で
も
問
題
な
い
 °
お
っ
ぱ
い
に
貴
貧
な
し
だ
 °
た
だ
 
ど
ち
ら
か
  
ぱ
い
 
で
あ
れ
ば
貧
乳
  
き
な
の
だ
 °
巨
乳
が
好
き
と
い
う
訳
で
は
な
く
 
そ
れ
が
 
お
っ
  
は
極
度
の
お
っ
ぱ
い
好
  
い
趣
味
な
ら
あ
る
 °
一
言
で
い
え
ば
 
お
っ
ぱ
い
 
だ
 °
そ
う
僕
  
し
か
し
 
人
に
言
え
な
  
趣
味
・
特
技
も
人
に
自
慢
で
き
る
よ
う
な
も
の
は
何
一
つ
な
い
 °
  
立
つ
人
間
で
は
な
い
 °
  
な
い
 °
成
績
も
運
動
神
経
も
容
姿
も
普
通
 
特
に
取
り
立
て
て
目
  
童
貞
 
彼
女
は
ま
だ
  
僕
の
名
前
は
高
田
正
人
 
ご
く
平
凡
な
高
校
3
年
生
だ
 °
1
7
歳
 
  
 
  
入
れ
た
僕
の
話
を
し
よ
う
 °
  
ひ
ょ
ん
な
こ
と
で
手
に
  
妄
想
し
た
こ
と
は
な
い
だ
ろ
う
か
 °
そ
ん
な
夢
の
よ
う
な
能
力
を
  
っ
た
ら
・
・
・
な
ん
て
  
女
の
子
の
お
っ
ぱ
い
の
大
き
さ
を
自
由
に
変
え
ら
れ
る
能
力
が
あ
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
大
き
く
な
あ
れ




















≪ <  

  
隠
し
に
嫌
が
る
仕
草
を
  
豊
か
な
胸
の
膨
ら
み
に
埋
も
れ
て
し
ま
う
の
だ
っ
た
 °
僕
は
照
れ
  
さ
い
顔
は
お
姉
さ
ん
の
  
僕
を
呼
ん
で
思
い
切
り
ハ
グ
し
て
く
れ
た
 °
そ
の
た
び
に
僕
の
小
  
り
に
会
う
と
ま
あ
君
と
  
て
も
ら
っ
た
り
し
た
そ
う
だ
 °
僕
が
小
学
生
に
な
っ
て
も
久
し
ぶ
  
ら
っ
た
り
風
呂
に
入
れ
  
僕
は
お
姉
さ
ん
に
す
ご
く
可
愛
が
ら
れ
て
い
て
 
抱
っ
こ
し
て
も
  
だ
っ
た
 °
小
さ
い
頃
 
  
姉
さ
ん
で
当
時
高
校
1
年
生
だ
っ
た
が
 
こ
れ
が
か
な
り
の
巨
乳
  
僕
よ
り
8
歳
上
の
お
  
が
 
近
く
に
住
む
親
戚
の
お
姉
さ
ん
が
よ
く
遊
び
に
来
て
く
れ
た
 °
  
僕
は
一
人
っ
子
だ
っ
た
  
僕
が
お
っ
ぱ
い
に
目
覚
め
た
の
は
 
小
学
校
の
2
年
生
の
頃
だ
 °
  
め
る
と
き
り
が
な
い
 °
  
き
な
と
こ
ろ
を
挙
げ
始
  
っ
た
服
の
胸
元
 
走
る
と
ゆ
さ
ゆ
さ
と
上
下
に
揺
れ
る
様
子
 
  
丸
い
曲
線
 
盛
り
上
が
  
乳
を
選
ぶ
 °
あ
れ
ば
あ
っ
た
で
困
ら
な
い
 °
乳
房
が
描
く
優
美
な
  
選
べ
と
言
わ
れ
れ
ば
巨

















   

  
て
る
こ
と
が
で
き
る
よ
  
ら
で
も
か
な
り
の
確
率
で
女
の
子
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
サ
イ
ズ
を
当
  
け
た
結
果
 
服
の
上
か
  
い
っ
て
 
密
か
に
観
察
し
た
 °
こ
れ
ら
の
こ
と
を
中
学
3
年
間
続
  
る
と
聞
け
ば
出
か
け
て
  
の
入
れ
よ
う
だ
っ
た
 °
ま
た
 
他
の
ク
ラ
ス
 
学
年
に
巨
乳
が
い
  
を
チ
ェ
ッ
ク
す
る
ほ
ど
  
を
密
か
に
収
集
し
て
表
に
ま
と
め
 
彼
女
た
ち
の
バ
ス
ト
の
成
長
  
の
カ
ッ
プ
な
ど
の
情
報
  
一
枚
上
手
を
い
っ
て
い
た
 °
女
子
た
ち
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
 
ブ
ラ
  
僕
の
場
合
は
周
囲
よ
り
  
お
っ
ぱ
い
に
興
味
を
持
つ
こ
と
は
ご
く
普
通
の
こ
と
で
あ
る
が
 
  
た
 °
中
学
生
の
男
子
が
  
ク
ラ
ス
の
女
の
子
の
お
っ
ぱ
い
を
鑑
賞
し
て
楽
し
む
よ
う
に
な
っ
  
ま
っ
た
が
 
代
わ
り
に
  
中
学
生
に
な
る
と
そ
の
お
姉
さ
ん
と
会
う
こ
と
も
な
く
な
っ
て
し
  
出
す
こ
と
が
で
き
る
 °
  
今
で
も
そ
の
お
姉
さ
ん
の
豊
か
な
胸
の
感
触
を
あ
り
あ
り
と
思
い
  
し
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
見
せ
な
が
ら
も
ひ
そ
か
に
そ
の
お
っ
ぱ
い
ア
タ
ッ
ク
を
楽
し
み
に

   

