わ
っ
た
ら
遊
び
ま
し
ょ
う
 °
 
  
ん
で
す
 °
そ
の
用
事
が
終
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
私
た
ち
は
屋
敷
の
赤
鬼
様
に
呼
ば
れ
て
い
る
  
  
 
ぐ
へ
へ
へ
へ
っ
 °
お
姉
ち
ゃ
ん
た
ち
 
俺
た
ち
と
遊
ば
な
い
か
?
 
  
  
し
か
し
 
中
に
は
桃
子
た
ち
に
絡
ん
で
く
る
鬼
も
い
ま
す
 °
  
こ
と
は
し
ま
せ
ん
 °
  
桃
子
た
ち
は
女
と
い
う
こ
と
で
鬼
は
油
断
し
て
特
に
襲
っ
て
く
る
  
敷
の
方
に
運
ん
で
い
ま
す
 °
  
何
匹
か
の
鬼
た
ち
は
近
く
の
村
か
ら
盗
ん
だ
食
べ
物
や
宝
物
を
屋
  
て
い
ま
す
 °
  
鬼
ヶ
島
に
は
た
く
さ
ん
の
鬼
た
ち
が
そ
こ
ら
じ
ゅ
う
を
う
ろ
つ
い
  
  
を
仲
間
に
加
え
 
つ
い
に
鬼
ヶ
島
へ
と
や
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
雉
宮
村
の
さ
く
ら
の
三
人
  
こ
う
し
て
桃
子
は
 
犬
山
村
の
あ
や
め
 
猿
沢
村
の
き
き
ょ
う
 
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
昔
ば
な
し
 
も
も
た
ろ
う
 
そ
の
6










≪ <  

  
鬼
た
ち
を
喜
ば
せ
 
た
く
さ
ん
お
酒
を
飲
ま
せ
る
の
で
す
 °
そ
し
  
た
ち
は
踊
り
子
と
な
っ
て
  
を
作
り
 
飲
め
や
歌
え
の
大
騒
ぎ
を
し
て
い
る
み
た
い
で
す
 °
  
奪
っ
た
食
べ
物
で
ご
馳
走
  
 
み
ん
な
 
今
か
ら
屋
敷
に
乗
り
込
み
ま
す
 °
鬼
た
ち
は
村
か
ら
  
  
桃
子
は
あ
や
め
 
き
き
ょ
う
 
さ
く
ら
の
三
人
に
言
い
ま
し
た
 °
  
う
 °
  
な
し
て
桃
子
た
ち
の
村
に
悪
さ
を
す
る
こ
と
も
な
く
な
る
で
し
ょ
  
ほ
か
の
鬼
た
ち
は
恐
れ
を
  
こ
こ
に
鬼
た
ち
を
束
ね
る
赤
鬼
が
い
る
筈
で
す
 °
赤
鬼
を
倒
せ
ば
  
た
 °
  
や
が
て
桃
子
た
ち
は
大
き
な
鬼
の
屋
敷
の
前
ま
で
や
っ
て
き
ま
し
  
  
う
に
姿
を
消
し
ま
し
た
 °
  
桃
子
が
赤
鬼
の
名
前
を
出
す
と
下
っ
端
の
鬼
た
ち
は
逃
げ
去
る
よ
  
  
ね
え
や
・
・
・
 
  
 
げ
げ
っ
 
赤
鬼
様
の
女
た
ち
か
 °
手
を
出
し
た
ら
俺
ら
の
命
が
  


























   

  
し
た
 °
  
に
デ
レ
デ
レ
と
し
始
め
ま
  
た
 °
し
か
し
 
そ
れ
が
美
し
い
人
間
の
娘
だ
と
わ
か
る
と
と
た
ん
  
と
桃
子
た
ち
を
睨
み
ま
し
  
桃
子
た
ち
が
広
間
に
足
を
踏
み
入
れ
る
と
何
匹
か
の
鬼
が
ギ
ロ
リ
  
  
鬼
が
並
ん
で
座
っ
て
い
ま
す
 °
  
ん
騒
ぎ
を
繰
り
広
げ
て
い
ま
す
 °
広
間
の
一
番
奥
に
は
赤
鬼
と
青
  
勢
の
鬼
た
ち
が
ど
ん
ち
ゃ
  
屋
敷
の
奥
の
方
に
は
大
き
な
広
間
が
あ
り
 
思
っ
て
い
た
通
り
大
  
い
ま
し
た
 °
  
屋
敷
の
中
に
通
し
て
も
ら
  
桃
子
は
屋
敷
の
門
番
に
赤
鬼
か
ら
呼
ば
れ
た
踊
り
子
だ
と
言
っ
て
  
  
 
よ
う
や
く
私
た
ち
の
出
番
が
来
ま
し
た
ね
 °
 
  
 
