で
き
な
か
っ
た
 °
  
憧
れ
の
先
輩
の
登
場
に
サ
エ
コ
は
咄
嗟
に
言
葉
を
発
す
る
こ
と
が
  
は
佐
々
木
祐
介
だ
っ
た
 °
  
深
夜
の
静
ま
り
帰
っ
た
フ
ロ
ア
で
 
彼
女
に
声
を
か
け
て
き
た
の
  
 
サ
エ
コ
さ
ん
で
も
ミ
ス
す
る
こ
と
あ
る
ん
で
す
ね
?
 
  
ま
で
残
業
し
な
く
て
は
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
|
す
る
た
め
に
夜
遅
く
  
ら
強
く
叱
責
を
受
け
た
の
も
初
め
て
の
経
験
だ
っ
た
 °
リ
カ
バ
リ
  
っ
た
 °
そ
れ
に
上
司
か
  
電
話
を
し
 
社
内
の
関
係
者
に
も
説
明
を
し
な
く
て
は
な
ら
な
か
  
客
に
一
件
づ
つ
謝
罪
の
  
ミ
ス
を
訂
正
す
る
た
め
に
は
か
な
り
の
労
力
が
必
要
だ
っ
た
 °
  
任
さ
れ
て
い
た
の
で
 
  
簡
単
な
数
字
の
ミ
ス
だ
っ
た
が
 
年
齢
の
割
り
に
大
き
な
仕
事
を
  
 
は
ぁ
・
・
・
・
 
  
込
ん
で
い
た
 °
  
 
あ
る
日
の
こ
と
 
サ
エ
コ
は
会
社
で
珍
し
く
ミ
ス
を
し
て
落
ち
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
不
思
議
な
譲
渡
契
約
 
|
サ
エ
コ
の
場
合
|









≪ <  

  
っ
た
 °
  
に
気
が
つ
い
た
 °
携
帯
を
確
認
す
る
と
な
ん
と
例
の
メ
|
ル
で
あ
  
携
帯
が
鳴
っ
て
い
る
の
  
注
文
し
た
料
理
を
待
っ
て
い
る
間
に
 
サ
エ
コ
は
カ
バ
ン
の
中
の
  
け
て
き
た
 °
  
に
サ
エ
コ
の
緊
張
も
解
  
祐
介
が
気
を
使
っ
て
他
愛
も
な
い
話
を
し
て
く
れ
た
お
陰
で
徐
々
  
あ
る
 °
  
ば
い
い
の
か
わ
か
ら
な
か
っ
た
 °
し
か
も
相
手
は
憧
れ
の
男
性
で
  
自
分
が
ど
う
振
る
舞
え
  
い
ま
ま
で
男
性
と
満
足
に
デ
|
ト
も
し
た
こ
と
が
な
い
サ
エ
コ
は
  
に
座
わ
っ
た
 °
  
 
二
人
は
ダ
イ
ニ
ン
グ
レ
ス
ト
ラ
ン
に
入
り
向
か
い
合
わ
せ
の
席
  
 
  
う
な
ず
い
て
同
意
を
示
し
た
 °
  
り
声
が
出
ず
 
小
さ
く
  
思
い
が
け
な
く
嬉
し
い
出
来
事
で
あ
っ
た
が
彼
女
は
緊
張
の
あ
ま
  
に
い
か
な
い
か
?
 
  
憂
さ
晴
ら
し
に
飲
み
  
 
び
っ
く
り
さ
せ
た
か
な
 °
よ
か
っ
た
ら
こ
の
辺
で
切
り
上
げ
て
 

   

  
な
か
外
れ
な
か
っ
た
 °
胸
の
成
長
は
ま
だ
納
ま
ら
ず
ブ
ラ
ジ
ャ
|
  
く
し
ま
っ
て
い
て
な
か
  
込
ん
だ
 °
背
中
に
手
を
廻
し
て
ホ
ッ
ク
を
外
そ
う
と
す
る
が
き
つ
  
慌
て
て
化
粧
室
に
駆
け
  
サ
エ
コ
は
急
ぎ
の
電
話
を
か
け
に
い
く
振
り
を
し
て
席
を
立
ち
 
  
 
∧
く
っ
 
苦
し
い
 °
ホ
ッ
ク
を
外
さ
な
き
ゃ
・
・
・
∨
 
  
と
脇
腹
に
め
り
込
ん
で
き
て
い
る
の
を
感
じ
た
 °
  
バ
ン
ド
が
き
つ
く
背
中
  
だ
が
 
服
の
中
で
胸
が
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
ぐ
い
ぐ
い
と
押
し
上
げ
 
