」
いぶかしげに口を開くと彼は彼のものを押し込んだ。
「んっ…んんんっーーーーーーー!!!」
「歯、立てるなよ。」
あまりの苦しさに涙ぐんでもロックは動きを止める様子は無かった。
しかしたまに愛しいものを見るような目つきで眺め、髪を撫でた。
突然するり、と抜くと次は私の手を解放した。「目、つぶってな」
最早言われるままの私は硬く目をつぶる。すると太腿の辺りに
違和感を感じ、大きく開かれた。「やぁぁっ!!」
恥ずかしさに目を開いた瞬間、体の中に衝撃が走った。

「あーあ、約束破っちゃった。」
「やっ、やぁぁ…抜い…て。おねが い」
ひどい痛みと痙攣にも似た震えは初めてだった。
今まで戦場で多くの傷を受けてきたとはいえ、病気の痛みとも似ない
この痛みは確実に私を混乱させた。

410 67 :02/10/31 22:51 ID:???
「約束を破った子のお願いを聞く理由はないなぁ。」
目も開けられない私の耳に彼の声だけが届く。
体中で息をしていると、先と同じように激しく動き始めた。
「あっ…ああぁぁぁ!痛いよ、痛いよぉ!!」
「『痛み』は慣れてるでしょ?」
そういうとロックは私の半身を起き上がらせ、繋がった状態で向き合った。
あぐらをかくロックの上に座り、目をあわすことも出来ずひたすら泳がせた。
「こっち向いて」
そういうとあごを取り自分のほうに顔を向けさせる。
そうして軽く口付け、ぎゅう、と抱きしめた。
彼の唇は私の耳の傍にあり、呼吸が良く伝わった。そしてそれは
私を落ち着かせるに十分足るものだった。
「ごめんな。」「・・・。」
「俺も多分今混乱してる。でも一つだけ確かなことはあって。」
「ロックも…?」
「俺考えたんだ。明日、生きて戻れなくなるかもしれない。そう考えたら
どうしてもその確かなことを通したかったんだ。」
「…なぁ、に?」
「それは…」


ことばが始まると同時にロックは私を突いた。
痛みは薄れかけていたし、少々落ち着いた後だったので私はもう辛くなかった。
私の漏らす声とお互いの吐息の中、そして薄れ行く意識の奥。
私はひたすら「好きなんだ」という言葉を聞いていた。


411 67 :02/10/31 23:04 ID:???
醜く濁った海を眺め、思い出した場所に触れてみる。
手には匂いのする液体が付いていた。
今思い返してみれば私のものになったという考えは単なる思い上がりだったのだろう。
しかしそれでも、「知らない面」を見せてくれた彼を愛しく思う。
例え他者から見て都合のいい女であったとしても、私を守ってくれなかったとしても。

「…さて!!」
指先をぺろ、と舐めるとセリスは勢いよく立ち上がった。
「裏切りを犯した人間は報いを受ける。定番よね。」
そうして自分が来た道を振り返る。
「これで、二回目」
そう言い放つと、彼女は急な速さで空から遠ざかった。
あの日肩越しに見た星空と何ら変わらない空から。

<おちまい>
意味不明〜〜〜。
修行してきます。いっちきまー

412 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/10/31 23:27 ID:???
(;´Д`)ハァハァ

413 完結SS :02/11/01 00:40 ID:???
67さん作
>>68-70 >>77-78 >>133-135 >>165 >>253
>>409-411

414 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 00:48 ID:???
>411 乙!
ロック口調がエロい(;´Д`)ハァハァ       
つ、次は誕生日ものですよね?激しく期待。

>>407-8 
多分こーゆーのの小さい奴を薔薇で作るのではないかと。
ttp://www.jta.gr.jp/variation/variation.html

415 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 01:06 ID:???
>>411
67さんお疲れ様です!
もうカナーリ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
ロックの強引さとセリたんの純粋さタマランです(;´Д`)
しかも最後はなんか切ないし(;´Д⊂)
マジ萌えました!次回作も期待してます〜(;´Д`)

416 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 01:19 ID:???
>67たん
乙!禿しく(;´Д`)ハァハァしますた・・・
最後のちょっぴり強くなったセリたん萌え!!!
次回作もお待ちしております!

417 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 14:05 ID:???
>>414
おお〜、とてもわかりやすいですね
「ドライフラワートピアリー」が一番近いかな
…日本トピアリー協会なんてあったんや…

418 ケーキの作り方 6 :02/11/01 18:03 ID:???
「随分大きなケーキね、私の等身大なんて。」セリスがくすっと笑う。
「食べがいがありそうだろ。どこから食べようか迷うのが難点だけどな。
さて、どこにしようか?」
ロックはセリスの身体のあちこちを指差しながら、
歯を見せて笑った。
「あら、ご遠慮なさらず、お好きな所からどうぞ。」
セリスは涼しい顔で髪をかきあげ、おどけて小さく舌を出した。
ロックは上を向いて何か考えつくと、にやっと笑った。

「なぁ、そのセリフにちょっと付け加えて、もう一回言ってみてよ。
「お好きな所から、どうぞ召し上がれ」ってさ。」
暫し間を置いてセリスがぼそっとつぶやく。
「その発言、何かすごく嫌な意図を感じるんだけど、気のせいかしら?」
「気のせい、気のせい。ちょっと言葉が増えるだけじゃん。」
「嘘つき!」セリスは口端で笑いをこらえながら睨んだ。
「やっぱりばれた?」ロックが頭を掻く。
「何を企んでたのか、正直に白状しなさい!」
 セリスはロックににじり寄ると、木ベラを喉元にあてがう。
ロックは両手をあげて降参のポーズを取り、頭を下げた。
「ごめん、実はエッチなこと考えてました。」
「やっぱり!」セリスは非難の混じった口調で言ってから、続ける。
「でも、まぁ、素直に謝ったから、許してあげる。
それに、今日は特別な日だから…ちょっとぐらいなら…頼み事、
聞いてもいいけど…」
セリスは自分から言い出した割に、
言葉の後半部分に差し掛かった辺りから顔を赤らめる。

419 ケーキの作り方 7 :02/11/01 18:04 ID:???
 セリスの反応に驚いたのはロックだった。思わず聞き返す。
「え、マジ?マジでいいの?」
勢い込んで身を乗り出すロックに、セリスは慌てて釘を差した。
「さっきの、言えば…いいんでしょ?」
「そうだけど、その右手のヘラに付いた生クリームを
胸の…いや、首筋の辺りに塗ってから…がいいなぁ。」
 ロックはセリスの機嫌を窺いながら、そろそろと要求を出す。
「へ?何でそこでクリームが出てくるのよ?」
「いいから、いいから。別に構わないだろ?最後の飾りってことで、な?」
「うん…まぁどうせ汚れてるからいいけど…」
 セリスはロックの思惑など露知らず、
木ベラとロックを訝しげな表情で交互にみつめる。

「ロックって時々変なこと言うのね。どの辺?ここ?」
 セリスは首を傾げながら、耳のすぐ下辺りにヘラを持っていく。
「いや、もうちょ…っと下。」ロックは下を指差す。
「妙にこだわるわね…この辺?」
 セリスは肩の辺りにヘラを移動させる。
「もう…少し…下…でお願いします。」
ロックの口調が丁寧なものに変わり、さすがにセリスも手を止めた。
「ちょっとロック、またろくでもない事考えてるんじゃないでしょうね?」
「その辺で、いいです。」
 ロックはしおらしく同意した。
セリスはぼやきながらも、クリームを鎖骨の辺り、
ロックの要求からすれば大分上、に付けてから小さく咳払いをした。

420 ケーキの作り方 8 :02/11/01 18:04 ID:???
「え…っと…どうぞ…って、ねぇ、本当に言うの?
口に出すことすら、すごく恥ずかしいんだけど…」
「今日だけ、いや、一度だけでいいから…やっぱりダメかな?」
 ロックは次第に弱腰になっていく。
セリスは落ち着き無く視線を彷徨わせ、瞬きを繰り返すと、
突然早口で言った。
「ど、どーぞ召しあがれっ…」
セリスが耳まで赤くなって俯くので、ロックもつられて赤くなる。
セリスの言った台詞はその大部分が省かれていたが、
 既にロックの思考は、セリスの体温で溶けた生クリームが
白い筋となって胸の谷間を伝っていく光景で一杯になっていた。

 ロックはしどろもどろになりながら、間を取り繕うように頭を掻いた。
「えっと、ありがと、ってのも変だよな、この場合。
いや、その、つまり…あー…すげー嬉しい。」
 セリスは両手を組んでより深く俯く。
ロックははやる気持ちを抑えつつ、セリスの手を上から握った。
「じゃあ…こっちのも…いただきます…」

 ロックがセリスの胸元に舌を這わせようとした瞬間、
ゴホン、と咳が聞こえた。
 ロックは驚いてセリスの方をみやる。
セリスもきょとんとした顔でロックの方を見る。
ロックがセリスを指差すと、セリスは無言で首を振った。
「それじゃ今のは…」
 と言いかけた時、ひゅぅっと風を切る鋭い音と共に
二人の間にあったケーキに何かが刺さった。

421 ケーキの作り方 9 :02/11/01 18:05 ID:???
「おい、そこのエロバンダナ!
セリスに女体盛り仕込んでんじゃねーよ。」
セリスが目を見開き、慌ててロックから離れる。
ロックはこれから、という所を邪魔され、
はらわたを煮えくりかえしながら、振り向いた。
「ふざけんな!誰が何だって?聞き捨てならねーな!」
口の端を怒りでつりあげながら、怒鳴る。
 セリスはシンクから滑り降りると、セッツァーに尋ねた。
「その、なんとかモリって何なの?」
「読んで字の如し。女を裸にしてその上に食い物を…」
「わーーー!」
「…んで最後は両方食…」
「あーあーあーーーーー!!」
 ロックが突如として大声を出し、セッツァーの言葉をかき消す。

 セッツァーは片方の眉をあげて口を閉じると、
ロックが叫び終えるのを待って付け加えた。
「ま、どっちにしろ、下心全開の馬鹿が思いつきそうな事だけどな。」
セリスは口を一文字に結び、ロックを振り返ると思い切り睨みつけた。
ロックはばつの悪そうな顔で謝る。
「ごめん、……そりゃ怒るよな。」
セリスはロックにつかつかと歩み寄ると、殴るのかと思いきや、
意外な行動に出た。
「今日は特別…だからね!」
 そう小声で囁くと、ロックの頬に素早く唇を寄せた。
そのままロックの顔は見ずに、服を拾って裸足で走り去った。

422 ケーキの作り方 完 :02/11/01 18:06 ID:???
 鼻の下を伸ばしてだらしない笑みを浮かべているロックに対し、
セッツァーは今にもキレそうだった。
「随分と手なずけてるみたいだが、まだお前の女と決まったわけじゃねーぜ?」
「てめぇ目が腐ってんだろ?それとも頭の方か?いや、根性だな。
腐りきってるもんな。セリスは俺の女なんだよ。
負け犬は大人しくそこらの女で我慢してろ。」
「せいぜい今の内にいい気になっておくんだな、
お前の粗チンじゃ百年の恋も冷めるってもんだ。」
「なんだと?てめーこそ…」

この不毛な争いは、翌朝セリスが二人を殴りつけるまで延々と続いたのだった…

                                       ……終

423 ヘターレ :02/11/01 18:08 ID:???
………。
全てが素晴らしく不自然なのは、どうしてもネタが浮かばなかっ…(略
本当に申し訳ない。
何より、本当は女体盛りを微に入り細をうがって描写する予定が…



もうだめぽ

ここまでお付き合い下さり、どうも有り難うございました。

424 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 18:16 ID:???
ヘターレたん最高っす!!
青バンダナの粗チンだとセツのビッグマグナムが黙っちゃいないってか(;´Д`)ハァハァ

425 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 18:28 ID:???
>423
ヘターレさん最高ですホント(;´Д`)ハァハァ
周りに人いるのにパソコンの前で思わず顔がニヤけました
ロックの腰の低い頼み方にチョト萌え(w ごちそうさまでした〜(;´Д`)

あと、絵板コソコソ覗いてるんで(w 大っぴらに開けないから
向こうでコメントできないけど、カナーリ(・∀・)イイ!!!!
ハァハァしまくりです、絵師さん方ありがd!(;´Д`)ハァハァ

426 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 18:46 ID:???
もう何にも言うことないです。ヘターレさんもう最高。
ニヤニヤが止まらなくて困っております。もう(;´Д`)ハァハァ
今宵も期待さげ

427 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/01 21:42 ID:???
ヘターレさん乙〜!
一体どこがだめなんだ〜?!!萌えますた!(;´Д`)ハァハァ
誕生日なのにロックの企み叶わず…w

428 37 :02/11/01 23:46 ID:???
ヘターレさんお疲れ様でしたw
セリスかわいいですww

・・・と、とりあえず話作ってみましたが
ロックの誕生日月なのにこんなんでいいのかと思っております・・・
楽しみにしてくださっている方がいらっしゃるようで・・・ああ、なんというか

嬉しいです!!ありがとうございます!!!

ではご期待にそえませんかもしれませんがどうぞ。

429 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 00:08 ID:???
>>428
待ってます(;´Д`)ハァハァ

430 37 :02/11/02 00:08 ID:???
私はとっさにマッシュの後ろに隠れた。
自分の心臓の音がいやに耳につく。
だが、彼の声だけははっきりと聞こえた。
「やっと見つけたんだ。魂をよみがえらせる伝説の秘宝・・・」
秘宝・・・よみがえりの、秘宝ー・・・
彼はずっとそれを探していた。
私が彼と出会ったときから。いや、それよりも前から。
そして彼はついにそれを見つけ出した。
彼がそれを探していた理由。それはー・・・
「俺はレイチェルを守ってやれなかった・・・真実をなくしてしまったんだ・・・」
あれほどうるさかった心臓の音が、凍りついた。
レイチェル。
私を生かしたのは、彼の存在だった。
しかし、彼を生かしたのはー・・・
彼がこちらに歩いてくる気配を感じ、私は身をかたくした。
凍りついた心臓の音が再びうるさく騒ぎはじめる。
口の中はからからで、身動きひとつどころか、声を出すことさえできなかった。
そしてー私の前を通り過ぎる、彼の姿が見えた。
大事そうに、愛しそうに、秘宝をかかえる、彼の姿が。
彼の姿が視界から消えると、私は糸が切れた操り人形のように、その場にへたりこんだ。

431 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 00:17 ID:???
ビバ!!職人さん!!・。・(つД`)・。・
ヘターレさん さ い こ う !!
しかも37さんまで!ウワッホーイ(´∀`)

432 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 00:25 ID:???
>430
切ない系キターーーーーー!!!
せ、セリスたん・・・ガムバレ(;´Д⊂)

433 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 00:35 ID:???
職人さんも絵師さんも  マ  ン  セ  ー  !
いつもサンクスです(;´Д`)ハァハァ

>>424

S:セッツァー
M:マッシュ
L:ロック

・・だ、そうだがどうよ?重複スレよりw

434 37 :02/11/02 00:38 ID:???
「セリス、大丈夫か?」
マッシュが心配そうに私をのぞきこんでいる。
ロックはもうこの部屋を出たらしく、気配がなかった。
「あ・・・うん。何か・・・気が、抜けた」
私は笑おうとしたが、頬の筋肉が固まったように動かなかった。
よほどひどい顔をしているのか、マッシュは眉をひそめている。
エドガーも心配そうに私のそばにかがんだ。
私は笑おうと、口の端を上げようとした。
ーぎこちなかったが、今度は何とか上手くいった。
「大丈夫。ちょっと・・・疲れが足にきただけ。だから皆先に行って?私も後からすぐ行くから」
しかし、とマッシュは言いかけたが、エドガーがそれを制し、皆その部屋を出て行った。
しんとした部屋の中に、溶岩の熱気と、蒸気する音が響いている。
ーやっと見つけたんだ。魂をよみがえらせる伝説の秘宝・・・
ー俺はレイチェルを守ってやれなかった・・・真実をなくしてしまったんだ・・・
(私は、ロックに会うことだけしか考えていなかった)
本当に、会うことだけしか・・・会った後にどうするかなんて全く考えたことがなかった。
彼が秘宝を探していると知ったときでさえ。
私にとっての”真実”は、彼だった。彼が、生きているということだった。
(でも・・・)
先ほどの彼の姿が目に浮かぶ。
大事そうに、愛しそうに、秘宝をかかえて、恋人の下へ急ぐ、彼の姿が。
その時、わかった。−否、わかっていたのかもしれない。ただ目をそらしていただけで。


く・・・暗ッ!!!最後は幸せになるはずなので(途中に山あり谷ありですが)お付き合いください・・


435 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 00:59 ID:???
どこまでもついて行く!!セリたんのためならエンヤコラ。

436 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 01:05 ID:???
37さん乙!
とことん付き合いますw
ガムバッテください

437 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 11:34 ID:???
>>433 じゃ、エドガーのサイズはE(extra)…ですな
特大かよw! 

438 さすらいの。 :02/11/02 11:52 ID:???
●腐った林檎33●

そして、周りを見渡す。見慣れた、部屋。でもいつもなら―いつも
なら、部屋に、もう一人。
「…ロック」
セリスは無意識のうちに男の名を呟く。
―なんて、醜い。
セリスはベッドから起き上がること無く、顔をシーツに埋めた。
―醜いの…
あの日、セッツァーにコーリンゲンへ連れて行ってもらった時。地
下室で、見た女性。―美しかった。
―醜い、醜い、自分。
触れてみる。…暖かかった。氷のような、自分よりも。思わず手を
離す。―花が、散る。
「…おそろ」
見覚えのあるピアス。出会った時から、付けているピアス。
―どんなに頑張っても、あの人には勝てないの?
―まだ好きだから、おそろいのピアスを。
―つけてるの?私は勝てないの…?
―そんなこと、わからない考えちゃいけない。
―わかってる、わかってるのに…。


本当に途切れ途切れの更新ですみません。がんばります(´▲`;)


439 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 13:18 ID:???
さすらいの。さん乙〜!
へこむセリスたん…(;´Д`)ハァハァ

440 さすらいの。 :02/11/02 15:17 ID:???
●腐った林檎34●

「おい」
「っ」
いつの間にか再び眠ってしまっていたのだろう。セリスが顔をシー
ツから天井に向けると、ロックが、いた。
「―や…」
咄嗟に枕を投げるセリス。ロックは軽々と、そして面倒そうにそれ
を受け止め、後ろに放り投げた。
「一人にしてって…言った…で、しょう」
「知るかよ」
そう言うとロックはセリスに覆い被さった。
「ちょっ…嫌っ」
ロックはセリスの動きを封じ、顔を自分の方に向けさせようとする。
しかしセリスは顔を背けたまま、ロックの方を向こうとしない。
「セリス」
「…」
「セリス」
そのセリスの姿は、まるで駄々をこねる子供のようだった。
「こっち、向けよ」
「…」
セリスは一向にロックの方を向こうとしない。ロックは暫く考える
と、呟いた。
「…俺の事、嫌いになったのか」
「―」


441 さすらいの。 :02/11/02 15:29 ID:???
●腐った林檎35●

「もう、いいよ」
ロックが起き上がろうとする。セリスは思わず顔をロックの方に
向ける。
「違っ…」
「はい、捕まえた」
ロックはセリスの顎を捉えると、勝ち誇った顔で、嗤った。セリ
スはしまったという顔をしながら―再び顔を背けようとするが、
ロックが許さない。
「…お前のせいでな、俺は昨日ソファーで寝たんだ」
「…。そんなの、知らないよ…」
「あっそ」
「…離してよ、もう…」
「…セリス」
「な…に」
「何か気付いた事、ねえか」
ロックの言葉に、セリスはロックを見つめる。
「…あ」
「何だ?」
「…ピアス…」
「外した」
「っ…」




442 さすらいの。 :02/11/02 15:47 ID:???
●腐った林檎36●

「…ごめんな」
「えっ…」
二人の目が合う。
「私…」
ロックがセリスの唇を、塞ぐ。言葉を、塞ぐ。それはとても優しく
―熱く。
「ん…」
そしてロックは、名残惜しそうに唇を離す。
「…でもな」
ロックはセリスの耳元に口を寄せ、囁く。
「お前はお前なんだからな…」
「…うん。ごめんね…」
そしてロックの唇は、首筋へと移って行った。

「あ〜あ、超眠いっての」
リルムが牛乳を飲みながら愚痴をこぼす。ティナとエドガー、そし
てセッツァーは一斉に嗤う。
「いいじゃない、これであの二人も元通りで、ね」
「ったく、どこまで世話のやけるカップルなんだよ」


443 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 17:57 ID:???
>67さん
完結お疲れさまです
強引ロックエロすぎ(;´Д`)ハァハァ 切ない終り方も(・∀・)イイ!
次の作品も激しく期待してます(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

>ヘターレさん
ロックVSセッツァーに燃へ(w
3人のやりとりや台詞まわしに萌え笑わせてもらいました(*´Д`)
これからも頑張ってください〜

>37さん
フェニックス絡みは確実に せ つ な い (;´Д`)
苦悩セリスたんカワイイです、新作の続き期待してますー

>さすらいの。さん
いっぱい更新されてる(;´Д`)ヤター!
仲直りロクセリ(・∀・)イイ!可愛い〜(*´Д`)

444 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 18:05 ID:???
>>433>>437
ワ、ワロタw

445 424 :02/11/02 19:00 ID:???
>>433
そういえばそんなレスも見たような気も…
あの時と同じこと言いますね『セツはテクでカバー
              ロック必死だな(w』

446 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 20:41 ID:???
>445
だからセリたん的にその必死さがたまらんのだろw

職人の皆さんいつも乙(;´Д`)ハァハァ

447 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/02 21:51 ID:???
ロックあんまり上手くなさそうだしなあ
むやみにデカくても初めての夜とか入れるの苦労しそうw
まして必死で攻められたらセリたんは・・・ハァハァ

448 37 :02/11/03 01:11 ID:???
さすらいの。さんのセリスの可愛さに悶絶しています。
あああロック羨ましすぎます。
というわけでちょっとロックにも苦しんでもらおうと・・・続きいきます。


(会いたかったのは、私だけ)
ロックが見てるのは、レイチェルだけ。
そう思ったとき、何かの糸が切れた。
涙が溢れそうになったが、必死に耐えた。
私は歯を食いしばって、剣で腕を切った。生温かい液体の感触が腕につたう。
それを服の端を裂いた布でしばると、立ち上がった。
腕がずきずきと痛んだが、心がうったえる痛みに比べれば、むしろ心地よいくらいだった。
部屋をでると、マッシュとエドガーが私を待っていた。
二人は微笑んで、私の左手をマッシュが、右手をエドガーが、そっとつないでくれた。
二人は何も、言わなかった。
私はありがとう、と二人に告げた。

449 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/03 08:25 ID:???
37さん乙〜
いろんなロクセリ見れて幸せです(*´Д`*)

450 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/03 10:57 ID:???
職人さんたちみなさんホントすばらしいぃ〜!!どきどきをありがとう☆

451 見習い戦士 :02/11/03 11:52 ID:???
まだまだ見習いですがお手柔らかに|・_・)コソーリ

世界に平和が訪れロックとセリスは同棲中。しかーしロックは今だにセリスに手をだせないのでありました。
『やりたいやりたい、やりてぇーよぉぉー!!』そう叫びながら、今日のトレジャーハンティングも終わりセリスの待つ家へと帰る…
それが彼の日課だった(泣)
『ロックおかえり!』花柄のエプロンを付けてセリスがお出迎え。
『ごはんにする?お風呂にする?…それとも…ワ・タ・シ?』 なーんて想像を膨らますロック‥むなしぃ
『はぁぁ』ため息をつく。

452 見習い戦士 :02/11/03 12:07 ID:???
『どうしたのため息なんてついて…今日はいい習得なかった?』
『‥うん、まぁ。ていうか疲れた』
『どうする?今日はもう寝る?』
『‥うん、そうするよ…』
セリスに切ない後ろ姿を見せ寝室にむかって歩きはじめるロックくん。
『あっ!そうだった!今日私のベット壊れちゃって…今夜はロックのベットで一緒に寝てもいい?』
『…………へ?』
『明日にはマッシュに来てもらって直してもらう約束はしたんだけど………。いや?』
ブンブン激しく首を横に振るロック。
『あぁよかった!じゃあ洗い物終わったら私も寝るね!』

453 見習い戦士 :02/11/03 12:26 ID:???
ベットの中で落ち着かないロックくん。長いような短いような時間が過ぎ……
“かちゃっ”
〔き・きたーー!!!〕
『ロック、もう寝た?』
『……………』なぜか寝たフリをしてしまった。
そーっと布団に入ってくるセリス。
ドックンドックンドックン
『すーすーすー』なぜか寝息をたてて寝てますアピール。 そーっと右目を少し開けてみると…仰向けのセリスはすでに瞳を閉じていた。
ロックの頭に落石、9998のダメージ!!……しかしその寝顔のかわいさにリジェネ効果!
『さ…さすがセリス』

454 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/03 14:47 ID:???
職人さん多くて(・∀・)イイ!
皆さん頑張ってください(;´Д`)

455 37 :02/11/03 17:20 ID:???
「・・・で、結局眠り姫は目を覚まさなかった、と」
俺はあまり興味がなかったのでその話をこの言葉で終わらせようとした。
先ほどからベットの上で膝を抱えてうずくまっている少女はわずかに頷いた。
俺は煙草に火をつけると、少女がこの部屋に来てからし始めた誰かが何かを探すような物音に顔をしかめた。
少女はその足音が部屋の前を通り過ぎるたび肩をこわばらせる。
(仕方ねェな、あの泥棒野郎は・・・)
大体奴がセリスに何をしたのかは想像がついた。
ロックはコーリンゲン・・・つまりレイチェルのところから帰ってきてすぐ、セリスに会いに行っていた。
おそらくそのときに告白でもしたのだろう。
そのときのセリスの反応は・・・今の状態から見るといやと言うほどよくわかる。
扉の外で、声がした。
ーエドガー、セリスを見なかったか?
俺は煙草を消し、返事はわかっていたが言ってみた。
「探してるぞ?」
「・・・会いたくない」
俺はそうか、と言うと再び煙草に火をつけ、彼女の隣に腰掛けた。
普段は煙草をいやがる彼女だったが、今日は何も言わない。
やがて物音が遠ざかると、セリスはようやく肩の力をぬいた。
そして思い出したかのように顔をしかめる。
「セッツァー、煙草やめてよ」
俺はその言葉を無視して、新しい煙草を箱からとりだした。
「・・・で、なんで俺ンとこにきたわけ?」

456 37 :02/11/03 17:44 ID:???
「だってロック、セッツァーのこと嫌いだもの」
その答えに、俺は思わず間抜けな声をもらした。
「・・・だから、ここに来ればロックは来ないと思ったの」
なるほど、と思う反面、俺がアイツに嫌われているのは誰が原因だ、とも思った。
俺もアイツは嫌いだが。
なぜか複雑な気分に陥り、セリスの非難の目も忘れて再び煙草に火をつける。
「だからやめてって言ってるのに」
「セリスも吸うか?落ち着くぞ?」
冗談のつもりで言ったのだが、セリスは意外な反応を示した。
「落ち着く?本当に・・・?」
俺は是と頷き、吸いかけの煙草をセリスに差し出した。
セリスはおそるおそるそれを受け取ると、吸った。
そして吸った次の瞬間、むせこんだ。
「何・・・、これッ・・・!全然、落ち着か、ないじゃ・・・ないっ・・・!!」
俺はセリスの手から煙草をとると、むせる彼女の背をなでた。
よほど苦しいのか、目に涙まで溜めている。
その涙がむせた苦しみからではなく、別の意味の涙に変わるまでそう時間はかからなかった。
俺は背をなでていた手を彼女の肩にまわした。

どうなるのか本人にも見当つかず・・・暗い・・・萌え要素なくてごめんなさい。

457 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/03 20:25 ID:???
いや、いいですよ(;´Д`)
もしかしてこれはセツセリ…?!と見せかけてやっぱロクセリ?
続き楽しみです(;´Д`)ハァハァ

458 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/04 09:30 ID:???
いい感じ…セツセリ〜(;´Д`)ハァハァ

459 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/04 16:26 ID:???
見習い戦士さん&37さん乙〜。
寒くなってきましたが、体に気をつけて職人さん方ガムバッテください。
どちらも続きを楽しみに待ってます〜。(・∀・)

460 あぼーん :あぼーん
あぼーん

461 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 02:09 ID:???
>見習い戦士さん
乙〜 セリスたん身持ちよすぎだw
ロックよく我慢するな…若いのに(;´Д`)

>37さん
もしかしてホントにセツセリ…?!
ショック受けるセリたんはやっぱカワイイ(*´Д`)…カワイソウだけど(;´Д`)
続き楽しみです〜三角関係萌え!

