巨乳楽園部 第2話「お姫様のメロンなおっぱい」

バディムの人 作
Copyright 2019 by Badelimunohito All rights reserved.

「巨乳楽園部、始動ですわ!」

赤崎さんは高らかに宣言。くす玉も開いた。

「おめでとう!」

お姉ちゃんは拍手する。私も合わせておく。

私たちは部活動という体で活動することになった。
こんなろくでもない名前の部活で良いのかな
ただ、私たちの通う学校には変な人が多いという話です。名前が変な部活があっても良いのでしょう。

ただ、当部活には顧問がいません。赤崎さんはいずれ連れてくると言いました。
色々と心配事はあります。でも、赤崎さんもお姉ちゃんも楽しそうです。

部活の目標は、 この学校に巨乳の女の子を増やすこと。
こんな部活が認可されたのは、赤崎さんが理事長の孫娘だから。
さらに言うと、理事長もおっぱいが好きらしいです。
赤崎さんみたいな孫がいるのに、元気な人です。

「赤崎さん。巨乳になりたい女の子を募集していたけど、来てくれそうなの?」
「もちろん!すでにたくさん応募が来ていますわ」

赤崎さんはたくさん紙を出しました。
応募用紙です。

名前、身長、体重、学年、スリーサイズ。あんまり他人に教えたくない情報がたくさん書かれています。

こんなに巨乳になりたい人っているんだね。

「わあ。モルモットがこんなにたくさん……」
「お姉ちゃん、そういう言い方は良くないよ」
「そうね。実験台がこんなにたくさん」
「そうじゃなくてね」

お姉ちゃんは、赤崎さんに協力することにした。あの巨乳薬を改良して、いずれは太らない薬を完成させたいらしい。

これまでの巨乳化薬は、ブレストファットという名前になった。
胸は大きくなるけど、太ってしまう諸刃の剣。

お姉ちゃんが赤崎さんに協力する理由はこれだけじゃないけどね。

「赤崎ちゃん、ダイエットの手伝いは私とミナちゃんが優先だからね」
「はい。承知しております」

赤崎さんはすごいマッサージ技術を持つ。
噂によると、赤崎さんのマッサージを受けるために太った人もいるらしい。
私とお姉ちゃんは赤崎さんの力でダイエットすることにした。

お姉ちゃんが痩せたらモテモテになっちゃう。
でも、痩せてパーフェクトな体になったお姉ちゃんも見たい。悩ましい……

「ミナちゃん、頭を抱えてどうしたの?」
「な、何でもない。とりあえず、誰か巨乳にしてあげようよ」

たくさんの候補者の中から、赤崎さんが目を付けた人がいた。
名前はフリュネシア・フェルフォン。中学3年の留学生。私も一回見たことあるけど、金髪さらさらのすごい美人さん。
ファンタジー世界のお姫様みたいなビジュアルの人。スタイルもすごく良かった。胸も大きかったはずだ。
紙に書いてあるバストサイズは85。すでに十分大きい。

一刻も早く太りたい事情があると書いてある。気になるので、最初はフリュー先輩を呼ぶことにした。


「皆さん、この度はお招きいただきありがとうございます。フリュネシア・フェルフォンです。フリューとお呼びください」

フリュー先輩は丁寧にお辞儀する。気品が漂っている。中学3年生にしてはしっかりした人だ。改めて見ると、大きなバストに対して腰はくびれており、尻もキュッと締まっている。
とてもスタイルが良い。これ以上バストアップする必要なんてあるのかな。
中学3年生でこれなら、まだまだ成長するだろうし。
絶壁だったお姉ちゃんと違って。

「フリュー先輩は、一刻も早く太りたいそうですわね。どのような事情があるのでしょうか」
「皆さん、驚かないでください。私はこの世界の人間ではありません」

フリュー先輩の告白に、私たちは固まった。この世界の人間じゃない?

「えっと……どういう意味でしょう?」

赤崎さんの声には戸惑いがあった。

「そのままの意味です。私はこの世界とは別の世界から来ました。あなた達の言葉で言うなら、ファンタジーの世界が近いでしょうか」
「ファンタジーって……ドラゴンが出たり、魔王と戦ったりするような?」
「そうですね。私はその世界で、お姫様でした」

さすがに、最初からこんなすごい人が来るとは思っていなかった。
ファンタジーの世界から来たお姫様?フリューさんの外見や雰囲気は、そう言われても信じられる物があった。
でも、さすがにファンタジーの世界なんて。

「信用ならないわね」
「お姉ちゃん……」

珍しくお姉ちゃんがクールだ。

「パラレルワールド……私たちの世界とは違う世界が存在する。研究はされていますが、確固たる証拠はありません。そんな所から来たのを信じろと?」
「そう思うでしょうね。でしたら、証拠をお見せしましょう」