  
ろ
う
と
考
え
た
 °
  
し
 
件
数
が
1
件
だ
け
だ
っ
た
の
で
特
に
気
に
し
な
く
て
よ
い
だ
  
|
ル
に
驚
い
た
 °
し
か
  
譲
渡
は
終
わ
っ
た
も
の
と
思
い
こ
ん
で
い
た
サ
エ
コ
は
唐
突
な
メ
  
 
  
 
 
計
‥
1
件
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
件
名
‥
気
象
に
関
す
る
知
識
 
レ
ベ
ル
B
  
ご
利
用
誠
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
  
下
記
の
┏┓
知
識
┗┛
の
譲
渡
契
約
が
成
立
い
た
し
ま
し
た
 °
  
 
深
堀
サ
エ
コ
 
様
  
 

























   

  
サ
エ
コ
は
何
も
な
か
っ
た
よ
う
に
席
に
座
り
 
祐
介
に
失
礼
を
詫
  
だ
け
で
ユ
サ
ユ
サ
と
揺
れ
た
 °
  
な
く
な
っ
た
胸
は
歩
く
  
ク
が
止
ま
ら
ず
外
し
た
ま
ま
に
す
る
し
か
な
か
っ
た
 °
拘
束
力
が
  
の
せ
い
で
ブ
ラ
の
ホ
ッ
  
よ
う
や
く
成
長
は
納
ま
っ
た
が
 
二
回
り
以
上
大
き
く
な
っ
た
胸
  
8
↓
1
2
0
c
m
∨
  
 
も
う
 
な
に
こ
れ
・
・
・
大
き
す
ぎ
る
よ
ぉ
・
・
・
 
∧
1
0
  
遙
か
に
胸
の
膨
ら
み
方
が
大
き
い
よ
う
だ
っ
た
 °
  
う
で
今
ま
で
よ
り
も
  
今
回
譲
渡
さ
れ
た
気
象
の
知
識
は
今
ま
で
よ
り
価
値
が
大
き
い
よ
  
か
で
き
な
か
っ
た
 °
  
ん
ぐ
ん
と
体
積
を
増
し
 
サ
エ
コ
は
そ
の
様
子
を
見
守
る
こ
と
し
  
が
解
け
た
バ
ス
ト
は
ぐ
  
な
ん
と
か
ホ
ッ
ク
を
外
す
こ
と
が
で
き
た
が
 
ブ
ラ
に
よ
る
拘
束
  
最
悪
・
・
・
 °
 
  
し
ら
?
こ
ん
な
と
き
に
  
 
ふ
ぅ
 °
外
れ
て
よ
か
っ
た
・
・
・
 °
先
輩
に
今
の
見
ら
れ
た
か
  
ら
に
き
つ
く
な
っ
て
い
た
 °
  
に
よ
る
締
め
付
け
は
さ

















   

  
っ
と
押
し
つ
け
ら
れ
た
 °
  
が
祐
介
の
脇
腹
に
ぐ
い
  
い
た
 °
彼
女
が
ふ
ら
っ
と
よ
ろ
め
く
度
に
 
巨
大
な
胸
の
膨
ら
み
  
な
い
ほ
ど
に
酔
っ
て
  
店
を
出
る
と
き
に
は
サ
エ
コ
は
祐
介
の
肩
を
借
り
な
け
れ
ば
歩
け
  
っ
て
き
た
 °
  
う
ち
解
け
る
こ
と
が
で
き
た
が
 
次
第
に
彼
女
の
酔
い
が
酷
く
な
  
だ
 °
二
人
は
か
な
り
  
胸
に
来
る
視
線
も
気
に
な
ら
な
く
な
り
 
祐
介
と
の
会
話
が
弾
ん
  
ぐ
れ
て
き
た
 °
  
し
ば
ら
く
す
る
と
ア
ル
コ
|
ル
が
廻
り
 
お
陰
完
全
に
緊
張
が
ほ
  
み
干
し
た
 °
  
サ
エ
コ
は
お
酒
の
グ
ラ
ス
を
持
ち
上
げ
る
と
ぐ
い
っ
と
一
気
に
飲
  
な
れ
!
∨
 
  
い
 
も
う
ど
う
に
で
も
  
 
∧
や
っ
ぱ
り
 
ど
う
考
え
て
も
バ
レ
て
る
わ
よ
ね
・
・
・
 °
  
彼
女
は
祐
介
の
視
線
が
自
分
の
胸
に
注
が
れ
て
い
る
の
を
感
じ
た
 °
  
っ
た
 °
  
リ
ュ
|
ム
を
増
し
た
胸
が
テ
|
ブ
ル
の
上
に
ど
っ
さ
り
と
乗
っ
か
  
び
た
 °
席
に
座
る
と
ボ

















   