職人さんがんばってください〜(・∀・)ノ

>>447
…やばい、ツボにキタw (;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

462 あぼーん :あぼーん
あぼーん

463 あぼーん :あぼーん
あぼーん

464 あぼーん :あぼーん
あぼーん

465 あぼーん :あぼーん
あぼーん

466 あぼーん :あぼーん
あぼーん

467 あぼーん :あぼーん
あぼーん

468 あぼーん :あぼーん
あぼーん

469 あぼーん :あぼーん
あぼーん

470 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 14:02 ID:???
>>460、468−469
ブラクラは逝ってよし

471 あぼーん :あぼーん
あぼーん

472 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 15:47 ID:???
最近こういうの多いな。うぜぇ

473 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 15:55 ID:???
やっぱブラクラなんかこれ
ほんとウザいね

474 あぼーん :あぼーん
あぼーん

475 あぼーん :あぼーん
あぼーん

476 あぼーん :あぼーん
あぼーん

477 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 22:08 ID:???
荒れてんなー
寒いよーセリたん…暖めてクレー(;´Д`)ハァハァ

478 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 22:57 ID:???
むしろ暖めてやりたい(;´Д`)ハァハァ

479 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 23:13 ID:???
セリたんと混浴したい(;´Д`)ハァハァ

480 セリス車 ◆4dCeles642 :02/11/05 23:17 ID:???
二人で暖めあって、冬の寒さを越えて行きたい

そして、春には二人で芝生の上で寝そべっていたい

481 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/05 23:32 ID:???
↑(・∀・)イイ!!!
芝生で膝枕とかしてほしい(;´Д`) んで耳掃除とか(;´Д`)ハァハァ

482 (´Д⊂ :02/11/06 01:25 ID:???
(´Д⊂

483 ヽ( ・∀・)ノ ウンコー :02/11/06 19:20 ID:???
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

484 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/06 22:18 ID:???
絵板サイコー(;´Д`)ハァハァ
SS職人さんもカマーン!!!!!

485 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/06 23:15 ID:???
職人さん降臨待ち下げ

486 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 01:40 ID:???
セリス好きだー!!!

487 しょうちゅうだい ◆toOoOooOoo :02/11/07 01:48 ID:???
いいか。天才と呼ばれる連中は、
みんなどこかがオカシイんだよ。
逆に言えば、オカシイところが
あるボクは天才なんだ。

488 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 18:22 ID:???
http://kamakura.cool.ne.jp/celes_saimoe/e/1-1.html

つ・・・続きキボン・・・(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
今でもかなり待ってるんですが、もくさんお忙しいのかな?
他の職人さんも続きや新作期待さげ〜

489 あぼーん :あぼーん
あぼーん

490 あぼーん :あぼーん
あぼーん

491 あぼーん :あぼーん
あぼーん

492 あぼーん :あぼーん
あぼーん

493 あぼーん :あぼーん
あぼーん

494 あぼーん :あぼーん
あぼーん

495 あぼーん :あぼーん
あぼーん

496 あぼーん :あぼーん
あぼーん

497 あぼーん :あぼーん
あぼーん

498 あぼーん :あぼーん
あぼーん

499 あぼーん :あぼーん
あぼーん

500 民明 ◆SreSPtBiM. :02/11/07 21:36 ID:???
このスレはぎりぎりセーフだったか・・
俺の好きなスレ結構圧縮された・・・

501 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 22:12 ID:???
まじでやばいよ

502 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 22:25 ID:???
糞スレ                  

503 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 22:42 ID:???
最近こんなのばかりだね。寒くなってきて頭もブリザドなのか。
いろいろ気合いさげ

504 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 22:44 ID:???
>>488
(;´Д`)ハァハァ

俺はセリたんのブリザガなら喰らってもいい
多分氏ぬけど

505 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 23:23 ID:???
凄いね、半年振りにセリススレ覗いてみたら萌えSSがイパーイだ(;´д`)
自分も小説書きたいけど、携帯厨だからかなり難しそう…ネカフェに行くしかないかな(´ω`)

506 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 23:27 ID:???
>>504
ヤパーリ、セリたん=ブリザド系
ティナ=ファイア系
だよな!?

セリたんにブリザドされたい…(;´Д`)ハァハァ

507 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 23:36 ID:???
ブリザド話してたら雪女思い出した・・・。
和服セリたん(;´Д`)ハァハァ


508 うおおおおおお!!! :02/11/07 23:40 ID:???
うおおおおおお!!!

509 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/07 23:45 ID:???
せりたんと、町娘とお代官様プレイきぼん(;´Д`)ハァハァ
よいではないか、よいではないか(;´Д`)ハァハァ

510 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 00:21 ID:???
>>505
携帯からだとパケ代大変だろー
是非ネカフェからSS書いてホスィ(;´Д`)ハァハァ
パソからだと絵板も見れるし(・∀・)イイ!!!よ

和服セリたん(;´Д`)ハァハァ…誰か…絵師さん…!

511 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 01:05 ID:???
折れのセリタンはサンダガ系ですが?
セリタンのサンダガくらいたい(;´Д`)ハァハァ

512 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 01:16 ID:???
>509 (;´Д`)ハァハァ…ってすでにFFの範疇から外れてるじゃねーか!
ある意味ファンタジーだがw    

513 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 01:59 ID:???
セリたんは、最初からブリザド覚えてるし魔石なしでブリザガ覚えるから
ブリザド系だと思うよ(記憶違いだったらスマソ)
でも魔封剣って避雷針ぽくてサンダー系なイメージもある
サンダー吸った後のセリたんってラムちゃんみたいにバリバリしてそうだ(w

514 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 02:31 ID:???
>513
そうそう、セリたんは魔石なしでもブリザド系コンプリートするんだよね。
なのでそれ系の魔導を注入されたのであろうと勝手に思ってるっす。

抱きしめたらちょっぴりひんやり気味のセリたん・・・。
低血圧そうだ(;´Д`)ハァハァ 

515 999 ◆999get6Oxw :02/11/08 03:41 ID:???
なんだよこれ・・・
http://akasaka.cool.ne.jp/kickback/

516 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 05:14 ID:???
和服セリたんに町娘プレイ…!!!
なんて萌えるシチュエーションだ!!!!
う、うなじ〜(;´Д`)ハァハァ

517 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 17:24 ID:???
浴衣セリスたんと夏祭り逝きたい(;´Д`)ハァハァ
振袖セリスたんと初詣逝きたい(;´Д`)ハァハァ

518 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 17:56 ID:???
振袖イイイ(;´Д`)ハァハァ
着付けしてあげたい(;´Д`)ハァハァ

519 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:13 ID:???
>>514
そんなセリたんを暖めてやりたい・・・(;´Д`)ハァハァ

和服もイイなー、胸はやっぱサラシ巻いたりとか?(;´Д`)ハァハァ

520 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:22 ID:???
サ、サラシ……(;´Д`)ハァハァ

521 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:24 ID:???
サラシsage(;´Д`)ハァハァ

>>513
サンダガ吸った後のセリスたんにロックあたりが
不用意に触れたりして感電してそうw

522 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:43 ID:???
セリス「ダーリン、許さないっちゃ!!

(;´Д`)ハァハァ

523 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:46 ID:???
冬の夕暮れどきの、この激しい(;´Д`)ハァハァは何なんだ(w
防具:和服にアクセサリ:サラシだと
もう極妻しか浮かばない・・・武器はドスかな。(;´Д`)ハァハァ

524 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 18:57 ID:???
>522
それでも懲りない諸星ロックに5000ブンj

>523
同意。なんだこのスレの流れは(w
職人さん待ってるよ〜(・∀・)

525 ヘターレ :02/11/08 22:14 ID:???
遅くなりましたが、感想下さる方々、いつも有難うございます。
全レス返しをしたいくらいw嬉しいです。
それから、リクを元にして書くのはかなり楽しいです。そちらも有難う。

ちょっと遡りますが、>>282の1と最後まで迷った結果、
怖いもの見たさで>>283に挑戦する所存でおります。

どーでもいいが、着物ってずん胴じゃないと着崩れて大変な罠
着崩れてるセリスたん(;´Д`)ハァハァ

526 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 22:44 ID:???
>>282はどれもオイシイ…
3も(・∀・)イイ!!

SS職人さん期待sage〜!!

527 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/08 22:46 ID:???
ヘターレさん頑張ってください〜
地下ロクセリも読みたかった…!
でもマシュセリってどんなだろー…(;´Д`)ハァハァ

528 あぼーん :あぼーん
あぼーん

529 あぼーん :あぼーん
あぼーん

530 あぼーん :あぼーん
あぼーん

531 あぼーん :あぼーん
あぼーん

532 あぼーん :あぼーん
あぼーん

533 あぼーん :あぼーん
あぼーん

534 あぼーん :あぼーん
あぼーん

535 あぼーん :あぼーん
あぼーん

536 あぼーん :あぼーん
あぼーん

537 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/09 12:28 ID:???
マシュセリ!
ノーマルだったら、某所でみたコトあるぞ!
和姦モノは見たことないので、ヘターレさんの再臨を
お待ちしておりまつ(・∀・)

538 カレイドスコープ (プロローグ 1) :02/11/09 13:49 ID:???
「10年ぶりのフィガロはどうだ?」
玉座に座るマッシュに、エドガーは声を掛けた。
「あんまり変わってないなぁ。この椅子も、親父が座ってた時のままだ。」
 マッシュは年季の入った、豪奢な椅子の肘掛を軽く撫でた。
黄金の暖かい光とは対照的に、ひやりと心地よい冷たさがマッシュの掌に伝わる。
「それに隣は空のままだしさ。」
 マッシュは左手で王妃の椅子の背をぽん、と叩いた。

「おいおい、お前までせっつくのか?結婚の話は爺や達だけで十分だよ。」
うんざりした表情でエドガーは頭をかく。
「やっぱり色々言われてるんだなぁ。早く世継ぎ作れとか言われてるんだろ?
あー、俺、ほんっとに国を継がなくて良かったよ。」
 そう楽しそうに言うなり、マッシュは勢い良く玉座から降り立つと
一息にグラスの中身を呷った。
「お前なぁ…国を継いだ私の立場はどうなるんだ?」
 エドガーはため息をつくと、深く腰掛けて呆れ顔で笑う。
「いや、感謝してるよ。俺は王様なんてガラじゃないしな!
でもあの時、もし…」

「こんばんは。兄弟で酒盛り?楽しそうね。」
 おもむろにセリスが裏手の階段から姿を現した。
「セリスもどう?野郎と二人きりだと味気ないからさ。」
マッシュが片手にワインのボトルを掲げてみせる。
「それは私の台詞だろ。」
すかさずエドガーが鋭く突っ込みをいれ、セリスはくすりと笑った。
「さすが双子だけあって、息がぴったりね。
それじゃ折角だから、お邪魔させて貰おうかな。
その前に上着を取ってくるわ。ついでに何か調達してくるから期待してて。」
セリスは肩をすくめて身を翻すと、靴音を軽やかに響かせながら走り去った。

539 カレイドスコープ (プロローグ 2) :02/11/09 13:50 ID:???
「セリスって案外女っぽくて綺麗な体つきしてるよな〜。」
 セリスの後ろ姿を見送りながら、ぼんやりとマッシュが呟く。
「意外だな。お前がそんな事言うなんて。」
 エドガーは思わず口に運んだグラスの手を止め、マッシュを振り返った。
「いや、なんか情が移ってさー。
それに兄貴と違って、初めてセリスに会った時からそう嫌な印象はなかったし。」
 マッシュは腕組みをして頷きながら、つぶやく。
「いや、あの時は親父の事が甦ってきて、ついかっとしてな。
それにしても、やっぱり出会い頭に口説いておかないと、タイミングが難…
…ん?ちょっと待て、お前、今なんて言った?
情が移ったとか言わなかったか?」
「言ったけど、なんでそんなに驚くんだよ?」
マッシュは不思議そうな顔をしながら、ワインを乱雑に自分のグラスに注いだ。
「そりゃあ驚くだろう。つまり、お前がセリスに本気になったって意味だろ?
あ、私にもくれ。」
 差し出されたグラスに赤い液体を注ぎ込みながら、
マッシュは豪快に笑って片手を振った。

「ははは、違う違う。そんな大層なもんじゃないよ。ただ抱いたってだけ。」
「待て待て待て!さらっととんでもない事言うな。
いつの間に手を出したんだ?!それにお前、確かモンク僧なんだろ?
破門されても知らんぞ。」
突然の告白に、エドガーはむせ返る。マッシュは涼しい顔で笑うと、
重々しく言った。
「まぁ、兄貴と双子だからねぇ。ってのは冗談だけど、
モンク云々以前に、あそこで抱かなかったら男がすたるからなぁ。
ほら、ナルシェで俺とセリスが遭難しかかっただろ?あの時にちょっとな。」
「あの時…?」

 マッシュとエドガーはナルシェでの一件について思いを馳せた。

540 ヘターレ :02/11/09 13:52 ID:???
さわりだけですが、こんな感じで。
挑戦ついでに、色々な視点から書くという形式に挑むつもりでおります。

実はロクセリ以外で合意を成り立たせるのが予想以上に困難で、
かなり脚色を入れると思いますが、原作のぶち壊しだけは回避するよう
努めますので、マターリ見守って下さると有り難いです。
できなかったら洒落にならんが(ニガワラ

541 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/09 15:14 ID:???
このあぼーん跡は何だったんだろう?荒らし?

>ヘターレさん
ロクセリ以外の和漢なんて想像できない・・・・
と個人的には思ってますが続きが非常に気になります(;´Д`)ハァハァ
何があったんだマシュセリ・・・・!!!
がんばってください〜

542 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/09 15:50 ID:???
マッシュキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
セリスとマッシュとは2人旅までした間柄なので
自分的にはオケです!マッシュて案外気配り派って気もするし。
ヘターレさんがんがってくださいー!期待さげ。

543 537 :02/11/09 16:53 ID:???
マシュセリ!!
自分も542さんと同じく。2人はエドガーに会うまで
2人きりだったので、ノープロブレムでつ!
将軍とモンク僧というシチュにも萌えまつ!!
続きお待ちしてまつ〜(^^♪


544 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/09 19:58 ID:???
マシュセリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
うわあ、意味深な発言だなあマッシュwセリタンと何があったのか気になる……(;´Д`)ハァハァ
ヘターレさん乙です。

545 ロムカートリッジの容量が足りない! :02/11/10 02:15 ID:???
ロムカートリッジの容量が足りない!

546 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/10 18:17 ID:???


547 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/10 19:06 ID:???
セリスたんもマッシュも恋愛は奥手そうだからカップリング難しそう
ヘターレさん頑張れー!なんて気になるプロローグ(;´Д`)ハァハァ
他の職人さんもお待ちしてます!期待sage〜!

>>521-522
調子に乗って抱きついたりして天罰喰らうロック萌えw

548 . :02/11/11 00:35 ID:???
.

549 孫悟空 ◆yGAhoNiShI :02/11/11 17:26 ID:???
ドラゴンボールZ
フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!

  ::., :.;;;:: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.::;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;: ...: :: ..: :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..:: :;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;::.::;;:::::::::::.::::..::::::::..,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;:::.:::.;;;;;;;;;;;;;;.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...::...,;;;:..:.:::::::: . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;...::.:;;;;;;;
  ::.::..:.:::;;:::;;;;;;;;;;;;::::.;;;;;;;::::::;::.;;;;;;:::..     .::::.,::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ::;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;; .:;;;;;;;
  : :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;
  ;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)    .:::;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 ..:..:..:,,;,;;;;;;;;;;;;:::::: :::: ::::
  、 ._  _.:;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒ ̄ ̄`〜._:::;:..:::
   ⌒ ⌒    ....::::::::::.:::.::;: :::... .:::: :::.  ..::  :::::::: ;::::::;:;.;:;,;,.,,; ...::⌒
  :;;;:::;::;: :::;:;;:::::::..::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :; ..;::::::;::;: :::;:;;:;:::::;: :::;:;::
と〜けたこおりのな〜かに〜♪恐竜がい〜たら〜たまのりし〜こ〜みたいね〜♪

550 カレイドスコープ (エドガーの瞋恚) :02/11/11 19:53 ID:???
 初めてだった。怒りで目の前が暗くなったのは。
立ち上がろうとする前に、足は地面を蹴り、
手は驚く早さで相手の顔面に到達した。
拳に痛みが走るのと同時に、彼女の身体が楽に壁まで吹き飛んだ。
そこら中の椅子が倒れ、
彼女がぶつかった壁には趣味の悪い赤黒い色が加わる。

 まさか、誰もがそして私自身予想だにしなかったとはこのことだ。
激情にまかせて暴力を振るうなど。
すべてがスローモーションで動いているなかで、
自分の鼓動だけが妙に規則正しく脈打って聞こえていた。
 不思議なことに、頭は怒りを感じてはいなかった。
というよりは、あまりの圧倒的なエネルギーに麻痺しているような感覚だ。
熱量が大きすぎて、怒りを怒りであるとと認識できていない。
 だが、拳が、体内から溢れてくる感情が、
紛れも無くこれが怒りであると伝えてきた。
全身が己の拳を震源地として、ぶるぶると震えている。
その振動が、怒りを情報として脳へ再送する。
 そのまだるっこしい過程を経て、徐々に私の脳は正常に動き始めた。

 すると、いままで自分の鼓動のみで構成されていた空間に、
周囲の喧騒と、私を取り押さえる何本もの腕、
それらの感覚が一気に襲ってきて、やっと「言葉」が口をついた。

551 カレイドスコープ (エドガーの瞋恚) :02/11/11 19:54 ID:???
「私は正気だ、手を放せ。」
 感情がこれだけ暴走しているというのに、
声だけはいつも通りの落ち着いた声なのだな、とぼんやり思った。
まるで思考と体とが切り離され、
体が勝手に動くのを遠くから眺めているような感覚がする。
 と、ロックが彼女を私から引き離すようにして前に立ちふさがり、怒鳴った。
「エドガー!!手負いの女性にいきなり何するんだ!!!
セリス、大丈夫か?!」
 ロックは心配そうに彼女の身体の血の跡を拭った。
その庇うような仕草が、私の怒りを一層煽る。

 だが、さっきのような激情の代わりに、冷め切った笑い声が出てきた。
「ははは。ロック、勘弁して欲しいな。手負いの女性、だと?
そいつは女性どころか人間以下だ。違うか?」
そういいながら、私は喉の奥で笑った。
「てめぇ…!よくもんなことが笑って言えるな!!
彼女は必死で…!それに、彼女は俺達に協力するために来たんだぞ!!」
 ロックは彼女をしっかりとかばったまま、大声でさらに反論してきた。
むこうは私に掴みかからんばかりの勢いだ。

 マッシュが見かねて私とロックの間に入った。
「ロック、やめろって。兄貴だっていくらなんでもやりすぎだぞ。
いきなりぶん殴るなんて、らしくないぜ。」
マッシュはふっとため息をつくと、囁くように言った。
「気持ちはわかるけど、親父はそんなこと兄貴に望んでないよ。」
 この女をどうにかした所で親父は戻らないことくらいわかっている。
ただ行き場のない怒りをぶつけているだけだという事も。
 私はなんとかため息を押し殺してマッシュに頷くと、
拳を下ろした。

552 カレイドスコープ (エドガーの瞋恚) :02/11/11 19:55 ID:???
 と、彼女はいきなり頭を落とし、
糸の切れた操り人形のように私の方へと倒れ掛かってくる。
ロックが弾かれたように飛んできて、セリスを奪うように抱きかかえた。
「セリス!無茶ばっかりしやがって!
おい!大丈夫か??早く手当てをしないからこんな…」
 盛んに呼びかけるロックを尻目に、私はうんざりしていた。
理性では、彼女が貴重な情報源であると同時に、
強力なパートナーになるだろう事もわかっている。
何しろ帝国で5本の指に入る程の大物なのだ。
 しかし本心では、この場でこの女が死のうがどうでも良かった。
親父は帝国の手先に殺されたのに、
こいつを手厚く迎えてやらねばならない義理などない。
 先ほどから、ぐるぐると同じ事が頭を巡る。
今すぐ叩きだしてやればいい。今すぐに…

私は一旦目を閉じ、大きく深呼吸をしてから、
手近なイスを引き寄せてセリスに差し出した。
「少し休むといい。」
セリスが小さく礼を言うのが聞こえた。
改めて聞いた彼女の声は微かに震えていて、まさしく少女の声そのものだった…

553 ヘターレ :02/11/11 19:57 ID:???
回りくどいやり方で書いて申し訳ないが、とりあえずここまで。そしてチョト補足

瞋恚【しんい】 〔「しんに」とも〕
(1)〔仏〕 三毒・十悪の一。怒り・憎しみ・怨(うら)みなどの憎悪の感情。
(2)怒り恨むこと。腹立ち。いかり。

554 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/11 22:18 ID:???
ヘターレさん乙です!!
セリたんを庇うロック(・∀・)イイ!! ただ、セリたんがかなり痛そうでチョト(´・ω・`)ショボーン
ここからどうマシュセリになっていくんだろう…(ドキドキ
期待sage!

555 カレイドスコープ (セリスの創意) :02/11/11 23:14 ID:???
 座って休めば少しは体調が回復するかと思ったが、
そう上手くはいかないらしい。
使い込まれた木製のイスに腰掛けたまま、
そっと手を脇に当てる。
相変わらずわき腹には鈍い痛みがあり、間の悪いことに熱を伴い始めていた。
これから一戦交えるには、踊りたくなるほど最悪のコンディションだ。
冷や汗が背中を滑っていくのを感じながら、
私は目をうっすらと開いた。
首の後ろが痛むような緊迫感が場に満ちている。

 それはかなりまずい空気だった。
士気が明らかに下がっているのがはっきりと伝わってくる。
 条件反射のように言葉が飛び出した。
「状況は?帝国軍はどこまで来ている?」           
 私の突然の言葉に気圧されたように、メンバーの一人が口を開く。
「指揮しているのは誰だ?レオか?」畳み掛けるように質問を投げかけると、
その男が口篭もる。すると、見かねたように、
横に立っていたフィガロ王が静かに答えを返してきた。
私怨をいつまでも引きずらない辺りは、さすがというべきか。
もっとも、いつまでも感情に囚われるようでは先が思いやられるのだが。

「いや、ケフカだ。だが戦力に差がありすぎる。
ここにいる人数だけでは、苦戦しそうだな。」
 その言葉に、長年の習性か素早く脳が回転を始める。
雪山という環境は、こちらにとってかなり有利に働くはずだ。
帝国軍は雪には慣れていない。しかもケフカの指揮下。
統率されていない軍隊など、烏合の衆同然だ。
この人数でも十二分に勝ち目はある。

556 カレイドスコープ (セリスの創意) :02/11/11 23:15 ID:???
 しかし、人は誰でも未知のものに対して恐れを抱く。
ましてや、御伽話とされてきた魔導の力を使うケフカが直々に襲い来るとなれば、
目の前に集う彼らが絶望に取り巻かれるのも無理はない。 
けれどもいくらケフカの隊とはいえ、このままで挑めば玉砕するのはこちらだ。
 些細なものでいいから、何かこの嫌な空気を払うきっかけが欲しかった。

 もし私がリターナーの将であったならば、一喝すれば済むことだが、
今の私は彼らによって生かされている、単なる裏切り者にすぎない。
仲間ではない私が何を言おうとも、誰も耳を傾けないだろう。
最早自分の命で動かせる者が誰もいないという事がとても歯痒かった。

 しかし、私はそこでふと気付いた。
私だけが仲間でないことを逆手に取れば、
彼らを突き動かすだけのエネルギーを生むことができるかもしれない。
 だが確実に彼らを奮い立たせるには、一枚噛む協力者がいた方が良い。
私は迷わずにフィガロ王をその相手に選んだ。
この若き王なら、地位も仲間からの信頼もある。彼らをまとめるには申し分ない。
あとは彼自身が私に協力する気さえあれば、上手くいく。
彼に私を受け入れる気があるかどうかは、賭けるしかない。
 私は…こんな所でいつまでも立ち止まっている暇などないのだ。

 私は首を伸ばし、彼にだけ聞こえるよう小声で囁いた。
「ケフカなら、望みはある。その前に、この空気を打破しなければ。
私に考えがある。どうだ、手を組まないか?」
 一瞬彼は私の方を向き、顔をしかめた。
だが案の定、逡巡しているのが表情から伝わってくる。
 しかし同時に冷や汗はこめかみからも噴きだし始めていた。
私の体調も、そう長くは保ちそうにない。
私は目の前の男が上手く乗ってきてくれるよう祈りながら、立ち上がった。

557 ヘターレ :02/11/11 23:20 ID:???
こんな感じでそのうち続きを書きます。

558 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/11 23:32 ID:???
さ い こ う !
回想の最初の展開にちょっとびっくりもしたが物語らしくておもしろい!!
エドガーともいいかんじになってほすぃとか言ってみるテスト。
マシュセリどうなるんだーー(・∀・)=3
続き!続き!!ヘターレたんがんがって!!

559 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/11 23:38 ID:???
とっても…よい〜‼
自分、エドガーとのも好きなので、いっそのこと兄弟二人と…ごぶごふ!
続き、首長くして待ってまつヽ(´▽`)ノ

560 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/11 23:57 ID:???
しゅごい…おもしろすぎまつ。
将軍セリたん(・∀・)カコイイ!
続き期待してます♪

561 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 00:13 ID:???
暴力(・A・)イクナイ!
エドガーめ、レディーにしかもセリたんに何て事を・・・(;´Д`)!
でもストーリーしっかりしててすごく(・∀・)イイです!
話として楽しめる感じで続きかなり気になります、面白い〜!
ヘターレさんがんばってください!期待しまくり下げ〜!!!

562 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 00:21 ID:???
なにやら壮大なドラマを感じまつ・・・。
大河マシュセリなのですか!(・∀・)イイ!!!!
構成も凝ってます。続きが気になるー。

また例のごとく他の皆様もお待ちしながら期待さげ(;´Д`)ハァハァ

563 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 00:44 ID:???
マシュセリの筈なのに、マシュセリの筈なのに、マシュセリの筈なのに…


男気溢れるロックに(;´Д`)ハァハァしてしまいますた…(w
王様あんまり痛いことしちゃダメだYO(;´Д⊂)
みんな魅力的に描かれててほんとすごいです!
すでにこんなにレスついてるのに似たような内容でレスするのも…
とも思ったんですが感想書かずにはいられなかった…!
ヘターレさん頑張って!他の職人さんもお待ちしてます〜!
なんかマンセー荒らしみたいですがw私も 期 待 さ げ !

