そ
し
て
 
制
服
姿
の
ま
ま
授
  
そ
の
た
め
彼
女
は
体
育
の
授
業
を
ほ
と
ん
ど
休
む
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
痛
く
な
り
 
運
動
す
る
ど
こ
ろ
の
話
で
は
な
か
っ
た
 °
  
き
く
揺
れ
て
乳
房
の
付
け
根
が
  
歩
く
だ
け
で
も
揺
れ
て
し
ま
う
胸
は
 
走
る
と
暴
れ
る
よ
う
に
大
  
る
大
き
さ
を
際
立
た
せ
て
い
た
 °
  
い
て
そ
の
優
美
な
形
と
明
ら
か
に
高
校
生
の
レ
ベ
ル
を
超
え
て
い
  
地
は
胸
に
ぴ
っ
ち
り
と
貼
り
つ
  
で
も
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
達
や
先
生
の
視
線
を
浴
び
た
 °
体
操
着
の
生
  
大
き
な
胸
の
膨
ら
み
は
否
が
応
  
特
に
問
題
な
の
は
体
育
の
授
業
で
あ
っ
た
 °
体
操
着
に
包
ま
れ
た
  
い
は
や
っ
か
み
の
対
象
と
さ
れ
た
 °
  
男
子
生
徒
か
ら
は
性
の
対
象
と
し
て
 
女
生
徒
か
ら
は
羨
望
あ
る
  
の
胸
は
学
内
で
最
も
大
き
く
 
  
み
は
ど
こ
に
い
て
も
注
目
を
浴
び
た
 °
上
級
生
を
含
め
て
も
彼
女
  
押
し
上
げ
る
大
き
な
胸
の
膨
ら
  
高
校
で
は
夏
美
は
胸
の
大
き
さ
で
有
名
に
な
っ
て
い
た
 °
制
服
を
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
夏
美
の
夜
の
夢




















≪ <  

  
し
く
や
っ
て
き
た
と
い
う
こ
と
た
っ
た
 °
新
し
い
先
生
も
ど
う
や
  
で
代
わ
り
に
早
乙
女
先
生
が
新
  
い
つ
も
の
辻
先
生
は
し
ば
ら
く
産
休
で
休
む
こ
と
に
な
っ
た
そ
う
  
受
け
て
る
の
 °
で
も
一
応
検
温
は
し
ま
し
ょ
う
ね
 °
 
  
任
の
辻
先
生
か
ら
申
し
送
り
を
  
 
夏
美
さ
ん
は
な
ん
と
も
か
ら
特
に
検
診
す
る
必
要
な
い
っ
て
前
  
が
伝
わ
っ
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
な
か
の
美
人
だ
っ
た
 °
ど
う
や
ら
い
つ
も
の
先
生
か
ら
夏
美
の
話
  
歳
を
少
し
過
ぎ
た
く
ら
い
の
な
か
  
非
常
勤
の
保
健
の
先
生
は
名
前
を
早
乙
女
い
ず
み
と
い
い
 
3
0
  
 
あ
ら
っ
 °
ア
ナ
タ
が
夏
美
さ
ん
ね
♪
 
  
な
っ
た
 °
  
居
て
彼
女
は
戸
惑
う
こ
と
に
  
し
か
し
 
そ
の
日
は
保
健
室
に
い
つ
も
と
違
う
非
常
勤
の
先
生
が
  
知
り
に
な
る
ほ
ど
で
あ
っ
た
 °
  
彼
女
は
保
健
室
の
常
連
に
な
っ
て
お
り
 
保
健
の
先
生
と
も
顔
見
  
夏
美
は
そ
の
日
の
体
育
も
休
む
こ
と
に
し
て
保
健
室
に
向
か
っ
た
 °
  
 
  
を
潰
す
の
で
あ
っ
た
 °
  
業
を
見
学
す
る
か
 
授
業
が
終
わ
る
ま
で
保
健
室
に
行
っ
て
時
間

   

  
信
頼
し
て
い
た
辻
先
生
が
勝
手
に
早
乙
女
先
生
に
自
分
の
悩
み
を
  
み
の
こ
と
を
話
し
て
い
た
 °
  
夏
美
は
前
任
の
辻
先
生
と
は
仲
が
良
く
 
先
生
に
だ
け
は
胸
の
悩
  
 
  
