す
と
あ
げ
る
訳
に
は
い
き
  
お
ば
あ
さ
ん
か
ら
も
ら
っ
た
大
事
な
き
び
だ
ん
ご
を
そ
う
や
す
や
  
  
け
ま
せ
ん
?
 
  
 
腰
の
袋
に
入
っ
た
き
び
だ
ん
ご
を
一
つ
私
に
も
わ
け
て
い
た
だ
  
  
下
ろ
し
て
い
ま
す
 °
  
す
ら
り
と
背
の
高
い
娘
は
少
し
高
い
と
こ
ろ
か
ら
桃
子
た
ち
を
見
  
  
 
え
え
 °
そ
う
で
す
が
 °
 
  
  
 
あ
な
た
が
鬼
退
治
に
行
く
と
い
う
桃
子
さ
ん
?
 
  
  
き
く
前
に
膨
ら
ん
で
い
ま
す
 °
  
よ
く
見
れ
ば
美
し
い
長
身
の
娘
で
そ
の
胸
元
は
と
ん
で
も
な
く
大
  
け
て
く
る
者
が
い
ま
し
た
 °
  
桃
子
た
ち
が
雉
宮
村
と
い
う
と
こ
ろ
を
歩
い
て
い
る
と
 
声
を
か
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
昔
ば
な
し
 
も
も
た
ろ
う
 
そ
の
5










≪ <  

  
m
∨
あ
ろ
う
か
と
い
う
爆
乳
が
着
物
の
布
地
を
膨
ら
ま
せ
て
い
ま
  
り
は
四
尺
∧
1
2
0
c
  
桃
子
は
さ
く
ら
と
名
乗
る
娘
の
胸
元
を
改
め
て
見
ま
し
た
 °
胸
回
  
  
ょ
う
?
 
  
 
で
も
・
・
・
あ
な
た
に
は
こ
の
き
び
だ
ん
ご
は
必
要
な
い
で
し
  
  
し
ょ
う
 °
 
  
躍
力
な
ら
自
信
が
あ
り
ま
す
 °
き
っ
と
あ
な
た
の
お
役
に
た
つ
で
  
さ
く
ら
と
言
い
ま
す
 °
  
 
で
は
 
あ
な
た
の
供
に
な
り
ま
し
ょ
う
 °
わ
た
し
は
雉
宮
村
の
  
  
美
し
い
娘
は
し
ば
ら
く
考
え
て
か
ら
桃
子
に
言
い
ま
し
た
 °
  
  
も
私
の
お
供
に
な
っ
て
く
れ
ま
す
か
?
 
  
は
い
き
ま
せ
ん
 °
あ
な
た
  
 
こ
れ
は
確
か
に
き
び
だ
ん
ご
で
す
が
 
タ
ダ
で
あ
げ
る
わ
け
に
  
  
思
え
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
ま
せ
ん
し
 
十
分
立
派
な
胸
元
を
し
た
そ
の
娘
に
は
必
要
そ
う
に

   

  
物
の
布
地
を
押
し
上
げ
始
  
か
な
り
の
大
き
さ
の
爆
乳
が
じ
わ
じ
わ
と
そ
の
容
積
を
増
し
 
  
  
∧
む
く
っ
∨
  
  
し
ば
ら
く
し
て
 
さ
く
ら
の
胸
元
に
変
化
が
現
れ
ま
す
 °
  
を
口
に
入
れ
ま
し
た
 °
  
さ
く
ら
は
桃
子
か
ら
一
つ
き
び
だ
ん
ご
を
受
け
取
る
と
早
速
そ
れ
  
  
で
し
た
ら
 
約
束
で
す
の
で
き
び
だ
ん
ご
を
差
し
上
げ
ま
し
ょ
う
 °
 
  
お
供
に
な
っ
て
く
れ
る
の
  
 
そ
れ
だ
け
大
き
け
れ
ば
十
分
だ
と
思
い
ま
す
が
・
・
・
で
も
 
  
  
も
 
桃
子
さ
ん
た
ち
の
お
っ
ぱ
い
に
は
遠
く
及
び
ま
せ
ん
 °
 
  
う
だ
と
思
い
ま
す
 °
  
ら
な
の
で
す
 °
わ
た
し
の
胸
は
年
頃
に
し
て
は
か
な
り
大
き
い
ほ
  
ぱ
い
を
目
指
し
て
い
る
か
  
 
き
び
だ
ん
ご
が
欲
し
い
理
由
で
す
か
?
そ
れ
は
日
本
一
の
お
っ
  
  
す
 °
























   

  
∧
3
0
0
c
m
∨
を
超
え
る
  
や
っ
と
成
長
が
止
ま
っ
た
と
き
に
は
さ
く
ら
の
胸
回
り
は
一
丈
  
  
 
あ
|
ん
 
も
う
!
簡
単
に
追
い
抜
か
れ
ち
ゃ
っ
た
!
 
  
 
一
体
ど
こ
ま
で
お
お
き
く
な
る
の
か
し
ら
?
 
  
 
す
ご
い
わ
 
ま
だ
大
き
く
な
っ
て
る
・
・
・
 
  
  
そ
の
様
子
を
見
守
っ
て
い
た
三
人
は
驚
き
の
声
を
上
げ
ま
し
た
 °
  
  
∧
む
く
む
く
む
く
っ
∨
  
  
で
に
な
っ
た
が
ま
だ
そ
の
成
長
は
止
ま
り
ま
せ
ん
 °
  
き
ょ
う
と
同
じ
く
ら
い
ま
  
と
容
量
を
増
し
て
い
ま
す
 °
あ
や
め
の
大
き
さ
を
通
り
越
し
 
  
し
た
が
 
依
然
む
く
む
く
  
胸
は
見
る
見
る
う
ち
に
桃
子
と
同
じ
く
ら
い
の
大
き
さ
に
達
し
ま
  
  
∧
む
く
む
く
っ
∨
  
  
め
ま
す
 °






















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
新
た
な
仲
間
を
加
え
て
鬼
ヶ
島
へ
の
旅
を
続
け
る
の
で
し
た
 °
  
不
安
に
な
り
ま
し
た
が
 
  
桃
子
は
胸
が
こ
ん
な
に
大
き
く
て
歩
い
て
つ
い
て
こ
ら
れ
る
の
か
  
く
大
き
く
な
っ
た
乳
房
に
満
足
げ
で
す
 °
  
収
め
な
が
ら
と
て
つ
も
な
  
さ
く
ら
は
着
物
の
前
合
わ
せ
か
ら
溢
れ
た
豊
満
な
乳
房
を
何
と
か
  
  
 
ふ
ぅ
 
こ
れ
で
終
わ
り
?
 
  
  
せ
ん
 °
  
ほ
ど
に
な
っ
て
お
り
 
ほ
か
の
三
人
と
は
比
べ
る
ま
で
も
あ
り
ま

  > ≫