を
進
ん
で
ゆ
く
 °
リ
ム
ナ
ス
の
城
下
町
は
や
が
て
終
わ
り
 
の
ど
  
貴
族
の
門
を
出
る
と
石
畳
の
道
  
馬
車
は
二
頭
立
て
の
立
派
な
も
の
で
 
内
装
も
豪
華
で
あ
っ
た
 °
  
に
乗
り
込
ん
だ
 °
  
三
人
は
朝
食
を
済
ま
し
た
あ
と
 
自
分
た
ち
に
準
備
さ
れ
た
馬
車
  
て
峠
の
要
塞
を
目
指
す
の
だ
 °
  
た
 °
今
日
は
そ
の
馬
車
に
乗
っ
  
く
れ
た
上
に
 
そ
こ
ま
で
の
馬
車
も
準
備
す
る
と
約
束
し
て
く
れ
  
峠
の
要
塞
の
通
行
を
許
可
し
て
  
昨
日
 
マ
ド
ラ
司
祭
は
辺
境
の
地
パ
ロ
|
ナ
へ
の
通
過
点
で
あ
る
  
こ
え
 
人
々
が
活
動
し
始
め
た
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
  
窓
の
外
か
ら
馬
の
い
な
な
き
が
聞
  
事
が
振
る
舞
わ
れ
 
心
地
よ
い
寝
床
が
準
備
さ
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
好
意
に
よ
り
昨
晩
は
豪
華
な
食
  
内
の
瀟
洒
な
し
つ
ら
え
の
部
屋
で
朝
を
迎
え
た
 °
マ
ド
ラ
司
祭
に
  
冴
木
 
早
乙
女
の
三
人
は
城
  
教
会
の
鳴
ら
す
鐘
の
音
が
城
の
中
ま
で
鳴
り
響
い
て
い
た
 °
夏
美
 
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
夏
美
の
夜
の
夢




















≪ <  

  
っ
た
 °
  
一
の
接
点
で
あ
り
 
そ
こ
を
越
え
れ
ば
辺
境
の
地
パ
ロ
|
ナ
で
あ
  
こ
こ
は
山
の
向
こ
う
側
と
の
唯
  
る
 °
連
山
の
切
れ
目
に
当
た
る
と
こ
ろ
に
峠
の
要
塞
が
あ
っ
た
 °
  
の
山
々
の
お
陰
と
言
わ
れ
て
い
  
防
い
で
き
た
 °
リ
ム
ナ
ス
の
国
が
永
く
平
和
で
い
ら
れ
た
の
も
こ
  
北
方
か
ら
の
異
民
族
の
侵
入
を
  
い
 °
リ
ム
ナ
ス
の
天
険
と
呼
ば
れ
る
そ
の
山
々
は
古
の
時
代
か
ら
  
肌
が
夕
日
に
照
ら
さ
れ
て
美
し
  
北
の
方
角
を
眺
め
る
と
高
く
険
し
い
山
々
が
連
な
っ
て
お
り
 
  
日
が
暮
れ
る
前
に
峠
の
要
塞
を
望
む
と
こ
ろ
ま
で
や
っ
て
き
た
 °
  
馬
車
は
快
調
に
進
路
を
進
み
 
  
の
馬
車
は
激
し
く
上
下
に
揺
れ
た
 °
時
々
休
み
を
取
り
な
が
ら
も
  
道
は
平
た
ん
で
は
な
く
快
速
  
石
畳
の
道
は
や
が
て
終
わ
り
 
土
埃
を
巻
き
上
げ
て
馬
車
は
走
る
 °
  
で
く
れ
る
の
だ
 °
  
歩
い
て
三
日
以
上
か
か
る
距
離
を
た
っ
た
一
日
で
目
的
地
へ
運
ん
  
と
い
う
 °
駿
馬
の
馬
車
は
通
常
  
御
者
に
よ
れ
ば
日
暮
れ
ま
で
に
は
何
と
か
峠
の
要
塞
ま
で
着
け
る
  
か
な
田
園
風
景
に
変
わ
る
 °















   

  
 