い
ん
だ
け
ど
 °
 
  
わ
れ
て
き
た
の
 °
ど
ん
な
お
役
に
立
て
る
か
ど
う
か
は
わ
か
ら
な
  
ら
れ
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
っ
て
言
  
 
実
は
ね
 
辻
先
生
か
ら
わ
た
し
な
ら
夏
美
さ
ん
の
悩
み
を
助
け
  
と
微
笑
ん
だ
 °
  
夏
美
は
気
に
し
な
い
で
く
だ
さ
い
と
の
意
味
を
込
め
て
ニ
ッ
コ
リ
  
わ
ね
 °
 
  
こ
ろ
だ
っ
た
か
も
し
れ
な
い
  
 
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
ア
ナ
タ
に
と
っ
て
は
気
に
し
て
い
る
と
  
夏
美
の
顔
が
少
し
曇
っ
た
の
で
 
先
生
は
慌
て
て
付
け
加
え
た
 °
  
や
り
な
が
ら
そ
う
い
う
と
 
  
先
生
は
制
服
の
胸
元
を
押
し
上
げ
て
い
る
二
つ
の
膨
ら
み
に
目
を
  
 
そ
れ
に
し
て
も
・
・
・
立
派
な
バ
ス
ト
ね
 °
羨
ま
し
い
わ
♪
 
  
 
  
の
よ
う
で
夏
美
は
少
し
ホ
ッ
と
し
た
 °
  
ら
 
話
が
わ
か
る
 
部
類
の
人














   

  
だ
が
 
早
乙
女
先
生
は
そ
の
辺
り
の
事
情
は
既
に
聞
い
て
い
る
よ
  
因
が
わ
か
ら
な
い
っ
て
 °
 
  
 
そ
れ
は
困
っ
た
わ
ね
・
・
・
 °
い
ろ
ん
な
病
院
で
調
べ
て
も
原
  
 
  
先
生
は
静
か
に
夏
美
の
話
に
耳
を
傾
け
て
い
た
 °
  
の
と
同
じ
よ
う
に
早
乙
女
先
生
に
語
っ
た
 °
  
て
い
る
こ
と
を
辻
先
生
に
話
す
  
院
に
も
行
っ
た
が
原
因
は
わ
か
ら
ず
 
そ
し
て
今
も
成
長
が
続
い
  
乳
に
成
長
し
て
い
る
こ
と
 
  
で
外
国
製
の
ブ
ラ
で
も
簡
単
に
収
ま
ら
な
い
1
0
8
セ
ン
チ
の
爆
  
か
な
か
っ
た
胸
が
一
年
半
ほ
ど
  
け
て
い
る
こ
と
 
去
年
の
夏
頃
ま
で
A
カ
ッ
プ
で
7
8
セ
ン
チ
し
  
ペ
|
ス
で
胸
が
大
き
く
な
り
続
  
夏
美
は
体
育
を
サ
ボ
っ
て
保
健
室
に
来
て
い
る
理
由
 
か
な
り
の
  
い
る
こ
と
に
つ
い
て
少
し
づ
つ
話
し
を
掘
り
下
げ
た
 °
  
次
第
に
彼
女
が
頭
を
悩
ま
せ
て
  
早
乙
女
先
生
は
夏
美
と
し
ば
ら
く
他
愛
の
な
い
を
話
を
し
な
が
ら
  
な
い
と
す
ぐ
に
思
い
直
し
た
 °
  
を
覚
え
た
が
 
先
生
に
何
か
の
考
え
が
あ
っ
て
の
こ
と
か
も
し
れ
  
話
し
て
い
た
こ
と
に
少
し
不
満














   

  
グ
を
始
め
と
す
る
多
く
の
著
作
  
く
見
て
い
た
彼
女
は
夢
占
い
に
興
味
を
持
ち
 
フ
ロ
イ
ト
や
ユ
ン
  
幼
い
頃
か
ら
不
思
議
な
夢
を
よ
  
況
を
予
測
し
 
そ
れ
を
元
に
将
来
を
占
う
も
の
な
の
だ
そ
う
だ
 °
  
容
に
よ
っ
て
現
在
置
か
れ
た
状
  
早
乙
女
い
ず
み
の
説
明
に
よ
れ
ば
 
夢
占
い
と
い
う
の
は
夢
の
内
  
先
生
も
や
っ
て
る
わ
け
 °
 
  
な
い
の
で
し
が
な
い
非
常
勤
の
  
 
そ
う
 
本
職
は
夢
占
い
師
 °
で
も
そ
れ
だ
け
じ
ゃ
食
べ
て
い
け
  
 
夢
占
い
師
?
 
