気
が
付
く
と
 
俺
の
精
神
は
ア
ケ
ミ
の
体
の
中
に
い
た
 °
  
  
気
を
失
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
を
想
像
し
な
が
ら
何
と
な
く
右
手
で
石
を
握
り
し
め
た
と
た
ん
 
  
い
つ
も
の
よ
う
に
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
の
ア
ケ
ミ
を
爆
乳
化
さ
せ
た
姿
  
面
が
黒
く
焦
げ
て
い
る
 °
  
大
き
さ
は
ピ
ン
ポ
ン
玉
と
同
じ
く
ら
い
で
 
色
は
隕
石
ら
し
く
表
  
や
っ
ぱ
り
 
こ
の
石
が
そ
の
隕
石
の
か
け
ら
な
の
だ
ろ
う
か
 °
  
っ
て
言
っ
て
い
た
っ
け
 °
  
そ
う
い
え
ば
 
ニ
ュ
|
ス
で
こ
の
近
く
に
隕
石
が
落
ち
た
ら
し
い
  
い
る
と
こ
ろ
な
ん
だ
 °
  
実
は
今
 
学
校
か
ら
の
帰
り
道
で
拾
っ
た
奇
妙
な
石
を
い
じ
っ
て
  
し
て
い
る
ほ
ど
だ
 °
  
ス
ト
を
妄
想
の
中
で
巨
大
化
さ
せ
て
オ
カ
ズ
に
す
る
の
を
日
課
に
  
い
つ
も
 
あ
こ
が
れ
の
サ
ク
ラ
先
生
や
周
り
の
女
の
子
た
ち
の
バ
  
自
分
で
言
う
の
も
何
だ
け
ど
 
巨
乳
マ
ニ
ア
の
高
校
生
だ
 °
  
俺
は
ユ
ウ
ジ
 °
  
  
b
a
k
u
 
作
  
ブ
レ
ス
ト
ジ
ャ
ッ
カ
|

















≪ <  

  
よ
く
考
え
て
み
た
ら
 
自
分
の
恥
ず
か
し
い
と
こ
ろ
を
改
め
て
ジ
  
何
か
物
足
り
な
い
 °
  
で
も
 
ア
ケ
ミ
が
見
て
い
る
範
囲
し
か
俺
に
も
見
え
な
い
の
で
 
  
つ
 
つ
い
に
ア
ケ
ミ
の
オ
|
ル
ヌ
|
ド
ま
で
見
ら
れ
る
の
か
!
  
っ
た
よ
う
だ
 °
  
一
時
間
く
ら
い
た
っ
た
こ
ろ
 
ど
う
や
ら
風
呂
に
入
る
こ
と
に
な
  
  
に
し
た
 °
  
験
で
き
る
こ
と
に
な
る
の
で
 
し
ば
ら
く
こ
の
ま
ま
で
い
る
こ
と
  
こ
の
ま
ま
で
も
一
度
覗
い
て
み
た
か
っ
た
ア
ケ
ミ
の
私
生
活
を
体
  
い
な
い
よ
う
だ
 °
  
そ
れ
に
 
ア
ケ
ミ
は
俺
が
憑
依
し
て
い
る
こ
と
に
全
く
気
づ
い
て
  
覚
ま
で
感
じ
る
 °
  
う
の
で
 
逆
に
自
分
の
体
を
ア
ケ
ミ
に
操
ら
れ
て
い
る
よ
う
な
錯
  
全
身
の
感
覚
が
あ
る
の
に
体
の
動
き
は
ア
ケ
ミ
の
意
志
だ
け
に
従
  
ミ
の
体
の
五
感
を
共
有
し
て
い
る
だ
け
の
状
態
と
い
う
わ
け
だ
 °
  
つ
ま
り
 
俺
が
ア
ケ
ミ
の
体
を
乗
っ
取
っ
た
の
で
は
な
く
 
ア
ケ
  
で
も
 
な
ぜ
か
体
の
自
由
が
き
か
な
い
 °
  
た
よ
う
だ
 °
  
ど
う
も
 
幽
体
離
脱
を
起
こ
し
て
 
ア
ケ
ミ
に
憑
依
し
て
し
ま
っ

   

  
  
ら
分
離
し
て
元
に
戻
っ
た
 °
  
ア
ケ
ミ
が
失
神
し
た
の
と
同
時
に
 
俺
の
精
神
も
ア
ケ
ミ
の
体
か
  
強
烈
に
俺
の
精
神
に
流
れ
込
ん
で
く
る
 °
  
し
か
も
 
膨
ら
み
続
け
る
爆
乳
で
感
じ
て
い
る
異
様
な
感
覚
ま
で
  
な
っ
た
バ
ス
ト
が
よ
く
見
え
る
 °
  
そ
の
お
か
げ
で
 
視
界
の
中
で
ど
ん
ど
ん
膨
ら
ん
で
ゆ
く
巨
大
に
  
陥
っ
て
い
る
 °
  
ア
ケ
ミ
も
や
っ
と
自
分
の
体
の
異
変
に
気
づ
い
て
 
パ
ニ
ッ
ク
に
  
 
き
ゃ
|
|
|
|
|
!
一
体
ど
う
し
た
の
|
|
|
|
!
 
  
  
を
ど
ん
ど
ん
巨
大
化
さ
せ
て
い
っ
た
 °
  
俺
は
妄
想
を
フ
ル
回
転
さ
せ
て
 
想
像
の
中
の
ア
ケ
ミ
の
バ
ス
ト
  
な
ら
ば
 
や
る
こ
と
は
一
つ
し
か
な
い
!
  
由
に
で
き
る
の
か
?
  
も
し
か
し
て
 
憑
依
し
た
相
手
の
バ
ス
ト
だ
け
を
俺
の
意
志
で
自
  
ら
み
始
め
た
じ
ゃ
な
い
か
!
  
を
想
像
し
始
め
た
瞬
間
 
な
ん
と
ア
ケ
ミ
の
バ
ス
ト
が
本
当
に
膨
  
物
足
り
な
い
の
で
 
い
つ
も
の
よ
う
に
ア
ケ
ミ
が
爆
乳
化
し
た
姿
  
ロ
ジ
ロ
見
る
女
の
子
な
ん
て
い
な
い
よ
な
 °









   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
続
く
  
  
る
か
を
考
え
は
じ
め
た
 °
  
俺
は
心
の
中
で
ア
ケ
ミ
に
謝
る
と
 
次
の
タ
|
ゲ
ッ
ト
を
誰
に
す
  
や
っ
ぱ
り
 
や
り
す
ぎ
ち
ゃ
っ
た
か
な
?
ゴ
メ
ン
!
  
で
い
る
よ
う
に
見
え
る
こ
と
だ
 °
  
で
も
 
い
つ
も
と
少
し
違
う
の
は
時
々
考
え
込
ん
で
何
か
を
悩
ん
  
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
ア
ケ
ミ
の
バ
ス
ト
は
俺
の
憑
依
か
ら
開
放
さ
れ
た
た
め
に
元
に
戻
  
次
の
日
 
ア
ケ
ミ
は
い
つ
も
の
通
り
に
学
校
に
や
っ
て
き
た
 °


  > ≫