  
ず
 
街
に
出
て
他
の
世
  
ま
た
僕
は
学
内
の
女
の
子
の
胸
を
鑑
賞
す
る
だ
け
に
は
飽
き
足
ら
  
っ
た
 °
  
こ
と
に
気
付
い
た
の
だ
  
膨
ら
み
が
認
識
で
き
る
微
乳
た
ち
に
も
十
分
な
萌
え
要
素
が
あ
る
  
ぶ
り
の
乳
 
わ
ず
か
に
  
つ
並
べ
た
よ
う
な
美
乳
 
手
の
ひ
ら
に
す
っ
ぽ
り
収
ま
る
や
や
小
  
に
な
っ
た
 °
お
椀
を
2
  
サ
イ
ズ
の
小
さ
い
乳
に
も
美
が
あ
る
こ
と
に
気
づ
か
さ
れ
る
よ
う
  
う
に
な
っ
た
 °
ま
た
 
  
い
 
大
き
さ
と
形
を
兼
ね
備
え
て
い
る
こ
と
が
重
要
と
考
え
る
よ
  
け
の
乳
に
は
興
味
を
失
  
り
質
を
求
め
る
よ
う
に
嗜
好
が
変
化
し
て
き
た
 °
た
だ
デ
カ
い
だ
  
ら
な
か
っ
た
が
 
量
よ
  
高
校
生
に
な
っ
て
も
僕
の
お
っ
ぱ
い
好
き
は
留
ま
る
と
こ
ろ
を
知
  
い
る
 °
  
っ
て
い
た
の
を
覚
え
て
  
い
ほ
ど
よ
く
 
ア
ダ
ル
ト
雑
誌
も
巨
乳
 
爆
乳
も
の
ば
か
り
を
買
  
胸
は
大
き
け
れ
ば
大
き
  
う
に
な
っ
た
 °
こ
の
頃
僕
は
と
に
か
く
巨
乳
に
目
が
な
か
っ
た
 °

   

  
お
気
に
入
り
の
席
だ
っ
た
 °
ふ
と
目
を
や
る
と
か
な
り
の
大
物
が
  
っ
ぱ
い
を
観
察
で
き
る
  
そ
こ
は
僕
の
特
等
席
で
陸
橋
の
階
段
か
ら
降
り
て
く
る
揺
れ
る
お
  
ン
チ
に
腰
か
け
て
い
た
 °
  
僕
は
い
つ
も
の
よ
う
に
女
の
子
の
胸
を
観
賞
す
る
た
め
公
園
の
ベ
  
こ
し
 
い
や
 
か
な
り
変
え
た
と
言
っ
て
い
い
だ
ろ
う
 °
  
来
事
が
僕
の
人
生
を
す
  
一
年
ほ
ど
前
の
こ
と
だ
 °
い
つ
も
の
公
園
 
そ
こ
で
起
こ
っ
た
出
  
 
  
う
に
な
っ
た
 °
  
イ
ズ
が
感
じ
取
れ
る
よ
  
女
性
を
感
知
す
る
と
目
を
動
か
さ
な
く
て
も
大
体
の
お
っ
ぱ
い
サ
  
な
が
ら
も
視
界
の
端
で
  
を
す
る
な
ど
の
幾
つ
か
の
工
夫
を
し
た
 °
次
第
に
本
を
目
で
追
い
  
そ
れ
に
目
を
通
す
ふ
り
  
ん
 
不
審
者
に
間
違
わ
れ
な
い
よ
う
に
手
に
は
文
庫
本
を
持
ち
 
  
を
見
つ
め
た
 °
も
ち
ろ
  
と
公
園
の
ベ
ン
チ
に
座
り
た
だ
ひ
た
す
ら
生
き
行
く
女
性
の
胸
元
  
さ
ず
 
学
校
が
終
わ
る
  
代
の
女
性
の
胸
も
観
察
し
始
め
た
 °
部
活
や
ク
ラ
ブ
な
ど
に
は
属

   

  
気
が
付
か
な
か
っ
た
よ
う
だ
 °
  
鑑
賞
す
る
の
に
夢
中
で
  
端
に
見
知
ら
ぬ
老
人
が
座
っ
て
い
る
の
だ
 °
ど
う
や
ら
女
の
子
を
  
座
っ
て
い
た
ベ
ン
チ
の
  
隣
か
ら
急
に
話
し
か
け
ら
れ
て
僕
は
ビ
ク
ッ
と
し
た
 °
僕
一
人
で
  
 
ほ
ほ
う
 
大
し
た
観
察
眼
じ
ゃ
 °
 
  
っ
て
し
ま
う
ん
だ
よ
と
心
の
中
で
さ
さ
や
い
た
 °
  
た
ち
の
視
姦
の
的
に
な
  
し
た
 °
き
ち
ん
と
合
っ
た
サ
イ
ズ
を
着
け
な
い
と
こ
の
よ
う
に
男
  
に
揺
れ
て
い
る
と
推
察
  
ブ
ラ
に
収
め
よ
う
と
し
て
い
る
か
ら
ホ
|
ル
ド
力
が
足
ら
ず
盛
大
  
を
E
の
ハ
|
フ
カ
ッ
プ
  
3
セ
ン
チ
の
F
カ
ッ
プ
と
推
定
し
た
 °
し
か
し
 
F
カ
ッ
プ
の
胸
  
ダ
|
7
0
 
ト
ッ
プ
9
  
階
段
を
降
り
る
と
胸
が
上
下
に
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
れ
て
い
る
 °
ア
ン
  
ッ
ト
し
て
い
な
い
の
か
  
そ
し
て
そ
の
膨
ら
み
は
な
か
な
か
の
も
の
だ
っ
た
 °
ブ
ラ
が
フ
ィ
  
か
の
会
社
員
の
よ
う
だ
 °
  
|
ツ
に
身
を
包
み
 
歳
は
ま
だ
2
0
代
の
前
半
だ
ろ
う
か
 
ど
こ
  
や
っ
て
く
る
 °
黒
い
ス

















   

  
 
ご
名
答
 
合
格
じ
ゃ
 °
 
  
っ
た
 °
  
目
の
前
を
そ
の
女
子
高
生
が
通
り
過
ぎ
て
い
く
と
老
人
は
僕
に
言
  
 
7
9
の
B
 
  
今
度
は
 
女
子
高
生
 
痩
せ
型
で
胸
の
膨
ら
み
は
あ
ま
り
な
い
 °
  
 
で
は
 
あ
ち
ら
は
ど
う
じ
ゃ
?
 
