リレー小説「BBWアイドル製造ダンジョン」

バスタピネス 作
Copyright 2021 by Basutapinesu All rights reserved.

ミノリはファンからもらった食品をバンバン食べ漁った。
というのも、近日中に相撲体験のロケが控えているので、ここで体を作っておく為だ。

食べに食べ、肥え切った肉体は乳は勿論腹に尻に脂肪が大幅について皮膚が歩く程にダルンと揺れる。
筋肉も大幅に増えているのだが見た目上信じ難い。

ロケ当日。
時山田師匠にその相撲のセンスを認められ「力士系アイドル」の立場まで作ってしまった。

しかし、次のライブで使う衣装のサイズが合わなくなった。
さて、どうしたものか。

1 ダンジョンの奥へ向かい、流石にダイエットする。
2 ダンジョンの奥へ向かい、さらに肥えて衣装を作り直す。
3 ライブの中止を宣言する。
4 その時、不思議なことが起こった(超展開用選択肢)