女神のつくりかた 第5話

バスタピネス 作
Copyright 2021 by Basutapinesu All rights reserved.

ぼく、ティファニー。
元々は「有栖川ヒロシ」っていう小学生の男の子だったんだけど、先日、給水機から出てきた水を飲んだらこんな姿になっちゃったの。
すごすぎるおっぱいの女神に…。
今日もまた、女神修行として髪の毛で悩みをキャッチして悩める人間の下にやってきたのである。

今回ぼくが助ける相手は脂肪の塊ってレベルで太ったお姉さん。
顔はボールみたいに丸くて首が無く、髪の毛には一応おしゃれとして前髪にはウェーブがかかっている。
ジーパンにはベルトをせず大きなお腹が乗っていて、腕はレンコン、足は大根より太いと思う。
Tシャツの下に入っているその胸だって充分大きいと思うけど、ウェンディ先輩が貸してくれたメジャーで計ったらスリーサイズで一番小さかった。

そんな彼女の名前は「土肥 満香」(どい みちか)さん。

「貴女が最近噂の女神様ね?お願いがあるの」

しれっとぼくの存在がウワサになっていることを聞いた。
本題は…。

「あたしったら全然痩せないから、もうダイエットをやめて胸のお肉をピンポイントにもっと増やしたいの」

前回とは違う形でダイエットの闇を感じた気がする。

「お願いできるかしら?」
「もちろんです!」

方法を伝えると、満香さんはぼくの胸に吸いついた。

「ううっ身体が熱い!」

満香さんの胸は、あれよあれよと膨らんでいった。
ついでにTシャツが真っ二つに割けて、ブラからバキッという音が聞こえた。
膨らんだ結果、多分ぼくの次にすごいウェンディ先輩の次にすごいんじゃないかな?

「ああ、最高…」

既に全身大きいけど、胸の存在感が全然違う。
でも、一応言いたくなったので言っておく。

「太り過ぎは身体に悪いですよ」

「痩せて減ったら、またお願いね」

満香さんはこの後、ダイエットもその逆も応援してくれる優しい彼氏さんと無事に結婚できたんだって。
う〜ん、思い切りのいいひとだから応援されちゃうタイプなのかな?

女の人は、それぞれ胸に悩みを抱えて生きている。
そのクリアのお手伝いを、僕はこれからもその解消の為に、生きていく。

(Fin)