陽
の
光
が
わ
ず
か
に
し
か
入
ら
な
い
地
下
牢
で
は
人
の
顔
を
判
別
  
そ
れ
と
も
助
け
が
来
た
の
か
 °
  
マ
ド
ラ
が
自
分
た
ち
を
連
れ
出
そ
う
と
や
っ
て
き
た
の
だ
ろ
う
か
 °
  
二
人
は
身
を
す
く
ま
せ
警
戒
し
た
 °
  
降
り
て
く
る
音
が
鳴
り
響
い
た
 °
  
っ
て
き
た
よ
う
だ
っ
た
 °
地
下
牢
に
こ
つ
こ
つ
と
数
人
が
階
段
を
  
と
次
第
に
辺
り
の
喧
騒
が
収
ま
  
戦
闘
は
朝
に
な
っ
て
も
終
わ
ら
な
か
っ
た
 °
し
か
し
昼
前
に
な
る
  
 
  
う
す
る
こ
と
も
で
き
な
か
っ
た
 °
  
夏
美
の
こ
と
が
気
に
か
か
っ
た
が
牢
に
入
れ
ら
れ
た
二
人
に
は
ど
  
が
何
か
に
ぶ
つ
か
る
音
が
す
る
 °
  
破
壊
し
よ
う
と
す
る
重
い
音
が
響
き
 
投
石
器
か
ら
放
た
れ
た
石
  
の
喚
声
が
聞
こ
え
た
 °
城
門
を
  
城
の
外
で
は
戦
闘
が
行
わ
れ
て
い
る
ら
し
く
遠
く
か
ら
兵
士
た
ち
  
明
か
し
た
 °
  
早
乙
女
と
冴
木
は
マ
ド
ラ
に
軟
禁
さ
れ
 
城
の
地
下
牢
で
一
夜
を
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
夏
美
の
夜
の
夢




















≪ <  

  
心
配
そ
う
に
早
乙
女
が
訪
ね
る
 °
  
 
夏
美
は
無
事
で
し
ょ
う
か
?
 
  
ろ
う
 °
 
  
こ
の
牢
屋
に
入
る
こ
と
に
な
る
だ
  
 
ご
無
事
で
な
に
よ
り
 °
マ
ド
ラ
は
先
ほ
ど
捉
え
た
 °
も
う
す
ぐ
  
ろ
を
突
か
れ
て
敗
走
を
始
め
た
 °
  
繰
り
返
し
た
後
 
反
乱
軍
に
後
  
リ
ム
ナ
ス
軍
の
本
隊
は
イ
メ
リ
ア
軍
と
対
峙
し
 
小
競
り
合
い
を
  
く
一
夜
で
陥
落
し
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
破
を
許
し
 
大
し
た
戦
闘
も
な
  
寄
せ
た
 °
虚
を
突
か
れ
た
リ
ム
ナ
ス
軍
は
あ
っ
け
な
く
城
門
の
突
  
軍
と
呼
応
し
一
気
に
城
に
押
し
  
ガ
イ
ル
将
軍
は
峠
の
要
塞
を
落
と
し
た
後
 
リ
ム
ナ
ス
内
の
反
乱
  
 
や
っ
た
の
で
す
ね
!
マ
ド
ラ
を
倒
し
た
の
で
す
ね
!
?
 
  
二
人
は
緊
張
か
ら
解
け
一
気
に
喜
び
を
爆
発
さ
せ
た
 °
  
 
ガ
イ
ル
将
軍
!
 
  
男
は
立
派
な
髭
を
蓄
え
た
見
覚
え
の
あ
る
男
で
あ
っ
た
 °
  
が
浮
か
び
上
が
っ
て
き
た
 °
  
か
が
階
段
を
降
り
切
っ
て
こ
ち
ら
に
や
っ
て
く
る
 °
次
第
に
 
  
す
る
の
は
困
難
だ
っ
た
 °
何
者














   

  
女
王
は
両
腕
を
ベ
ッ
ド
に
踏
ん
張
り
 
自
力
で
上
半
身
を
起
こ
し
  
回
し
た
 °
  
み
が
そ
こ
に
は
な
か
っ
た
 °
彼
女
は
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
と
辺
り
を
見
  