  
祐
介
が
彼
女
の
方
に
向
き
直
る
と
目
と
鼻
の
先
に
巨
大
は
胸
の
膨
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
 
  
降
ろ
し
た
 °
  
ビ
ン
グ
の
ソ
フ
ァ
|
に
  
を
変
え
た
 °
祐
介
は
サ
エ
コ
の
部
屋
に
た
ど
り
着
く
と
彼
女
を
リ
  
に
ゅ
ん
と
胸
が
か
た
ち
  
が
祐
介
の
背
中
に
押
し
当
て
ら
れ
 
歩
く
振
動
で
む
に
ゅ
ん
 
  
彼
女
の
巨
大
な
バ
ス
ト
  
介
が
彼
女
を
背
負
っ
て
部
屋
ま
で
連
れ
て
い
く
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
く
こ
と
が
で
き
ず
 
  
そ
う
強
が
り
を
言
っ
た
も
の
の
 
サ
エ
コ
は
一
人
で
は
立
っ
て
歩
  
は
一
人
で
大
丈
夫
で
す
 °
 
  
 
送
っ
て
い
た
だ
い
て
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
こ
こ
か
ら
  
ラ
フ
ラ
に
な
っ
て
い
た
 °
  
て
し
ま
っ
た
よ
う
で
 
車
か
ら
降
り
る
と
腰
が
立
た
な
い
ほ
ど
フ
  
ま
す
ま
す
酔
い
が
回
っ
  
送
っ
て
く
れ
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
荒
い
運
転
の
せ
い
で
サ
エ
コ
は
  
同
乗
し
て
家
の
前
ま
で
  
家
ま
で
は
タ
ク
シ
|
で
1
0
分
ほ
ど
の
距
離
だ
っ
た
の
で
祐
介
が
  
 

























   

  
朝
 
目
覚
め
る
と
祐
介
の
姿
は
な
か
っ
た
 °
サ
エ
コ
は
二
日
酔
い
  
 
  
を
抱
え
て
祐
介
の
顔
を
挟
み
込
ん
だ
 °
  
い
よ
う
に
 
両
腕
で
胸
  
に
顔
を
埋
め
た
 °
サ
エ
コ
は
大
き
な
胸
が
脇
に
流
れ
て
し
ま
わ
な
  
押
し
倒
し
 
胸
の
谷
間
  
の
膨
ら
み
に
埋
も
れ
た
 °
祐
介
は
そ
の
ま
ま
ソ
フ
ァ
|
に
彼
女
を
  
祐
介
の
顔
は
巨
大
な
胸
  
サ
エ
コ
は
祐
介
の
頭
の
後
ろ
に
両
手
を
廻
し
て
ハ
グ
を
す
る
と
 
  
 
あ
ん
ま
り
見
な
い
で
く
だ
さ
い
・
・
・
 
  
は
全
く
崩
れ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
さ
の
わ
り
に
乳
房
の
形
  
の
大
き
な
乳
房
が
露
わ
に
な
っ
た
 °
肌
の
き
め
は
細
か
く
 
大
き
  
ブ
ラ
ご
と
脱
す
と
二
つ
  
胸
の
重
量
感
と
柔
ら
か
さ
を
堪
能
し
た
 °
さ
ら
に
 
彼
女
の
服
を
  
た
こ
と
の
な
い
巨
大
な
  
手
を
滑
り
込
ま
せ
豊
か
な
バ
ス
ト
を
ま
さ
ぐ
り
 
今
ま
で
経
験
し
  
た
 °
祐
介
は
服
の
中
に
  
は
魅
入
ら
れ
る
よ
う
に
自
分
の
両
手
を
差
し
出
し
バ
ス
ト
に
触
れ
  
ら
み
が
あ
っ
た
 °
祐
介

















   