フリューさんは掌を広げた。その上に光が生まれる。
光は拡散する。

綺麗……まるでたくさんの蛍に囲まれているみたい。

「私の得意な光の魔法です。信じてもらえますか?」
「信じられません」

お姉ちゃんはバッサリと切り捨てた。

「お姉ちゃん?」

まさか……私が気づかなかっただけで、何か仕掛けがあったのかな。

「信じられないので、もっと良く見せてもらえません?」

お姉ちゃんはフリューさんにくっついた。

「一体どういう原理なんです?魔法?私たちの世界でも使えるんですか?」
「はい。この世界は魔力が少ないので、大きな魔法を使うのは難しいです。でも、簡単な魔法なら」
「ということは、私達も魔法を使えるんですか?」
「ええ。あなた達も、簡単な魔法なら使用可能です」
「ぜひ教えてください!」

私はお姉ちゃんを引き留めた。

「お姉ちゃん、思いっきり信じてるよね!?」
「うん、バレた?」
「バレバレだよ!」
「だって、魔法を見られる機会なんてそうそう無いし……」

お姉ちゃんは好奇心旺盛。このままだと、ずっと魔法を調べるかもしれない。

「フリュー先輩は、目的があって来たんだよ。そのために、私たちに正体を教えてくれたんだから。ちゃんと話を聞かないと」
「わかったわ。ごめんなさい、フリューちゃん。後で魔法を教えてね」

お姉ちゃんは諦めが悪かった。フリュー先輩は了承してくれた。

「フリュー先輩、あなたが別世界の人間なら、戸籍関係がしっかりしているのはなせですか?」

赤崎さんは真剣な顔で聞く。こういう顔もできるんだね。横顔がクール。

「私には、この世界に暮らす仲間がいます。その人が手を回してくれました」
「なるほど。そちらはまた別の機会に調べましょう。どうして太りたいのか。理由をお聞かせください」

フリュー先輩のいた世界には、邪悪な魔王がいた。
魔王は世界を支配するため、フリュー先輩の国を狙った。

フリュー先輩は魔王に対抗するため、私たちの世界から勇者を呼んだ。

私たちの世界とフリュー先輩の世界には繋がりがあった。
私たちの世界には、勇者の資質を持つ人間がいる。
勇気や知恵、力に優れた人間達が。

フリュー先輩の世界は、危機が起こった時には勇者を呼んで解決していたらしい。

フリュー先輩は勇者達と一緒に、魔王を倒した。
戦いが終わった後、フリュー先輩は私たちの世界に行くことを決めた。

私たちの世界の文明に興味を持ったらしい。
でも、私たちの世界に行く時に問題が起きた。
フリュー先輩の世界の男の子が、世界の移動に巻き込まれてしまった。

男の子を帰すには、転送儀式を行う必要がある。
しかし、この世界はフリュー先輩の世界と違い、魔力が足りない。

それを解決する手段が太ることだった。
フリュー先輩の体を大きくすれば、流れる魔力も大きくなる。
この世界に来てから、フリュー先輩はケーキなどのカロリーの高い物をたくさん食べた。でも、転送儀式が可能な量には到達しない。そこで、私たちの活動に希望を見出したらしい。

「まさか、ブレストファットをそんな風に使う人が現れるなんてね」
「すいません。でも、私はあの子を家族の元に戻したいんです」
「良いわ。後で魔法を研究させてね」

お姉ちゃんはブレストファットを渡した。赤崎さんは口を結んでいる。

「どうしたの赤崎さん?」
「もうそれなりに大きい人より、私はもっと胸の小さい人を大きくしたかったですわ。それに、フリュー先輩みたいな美しいスタイルの方が太るのは抵抗がありますわ」

フリュー先輩は服を脱いでる。ブレストファットを飲むと、服が吹き飛んじゃうからね。
フリュー先輩は胸が大きく、腰はくびれている。お尻も出ていて、すごくスタイルが良い。肌も色白で輝いているように見える。
確かに、あの体を太らせるのはちょっと抵抗あるかも。

「大丈夫だよ。赤崎さんのマッサージ技術なら、すぐに戻せるよ」
「そうでしょうか?」
「それに、お姫様の肌を触りたい放題なんだよ。役得じゃないかな」
「そう言われればそうですわね」

赤崎さんは自分の手を眺めてよだれを垂らした。危ない人だよ赤崎さん。

フリュー先輩はブレストファットを飲んだ。
胸がどんどん大きくなる。ただでさえ大きかった胸が爆発的に膨らんでいく。
私やお姉ちゃんよりも元が大きいから、すごい大きさになった。
もう手で支えられそうにないくらい。