564 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 00:47 ID:???
すごい…!!このSS最高だ…!!
今更だがヘターレさんの大ファンになってしまいました(;´Д`)

ナルシェ戦大好きなんだよなぁ…(ボソッ

565 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 01:02 ID:???
職人さんブラボー!! ・。・(つД`)・。・

ところで・・・絵板に行けないのは私だけでつか??

566 67 :02/11/12 01:38 ID:???
魔手せり…待ってました!(・∀・)イイ!!
セリスの将軍っぷりがいいでつ!!ヘターレさん流石です〜。

岩の誕生日話書きますた。
お目汚しシツレイ。

567 うまれた日 @ :02/11/12 01:42 ID:???
「さて、と」
セリスは軽く手足をはたき、大きく息を吸った。
「気に入ってくれるかなぁ…」
プレゼントするのは楽しいが、矢張り相手に喜んでもらわれなければ意味が無い。
世間一般の恋人同士がどういったものを贈り合うのか、どういったものが良しと
されているのか。それまでの乏しいと言うよりはゼロに等しい経験からは全く予想
できなかったが、彼女は考えた末に今手にしているものを選んだ。

「へぇぇっ!?そんなモンがプレゼントなのぉ!?」
「…悪い?」セリスはちろり、と冷たい瞳で見下ろした。
「い、いや悪かないけどさ。」
セリスの機嫌を害したことに気付かされたリルムは口元に手を当て、口篭もりながら
答える。「で、でももっと色気のあるものにすればいいのに…。」
「まぁまぁ、いいじゃないリルム。プレゼントは気持ちよ。」
「そうよねティナ!!それに実用性を兼ねていれば、よりいいと思わない!?」
「実用性があって、且つ色気があって、更に奴が喜ぶであろうものもあるのに…。」
顔色を窺いながら呟くリルムにセリスが聞き返す。「何よ、それ。」
「セリスのか」その先を先察したセリスがリルムの口端をつねり上げる。
「たぁ〜〜〜〜〜!!!!!!!」
「私の肩??なにかしらそれ??」「…なんでもありません。」
「それでセリスはいつ取りに行くの?」それまで苦笑しつつやり取りを見ていたティナが
口を挟んだ。
「ん?明日にでも。場所はもうわかってるし、レベルアップも兼ねて行ってくるわ。」
「一人で?」
「勿論。大丈夫、十分気をつけていくから心配しないで。」


568 うまれた日 A :02/11/12 01:44 ID:???
そういってやってきたこの洞窟はモンスターの数はそうない代わりにひどく入り組んでいた。
それでも何とか手に入れたのだ。体のあちこちには擦り傷やら汚れやらが散らばっている。
セリスは我ながらたくましいな、と苦笑いしつつ体を眺めた。剣の似合わない女性に憧れた
時も在ったが、矢張り自分の身くらいは自分で守りたい。今は強くそう思う。
「…実用性が一番だもの!!」
納得させるのかのように繰り返すとそれを強く握り締め、キスを与えた。



569 うまれた日 B :02/11/12 01:44 ID:???
皆の寝静まった23:00、ロックの部屋の扉が鳴った。
「へーい」「私よ。開けて。」
ドアを開けるとするり、と金色の光が入ってきた。
「こんな時間にどうしたんだ、セリス?」
「酒盛りをしようと、ね」
そう言ってにこりと笑う彼女の手には年代もののワインとチーズとがあった。
「悪くないでしょ?」
「悪くない。」
「じゃぁ、ここ借りるわね…あら、本読んでたのね。何の本??」
言いながらセリスはベットに近づきワインとチーズを置くと、寝ていた本を摘み上げた。
「日記?」
問われて少々決まりの悪そうな顔をしていたロックが答える。「ああ、日記だよ。」
「ロック、つけてるの?」
「いや。あいつの…レイチェルのつけてた日記なんだ。」途端にセリスの表情が曇る。
「面白くないだろ?」
「そんなこと…」「ないか?」上目遣いにロックをちろり、と見た後溜息と同時に漏らす。
「あるわ。」
「そうだよな。俺もそうなんだ。」
「?」ロックの言いたいことが解らない、といった具合にセリスは眉間に皺を寄せた。
「この日記…ついこの間、レイチェルが本当に死んでしまった後、あいつの部屋でみつけたんだ。」
ぱらり、とページをめくる音。
「日記なんて見るもんじゃないけど、あいつが俺と過ごしていたときどう感じていたのか、少し…?」
言葉を遮ったのはワイングラスだった。
「ワイン、飲みましょ。折角持ってきたんだし。チーズも。」
「セリス、聞いてくれ。」
「勿論聞いているしこの先も聞きたいわ。でも立ち話もなんじゃない??」
可愛らしい顔で肩をすくめる仕草が、思わずロックを笑わせてしまった。
「そうだな、続きはベットの上で話すか。」


570 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 08:35 ID:???
67さんおかえりなさ〜い!
誕生日モノキタ━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━!!!
続きかなり気になります、「続きはベッド」…?!(;´Д`)ハァハァ
カワイイセリたんもカコイイセリたんも読めてここはほんとに最高です(*´Д`)
職人の皆さんがんばってください!

571 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 15:50 ID:???
>>565
これで池るハズ
ttp://minme2ch.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ff6/bbsnote.cgi

572 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 20:40 ID:???
>67さん
夜中セリたんが訪ねてきてくれてるのに「へーい」とは何事だ!
誕生日の夜なのに色気ねーw ロックらしくて(・∀・)イイ!
レイチェルの日記も気になります…続きを〜(;´Д`)

なんだか皆さんストーリー凝っててスバラシイ…!
他の職人さんも続き待ってます(;´Д`)ハァハァ

573 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/12 22:30 ID:???
>571
行けました!ありがd。

おおー!誕生日モノ!しかもこの展開はちょっと切ない系・・・?
天使のようだセリたん(;´Д`)すでにハアハア
67たん続き楽しみにしとります!

ヘターレさんのも楽しみだ〜!!けなげなセリたん・・・(;´Д`)
さすらいの。さんのも続き読みたいYO〜

ヤローどももっとセリたんに夢中になるべし!(;´Д`)ハアハア

574 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 00:36 ID:???
セリたん(;´Д`)ハアハア


575 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 03:11 ID:???
萌えSSイパーイ(・∀・)イイ!職人さん方乙(;´Д`)ハァハァ
欲を言えば最近見てないエロシーンを早く(;´Д`)ハァハァ
贅沢言ってスマソ セリスたん…(;´Д`)ハァハァ

576 うまれた日 C :02/11/13 13:38 ID:???
「まぁ、要は俺と一緒にいたとき、どう感じていたのか知りたかったんだ。」「ふぅん…」
「楽しかったのか、幸せだったのか。それとも不満のほうが多かったのか。」
「…どっちだったの?」
「半々。記憶を無くすまでは楽しそうだ。でも…無くした後は俺に対する恨みつらみ、だな。」
く、と白い喉を鳴らし飲み干す。セリスはロックの膝に体を預けたままワインを注ぎ足した。
「一番こたえたのは『何故恋人だと言うのに私を守ってくれなかったのか』の一節だな。
記憶を無くしたことを、全てを無くしたことを…何より嘆いている。その一節。」
「でも、それは…」仕方ない、そう言いかけたのをロックが制した。
「いいんだよ。それでもあいつは死ぬ時、俺に『自分を責めるな』といった。」ロックは日記を閉じる。
「でも、その言葉は…出来すぎていて…もう以前ではないと実感させてくれたんだ。」
そう言いながらロックは金の髪を掬い、キスをした。
「あいつが本当に死んだから終わったんじゃなく…あの時点で俺達が、本当に終わったんだ。」
「…」
「単なる記録としては懐かしいけど感傷的になる材料でもない。だから、これは俺も面白くないんだ。」
軽く溜息をつき、セリスがしばしの沈黙を破った。「…何て発言したらいいか、よくわからないわ。」
「無理にしなくていいよ。キスしてくれれば。」
「したものかどうかも迷ってるんだけど。」
「今の話で俺を嫌いになってなければ、して?」

577 67 :02/11/13 13:42 ID:???
あああ遅々としてすすまねぇ・。・(つД`)・。・

相当だめだめなSSですが読んでくださる方が居れば
もうシアワセです。。。

578 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 15:17 ID:???
67さん乙ー!
全然だめじゃないYO!続き激しく期待(*´Д`)
これからがイイトコだ・・・・!!(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
水曜はガッコも早く終るし昼過ぎからセリたんにハァハァできたし幸せw

579 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 18:15 ID:???
ロクセリのSSうぷしたいのですが、今割り込んでも平気…かな??
携帯厨なので少し時間かかりますが…

580 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 18:41 ID:???
>579
マジですか!是非おながいします・・・!
ロクセリ最近かなり萌え〜(*´Д`)

581 579 :02/11/13 19:32 ID:???
>>580
ありがとうございます(´Д`)では、行きますです。
パソに打った文字をもう一度携帯に打ち直すのは、なかなか切ない…

582 罪と罰 :02/11/13 19:34 ID:???
部屋は薄暗い。装飾は決して地味ではないが、シャンデリアで太陽光に引けを取らぬほど眩しいステージとは対照的で、今にも消え入りそうなランプが幾つか燃えているだけのその部屋は、それだけで雑然として見える。
その中で、気持明るく見える明かりの下に彼女を見付けた。
高く結い上げられた金の髪、コルセットで締め付け強調された細い腰、遅れ毛が振りかかる白いうなじ。表情は確認できない。ただ、手にした台本を読み耽っている。
「目、悪くするぜ?」
「きゃあっ!い、いつからそこにいたの?」彼女は体を少し跳ねさせた後、彼の方を振り返る。
素顔でも美しいと言うのに。赤く縁取られた唇と、化粧を施され存在を誇示しているかのような長い睫は彼女をより美しくみせる。その彼女の顔に、彼は少し面食らったような気がした。

583 罪と罰 :02/11/13 19:37 ID:???
彼女の問いに答える余裕もなく、
「…お前、こんなに綺麗だったっけ?」
口にしてから顔が紅潮する。だが、暗いこの部屋ならば悟られないだろう。
「あはは、そんなお世辞言っても何も出ないわよ?…でも、本当ならありがとう」
彼女は再び台本に視線を戻す。
「随分熱心だな」
「頼まれた以上失敗出来ないわよ。…それに、意地もあるしね」
彼女の隣にあった椅子に腰かける。彼女の物とは違い質が悪いらしく、クッションは固く、背持たれがぎしぎしと唸る。回りを見渡すと、それと同じ質の物ばかりだ。今彼女が腰かけている物は、わざわざ他から調達されてきた物ということがうかがえる。
(優遇されてるんだな…)などと考えながら、彼女の顔を覗き混む。彼女が視線に気付き、それに答える。
顔は美しく大人びているが、表情はまだ18の少女のままだ。そのギャップがなんだか照れ臭くて、彼はうつ向いてしまう。

584 罪と罰 :02/11/13 19:39 ID:???
「なあに?」
「意地って?」
質問に質問で返す。端から見ればおかしなやりとりだ。
「んー、意地って言うか…。私って、小さな頃から戦う事と魔法の勉強しかしてこなくって…。それ意外の事って何もしてこなかったの」
パタン、と本を閉じて彼女は続ける。
「だから、女らしい事って何一つしてなくて…女優がそれに当てはまるかって言ったら少し違うかも知れないけど。でも、女の子って一度は憧れるじゃない?自分にそれが出来るか試したかったの。それに…」
彼女は一旦間を置いて彼を見つめる。
「それに…何?」
「ロックに、認めてもらえるかな…って思ったの」
「セリス…」

585 579 :02/11/13 19:43 ID:???
さわりだけかきますた。続きは…早ければ今夜中にはうぷしたいれす
こんな文でも、よんでいただけたらさいわいでつ(・∀・)

586 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 20:21 ID:???
>585
携帯からご苦労さま〜
オペライベントかなり好きです、頑張ってください(*´ー`)ノ

587 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 21:52 ID:???
携帯大変そうだ・・・お疲れさま。
職人さんたちいつもありがとう(´Д`*)

588 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/13 23:08 ID:???
>579さん
オペラだ!(・∀・)イイ!
あの場面のロクセリはほんとう〜〜に!!(;´Д`)萌えずにはおれん!
続き待ってまつ。がんがって!

>67さん
ロックうらやましすぎる・・・。幸せ者め!
しかもこの展開は久しぶりに??(;´Д`)ハアハアなかんじ!!楽しみ
いいSSたくさんで嬉しいー!

589 罪と罰 :02/11/13 23:58 ID:???
彼女の細い肩を、彼は自分の方に引き寄せる。彼女も、自分の体重を彼に預ける。
「馬鹿だな…そんな事しなくたって…。綺麗に着飾らなくても、女らしい事出来なくても、セリスはセリスのままでいいんだよ」
「ロック…。…でもね、私不安になるの」
体を離し、彼に向き直る。
「私は…ロックにとって、あの人の代わりでしか無いんじゃないかって」
「…えっ?」
一瞬どきりとするが、態度には出さない。
「コーリンゲンにいた、あの人…ロックの、昔の恋人」
「レイチェルの事か?」
「私、あの人に似てるんでしょ?」
「セリス」
「私にあの人の影を見てるの…?」
彼女は続けた。その声は、震えている。
「…私は代用品でしかないの?私の顔がこうじゃなかったら、あの地下室で見殺しにしたの!?ねえ!!!」
「セリス!!!」
きつく彼女を抱き締める。壊してしまうのではないか、と言うくらい力が入ってしまうが、彼には加減をする余裕は無い。彼女の目は血走り、興奮の為肩で息をしている。痛々しい。

590 罪と罰 :02/11/13 23:59 ID:???
「何で…否定しないの?」
「…」
言葉が出ない。
「そんなの、嫌よ…ロックも、さっき言ってくれたじゃない。私は私なのよ?あれは嘘だったの?お人形みたいに着飾っても、普段通りに振る舞っても、ロックの過去には勝てない。私、どうしたらいいの…」
この後舞台が控えているため泣くことが出来ないのだろう、目に涙を貯め溢れるのを必死にこらえている。
「セリス…泣くな…」
そう言って、彼女に口付けする。彼女の言葉も、呼吸も奪うように、深く、長く。
「んっ…むぅ…」
息苦しさに耐えきれず、彼女はキスから逃れようとするが、彼は左腕で彼女の後頭部を押さえ付け、離さない。彼女に会話をする好きを与えようとしない。これ以上何か問われても、自分には答えられないからだ。
彼女に嘘を吐きたくない。だからといって、本当の事を言ってどうなるというのか。

591 罪と罰 :02/11/14 00:04 ID:???
この口付けが永遠に続く物では無いと言うことは分かっている。何秒、何分、何時間…もしくは何日か後に彼女は同じことを再び自分に問うてくるだろう。
例え彼女が問わなかったとしても、自分がはっきりと答えを告げるまで彼女は心の中でずっとレイチェルと戦わなくてはならないのだ。
しかし。そうだとしても。今は一瞬一瞬、その現実から逃れたい一心で彼女に口づける。自分は卑怯だと自覚している。確信犯の彼は、彼女の耳たぶから首筋を撫でる。
「んんん…」
彼女は顔をしかめる。快感からくるものか、あるいは不快感からのものなのか表情だけでは確認できない。
彼は更に手を進め、コルセットに拘束された胸元を指でたどる。胸の頂点があるであろう個所を、カリカリと爪でひっかく。固い布越しのもどかしい刺激に、彼女は背筋を緊張させる。

592 罪と罰 :02/11/14 00:07 ID:???
舞台の事を配慮して服を脱げないとなると、上半身への愛撫は無理…スカートの中なら乱れても大丈夫、と考えた彼は左腕で彼女の頭を固定しながら、椅子のクッションが彼女の背にくるように体を倒させる。
自分は椅子から立ち上がり、二つの椅子を背に横になる彼女に覆い被さる体制になる。相変わらず、唇は解放しない。
彼女の左足を自信の右肩にかけさせ、彼は遠慮無しにスカートをパニエごとまくり上げる。彼女は、目を固く閉じたまま抵抗しない。

593 579 :02/11/14 00:18 ID:???
>>586
私もオペラかなり好きでつ。がんがります!

>>587
携帯からのカキコ、もう慣れました(笑
頑張って最後までやりまつ。

>>588
ほんと、あの場面は萌えますよね(*´Д`*)
だいすきな場面のひとつです。


とりあえずここまで書けますた。なんか、最初のラブラブからは一気にテンションが下がってしまったような…
ラブラブ好きな方、すみません…こんな話書いてますけど、わたしはロクセリ純愛萌えでつ

594 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/14 07:35 ID:???
セリ萌えが、セリ萌えが…
もはやウワァァンという気にもなれない…

595 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/14 09:28 ID:???
>594
どうした?
・・・と思ったら・・・代わりに言ってやるよ、ヽ(`Д´)ノウワァァァン
復帰しないのかな?良スレだったのに・・野郎の大きさの辺とかw

>593
久々めのエロキターーーーーー!!
パケ大変そうだ・・頑張ってください(;´Д`)ハァハァ

596 カレイドスコープ (エドガーの真意) :02/11/14 19:46 ID:???
 絶望が、諦めを呼ぶ。
徐々に暗くなっていく状況を肌で感じながら、私は為す術もなく焦っていた。
圧倒的な量と力で迫ってくる帝国軍に、この状態で挑むのは無謀と言うものだ。
せめて、この状況だけでも早急になんとかしなければ。
 そう苛々と考えていると、いつの間に目を覚ましたのか
セリスが私に小声で協力を持ちかけてきた。
たった今殴られておいて、手を組もうと言い出すとは正気を疑ったが、
彼女の目は飽くまで真剣だった。
私は感情と理性のどちらを優先させるべきかほんの一時迷った。
 が、彼女は私の返答を待たずにいきなり立ち上がると、
声を張り上げて大声で笑った。
いきなり奇怪な行動をとり始めたセリスに、その場の全員が釘付けになる。

「クククッ…こんな所で犬死にか?臆病者のお前らに似合いだな!」
「なんだと?!帝国の犬が吠えるな!」彼女の悪態に煽られ、
すぐさま怒号が飛ぶ。
その場が怒りで急速に満たされていく。
セリスは挑発するように舌でゆっくりと自身の唇をなめると、鼻でせせら笑った
「おっと、気に障ったか?ではこういうのはどうだ?
ケフカ程度のクズにびびる腰抜け共が!」
 セリスは大袈裟に両手で髪の毛をかきあげ、
挑発的な笑いを浮かべる。
 だが、間近でみる彼女の顔からは血の気が失せ、
見れば足も小刻みに震えている。立っているのもやっとなのだろう。

597 カレイドスコープ (エドガーの真意) :02/11/14 19:47 ID:???
 だが体の不調は臆面にも出さず、ますます語気を強める。
自分をエサにして我々を奮起させることが、考えとかいうものの正体らしい。
しかもそれを躊躇せずにするとは、とんでもない女だ。
一歩間違えば自分が私刑にあう事も承知の上なのか?
 いずれにせよ、失望は何も生まない。たとえそれが怒りだとしても、
エネルギーを生んで戦わなければならないのは一緒だ。
悔しいが、この中で一番冷静なのはこの女なのだと認めざるを得なかった。

 と、急にセリスの膝から力が抜ける。貧血を起こしたのだ。
私は無意識の内に、彼女のベルトを咄嗟に後ろから掴んだ。
右手に大きな力が加わる。
そのまま崩れ落ちるかと思ったが、なんとかセリスは持ちこたえた。
 今来たばかりの彼女がここまでしているのに、今更無視はできない。
私は間髪入れずメンバーに向かって怒鳴った。
「聞いたか?ここまで言われて我々は引き下がる訳にいかない!
必ずここは死守する!いいな!」
私の言葉に、場の全員から一斉に声があがる。
その光景に、私は目蓋を閉じてほっと息を吐いた。

598 カレイドスコープ (エドガーの真意) :02/11/14 19:48 ID:???
「助かった。礼を言う。」
 皆が解散した後で、セリスは短く言い深く頭を下げた。
セリスの潔い態度に、私は先刻の愚行を恥じた。
「いや、こちらこそ助かった。そして私の非礼を詫びる。すまなかった。
だが…あなたも随分思い切った事をする。
いきなりあんな大芝居を打つとはな。
下手をすればあの場で取り殺されている所だろう?」
「協力者がいなければ、な。」セリスは当然のような顔をして肩をすくめ
ニヤリと不敵に笑った。
「もし、あなたが策略家で有名なフィガロ王なら
あの場面で感情を優先させる筈が無い。私の読み通りだろう?」
 私が手を貸すことまで計算ずくだったとは、全く食えない女だ。
だが、今度は憎まれ口を叩かれても不思議と腹が立たなかった。

「今度の戦いは、どうやら勝てそうだな。」
そう呟くと、セリスは笑みを浮かべ、親指を立ててみせた。
「当たり前だ。私は負け戦をしない主義でね。」
女にしておくのが勿体無い程男前だな。
ふと思いついた事に私は思わず笑いを漏らした。

 今にして思えば、この時を境に
自分の心の中でセリスに対するわだかまりが急速に溶けていったのだった。

599 カレイドスコープ (セリスの創痍) :02/11/14 19:49 ID:???
「あれ、セリスどうかしたのか?」
「いや、ちょっと確かめたい事があるから先に行っていてくれないか?」
私は幻獣を指差した。
本当は、ガタガタの身体を隠したいだけだったのだが、
彼はそれに気付く様子もなく、わかったと言って頷いた。
「じゃ、あんまり無理すんなよ。ティナが暴走したばかりなんだからさ。
セリスだって危ないかもしれないぜ。」
「ああ。その辺は心得ている。大丈夫だ。」

 誰もいなくなった後で私は一人ため息をついた。
ケフカをあっさりと撃退できたのは計算通りだったが、
こちらも予想以上のダメージを受け、その回復に魔法を使いすぎた。
休む間も無く魔導を使い通しというのは初めてだ。
魔法は気付かない内にダメージを受ける。
 だが彼らの前で弱音は吐けない。
いや、吐くべきではないというのが正確だろうか。
彼らが私に求める物は、私の情報、魔導の力それだけだ。
決して仲良しごっこなどではない。
無様な醜態を晒す前に私はその事を心に刻み込んだ。
いままで通り、ずっと一人でいい。手に入らないより、失うことの方が恐ろしい

 私は疲労で鈍りきった重い足を引きずるようにして前に進んだ。
一人になって気が緩んだのかもしれない。
或いは、身体を酷使しすぎたせいなのかもしれないが、
激しい眩暈と共に、世界が回った。
剣で身体を支えようとしたが、手足に力が入らない。
私はバランスを崩して、後方に倒れこんだ。

 しかし、倒れた私の肩を受け止めたものは、堅い地面ではなく、
もろい雪の層だった。どうすることもできず、あっという間に山肌を滑落した。

600 カレイドスコープ (セリスの創痍) :02/11/14 19:51 ID:???
 谷底に落ちる、そう思った瞬間、
がくっと何かに引っ張られたように落下が止まった。
運良く岩肌にマントか何かが掛かったのだ。
底の見えない崖に向かって、下半身が宙吊りになっている。
自分のブーツについた雪の塊が、音も無く下の暗闇に吸い込まれていく。
 ミシミシと布が軋んで嫌な音を立てる。
ぞくっと鳥肌がたった。嫌な汗が首筋に湧くのがわかる。
 私は渾身の力を振り絞って、身体を岩棚の上へと引き上げた。
どっと脱力感が襲ってきて、私は雪の上に横たわったまま息を吐いた。
ふと視線を巡らすと、再び泣き出したグレイの空と、
ほぼ垂直にそびえ立つ斜面が見えた。
 無理をすれば、登れないこともないのだろうが、今の私には到底無理だ。
私は崖に落ちないよう岩肌にすがり付くようにして歩いた。
見ればちょうど側に横穴がある。
 中は意外に広く、乾いていて、雪が吹き込んでくるということもない。
私は奥へ入り、崩れ落ちるように腰を降ろした。

 とにかく少し身体を休めたかった。
 雪はしんしんと音もなく降り積もり、洞穴の奥にうずくまって見る外の景色は、
どこまでもモノトーンの世界で、絵画の世界に飛び込んだかのように
現実味を欠いていてとても奇妙だった。
 耳を澄ませてみても、風の音ひとつない。
却ってこの静けさが嫌だった。
 あのまま帝国で飼いならされていれば、少なくとも…
余計なことを考えてしまう。
 それに頭が締め付けられるように痛い。
そして手足が傍目にも判る程に震え始めている。
これが寒さのせいだけで無いことは、自分が一番良くわかっていた。
人工的に魔導を注入された者を繋ぎ止める鎖だ。

601 カレイドスコープ (セリスの創痍) :02/11/14 19:52 ID:???
 帝国で打たれていたあのクスリは、魔導を持つ者には欠かせないものだった。
あれを打たれている限り、誰でも自由に魔導を使う事が出来る。
魔導で急激に消費する精神力を上手く補うからだ。
しかし代わりに強力な習慣性がある。
その薬が切れた時の苦しみを恐れるあまり、
帝国へ反逆しようという気が起こらない。
 それは、人間を意のままに服従する人形へと変えることができる
何とも素敵な薬だった。
私はそんなクスリを打たれるのが嫌でたまらなかった。
物心ついてからは、誤魔化して避けてきたが、
それでも幼い頃に使っていた為、フラッシュバックが時折起こる。
 特に今日のように魔導を使い過ぎたとき、きまって現れる。
息苦しい程の飢餓感と不安が、重い粘液のように肌に纏わりつく。

あのクスリさえあれば…!
 私は愚かな考えを打ち払うように頭を振った。
違う!私は人間だ。あんな物なくても生きていける。
ただ、どうなってしまうのか判らない不安で頭がどうにかなりそうだった。
私は幼少の頃に左腕に刻まれた烙印を、右手で強く握りしめた。

602 ヘターレ :02/11/14 19:53 ID:???
長々と好き勝手やって申し訳ない。えーと…言い訳は激しく見苦しいので
せいぜい終わりまで書かせて下さい。創痍は満身創痍のそうい。傷の意。

ロクセリイパーイで(・∀・)イイ!

603 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/14 20:41 ID:???
>602
セリたんカコイイけど痛々しい…(;´Д⊂)
ほんとに面白いです!ヘターレさん頑張ってください(*´Д`)

604 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/14 21:30 ID:???
ヘターレさん乙!
もはやSSじゃなく物語と言っても過言じゃないくらい(・∀・)イイ! 
続き楽しみに待ってますー

605 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/14 22:31 ID:???
>ヘターレさん
うp乙!!今回も楽しませていただきますた!


もうどれだけ長くなってもいい、ケフカを倒すまでやってくれ…!(;´Д`)
と言ってみる。。

606 ヘターレ :02/11/15 01:09 ID:???
>605 ワロタ 
ケフカ倒すまでって…どんだけスレ消費すればいいんだw

ケフカ「 …そんなものは…、この私が破壊する!!」  
→以下地下室クラブpart8へ続く。           とかでつか?