サ
オ
ト
メ
さ
ん
 
今
日
は
も
う
遅
い
か
ら
明
日
来
て
く
れ
っ
て
  
御
者
は
言
う
 °
  
な
い
と
み
て
早
乙
女
が
二
人
の
方
へ
と
階
段
を
昇
っ
て
行
っ
た
 °
  
子
を
眺
め
て
い
た
が
埒
が
あ
か
  
何
や
ら
口
論
を
始
め
た
よ
う
だ
っ
た
 °
三
人
は
し
ば
ら
く
そ
の
様
  
者
の
顔
色
が
変
わ
り
 
二
人
は
  
し
ば
ら
く
し
て
衛
兵
は
出
て
く
る
と
御
者
に
何
や
ら
伝
え
る
 °
  
兵
は
砦
の
中
に
姿
を
消
し
た
 °
  
者
は
衛
兵
に
喋
り
か
け
る
と
衛
  
な
門
が
あ
り
 
門
の
横
に
は
一
人
の
衛
兵
が
立
哨
し
て
い
た
 °
  
た
 °
石
で
で
き
た
砦
に
は
大
き
  
御
者
は
入
口
で
馬
車
を
止
め
て
 
要
塞
の
階
段
を
上
が
っ
て
い
っ
  
 
ふ
|
う
 
や
っ
と
着
い
た
わ
 °
ひ
ど
い
道
だ
っ
た
わ
ね
 °
 
  
込
ん
だ
 °
  
早
乙
女
は
馬
車
か
ら
降
り
て
新
鮮
な
空
気
を
胸
い
っ
ぱ
い
に
吸
い
  
堅
牢
な
砦
で
あ
っ
た
 °
  
れ
た
峠
の
要
塞
は
石
づ
く
り
の
  
た
と
き
に
は
日
は
暮
れ
か
け
よ
う
と
し
て
い
た
 °
岩
肌
に
建
て
ら
  
峠
の
要
塞
の
前
に
た
ど
り
着
い
  
御
者
は
き
つ
い
登
り
坂
を
ゆ
っ
く
り
と
馬
車
を
進
め
 
よ
う
や
く

   

  
か
と
急
い
で
階
段
を
昇
っ
て
い
く
 °
衛
兵
は
下
か
ら
一
人
の
娘
が
  
夏
美
を
呼
ん
だ
 °
夏
美
は
何
事
  
早
乙
女
は
手
を
振
り
な
が
ら
大
き
な
声
で
馬
車
の
と
こ
ろ
に
い
る
  
 
夏
美
|
 
こ
っ
ち
ま
で
来
て
|
 
  
早
乙
女
は
ふ
と
例
の
と
っ
て
お
き
の
方
法
を
思
い
出
し
た
 °
  
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
ラ
ブ
ル
に
巻
き
込
ま
れ
参
っ
て
  
御
者
も
よ
う
や
く
今
日
一
日
の
仕
事
が
終
わ
る
と
い
う
と
き
に
ト
  
ま
う
し
 
参
り
ま
し
た
ね
 °
 
  
 
宿
の
あ
る
村
ま
で
引
返
す
と
な
る
と
相
当
時
間
が
か
か
っ
て
し
  
と
は
し
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
 
早
乙
女
の
頼
み
に
も
衛
兵
は
頑
な
な
態
度
を
変
え
よ
う
  
て
も
ら
え
な
い
か
し
ら
?
 
  
う
一
度
 
上
の
方
に
取
り
合
っ
  
 
あ
の
 
衛
兵
さ
ん
 °
私
た
ち
先
を
急
ぐ
ん
で
す
 °
ど
う
に
か
も
  
乙
女
が
口
を
開
く
 °
  
衛
兵
は
上
の
命
令
だ
と
の
一
点
張
り
で
頑
と
し
て
譲
ら
な
い
 °
  
・
 
  
れ
て
な
い
し
 
そ
り
ゃ
な
い
だ
ろ
っ
て
言
っ
て
る
ん
で
す
が
・
・
  
言
う
ん
で
す
よ
 °
ま
だ
日
は
暮














   

  
男
は
三
人
の
顔
を
睨
み
付
け
る
よ
う
に
検
分
し
て
か
ら
視
線
を
夏
  
っ
た
く
 
  
 