  
作
っ
て
も
ら
う
し
か
な
  
る
た
め
 
既
製
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
は
合
わ
ず
 
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
で
  
う
ほ
ど
の
大
き
さ
で
あ
  
の
中
に
バ
レ
|
ボ
|
ル
が
2
つ
入
っ
て
い
る
の
で
は
な
い
か
と
い
  
な
注
目
を
浴
び
た
 °
  
サ
エ
コ
の
巨
大
な
胸
は
街
中
で
も
会
社
で
も
ど
こ
に
い
て
も
大
き
  
る
こ
と
は
誰
に
も
わ
か
ら
な
か
っ
た
 °
  
二
人
が
付
き
合
っ
て
い
  
会
社
で
は
お
互
い
に
仕
事
上
の
話
し
か
し
な
い
よ
う
に
し
た
の
で
  
な
っ
た
 °
  
 
こ
の
出
来
事
を
き
っ
か
け
に
二
人
は
週
末
ご
と
に
会
う
よ
う
に
  
 
  
出
し
て
彼
女
は
顔
を
真
っ
赤
に
し
た
 °
  
た
 °
そ
の
こ
と
を
思
い
  
も
こ
の
部
屋
で
祐
介
と
交
わ
っ
た
こ
と
は
断
片
的
に
記
憶
が
あ
っ
  
が
な
か
っ
た
 °
そ
れ
で
  
ろ
ま
で
は
よ
く
覚
え
て
い
た
が
 
店
か
ら
出
た
後
は
あ
ま
り
記
憶
  
酒
を
飲
み
始
め
た
と
こ
  
に
な
っ
て
い
る
記
憶
を
つ
な
ぎ
合
わ
せ
て
い
た
 °
レ
ス
ト
ラ
ン
で
  
の
頭
で
と
ぎ
れ
と
ぎ
れ

















   

  
長
を
遂
げ
て
い
た
 °
サ
エ
コ
に
と
っ
て
 
祐
介
の
た
め
に
こ
の
体
  
ボ
デ
ィ
|
ラ
イ
ン
に
成
  
増
し
て
魅
惑
的
な
カ
|
ブ
を
描
い
て
お
り
 
女
性
ら
し
い
完
璧
な
  
い
が
ヒ
ッ
プ
も
量
感
を
  
に
ト
レ
|
ニ
ン
グ
に
励
ん
だ
 °
胸
の
成
長
と
は
比
べ
る
ま
で
も
な
  
ん
な
視
線
も
気
に
せ
ず
  
下
左
右
に
大
き
く
揺
れ
 
周
囲
の
注
目
を
浴
び
た
が
 
彼
女
は
そ
  
の
動
作
に
合
わ
せ
て
上
  
の
フ
ィ
ッ
ト
ネ
ス
ウ
エ
ア
に
包
ま
れ
た
巨
大
な
バ
ス
ト
は
サ
エ
コ
  
る
こ
と
に
し
た
 °
特
注
  
の
形
と
プ
ロ
ポ
|
シ
ョ
ン
が
崩
れ
な
い
よ
う
に
ジ
ム
通
い
を
始
め
  
な
か
っ
た
が
 
バ
ス
ト
  
こ
れ
ま
で
の
人
生
で
真
面
目
に
運
動
と
い
う
も
の
を
し
た
こ
と
が
  
う
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
 
そ
れ
か
ら
し
ば
ら
く
し
て
サ
エ
コ
は
フ
ィ
ッ
ト
ネ
ス
ジ
ム
に
通
  
 
  
て
楽
し
ん
で
い
た
 °
  
の
と
き
は
彼
女
の
胸
を
揉
ん
だ
り
揺
ら
し
た
り
顔
を
埋
め
た
り
し
  
に
目
覚
め
 
二
人
一
緒
  
か
っ
た
 °
祐
介
は
と
い
う
と
サ
エ
コ
の
胸
の
せ
い
で
巨
乳
フ
ェ
チ

   