お腹もどんどん育っていく。くびれていた腰が脂肪に覆われていく。
しかし、私やお姉ちゃんよりも激しく付いている気がする。個人差かな。

お尻もどんどん大きくなる。こちらは胸やお腹と比べると、大人しい変化だった。

最終的に、フリュー先輩の胸はメロンぐらいの大きさになった。ものすごく大きい。中学3年生でこの大きさは犯罪じゃない?
赤崎さんじゃないけど触りたくなる。

お腹もかなり大きくなった。へそが出っ張っていて、太鼓腹になっている。
あのくびれがこんなことになるなんて。胸と合わさってすごい迫力を出している。

お尻は胸やお腹と比べると大人しい。それでも、大きくなって桃のようになりエロスを醸し出している。

手や足にはそこそこ脂肪が付いたぐらい。胸とお腹が集中的に太っていた。

フリュー先輩は急激な増量で疲れたのか、息を切らしている。大きくなった胸とお腹を触り、戸惑っていた。

「これが私の体……かなり太ったみたいですね。これならきっと儀式ができます」

私達はフリュー先輩に服を着せてあげた。部室にはサイズが大きい人用の服をいくつかストックしている。
それでも、フリュー先輩の大きな胸は目立ってしまう。今にも服を吹き飛ばしそう。
お腹も胸が大きいせいでめくれてしまう。スカートに乗ったお肉が丸出しだ。

「思ったより太ったわね……」
「私やお姉ちゃんと比べると、お腹にも付いたよね」
「もしや、フリュー先輩は太ると胸もお腹も大きくなるのでは」

フリュー先輩は顔を曇らせた。

「少し複雑な気分です。今はそのことは考えないでおきます」


フリュー先輩と私たちは儀式の場所に向かった。
フリュー先輩が、仲間と一緒に住んでいる家だ。

「フリュー!」

フリュー先輩のお仲間の女の子だ。お姉ちゃんと同い年くらい。
フリュー先輩と比べて、活発な印象を受ける。

「フリュー、こんなに太っちゃって……」
「言わないでください。あの男の子は……」
「儀式の場所に連れて行ったよ」

フリュー先輩は女の子に連れられて向かう。
儀式用に、魔方陣が書いてある。

男の子はそこにいた。他にも、男性が2人いる。フリュー先輩の仲間だろう。

「フリュー、すまんな。お前をそんな体にさせてしまって」
「お気になさらないでください」
「俺が太っても良かったんだが……」
「冗談をおっしゃらないでください。私、太ったあなたの姿は見たくありませんわ」

フリュー先輩……顔が赤い。もしかして、あの人のことが好きだったりして。

「そういえばお姉ちゃん、男性にブレストファットを使ったらどうなるんだろう」
「さあ。もしかしたら、男の子も胸が大きくなるかも。今度、試してみましょうか」
「冗談はおよしください。私、男性の胸を揉む趣味はありませんわ」

赤崎さんは心の底から嫌そうだった。

「フリュー様、すいません。僕のせいでそんな体にしてしまって」

男の子がフリュー先輩に謝っていた。

「気にしないでください。あなたのせいではありません」

でも、と落ち込む男の子。フリュー先輩は抱きしめてあげる。

「大丈夫です。この体も良いものですわ」

良いものだろうね。男の子は大きな胸に包まれて、気持ちよさそう。赤崎さんが、指の爪をかんでいた。

「羨ましい……あんな大きな胸で包んでもらえるなんて……」

赤崎さん嫉妬丸出し。

「さあ、あなたを元の世界に送ります」

男の子は、再び魔方陣の上に向かった。
フリュー先輩は何やら難しい呪文を唱えた。
男の子は光に包まれ、姿を消した。

「すごい。あれで元の世界へ帰ったのね」

お姉ちゃんは興味津々。これであの男の子の件は解決した。

残されたのは、フリュー先輩の大きな胸と小ぶりな腹肉だった。


転送儀式の後、フリュー先輩はダイエットを始めた。
痩せてきてみたい服があるらしい。
一体、どんな服なのだろう。

私とお姉ちゃんはダイエット仲間として、フリュー先輩と良く話すようになった。
お姉ちゃんは魔法が気になるらしい。

1人目から変わった人だった。2人目はどうなるのかな。


名前 フリュネシア・フェルフォン(愛称・フリュー) 

中学3年生で留学生。
ファンタジーの世界のお姫様で、世界を救った勇者。
魔法を得意とする。
こちらの世界は魔力が少ないため、大きな魔法を使うには体を大きくする必要がある。
太ると胸もお腹も大きくなる体質。

身長 153cm

体重 51kg→74kg
B 85→110
W 58→80
H 81→93