  
の
小
さ
な
声
で
囁
い
た
 °
  
僕
は
女
子
大
生
に
は
聞
こ
え
な
い
が
 
老
人
に
は
聞
こ
え
る
ほ
ど
  
 
8
4
の
D
 
  
い
う
の
か
 °
  
イ
ズ
を
当
て
て
み
ろ
と
  
何
を
言
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
 
こ
の
老
人
は
 °
僕
に
バ
ス
ト
サ
  
り
と
見
て
い
る
 °
  
老
人
は
公
園
の
反
対
側
か
ら
歩
い
て
く
る
女
子
大
生
の
方
を
ち
ら
  
 
次
の
お
な
ご
は
い
か
ほ
ど
と
見
る
?
 
  
か
答
え
に
窮
し
た
 °
  
僕
を
見
て
言
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
 °
僕
は
何
と
答
え
れ
ば
よ
い
  
欲
し
そ
う
に
見
て
い
た
  
僕
の
頭
の
中
が
わ
か
る
の
だ
ろ
う
か
 
そ
れ
と
も
揺
れ
る
胸
を
物
  
 
若
者
よ
 
お
ぬ
し
は
相
当
な
お
っ
ぱ
い
好
き
の
よ
う
じ
ゃ
な
 °
 

   

  
さ
れ
て
い
た
 °
  
ぱ
い
へ
の
思
い
を
聞
か
  
な
ん
な
ん
だ
?
と
僕
は
思
っ
た
 °
何
故
か
僕
は
そ
の
老
人
の
お
っ
  
れ
た
お
ぬ
し
が
羨
ま
し
い
わ
い
 °
 
  
そ
ん
な
時
代
に
生
ま
  
名
詞
だ
っ
た
が
 
今
で
は
E
や
F
は
当
た
り
前
と
い
う
時
代
じ
ゃ
 °
  
い
え
ば
大
き
な
乳
の
代
  
変
化
し
 
お
な
ご
の
乳
房
も
豊
か
に
な
っ
た
 °
昔
は
D
カ
ッ
プ
と
  
食
生
活
も
欧
米
型
に
  
洋
服
が
広
ま
り
お
な
ご
の
乳
の
膨
ら
み
が
目
立
つ
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
度
経
済
成
長
と
と
も
に
  
 
わ
し
が
若
い
こ
ろ
は
着
物
の
女
性
が
多
か
っ
た
 °
し
か
し
 
  
僕
は
大
い
に
動
揺
し
た
 °
  
思
っ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
こ
こ
で
女
の
子
の
胸
を
鑑
賞
し
て
い
た
こ
と
が
ば
れ
て
い
た
と
は
  
だ
っ
た
で
の
う
 °
 
  
し
の
若
い
こ
ろ
と
そ
っ
く
り
じ
ゃ
 °
わ
し
も
お
な
ご
の
乳
が
好
き
  
い
か
け
て
お
る
な
 °
  
 
お
ぬ
し
は
よ
く
こ
の
公
園
に
来
て
 
お
な
ご
の
胸
ば
か
り
を
追
  
合
格
っ
て
何
が
だ
 
と
僕
は
そ
の
時
は
思
っ
た
 °







   

  
ろ
 
妻
は
病
気
で
す
で
  
じ
ゃ
が
 
人
生
と
は
皮
肉
な
も
ん
で
 
そ
の
能
力
を
手
に
し
た
こ
  
う
な
努
力
じ
ゃ
っ
た
 °
  
 
そ
の
能
力
を
得
る
の
に
ウ
ン
十
年
か
か
っ
た
 °
血
の
に
じ
む
よ
  
が
馬
鹿
ら
し
く
な
っ
て
き
た
 °
  
剣
に
聞
い
て
い
た
自
分
  
あ
ほ
か
 
と
突
っ
込
み
た
か
っ
た
 °
今
ま
で
老
人
の
話
を
半
ば
真
  
の
じ
ゃ
 °
 
  
力
を
わ
し
は
手
に
し
た
  
を
重
ね
た
 °
そ
し
て
 
つ
い
に
お
な
ご
の
乳
を
大
き
く
で
き
る
能
  
で
き
ん
も
ん
か
と
研
究
  
い
な
い
く
ら
い
の
な
 °
わ
し
は
何
と
か
愛
す
る
妻
の
乳
を
大
き
く
  
た
 °
わ
し
に
は
も
っ
た
  
性
は
乳
が
な
い
こ
と
を
除
い
て
は
申
し
分
の
な
い
お
な
ご
じ
ゃ
っ
  
わ
し
の
妻
と
な
っ
た
女
  
乳
が
な
い
か
ら
と
言
っ
て
縁
談
を
断
る
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
乳
の
女
性
で
あ
っ
た
 °
  
ボ
イ
ン
の
娘
を
娶
っ
た
じ
ゃ
ろ
う
 °
し
か
し
 
結
婚
し
た
の
は
貧
  
た
 °
選
べ
た
な
ら
無
論
  
 
わ
し
の
時
代
は
見
合
い
が
普
通
で
 
結
婚
相
手
は
選
べ
ん
か
っ

   