  
ら
な
く
な
っ
た
バ
ス
ト
が
ウ
エ
ア
の
下
か
ら
溢
れ
出
し
始
め
た
 °
  
し
ひ
ろ
げ
 
収
ま
り
き
  
ィ
ッ
ト
ネ
ス
ウ
エ
ア
の
拘
束
を
破
ろ
う
と
ぐ
ん
ぐ
ん
と
生
地
を
押
  
込
ん
だ
 °
バ
ス
ト
は
フ
  
り
る
と
両
腕
で
揺
れ
る
バ
ス
ト
を
抱
え
な
が
ら
更
衣
室
へ
と
駆
け
  
て
エ
ア
ロ
バ
イ
ク
を
降
  
胸
の
膨
ら
み
は
少
し
ず
つ
大
き
さ
を
増
し
て
い
た
 °
彼
女
は
慌
て
  
 
∧
え
え
っ
!
う
そ
ぉ
!
胸
が
大
き
く
な
っ
て
る
!
∨
 
  
ス
ウ
エ
ア
が
ぱ
ん
ぱ
ん
に
張
り
つ
め
て
い
た
 °
  
を
や
る
と
フ
ィ
ッ
ト
ネ
  
い
つ
も
よ
り
胸
が
張
っ
て
い
る
感
じ
が
し
て
 
ふ
と
 
胸
元
に
目
  
し
落
と
し
て
み
た
が
 
苦
し
さ
は
増
す
ば
か
り
だ
っ
た
 °
  
バ
イ
ク
の
ペ
|
ス
を
少
  
っ
て
く
る
の
を
覚
え
た
 °
今
日
は
少
し
体
調
が
悪
い
の
か
と
思
い
  
徐
々
に
胸
が
苦
し
く
な
  
軽
い
筋
ト
レ
が
終
わ
っ
て
エ
ア
ロ
バ
イ
ク
を
漕
い
で
い
る
と
き
 
  
そ
の
日
も
い
つ
も
ど
お
り
の
メ
ニ
ュ
|
を
こ
な
し
て
い
た
 °
  
 
  
の
が
目
下
の
目
標
だ
っ
た
 °
  
型
を
維
持
す
る
と
い
う

















   

  
た
め
息
を
つ
い
た
 °
∧
1
2
0
↓
1
5
6
セ
ン
チ
∨
  
巨
大
な
乳
房
を
し
た
自
分
の
姿
が
映
っ
て
い
る
 °
彼
女
は
大
き
な
  
レ
ベ
ル
を
通
り
越
し
た
  
エ
コ
は
鏡
の
前
で
呆
然
と
立
ち
つ
く
し
た
 °
鏡
に
は
爆
乳
と
い
う
  
思
っ
て
い
な
か
っ
た
サ
  
1
0
年
も
前
の
ク
イ
ズ
大
会
の
知
識
が
譲
渡
さ
れ
る
と
は
夢
に
も
  
 
  
 
 
計
‥
1
件
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
件
名
‥
ク
イ
ズ
に
関
す
る
知
識
∧
全
国
レ
ベ
ル
∨
 
レ
ベ
ル
‥
A
  
ご
利
用
誠
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
  
下
記
の
┏┓
知
識
┗┛
の
譲
渡
契
約
が
成
立
い
た
し
ま
し
た
 °
  
 
深
堀
サ
エ
コ
 
様
  
 
  
メ
|
ル
が
来
て
い
た
 °
  
ロ
ッ
カ
|
を
開
け
て
携
帯
を
確
認
す
る
と
 
や
は
り
契
約
成
立
の
  
っ
て
き
た
 °
  
よ
う
や
く
成
長
が
と
ま
  
胸
は
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
2
つ
ほ
ど
の
大
き
な
膨
ら
み
と
な
っ
て
  
っ
た
の
か
し
ら
・
・
・
?
∨
 
  
 
∧
ち
ょ
っ
と
 
何
?
・
・
・
 °
ま
だ
 
譲
渡
で
き
る
知
識
が
あ

   

  
祐
介
は
大
き
さ
を
確
認
す
る
よ
う
に
両
手
で
彼
女
の
バ
ス
ト
に
触
  
あ
っ
た
 °
  
し
っ
か
り
と
張
り
が
  
乳
房
は
相
当
ボ
リ
ュ
|
ム
を
増
し
た
も
の
の
肌
の
き
め
は
細
か
く
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
こ
ん
な
と
こ
ろ
で
・
・
・
 
  
っ
て
い
た
シ
|
ツ
を
強
引
に
引
き
は
が
し
た
 °
  
そ
し
て
彼
女
が
ま
と
  
祐
介
は
さ
ら
に
大
き
さ
を
増
し
た
胸
の
膨
ら
み
に
目
を
見
張
っ
た
 °
  
に
巻
い
て
祐
介
を
玄
関
先
に
出
迎
え
た
 °
  
シ
|
ツ
を
胸
の
周
り
  
急
激
に
大
き
く
な
っ
た
胸
の
せ
い
で
着
れ
る
服
が
な
か
っ
た
の
で
 
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
忙
し
い
の
に
 °
 
  
切
り
上
げ
て
彼
女
の
部
屋
に
や
っ
て
き
て
く
れ
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
祐
介
は
早
め
に
仕
事
を
  