607 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/15 01:20 ID:???
こんぶさん作
>>216 >>218 >>234 >>356 >>358-359

37さん作
>>430 >>434 >>448 >>455-456

見習い戦士さん作
>>451-453

「うまれた日」 67さん作
>>567-569 >>576

「罪と罰」 579さん作
>>582-584 >>589-592     

            完結時に職人さんが各自まとめる、って形の方がいいのかな?
            とりあえず久々にまとめときます。 

608 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/15 01:35 ID:???
>607
いつも乙カレー
ケフカ倒すまでには様々なネタがわくわけで
その間に野郎はみんな兄弟になっ(ry

そりゃセリたんがたいへんだ…(;´Д`)ハァハァ
新作ほんとに(・∀・)イイ!頑張ってください
他の職人さんも待ってます(;´Д`)ハァハァ

609 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/15 01:42 ID:???
●腐った林檎● さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214 >>239 >>251 >>344
>>362-363 >>438 >>440-442

素でコピペ失敗した。すみません。

610 age :02/11/15 10:48 ID:???
age

611 age :02/11/15 10:57 ID:???
age

612 age :02/11/15 11:16 ID:???
age

613 37 :02/11/15 22:17 ID:???
お久しぶりです・・・
なんと言うか暗いネタなのでこれってどうよと思いながら書いてます。
では・・・一応続きを!

セリスの肩が小刻みに震えている。
頬を伝って涙がぽたり、ぽたりとシーツの上に落ちた。
俺はもう片方の手で彼女の涙を拭い、顎を持ち上げた。
そうして唇をそっと重ねた。
肩に触れていた手に、彼女がびくりと震えたのが伝わる。
俺は硬まったセリスの唇を舌で幾度もなぞり、その軽く閉ざされていた歯をこじ開けた。
彼女は抵抗してこない。
俺はそのことに驚きつつもセリスの唇をむさぼりながらそっとセリスの肩を押し、ベットに背をつけさせた。
「・・・煙草の味がする」
唇を離すと、セリスはそう一言だけ言った。
俺はそのまま唇を彼女の首筋にずらし、赤い華をひとつだけ、散らした。
セリスはなおも、抵抗してこない。

614 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/15 23:00 ID:???
>37さん
やっぱセツセリ…!
ロクセリ萌えとしては複雑ながらも切なくて激萌です…(;´Д`)
セリたん泣かすなロックー!続き待ってます(;´Д`)ハァハァ

615 セリス車 ◆CelesLUVcA :02/11/16 01:33 ID:???
  |
  |_
  |   ヽ
  |ノ=リ)〉
  |゚ ー゚ノノ 某氏に言われたので、顔出し
  (]_´ノ    あいかわらず、(・∀・)イイスレだね
  |/l_ゝ
  |

616 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 02:21 ID:???
セリス車たん(;´Д`)ハァハァ たぶんそのAAに(;´Д`)ハァハァw
162ですが画像探してこようか?忙しくてスルーしちゃってたスマソ>>163

職人さんがんばってください(*´Д`)

617 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 02:45 ID:???
連日このスレでSS読んでたからかなあ。セリスたんの夢見ちゃったよ(;´Д`)ハァハァ
金髪ですらーっとしててすげく綺麗だった(;´Д`)ハァハァ
遠目に見てただけだったけど、幸せな夢ですた(;´Д`)ハァハァ

618 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 11:50 ID:???
>617
ウラヤマスィ(;´Д`)ハァハァ
どうやったら夢にセリたん出てくれるんだろう

619 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 12:41 ID:2bA32Bx7
クソスレハッケソ・・・

620 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 12:49 ID:???
俺も夢にセリスたん出てきたことあるよ
綺麗だった(;´Д`)ハァハァ

621 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 12:52 ID:???
つーかセリスの乳首指ではじきたい

622 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 12:58 ID:???
ほんとにな(;´Д`)ハァハァ
夢の中でも度胸のない自分を呪う

623 さすらいの。 :02/11/16 14:06 ID:???
●腐った林檎37●

「…でもね」
ティナは微笑む。
「ロックとセリスには、幸せになってほしいから…ね。良かった」
「…そうだな」
四人の間に暫し沈黙が訪れる。それは、一組の男と女の幸せを願
うような―
「おい!ちょっといいか!?」
マッシュが勢いよくドアを開ける。
「何だよマッシュ…人がせっかく浸っている時に」
エドガーが冗談まじりに言う。しかしマッシュの顔は、真剣みを
帯びていて―
「…どうしたの?」
「帝国がまた新しい動きをし始めたらしいぞ」
「何だって…!?」

「あ…あっ…ロック…」
セリスは自分の下半身を弄る男の名を呼ぶ。
「…」


本当に久しい更新です…いい職人さんがいっぱいでいいですね!!
さすらいの。も頑張ります…さてもうすぐ皆さんお待ちかねの?ケ
フカの登場…のはずです


624 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 17:08 ID:???
わーキタキタキタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
さすらいの。さん頑張ってくらさい!ケフカ気になります!

なんつうか、このスレの一丸となって(;゚Д゚)ハァッハァッしてる雰囲気が
とても好きな今日この頃。

625 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 17:14 ID:???
セリスってやっぱ監禁されてた時120%雑兵に犯されまくってるよなぁ。
個室にあんな巨乳でハイレグ一枚のピチピチの18歳を繋いでおいて
犯さない男なんて絶対いないだろうし。雑兵も今までの仕返しもこめて
徹底的に口もアソコもケツも乳も犯しまくっただろうな。

626 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 17:19 ID:???
>623 乙!(;´Д`)ハァハァ
ケフカたんを一刻も早く召喚したい。

>625 そのシチュはもはやセリスたんの基本設定wだよな

627 カレイドスコープ (マッシュの厚意) :02/11/16 17:20 ID:???
 俺はその時耳の奥の方で、悲鳴を聞いた気がしてなぜか気になった。
俺の場合、こういう時の予感は八割、いや九割方外れる。
すでにかなり山を下りてきていた俺は、
確認をしに戻ろうかどうするか、迷った。
 きつい傾斜の山道は、体力の減りが早く、想像していたよりもずっと辛い。
凍りつくような寒さで息を吸いこむだけで肺が痛む。
一歩一歩が雪に沈み込み、それを引き抜くだけで体力を使う。
またさっきと同じ苦労をして山道を登ると思うと、
考えただけでうんざりきた。
「どうせ無駄足だろうけど、このままってのも気持ち悪いんだよな〜。」
俺は自分の性格を呪いながら、新たな雪で消えかかっている自分の足跡を
逆に辿っていった。

山頂につくと、誰もいない。
「やっぱり大外れかよ!」俺は悔しさでため息をついた。
本当に頼りになる勘してるよ、全く…。
諦めて帰ろうとした時、
なぜか一部だけ雪がこそげ取られるようにして無くなっているのに気付いた。
雪男って本当にいるのかな?幻獣が実在してるくらいだから、
いてもおかしくはないけど…そう考えかけて、
すぐに嫌なことを思い浮かべた。
そういえば、セリスとはすれ違わなかった。まさか、落ちたのか?
 俺は大声でセリスの名前を呼んだ。
が、答えはない。心臓が早鐘を打ち始めるのを感じながら、
俺は迷わず眼下の岩棚目掛けて飛び降りた。

 今回の予感は当たった。岩棚の近くの洞穴に、
セリスはずぶ濡れのままうずくまっていた。
「セリス!」
俺は大声で呼びかけた。気を失っていると、それだけ体温の低下も早い。

628 カレイドスコープ (マッシュの好意) :02/11/16 17:22 ID:???
 下手したら凍死してしまう。
一向に目を覚まさないセリスに、俺は少し焦り始めていた。
とにかく早く乾いた服だけでも着せなきゃ。
 俺は即座にセリスの服を脱がしにかかった。
破れたマントを外し、水を吸ってずっしりと重くなった服に手をかけた。
冷たく凍りついているそれは肌にへばり付いて
かじかんだ手では中々思うようには脱がせられない。
 四苦八苦しながら全てを取り去ると、
俺は上半身を脱いでセリスに掛け、自分の方に引き寄せた。

 コート一枚でこの気温は辛いが、火を起こして何とか耐える。
セリスの体は、まるで氷で作った人形を抱いているかのように冷たい。
 背中まである長い金の髪も、半分凍りついてしまっている。
だが、首筋には確かな拍動がある。少し安心した。
 こうしていると、セリスが腕の中にすっぽりと収まっているので
やっぱり女の子なんだなぁ、と実感する。
信じて尽くしてきた国を捨て、敵陣に単身飛び込んでなお気丈に振舞うなんて、
どこからそんな力が湧いてくるんだろう?
 セリスを見ていると、自分がフィガロを出た時の事を懐かしく思い出す。
10年前だから、今のセリスとそう違わない年齢だ。
俺が兄貴と違ってセリスに嫌悪感が湧かなかったのは、多分そのせいだ。
 実際に体験して痛感したことだけれど、
ずっと自分が信じてきたものを見限るってことは、案外勇気がいる。
ましてやセリスはそれを倒そうとしているのだから、
その境地に至るまで相当の葛藤があったはずだ。
 だから、健気なセリスを見ているとつい庇ってやりたくなるんだよなぁ…
彼女の伏せられた長い睫毛を眺めながら、そんなことを考えていると、
セリスの目蓋がぴくり、と動き、彼女がゆっくりと目を開いた。
理知的な深い青の瞳に光が宿る。
「良かった。目を覚まさないかと思ったよ。」

629 カレイドスコープ (マッシュの好意) :02/11/16 17:23 ID:???
 セリス不思議そうな面持ちで俺を見上げ、すぐにハッとした表情になった。
そのまま眉間に皺を寄せ、落ち着き無く視線を彷徨わせる。
まるで怯えるように俺を見上げる。
 そういえば、セリスだってまだ10代の女の子だ。
好きでもない男に抱きかかえられているのが嫌なのかもしれない。
 俺は意外に可愛らしい理由に、ぽりぽりと頭をかいた。
「俺、こう見えてモンク僧だからさ、安心してよ。」
セリスは俺の方を向かず、俯くようにして呟く。
「これ、マッシュが?」
「いつまでも濡れた服を着てるのまずいから。女の子なのに無断でごめんな。」
「そんな事はどうでもいい。脱がせたなら気付いたでしょ?」
 さっき服を脱がせた時に、セリスにも帝国兵達と同じ傷があるのに気が付いた
しかも同じ場所だ。偶然に出来たものでない事くらい、すぐにわかる。
それに、薬品を使って人を操っていると噂は聞いたことがあった。
言おうかどうか迷った。セリスが喜ぶような話題とは思えない。
ただ、嘘をつきたくはなかった。
「左腕…」

「ご名答。帝国に属していた者の烙印だ。折角だからその正体、教えよう。
実はよく見ればわかるのだが。」
セリスはもぞもぞと左腕を見せようとする。
 やけにセリスが饒舌で微笑んでいるのが気に掛かる。
俺は慌ててセリスの腕を掴んだ。
「ヤケを起こすなって。別に、今言う事ないよ。な?」
「やぁね。帝国の情報は少しでも掴んでおかなくちゃ。
皆こうやって…飼いならされている。クスリを打ちすぎて注射の跡ができる。
いくつもいくつも。魔導を手に入れた代償に、人間を捨てているんだ。
何とも素敵だろう?」
 セリスは自分でそう言って笑った。笑いながら、歯の鳴る音が小さく聞こえた。

630 カレイドスコープ (マッシュの好意) :02/11/16 17:24 ID:???
「もう、いいよ。セリスはもうその呪縛と縁を切ったんだろ。」
「そうね。とうの昔に人間やめたのに、今更恐怖するなんて可笑しいわね。」
歯をカタカタと鳴らし、両手で口許を押さえるようにして震えている。
 と、セリスはいきなり抱きついてきた。
冷え切った冷たい身体を押し付けるようにして、俺の腕を握った。
 女性特有の柔らかな膨らみが感じられる。
さすがの俺もそれには焦った。見るのと直に触れるのとでは大違いだ。
「ちょっと、そんなにひっつかれたら俺だって…」
「同情でいいから…!お願い…」
 懇願するようにセリスが呟く。
自信に満ちて、威圧感すらあったセリスの声が、今は少しかすれている。
 たとえ一時の気休めだとしても、慰めてやりたい、柄にもなくそう思った。

631 ヘターレ :02/11/16 17:25 ID:???
とり急ぎここまでうp

632 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 18:11 ID:???
自慢の金髪にまで射精されまくってたはず


633 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/16 18:38 ID:???
>>623
さすらいの。さん乙ー!
無理せずご自分のペースで更新していってください
…でも正直、早くケフカの登場見たいYO(;´Д`)ハァハァ

>>631
ヘターレさん乙です!セリたん…切ない(;´Д⊂)
マッシュもすげーイイ奴だ…キャラ魅力的でさすがです(*´Д`)

職人さんがんばれー!期待sage(;´Д`)ハァハァ

>>625
あんまり可哀想なのはちょっと苦手だ(;´Д`)
セリたんはもっと優しく(;´Д`)ハァハァしたい…

634 37 :02/11/16 21:43 ID:???
・・・正直、この後どうするべきか迷った。
確かにセリスはいい女だし、抱きたいとも思っていた。
しかし今まで他の男が懸想している女は抱いたことがあっても、他の男に懸想している女は抱いたことはなかった。
セリスの顔を見上げる。
伏せ目がちな彼女と目が合った。
「・・・どうするの?」
「・・・なんでそんなに落ち着いてるんだよ。煙草がそんなにきいたのか?」
「・・・そうかもしれない」
「何自暴自棄になってんだよ?」
「・・・なってないよ」
嘘つけ、と俺は心のなかで毒づいた。
セリスの身体の上から降りる。
俺はそんな状態に付け込むのは好きではなかったし、あてつけに利用されるのもごめんだった。
セリスはベットから体を起こすと乱れた髪を直しもせずに座り込んだ。
気まずい沈黙が流れた。
「・・・セッツァー、私を抱いて」
沈黙の果てにセリスがそう言った。
俺は先ほどの理由から当然断った。
するとセリスは苦笑しー
「自暴自棄とか、あてつけとか・・・そんなのじゃなくて」
再び、あの誰かが何かを探しているような物音が近づいてくる。
「私を・・・私自身を、抱いて欲しいの」

635 37 :02/11/16 22:00 ID:???
ー前に一度、ロックに抱かれたことがある。
あれは魔大陸に乗り込む前日だったと思う。
あの時はただロックに抱かれることが嬉しかった。
・・・だけどー
「ん・・・ッ」
セッツァーの指が私のそこに触れ、私は小さく声を漏らした。
セッツァーは人差し指と薬指で私のそこを広げ、中指で何度もなぞった。
後ろから、そこへ、そしてクリトリスへと攻めてくる。
そうして私のそこが濡れ始めたのを確認すると、セッツァーはゆっくりと指を沈めた。
「っ、ああ!」
セッツァーが私の中で、ゆっくりと指を動かす。
彼はすぐに私の弱いところを探し当て、何度も何度もそこを刺激した。
ー・・・ロックは、
甘い声をあげながら私は思った。
ー・・・ロックは、私を抱いたとき執拗に耳や首筋を攻めていた、な・・・
(・・・あれはきっとレイチェルさんの弱いところだったんだ)
私は違う。
セッツァーが、私の胸の先端を口に含み、強く吸った。
びくり、と身体が震える。
それを感じたのか、セッツァーは下の指の動きをいっそう大胆にしながら胸の先端を舌と上歯で軽く噛んだ。
「ぅ、ふう・・・」
ー私は違う。レイチェルさんじゃない・・・!

なんてきりが悪い・・・なんとかエロに持ち込んだのに・・・エロくねぇ!!
一人称エロは難しいですね・・・67さんを尊敬します。

636 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/17 00:14 ID:???
>37さん
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
ホントに切ない系って感じです…
もう後戻りできないけどいいのセリたん…(;´Д`)?
続きカナーリ気になります、激しく期待(;´Д`)ハァハァ

637 うまれた日 D :02/11/18 00:49 ID:???
「なんだかずるいわ」
そう言うとセリスは体を起こし、その白く細い手でロックの目を塞いだ。
ふ、とお互いの唇に柔らかいものが触れる。
しかしそれも一瞬の事で、衣擦れの音を残し唇は離れていった。
「もう終わりなの?」ロックが多少不満げに尋ねる。
「もう、おしまい。」セリスはそう言うと、再びロックの膝に体を委ねた。
「…人って、難しいのね。」
「そうだなぁ。」
「私、こういう感情、知らなかった…。」いとおしそうにセリスは膝に口付けた。
「きっと皆に会うまでが異常だったんだろうけど。」
「そんなこと言ったら誰の経験だって異常だよ。セリス。」
グラスを口に運びながら答える。セリスは下からその動作を眺めていた。
「そう思う?」「少なくともここに集まっているメンツはね。」
「そうだね。」ふふっ、と笑うとセリスは仰向けになりロックの頬を撫でた。
「ねぇロック…私、色々な意味であなたに感謝しているのよ。それも、たくさん。」
「それは俺も一緒だよ。」その手で優しくセリスを撫でる。
「でもそれが伝わるのにはとても時間がかかるね。やっぱり難しいわ。」
「伝わるまでの長い時間一緒にいればいいじゃん。これから。」
思いがけない言葉に面食らったセリスは次の言葉を紡げないでいた。
「?どしたの。」
「いや…。な、なんでもない、わ。それよりほら、飲もうよ。」
照れ隠しをするかのようにロックの空いたグラスにワインを注ぐ。
「もしかしてセリス、照れてんの?」
笑いを含んだ声で尋ねるロックを尻目にくい、と思い切りよくグラスを空ける。
「違うわよっ!!」
「でも顔、赤いよ?」
「ワインのせいなのっ!!」そう言うとセリスは起き上がりロックから身を剥す。
「へぇ〜」にやにやと笑うロックにきゅ、と口を結んだその直後。


638 うまれた日 E :02/11/18 00:50 ID:???
「わっ!!」
ロックの唇にチーズが押し付けられる。「なにす…」
「いーのっ!!ロックがいけないのっ!!」
ひでぇなぁ、と呟きながら口の周りのチーズを舐める。
そんなロックを横目に部屋を見渡していたセリスはあるものに目を留め、自分が
この部屋にやってきた目的を思い出した。
「あ…。」「何?」まだ口の周りにチーズをつけたままロックが問う。
そんな彼をみて柔らかくくすりと笑うと手をつきロックその人へと近づいた。
そして口周りのチーズをちろり、と舐めるとそのままの距離で囁いた。

「お誕生日、おめでとう」

「へ?」
きょとんとしたまま部屋を見渡し時計に目をやると、針は新しい日を指していた。
「あ…あり、がとう。」
「どうしたの?」微笑んだままロックからチーズを掬って己の口に運ぶ。
「いや、もうその時間になってたんだなって。」「そうよ。」
「も一回言って?」
「お誕生日おめでとう、ロック。」
そう言ったセリスを抱き寄せ、ロックはキスを与える。「ありがと。」
「そうそう、プレゼントもあるのよ。」


639 67 :02/11/18 00:53 ID:???
ヘターレさんのマッシュええなぁ…(*´Д`)
自分の持ってるマッシュ像とビンゴです。
セリタンの次の次に好きなキャラがマッシュなのでこの取り合わせは
激しく(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ


640 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 01:31 ID:???
○の中に数字

は機種依存文字でつ

641 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 01:32 ID:???
もももももももももももも萌え!!!!!!!
うわーどうしよう!ダイレクトにツボに来た!!
67さんときめきをありがとう。今夜はぐっすり眠れそうです。

たくさんの職人さんがいらっしゃる幸せなスレですが
読んでいくと、それぞれの個性というか味があって、文章って面白いなあと
しみじみ思う次第です。みなさんに(;´Д`)ハァハァ

642 67 :02/11/18 01:50 ID:???
しまった…機種依存でしたね。
すみません、次からは変えます。
ご指摘有難う御座います!!

643 67 :02/11/18 01:53 ID:???
>>641さんの一言聞いて自分もぐっすり眠れそうです。
こんな文章でもときめきを与えられたようで(^^)

644 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 03:06 ID:???
>37さん
セリスたんも切ないが、
ずっとロックの事を考えてるセリたん…セツが意外に切なくて同情。

>67さん
やっぱロクセリはこうでないと。微笑ましくてほのぼの萌えます。
マッシュが3番目の萌えor燃えキャラとは。同じだ。
さりげなくスレ違いだが、
フィガロ兄弟の裏設定作った香具師にはマジで殺意を覚えますたよ…


職人さん沢山(;´Д`)ハァハァ

645 カレイドスコープ (マッシュの行為) :02/11/18 03:07 ID:???
 俺は、セリスの乾いてひび割れた冷たい唇に自分の唇を押し付けた。
「あ…」
「えっ?」セリスが反射的に訊き返す。
「口にしてよかったのかなーと。…今更だけどさ。」
 俺が正直な気持ちを口にすると、
セリスは顔を伏せ、途端にくすくすと笑った。
「普通、このタイミングで言う?……なんだか、気が抜けた。」
「ごめん、なんせ約10年ぶりでねー。」
 俺はセリスを抱き寄せて、耳朶を口に含んだ。
「すがる相手を間違えたかもしれない。」
 セリスがくすぐったそうに首をすくめながら、意地悪く耳元で囁く。
「いいじゃん、とりあえずこうしてると暖かいだろ?」
セリスは俺の腕の中で小さく頷いた。

 セリスのしなやかな腕が首筋にそっと添えられる。
俺はセリスの左腕に舌を這わせた。
皮膚が盛りあがり、小さな瘤状になっているのが舌先に伝わる。
 セリスは戸惑うような表情で目を伏せ、俯いている。
「動物ってさ、傷を舐めて治すだろ。これもきっとすぐに消えるよ。」
セリスは上目遣いに俺を見上げると、微笑んだ。
「マッシュが言うと、真実味があるわね。治りそうな気がする。」
「それって…どういう意味だよ?」
 俺はセリスを抱えたまま、後ろに倒れこんだ。
セリスが短く悲鳴をあげて、笑った。
「そのままの意味よ。ふふっ」
 セリスの長い髪が首筋を包み込む。
ちょうどセリスが俺の上でうつ伏せになっているため、
豊かな膨らみが胸の辺りで柔らかに押しつぶされ、
なんともいえない感触が心地いい。
 俺はセリスを地面に敷いたコートの上に横たえた。

646 カレイドスコープ (マッシュの行為) :02/11/18 03:08 ID:???
「やっぱりセリスって、女の子だよなぁ。」
「何よ急に…んっ」
 俺はセリスの胸の突起を摘んだ。
既に硬くなっているそれを指先で転がすようにすると、
セリスが喉の奥で声をたてる。
 舌で舐め取るようにして口に含むと、セリスが甘い声で応える。
もう片方の乳房を手で包み込むと、セリスは自身の声を隠すように、
口許を手で覆って目を閉じた。
 徐々に下へと指を滑らせる。
鍛えられた上質な筋肉のついたしなやかな身体だというのが
よりはっきりと感じられる。
「胸とかあるのに、案外鍛えてる身体なんだな。セリスって。」
「そう簡単にマッシュみたいにはいかない…ゃあんっう…」
 秘所に指が到達すると、セリスはぴくっと目蓋を動かし、
吐息の混じった声で答える。
ピンク色の谷間にそって指をあてがうと、
 暖かく湿り気を帯び始めている。

 俺はセリスの膝に手をかけ、開脚させながら両足を押し上げた。
無防備に陰部が晒される格好になり、セリスが頬を紅潮させ、
手で隠そうともがく。
 俺はセリスの細く長い指の間を縫うように舌を滑り込ませた。
「やっ…恥ずかしいからっ止め…ぅくぅん、ぁん…」
セリスは子供が嫌々をするように首を振りながら、
一方で酷く淫らな声をあげる。
指で触れるよりも、より熱く潤っているのが感じられる。
 舌先が肉芽に触れた時、セリスの表情が少し変わった。
口端が弛緩し、恥じらっているというよりは、感じ始めているようだ。
それを証明するように、セリスの手の戒めが徐々に外れていく。

647 カレイドスコープ (マッシュの行為) :02/11/18 03:09 ID:???
 片手でセリスの両手をそっとどけ、
唇を使って、突起を吸い上げるようにして刺激を送る。
すすり泣きに似た小さな声がセリスの唇から漏れる。
 秘裂が蜜で溢れていく。再び指で愛撫すると、
くちゅくちゅと卑猥な液体の音が、セリスの快感の度合いを表す。
親指で勃起した肉芽をこねるように擦りながら、
他の指先で膣口をさするように往復させる。

透明な愛液で指を十分に湿らせてから、
ゆっくりと二本の指を蜜壷の中へと沈めた。
内壁を擦るように指を動かしながら、徐々に挿入する速度をあげる。
「ぁんっ、んふぅっ…ぅん…」セリスは腰を浮かせるようにして、
呼応するように甘い吐息を押し出す。
 と、びくっとセリスの太腿が痙攣し、セリスの目蓋からふっと力が抜ける。
俺は滑りそうな程にぐっしょりと濡れた指をセリスの体内から引き抜いた。
指先と陰部の間でいやらしい糸がひき、一瞬で消える。

 目を閉じて横たわっていたセリスが、おずおずと起き上がった。
コートの上に膝をついて両手を前に置き、猫のように擦り寄ってくる。
刹那、大きなブルーの目を瞬かせて上目遣いに俺を覗き込むと、
 すぐに目線を反らし囁くように言った。
「今度は、私が…やってあげる。」
「セリスが?!その、やり方ってわかってる?」思わず訊き返すと、
セリスは恥ずかしいのか俺の方を見ずに呟く。
「…多分…ね。」
「別に無理しなくてもいいんだけど。」
「借りを作るのが嫌いなの。」
きっぱりとした口調でセリスが言うのが、却っておかしい。

648 カレイドスコープ (マッシュの行為) :02/11/18 03:11 ID:???
「貸し借りの問題なのかぁ?」
「そうよ。」
セリスはそう短く言い放つなり、俺のベルトに手を掛けた。
「いいって、待ってよ、これくらい自分で外すから。」
 慌てて俺がベルトと着衣を脱ぐと、セリスが唇を寄せる。
飴でも舐めるように、軽く舌を全体に這わせる。
 滑らかな舌の感触は、快感というよりもこそばゆいといった感じだが、
ややあどけなさを残した表情のセリスが、
懸命になっているのがたまらなく可愛い。
 と、セリスは唇と舌で吸うようにしてついばみ始める。
セリスは時々俺の方を窺うように見上げながら、
 先端から、横からと角度を変えながら愛撫をしていく。
柔らかな舌先が裏側の部分に触れた時、急にぞくっと背中に快感が走った。
セリスは相変わらず上目遣いに視線を送りながら行為を続ける。
セリスは唾液の音をさせながら唇で何度も挟み込むようにしてから、
ひどく淫蕩で満足げな微笑を浮かべた。
 セリスの思いも寄らない淫らな笑みに、急激に欲望がせり上がって来る。
慌ててセリスの唇から逃れた。
「ちょ、ちょっと待って、セリスもういいからっ!」
 セリスは片手でゆっくりと髪をかきあげると、
また少女のような顔つきに戻り、こちらを見上げた。
「もう…いいの?」
「十分やって貰ったしさ、ほら、ちょっと寒くなってきたし。」
 慌ててフォローを入れるが、
下半身の一点に血液が集まってどうしようもない。
これ以上我慢できるか、と俺は小さく呟き、
セリスを強引に押し倒した。
「えっ?マッシュ、今何て言っ…っうくっ…」
 セリスの言葉を待つ間もなく、すぐにセリスの中に押し入る。
冷えた空気と対照的に、セリスの体内は熱く俺を迎え入れる。