  
し
か
し
 
女
性
は
携
  
胸
の
盛
り
上
が
り
が
大
き
く
な
り
ブ
ラ
ウ
ス
の
皺
が
き
つ
く
な
る
 °
  
然
 
そ
の
女
性
の
胸
元
が
む
く
む
く
と
膨
ら
み
始
め
た
の
だ
 °
  
じ
ら
れ
な
い
こ
と
に
突
  
老
人
は
眉
に
深
い
し
わ
を
寄
せ
て
神
経
を
集
中
さ
せ
た
 °
と
 
  
 
ふ
ん
っ
 
  
い
だ
ろ
う
 °
  
ん
ど
な
い
と
い
っ
て
い
  
の
タ
イ
ト
ス
カ
|
ト
姿
が
ま
ぶ
し
い
 °
で
も
胸
の
膨
ら
み
は
ほ
と
  
い
ブ
ラ
ウ
ス
と
格
子
柄
  
腰
を
掛
け
て
携
帯
電
話
を
触
っ
て
い
る
 °
な
か
な
か
の
美
人
で
白
  
半
の
O
L
風
の
女
性
が
  
公
園
の
す
こ
し
離
れ
た
と
こ
ろ
に
ベ
ン
チ
が
あ
り
 
2
0
歳
代
後
  
お
る
じ
ゃ
ろ
う
 °
 
  
言
実
行
じ
ゃ
 
少
し
見
て
お
れ
 °
正
面
の
ベ
ン
チ
に
娘
が
座
っ
て
  
の
は
仕
方
が
な
い
 °
  
 
若
者
よ
 °
わ
し
の
言
っ
て
い
る
こ
と
が
に
わ
か
に
信
じ
ら
れ
ん
  
か
と
考
え
始
め
て
い
た
 °
  
僕
は
早
く
こ
の
老
人
の
話
を
終
わ
ら
せ
る
に
は
ど
う
す
れ
ば
よ
い
  
に
他
界
し
て
お
っ
た
 °
 
















   

  
 
わ
し
は
今
年
で
9
0
歳
に
な
る
 °
そ
う
遠
く
な
い
う
ち
に
天
か
  
 
は
 
は
い
 
  
 
ど
う
じ
ゃ
 
び
っ
く
り
し
た
じ
ゃ
ろ
う
 °
 
  
だ
 °
  
は
起
こ
っ
た
こ
と
な
の
  
こ
ん
な
こ
と
は
あ
り
得
る
は
ず
が
な
い
 °
し
か
し
 
現
実
に
そ
れ
  
か
信
じ
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
僕
は
い
ま
目
の
前
で
起
き
た
こ
と
が
本
当
に
起
こ
っ
た
こ
と
な
の
  
 
す
 
す
ご
い
 
  
立
ち
去
っ
て
い
っ
た
 °
  
が
ら
慌
て
て
そ
の
場
を
  
い
の
か
わ
か
ら
ず
に
ブ
ラ
ウ
ス
が
は
だ
け
た
部
分
を
手
で
抑
え
な
  
結
局
 
ど
う
し
て
よ
  
パ
ニ
ッ
ク
に
陥
っ
て
い
る
 °
あ
た
り
を
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
と
見
回
し
 
  
を
ど
う
し
て
い
い
の
か
  
女
性
は
胸
元
を
見
下
ろ
す
と
大
き
く
前
方
に
せ
り
出
し
た
膨
ら
み
  
気
づ
く
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
二
ボ
タ
ン
が
弾
け
飛
ん
で
 
よ
う
や
く
そ
の
女
性
は
非
常
事
態
に
  
チ
ン
と
ブ
ラ
ウ
ス
の
第
  
帯
電
話
に
気
を
取
ら
れ
て
そ
れ
に
は
気
づ
か
な
い
 °
や
が
て
 

   

  
く
握
り
な
が
ら
潰
さ
な
  
ど
の
メ
ニ
ュ
|
を
こ
な
し
た
 °
次
に
 
拳
法
の
組
手
 
生
卵
を
軽
  
げ
れ
ば
き
り
が
な
い
ほ
  
腕
立
て
 
腹
筋
 
背
筋
 
坂
道
ダ
ッ
シ
ュ
に
長
距
離
走
 
数
え
上
  
れ
る
た
め
に
頑
張
っ
た
 °
  
嫌
い
な
僕
に
は
苦
痛
で
し
か
な
か
っ
た
が
 
夢
の
能
力
を
手
に
入
  
礎
体
力
作
り
 
運
動
が
  
老
人
が
言
っ
た
通
り
修
行
は
半
端
な
く
厳
し
か
っ
た
 °
ま
ず
は
基
  
そ
の
日
か
ら
僕
は
老
人
か
ら
毎
日
特
訓
を
受
け
る
こ
と
に
な
っ
た
 °
  
 
  
 
は
い
 
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
!
 
  
 
し
か
し
 
修
業
は
厳
し
い
ぞ
 °
 
  
の
よ
う
だ
と
思
っ
た
 °
  
入
れ
ら
れ
る
な
ん
て
夢
  
僕
は
思
わ
ず
即
答
し
て
い
た
 °
こ
ん
な
素
晴
ら
し
い
能
力
を
手
に
  
 
欲
し
い
で
す
 °
 
  
し
 
こ
の
能
力
が
欲
し
く
な
い
か
?
 