た
が
お
そ
る
お
そ
る
祐
介
の
携
帯
に
連
絡
を
入
れ
た
 °
す
る
と
 
  
ば
ら
く
た
め
ら
っ
て
い
  
フ
ィ
ッ
ト
ネ
ス
ジ
ム
か
ら
タ
ク
シ
|
で
家
に
戻
り
 
サ
エ
コ
は
し
  
 
  
言
っ
ら
・
・
・
 ° 
  
 
∧
ど
う
し
よ
う
 °
こ
ん
な
に
大
き
く
・
・
・
祐
介
さ
ん
に
何
て

   

  
祐
介
は
サ
エ
コ
か
ら
胸
が
大
き
く
な
っ
た
経
緯
に
つ
い
て
説
明
を
  
し
ば
ら
く
は
仕
事
を
し
な
い
こ
と
に
決
め
た
 °
  
い
た
が
そ
れ
を
断
り
 
  
主
婦
と
な
っ
た
 °
会
社
か
ら
は
辞
め
な
い
で
欲
し
い
と
頼
ま
れ
て
  
職
し
 
い
わ
ゆ
る
専
業
  
そ
う
 
二
人
は
結
婚
し
た
の
だ
っ
た
 °
サ
エ
コ
は
結
婚
を
機
に
退
  
を
浮
か
べ
て
写
っ
て
い
た
 °
  
ン
グ
ド
レ
ス
に
身
を
つ
つ
ん
だ
サ
エ
コ
が
幸
せ
い
っ
ぱ
い
の
笑
顔
  
介
と
特
注
の
ウ
エ
デ
ィ
  
リ
ビ
ン
グ
ボ
|
ド
の
上
の
写
真
立
て
に
は
 
タ
キ
シ
|
ド
姿
の
祐
  
 
も
う
っ
 
先
に
ご
飯
に
し
ま
す
か
ら
!
 
  
祐
介
は
い
つ
も
す
る
よ
う
に
サ
エ
コ
の
巨
大
な
胸
に
顔
を
埋
め
た
 °
  
だ
サ
エ
コ
が
出
迎
え
た
 °
  
祐
介
が
玄
関
の
扉
を
開
け
る
と
 
特
注
の
エ
プ
ロ
ン
に
身
を
包
ん
  
 
あ
な
た
 
お
帰
り
な
さ
い
 
  
半
年
後
  
 
  
 
も
う
・
・
・
 
  
を
確
か
め
な
が
ら
バ
ス
ト
を
愛
撫
し
た
 °
  
れ
 
嬉
し
そ
う
に
重
さ

















   

  
が
 
抑
揚
の
少
な
い
低
め
の
声
は
記
憶
に
残
っ
て
い
た
 °
  
覚
え
て
い
な
か
っ
た
  
と
き
サ
エ
コ
は
酔
っ
ぱ
ら
っ
て
い
た
の
で
は
っ
き
り
と
女
の
顔
を
  
年
近
く
が
経
つ
 
あ
の
  
あ
の
女
だ
っ
た
 °
不
思
議
な
譲
渡
契
約
を
し
た
と
き
か
ら
も
う
一
  
に
立
っ
て
い
た
の
は
 
  
た
も
の
と
思
い
こ
み
 
勢
い
よ
く
ド
ア
を
開
け
た
 °
す
る
と
そ
こ
  
が
仕
事
か
ら
帰
っ
て
き
  
あ
る
日
の
夕
方
 
訪
問
者
が
あ
っ
た
 °
サ
エ
コ
は
て
っ
き
り
祐
介
  
 
ピ
ン
ポ
|
ン
 
  
 
  
に
幸
せ
を
感
じ
て
い
た
 °
  
と
い
う
の
が
彼
女
の
口
癖
に
な
っ
て
い
た
が
 
内
心
そ
ん
な
日
常
  
 
も
う
 
祐
介
さ
ん
が
こ
ん
な
人
だ
と
思
わ
な
か
っ
た
わ
 °
 
  
を
わ
ざ
と
着
せ
た
り
し
て
楽
し
ん
で
い
た
 °
  
目
立
た
せ
る
よ
う
な
服
  
ッ
チ
は
日
常
茶
飯
事
で
 
揉
ん
だ
り
揺
ら
し
た
り
 
大
き
な
胸
を
  
れ
て
い
た
 °
胸
へ
の
タ
  
に
気
味
悪
が
る
訳
で
も
な
く
彼
女
の
大
き
な
バ
ス
ト
を
愛
し
て
く
  
聞
い
て
い
た
が
 
と
く

















   