649 カレイドスコープ (マッシュの行為) :02/11/18 03:12 ID:???
セリスが微かに痛みで顔をしかめる。
 俺はゆっくりと、潤いで満たされた入り口を開いた。
ペニスに襞が絡みつき、包み込むように受け入れられていく。
最深部まで突き上げると、身体に同調して波打つようにセリスの乳房が揺れる。
 セリスは目を閉じたまま、だらしなく口許を緩め吐息まじりの声をあげる。
「ぁっ…んあぅん、マッ…シュ…!ぅふぅん、あぁん…!」
淫らな声の合間に、甘い声でねだるように俺の名前を呼ぶ。
 その声に誘われるようにして、
俺は一層激しくセリスに己を突き立てる。
セリスは顎を反らし、白い息を激しく吐きだしながら絶頂に達する。
「ゃあっ…んうっぁう、ひゃぁあん、ぅくぅん!」
腰を仰け反らせ、つま先を伸ばしきったまま、びくんと大きく痙攣した。
セリスのエクスタシーの余韻で締め付けられ、
俺もセリスの熱い秘裂から離れ、快感とともに欲望を遂げた。

650 カレイドスコープ (セリスの相違) :02/11/18 03:13 ID:???
 ふと目を開くと、マッシュの腕の中に再び収まっていた。
人肌がこんなに心地良いものだなんて知らなかった。
私は目を閉じたまま、マッシュにもたれかかった。
「あ、起きた?」出し抜けに声を掛けられ、目を開いたものの、
恥ずかしくてマッシュの顔が正視できなかった。
自分でも頬が火照っているのがわかる。
「なんだかすっごく恥ずかしくって、何を言えばいいのかわからないわ。」
「そういえばさぁ、セリスって普段はそういう喋り方なのか?」
マッシュはのんびりとした口調で尋ねる。

「あぁ、威圧的な口調は職業病なの。
見た目がこれだから、威厳を効かせないとつけあがられるしね。」
「じゃあさ、軍人やめたんだし、軍隊風はやめない?」
「じゃあ…これからは気を付ける。」
 そう答えると、マッシュは思い出し笑いでもするようにくすっと笑い、
そして唐突に言葉を口にする。
「やっぱ、セリスは可愛いよなー。」
「い、い、いきなり、何言い出すのよっ?!」
 マッシュは常に直球勝負で、先が全く読めない。
そのせいか、つい動揺して声が裏返る。
「自分の事になると、そうやってすぐ動揺する所とかが可愛いんだよなぁ。
人間っぽくてさ。俺はセリスってもっと完璧でクールなのかと思ってたからさ」
「悪かったわね、完璧でなくて。」
「今の褒め言葉だぞ。俺は、必死でもがいてる今のセリスの方が
何倍も魅力的で好きだよ。」
 マッシュは人懐こい笑顔を浮かべ、
私の左腕の傷にそっと触れるようにして撫でた。
 私を重く捉えていた枷が、たったそれだけの事で緩んでいくのが感じられた。
ふいに目頭が熱くなる。精一杯のプライドで涙を堪えたものの、
言葉を発した瞬間に溢れ出しそうで、私はただ頷くことしかできなかった。

651 "kaleidscope" (エピローグ) :02/11/18 03:21 ID:???
「お待たせ!色々調達してきたわよ。それにしても砂漠の夜って冷えるのね。
なんだかナルシェの事思い出しちゃった。」
セリスの言葉にエドガーとマッシュが顔を見合わせる。
「俺たちも今、その話してたんだよ。」
「本当?マッシュにはあの時すごく助けて貰ったわね。
ありがとう。」セリスは深々と頭を下げた。
 マッシュはひらひらと手を振ると、屈託ない笑顔を見せる。
「気にしなくていいってことよ。
でも帰りに通った洞窟って何だったんだろうな?
落とし穴とか掘ってあったしさ〜。自然に出来たものじゃないだろ?」
「雪男の仕業じゃない?」セリスが楽しそうに笑う。
「そうかもな。会いたかったなぁ…」

「おい、二人してさらりと無視するな。」
 一人放って置かれたエドガーが、不服そうに異論を唱える。
セリスは手にしていたワインボトルの口をナイフで器用に開けながら、
エドガーを睨んだ。
「出会い頭に一発お見舞いしてくれたのはどこの王様だったかしら?
しかも顔面に。信じられないわ、全く。」
「俺も目を疑ったね〜あれには。」マッシュもセリスの言葉に相槌をうつ。
二人の攻撃に、さすがのエドガーも言葉に詰まった。
「うっ…。あれは確かに私が悪かった。どうすれば許してくれるんだ?」
 セリスは顎に手を当てて暫く考えてから、言った。
「そうね…じゃ、王座に座らせてよ。一度座ってみたかったの。」
「それならお安い御用だ。どうぞ。」
王座に座ったまま、真顔でエドガーが手を差し出す。
「ちょっと…エドガーがいたら座れないじゃない。」
セリスは怪訝な表情をする。

652 "kaleidscope" (エピローグ) :02/11/18 03:22 ID:???
「いや、私の膝の上に…痛てっ!何するんだマッシュ!」
「はいはい、とっとと退く。」エドガーの後頭部に
マッシュの鋭い突っ込みが入る。
「ふふっ、じゃ、失礼します。」セリスは肩をすくめると、
深く玉座に腰掛けた。
「俺は座るところすらないのか…。」
 エドガーは真紅の絨毯の上に立ち尽くしたまま、ふう、とため息をついた。
「加えてお酌もお願い。」セリスが畳み掛けるようにとどめを差す。

「まぁ、これで許して貰えるなら安いものか…ん?!
セリス、このワインどこから持ってきた?」
 ボトルの中身を注ぎながらエドガーが血相を変える。
セリスはそんなエドガーの様子に気付く様子も無く、涼しい顔つきで答える。
「エドガーとマッシュに差し入れだって言ったら、ワイン蔵開けてくれたの。
相当古いらしくって、ラベルの字がかすれて読めないのよね。
何て書いてあるの?」
「俺、これ子供の頃みた事あるなぁ。万華鏡とかいう意味じゃなかったっけ?」
 マッシュは一瞬首を捻ったが、すぐに明るい声を出した。
「まぁいいや。とにかく乾杯しようぜ!」
「かなり苦労して手に入れたんだが…まぁいい。乾杯しよう。」
エドガーも観念してしぶしぶ頷く。
「それじゃエドガーも謝ってくれた事だし、私達の出会いに乾杯!」
「乾杯!」
三つのグラスの音が一つに重なり、
その音色は夜の闇の中に静かに溶け込んでいった…。

                                  終

653 カレイドスコープ :02/11/18 03:28 ID:???
>>538-539
>>550-552 >>555-556 >>596-598 >>599-601
>>627 >>628-630 >>645-649 >>650
>>651-652       で全部です。

654 ヘターレ :02/11/18 03:30 ID:???
色々反省しつつ、前置き&全体が長くなったことを深く陳謝致します。
マジですみません。
レス下さった方々、本当に有難うございました。
全て読んで下さった方々、本当にお疲れ様でした。乙!乙!乙!

また何か需要がありましたら適当に声を掛けて下さい。

655 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 03:46 ID:???
ヴァカハケーソ!
× kaleidscope → ○ kaleidoscope 

脳が死んでて、打ち間違えた。
何度もすみません。

656 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 10:45 ID:???
>ヘターレさん
真夜中のうp乙です!!
うぅ〜ついにエチ…!(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

次回作も楽しみにしてます!! 他のSS職人さんにも期待〜!

657 あぼーん :あぼーん
あぼーん

658 あぼーん :あぼーん
あぼーん

659 あぼーん :あぼーん
あぼーん

660 あぼーん :あぼーん
あぼーん

661 あぼーん :あぼーん
あぼーん

662 あぼーん :あぼーん
あぼーん

663 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 15:27 ID:GsO+jAsb
クソスレハッケソ・・・


664 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 17:05 ID:???
タイミング悪かったのか休日って人いないのねとか思ってたら
今見たら絵板がすごいことになってて幸せ(*´Д`)
お話もいっぱい増えてて幸せ〜〜〜ヽ(*´Д`)ノ
これからジックリ読ませて頂きます(;´Д`)ハァハァ

あとここ見てなさそうだけど…デュークあんた最高だよ…!

665 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 17:26 ID:???
キリ番ゲット

666 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 18:08 ID:???
>>665
そうかあ?

今だ!666セリタン(;´Д`)ハァハァ …不吉だ・゚・(ノД`)・゚・

667 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/18 21:08 ID:???
ヘターレさん乙です!すげえ良かった・・・(´Д⊂)
絵板もなにやら人増えてきたし
毎日ここを覗いてしまうですよ。

668 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/19 02:39 ID:???
>ヘターレさん
完結お疲れ様です〜!(;´Д`)ハァハァ
ストーリーしっかりしててほんとにおもしろかったです!
タイトルとか芸も細かいし、思わず「カレイドスコープ」の意味調べてしまいました…(w
これからもがんばってください(*´Д`)モエ〜

さすらいの。さんのケフカに期待大だし
37さんの苦悩セリスたんにかなりドキドキだし
67さんの可愛いロクセリに萌え萌えです(;´Д`)ハァハァ
職人さん方ほんとにありがとう…!絵師さん方も最高です(*´∀`*)

669 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/19 22:39 ID:???
やはりエチーものはヨイ(;´Д`)ハアハア
いかんマシュセリはまりそう。ヘターレさんありがd!
67さんのも甘くてたまらなく(;´Д`)ハアハア
ロクセリもやっぱ大好きだ。

37さんのもすんげー楽しみにしとります!!
さすらいの。さんも!

670 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/19 23:08 ID:???
今夜はセリたんの夢見られるかな…(・∀・)ドキドキ

671 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/20 11:00 ID:???
ttp://www.ii-park.net/~lock/36kagei/20.html

>670
悪夢でもこれならイイイイ(;´Д`)ハァハァ
ロックいいなw

672 test ◆yGAhoNiShI :02/11/20 23:06 ID:???
あげてやるか

673 鈍行発展 :02/11/20 23:25 ID:???
鈍行発展

674 セリス車 ◆CelesLUVcA :02/11/21 00:32 ID:???
>>616
負担にならなければ、お願いです
遅レスでごめんね

675 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/21 23:36 ID:???
魔導研究所のイベントの後…セリたん、無事だったのかなあ?本編でも、誰も何も触れてないよな。
ケフカやら帝国兵やらにハァハァされてたりしないよな〜?(;´Д`)シンパイ

676 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 00:24 ID:???
◆yGAhoNiShIってさー、ニュー速とかいろんな板で現れるけど、いったい何者?


まぁいいや。セリたん(;´Д`)ハァハァ



677 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 02:05 ID:???
ttp://members8.cool.ne.jp/~jun_777/ffnoe/illust/deai.htm
ttp://www7.tok2.com/home/saiha/illust/celes.jpg
ttp://www7.tok2.com/home/saiha/illust/celes2.jpg
ttp://lute.fc2web.com/ff/ff_01.html
ttp://lute.fc2web.com/ff/ff_02.html
ttp://members.jcom.home.ne.jp/iconoclasm/illust-ff-seris.htm
ttp://ell.eheart.jp/e/ff/06-04.html
ttp://ell.eheart.jp/gift/i-f/sf03.html
ttp://tturtle.s11.xrea.com/image/ff6/08ceres.shtm
↓名前違うけどおそらくw
ttp://spock.lomo.jp/f6-05.htm

678 616 :02/11/22 02:07 ID:???
とりあえずこんなかんじで〜既出だったらごめん
セリたん単品ってなかなか見つけられない(;´Д`)
ロクセリはいっぱいあるんだけどなー
>>671 そこのロクセリイイね、激しく萌え(;´Д`)ハァハァ

というか、絵師さんもSS職人さんも揃ってるし…
もしかしてここ、画像あんまり需要な(ry

679 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 02:30 ID:???
昔Vジャンプで連載してたチョコボンて漫画にさ、セリスたん登場したんだよね 知ってる人いる?
あの作者の絵あんまり好きじゃなかったけど、一生懸命可愛く描こうとしてるのに萌えた記憶がある(w


って、ガイシュツか?

680 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 02:30 ID:???
>>678 そんな事は無いよ。激しく乙!(;´Д`)ハァハァ
一番下…シェーンてw

681 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 02:55 ID:???
>679
知ってるどころか切り抜き持ってたり…
思い出して懐かしくなって探してみたらまだあった(w
菊地晃弘って、思い切りギャグっぽい絵のマンガ家だね。
セリたんの髪が異様にウエイビーで露骨に巨乳だw

682 折角なんでロクセリ :02/11/22 04:49 ID:???
ロック(#゚Д゚)ゴルァは見るなよーw
ttp://ell.eheart.jp/e/top/t-21.html
ttp://ell.eheart.jp/gift/g-i/dori/dori06.html
ttp://members8.cool.ne.jp/~jun_777/kiri/randam/60000.htm
ttp://www6.plala.or.jp/sui_kuze/ff6_5.html
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/3443/4649.htm
ttp://www7.tok2.com/home/saiha/illust/lc.jpg
ttp://j.chan.co.jp/punini/illuste_rocseli.html
ttp://www1.linkclub.or.jp/~karasu/tenjibutsu/rock_ceres.html
ttp://www8.plala.or.jp/crazymoon/gallery/ff6.html
ttp://al.age.jp/al/lock/l_4.html

683 679 :02/11/22 07:21 ID:???
>>681
おお、同士ハケーソ(・∀・)ちなみに漏れは単行本持ってます(笑
確かに露骨に巨乳だ…ファリスとティファに比べてあの力の入れようを見ると、菊地タソはセリス萌え人なのかな〜とか思ってしまう…
ついでにバツセリ(;´Д`)ハァハァ

684 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 08:01 ID:???
サウスフィガロで捕まってたときも、魔導研究所後もきっと大丈夫だったさ!
レオ将軍が助けてくれる!!!

685 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 17:44 ID:???
チョコチョコボンボンだっけ?
セリたんも良いがエドガーの馬鹿っぷりは良かった

686 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 17:57 ID:???
チョコボ×セリスタソ
というのはどうでせうか・・・と言ってみるテスト

687 681 :02/11/22 18:16 ID:???
>>683
単行本かYOウラヤマスィw
昔はチョコボンかなり欲しくて古本屋探し回ったよ。
Vジャソプの初期のFFコロシアムとのついでに切り抜いといただけなんだけどね
確かに菊地絵の中ではかなり可愛く描かれてる気もする(;´Д`)ハァハァ

ところでFコロは単行本化とかしてないのかな?してないか…
ヒゲのインタビューとか公式絵師矢野さんのイラストとかあって
けっこう(・∀・)イイのに、最初の頃のFコロ。

>>686
どうでせうと言われてもw
まずは萌えシチュきぼんぬ(;´Д`)ハァハァ

688 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 18:50 ID:???
>>679
知ってるー!
カラオケ好きなセリたんかわいかったw
Fコロの、矢野りん子が描いたけんぽう着?着たセリたん。すごく萌えたな・・・


689 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 19:20 ID:???
Fコロの矢野イラストセリたんは、
剣片手にピンクの拳法着着て空仰いでる(歌ってるっぽい?
かなり意味不明なイラストだったような…でも萌えたね(w
それよりその絵についてた文章が恥ずかしかった。

690 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 21:05 ID:???
>684 禿同 レオって顔はグロいが…カコイイ
影でこっそりセリスを守ってそう

>686 チョコセリ…
着替えてる間に服をチョコボに持っていかれ
慌てるセリス(;´Д`)ハァハ…ゴメソ
思いつかねぇ!

691 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 21:35 ID:???
レオ将軍か・・・・・・・・・
たらこ唇だと思ってたら、鬚だったんだよな・・・・・・・・・・・

正直、仲間にしたかった。
ティナ、セリス、レオ、ロックで元帝国軍+1が組みたかった。

692 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 22:26 ID:???
>690
そのチョコセリイイイイイイイ!!!(;´Д`)ハァハァ
下着のみ盗られるとかならなおハァハァ
男性陣の前で下着晒されて真っ赤になるセリス(;´Д`)ハァハァw

693 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 22:35 ID:???
FFコロシアムの表紙で、2のフリオニールとマリアの格好した
ロクセリの絵あったよなぁ
紫髪セリたんのムチムチした衣装に矢野絵ながら萌えますた(;´Д`)ハァハァ
セリス胸(゚Д゚)デカー

694 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/22 23:06 ID:???
セリたんの矢野絵見てえーー!

誰かうpしてくれないかなと言ってみる(;´Д`)

695 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 00:33 ID:???
>691 あれって髭だったのか。今日知ったよ
唇だとばっかり思ってた

696 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 01:25 ID:???
ところで6のキャラってそれぞれ設定とか担当した人違うんだよね
フィガロ兄弟が田中香とかいうドキュンスタッフで
セッツァーやシャドウがノムタンなんだっけ?
セリたんのは誰なんだろう

697 かりう ◆mPzasKARIU :02/11/23 06:01 ID:???
絵板に書き込んだっぽいよ

レオとセリスの関係って、セリスが将軍職に就くまでは、
立場上、上官と部下の関係だったんじゃないか?
あと、シドはセリスに魔法戦士としての教育を施したと言っているが、
シドに剣の心得があるとは思えないから、剣術に関してはレオが担当した可能性もある。
一応、帝国一の剣の使い手(のはず)だし。
でも、ゲーム中ではその辺詳しく描かれてないんだよな。
当のレオはティナに絡んでばかりで。

698 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 17:10 ID:???
よしとびきりエロいセリス絵描くぞハァハァと気合入れてハァハァ
構図を考えてハァハァラフができてハァハァ
ふう明日でいいかと結局ラフ止まりの罠、にはまった人いる?

699 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 17:41 ID:???
>698
罠にはまったのなら…
ラフ止まりでもいいからウプきぼんぬ(;´Д`)ハァハァ

700  ◆yGAhoNiShI :02/11/23 20:25 ID:???
700げっとで晒しage

701 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 20:51 ID:???
晒されたセリスたん(;´Д`)ハァハァ

702 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 21:38 ID:???
オルトロス×セリス

703 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 21:49 ID:???
8本の足でやりたい放題…(;´Д`)ハァハァ

704 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 22:02 ID:???
昔どっかにそんな挿絵つきのエロ小説あったな。
しかもオペラの舞台上で観客に見られつつ犯されるセリたんの…

705 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 22:06 ID:???
>>704
それ見たことあるかも

Vジャン表紙の矢野イラスト、
セッツァーに抱き抱えられてるオペラセリスもなかったっけ?
懐かしい。

706 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 22:14 ID:???
以前、モーグリスーツを着たセリス様がティナに襲撃される小説を見たことがございます
萌え小説じゃなかったが結構面白かたー

707 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 22:22 ID:???
>>706
(・∀・)イイ!!!
セリたんふかふかしたい…(;´Д`)ハァハァ

708 うまれた日 7 :02/11/23 23:27 ID:???
「知ってる。」「へえ?」
上目遣いの可愛らしい顔に似合わない、何とも間抜けな声を発せられたロックは
思わず笑い出す。
「えっなっなっなっっ・・なんで笑うのよぉ〜。」
照れながら弁解するセリスを抱きしめ、ロックは笑うことを止めない。
弁解し暴れるセリスの顔を両手でそっと包み、その額に軽くキスをする。
ようやく落ち着いたセリスが口を開く。「…なんで知ってたの?」
「ん?知らないよ??」
「だって言ったじゃない。」
「ん〜〜セリスが用意したのは知らない。でもプレゼントは知ってる。」
「????」「俺にとってはまず、これが最大のものだから」
そう言うと次は唇へとキスをした。
先ほどほんの少ししか与えてもらえなかったことを恨んでいるかのように深く、深く。
「ん…ぅ」思わず吐息が漏れる。それでも止むことが無い、執拗な、深い深い口付け。
それまで空を泳いでいた白い指はようやく広い背中に辿り着き、途端にそれを貪る。
水音は徐々に僅かながらも大きくなってゆく。
その中ロックはセリスの背に手を回すと器用にセリスの体を縛る金具を外す。
「あ…」「何?」「とられちゃった…。」
恥ずかしそうに斜め下を見る彼女の様子は、普段とはうって変わってとても可愛らしい。
こういう仕草を見るたび、この上なく独占欲が満たされていく。
「とっちゃったよ。」そう言うと再び唇を重ねる。


709 うまれた日 8 :02/11/23 23:28 ID:???
徐々に徐々にロックの唇はセリスの首筋へとうごいてゆく。
上目遣いにセリスを見遣ると目を閉じ必死に声を出すまいと唇を閉じている。
「恥ずかしいの?」「う…ん。」
こういった行動をするようになって随分経つのだが、セリスは全く慣れない。
毎回意識が強いうちはひたすらに耐えようとする。彼女を襲う感覚を。
正直、ロックは心中で積極的に成ってほしいとまではいかなくとも反応が欲しいと思っていた。
今日もこれ以上コトを進めたければライトを消さねばならないだろう。
そう思いリモコンに伸ばしかけた手を、細い手が覆う。
意外なことに思わず首から顔を剥す。「…セリス?」
「ロックの好きなように、して。」
「え?」
「…二度と言わせないで。」潤んだ瞳と尖らせた唇、白い頬を染める桃色。

日々感じていたこと。
きっとロックは満足していない。きっと可愛くないと思われてる。
きっと面白くないと思われてる。きっときっと、困ってる…。
どういったことをするのがベストかなんてわからないけれど、
きっともう少し私が私を開かないといけない気がする。
コンプレックスはあっても、受け入れてくれる筈。
それまで思っていたことを実行しようと思い、何とか照れとプライドを封じるためのツールも用意した。
やっと言った一言に驚いて私を見据える、強い瞳。

710 67 :02/11/23 23:30 ID:???
うぁぁ…気付けば誕生日前日w
それにしても遅いです…。

きっと明日には終わる筈!!!終わらせます(´∀`;

711 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 23:35 ID:???
67さん乙です!セリスかわいい・・・かわいい・・・
床上手にはなって欲しくない!(゜Д゜)

ロックって結局いくつになるのでしょうか。

712 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/23 23:57 ID:???
ウワアアアアアアン・。・(つД`)・。・し あ わ せ!ドキドキ
67さん乙カレー!
セリたんかわいすぎる。萌えずにはおれん!

713 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 02:59 ID:???
【微妙に】ロック誕生日おめでとー【スレ違い】

>>710
セリスたん可愛すぎです…(;´Д`)ハァハァ
こなれたロックと照れ屋なセリスたんが前作とはまた違う萌えハァハァ
今日更新だそうでかなり楽しみです、67さんがんばれー(*´Д`)

>>711
きっと永遠の25歳だよ…いや26?その辺

714 37 :02/11/24 10:07 ID:???
とりあえずはロック誕生日おめでとう。永遠の25歳・・・いいなぁ。
そんでもって超短いけど誕生日モノです。

11月24日は私にとってとても特別な日だった。
この日の存在を知ってからずっとずっと考えていた。
何をあげようか。
なんて言おうか。
ちゃんと考えていたのだけれどー・・・
「ロック」
「何?」
言葉と一緒に返ってきた笑顔に、用意していた言葉は、霧散してしまった。
プレゼントを背中に隠し持ったままの体勢でかたまってしまう。
何か言おうと思う。
しかし何の言葉も出てこない。
「・・・セリス?」
気が付けば、ロックがすぐ近くで心配そうにこちらを見ていた。
ロックの瞳が、目の前にあった。
・・・思えば、私の本当の人生は、この人に会ってから始まったのかもしれない。
笑うことを覚えた。
泣くことも、覚えた。
人を好きになるということも、教えてくれた。
「・・・今日があってよかった・・・」


715 37 :02/11/24 10:29 ID:???
私の言葉に、ロックは首をかしげた。
「だって、ロックが生まれた日なんだよ?・・・、ロックが、生まれた日、なんだから」
私は上手く言えないのがもどかしくて、泣きそうになった。
これ以上はどうしようもなくなってプレゼントを彼に半ばおしつけるように差し出した。
彼は少し驚いたようだったが、すぐに笑顔で受け取ってくれた。
その笑顔に、胸の奥がしめつけられる。
本当に今日があってよかった、と思う。
「ロック」
「何?」
「・・・生まれてきてくれて、ありがとう」

とまあこんな感じで終わりです・・・
もうひとつの駄文のほうも頑張ります・・・今日にはあんまりふさわしくないかも。

716 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 12:03 ID:???
37さんのセリスたんカワイイ(*´Д`)
セッツァー×セリス?の続きもお待ちしてます(;´Д`)ハァハァ

717 37 :02/11/24 12:42 ID:???
本当に暗いので読み飛ばし可・・・。続きです。ロック誕生日なのに・・アワワ

「ぃ、あ!」
セッツァーの指が、私の一番深いところに触れた。
彼は私の弱いところを奥から入り口に向かってひとつひとつ確認しながらゆっくりと指を引き抜いた。
そして両手で私の両足を大きく広げる。
私の胸を愛でていた唇が、徐々に降下していった。
セッツァーの唇と、髪の毛が肌の上を這う。
そのくすぐったさに私は身をよじった。
ーロックのやり方とは全然違う・・・
考えたくないのに、なぜかロックの顔がちらついた。
ーロックは身体の隅々まで愛撫してから、最後にそこに触れた。
そんなところは自分でもろくに触れたことはなかったし、まして他人に触れさせた事なんて一度もなかった。
恥ずかしかった。
だが嬉しくもあった。
二人だけの秘密を共有したみたいで、ロックにとって特別になれたみたいで、嬉しかった。
「あっ」
陰核を刺激され、私は一気に今の、現実の感覚に引き戻された。
セッツァーの舌が私のそこを這い、あふれ出る液体をすくっては陰核になすりつける。
「ふ・・・ふぅ、ん」
女の身体で一番敏感なところを刺激され、頭の中が真っ白になる。
やがてセッツァーはそこから顔を離すと、私の上に覆い被さった。
そして私のそこに、硬くて熱いものが押し当てられる。
「!!」
ー私の意識が、再び過去へと飛んだ。

718 37 :02/11/24 12:55 ID:???
ー・・・ロックがコーリンゲンから帰ってきたとき、私は艇の上で一人曇った空を見上げていた。
(ロックはこれからどうするのだろう?)
(私はこれからどうすればよいのだろう?)
答えの出ない問いを何度も自分に投げかけていると、ロックがやってきた。
お別れを言いに来たのだと思った。
恋人を生き返らせたのだとしたら、彼に自分達と旅を続ける理由はない。
しかし彼の言葉は予想に反しー
「お前が、好きだ」
そう言った。
私は耳を疑った。彼は今、なんと言った?
呆然としている私をロックは抱きしめ、もう一度その言葉を繰り返した。
「レイチェルさん・・・は?」
私は身体をロックから少し離し、彼を見上げた。
ロックは少し眉を下げー
「逝った、よ」
・・・笑った。
(どうして笑えるの?)
(どうして泣かないの?)
(愛していたんでしょう、ずっとずっと?)
(ううん―今も、愛しているんでしょう?)
その笑顔が痛くて、私は目をそらした。
ー・・・逝った?そんなはずはない。
「・・・生きてるよ」


719 37 :02/11/24 13:10 ID:???
世界が割れたあの日以来、私の生きる希望は彼になった。
ロックに会うために、それだけのために生きてきた。
しかし、ロックの生きる希望は私ではなく、他の生きている誰かでもなく、死んだ恋人ーレイチェルだった。
「ロックの中では・・・生きてるよ」
それもーものすごい、存在感で。
「ロックは私が好きなんじゃないよ」
私の中の、レイチェルさんが好きなだけ。
彼女を失った悲しみを私の中のレイチェルさんで慰めたいだけ。
・・・でも私は”レイチェル”じゃない、”セリス”だ。
”レイチェル”とは違う人間だ。
彼女の代わりには、なれない。
(ロックは私が”セリス”だと知ったらどうするだろう?)
きっと失望するだろう。
もしかしたら私を憎むかもしれない。
レイチェルの似たところを持つ、”レイチェル”ではない私を。
そこまで考えると、心が震えた。
ロックに嫌われる・・・
(それだけは、嫌だ・・・)
好きでいてくれなくてもいい。なんとも思ってくれなくてもいい。
でも、嫌いにだけはならないで欲しい。ロックに嫌われたら生きていけない。
(やっぱり、好きだ)
私はそう、はっきり、自覚した。
私は、ロックが好きだ。
どうしようもないくらい、好きだ。
だからー・・・

720 37 :02/11/24 13:27 ID:???
「・・・ま、待って・・・!セッツァー、やっぱり私・・・私!!」
私はかろうじてセッツァーが私の中に侵入するのを留めた。
(ロック)
目から涙が溢れてきて、止まらない。
(ロック。ロック)
両手で顔を覆う。
(私は―馬鹿だ)
自暴自棄じゃないと思った。あてつけでもないと思った。
だが結局、実際はそうだったのだ。
私はロックだけでなく、セッツァーも傷つけてしまった。
「ごめ・・・んなさい。ごめんなさい」
私はしゃくりあげながら、何度も何度もセッツァーに謝った。
「・・・セリス、手ぇどけろよ」
セッツァーの低い声に、私はびくり、と身体をふるわせた。
おそるおそる、手を顔からはずす。
それと同時に唇を塞がれた。
「んんっ・・・!!」
私は必死でセッツァーの肩をおした。
唇を離すと、セッツァーの瞳が私を射抜いた。
その視線に、私は動けなくなる。
「ここまで来て、やめろってか?」

なんなですか、この展開!・・・駄目人間まっしぐらです

721 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 13:56 ID:???
わー37さん乙乙乙!!!
(;´Д`)ハァハァだけどかなり切ないですね…・(;´Д⊂)セリタン…
どーなっちゃうんだろう?ロックもセッツァーも…
続き楽しみ〜(*´Д`)

67さんのラブラブロクセリも非常に楽しみです(*´Д`)
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

722 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 17:45 ID:???
【激しく】アーヴァイン誕生日おめでとー【スレ違い】

誕生日一緒らしいね、知らなかったよ・・・
職人さん方激しく乙です(;´Д`)ハァハァ がんばってください(;´Д`)ハァハァ
チョコボン漏れも読みたいなー セリス可愛い?