  
て
お
る
の
じ
ゃ
 °
お
ぬ
  
ろ
う
 °
そ
の
前
に
こ
の
能
力
を
誰
か
に
託
し
て
お
き
た
い
と
思
っ
  
ら
お
迎
え
が
来
る
じ
ゃ

















   

  
っ
て
お
る
 °
た
だ
し
 
  
 
心
配
せ
ず
と
も
よ
い
 °
お
ぬ
し
に
は
ち
ゃ
ん
と
そ
の
力
が
備
わ
  
す
が
 °
 
  
る
と
は
思
え
な
い
の
で
  
 
は
い
 
師
匠
 °
し
か
し
 
僕
に
師
匠
と
同
じ
力
が
備
わ
っ
て
い
  
い
つ
し
か
僕
は
そ
の
老
人
を
師
匠
と
呼
ぶ
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
ん
 
乳
が
ワ
ン
サ
イ
ズ
ア
ッ
プ
す
れ
ば
合
格
と
し
よ
う
 °
 
  
お
な
ご
は
誰
で
も
構
わ
  
ご
の
胸
を
見
つ
め
て
 
大
き
く
な
あ
れ
 
と
念
じ
る
だ
け
じ
ゃ
 °
  
試
験
は
簡
単
 
お
な
  
験
を
行
う
 °
も
し
課
題
が
達
成
で
き
れ
ば
晴
れ
て
免
許
皆
伝
じ
ゃ
 °
  
こ
で
今
日
か
ら
卒
業
試
  
 
お
ぬ
し
に
は
知
ら
ぬ
間
に
念
の
力
が
備
わ
っ
て
来
て
お
る
 °
  
人
か
ら
卒
業
試
験
を
行
う
と
言
い
渡
さ
れ
た
 °
  
ど
経
っ
た
あ
る
日
 
  
を
得
る
こ
と
と
直
接
関
係
が
あ
る
の
か
疑
問
だ
っ
た
が
 
1
年
ほ
  
こ
れ
ら
の
修
行
が
能
力
  
行
 °
ロ
ウ
ソ
ク
の
炎
を
念
で
消
す
訓
練
 °
な
ど
な
ど
で
あ
っ
た
 °
  
力
ア
ッ
プ
の
た
め
の
修
  
い
よ
う
に
拳
を
振
る
 °
そ
れ
か
ら
瞑
想
 
座
禅
 
滝
行
な
ど
集
中

   

  
れ
な
い
そ
ん
な
女
性
と
い
え
ば
母
親
か
妹
く
ら
い
し
か
い
な
か
っ
  
時
間
居
て
も
不
審
が
ら
  
ろ
う
 °
し
か
し
 
容
易
に
近
づ
く
こ
と
が
で
き
て
 
し
か
も
 
  
ば
近
い
ほ
ど
良
い
の
だ
  
で
き
る
だ
け
近
く
と
は
ど
れ
く
ら
い
だ
ろ
う
か
 
き
っ
と
近
け
れ
  
方
法
を
考
え
よ
 °
 
  
 
力
が
な
い
う
ち
は
で
き
る
だ
け
近
く
か
ら
 
長
い
時
間
念
じ
る
  
師
匠
か
ら
ア
ド
バ
イ
ス
が
あ
っ
た
 °
  
っ
た
 °
  
え
 
場
所
を
変
え
何
度
か
ト
ラ
イ
し
て
み
た
が
結
果
は
同
じ
で
あ
  
ら
な
か
っ
た
 °
人
を
変
  
な
あ
れ
と
念
を
送
っ
て
み
た
 °
し
か
し
 
ま
っ
た
く
変
化
は
起
こ
  
線
を
見
据
え
て
大
き
く
  
僕
は
未
熟
な
力
で
街
ゆ
く
女
性
を
眺
め
 
そ
の
一
人
の
胸
元
に
視
  
の
だ
と
い
う
 °
  
は
2
0
年
以
上
か
か
る
  
師
匠
の
よ
う
に
一
瞬
で
服
の
ボ
タ
ン
を
と
ば
せ
る
よ
う
に
な
る
に
  
 
わ
か
り
ま
し
た
 °
頑
張
っ
て
み
ま
す
 °
 
  
じ
ゃ
ろ
う
 °
 
  
お
ぬ
し
の
念
の
力
は
ま
だ
わ
し
の
1
0
0
分
の
1
に
も
満
た
な
い

   

  
か
ら
頭
が
ず
き
ず
き
と
  
う
な
変
化
は
見
ら
れ
な
か
っ
た
 °
し
か
も
 
2
分
を
過
ぎ
た
こ
ろ
  
し
か
し
 
期
待
し
た
よ
  
の
半
分
 
1
m
も
な
い
至
近
距
離
だ
 °
再
び
念
を
送
っ
て
み
る
 °
  
え
た
 °
距
離
は
さ
っ
き
  
彼
女
に
近
づ
く
 
そ
し
て
ゲ
|
ム
機
越
し
に
彼
女
の
胸
元
を
見
据
  
し
て
い
る
ふ
り
を
し
て
  
て
み
よ
う
 °
僕
は
携
帯
ゲ
|
ム
機
を
手
に
取
り
 
ゲ
|
ム
に
熱
中
  
た
 °
も
う
少
し
近
寄
っ
  
間
ほ
ど
念
を
送
っ
て
み
た
が
目
に
見
え
る
変
化
は
み
ら
れ
な
か
っ
  
み
た
 °
頑
張
っ
て
3
分
  
を
見
る
ふ
り
を
し
て
彼
女
の
胸
元
に
視
線
を
向
け
て
念
を
送
っ
て
  
め
た
 °
一
緒
に
テ
レ
ビ
  
僕
は
家
の
リ
ビ
ン
グ
で
テ
レ
ビ
を
見
て
い
る
む
つ
美
に
狙
い
を
定
  
い
こ
と
を
気
に
し
て
い
る
 °
  
お
っ
ぱ
い
が
膨
ら
ま
な
  
学
に
上
が
っ
た
ば
か
り
の
1
2
歳
だ
 °
本
人
は
中
学
に
な
っ
て
も
  
つ
美
と
い
う
 °
今
年
中
  
僕
は
妹
に
実
験
台
に
な
っ
て
も
ら
お
う
と
考
え
た
 °
妹
の
名
は
む
  
た
 °
























   

  
 
マ
マ
 
何
だ
か
ブ
ラ
が
き
つ
い
の
 °
小
さ
く
な
っ
た
の
か
な
?
 