  
さ
て
 
今
日
は
 
お
礼
を
申
し
上
げ
に
来
ま
し
た
の
と
は
別
に
も
  
安
心
い
た
し
ま
し
た
 °
  
わ
た
く
し
と
し
て
も
  
佐
々
木
様
は
非
常
に
お
幸
せ
に
な
ら
れ
た
と
お
見
受
け
し
ま
し
た
 °
  
拝
見
し
ま
し
た
と
こ
ろ
  
合
っ
て
い
た
か
ど
う
か
不
安
で
お
り
ま
し
た
 °
し
か
し
 
お
顔
を
  
た
も
の
が
そ
れ
ら
に
見
  
く
し
 
正
直
い
い
ま
し
て
佐
々
木
様
が
対
価
と
し
て
受
け
取
ら
れ
  
ま
し
た
 °
た
だ
 
わ
た
  
ま
す
 °
と
に
か
く
佐
々
木
様
の
知
識
の
質
 
量
と
も
に
大
変
驚
き
  
の
で
は
な
い
か
と
思
い
  
け
た
く
さ
ん
の
知
識
を
お
持
ち
の
方
は
全
世
界
で
ほ
か
に
い
な
い
  
し
た
 °
恐
ら
く
あ
れ
だ
  
 
佐
々
木
様
の
お
陰
で
多
数
の
契
約
を
い
た
だ
く
こ
と
が
で
き
ま
  
サ
エ
コ
に
軽
く
頭
を
下
げ
た
 °
  
口
元
を
少
し
ゆ
る
め
て
  
キ
ャ
リ
ア
ウ
|
マ
ン
風
の
こ
ざ
っ
ぱ
り
し
た
ス
|
ツ
を
着
た
女
は
  
汰
し
て
お
り
ま
し
た
 °
 
  
で
す
ね
 °
大
変
ご
無
沙
  
 
こ
ん
ば
ん
は
 °
深
堀
・
・
・
 
い
え
失
礼
 °
佐
々
木
サ
エ
コ
様

   

  
ル
ズ
賞
に
も
手
が
届
く
  
の
道
を
進
ん
で
お
れ
ば
数
学
の
ノ
|
ベ
ル
賞
と
い
わ
れ
る
フ
ィ
|
  
と
言
わ
れ
 
そ
の
ま
ま
  
木
様
の
論
文
を
理
解
で
き
る
人
は
世
界
中
に
1
0
0
人
も
い
な
い
  
て
お
ら
れ
ま
す
 °
佐
々
  
れ
 
大
学
時
代
に
は
学
術
的
に
価
値
の
あ
る
数
々
の
論
文
を
残
し
  
ン
ピ
ッ
ク
を
優
勝
さ
  
 
そ
う
 
数
学
の
知
識
で
す
 °
佐
々
木
様
は
中
学
で
は
数
学
オ
リ
  
 
・
・
・
・
 
  
を
ご
存
じ
で
す
ね
?
 
  
い
な
い
知
識
が
あ
る
の
  
契
約
が
半
年
も
前
で
す
か
ら
 °
し
か
し
 
ま
だ
一
つ
譲
渡
さ
れ
て
  
て
ま
す
 °
前
回
の
譲
渡
  
 
佐
々
木
様
は
全
て
の
知
識
を
譲
渡
さ
れ
た
と
お
思
い
に
な
ら
れ
  
 
あ
の
・
・
・
 
  
っ
た
 °
  
か
言
葉
が
出
て
こ
な
か
  
サ
エ
コ
は
何
か
喋
ろ
う
と
す
る
の
だ
が
女
に
圧
倒
さ
れ
て
な
か
な
  
る
の
で
す
 °
 
  
う
一
つ
お
知
ら
せ
が
あ

















   

  
 
  
 
・
・
・
も
う
譲
渡
は
始
ま
っ
て
い
ま
す
 °
 
  
女
は
静
か
に
言
っ
た
 °
  
に
・
・
・
 
  
て
お
り
ま
す
 °
そ
れ
  
 
残
念
な
が
ら
 
規
約
上
 
契
約
は
取
り
消
せ
な
い
こ
と
と
な
っ
  
契
約
は
や
め
ま
す
!
 
  
上
 
い
ら
な
い
で
す
!
  