座
し
て
い
た
巨
大
な
胸
の
膨
ら
  
オ
リ
ビ
ア
が
ふ
と
胸
元
を
見
下
ろ
す
と
昨
日
ま
で
山
の
よ
う
に
鎮
  
て
い
な
い
 °
  
の
だ
 °
そ
の
後
の
こ
と
は
覚
え
  
冴
木
に
胸
を
吸
わ
れ
 
快
感
の
あ
ま
り
に
気
を
失
っ
て
し
ま
っ
た
  
い
出
す
 °
い
や
途
中
で
は
な
い
 °
  
昨
日
の
儀
式
の
途
中
で
つ
い
眠
り
に
落
ち
て
し
ま
っ
た
こ
と
を
思
  
オ
リ
ビ
ア
女
王
は
東
の
塔
の
最
上
階
の
部
屋
で
目
を
覚
ま
し
た
 °
  
 
  
 
  
ガ
イ
ル
の
豪
快
な
笑
い
声
が
広
い
地
下
牢
に
鳴
り
響
い
た
 °
  
は
ひ
と
え
に
サ
オ
ト
メ
殿
の
お
陰
だ
 °
わ
っ
は
っ
は
 °
 
  
な
く
マ
ド
ラ
を
捉
え
ら
れ
た
の
  
 
し
か
し
 
筋
書
き
通
り
に
こ
と
が
運
ん
だ
な
!
大
し
た
犠
牲
も
  
二
人
は
ホ
ッ
と
胸
を
な
で
お
ろ
し
た
の
で
あ
っ
た
 °
  
 
よ
か
っ
た
 °
 
  
 
あ
あ
 
大
丈
夫
だ
 °
元
気
に
し
て
い
る
 °
 








   

  
牢
屋
に
入
れ
ら
れ
て
た
の
よ
 °
 
  
 
え
え
 
デ
ル
レ
は
無
事
に
終
わ
っ
た
ん
だ
け
ど
 
そ
の
あ
と
 
  
早
乙
女
と
夏
美
は
手
を
取
り
合
っ
て
お
互
い
の
無
事
を
確
か
め
た
 °
  
き
ま
し
た
 °
 
  
 
は
い
 °
私
は
何
と
も
 °
そ
れ
よ
り
二
人
こ
そ
大
変
だ
っ
た
と
聞
  
 
夏
美
 
無
事
だ
っ
た
?
 
  
向
け
る
 °
  
は
に
こ
や
か
な
笑
顔
を
二
人
に
  
扉
を
開
け
て
中
に
入
る
と
ベ
ッ
ド
の
上
の
夏
美
が
迎
え
た
 °
夏
美
  
向
か
っ
た
 °
部
屋
の
入
り
口
は
パ
ロ
|
ナ
の
兵
士
が
守
っ
て
い
る
 °
  
と
す
ぐ
さ
ま
夏
美
の
部
屋
へ
と
  
早
乙
女
と
冴
木
は
ガ
イ
ル
将
軍
に
助
け
ら
れ
 
地
下
牢
か
ら
出
る
  
 
  
 
  
し
た
 °
  
彼
女
の
声
が
広
い
部
屋
に
こ
だ
ま
  
す
る
 °
オ
リ
ビ
ア
は
嬉
し
く
な
り
大
き
な
声
で
侍
女
を
呼
ん
だ
 °
  
救
い
上
げ
て
そ
の
軽
さ
を
実
感
  
裸
の
胸
は
美
し
い
球
状
の
乳
房
に
戻
っ
て
い
る
 °
両
手
で
乳
房
を
  
た
 °
驚
く
ほ
ど
身
体
が
軽
い
 °














   

  
し
れ
な
い
わ
 °
 
  
 
本
当
は
触
っ
て
欲
し
い
け
ど
 
先
生
が
帰
っ
て
き
ち
ゃ
う
か
も
  
 
う
ん
 °
 
  
 
触
り
た
い
?
 
  
冴
木
は
う
ん
と
肯
く
 °
  
 
大
き
い
で
し
ょ
?
 
  
し
た
 °
  
冴
木
は
大
き
な
胸
の
膨
ら
み
に
手
を
触
れ
な
が
ら
夏
美
に
キ
ス
を
  
 
稲
垣
も
 
無
事
で
よ
か
っ
た
 °
 
  
 
冴
木
く
ん
・
・
・
心
配
し
た
よ
 
  
二
人
に
な
っ
た
 °
  
部
屋
の
中
は
夏
美
と
冴
木
の
  
し
ば
ら
く
し
て
早
乙
女
は
二
人
を
残
し
て
部
屋
か
ら
出
て
い
っ
た
 °
  
そ
う
言
っ
て
夏
美
は
苦
笑
し
た
 °
  
 
来
月
ま
で
待
つ
し
か
な
い
で
す
ね
・
・
・
 
  
に
ど
っ
か
り
と
鎮
座
し
て
い
る
 °
  
夏
美
の
乳
房
は
依
然
と
し
て
巨
大
な
ま
ま
で
あ
り
 
ベ
ッ
ド
の
上
  
ね
え
?
 