723 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 18:27 ID:???
俺が通ってるサイトの周辺はどこもロック祭りやってるけど。
アーヴァインのが人気すごそうだな。8やってないから知らんが

724 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 19:15 ID:???
ロックは人気根強いと思われ
アーヴァインは人気あんのかな?ヘタレだけど好きなヤシは好きそう
ビジュアルはかっこいいしなあ…こっちもお祝いやってるんだろうか?
とにかく祭りのおかげでけっこうセリたん見れてウレスィ(*´Д`)
今更だけどロクセリカワエエなと思ったYO

725 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 20:25 ID:???
セリスたんの菊門にマグナムぶち込みたい
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1038082185/


726 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 20:42 ID:???
そんなスレ立ってたのか、知らなかった…(苦藁
本日がロックの誕生日なのは1の狙いか?

727 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 21:06 ID:???
なんでここはひとつの話題が長続きしないんだろう(;´Д`)ハァハァ
でもネタは尽きないみたいだしイイかセリスたん(;´Д`)ハァハァ

728 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 21:56 ID:???
冬コミでロクセリのドジンシいっぱい買えますように…








しかし、ロクティナばかりで鬱になりそうな予感(;´Д`)

729 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:13 ID:???
>728
毎年探してるけどヤオーイばっかりだよう(´Д⊂)
もういっそ自分で出しちまおうかと
思うだけで終わるわけなのだが

かなり遅れたけどロックさん誕生日おめ。

730 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:20 ID:???
たしかに…
ロック祭りまわってたらロクセリの次に見掛けるのは







江戸六だった罠(;´Д`)

731 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:37 ID:???
>>730
笑えないけどワラタ

でもざっと見かなりロクセリ多いね。萌えちゃった(;´Д`)
67さん続きをー(;´Д`)ハァハァ
他の職人さんも乙&期待sage

732 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:45 ID:???
         ロクセリワッショイ!!
     \\  エドセリワッショイ!!    //
      \\  セツセリワッショイ!!  //
   +   +\\ エドロクワッ…(゚Д゚;) //+
                              +
.     +   /■\  /■\  /■\  +
        ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
   +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
         (_)し' し(_)  (_)_)


733 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:49 ID:???
>>629
ロクセリ本描いてホスィ…
ちなみに自分は来年の夏コミにロクセリで参加する予定でつ。冬コミは申し込むの忘れてた…(;´Д`)

734 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:52 ID:???
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/1.jpg
↑イイ!(´∀`)ロックたんおめデトー

735 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:52 ID:???
>>726
むしろ1がロックだとオモワレ

736 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 22:55 ID:???
>>732
ワラタ
>>733
ヘターレたんに言うなYO!

737 うまれた日 9 :02/11/24 23:03 ID:???
しばらくお互いの眼を見つめる中、最初に動いたのはロックだった。
ロックはボタンに軽く力を入れ、天井のライトを完全に消した。「ロック…」
「無理に背伸び、しないの。」「でも」
「これで、いいよ。」
そう言ってロックは枕元のスタンドのスイッチを入れる。
ぼんやりとした暖かい光が部屋を包む。
ロックはセリスを引き寄せるとその上着の中に手を入れる。
滑らかな肌の感触を楽しみながらもその手は次第に上へと上ってくる。
「ん」再びセリスが唇を噛む。
「気持ちいい?」ロックはセリスの耳に口をつけ、わざと吐息混じりに言葉を放った。
「あっ――」セリスが即座に反応する。
その反応を見ながらロックは自分の手を柔らかなふくらみへと運ぶ。
そのまま柔らかい突起を摘むとセリスが身をくねらす。しかし相変わらず唇は固く結ばれている。
ロックは閉ざされたままの唇をれろ、と舐めるとそのまま己の指が摘んでいるモノを舐めた。
舌の上で転がし強弱をつけて吸う。セリスは顔を真っ赤にして耐えている。
次第にそれは固くなり、奇麗な形を成す。それでもセリスは唇を解かない。
本当に恥ずかしいんだなぁ、とロックは心の中で苦笑しながらも、それでも止める気は毛頭無い。
空いている手で器用にベルトを外すとセリスの最も敏感な部分に手を伸ばした。
瞬間、セリスが体を固くする。
指で充分にそこが濡れているのを確認すると二本の指でしつこく撫でる。
そしてそのまま花芯に触れると弄び始めた。


738 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 23:05 ID:???
>>734
そこ好きだー(*´Д`)
絵柄とかすごく好みなんだけど
更新早いから気に入った絵とかソッコーでジャンク逝き(w
>>735
いくらめでたくても糞スレ建てんなよロック!!!

739 738 :02/11/24 23:10 ID:???
>>737
ガーン割り込み失礼(;´Д⊂)&キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
67さんガムバレー(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

740 うまれた日 10 :02/11/24 23:18 ID:???
室内に強い水音が響く。
見上げると口をほんの少し開けながらも顔を真っ赤にし、耐えているセリスの顔がある。
小刻みに震えながらも空を仰ぎ、吐息を漏らしながら自分を襲う快感を耐えている。
ロックはそんなセリスの様子を見ながらひたひたと花芯をいじっていた。
ロックの心の中に一つの悪戯心が湧く。(まぁ、誕生日ということで…)
そう思いながらロックは指を蜜壺に滑り込ませる。
「は…あっ…」思わずセリスが声を上げる。
その瞬間ロックはセリスの唇を塞ぐ。そして舌を絡ませ声を封じた。
肉壁を強くこすり中から刺激する。
セリスがロックに身を預けようとするとわざと押し返し腕に寄りかからせる。
しかし腕だけというバランスの悪さと自分を襲う快感とで、セリスは自分の上半身を
そのままに保つことが出来なくなりかけていた。
「ん…う…」声にならない声をあげ、何度も大きく頭を振る。
それでもロックは愛撫を止めない。それどころかもう一本の指を滑り込ませる。
「ん…んんんんっ!!」
目の端から涙が一筋、流れる。
ロックはセリスの唇から離れそれを舐めると瞳にキスをする。
「気持ちがいいときは、素直にそれを表していいんだよ?」
「あ・・・。」
「そうじゃなきゃ、やめちゃうよ?」
そう言うとセリスは大きく首を振る。「………ぃや。」


741 733 :02/11/24 23:18 ID:???
ごめん、729たんの間違いだたよ(;´Д`)ヘターレたんごめんなさい…

そしてロクセリキター(゚∀゚)

742 ヘターレ :02/11/24 23:24 ID:???
>>732 激しくワロタ

>>733 ロクセリ…ロクセリでつか……エドセリならすぐ(ry
その祭りは今まで行った事が無いが、江戸六って…想像を絶する。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


743 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 23:28 ID:???
かなーり遅レスだが、カードダスコンプリートしてるので
遅くなってもいいならうpするぞ全、部

744 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 23:28 ID:???
ヘターレさんもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
ロクセリはダメでつか(´・ω・`)ショボーン

745 うまれた日 11 :02/11/24 23:35 ID:???
その台詞を聞き一旦満面の笑みを浮かべたロックは、その表情に似合わないほど
強く、そして執拗にセリスの中を刺激する。
「や、ぃや、ぃや………っ。ああああっ!!!」
その声を最後にセリスの全身から力が抜ける。
その様子を満足そうに眺め、セリスの頬にキスをすると声をかけた。
「気持ちよかったの?」
こくん、とうなずく。
「もっと、して欲しい?」
しばらく間を空け、俯いたまま再びこくん、とうなずいた。
「じゃ、服脱いでごらん。」
セリスははっと顔を上げたが再び俯き、黙ったまま自分の上着に手をかける。
力の入らない手でそろそろと着物を身から剥し、明るい中で一糸まとわぬ姿になった
セリスは、さも恥ずかしそうに腕で体のあちこちを隠そうとする。
上目遣いで(いい?)と訴えるセリスと目を合わせたままロックは首を横に振る。
「俺も、脱がして。」

746 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 23:36 ID:???
ヘターレさん降臨sage♪
エドセリ…フィガロ城のエドガーの自室で調教されるセリたん…時期はフィガロ城浮上した辺り









とか言ってみるテスツ(´Д`)

747 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/24 23:41 ID:???
>>743
カードダスの画像はガイシュツだと思われ
FFコロシアムの表紙の矢野絵は持ってませんか?(;´Д`)

748 うまれた日 12 :02/11/24 23:51 ID:???
恥ずかしさに俯きながら震える手でロックのシャツを脱がせる。
ベルトに手をかけた後するするとパンツを脱がすとセリスの手は止まってしまう。
「勿論それも。」
セリスはしばらく躊躇すると顔を真っ赤にしてそれを剥ぎ取る。
ロックはセリスを引き寄せるといい子いい子、と頭を撫でる。
「ねぇセリス、これをね、セリスのここみたいに」言いながら花弁に触れる。
「濡らして欲しいんだ。」
「え…。」どうやって、とセリスがロックの顔を見る。「好きにしていいよ。」
セリスはしばらく悩んだ後、ロックのそれを指先で触れ、自分の部分へと導いた。
「ん・・・。」
セリスはそうして自分の指で、自分の花弁を二三回這わせるとその手を離した。
「これで、いいかな…。」
思いもよらないことをされたロックは、顔を赤らめながら
「う、うん。もういい。」とだけ言う。「それより、そのまま腰を落として。」
ロックは、素直に従うセリスの腰をつかむと自分のそれをセリスの密壺付近に
あてがった。「んぅ…。」セリスが反応する。

749 うまれた日 13 :02/11/25 00:07 ID:???
「どこであんなこと覚えたの?」悪戯心に問う。
「ロック…がするから。」
「セリスはああされるのがすきなの?」顔を真っ赤にしたままセリスが首を振る。
「ほんとにぃ?」そういいながロックは自分のそれを花弁に這わせる。
「あっ」
「こうされるのが、好きなんでしょ?」言いながら何度も何度も繰り返す。
「や、ぁ…………」
そのうちセリスの吐息は絶え絶えになり、声にならない声を発する。
「………………れて。」

その言葉を聞くや否やロックは己のそそり立ったものでセリスを貫く。
思わずセリスが声を上げるが、まるでそんなことにはおかまいなしかのように、
何度も何度もセリスの中に、打ちつける。そして下から打ち付けられるたび、
白い胸が大きく揺れる。「あ、ああ、ああっ」目も虚ろにセリスは声を上げる。
だらしないとかきちんとしているとか、こうあるべき自分とか。
そう言ったものは全て消し飛ぶ。「っ――――――あああっ!!!!」

750 ロックと。 :02/11/25 00:08 ID:???
うわ、間に合わなかったw
ttp://orange.sakura.ne.jp/~soix/patoboku/gallary/junk/j_roccele-1.jpg
ttp://ell.eheart.jp/gift/i-k/kiri500.html
ttp://tturtle.s11.xrea.com/image/ff6/11stolenheart.shtm
ttp://tturtle.s11.xrea.com/image/ff6/10lovepotion.shtm
ttp://lute.fc2web.com/ff/ff_11.html
ttp://lute.fc2web.com/1124/004.html
ttp://www.fureai.or.jp/~tsuji/circle/img/missing.gif
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/ff/1124/36/004.html
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/ff/1124/54/02.html

751 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 00:10 ID:???
ホントだ、セリたんが思いもよらぬ行動を(W
ロックはこんくらい意地悪くてちょうどいい感じだ(;´Д`)ハァハァ
とにかくもうたまりません(;´Д`)ハァハァ

752 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 00:13 ID:???
可愛いセリたん…漏れもロックになっていじめたい(;´Д`)ハァハァ

753 うまれた日 14 :02/11/25 00:20 ID:???
そう叫び体を仰け反らせた瞬間、ロックも溜まっていた己の欲を、セリスの中に
発していた。
ロックは自分のものを引き抜くと意識がぼんやりしたままのセリスの体を引き寄せ、
自分の体に重ねると愛しそうに髪を撫でた。「ん…。」
セリスの呼吸がある程度整ったところでロックが声をかけた。
「プレゼント、ありがと。」
「ん…違うの…。あたしがあげたかったのは…。」
と言いかけ先程のワインとチーズとが入った袋を指差し「その中なの。」といった。
ロックがその中を探ると冷たい金属らしきものに触れる。
引き出してみると綺麗な装飾を施された短剣だった。「これ・・」
鞘から引き抜くと、華麗な外見とは裏腹にしっかりとした刃がこちらを覗く。
「私が、初めて見つけたの。」
「私が、初めてロックの真似してトレジャーハンティングしてみたの。」
「…嫌い?」
立て続けに言葉を紡ぐ彼女は、短剣に見入るロックを不安そうに見つめる。
そんなセリスの様子に気付いたロックは慌てて返事をする。
「そんなことない。…気に入ったよ、ありがとう。」
「たまには、使ってくれる?」
「勿論。セリスをこれで守ってくよ。」
「…えへへ。」照れ笑いを隠すかのように毛布を引き上げるとロックの頬にキスをする。
「大丈夫よ、私は…自分で守れるわ。それより」
「それより?」
「私を許せなくなったら、容赦なくそれを刺してね。」

754 うまれた日 15 :02/11/25 00:27 ID:???
「馬鹿。」
「うん、知ってる。」
「それより俺の独占欲がねじれた方向に行ってしまったら、その時刺すよ。」
「ねじれた方向?」
「そ、ねじれた方向。」
「…わかんないわ。」
「俺もセリスの言ったことの意味、わかんないもん。」
眼を見合わせ、ふふ、と笑う。
「愛してるわ。」
「俺もだよ。」

笑いながらキスをする二人の傍に、二者の真意を見透かすかのように短剣の柄がきらめいている。
冴えた月の光と、暖かい部屋の光の二つをその身に受けて。


755 67 :02/11/25 00:29 ID:???
ぐああっ…30分過ぎてしまった。

まぁ何はともあれ終わりです。
しかも終わり方がこれまた意味不明…。
ともかく二人はラブラブってことでw

ここまで読んでくれた人ありがとうですー。
さーてセリタン絵を見てくるかね。

756 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 00:38 ID:???
67タン乙カレー。
ロック遅れ馳せながら、おたおめー。

ロクセリは王道だけどイイ!

757 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 01:00 ID:???
67たん、乙彼さまです!
ラブラブなロクセリにとろけてしまいそうですた(*´∀`*)

美術館のアートギャラリー3の2枚目のセリたん、中森○菜に似てる(;´Д`)

758 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 01:08 ID:???
>67さん
お疲れさまです(;´Д`)ハァハァ
不慣れなセリたんカワイイイイイイ(*´Д`)ボケ過ぎだけど(w
ロックも相変わらずのエロっぷりに燃え(;´Д`)ハァハァ

759 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/25 01:11 ID:???
「うまれた日」 67さん作
>>567-569 >>576 >>637-638 >>708-709 >>737
>>740 >>745 >>748->>749 >>753-754

760 713 :02/11/25 01:45 ID:???
>>722
ワロタじゃねーかYO!

職人さんほんと乙です(;´Д`)激しく萌え(;´Д`)ハァハァ
ロックBDでスレのびたね〜 平日組びびらないかなw
ロック祭りはオエビや絵チャも萌えロクセリあったから
チェックしてみることを勧めときます(;´Д`)ハァハァ

761 孫悟空 ◆yGAhoNiShI :02/11/25 13:34 ID:???
ドラゴンボールZ
フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!

  ::., :.;;;:: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.::;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;: ...: :: ..: :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..:: :;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;::.::;;:::::::::::.::::..::::::::..,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;:::.:::.;;;;;;;;;;;;;;.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...::...,;;;:..:.:::::::: . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;...::.:;;;;;;;
  ::.::..:.:::;;:::;;;;;;;;;;;;::::.;;;;;;;::::::;::.;;;;;;:::..     .::::.,::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ::;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;; .:;;;;;;;
  : :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;
  ;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)    .:::;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 ..:..:..:,,;,;;;;;;;;;;;;:::::: :::: ::::
  、 ._  _.:;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒ ̄ ̄`〜._:::;:..:::
   ⌒ ⌒    ....::::::::::.:::.::;: :::... .:::: :::.  ..::  :::::::: ;::::::;:;.;:;,;,.,,; ...::⌒
  :;;;:::;::;: :::;:;;:::::::..::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :; ..;::::::;::;: :::;:;;:;:::::;: :::;:;::
と〜けたこおりのな〜かに〜♪恐竜がい〜たら〜たまのりし〜こ〜みたいね〜♪

762 孫悟空 ◆yGAhoNiShI :02/11/25 13:51 ID:???
ドラゴンボールZ
フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!

  ::., :.;;;:: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.::;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;: ...: :: ..: :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..:: :;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;::.::;;:::::::::::.::::..::::::::..,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;:::.:::.;;;;;;;;;;;;;;.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...::...,;;;:..:.:::::::: . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;...::.:;;;;;;;
  ::.::..:.:::;;:::;;;;;;;;;;;;::::.;;;;;;;::::::;::.;;;;;;:::..     .::::.,::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ::;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;; .:;;;;;;;
  : :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;
  ;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)    .:::;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 ..:..:..:,,;,;;;;;;;;;;;;:::::: :::: ::::
  、 ._  _.:;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒ ̄ ̄`〜._:::;:..:::
   ⌒ ⌒    ....::::::::::.:::.::;: :::... .:::: :::.  ..::  :::::::: ;::::::;:;.;:;,;,.,,; ...::⌒
  :;;;:::;::;: :::;:;;:::::::..::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :; ..;::::::;::;: :::;:;;:;:::::;: :::;:;::
と〜けたこおりのな〜かに〜♪恐竜がい〜たら〜たまのりし〜こ〜みたいね〜♪

763 孫悟空 ◆yGAhoNiShI :02/11/25 14:09 ID:???
ドラゴンボールZ
フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!

  ::., :.;;;:: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::.::;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;;;;;;;;;;;;: ...: :: ..: :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:..:: :;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;::.::;;:::::::::::.::::..::::::::..,:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::.:;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;:::.:::.;;;;;;;;;;;;;;.:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...::...,;;;:..:.:::::::: . ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; :;...::.:;;;;;;;
  ::.::..:.:::;;:::;;;;;;;;;;;;::::.;;;;;;;::::::;::.;;;;;;:::..     .::::.,::;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ::;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;::: ::::;;;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  ..:;;;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: :;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス  :: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;; .:;;;;;;;
  : :. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;..    从    θ斤:エh u    .:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;
  ;;;;:;,:.:;;;;;;;;;;;;:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|      :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ    ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,:..     (∨ヘ      |....|: .)    .:::;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 ..:..:..:,,;,;;;;;;;;;;;;:::::: :::: ::::
  、 ._  _.:;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....::,...⌒~^⌒ ̄ ̄`〜._:::;:..:::
   ⌒ ⌒    ....::::::::::.:::.::;: :::... .:::: :::.  ..::  :::::::: ;::::::;:;.;:;,;,.,,; ...::⌒
  :;;;:::;::;: :::;:;;:::::::..::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.  :; ..;::::::;::;: :::;:;;:;:::::;: :::;:;::
と〜けたこおりのな〜かに〜♪恐竜がい〜たら〜たまのりし〜こ〜みたいね〜♪

764 平日組 :02/11/25 18:24 ID:???
>>760
そりゃもう、びびりましたとも(w
こなままじゃセリたんの誕生日には何が起こるのやら…

その時には何か書いてみようかな

765 ヘターレ :02/11/25 22:53 ID:???
遅くなりましたが、先回感想下さった方々どうも有難うございました。
不満も多々あると思うので、その点は指摘おながいします。

>744 ロクセリも大好きですし、OKなんですが、
セリスを弄ばれる状況を妄想すると、王様とかギャンブラーとかが都合良くて
つい利用してしまうんです…マンネリゴメソ

>67さん 乙〜ラブラブロクセリ(・∀・)イイ!綺麗な終わり方(・∀・)イイ!

>750 いつも乙です!(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ




>746  (・∀・)イイ!

766 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 01:52 ID:???
ヘターレさんだぁぁ(*´∀`)
次回作はもしや…>>746!? も、弄ばれるセリたん(;´Д`)ハァハァ

767 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 21:13 ID:???
せりたん、いじめられたら泣いちゃうのかな…
可愛そうだけど、萌え(;´Д`)ナキムシセリタン

768 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 21:18 ID:???
>767
ちっちゃい頃は泣き虫だったに一票(;´Д`)ハァハァ

769 セリス車 ◆CelesLUVcA :02/11/26 21:32 ID:???
常勝将軍として、泣く事すら許されなかったセリス
私刑の時も涙を見せなかったセリス

身を投げた時の涙は、宝石よりも価値のあるモノだと思う

770 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 21:40 ID:???
禿同
でもセリたん人のいない所ではひっそり泣いてそうだ(´・ω・`)
特にロックにはたくさん泣かされてることだろう…(;´Д`)

ところでセリス車タソの新トリップいいなー、セリスラブかよw

771 セリス車 ◆CelesLUVcA :02/11/26 21:53 ID:???
>>770
ありがとう
三日くらい回してたら出ました

>ロックに泣かされる
冒険に出て帰ってこないロックを待ち続けてっていうシチュが(・∀・)イイな
寂しさのあまり、涙をこぼすセリス
でも、他人にはその涙を見せない

772 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:05 ID:???
セリたんは夜こっそり泣くと思う。
次の日目赤くして、それを人につっこまれても
「こすっちゃっただけよ」とか言いそう。意地っ張り。

泣かせたいような泣かせたくないような(;´Д`)

773 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:11 ID:???
さ、寂しがり屋のセリたん…
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
セリたんは孤島のトラウマとかでで一人ぼっちが苦手そう
ロック置いていくなYO!

774 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:16 ID:???
泣き虫で寂しがり屋で強がりのセリタン最強(;´Д`)ハァハァ

775 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:34 ID:???
セリスと合併させてください

776 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:42 ID:???
俺がします。

777 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 22:56 ID:???
俺は彼女の幸せを考えて、合併は遠慮しとくぜ!

778 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 23:09 ID:???
セリたんの幸せってなんじゃろ。
お嫁さんになることかなあ。お母さんかなあ。

6っていまだに「あのキャラはあの先どうなるんだろう」とか
考えちゃうんだよなー。

779 ヘターレ :02/11/26 23:11 ID:???
>769-772 禿同 人前で安っぽく涙を見せない所が萌える

ここの住人の皆様は今何が読みたいんでつか?
自分が選んでばかりってのも悪いし、多数決とかしてみたいんだが、
誰か乗ってくれるヤシはいますか?
集計はこっちでやりますから。
 
>775 □とえにくす…旬ネタだ。
 

780 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 23:22 ID:???
ヘターレさんだ〜(*´Д`)!
じゃあスレの流れを重視してw
久々にトレハンから帰ってきたロックと待ち侘びたセリたんが
合併する小説キボン(;´Д`)ハァハァ

781 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 23:24 ID:???
>ヘターレさん
上の方で話に出ていたエドセリ密室調教(謎)を禿しくキボンしまつ!!!!
でもヘターレさんのSSでハァハァ出来ればそれだけで十分(;´Д`)ハァハァ

782 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/26 23:50 ID:???
酒がまわって普段よりチョト甘えん坊になるセリスたんとか・・・(;´Д`)ハァハァ

783 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 00:01 ID:???
>>ヘターレさん
エドガーに調教されるセリたんきぼんします…涙をこらえながら悶えるセリたん(;´Д`)ハァハァ
でも、あんまりいじめちゃ嫌でつ…(;´Д`)カワイソ
程々に、お願いします(;´Д`)ハァハァ

784 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 00:04 ID:???
旅立ったロックを待ちわびるセリたんが密室でエドガーに調教されつつも
けなげに待ち続けちょっとお酒を飲んでいた時にロックが帰ってきて
甘えん坊合併なんですか(w

自分はあんまり痛そうな話じゃなければ、なんでもうれしい(´Д`*)

785 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 00:19 ID:???
ここの住人はほんとどうしようもねーな!!!!!









初夜ロクセリに一票(;´Д`)

786 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 00:49 ID:???
おまいらは何考えてんだよ!















同じくロクセリ初夜キボン(;´Д`)ハァハァ

787 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 01:03 ID:???
>>785-786(ピュア
ヘターレさんは苦手そうと思いつつも…初夜ロクセリ(;´Д`)ハァハァ

788 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 01:11 ID:???
今日はいっぱい人が!と思ったら・・・楽しそうじゃないか!!

漏れは強いて言えばエドセリ調教が読みた〜い(;´Д`)ハアハア
エドガーがセリスへの想いをおさえられずに・・・みたいな。
あくまでラブラブなかんじキボン!!
てか、もうヘターレさん大好きでつ・。・(つД`)・。・

789 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 01:13 ID:???
ロックに開発され尽くされたセリスが、皆の前で仕上がり具合を披露。

とか読みたいっす!
読 み た い っ す !