  
や
っ
て
い
る
の
 °
 
  
し
ら
?
私
 
実
は
夢
占
い
師
を
  
 
よ
か
っ
た
ら
 
そ
の
夢
の
内
容
を
詳
し
く
話
し
て
く
れ
な
い
か
  
と
は
隠
し
て
い
た
 °
  
見
る
よ
う
に
な
っ
た
こ
と
を
 °
た
だ
し
 
そ
れ
が
性
夢
で
あ
る
こ
  
夏
頃
か
ら
と
き
ど
き
同
じ
夢
を
  
こ
れ
も
夏
美
が
辻
先
生
に
何
度
か
話
し
た
こ
と
だ
っ
た
 °
去
年
の
  
う
な
夢
を
見
る
ん
で
す
っ
て
?
 
  
 
と
こ
ろ
で
 
辻
先
生
か
ら
聞
い
た
ん
だ
け
ど
 
い
つ
も
同
じ
よ
  
う
だ
っ
た
 °





















   

  
 
夢
と
私
の
胸
の
成
長
に
は
関
連
が
あ
る
の
で
す
か
?
 
  
在
が
メ
ッ
セ
|
ジ
を
送
り
続
け
て
い
る
・
・
・
 °
 
  
前
世
に
あ
た
る
女
性
 °
そ
の
存
  
い
る
の
か
も
し
れ
な
い
 °
夏
美
さ
ん
の
遠
い
先
祖
 
も
し
く
は
 
  
じ
て
夏
美
さ
ん
に
語
り
掛
け
て
  
ジ
の
よ
う
に
受
け
取
れ
る
わ
 °
そ
し
て
 
何
か
の
存
在
が
夢
を
通
  
な
た
に
向
け
ら
れ
た
メ
ッ
セ
|
  
 
何
度
も
全
く
同
じ
夢
を
見
る
と
い
う
こ
と
だ
け
ど
 
こ
れ
は
あ
  
し
た
 °
  
早
乙
女
先
生
は
冷
静
に
言
葉
を
選
び
な
が
ら
夢
占
い
の
結
果
を
話
  
い
自
分
の
胸
を
男
が
触
っ
て
く
る
こ
と
を
 °
  
た
自
分
の
胸
 °
身
動
き
で
き
な
  
ド
 
ロ
ウ
ソ
ク
と
香
草
の
匂
い
 
と
て
つ
も
な
く
大
き
く
成
長
し
  
男
た
ち
 
天
蓋
つ
き
の
ベ
ッ
  
夏
美
は
い
つ
も
見
る
夢
を
語
り
始
め
た
 °
見
知
ら
ぬ
薄
暗
い
部
屋
 
  
 
  
ら
し
か
っ
た
 °
  
先
生
本
人
の
真
剣
な
目
つ
き
か
ら
す
れ
ば
ど
う
や
ら
そ
れ
は
本
当
  
っ
た
 °
  
に
精
通
し
 
い
つ
し
か
そ
れ
を
生
業
に
す
る
ま
で
に
な
っ
た
の
だ

   

  
っ
て
家
か
ら
出
掛
け
て
い
た
 °
  
冬
の
弱
い
日
差
し
の
中
 
彼
女
は
お
気
に
入
り
の
コ
|
ト
を
羽
織
  
力
に
つ
い
て
何
か
わ
か
っ
た
と
の
こ
と
で
あ
っ
た
 °
  
た
 °
先
生
の
言
っ
た
不
思
議
な
  
一
週
間
ほ
ど
の
ち
 
夏
美
は
先
生
の
マ
ン
シ
ョ
ン
に
招
か
れ
て
い
  
 
  
 
  