 
え
え
っ
!
!
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
下
さ
い
 °
も
う
こ
れ
以
  
女
は
冷
静
に
抑
揚
の
な
い
声
で
言
っ
た
 °
  
た
の
で
す
 °
 
  
知
識
に
つ
い
て
よ
う
や
く
契
約
が
成
立
し
た
こ
と
を
お
伝
え
に
来
  
そ
し
て
 
こ
の
偉
大
な
  
事
を
し
て
い
ま
す
が
S
ラ
ン
ク
を
取
り
扱
う
の
は
初
め
て
で
す
 °
  
す
 °
私
も
長
年
こ
の
仕
  
て
は
A
ラ
ン
ク
を
超
え
る
S
ラ
ン
ク
の
格
付
け
が
な
さ
れ
て
い
ま
  
の
数
学
の
知
識
に
つ
い
  
ベ
ル
に
よ
っ
て
A
か
ら
E
の
ラ
ン
ク
を
つ
け
ま
す
が
 
佐
々
木
様
  
わ
れ
わ
れ
は
知
識
の
レ
  
研
究
者
に
な
ら
れ
る
の
で
は
な
い
か
と
噂
さ
れ
て
お
り
ま
し
た
 °

   

  
サ
エ
コ
は
女
の
方
を
見
上
げ
 
な
ん
と
か
す
る
よ
う
に
哀
願
し
続
  
ん
で
い
る
 °
∧
1
5
6
c
m
↓
2
5
0
c
m
∨
  
ら
い
の
大
き
さ
に
膨
ら
  
へ
た
り
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
二
つ
の
乳
房
は
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
く
  
れ
な
く
な
り
そ
の
場
に
  
え
る
よ
う
に
し
た
が
 
次
第
に
胸
の
重
み
が
増
し
て
立
っ
て
い
ら
  
女
は
両
腕
で
乳
房
を
抱
  
ボ
タ
ン
も
弾
け
て
し
ま
い
 
前
が
は
だ
け
た
状
態
に
な
っ
た
 °
  
っ
た
 °
部
屋
着
の
他
の
  
バ
ス
ト
の
圧
力
に
耐
え
か
ね
て
生
地
が
ビ
リ
ビ
リ
と
破
れ
て
し
ま
  
い
た
 °
そ
れ
も
す
ぐ
に
  
い
た
キ
ャ
ミ
ソ
|
ル
が
巨
大
な
乳
房
で
ぱ
ん
ぱ
ん
に
張
り
つ
め
て
  
部
屋
着
の
下
に
着
て
  
部
屋
着
の
第
二
ボ
タ
ン
と
第
三
ボ
タ
ン
が
あ
っ
け
な
く
弾
け
飛
び
 
  
 
お
願
い
で
す
 °
な
ん
と
か
し
て
下
さ
い
!
 
  
ら
れ
て
き
つ
く
な
っ
て
い
た
 °
  
す
バ
ス
ト
に
押
し
上
げ
  
わ
か
っ
た
 °
幾
分
余
裕
が
あ
っ
た
は
ず
の
部
屋
着
は
大
き
さ
を
増
  
ら
み
始
め
て
い
る
の
が
  
サ
エ
コ
が
自
分
の
胸
元
に
目
線
を
写
す
と
 
む
く
む
く
と
胸
が
膨

   

  
  
  
お
わ
り
  
 
  
∧
2
5
0
c
m
↓
?
?
?
c
m
∨
  
住
居
を
後
に
し
た
 °
絶
望
的
な
サ
エ
コ
の
叫
び
声
を
後
に
し
て
 °
  
い
と
慌
て
て
サ
エ
コ
の
  
女
は
迫
り
来
る
巨
大
な
バ
ス
ト
に
押
し
つ
ぶ
さ
れ
て
は
た
ま
ら
な
  
た
 °
  
っ
て
溢
れ
始
め
て
い
  
に
大
き
さ
を
増
す
乳
房
は
女
が
立
っ
て
い
る
玄
関
扉
の
方
に
向
か
  
き
な
く
な
っ
た
 °
さ
ら
  
て
い
る
 °
サ
エ
コ
の
視
界
は
徐
々
に
塞
が
れ
て
女
の
姿
が
確
認
で
  
か
く
二
つ
の
山
を
作
っ
  
方
の
壁
ま
で
達
し
 
行
き
場
を
失
っ
た
乳
肉
が
目
の
前
で
う
ず
た
  
ぞ
れ
玄
関
ホ
|
ル
の
両
  
え
る
ど
こ
ろ
か
増
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
両
方
の
乳
房
は
そ
れ
  
膨
ら
む
ス
ピ
|
ド
は
衰
  
譲
渡
が
行
わ
れ
る
の
を
見
守
っ
て
い
る
だ
け
だ
っ
た
 °
バ
ス
ト
が
  
け
た
が
 
女
は
冷
静
に

















  > ≫