790 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 01:19 ID:???
>>789
どんなだよそれw

791 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 03:25 ID:???
>>779
いつも乙です〜(;´Д`)
ロクセリが好きなんですが、さすがに王道過ぎてマンネリですかね…;´∀`)?
セリスが幸せなやつが読みたいけど、ロック以外ととなると
自分はどうしても和漢は不自然に思えてしまう(;´Д⊂)
他の男とならいっそのこと激しく鬼t(ry 逝ってきますw

>>757
遅レスだけど、たしかに似てるかもw
今フジでやってる怪談百物語って番組でちょっと前に雪女演じてた
松雪○子が、なんかセリたんぽかったの思い出しますた
和服やブリザガで盛り上がってたし、イメージが重なったYO(;´Д`)ハァハァ

792 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 09:50 ID:???
ロクセリ〜(;´Д`)ハァハァ

793 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/27 11:38 ID:???
>>789
君はエロいな。

794 エドロクワッショイ!!…(;´Д`) :02/11/28 01:32 ID:???
王様と
ttp://page.freett.com/aboshi/picture2-10.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/treasure/yun_ec.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/gallery/edcel1.htm
ロックと
ttp://ell.eheart.jp/gift/i-f/sf20.html
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/ff/1124/54/05.html
ttp://www.bc.wakwak.com/~mond-traum/mx/illust/ff_present-for-you.html
江戸六ハァハァw
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/ff/1124/54/t08.html
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/gallery/edceloc1.htm

795 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/28 01:33 ID:???
↓読み物だけど個人的にはおもしろかったYO!
 メインは江戸六芹なんでお暇な方は。

ttp://www3.plala.or.jp/pafupafu/hothouse/with1.htm

ttp://www3.plala.or.jp/pafupafu/hothouse/with2.htm

ttp://www3.plala.or.jp/pafupafu/hothouse/with3.htm


なんだかエドセリ勢力強いんですね、意外だ…
ロクセリが好きだけど次点はセッツァーかと思ってたよ

>>777タンのキリ番とレスがセッツァーぽくてハァハァしてしまったので
セッツァー×セリスに入れてみよ。
ケーキの時みたいに報われないセツ(;´Д`)ハァハァ(w

796 途中経過 :02/11/28 22:10 ID:???
ロクセリ (シチュ指定なし) 2票
    初夜 3票 
     トレハン帰りのロックと合併 2票
     酒が入って甘えモードセリス 2票
    開発済みのセリスお披露目(ネタ? 1票  

エドセリ密室調教 4票 セツセリ(ヘタレ系)1票 何でもオケー 1票 

複合ネタキボン時にはどちらにも一票ずつ入れるようカウントしてます。
今週末を待って日曜夜には最終結果を。
希望があれば、〜みたいな感じでとかシチュ指定もドゾー

連載中の職人さん方、気にせず先を書いて下さい。
切におながいします。セツセリ ロクセリ続き待ち〜(;´Д`)ハァハァ

797 ロクセリに矧げしく一票 :02/11/28 22:39 ID:???
【シチュ】 毎晩のようにティナを調教するエドガー。ロックはある晩、その場面を目撃し、触発される。
      彼が向かったのはセリスの部屋。しかし彼女は帝国出奔から日が浅い。
      果たしてロックは将軍が抜け切れていないセリスを、征服することができるのか!?

798 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/28 22:40 ID:???
ロクセリの初夜、いいなぁ・・・



799 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/28 22:50 ID:???
ロクセリ大好きだけど、エドセリ調教に一票でつ。

800 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/28 22:59 ID:???
間をとって3ピ(略

801 800 :02/11/28 23:03 ID:???
こんな糞レスでキリとっちまったあああスマソ(;´Д`)


じゃあセリたんの幸せを考えてやっぱラブラブロクセリに1票

802 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/28 23:14 ID:???
ヤタ!しかもやおい番ゲットだ! エドロクワッショイ!!! …。・゚・(ノД`)・゚・。

例の駄スレのバリアントネタでちょっとハァハァした自分を
おゆるしくだいセリたん…(;´Д`)

803 789 :02/11/28 23:20 ID:???
>>796
ネタじゃないぞッ!
なんでネタだと思ったんれすか?

804 ヘターレ :02/11/28 23:58 ID:???
>803
すみません。
仕上がり具合を披露するって所にワロテしまったので、
ネタかと勝手に解釈してしまいました…ゴメソ
ツッコミの口調が優しい…ええ人や。怒らないでくれてありがd


805 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:01 ID:???
レイチェルの遺体保管質で思わずロックにキスしてしまうやきもちセリスたん
→そのままなだれ込み(他の仲間は無視)

806 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:11 ID:???
>805
セリたんはそれができない控え目なところがカワイイんだけどな(*´Д`)
気が強いわりに恋愛面は消極的…(;´Д`)ハァハァ
でもヤキモチセリたんは激しく(・∀・)イイ!可愛い(;´Д`)ハァハァ

807 セッツァー :02/11/29 00:15 ID:???

        セリスを迎えに来ました
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /\ /\  /セ\/../
          / /\  \(´∀` )./
        ())ノ__ ○二○二⌒/../
       / /||(二ニ) (___/../ 几l
   γ ⌒ /|V||彡Vミ/⌒_ノ二二ノl0
   l| (◎).|l |((||((゚ )/⌒/||三三三・) ||  (´⌒(´
__ ゝ__ノ     ̄(___) ̄  ゝ__ノ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(´⌒(´⌒;;


808 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:21 ID:???
>>807
(・∀・)イイ!

809 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:38 ID:???
酔っぱらいセリたんかわいい!トロンとした目のセリス(;´Д`)ハァハァ
王様やギャンブラーにもハァハァされておもしろくないロック萌えw

810 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:37 ID:???
酔っぱらいセリたんかわいい!トロンとした目のセリス(;´Д`)ハァハァ
王様やギャンブラーにもハァハァされておもしろくないロック萌えw

811 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:40 ID:???
最近このスレ回転早いね(;´Д`)ハァハァ
セリたんの花びら大回転(;´Д`)ハァハァ

812 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 00:45 ID:???
さすがにそれには突っ込むよw>811

自分はヘターレさんが恥ずかしさの限界に挑戦するような
あまあまなロクセリをきぼんとか言ってみる・・・(;´Д`)ハァハァ

813 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 01:22 ID:???
こそっと…エドセリ密室調教。
そこから愛が生まれるか否か…つーテーマも入れてw

とかいいつつ、過去スレにあった城地下室のエドセリ触手もキボンヌw

814 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 01:50 ID:???
あまあまロクセリ(・∀・)イイね!
適当にシチュエーション挙げてみる

・タイムリーにクリスマスネタ(タイムリーでもないか)
・温泉で混浴ハァハァ
・レイチェルあぼーん後やっと向き合う二人(初夜可)
・アルブルクの喧嘩後の仲直りハァハァ
・今だからあえて夏物、海とか湖とかで水浴び中解放感にまかせてハァハァ
・とりあえずどこかで押し倒してベッドまでお姫様ダッコ
・先に寝られて手を出すに出せないロック(ダメだ…
・とりあえず今はこのくらい(;´Д`)ハァハァ ろくなネタじゃねーな(鬱
・しかも知らないうちに上がってるしゴルァ!

815 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 02:08 ID:???
若いふたりだしね。
■もふたりきりでテントもしくは宿屋に泊まったら
逆にHPが減るくらいの配慮がほしいよ

816 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 02:24 ID:???
>>815
下らねぇと思いつつワラタ

817 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 17:29 ID:???
記憶喪失ネタでロクセリ…
トラウマのあるロックだからこそ必死になることうけあい

「誰だおまえ」
「…俺かわからないのかセリス」
「馴れ馴れしい香具師だな、私を誰だと思ってる
 泣く子も黙る帝国常勝将軍セリス様だぞ」
「…(;゚∀゚)ナンカデキアガッテルシ」


記憶喪失というより記憶逆行だなこりゃ
逆行しすぎて「えーん、おうちに帰るー」とかは諸刃の剣ですかい?

818 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 17:46 ID:???
>815
迷惑なシステムだなw










だがそこがいい

>817
ム、ムシロ後者で(;´Д`)ハァハァ
1から教え込まれるセリたん(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

819 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 17:53 ID:???
>814
本当、なんであがってるんだろう???不思議だ
ちょい早いけどクリスマスネタ(・∀・)イイね
しかし年末年始は人がいなさそうな罠

820 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 17:55 ID:???
>>817
俺は前者がイイ。
「思い出せ、セリス―!」
「無礼者、何をするかッ!」
「うるさーい!おらおらー!」
「あ、あん。・・・・こ、この感覚は!」
みたいな(w

821 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 19:02 ID:???
>>815なんかリンダキューブを思い出したよ。
あれってティッシュ減るんだよな、確かw

我慢してたのに我慢してたのに
ついロックの前でぽろっと泣いちゃったセリスとかも
ちょっと見てみたい(´Д`*)

822 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 21:41 ID:???
>>820
なぜかワラタ

個人的に将軍調は別にあってもなくてもいいけど
記憶喪失ネタか無理矢理ロックは見たい鴨(;´Д`)ハァハァ

>>821
ついロックの前で涙を溢すセリたん…(;´Д`)ハァハァ
ありがちな気もするけど非エロでもいいから見たい(*´Д`)

823 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 21:57 ID:???
なんちゅう盛り上がり。
今までこのスレがこんなに盛り上がったことがあっただろうか(;´Д`)

エドセリ調教もいいが>814の押し倒してお姫様ダッコもハアハア捨てがたい!
>807セッツァー??(ワラ

824 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 22:34 ID:???
えっちな体してるのにセクースにかなり夢抱いそうなセリス萌え
寝室+正常位以外認めてなさそうだ(;´Д`)ハァハァ
そんなセリたんをロックに色々開発してほしい(;´Д`)ハァハァ

825 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 22:46 ID:???
>824
おおお!いいなソレ!!(;´Д`)=3

826 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 23:36 ID:???

酒の勢いで、「元常勝将軍の私を犯す?戯言を!こっちが犯してやる!」
ロック「あ、あん!・・・こ、この感覚は・・?ハァハァ」

と新たな感覚に目覚める新時代のセリロクに一票
セリスのブーツはピンヒール。

827 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 23:37 ID:???
>>824
開発つったら、例えばアナルとかアナルとかアナルとかアナルとか

828 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 23:48 ID:???
帝国兵×セリスに一票を投じるのである!!

829 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/29 23:56 ID:???
>>827
露出プレイとかもな。

830 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 00:19 ID:???
だんだん何でも書いとけっぽくなってきたなw

崩壊後、最初のパーティで兄弟とギャンブラーに輪姦されるセリスハァハァ
それであえぎながらもずっとロックの名を呼び続ければなおハァハァ

831 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 00:56 ID:???
よーしパパマターリえろ奨励しちゃうぞ〜

クリスマスにそれぞれ光り物なり何か手作り物なり
適当にプレゼントし合ってイチャイチャする
 ↓
ついでにケーキとシャンパンでお祝い
 ↓
セリたん案外ソッコーで酔っぱらう
 ↓
甘えモード突入、ロックにキスをせがむ
 ↓
ロック発情
 ↓
押し倒す
 ↓
セリスがその気になるまで適当に色々するハァハァ
 ↓
ベッドまでお姫様ダッコ
 ↓
メリークリスマス(本番)
 ↓
ごちそうさまでした。






SSになる前にあらすじで語りすぎな罠

832 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 01:21 ID:???
禿げしく鬼畜は可哀想な気が(;´Д⊂)

>>829
露出しないプレイってどんなのよ・・・
想像したらそれはそれで(;´Д`)ハァハァ

>>824>>831
(・∀・)イイ!!!萌え(;´Д`)ハァハァ

833 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 11:39 ID:5V2PfLkD
!i.                 i,      ! なんと! 明治天皇陛下が>>2getなされました!
i、_           __,,,-- 、 \     !  おまえら全員ひれ伏してください。おながいします。
!、_`'''''-- 、:: :: ,,,,-ー'___,,,,,- 、  i   ノ| !
i ~'ー-- 、ヽi. iヽ __,,-'___,,,,,,,,__  i  /`i.i.!  帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。
i<"弋~゙゙>.i゙ .:゙:::゙<´弋~ノ,-''´  i ! i.  i.i!
i `'ー゙'´´.,i ::::::  `'ー''゙´   .::;ヽ! i ノ i  >>1藤 博文  おいおい、チョンごときに暗殺されんなよ(禿藁)
i      i  :::::  :::::::..   .::;;;;;;;;;゙i,゙i  i  >>3条 実美   お前のようなヘタレが本当に太政大臣なの?(w
.i,    ,;i  :_,,::::.  ::::::..  ;;;;;;;;;;;!,,,,,,/.  大隈 >>4げ信 てめーの作った大学、お前並にDQNだな(プッ
. i   i.    ヽ::   ::::.  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i   西>>5う 隆盛  ガキみたいな喧嘩で下野してんじゃねーよ。(笑
 i.   ヽi!i,__i!!!''゙     ::;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;,i   ひ>>6仁天皇  小僧、アメ公との戦争ごときで負けてんなよ。
 i  /  ,-、 `'-,,       ::::;;;;;;;;;;,i   >>7か江 兆民 アル中で議員やめて、後の事業全部失敗(プッ
  i/  /"''"ヽ  `'-,    :::::;;;;;;;;;;i    >>8ま県 有朋 維新早々汚職事件おこしてんじゃねーよ(藁
/__,,-'´-,,____,,-`'-,,___\  ....:::::;;;;;;;/    大>>9保 利通 征韓論に反対なのに征台かよ、おえでてーな(w
 ̄ ゙i,   / ゙i,      ̄    ,;;;;-'      江>>10 新平   大久保ごときに惨敗って、ホント雑魚だな(笑




834 途中経過 2 :02/11/30 11:44 ID:???
※ロクセリ 34票 

4票→・初夜 ・酔っ払って甘えるセリス ・セリス記憶喪失   
3票→・極甘ロクセリ ・クリスマスハァハァ 
2票→・シチュ指定なし ・トレハン帰りのロックと合併 
   ・ロック開発&お披露目 ・つい涙をこぼすセリス 
 ・お姫様ダッコ ・やきもちセリス 
1票→・無理矢理ロック ・調教ロック ・温泉ハァハァ 
  ・夏の解放感に任せてハァハァ ・レイチェルあぼーん後ハァハァ 
   ・先に寝られて困るロック ・アルブルグ後仲直りハァハァ

※セリロク   1票      
※エドセリ調教 6票   
※セツセリ   1票
※帝国兵    1票
※リンカン     1票

ちょっと意見が混み合ってきたみたいなので…途中経過再び

835 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 12:14 ID:???
セリスのクリトリスにアラームピアス装備
小陰唇に一つづつイヤリング装備
飛竜の角をオマンコの中にインサート
グロウエッグはケツのアナの中へ

836 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 12:34 ID:???
ヘターレさんお疲れ様です(;´Д`)ハァハァ
さすがロクセリは多いけどシチュの分散も激しいw
自分はマターリなら何でもいいかも。

837 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 14:42 ID:???
シチュうんぬん言ってると収集つかなそうですねw
ヘターレさんお疲れさまです。

なんか「俺の萌えツボ大発表会」みたくなってきましたな。
はじけてるのも多々おるし。

838 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 19:10 ID:???
>>795さんのサイト見てきました。
もうすっかりロクセリ派からエドセリ派になりまつた。

ロックなし、ロック&セツ夫なし(ファルコンに残す)でEDを迎えると
”バンダナを取りに逝って転落するセリタン”を助ける人が変わるんでつ。


んで、セリタンお絵かきしてきまつた。


839 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 19:22 ID:???
>>838
えっ、ロックいなかったら絶対セッツァーが助けるんじゃないの?
漏れケータイだから絵は見れないけど。ザンネン…(;´Д`)

840 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 20:12 ID:???
死ぬほど見たいシュチュエーション

崩壊後のフィガロ城地下で触手にとらわれるセリたん(と兄弟)。
触手はセリたんの体の中をあちこち弄る。
射ても起ってもいられなくなった弟が殺人的腕力で触手をちぎりセリたんに
襲いかかる。
その模様をみてこれまたいても起ってもいられなくなった兄がドリルで触手を
切りセリたんに襲いかかる。
弟の巨根と兄のテクニックで何度も逝かされるセリたん。

誰か書いてくれ・・・

841 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/11/30 20:34 ID:???
このマターリスレで激しい鬼畜はイクナイ風潮があるしな(;´Д`)

でも正直漏れもセリたんの超鬼畜物見てみたい・・・(;´Д`)ハァハァ
誰か書いてくれる勇者はぜひエロパロの(ry 駄目かw

842 _ ◆yGAhoNiShI :02/11/30 23:16 ID:???
幕府を開きたいのですが
何処に申請すれば良いのでしょうか?

843   :02/12/01 00:00 ID:???
>>842
俺的には光栄の広報あたりかと思うんだけど、異論がありそうだな

844 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 00:29 ID:???
ヘターレさんいつもありがdです(;´Д`)ハァハァ
私はやっぱスタンダードに、(゚Д゚)アマーなロクセリ見たいですw
萌えシチュかなり挙がってますね、どれもよくて絞れない(*´Д`)モエ〜
アンケート結果楽しみにしてます 頑張ってください。
他の職人さん方もぜひ続きや新作を〜(;´Д`)ハァハァ

845 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 01:47 ID:???
そういえばセリス×ティナ×ロックのエロ小説見たことがあったなー・・・
エロというより笑い話だったけど

846 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 02:10 ID:???
セリス
ttp://uniuni.hacca.jp/fanarts/ff6/celes2.html
ttp://www004.upp.so-net.ne.jp/rin_snow_3/snow_final_fantasy_6_celes_4.htm
ttp://shin1002.tripod.co.jp/azami1.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/gallery/celes1.htm
ttp://page.freett.com/aboshi/picture2-5.htm
ttp://www.kuri.sakura.ne.jp/~karin/0/tenji/tenji_xxx_cg_ff3.htm
ttp://gwongsik.infoseek.livedoor.com/ff6_2.htm
ttp://spock.lomo.jp/f6-04.htm
ttp://www5d.biglobe.ne.jp/~kogure-k/ff/ff6g3.htm

847 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 02:11 ID:???
ロックと
ttp://www46.tok2.com/home/endymion/Illust2/Illust/48.htm
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~s-sokudo/ff/1124/54/t04.html
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/gallery/locel2.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown/2912/ff6/treasure/yun.htm
ttp://www.kuri.sakura.ne.jp/~karin/0/tenji/tenji_xxx_cg_ff1.htm
ttp://gwongsik.infoseek.livedoor.com/ff6_4.htm
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-King/7237/cg/FF36.html
ttp://orange.sakura.ne.jp/~soix/patoboku/gallery/junk/j_roccele-1.jpg

848 795 :02/12/01 02:19 ID:???
>>838
別漏れのサイトじゃないけどねw
エドセリ何気に大人気ぽ

ヘターレさん頑張ってください(*´Д`)
どんな作品読めるんだろー、かなり楽しみです(;´Д`)ハァハァ

849 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 06:38 ID:???
ロックにアナル開発されるセリたんキボソ

850 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 13:57 ID:???
それより>838がネタかマジかが知りたい…。

851 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 14:40 ID:???
>850
たしかにw
必死のエドセリ派か…?

852 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 18:05 ID:???
休日って案外人少ないのかな〜(´・ω・`)
エドセリって密かに人気高いよね。あんまりピンとこないけどエロそうだw
でも自分のツボはやっぱアマアマ〜なロクセリです(;´Д`)ハァハァ
トレハン帰りもクリスマスも酔っぱらいもお姫様ダッコも(・∀・)イイ!
初夜は・・・・いつだろうなw

853 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 19:03 ID:???
初夜は…フェニックスの洞窟クリアしたイベントの後あたりかなあ?
コーリンゲンの宿屋にシケこむ二人…(;´Д`)ハァハァ

854 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 19:20 ID:???
素直になんでエドガーとセリスが絡むのかが分からん。
そんな描写あったっけ?

855 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 19:30 ID:???
>>853
進展遅そうなのも焦れったくて萌え(;´Д`)ハァハァ

>>854 好きな人は好きなんだろうね
ネットでもセツセリより多いような気がするなぁ
描写…強いて言えばEDのレディファーストとか口説いたりとか?

856 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 19:50 ID:???
EDって何気にセリたん主役じゃないか?
「いやティナだろう…」と言われればそれまで何だが

真っ先にティナを心配するセリたん(;´Д`)ハァハァ

857 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 20:13 ID:2HSTSZnP
なんでみんな車道を気にかけなかったんだ。・゚・(ノД`)・゚・。
EDのセリたん出番多いし頑張ってて可愛かったね(*´Д`)
ムービーとかめっちゃヒロインな感じで萌え

858 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 20:24 ID:???
なんでID出たんだろ?下げたはずなのにな
まいっか セリたん(;´Д`)ハァハァ

859 最終結果 :02/12/01 22:07 ID:???
※ロクセリ 39票 

5票→・初夜 ・極甘ロクセリ ・酔っ払って甘えるセリス
4票→・セリス記憶喪失 ・クリスマスハァハァ    
3票→・トレハン帰りのロックと合併 ・ロック開発&お披露目
   ・お姫様ダッコ 
2票→・シチュ指定なし ・つい涙をこぼすセリス 
   ・やきもちセリス 
1票→・無理矢理ロック ・調教ロック ・温泉ハァハァ 
   ・夏の解放感に任せてハァハァ ・レイチェルあぼーん後ハァハァ 
   ・先に寝られて困るロック ・アルブルグ後仲直りハァハァ

※セリロク   1票   ※エドセリ調教 6票   
※セツセリ   1票    ※帝国兵    1票
※リンカン     1票 ※3P      1票
※超キティク    1票  


>834とあまり変わらなかったけど、最終結果はこんなんで。
テーマ?は最多票のロクセリで、そのなかでも得票数の多かった
甘・初夜・酔っ払いの複合ネタで書いてみます。
それ以前にチープな文章がどうにも(ry
協力してくれた方々、どうも有難うございました。大変興味深かったです。

最後に、連載中の職人さん方には迷惑かけてすみませんでした。
軽い気持ちで始めたら、こんな大事になるとは(鬱
逃げないで…どうか続きを…(;´Д`)ハァハァ

860 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 22:25 ID:???
ヘターレさん乙です
複合ラブラブロクセリキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
楽しみにしてます(;´Д`)ハァハァ
他の職人さん方も続きを〜(;´Д`)ハァハァ期待sage

861 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 22:40 ID:???
あまあまロクセリ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!
た、楽しみだ!考えただけでも禿しくセリたん(;´Д`)ハァハァ


職人さん方全員期待sage

862 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 23:00 ID:???
>>850
自分の遠い記憶だと…セッツァーをファルコンに残すことは
できなかったような気がするのだが…?
ソフトもう手元に無いので、誰か持ってる人の報告きぼ〜。

863 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/01 23:15 ID:???
>862
漏れもしっかり調べたわけじゃないけど、
ケフカ倒した直後に「助けに来たよ」とか何とか言って
飛空艇居残り組も瓦礫の塔に来るんじゃなかったっけ?
セリスたん助け上げるのは確実にロックかセッツァーの2パターンだと思われ

864 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:39 ID:???
職人さん達どこに行ってしまわれたのでせう…寂しいでつ。
どんな事情があるにせよ、漏れは続きを待ち続けます(´Д`)

865 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:42 ID:???
>862-863 今やってみたら、セツを飛空挺に置いていっても、奴は来たよ。
(最もロックがいたから>838の実証にはならんが)

エドセリ派だけど、エドセリなんて所詮妄想。
だからこそ好き勝手できるんじゃないですか。あれ、そこがいいんじゃないの?
まぁ、大体王様は裏設定からしてセリスはありえない。


866 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:46 ID:???
え、え、王様の裏設定って何でつか?差し支え無ければ教えて下さい…

867 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:48 ID:???
・気の強い女性が好き
・ミドルネームを知っているのはリルムだけ

しか知らん

868 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:50 ID:???
いいじゃないですか・・・
まあ妄想っちゃ妄想ともいえるだろうが、あんまり言うと肩身の狭いかんじがしてくるYO
カップリング萌えについて語るのはいいが、こうゆう話題の流れはどうかと思われ

869 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 00:56 ID:???
気の強い女性…ってセリたんじゃないのかヽ(`Д´)ノ

870 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 01:05 ID:???
(´ー`)ノマターリマターリ。
漏れはロクセリが好きというか他はあんまり思い付かないヤシだけど
そういうので雰囲気悪くなるのは悲しいYO

>869
王様の初恋の人はたしか気の強い、しかも金髪の女性なんだとさ
でもって口が悪い…リルムたんの方が要素近いんだけどね
ありえないとは言いきれないかと…

871 865 :02/12/02 01:08 ID:???
>866 要はエドリルってこと
ttp://www.st.sakura.ne.jp/~tao/chara/ff06/vj_figaro.html

>868
妄想って言葉が悪いですな。ゴメソ
エドセリについて悪く言ったつもりはないです。
むしろロクセリより好きだ。


872 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 01:11 ID:???
>870
確かにリルたんの方が要素が近いね。
でも…17歳の年齢差つーのは自分的にはアウトだな―。
と、ひとりごとですた。

873 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 01:24 ID:???
なんかスレの空気汚しちった。ゴメソ
つかセリたんは誰と絡んでも(・∀・)イイ!
いっそ車道とかでも。

シャドウ「……」
セリス「あっあん、そこはっ!」
シャドウ「…………」         




SSとしては成り立たないがw

874 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 01:27 ID:???
ナニゲにロックとセリたんも7つも離れてるけどな
でも個人的にはそこがモエ(;´Д`)ハァハァ

875 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 01:40 ID:???
>873
成り立たねー(w

ニャンニャンな現場を目撃したゴゴが
ロックの物真似してセリスにちょっかい出すってのもありだろうか。
今思い付いただけだけど(;´Д`) ていうか現場見られてるなよって感じだけど

876 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 02:57 ID:???
18歳のロックが11歳のセリスに悪戯するSSキボン

877 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 03:32 ID:???
6の男キャラって皆一様に年くってたね
最近ありがちな10代のお子さまに
世界救われるよりはマシかなあ

ええと、職人さんたち頑張って&待ってますさげ
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

878 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 05:54 ID:???
>>876

 そ れ だ ! ! 

お子様セリたんが思春期青少年のロックにいたずらされる… (;´Д`)ハァハァ
し、職人さん拾ってくれ〜!!!