  
 
そ
の
せ
い
で
夏
美
に
デ
ル
レ
が
で
き
な
か
っ
た
じ
ゃ
な
い
の
 °
  
 
や
は
り
マ
ド
ラ
が
本
性
を
・
・
・
 °
 










   

  
は
驚
く
ほ
ど
白
い
 °
そ
の
折
れ
  
部
屋
に
は
美
し
い
オ
リ
ビ
ア
の
声
が
響
い
た
 °
手
足
は
細
く
 
  
ま
し
た
し
 
声
も
戻
り
ま
し
た
 °
 
  
し
た
 °
胸
も
こ
の
通
り
に
な
り
  
 
ナ
ツ
ミ
さ
ん
 
サ
エ
キ
さ
ん
 °
ど
う
も
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
  
こ
こ
ま
で
や
っ
て
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
し
て
も
夏
美
に
一
目
会
い
た
い
と
の
思
い
で
兵
士
に
支
え
な
が
ら
  
は
ず
だ
っ
た
 °
し
か
し
 
ど
う
  
二
人
は
驚
い
た
 °
オ
リ
ビ
ア
の
体
は
ま
だ
ひ
ど
く
衰
弱
し
て
い
る
  
 
も
う
大
丈
夫
な
の
で
す
か
?
 
  
 
女
王
さ
ま
!
 
  
つ
い
て
来
て
い
た
 °
  
早
乙
女
と
そ
の
後
ろ
か
ら
美
し
い
ド
レ
ス
姿
の
オ
リ
ビ
ア
女
王
が
  
う
 °
部
屋
に
入
っ
て
き
た
の
は
  
二
人
は
サ
ッ
と
身
体
を
引
い
て
何
事
も
な
か
っ
た
か
の
よ
う
に
繕
  
夏
美
の
部
屋
の
扉
を
ノ
ッ
ク
す
る
音
が
聞
こ
え
た
 °
  
 
  
 
  
た
 °
 °
  
冴
木
は
手
を
夏
美
の
胸
に
置
い
た
ま
ま
 
二
人
は
長
い
キ
ス
を
し

   

  
ま
っ
た
こ
と
に
責
任
を
感
じ
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
そ
の
胸
を
大
き
く
さ
せ
て
し
  
オ
リ
ビ
ア
は
自
分
の
せ
い
で
夏
美
に
ま
で
グ
ラ
ン
ポ
ワ
を
う
つ
し
 
  
ご
め
ん
な
さ
い
 °
 
  
 
そ
れ
よ
り
も
あ
な
た
が
こ
ん
な
胸
に
な
っ
て
し
ま
っ
て
・
・
・
  
オ
リ
ビ
ア
と
夏
美
は
手
を
取
り
合
っ
て
い
る
 °
  
 
今
は
何
も
起
こ
り
ま
せ
ん
わ
 °
大
丈
夫
で
す
 °
 
  
か
っ
た
 °
  
と
思
っ
た
が
 
何
も
起
こ
ら
な
  
早
乙
女
と
冴
木
が
叫
ん
だ
 °
こ
の
前
の
よ
う
な
共
鳴
が
起
こ
る
か
  
 
あ
っ
!
 
  
オ
リ
ビ
ア
は
夏
美
に
近
寄
り
 
手
を
差
し
伸
べ
る
 °
  
ビ
ア
で
構
い
ま
せ
ん
 °
 
  
 
あ
り
が
と
う
 °
で
も
そ
の
呼
び
方
は
や
め
て
く
だ
さ
い
 °
オ
リ
  
 
女
王
さ
ま
 
ど
う
ぞ
椅
子
に
掛
け
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
∧
1
3
2
セ
ン
チ
∨
だ
と
い
う
こ
と
で
あ
っ
た
 °
  
と
こ
ろ
に
よ
れ
ば
3
3
タ
|
ク
  
な
っ
た
と
は
い
え
十
分
な
爆
乳
で
あ
る
 °
後
日
 
夏
美
が
聞
い
た
  
ス
に
突
き
出
て
い
た
 °
小
さ
く
  
て
し
ま
い
そ
う
な
華
奢
な
身
体
に
対
し
て
バ
ス
ト
は
ア
ン
バ
ラ
ン

   