な
あ
ん
だ
 °
今
日
は
早
々
に
店
じ
ま
い
し
た
は
ず
だ
が
・
・
・
  
酒
臭
い
息
を
し
て
い
た
 °
  
ハ
ス
バ
ル
は
ま
だ
日
が
暮
れ
て
い
な
い
の
に
明
ら
か
に
赤
ら
顔
で
  
名
前
は
ハ
ス
バ
ル
と
言
っ
た
 °
  
早
速
 
三
人
は
こ
の
要
塞
を
預
か
る
男
の
前
に
導
か
れ
た
 °
男
の
  
大
き
な
木
の
扉
か
ら
峠
の
要
塞
に
足
を
踏
み
入
れ
た
の
だ
っ
た
 °
  
人
は
御
者
に
礼
を
言
っ
て
別
れ
 
  
し
ば
ら
く
し
て
三
人
は
砦
の
中
に
通
さ
れ
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
 
や
は
り
 °
破
壊
力
抜
群
ね
♪
 
  
び
砦
の
中
に
入
っ
て
い
っ
た
 °
  
夏
美
が
口
を
開
く
ま
で
も
な
く
 
衛
兵
は
わ
か
っ
た
と
言
っ
て
再
  
し
て
も
こ
こ
を
通
り
た
い
っ
て
 °
 
  
 
あ
な
た
か
ら
も
こ
の
衛
兵
さ
ん
に
お
願
い
し
て
 °
私
た
ち
ど
う
  
巨
大
さ
に
目
を
丸
く
し
た
 °
  
さ
ゆ
さ
と
大
き
く
左
右
に
揺
れ
て
い
る
 °
衛
兵
は
そ
の
娘
の
胸
の
  
し
 
そ
の
巨
大
な
膨
ら
み
は
ゆ
  
眺
め
た
 °
修
道
服
に
身
を
包
ん
だ
娘
の
胸
は
大
き
く
前
に
張
り
出
  
階
段
を
上
が
っ
て
く
る
様
子
を














   

  
は
戻
る
だ
ろ
う
 °
 
  
 
わ
り
い
が
 
使
者
が
戻
っ
て
く
る
ま
で
待
つ
ん
だ
 °
明
後
日
に
  
 
そ
 
そ
う
な
ん
で
す
か
 
  
ん
 °
 
  
や
る
 °
し
か
し
 
許
可
が
出
る
ま
で
こ
こ
を
抜
け
る
こ
と
は
で
き
  
イ
メ
リ
ア
に
は
使
者
を
出
し
て
  
足
を
踏
み
入
れ
る
に
は
イ
メ
リ
ア
国
王
の
許
可
も
必
要
な
ん
だ
 °
  
メ
リ
ア
国
と
の
緩
衝
地
帯
だ
 °
  
 
わ
か
っ
て
ら
ぁ
 °
し
か
し
な
 
辺
境
の
地
パ
ロ
|
ナ
は
隣
国
イ
  
こ
こ
に
マ
ド
ラ
司
祭
の
許
可
証
も
あ
り
ま
す
 °
 
  
通
ら
せ
て
も
ら
い
た
い
の
で
す
 °
  
 
私
た
ち
は
パ
ロ
|
ナ
に
い
る
ノ
ラ
司
祭
を
探
す
た
め
に
こ
こ
を
  
早
乙
女
が
そ
の
視
線
を
遮
る
よ
う
に
前
に
出
た
 °
  
っ
た
 °
  
男
が
夏
美
に
向
け
て
く
る
視
線
は
気
持
ち
の
良
い
も
の
で
は
な
か
  
と
ん
で
も
ね
ぇ
な
・
・
・
 °
 
  
い
う
か
ら
見
て
み
た
ら
確
か
に
  
 
な
る
ほ
ど
 °
と
ん
で
も
ね
ぇ
お
っ
ぱ
い
を
し
た
娘
が
来
た
っ
て
  
止
め
た
 °
  
美
の
胸
の
膨
ら
み
の
と
こ
ろ
で














   