879 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 11:26 ID:???
18歳は思春期青少年というよりただの盛りだろw
でもセリスたんはもしかしたら18でやっと思春期迎えてるかも…ハァハァ

880 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 15:38 ID:npxNan48
!i.                 i,      ! なんと! 明治天皇陛下が>>2getなされました!
i、_           __,,,-- 、 \     !  おまえら全員ひれ伏してください。おながいします。
!、_`'''''-- 、:: :: ,,,,-ー'___,,,,,- 、  i   ノ| !
i ~'ー-- 、ヽi. iヽ __,,-'___,,,,,,,,__  i  /`i.i.!  帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。
i<"弋~゙゙>.i゙ .:゙:::゙<´弋~ノ,-''´  i ! i.  i.i!
i `'ー゙'´´.,i ::::::  `'ー''゙´   .::;ヽ! i ノ i  >>1藤 博文  おいおい、チョンごときに暗殺されんなよ(禿藁)
i      i  :::::  :::::::..   .::;;;;;;;;;゙i,゙i  i  >>3条 実美   お前のようなヘタレが本当に太政大臣なの?(w
.i,    ,;i  :_,,::::.  ::::::..  ;;;;;;;;;;;!,,,,,,/.  大隈 >>4げ信 てめーの作った大学、お前並にDQNだな(プッ
. i   i.    ヽ::   ::::.  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i   西>>5う 隆盛  ガキみたいな喧嘩で下野してんじゃねーよ。(笑
 i.   ヽi!i,__i!!!''゙     ::;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;,i   ひ>>6仁天皇  小僧、アメ公との戦争ごときで負けてんなよ。
 i  /  ,-、 `'-,,       ::::;;;;;;;;;;,i   >>7か江 兆民 アル中で議員やめて、後の事業全部失敗(プッ
  i/  /"''"ヽ  `'-,    :::::;;;;;;;;;;i    >>8ま県 有朋 維新早々汚職事件おこしてんじゃねーよ(藁
/__,,-'´-,,____,,-`'-,,___\  ....:::::;;;;;;;/    大>>9保 利通 征韓論に反対なのに征台かよ、おえでてーな(w
 ̄ ゙i,   / ゙i,      ̄    ,;;;;-'      江>>10 新平   大久保ごときに惨敗って、ホント雑魚だな(笑




881 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 17:49 ID:???
20歳のセツが11歳のセリと・・・いや何でもない



いや待てよ?
20歳のケフカ様が3歳のセリ・・・・ギャアアアアァアァアアアアア!!

882 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/02 19:39 ID:???
(´ー`)ノマターリ逝こう

>>872
たしかセリスとケフカも17歳の年齢差だったわけだけどどうよ(w

さりげなくエドリル(・∀・)イイと思ってしまう漏れ…(;´Д`)スマソ
年齢差カップルも歳食ったらいい感じに落ち着く気がする
逆に若返らせるとロクセリでも>>876みたいなはんz(ryになる罠だけど…(;´Д`)

>>881 待てw

883 868 :02/12/02 23:24 ID:???
>871
漏れこそ大人気なかったよ、ゴメソ。
ロクセリもエドセリも大好きなんでつ。
エドセリ推奨(我ながら困ったヤシだ(;´Д`)
マターリマターリ!
ケフセリもよいね。
>876
イイ!!(´∀`)

884 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 00:44 ID:???
おいおまいらさっき神の発見しますた

ロックとセリス
   ↓
ロリとセックス





7  歳  差  な  だ  け  に  !  !

885 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 01:05 ID:???
>>884
そこはキバヤシAAだろ!?

886 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 01:18 ID:???
>885
スマソしらねー、誰だよそれ(;´Д`)
モマエが持って(・∀・)コイ!!!

887 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 02:56 ID:???
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
こ、この俺を知らないだと・・・・・・・・?


888 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 02:56 ID:???
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、          , ‐'´        `‐、, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   <         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、       |
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l /  ...レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /.|\  riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、
      /`゙i u       ´    ヽ  !..|(・)  !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!...|⊂⌒.゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /....| |||||||||!、  ‐=ニ⊃   / !  `ヽ"    u    i-‐i
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /  ......\ ヘ_ ..ヽ  ‐-  /  ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /    .........\__..ヽ.__,./   //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´       ./  .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (    ./  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

889 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/03 08:29 ID:???
>>888
さりげなくいる波兵ワロタ

890 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 01:32 ID:???
>887-888
スマン、やっぱわからん
ワロタけどw

珍しく人少ないのな
職人さん降臨期待さげ(;´Д`)ハァハァ

891 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 02:31 ID:???
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、
(俺はその程度の知名度の男だったのか・・・・・・・・・・・・・・)

ttp://www.din.or.jp/~tomarrow/jinbutu0.html

892 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 06:32 ID:???
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
おれたちはとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見てみろ。
まず「ロックとセリス」この単語の文字を入れ替える。

ロリとセックス
今日が12月4日と言う事を考え、末尾に「ノストラダムス」を加える。
ロリとセックスノストラダムス
そして最後に意味不明な文字「ロリとセックス」
これはノイズと考えられるので削除し残りの文字を取り出す。
するとできあがる言葉は・・・・・・『ノストラダムス』。
「ロックとセリス」とはノストラダムスを表す言葉だったのだ!!!!!!!!!!!!!!

893 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 06:32 ID:???
>>892
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、       _
            ,. ‐'´      `‐、          , ‐'´        `‐、, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   <         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/  / ̄l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、       |
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l /  ...レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    !
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /.|\  riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-i、
      /`゙i u       ´    ヽ  !..|(・)  !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(:.)~ヽ  |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!...|⊂⌒.゙!   ヽ '      i゙!  7     ̄     | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /....| |||||||||!、  ‐=ニ⊃   / !  `ヽ"    u    i-‐i
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /  ......\ ヘ_ ..ヽ  ‐-  /  ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /    .........\__..ヽ.__,./   //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー:--'´       ./  .//イ;;:::::    //〃 \   __,. ‐' ./ / \
  ヽ \     \   /       ..⊂ (    ./  /i:::::.   //      ̄ i::::  / /

894 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 10:36 ID:???
かなり激しくワラタ>キバヤシ

895 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 15:50 ID:e6SWDEum
!i.                 i,      ! なんと! 明治天皇陛下が>>2getなされました!
i、_           __,,,-- 、 \     !  おまえら全員ひれ伏してください。おながいします。
!、_`'''''-- 、:: :: ,,,,-ー'___,,,,,- 、  i   ノ| !
i ~'ー-- 、ヽi. iヽ __,,-'___,,,,,,,,__  i  /`i.i.!  帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。
i<"弋~゙゙>.i゙ .:゙:::゙<´弋~ノ,-''´  i ! i.  i.i!
i `'ー゙'´´.,i ::::::  `'ー''゙´   .::;ヽ! i ノ i  >>1藤 博文  おいおい、チョンごときに暗殺されんなよ(禿藁)
i      i  :::::  :::::::..   .::;;;;;;;;;゙i,゙i  i  >>3条 実美   お前のようなヘタレが本当に太政大臣なの?(w
.i,    ,;i  :_,,::::.  ::::::..  ;;;;;;;;;;;!,,,,,,/.  大隈 >>4げ信 てめーの作った大学、お前並にDQNだな(プッ
. i   i.    ヽ::   ::::.  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i   西>>5う 隆盛  ガキみたいな喧嘩で下野してんじゃねーよ。(笑
 i.   ヽi!i,__i!!!''゙     ::;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;,i   ひ>>6仁天皇  小僧、アメ公との戦争ごときで負けてんなよ。
 i  /  ,-、 `'-,,       ::::;;;;;;;;;;,i   >>7か江 兆民 アル中で議員やめて、後の事業全部失敗(プッ
  i/  /"''"ヽ  `'-,    :::::;;;;;;;;;;i    >>8ま県 有朋 維新早々汚職事件おこしてんじゃねーよ(藁
/__,,-'´-,,____,,-`'-,,___\  ....:::::;;;;;;;/    大>>9保 利通 征韓論に反対なのに征台かよ、おえでてーな(w
 ̄ ゙i,   / ゙i,      ̄    ,;;;;-'      江>>10 新平   大久保ごときに惨敗って、ホント雑魚だな(笑




896 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 16:13 ID:???
>>892
マジデワラタ

897 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 16:56 ID:???
キバヤシ常駐してほしいW
すげえワラタ・・・

898 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 18:37 ID:???
ロリとセックス…いい響きだ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
>>891
それよく見掛けるけど元ネタ初めて知ったよ(w

職人さん来るまで何か萌え話しようZEEE
ちなみに漏れはネタはないが(;´Д`)
セ、セリたん(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

899 民明 ◆SreSPtBiM. :02/12/04 18:53 ID:???
萌え話ではないが、スキンを変えたついでに絵倉庫を作ってみた
http://minme2ch.hp.infoseek.co.jp/
これだけじゃ寂しいので小説置き場も作ってみようかと考案中


900 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 19:11 ID:???
900ゲトー!!!!!だといいな
950たん次スレよろしこ
>899
グッジョブ!!!!!激しく(・∀・)イイ!
民明タソいつも乙…(;´Д`)小説置き場もゼヒ……!!!(;´Д`)ハァハァ

901 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/04 21:10 ID:???
>>900
900ゲトおめー。

902 884 :02/12/04 23:55 ID:???
>891-893
うおおおおおサンクス!
あんたの事は忘れないよキバヤシ…激ワロタw

>899
激しく乙
小説置き場大賛成(;´Д`)ハァハァ

903 連載中 :02/12/05 00:48 ID:???
●腐った林檎● さすらいの。さん作
>>12 >>25 >>27 >>199 >>214 >>239 >>251 >>344
>>362-363 >>438 >>440-442 >>623

こんぶさん作
>>216 >>218 >>234 >>356 >>358-359

37さん作
>>430 >>434 >>448 >>455-456 >>613 >>634-635
>>717-720

見習い戦士さん作
>>451-453

「罪と罰」 579さん作       
>>582-584 >>589-592

904 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 00:53 ID:???
>民明タソ もつかれ〜!地下室お絵描きクラブ(・∀・)イイ!
小説置き場も是非、っていつも他力本願ゴメソ
お陰で日々楽しませてもらってます。

905 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 12:29 ID:???
次スレタイトルは
セリス地下室監禁クラブ
セリス地下室凌辱クラブ
セリス地下室奴隷クラブ
辺りをキボンヌ
ハァハァ…

906 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 15:36 ID:???
『セリスとセックスしたいんだよ!!』
記念すべき1スレ目のスレタイがこれかよ…

907 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 15:45 ID:???
地下室以前の萌えスレを含めれば、次で7スレ目か。
何気に人気あるんだな。

908 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 15:53 ID:???
いや、重複スレとかも含めたらまだあったと思う
萌えスレとして機能していたかは定かじゃないけどw

>899
なんでかログ普通に開けないんだけど(;´Д`)

909 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 15:57 ID:???
複素数の軌跡はz=x+yiとおき代入

910 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:14 ID:???
囲む面積
f-gに3つの質問
→次数・係数・得られる2解

911 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:16 ID:???
頭とケツ見て因数分解

912 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:21 ID:???
整数問題
約数の拾い上げ
整数=分数に変換

913 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:24 ID:???
一般に整数pで割った余りで分類すると、
すべての整数は
pn,pn+1,pn+2,…,pn+p-1 (nは整数)
のp通りにわけられます。

914 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:27 ID:???
エレベーターの不等式

915 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:29 ID:???
平均値の定理
f(x)が微分可能なとき
{f(b)-f(a)}/(b-a)=f'(c) (a<c<b)
となるcが存在する。

916 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:35 ID:???
積分のの平均値の定理
連続関数f(x)において
∫[a,b]f(x)dx=(b-a)f(c) (a<c<b)
となるcが存在する。

917 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:38 ID:???
はさみうちの原理
Bn≦An≦Cnを満たすBn,Cnが
lim_[n→∞]Bn=lim_[n→∞]Cn=α
となればlim_[n→∞]An=α

918 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:42 ID:???
∫f'/fでは、log|分母|

919 元はじめ ◆yGAhoNiShI :02/12/05 16:53 ID:???
安田の公式
f(a)/g(a)=f'(a)/g'(a)

920 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 19:08 ID:???
スクリプト荒らし怖いYO(;´Д⊂) 次スレ早めに建てなきゃ危なそう
>>905
それはさすがにセリたん可哀想な気が(;´Д`)
ていうかここってつくづくエロいスレタイだな(w
考えた人まだここ見てるんだろうか…

921 (  ゚ ∇゚) :02/12/05 19:44 ID:???
セリスたんを刻んだり潰したり食べたりすれ

922 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 21:22 ID:???
(  ゚ ∇゚)を刻んだり潰したり食べたりしたい

923 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 21:23 ID:???
    /⌒⌒ヽ
   /l iヾヘ  ヽ     _______________________________________________________________
   l∧lニニヾ ヽニ)   /前スレはセリス地下室クラブPart4
    l lTi -=l l l  < http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1032706832
   ( ヽ ー  .ソ ヽ、 \______________________________________________________________
    ノ(`─ヽ二フ、 ヽ 
 n__r、/⌒ヽ\\\)     
 LLヽヽ/ヽノノヽ,,つ\  
     .| セリス |-‐'"⌒  〜〜
    ◎ ̄ ̄◎ ころころ〜

□参考スレ

セリス地下室クラブPart3
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/ff/1022690429
セリス地下室クラブ
http://game.2ch.net/ff/kako/1007/10077/1007742931.html
+++セリス地下室クラブ+++
http://game.2ch.net/ff/kako/988/988976796.html
FF6のセリス萌えなひと集まれ〜(^-^)
http://piza.2ch.net/ff/kako/974/974567834.html
セリスとセックスしたいんだよ!!
www.geocities.co.jp/Playtown-King/3349/980308940.lzh

part3まだdat落ちしてた罠 
次スレは普通にpart5ってのがいいなぁ…
あとsage進行ってのも次スレの1に書いといた方がいいのだろうか?

924 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 21:25 ID:???

暇だからテンプレ作ってみただけ
スレ立てたりはしてないでつ

925 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 21:41 ID:???
>>924
お疲れ〜!!!

926 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/05 22:55 ID:???
民明タソ、924さん乙!
もうPart5かーしみじみ。
引き続きセリたんに萌えたい!!

927 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 01:29 ID:???
>>921
そういや猟奇スレ化した事もあったな。ナツカスィ

928 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 04:44 ID:???
猟奇いいなぁ…
帝国に捕らえられたセリたん
裏切り者として激しく拷問凌辱された挙句
手足切断とか…ハァハァハァハァ…

929 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 09:35 ID:???
>>928
(・∀・)イクナイ
普通に萌えたい。

930 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 12:32 ID:???
前スレの埋め立てしたのがついこないだのことのようだよ・・・

おいらは
いつまでたってもいかがわしい行為に慣れなかったりする
そんなセリたんが萌え。ラブアンドエロ。

931 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 16:24 ID:ujksd4yR
!i.                 i,      ! なんと! 明治天皇陛下が>>2getなされました!
i、_           __,,,-- 、 \     !  おまえら全員ひれ伏してください。おながいします。
!、_`'''''-- 、:: :: ,,,,-ー'___,,,,,- 、  i   ノ| !
i ~'ー-- 、ヽi. iヽ __,,-'___,,,,,,,,__  i  /`i.i.!  帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。帝ハ神ナリ。
i<"弋~゙゙>.i゙ .:゙:::゙<´弋~ノ,-''´  i ! i.  i.i!
i `'ー゙'´´.,i ::::::  `'ー''゙´   .::;ヽ! i ノ i  >>1藤 博文  おいおい、チョンごときに暗殺されんなよ(禿藁)
i      i  :::::  :::::::..   .::;;;;;;;;;゙i,゙i  i  >>3条 実美   お前のようなヘタレが本当に太政大臣なの?(w
.i,    ,;i  :_,,::::.  ::::::..  ;;;;;;;;;;;!,,,,,,/.  大隈 >>4げ信 てめーの作った大学、お前並にDQNだな(プッ
. i   i.    ヽ::   ::::.  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i   西>>5う 隆盛  ガキみたいな喧嘩で下野してんじゃねーよ。(笑
 i.   ヽi!i,__i!!!''゙     ::;;;;;;;::::::;;;;;;;;;;;,i   ひ>>6仁天皇  小僧、アメ公との戦争ごときで負けてんなよ。
 i  /  ,-、 `'-,,       ::::;;;;;;;;;;,i   >>7か江 兆民 アル中で議員やめて、後の事業全部失敗(プッ
  i/  /"''"ヽ  `'-,    :::::;;;;;;;;;;i    >>8ま県 有朋 維新早々汚職事件おこしてんじゃねーよ(藁
/__,,-'´-,,____,,-`'-,,___\  ....:::::;;;;;;;/    大>>9保 利通 征韓論に反対なのに征台かよ、おえでてーな(w
 ̄ ゙i,   / ゙i,      ̄    ,;;;;-'      江>>10 新平   大久保ごときに惨敗って、ホント雑魚だな(笑





932 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 16:55 ID:???
手足を切り落とされたセリスたんでサッカー死体!!!!!

933 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 17:20 ID:???
>930 ほんとにこのスレ消費早かったな
このままのペースなら約2ヶ月半で消費完了ってことに。
9月の終わりに埋め立てしたんだもんなぁ…いやー早いもんだ

934 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 17:54 ID:???
引き続きセリスたんに(;´Д`)ハァハァ
漏れもいつまでも情事とかwに慣れなさそうなセリたんモエ(;´Д`)ハァハァ

935 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 18:17 ID:???
セリスたんとクリスマス過ごしたい(;´Д`)ハァハァ

936 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 19:50 ID:???
セリたんの好きなものはアンティーク絵本なんだよね
ちっちゃい頃はピーターパン系の絵本とかも読んでたのかな(*´Д`)

937 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/06 21:40 ID:???
>936
ピーターパソ軽く見てたよw
ティンカーベルの衣装セリたんっぽい(;´Д`)ハァハァ

アンティークって古めかしいとかそういう感じ?
ロック遺跡発掘で拾ってきた絵本プレゼントしてあげたりしないのかな
…古すぎか(;´Д`)

938 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 01:59 ID:???
猟奇に皆たん引いてしまった模様です。(´・ω・`)

939 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 02:20 ID:???
俺はセリスたんにあくまで優しくハァハァしたい!!!!!
職人さん方続き激しくお待ちしてます(;´Д`)ハァハァ
次スレ入りかけの半端な所だし来て貰えないかな(´・ω・`)
しょうがないからキバヤシ降臨期待sageしとこ

940 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 06:02 ID:???
         ダッコ♪
     ∧ ∧__    
    /(*゚ー゚)  /\
  /| ̄∪∪ ̄|\/
    |  セリス  |/


貴方は何秒、耐えられますか?

941 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 10:01 ID:???
1秒も耐えられませんが(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ

942 (  ゚ ∇゚) :02/12/07 12:51 ID:???
徐々に石化しておびえた表情のまま石像にされた
セリスたんをハンマーで叩き割ってあげたいYO
゚ ∀゚)<その後、金の針でやさしく治療してあげる漏れ

943 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 14:04 ID:???
>>939 キバヤシかよw!
職人さん降臨期待sage…といきたい所だが、
もうそろそろ引越しだもんなぁ。
ついしみじみしてしまう


944 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 14:37 ID:???
もう引っ越しか、ほんとしみじみ
なんかあっという間だったなぁセリタン…(*´Д`)
でもスレ立て出来る環境じゃないからもううかつに踏めやしねぇ…!w

945 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 19:32 ID:???
猟奇ダメならせめて拷問で
サウスフィガロ地下みたいなシチュで
切ったり縫ったり刺したり焼き鏝当てたりハァハァハァハァ

>>942
アンタすっかり猟奇コテw でも (;´Д`)ハァハァ

946 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 19:44 ID:???
>>945
別のスレでやって

947 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/07 22:50 ID:???
>>946 気持ちはわかるが、放置しる!
ジサクジエンだろうがなんだろうが、荒らしは放置が一番。


次スレの>1には
「このスレはsage進行です。メール欄に半角でsageと記入して下さい」
って感じの文面いれて欲すぃ
おながいします>950

948 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 00:19 ID:???
>947
つけるとしたら
セリス「地下室だからsage進行でお願いね(ハート」
みたいなのがいいな(;´Д`)ハァハァ
でもよく考えたらセリたんがこのエロクラブ容認してる感じでイヤかも(w

949 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:16 ID:???
ごめん、75に対してね。

950 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:17 ID:???
>196
シグ×バル(xeno)
瞬間風速だったがナ!

951 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:18 ID:???
あげます

952 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:22 ID:???
>196
シグ×バル(xeno)
瞬間風速だったがナ!

953 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:22 ID:???
3弾は出ないよ

954 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:23 ID:???
>>198
歩いてても正面向いたまま

955 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:25 ID:???
>>198
逝ってよし
∧_∧
( ゚Д゚)

956 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:26 ID:???
DQ8、PS2で開発中って発表アゲ
くはしくは来週の少年ジャンプで

957 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:30 ID:???
>>198
どっちにしろホンダ(=マイクロソフト)に追い抜かれるんだけどな

958 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:30 ID:???
ごめん、75に対してね。

959 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:33 ID:???
3弾は出ないよ

960 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:35 ID:???
ごめん、75に対してね。

961 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:38 ID:???
屁クター×オライ雄ンってマイナー・・・かしら。
すいません近親相姦で。
てかオライ雄ンママの顔が知りたい。ジェイ難の女性化版?

962 名無しになるもんっ♪ :02/12/08 02:42 ID:???
↓↓この番組見たら経験値が30入ります(マジレス

大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00
仙台 東日本放送 (土)26:25〜26:55
広島 広島ホームテレビ (水)25:46〜26:16
奈良 奈良テレビ放送 (月)17:30〜18:00
滋賀 びわ湖放送 (金)7:30〜8:00
和歌山 テレビ和歌山 (土)9:30〜10:00

963 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:46 ID:???
ドラゴンファンタジーが出るのか!!

964 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:48 ID:???
近所のイレブン行ったらFFC2が半額で売られてた
コンプしてるくせに4つほど購入
オデンメタル2つ入ってた。
なんかうれしい

965 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:55 ID:???
シタフェイはダメ?(エノキ)

966 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:56 ID:???
>>79
何でだ?

967 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:58 ID:???
シタフェイはダメ?(エノキ)

968 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 02:59 ID:???
近所のイレブン行ったらFFC2が半額で売られてた
コンプしてるくせに4つほど購入
オデンメタル2つ入ってた。
なんかうれしい

969 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:01 ID:???
>>198
逝ってよし
∧_∧
( ゚Д゚)

970 名無しになるもんっ♪ :02/12/08 03:03 ID:???
↓↓この番組見たら経験値が30入ります(マジレス

大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00
仙台 東日本放送 (土)26:25〜26:55
広島 広島ホームテレビ (水)25:46〜26:16
奈良 奈良テレビ放送 (月)17:30〜18:00
滋賀 びわ湖放送 (金)7:30〜8:00
和歌山 テレビ和歌山 (土)9:30〜10:00

971 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:03 ID:???
近所のイレブン行ったらFFC2が半額で売られてた
コンプしてるくせに4つほど購入
オデンメタル2つ入ってた。
なんかうれしい

972 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:04 ID:???
ラストバトルは仲間達と最後の一人になるまで殺し合う

973 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:04 ID:???
ドラクエ8は激しく糞の予感。・゚・(ノД`)・゚・。

974 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:04 ID:???
>>198
どっちにしろホンダ(=マイクロソフト)に追い抜かれるんだけどな

975 ミストバーン ◆yGAhoNiShI :02/12/08 03:11 ID:???
↓↓ねえねえ。ひろゆきが出るらしいよ

大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00
仙台 東日本放送 (土)26:25〜26:55
広島 広島ホームテレビ (水)25:46〜26:16
奈良 奈良テレビ放送 (月)17:30〜18:00
滋賀 びわ湖放送 (金)7:30〜8:00
和歌山 テレビ和歌山 (土)9:30〜10:00

976 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:16 ID:???
>>79
何でだ?

977 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:18 ID:???
近所のイレブン行ったらFFC2が半額で売られてた
コンプしてるくせに4つほど購入
オデンメタル2つ入ってた。
なんかうれしい

978 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:18 ID:???
>>1->>78
板違い

979 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:19 ID:???
other worldでギターを担当した釜木茂一氏によると、
ドラムを叩いたのはGBSaGa3の藤岡千尋氏だというのだが、
クレジットは「田辺千尋」になっている。
誰かこの事情について知ってる方情報キボンヌ。

980 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:21 ID:???
>>198
で、何それ?

981 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:22 ID:???
>200
確かに。

982 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:22 ID:???
シタフェイはダメ?(エノキ)

983 ミストバーン ◆yGAhoNiShI :02/12/08 03:30 ID:???
↓↓ねえねえ。ひろゆきが出るらしいよ

大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00
仙台 東日本放送 (土)26:25〜26:55
広島 広島ホームテレビ (水)25:46〜26:16
奈良 奈良テレビ放送 (月)17:30〜18:00
滋賀 びわ湖放送 (金)7:30〜8:00
和歌山 テレビ和歌山 (土)9:30〜10:00

984 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:32 ID:???
あるんだろうけどコカコーラはどうかね?
FF11のフィギュアは出なかったし
やはりあれはFF11じゃなく、FFオンラインって番外編で出すべきだったと・・・
10ー2のほうがなんか変則だけど本道のような気がする

985 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:33 ID:???
>15の字面で思い出したが、
PN「エニックスクウェア」って人がいたよな、ラジオで。
アニラジとか自体何年も聞いてないが・・・

986 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:34 ID:???
半熟

987 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:34 ID:???
シタフェイはダメ?(エノキ)

988 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:36 ID:???
3弾の発売日はやっぱりFF10ー2の発売日に合わせて出るんじゃないのかなぁ。
1弾は10,2弾は11の発売日に近かったし。3弾の企画が進んでいるとは関係者
に聞きましたよ。

989 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:44 ID:???
>202さん、
ジェシシタも好きでしたYO!(*^^*)
ご安心を!

天帝カイン×シタンにも萌え〜だった・・・
あの黄金バット仮面の下は美形に違いないと禿げしく妄想・・・
10BaseTケーブルで逝ってくる・・・

990 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:44 ID:???
ゲイズ・サイド

991 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:47 ID:???
パジェロとランエボのブレーキフルードが壊れまくってるニュースを聞いて買うのをよした。
ランエボって・・・・・;。山攻めてたりしてるときに壊れたら・・・((((((゚д゚lll))))))

992 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:47 ID:???
あげます

993 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:49 ID:???
あるんだろうけどコカコーラはどうかね?
FF11のフィギュアは出なかったし
やはりあれはFF11じゃなく、FFオンラインって番外編で出すべきだったと・・・
10ー2のほうがなんか変則だけど本道のような気がする

994 ミストバーン ◆yGAhoNiShI :02/12/08 03:50 ID:???
↓↓ねえねえ。ひろゆきが出るらしいよ

大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00
仙台 東日本放送 (土)26:25〜26:55
広島 広島ホームテレビ (水)25:46〜26:16
奈良 奈良テレビ放送 (月)17:30〜18:00
滋賀 びわ湖放送 (金)7:30〜8:00
和歌山 テレビ和歌山 (土)9:30〜10:00

995 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:51 ID:???
半熟

996 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 03:57 ID:???
FFとかロマサガの曲も良いけど俺はやっぱゲームではギルティの曲が一番良いな
琴線ひっかかりまくりのツボつきまくり

ゲーム音楽のハードロックアレンジは
>>86のライブハウス埼玉最終兵器のサイトでいっぱい聴けるね

997 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 04:04 ID:???
鳥山明とトライエースがくっつくとどないなりますやら楽しみ。

998 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 04:05 ID:???
>202さん、
ジェシシタも好きでしたYO!(*^^*)
ご安心を!

天帝カイン×シタンにも萌え〜だった・・・
あの黄金バット仮面の下は美形に違いないと禿げしく妄想・・・
10BaseTケーブルで逝ってくる・・・

999 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 04:07 ID:???
あるんだろうけどコカコーラはどうかね?
FF11のフィギュアは出なかったし
やはりあれはFF11じゃなく、FFオンラインって番外編で出すべきだったと・・・
10ー2のほうがなんか変則だけど本道のような気がする

1000 名前が無い@ただの名無しのようだ :02/12/08 04:10 ID:???
全部隠れてないでしょ。
どれも10万本単位で出てる。
どれも名前は聞いたことあるんだけど…
これで隠れとかいってたら世にでているほとんどのソフトは
知名度0

スクウェアの隠れというならHighwayStarクラスじゃないと。

1001 1001 :Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。