  
い
る
 °
  
隣
の
部
屋
で
着
替
え
始
め
た
む
つ
美
が
 
母
親
と
何
や
ら
話
し
て
  
僕
は
心
の
中
で
叫
ん
だ
 °
  
 
∧
や
っ
た
ぞ
!
∨
 
  
と
膨
ら
み
を
持
っ
て
い
る
の
だ
 °
  
つ
美
の
胸
が
し
っ
か
り
  
で
乳
房
の
形
が
浮
き
上
が
っ
て
い
る
 °
今
ま
で
ま
な
板
だ
っ
た
む
  
元
に
張
り
付
い
た
お
陰
  
げ
て
う
|
ん
と
伸
び
を
し
て
い
る
 °
ぴ
っ
ち
り
と
パ
ジ
ャ
マ
が
胸
  
窓
に
向
か
い
両
手
を
上
  
次
の
朝
 
目
が
覚
め
て
リ
ビ
ン
グ
に
降
り
て
い
く
と
 
む
つ
美
が
  
つ
い
た
 °
  
の
日
は
何
と
か
眠
り
に
  
っ
た
 °
僕
は
ず
き
ず
き
と
痛
む
頭
を
抱
え
ベ
ッ
ド
に
潜
り
込
み
そ
  
頭
痛
も
鳴
り
や
ま
な
か
  
僕
は
師
匠
の
よ
う
に
う
ま
く
い
か
な
い
こ
と
に
意
気
消
沈
し
た
 °
  
ば
 
師
匠
か
ら
5
分
以
内
に
す
る
よ
う
に
と
言
わ
れ
て
い
た
の
だ
 °
  
た
よ
う
だ
 °
そ
う
い
え
  
痛
ん
で
き
て
頭
が
割
れ
そ
う
に
痛
い
 °
ど
う
や
ら
念
を
使
い
す
ぎ

   

  
の
だ
っ
た
 °
  
る
能
力
を
伝
授
さ
れ
た
  
僕
は
こ
う
や
っ
て
晴
れ
て
そ
の
老
人
か
ら
お
っ
ぱ
い
を
大
き
く
す
  
 
は
い
 
師
匠
 °
今
ま
で
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
!
 
  
ば
ん
 °
常
に
集
中
力
ア
ッ
プ
の
ト
レ
|
ニ
ン
グ
を
怠
る
な
 °
 
  
だ
わ
し
の
足
元
に
も
及
  
分
の
道
を
歩
く
が
よ
い
 °
し
か
し
 
お
ぬ
し
の
念
の
力
は
ま
だ
ま
  
た
な
 °
こ
れ
か
ら
は
自
  
 
よ
く
や
っ
た
 °
卒
業
試
験
は
合
格
じ
ゃ
 °
今
ま
で
よ
く
頑
張
っ
  
匠
に
報
告
し
た
 °
  
に
僕
は
そ
の
結
果
を
師
  
僕
は
そ
れ
を
チ
ラ
リ
と
見
な
が
ら
悦
に
浸
っ
た
 °
そ
し
て
 
す
ぐ
  
プ
程
度
に
膨
ら
ん
で
い
る
の
だ
 °
  
な
か
っ
た
胸
が
B
カ
ッ
  
の
乳
房
の
膨
ら
み
が
認
め
ら
れ
る
 °
彼
女
の
A
カ
ッ
プ
に
も
満
た
  
は
大
き
く
は
な
い
も
の
  
む
つ
美
は
セ
|
ラ
|
服
に
な
っ
て
部
屋
か
ら
出
て
き
た
 °
胸
元
に
  
 
新
し
い
ブ
ラ
買
っ
て
お
い
て
あ
げ
る
わ
 °
 
  
 
そ
っ
か
な
|
 
  
 
や
だ
 
む
つ
美
の
胸
が
大
き
く
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
 °
 



   

  
の
だ
 °
僕
の
目
測
に
よ
  
能
力
を
使
え
ば
天
野
こ
と
ね
を
巨
乳
に
す
る
こ
と
だ
っ
て
で
き
る
  
こ
と
が
あ
っ
た
 °
こ
の
  
僕
は
い
つ
し
か
こ
と
ね
が
貧
乳
で
悩
ん
で
い
る
こ
と
を
耳
に
し
た
  
ん
ど
な
か
っ
た
 °
  
で
胸
に
膨
ら
み
は
ほ
と
  
い
ほ
ど
の
美
形
の
女
の
子
で
あ
る
 °
手
足
は
細
く
 
身
体
は
華
奢
  
に
い
て
も
お
か
し
く
な
  
さ
が
残
る
顔
立
ち
に
印
象
的
な
大
き
な
瞳
 
ア
イ
ド
ル
グ
ル
|
プ
  
年
に
し
て
は
あ
ど
け
な
  
か
ら
ず
彼
女
に
恋
心
を
抱
く
男
子
生
徒
の
一
人
だ
っ
た
 °
高
校
3
  
女
だ
っ
た
 °
僕
も
少
な
  
ド
ル
的
存
在
で
誰
で
も
一
目
見
れ
ば
惚
れ
て
し
ま
う
ほ
ど
の
美
少
  
い
や
 
学
校
の
ア
イ
  
ク
ラ
ス
メ
|
ト
の
天
野
こ
と
ね
の
胸
で
あ
る
 °
こ
と
ね
は
ク
ラ
ス
 
  
あ
っ
た
 °
  
と
考
え
て
い
た
こ
と
が
  
僕
に
は
こ
の
能
力
が
使
え
る
よ
う
に
な
っ
た
ら
 
や
っ
て
み
た
い
  
 
  
 

























   