  
に
上
が
ら
ん
し
 °
マ
ド
ラ
の
時
  
食
事
だ
け
は
ご
め
ん
だ
ぜ
 °
物
の
値
段
は
上
が
る
が
給
料
は
一
向
  
羨
ま
し
が
ら
れ
る
が
 
こ
こ
の
  
 
ま
っ
た
く
酷
い
食
事
だ
ろ
?
兵
士
は
食
い
っ
ぱ
ぐ
れ
が
な
い
と
  
一
人
の
兵
士
が
話
し
か
け
て
き
た
 °
  
ス
|
プ
を
胃
袋
に
収
め
た
 °
  
三
人
は
兵
士
た
ち
の
食
堂
で
硬
い
パ
ン
と
土
の
よ
う
な
味
の
す
る
  
ハ
ス
バ
ル
は
部
下
の
兵
士
に
怒
鳴
り
つ
け
る
よ
う
に
言
い
つ
け
た
 °
  
し
ろ
!
今
す
ぐ
だ
 °
 
  
人
分
の
食
事
と
ベ
ッ
ド
を
用
意
  
 
へ
へ
っ
 
あ
り
が
て
え
 
こ
れ
で
イ
イ
酒
に
あ
り
つ
け
る
 °
  
う
だ
っ
た
 °
  
ス
バ
ル
は
そ
れ
に
満
足
し
た
よ
  
早
乙
女
は
袋
か
ら
銀
貨
を
取
り
出
し
ハ
ス
バ
ル
に
手
渡
し
た
 °
  
だ
 °
 
  
・
・
・
一
人
当
た
り
銀
貨
1
枚
  
 
あ
あ
?
 
い
い
ぜ
 °
こ
の
辺
り
に
宿
は
な
い
か
ら
な
 °
た
だ
し
  
な
い
で
し
ょ
う
か
?
 
  
 
あ
の
う
・
・
・
 °
今
日
は
こ
こ
に
泊
め
て
も
ら
う
こ
と
は
で
き
  
そ
う
言
わ
れ
る
と
三
人
は
待
つ
以
外
方
法
は
な
か
っ
た
 °




   

  
パ
ロ
|
ナ
に
は
何
度
か
捜
索
隊
を
送
っ
た
が
見
つ
け
ら
れ
ず
空
振
  
え
て
い
る
っ
て
言
わ
れ
て
る
 °
  
リ
ル
姫
を
病
気
の
オ
リ
ビ
ア
女
王
に
代
え
て
女
王
に
し
よ
う
と
考
  
魔
術
を
求
め
て
い
る
と
か
 
  
 
さ
あ
 
詳
し
く
は
し
ら
ん
が
噂
で
は
ノ
ラ
司
祭
が
知
る
禁
断
の
  
や
り
場
に
困
っ
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
載
っ
て
い
る
巨
大
な
胸
に
目
の
  
兵
士
は
夏
美
の
方
に
振
り
返
っ
た
が
 
テ
|
ブ
ル
に
ど
っ
か
り
と
  
て
何
な
ん
で
し
ょ
う
?
 
  
 
マ
ド
ラ
さ
ん
が
ノ
ラ
司
祭
や
メ
リ
ル
姫
を
探
し
て
い
る
理
由
っ
  
だ
信
じ
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
評
判
が
悪
い
と
は
夏
美
に
は
未
  
昨
日
 
自
分
た
ち
に
は
と
て
も
親
切
だ
っ
た
マ
ド
ラ
が
こ
れ
ほ
ど
  
だ
 °
 
  
り
立
て
て
 
俺
た
ち
縁
の
な
い
者
は
こ
ん
な
山
奥
に
送
ら
れ
る
ん
  
ね
ぇ
 °
取
り
巻
き
ば
か
り
を
取
  
 
そ
り
ゃ
そ
う
だ
 °
ド
ケ
チ
で
私
腹
を
肥
や
す
こ
と
し
か
考
え
て
  
 
マ
ド
ラ
司
祭
に
つ
い
て
あ
ま
り
良
い
話
は
聞
か
な
い
わ
ね
 °
 
  
早
乙
女
が
兵
士
の
相
手
に
な
る
 °
  
代
に
な
っ
て
か
ら
は
ひ
ど
い
も
ん
だ
 °
 










   

  
食
事
を
取
り
終
え
て
三
人
は
そ
れ
ぞ
れ
に
用
意
さ
れ
た
部
屋
に
入
  
 
  
か
り
気
分
は
重
く
な
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
が
相
当
厳
し
く
な
る
こ
と
が
わ
  