夏
美
に
は
無
論
そ
の
申
し
出
を
断
る
理
由
は
な
か
っ
た
 °
  
い
わ
 °
 
  
時
間
を
か
け
て
そ
れ
ら
を
捕
ま
え
れ
ば
何
か
わ
か
る
か
も
し
れ
な
  
す
め
て
い
る
の
 °
ゆ
っ
く
り
と
  
 
少
し
時
間
を
も
ら
え
な
い
か
し
ら
?
何
か
が
私
の
頭
の
中
を
か
  
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
早
乙
女
先
生
は
し
ば
ら
く
頭
の
中
で
何
か
の
記
憶
を
呼
び
起
こ
し
  
 
不
思
議
な
力
・
・
・
 
  
の
胸
を
少
し
ず
つ
膨
ら
ま
せ
て
い
る
 °
 
  
議
な
力
 °
そ
の
力
が
夏
美
さ
ん
  
を
及
ぼ
し
て
い
る
 °
そ
の
作
用
は
科
学
で
は
説
明
で
き
な
い
不
思
  
は
夏
美
さ
ん
に
何
ら
か
の
作
用
  
 
断
定
は
で
き
な
い
け
ど
 
あ
る
と
言
っ
て
い
い
と
思
う
わ
 °

   

  
ら
み
が
現
れ
た
 °
ク
リ
|
ム
  
夏
美
が
コ
|
ト
を
脱
ぐ
と
セ
|
タ
|
に
包
ま
れ
た
大
き
な
胸
の
膨
  
を
温
め
て
い
る
 °
  
イ
ミ
テ
|
シ
ョ
ン
の
暖
炉
が
あ
り
オ
レ
ン
ジ
色
の
炎
が
部
屋
全
体
  
揃
え
ら
れ
て
い
た
 °
部
屋
に
は
  
子
が
変
わ
っ
て
お
り
 
中
世
ヨ
|
ロ
ッ
パ
風
に
家
具
や
調
度
品
が
  
し
か
し
 
リ
ビ
ン
グ
で
は
様
  
り
 
何
か
の
神
様
の
絵
や
タ
ペ
ス
ト
リ
|
が
壁
に
掛
か
っ
て
い
た
 °
  
イ
ン
ド
風
の
雑
貨
が
飾
っ
て
あ
  
先
生
が
中
か
ら
顔
を
覗
か
せ
 
彼
女
を
招
き
入
れ
た
 °
玄
関
に
は
  
 
  
 
い
ら
っ
し
ゃ
い
♪
 
  
 
  
い
た
 °
  
ち
ん
と
手
入
れ
が
行
き
届
い
て
  
ホ
|
ル
ま
で
の
間
に
は
落
ち
着
い
た
中
庭
が
あ
り
 
庭
木
に
は
き
  
ラ
ン
ス
を
抜
け
て
エ
レ
ベ
|
タ
  
そ
の
マ
ン
シ
ョ
ン
は
か
な
り
高
級
な
部
類
に
入
る
よ
う
で
エ
ン
ト
  
さ
で
あ
る
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
  
厚
手
の
コ
|
ト
の
上
か
ら
で
も
そ
の
胸
の
膨
ら
み
が
相
当
な
大
き

   