  
の
電
車
通
学
中
だ
 °
  
そ
の
末
に
い
く
つ
か
考
え
付
い
た
ア
イ
デ
ア
が
あ
る
 °
一
つ
は
朝
  
頭
を
ひ
ね
っ
て
考
え
た
 °
  
ど
う
す
れ
ば
よ
い
だ
ろ
う
か
?
何
か
良
い
方
法
は
な
い
か
?
僕
は
  
て
い
た
 °
  
怪
し
ま
れ
る
に
決
ま
っ
  
長
時
間
念
を
送
ら
な
い
と
い
け
な
い
 °
当
然
そ
ん
な
こ
と
す
れ
ば
  
く
か
ら
 
で
き
る
だ
け
  
が
あ
っ
た
 °
と
い
う
の
は
 
僕
の
能
力
は
未
熟
な
の
で
か
な
り
近
  
そ
う
と
す
る
と
高
い
壁
  
さ
て
 
目
標
と
目
標
値
を
定
め
た
の
は
よ
い
が
 
い
ざ
実
行
に
移
  
し
い
だ
ろ
う
と
思
え
た
か
ら
だ
 °
  
バ
ラ
ン
ス
が
よ
く
て
美
  
こ
と
ね
の
小
柄
で
華
奢
な
体
躯
に
は
D
カ
ッ
プ
程
度
の
胸
が
最
も
  
僕
は
彼
女
の
胸
を
D
カ
ッ
プ
ま
で
大
き
く
し
た
い
と
考
え
て
い
た
 °
  
イ
ズ
ラ
ン
キ
ン
グ
で
は
2
0
人
中
2
0
位
の
最
下
位
だ
っ
た
 °
  
ス
の
女
子
の
バ
ス
ト
サ
  
A
A
な
ど
今
の
時
代
 
絶
滅
危
惧
種
に
近
い
 °
僕
が
作
っ
た
ク
ラ
  
プ
は
A
A
で
あ
っ
た
 °
  
れ
ば
こ
と
ね
の
サ
イ
ズ
は
ト
ッ
プ
7
5
 
ア
ン
ダ
|
6
7
 
カ
ッ

   

  
し
か
し
 
僕
は
め
げ
ず
に
少
し
で
も
チ
ャ
ン
ス
が
あ
れ
ば
念
を
送
  
変
化
は
認
め
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
に
目
に
見
え
る
ほ
ど
の
  
た
 °
お
そ
ら
く
距
離
が
遠
す
ぎ
る
の
だ
ろ
う
 
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
  
う
ま
く
は
い
か
な
か
っ
  
う
ち
に
大
き
く
な
る
だ
ろ
う
と
思
っ
て
い
た
の
だ
が
現
実
は
そ
う
  
お
っ
ぱ
い
は
み
る
み
る
  
僕
は
基
本
的
に
毎
日
 
そ
の
二
つ
の
手
法
を
実
行
し
た
 °
彼
女
の
  
と
は
可
能
だ
 °
  
な
い
 °
僕
の
席
か
ら
は
3
m
と
や
や
遠
い
が
5
分
間
念
を
送
る
こ
  
視
し
て
も
変
に
思
わ
れ
  
は
教
壇
に
立
っ
て
い
る
 °
こ
の
と
き
な
ら
正
々
堂
々
と
彼
女
を
凝
  
し
て
い
る
の
で
そ
の
時
  
は
ホ
|
ム
ル
|
ム
の
時
間
だ
 °
こ
と
ね
は
ク
ラ
ス
の
副
委
員
長
を
  
る
だ
ろ
う
 °
も
う
一
つ
  
必
要
が
あ
る
が
5
分
間
た
っ
ぷ
り
送
れ
ば
そ
れ
な
り
の
効
果
は
あ
  
距
離
は
あ
る
程
度
取
る
  
付
近
に
座
り
 
携
帯
を
触
る
ふ
り
を
し
な
が
ら
念
を
送
る
の
だ
 °
  
そ
し
て
彼
女
の
正
面
  
と
ね
は
毎
朝
同
じ
電
車
に
乗
る
の
で
僕
も
そ
れ
に
合
わ
せ
て
乗
る
 °

   

  
胸
は
A
カ
ッ
プ
に
ワ
ン
  
膨
ら
み
を
帯
び
て
い
る
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
A
A
カ
ッ
プ
だ
っ
た
  
だ
っ
た
胸
は
わ
ず
か
に
  
体
育
の
時
間
 
改
め
て
体
操
着
姿
の
彼
女
で
確
認
す
る
と
ま
な
板
  
か
だ
が
膨
ら
ん
だ
よ
う
に
見
え
た
 °
  
し
 
制
服
の
胸
は
わ
ず
  
声
を
か
け
ら
れ
て
短
い
ゴ
|
ル
デ
ン
タ
イ
ム
は
終
了
し
た
 °
し
か
  
た
が
ク
ラ
ス
メ
|
ト
に
  
時
間
が
過
ぎ
る
 °
こ
の
ま
ま
じ
っ
と
し
て
い
て
く
れ
と
祈
っ
て
い
  
っ
た
 °
1
分
 
2
分
と
  
り
を
し
な
が
ら
そ
の
隙
間
か
ら
こ
と
ね
の
胸
を
め
が
け
て
念
を
送
  
て
調
べ
も
の
を
す
る
ふ
  
は
1
m
も
な
い
 °
僕
は
目
の
前
の
本
を
取
り
 
ペ
|
ジ
を
め
く
っ
  
胸
元
が
見
え
る
 °
距
離
  
た
 °
本
棚
と
本
の
隙
間
か
ら
向
う
を
除
く
と
ち
ょ
う
ど
こ
と
ね
の
  
一
人
は
こ
と
ね
で
あ
っ
  
棚
の
向
こ
う
側
で
女
の
子
の
話
し
声
が
聞
こ
え
た
 °
そ
の
う
ち
の
  
本
を
探
し
て
い
る
と
書
  
る
日
 
偶
然
大
き
な
チ
ャ
ン
ス
が
や
っ
て
き
た
 °
僕
が
図
書
館
で
  
り
込
ん
だ
 °
そ
ん
な
あ

















   

  
位
タ
イ
に
躍
進
し
た
の
  
ア
ン
ダ
|
6
7
 °
ク
ラ
ス
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
ラ
ン
キ
ン
グ
は
1
0
  