三
人
は
見
知
ら
ぬ
兵
士
か
ら
貴
重
な
情
報
を
得
た
の
だ
が
 
前
途
  
き
な
か
っ
た
の
も
ガ
イ
ル
を
恐
れ
た
か
ら
な
ん
だ
 °
 
  
ラ
の
捜
索
隊
が
自
由
に
捜
索
で
  
リ
ル
姫
に
は
野
戦
の
プ
ロ
 
ガ
イ
ル
将
軍
も
つ
い
て
い
る
 °
マ
ド
  
る
ら
し
い
か
ら
な
 °
そ
れ
に
メ
  
 
な
ん
で
も
ノ
ラ
司
祭
は
不
思
議
な
術
を
使
っ
て
身
を
隠
し
て
い
  
三
人
は
が
っ
か
り
と
気
落
ち
し
た
 °
  
わ
ね
・
・
・
 
  
 
捜
索
隊
が
探
し
て
見
つ
け
ら
れ
な
い
ん
じ
ゃ
 
簡
単
じ
ゃ
な
い
  
丁
重
な
扱
い
に
つ
い
て
も
す
ん
な
り
と
納
得
が
行
く
 °
  
そ
う
考
え
る
と
昨
日
 
今
日
の
  
ノ
ラ
司
祭
を
私
た
ち
三
人
に
探
さ
せ
よ
う
と
い
う
魂
胆
な
の
だ
 °
  
探
し
て
も
見
つ
か
ら
な
か
っ
た
  
早
乙
女
は
マ
ド
ラ
の
腹
の
中
が
読
め
て
き
た
 °
自
分
た
ち
が
何
度
  
 
そ
う
だ
っ
た
ん
で
す
か
・
・
・
 
  
り
に
終
わ
っ
て
い
る
 °
 
















   

  
両
腕
で
抱
え
る
よ
う
に
裸
の
胸
  
夏
美
は
胸
に
巻
い
た
布
を
解
き
終
わ
る
と
ほ
っ
と
息
を
つ
い
た
 °
  
変
な
気
分
に
な
る
の
を
彼
女
は
必
死
に
我
慢
し
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
揺
れ
る
度
に
修
道
服
に
擦
れ
て
  
に
も
い
か
な
か
っ
た
 °
布
の
間
か
ら
は
み
出
し
た
乳
首
は
馬
車
が
  
ま
く
い
か
ず
 
巻
き
直
す
わ
け
  
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
途
中
で
布
を
直
そ
う
と
試
み
た
が
う
  
し
ず
つ
ず
れ
て
こ
の
よ
う
に
な
  
い
る
 °
今
日
 
一
日
中
馬
車
で
激
し
く
揺
ら
れ
て
い
る
う
ち
に
少
  
房
と
尖
っ
た
乳
頭
が
の
ぞ
い
て
  
と
一
息
つ
く
 °
胸
に
巻
い
て
い
た
布
が
ず
れ
て
隙
間
か
ら
白
い
乳
  
ベ
ッ
ド
に
腰
を
下
ろ
し
て
ほ
っ
  
夏
美
は
部
屋
の
扉
に
閂
を
か
け
て
修
道
服
を
す
っ
ぽ
り
脱
い
だ
 °
  
明
を
受
け
た
 °
  
れ
て
あ
る
 °
風
呂
は
な
い
の
で
こ
の
布
で
身
体
を
拭
う
の
だ
と
説
  
水
が
入
っ
た
木
桶
と
布
が
置
か
  
具
も
あ
ち
こ
ち
擦
り
切
れ
て
色
褪
せ
て
い
る
 °
部
屋
の
傍
ら
に
は
  
部
屋
だ
 °
ベ
ッ
ド
は
固
く
 
  
幾
分
ま
し
で
は
あ
る
が
 
ベ
ッ
ド
と
机
 
椅
子
し
か
な
い
簡
素
な
  
っ
た
 °
兵
士
が
使
う
も
の
よ
り














   

  
こ
と
は
で
き
な
い
 °
そ
の
状
況
  
両
隣
の
部
屋
に
は
早
乙
女
と
冴
木
が
い
る
た
め
少
し
も
声
を
出
す
  
め
ら
れ
な
い
よ
ぉ
・
・
・
∨
 
  
 