  
の
ペ
|
ジ
を
め
く
っ
た
 °
  
先
生
は
相
当
な
オ
カ
ル
ト
好
き
ら
し
く
目
を
嬉
々
と
輝
か
せ
て
本
  
わ
よ
 °
 
  
こ
の
部
分
よ
 
読
ん
で
み
る
  
 
こ
れ
は
ね
 
8
0
0
年
前
に
ヨ
|
ロ
ッ
パ
で
書
か
れ
た
本
な
の
 °
  
先
生
は
一
冊
の
本
を
広
げ
て
ペ
|
ジ
を
繰
っ
た
 °
  
ラ
テ
ン
語
だ
と
聞
か
さ
れ
た
が
∨
  
ま
で
に
見
た
こ
と
の
な
い
言
語
で
書
か
れ
て
い
た
 °
∧
後
に
中
世
  
で
装
丁
さ
れ
た
重
厚
な
本
で
今
  
戻
っ
て
き
た
 °
そ
の
本
た
ち
は
電
話
帳
ほ
ど
分
厚
く
 
な
め
し
皮
  
重
そ
う
に
抱
え
て
リ
ビ
ン
グ
に
  
し
ば
ら
く
し
て
 
早
乙
女
先
生
は
何
冊
か
の
古
め
か
し
い
書
籍
を
  
興
味
深
げ
に
眺
め
て
い
た
 °
  
ら
れ
た
奇
妙
な
オ
ブ
ジ
ェ
達
を
  
夏
美
は
先
生
の
淹
れ
た
ハ
|
ブ
テ
ィ
|
を
飲
み
な
が
ら
部
屋
に
飾
  
ら
も
胸
の
話
題
に
は
触
れ
な
い
よ
う
に
し
た
 °
  
そ
の
大
き
さ
に
目
を
留
め
な
が
  
も
そ
の
大
き
さ
を
主
張
し
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
早
乙
女
い
ず
み
は
  
り
付
い
て
お
り
 
い
や
が
応
に
  
色
の
セ
|
タ
|
は
大
き
な
胸
に
押
し
上
げ
ら
れ
て
ぴ
っ
ち
り
と
貼

   

  
 
こ
っ
ち
は
 
魔
術
大
全
と
い
う
世
界
中
の
呪
術
の
い
わ
ば
辞
典
  
先
生
は
中
で
も
最
も
厚
み
の
あ
る
本
を
開
い
た
 °
  
 
そ
れ
か
ら
 
も
う
一
冊
も
読
む
わ
ね
 °
 
  
の
豊
穣
の
大
地
を
取
り
戻
し
た
 °
 
  
そ
の
国
は
一
日
に
し
て
か
つ
て
  
か
な
森
に
な
り
 
虫
や
蛙
 
そ
れ
を
追
う
鳥
た
ち
が
舞
い
戻
り
 
  
り
 
枯
れ
木
だ
ら
け
の
林
は
豊
  
乳
を
流
す
と
 
干
か
ら
び
た
田
畑
に
は
青
々
と
し
た
草
が
生
い
茂
  
が
カ
|
ル
ヴ
ェ
ル
川
に
女
神
の
  
ほ
と
ば
し
る
女
神
の
乳
を
聖
な
る
ゴ
ブ
レ
ッ
ト
に
受
け
た
 °
王
女
  
は
デ
ル
レ
の
儀
式
を
執
り
行
い
 
  
城
に
戻
る
こ
ろ
に
は
そ
れ
は
と
て
も
大
き
く
な
っ
た
 °
白
い
騎
士
  
房
は
日
ご
と
に
大
き
く
な
り
 
  
っ
た
女
神
の
祝
福
を
授
け
た
 °
女
神
の
祝
福
を
受
け
た
王
女
の
乳
  
い
意
志
に
感
銘
し
 
秘
伝
で
あ
  
ウ
ィ
ラ
の
一
族
を
訪
ね
た
 °
ウ
ィ
ラ
族
の
長
は
王
女
の
慈
愛
と
強
  
案
じ
 
北
の
山
脈
に
赴
い
て
  
 
そ
の
国
の
王
女
は
凶
作
で
疲
弊
し
た
国
庫
と
民
た
ち
の
こ
と
を
  
と
読
み
始
め
た
 °
  
そ
し
て
先
生
は
見
知
ら
ぬ
言
語
が
書
か
れ
た
そ
の
本
を
ゆ
っ
く
り

   

  
ル
ク
を
出
さ
せ
る
た
め
の
デ
ル
レ
の
儀
式
と
考
え
ら
れ
る
 °
夢
の
  
れ
か
ら
後
の
行
為
は
女
神
の
ミ
  
づ
け
を
し
た
青
年
 
こ
の
青
年
は
ま
さ
に
白
い
騎
士
 °
そ
し
て
そ
  
め
た
の
 °
夏
美
さ
ん
の
手
に
口
  
っ
た
け
ど
 
そ
の
話
を
聞
い
て
こ
の
本
の
こ
と
が
私
の
頭
を
か
す
  
ド
 
燭
台
が
出
て
く
る
っ
て
言
  
 
夏
美
さ
ん
の
夢
に
は
中
世
風
の
古
い
部
屋
 
天
蓋
付
き
の
ベ
ッ
  
夏
美
は
真
剣
な
面
持
ち
で
先
生
の
話
を
聞
い
た
 °
  
 
グ
ラ
ン
ポ
ワ
・
・
・
 
  
が
か
か
っ
て
い
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
っ
て
思
っ
て
る
の
 °
 