目
算
で
ト
ッ
プ
8
2
 
  
結
果
 
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
は
と
う
と
う
C
カ
ッ
プ
に
到
達
し
た
 °
  
と
も
の
に
し
て
い
っ
た
  
そ
の
後
も
地
道
な
努
力
を
重
ね
 
小
さ
な
チ
ャ
ン
ス
を
こ
つ
こ
つ
  
た
 °
  
彼
女
の
お
っ
ぱ
い
は
A
か
ら
B
カ
ッ
プ
へ
と
膨
ら
む
こ
と
に
な
っ
  
送
っ
た
 °
こ
れ
に
よ
り
  
約
1
m
だ
っ
た
 °
そ
し
て
僕
は
た
っ
ぷ
り
5
分
間
 
胸
元
に
念
を
  
た
 °
彼
女
と
の
距
離
は
  
で
人
が
乗
っ
て
き
た
の
に
合
わ
せ
て
僕
は
彼
女
の
前
ま
で
移
動
し
  
と
と
眠
り
始
め
た
 °
  
 
僕
は
立
っ
て
い
た
の
だ
が
 
し
ば
ら
く
す
る
と
彼
女
は
う
と
う
  
彼
女
は
座
席
に
座
り
  
チ
ャ
ン
ス
は
ま
た
別
の
形
で
訪
れ
た
 °
帰
り
の
電
車
の
中
だ
っ
た
 °
  
る
だ
ろ
う
と
僕
は
少
し
自
信
を
持
っ
た
 °
  
ち
に
D
カ
ッ
プ
に
で
き
  
こ
の
よ
う
な
チ
ャ
ン
ス
を
も
の
に
し
て
い
け
ば
そ
う
遠
く
な
い
う
  
サ
イ
ズ
昇
格
し
た
の
だ
っ
た
 °














   

  
|
ガ
|
ル
で
あ
り
 
ク
ラ
ス
の
男
子
の
い
や
ら
し
い
視
線
を
一
手
  
ド
ル
顔
負
け
の
グ
ラ
マ
  
て
む
っ
ち
り
と
し
た
ヒ
ッ
プ
と
太
も
も
を
備
え
た
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
  
れ
た
ウ
エ
ス
ト
 
そ
し
  
ン
キ
ン
グ
1
位
だ
 °
桜
田
は
標
準
的
な
身
長
に
大
き
な
胸
と
く
び
  
F
カ
ッ
プ
 
堂
々
の
ラ
  
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
は
僕
の
目
算
で
ト
ッ
プ
9
3
 
ア
ン
ダ
|
7
0
の
  
も
も
子
で
あ
っ
た
 °
  
の
授
業
で
の
主
役
は
ク
ラ
ス
一
番
の
お
っ
ぱ
い
の
持
ち
主
 
桜
田
  
た
 °
残
念
な
が
ら
水
泳
  
り
を
見
せ
た
が
 
誰
に
も
気
づ
い
て
も
ら
え
な
か
っ
た
よ
う
だ
っ
  
い
か
と
気
に
す
る
素
振
  
少
し
窮
屈
そ
う
で
あ
る
 °
本
人
は
胸
を
だ
れ
か
に
見
ら
れ
て
い
な
  
長
し
た
た
め
に
胸
元
が
  
に
包
ま
れ
た
C
カ
ッ
プ
の
膨
ら
み
が
あ
ら
わ
に
な
っ
た
 °
急
に
成
  
か
ら
は
ス
ク
|
ル
水
着
  
た
 °
こ
と
ね
が
た
め
ら
い
が
ち
に
バ
ス
タ
オ
ル
を
取
る
と
そ
の
下
  
る
良
い
機
会
に
恵
ま
れ
  
今
年
最
初
の
水
泳
の
授
業
が
あ
り
 
こ
と
ね
の
バ
ス
ト
を
鑑
賞
す
  
だ
っ
た
 °






















   

  
う
と
う
ト
ラ
ブ
ル
が
発
生
し
て
し
ま
う
の
だ
 °
あ
る
日
の
放
課
後
 
  
や
 
見
つ
め
す
ぎ
て
と
  
と
ね
の
お
っ
ぱ
い
を
一
途
に
見
つ
め
て
い
た
と
言
っ
て
い
い
 °
  
と
を
除
い
て
は
僕
は
こ
  
し
か
し
 
こ
の
数
か
月
 
桜
田
の
お
っ
ぱ
い
に
気
を
取
ら
れ
る
こ
  
高
の
お
っ
ぱ
い
だ
 °
  
れ
る
大
き
な
乳
房
 
男
な
ら
一
度
は
さ
わ
っ
て
み
た
い
と
思
う
至
  
や
か
に
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
  
ン
ス
の
ト
|
タ
ル
で
最
高
ラ
ン
ク
の
評
価
を
与
え
て
い
た
 °
た
お
  
は
大
き
さ
 
形
 
バ
ラ
  
無
類
の
お
っ
ぱ
い
好
き
で
あ
る
僕
も
桜
田
も
も
子
の
お
っ
ぱ
い
に
  
る
よ
う
だ
 °
  
く
て
肩
が
こ
る
な
ど
嫌
味
と
も
と
れ
る
グ
チ
を
よ
く
漏
ら
し
て
い
  
大
き
く
て
目
立
つ
 
  
の
出
る
服
を
着
て
い
る
ら
し
い
 °
ま
た
 
同
性
に
対
し
て
は
胸
が
  
か
な
り
身
体
の
ラ
イ
ン
  
て
い
て
制
服
の
ス
カ
|
ト
の
丈
は
短
く
し
て
い
る
し
 
私
服
で
は
  
映
る
の
か
を
よ
く
知
っ
  
彼
女
も
自
分
の
豊
満
な
ス
タ
イ
ル
が
男
の
子
た
ち
に
ど
の
よ
う
に
  
に
引
き
受
け
て
い
た
 °

















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
人
に
呼
び
出
さ
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
僕
は
天
野
こ
と
ね
本


















  > ≫