∧
あ
ん
っ
・
・
・
あ
っ
・
・
・
あ
っ
・
・
・
だ
め
ぇ
・
・
・
や
  
え
る
 °
  
引
っ
張
り
な
が
ら
捩
じ
り
を
加
  
夏
美
は
い
け
な
い
と
は
わ
か
り
な
が
ら
も
両
指
で
乳
首
を
つ
ま
み
  
 
∧
あ
っ
∨
 
  
声
を
漏
ら
し
そ
う
に
な
る
 °
  
だ
け
で
甘
い
感
覚
が
広
が
り
 
  
大
き
く
な
っ
た
胸
は
一
段
と
感
度
が
増
し
 
乳
首
に
軽
く
触
れ
た
  
て
た
 °
  
の
表
面
に
這
わ
せ
な
が
ら
そ
の
疼
き
の
中
心
で
あ
る
乳
頭
部
に
当
  
た
 °
夏
美
は
小
さ
な
手
を
乳
房
  
一
日
中
刺
激
を
受
け
続
け
た
胸
の
疼
き
は
一
向
に
収
ま
ら
な
か
っ
  
1
5
0
セ
ン
チ
の
間
く
ら
い
と
だ
ろ
う
と
推
測
し
た
 °
 
  
サ
イ
ズ
は
1
4
0
セ
ン
チ
と
  
1
タ
|
ク
∧
約
4
セ
ン
チ
∨
ほ
ど
成
長
し
て
い
る
よ
う
に
感
じ
る
 °
  
数
値
は
わ
か
ら
な
い
が
 
日
に
  
を
持
ち
上
げ
胸
の
大
き
さ
を
確
認
す
る
 °
メ
ジ
ャ
|
が
な
い
の
で

   

  
夏
美
は
必
死
に
声
を
押
し
殺
し
 
両
乳
首
を
咥
え
た
ま
ま
絶
頂
に
  
 
∧
あ
あ
あ
ん
っ
!
だ
め
ぇ
・
・
・
∨
 
  
ペ
チ
ャ
ペ
チ
ャ
と
乳
首
を
舐
め
る
音
だ
け
が
部
屋
の
中
に
響
い
た
 °
  
が
ら
舌
先
で
そ
れ
ら
を
刺
激
す
る
 °
  
そ
し
て
両
乳
首
を
一
度
に
自
ら
の
口
に
含
み
 
唇
で
引
っ
張
り
な
  
 
∧
く
は
あ
っ
 °
気
持
ち
い
い
っ
 ° 
  
め
る
 °
胸
が
大
き
い
お
陰
で
簡
単
に
乳
首
が
口
元
に
届
い
た
 °
  
方
の
乳
首
を
舌
で
ペ
ロ
リ
と
舐
  
が
ら
 
二
つ
の
大
き
な
乳
房
を
ぐ
っ
と
顔
の
近
く
ま
で
寄
せ
て
両
  
吸
わ
れ
る
と
こ
ろ
を
妄
想
し
な
  
夏
美
は
ベ
ッ
ド
で
身
を
悶
え
さ
せ
な
が
ら
冴
木
に
胸
を
舐
め
ら
れ
 
  
て
く
だ
さ
い
・
・
・
∨
 
  
 
∧
わ
た
し
の
お
っ
ぱ
い
を
 
お
っ
ぱ
い
を
め
ち
ゃ
く
ち
ゃ
に
し
  
み
 
乳
首
を
つ
ま
ん
だ
り
弾
い
た
り
す
る
 °
  
冴
木
が
す
る
よ
う
に
胸
を
揉
  
夏
美
は
冴
木
が
大
き
な
手
が
乳
房
を
弄
ぶ
様
子
を
思
い
浮
か
べ
た
 °
  
な
こ
と
を
し
て
い
ま
す
・
・
・
は
あ
は
あ
 ° 
 
  
夏
美
は
隣
で
こ
ん
な
に
エ
ッ
チ
  
 
∧
こ
の
壁
の
向
こ
う
に
冴
木
く
ん
が
い
る
 °
は
あ
は
あ
 °
稲
垣
  
も
ま
た
普
段
よ
り
夏
美
を
興
奮
さ
せ
る
 °










   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
い
っ
た
 °
  
っ
と
一
日
の
疲
れ
が
襲
っ
て
き
て
そ
の
ま
ま
深
い
眠
り
に
落
ち
て
  
達
し
た
 °
自
慰
を
し
た
後
は
ど














  > ≫