  
美
さ
ん
に
は
こ
れ
と
同
じ
魔
法
  
 
私
は
ね
 °
夢
の
中
に
出
て
く
る
と
ん
で
も
な
く
大
き
な
胸
の
夏
  
も
言
わ
れ
る
 
  
ド
地
方
の
ウ
ィ
ラ
族
の
間
に
代
々
伝
え
ら
れ
る
 
女
神
の
祝
福
と
  
に
豊
穣
を
も
た
ら
す
 
ラ
マ
ン
  
化
す
る
 
乳
房
か
ら
流
れ
出
る
女
神
の
ミ
ル
ク
は
人
に
安
悦
と
地
  
|
テ
ル
を
吸
い
再
現
な
く
肥
大
  
 
グ
ラ
ン
ポ
ワ
 
白
魔
術
の
最
高
秘
伝
の
一
つ
 
乳
房
は
神
の
エ
  
わ
ね
 °
 
  
ね
 °
こ
の
部
分
を
読
ん
で
み
る














   

  
夏
美
は
夢
の
中
の
自
分
と
現
実
の
自
分
の
こ
と
を
考
え
た
 °
夢
の
  
何
を
意
味
す
る
の
か
は
わ
か
ら
な
い
け
ど
・
・
・
 
  
れ
が
ど
う
い
う
目
的
な
の
か
 
  
グ
ラ
ン
ポ
ワ
は
神
の
エ
|
テ
ル
を
吸
収
し
胸
を
膨
ら
ま
せ
る
 °
  
美
さ
ん
に
か
け
ら
れ
て
い
る
 °
  
る
 °
そ
の
夢
に
よ
っ
て
グ
ラ
ン
ポ
ワ
と
い
う
不
思
議
な
魔
法
が
夏
  
に
夢
を
通
じ
て
語
り
か
け
て
い
  
 
そ
う
考
え
る
の
が
妥
当
だ
と
思
う
わ
 °
あ
る
存
在
が
夏
美
さ
ん
  
 
私
に
魔
法
が
・
・
・
?
 
  
い
る
と
い
う
点
ね
 °
 
  
の
夏
美
さ
ん
に
引
き
継
が
れ
て
  
 
あ
と
 
不
可
解
な
の
は
こ
の
グ
ラ
ン
ポ
ワ
と
い
う
魔
法
が
現
代
  
生
は
少
し
残
念
そ
う
な
顔
を
し
た
 °
  
の
記
憶
が
な
い
と
答
え
る
と
先
  
で
よ
く
覚
え
て
い
な
い
の
で
あ
っ
た
 °
先
生
に
は
単
に
そ
の
部
分
  
快
感
に
気
を
失
っ
て
し
ま
う
の
  
夏
美
は
青
い
目
の
青
年
に
乳
房
を
責
め
ら
れ
た
挙
句
 
あ
ま
り
の
  
 
夢
の
最
後
・
・
・
で
す
か
 °
 
  
こ
の
推
論
の
通
り
な
ら
女
神
の
ミ
ル
ク
が
溢
れ
出
て
る
は
ず
よ
 °
 
  
最
後
は
ど
う
な
る
の
か
し
ら
?














   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
早
乙
女
い
ず
み
は
根
っ
か
ら
の
魔
術
オ
タ
ク
で
あ
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
の
夜
に
行
う
も
の
な
の
 °
 
  
夜
 
7
時
に
ま
た
こ
こ
に
来
て
く
れ
る
?
デ
ル
レ
の
儀
式
は
満
月
  
・
・
・
 °
一
週
間
後
の
満
月
の
  
 
私
の
推
測
が
本
当
か
ど
う
か
 °
試
し
て
み
た
い
こ
と
が
あ
る
の
  
れ
た
目
つ
き
で
夏
美
を
見
据
え
た
 °
  
先
生
は
ハ
|
ブ
テ
ィ
|
で
一
息
つ
き
な
が
ら
 
好
奇
心
に
満
ち
溢
  
が
な
い
 °
  
だ
と
す
る
と
ベ
ッ
ト
に
横
た
わ
っ
て
い
る
の
は
自
分
で
あ
る
は
ず
  
中
が
8
0
0
年
も
昔
の
出
来
事














  > ≫