  
美
の
姿
が
見
え
な
い
こ
と
を
不
  
ガ
イ
ル
将
軍
と
早
乙
女
 
冴
木
は
城
門
で
彼
ら
を
出
迎
え
た
 °
  
次
の
日
 
ノ
ラ
司
祭
と
メ
リ
ル
姫
が
リ
ム
ナ
ス
の
城
に
到
着
し
た
 °
  
 
  
 
  
ッ
ド
の
上
で
療
養
す
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
戻
る
ま
で
し
ば
ら
く
の
間
 
  
そ
の
後
 
オ
リ
ビ
ア
は
自
室
に
戻
っ
た
 °
衰
弱
し
た
身
体
が
元
に
  
気
に
包
む
の
で
あ
っ
た
 °
  
は
周
囲
の
人
々
を
暖
か
い
雰
囲
  
オ
リ
ビ
ア
は
子
供
の
よ
う
に
無
邪
気
に
は
し
ゃ
い
だ
 °
そ
の
様
子
  
 
メ
リ
ル
も
!
元
気
な
の
で
す
ね
!
?
 
  
ル
姫
と
共
に
・
・
・
 
  
 
今
 
ノ
ラ
司
祭
は
こ
の
城
に
向
か
っ
て
い
る
そ
う
で
す
 °
メ
リ
  
オ
リ
ビ
ア
の
顔
が
パ
ッ
と
明
る
く
な
っ
た
 °
  
 
本
当
で
す
か
!
?
 
  
よ
 °
 
  
ラ
司
祭
が
グ
ラ
ン
ポ
ワ
の
解
呪
方
法
を
解
明
し
て
く
だ
さ
る
予
定
  
さ
く
な
り
ま
す
 °
そ
れ
に
 
  
 
オ
リ
ビ
ア
 
気
に
し
な
い
で
 °
こ
の
胸
も
デ
ル
レ
を
行
え
ば
小

   

  
は
メ
リ
ル
の
姿
を
認
め
て
飛
び
起
き
た
 °
オ
リ
ビ
ア
は
立
ち
上
が
  
に
横
た
わ
っ
て
い
た
オ
リ
ビ
ア
  
メ
リ
ル
は
オ
リ
ビ
ア
の
部
屋
の
扉
を
開
け
て
中
に
入
る
 °
ベ
ッ
ド
  
へ
と
向
か
っ
た
 °
  
メ
リ
ル
姫
は
夏
美
の
部
屋
を
後
に
し
 
オ
リ
ビ
ア
の
い
る
東
の
塔
  
 
あ
り
が
と
う
 °
で
は
後
で
ま
た
ゆ
っ
く
り
来
ま
す
わ
 °
 
  
に
会
い
に
行
っ
て
あ
げ
て
!
 
  
ル
 
そ
れ
よ
り
早
く
オ
リ
ビ
ア
  
 
私
は
平
気
よ
 °
デ
ル
レ
を
す
れ
ば
小
さ
く
な
る
ん
だ
し
 °
メ
リ
  
感
謝
い
た
し
ま
す
 °
 
  
 
オ
リ
ビ
ア
を
助
け
る
た
め
に
こ
う
な
ら
れ
た
の
で
す
ね
・
・
・
  
巨
大
さ
に
驚
き
を
隠
さ
な
か
っ
た
 °
  
だ
 °
メ
リ
ル
は
夏
美
の
乳
房
の
  
ベ
ッ
ド
の
上
の
夏
美
は
メ
リ
ル
の
顔
を
見
て
弾
け
る
よ
う
に
喜
ん
  
 
ナ
ツ
ミ
さ
ん
!
 
  
ム
ナ
ス
の
城
内
を
歩
い
た
 °
  
メ
リ
ル
は
大
き
な
胸
を
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
ら
し
な
が
ら
懐
か
し
い
リ
  
さ
ん
の
顔
を
窺
い
た
い
で
す
わ
 °
 
  
 
オ
リ
ビ
ア
に
も
早
く
会
い
た
い
と
こ
ろ
で
す
が
 
先
ず
ナ
ツ
ミ
  
審
が
る
メ
リ
ル
姫
に
早
乙
女
が
簡
単
に
事
の
顛
末
を
説
明
し
た
 °

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
の
で
あ
っ
た
 °
  
二
人
は
お
互
い
の
手
を
取
り
合
い
な
が
ら
と
め
ど
な
く
涙
を
流
す
  
っ
て
メ
リ
ル
の
抱
擁
を
受
け
る
 °













  > ≫