や
っ
ぱ
り
頭
が
冴
え
て
ま
す
ね
 °
 
  
 
さ
す
が
は
桃
子
さ
ん
 °
 
  
  
れ
た
と
こ
ろ
を
捕
え
ま
し
ょ
う
 °
 
  
て
 
鬼
た
ち
が
酔
い
つ
ぶ
















   

  
を
恥
じ
ら
い
な
が
ら
顔
を
  
桃
子
は
ぷ
る
ん
ぷ
る
ん
と
揺
れ
る
豊
か
な
胸
に
視
線
が
集
ま
る
の
  
桃
子
た
ち
の
演
舞
は
大
盛
況
で
す
 °
  
  
 
い
い
ぞ
!
も
っ
と
踊
れ
!
 
  
 
俺
は
あ
の
乳
の
一
番
デ
カ
い
娘
が
好
み
だ
な
 °
 
  
 
乳
が
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
揺
れ
て
や
が
る
 °
 
  
 
ひ
ゅ
|
 
ひ
ゅ
|
 
  
 
い
い
ぞ
 
い
い
ぞ
!
 
  
  
桃
子
た
ち
の
踊
り
に
合
わ
せ
て
鬼
た
ち
は
手
拍
子
を
叩
き
ま
す
 °
  
さ
く
ら
も
踊
り
ま
す
 °
  
ら
踊
り
始
め
ま
し
た
 °
桃
子
に
合
わ
せ
て
あ
や
め
 
き
き
ょ
う
 
  
両
手
を
大
き
く
広
げ
な
が
  
桃
子
は
赤
鬼
の
方
を
向
い
て
頭
を
少
し
下
げ
ま
し
た
 °
そ
し
て
 
  
  
 
は
 
早
く
踊
っ
て
見
せ
て
く
れ
よ
ぉ
 
  
 
な
ん
て
 
で
っ
け
え
乳
な
ん
だ
!
?
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
た
ち
 
踊
り
子
か
い
?
 
  


























   

  
宴
も
た
け
な
わ
と
な
っ
た
頃
に
は
 
ほ
と
ん
ど
の
鬼
は
酔
っ
ぱ
ら
  
ん
お
酒
を
飲
み
ま
す
 °
  
そ
う
す
る
と
酒
宴
は
大
盛
り
上
が
り
に
な
り
 
鬼
た
ち
は
ど
ん
ど
  
し
ば
ら
く
す
る
と
 
ま
た
桃
子
た
ち
は
踊
り
を
始
め
ま
す
 °
  
の
鬼
た
ち
の
間
を
回
っ
て
お
酌
を
し
て
い
ま
す
 °
  
さ
く
ら
の
三
人
は
下
っ
端
  
と
青
鬼
の
間
に
座
っ
て
お
酌
を
し
ま
す
 °
あ
や
め
 
き
き
ょ
う
 
  
り
ま
し
た
 °
桃
子
は
赤
鬼
  
演
舞
が
終
わ
る
と
あ
ち
こ
ち
か
ら
酌
を
し
て
ほ
し
い
と
声
が
か
か
  
な
っ
て
い
ま
す
 °
  
赤
鬼
も
身
を
乗
り
出
し
て
桃
子
た
ち
の
踊
り
に
目
が
く
ぎ
付
け
に
  
も
注
目
が
集
ま
っ
て
し
ま
い
ま
す
 °
  
揺
れ
る
胸
元
に
ど
う
し
て
  
手
足
が
踊
り
を
優
美
に
見
せ
ま
す
が
 
ゆ
っ
さ
ゆ
っ
さ
と
大
き
く
  
り
ま
す
 °
さ
く
ら
は
長
い
  
好
き
ら
し
く
乳
を
ぼ
い
ん
ぼ
い
ん
と
揺
ら
し
な
が
ら
元
気
よ
く
踊
  
き
き
ょ
う
は
踊
り
が
大
  
物
か
ら
飛
び
出
さ
な
い
か
気
に
し
な
が
ら
踊
り
を
続
け
て
い
ま
す
 °
  
ぼ
よ
ん
と
揺
れ
る
胸
が
着
  
少
し
赤
ら
め
て
踊
っ
て
い
ま
す
 °
あ
や
め
は
動
く
た
び
に
ぼ
よ
ん

   

  
  
 
や
っ
た
!
大
成
功
よ
!
 
  
  
縄
で
ぐ
る
ぐ
る
巻
き
に
さ
れ
床
に
横
た
わ
っ
て
い
ま
す
 °
  
ま
し
た
 °
赤
鬼
と
青
鬼
は
  
油
断
し
て
い
た
鬼
た
ち
は
あ
っ
と
い
う
間
に
桃
子
た
ち
に
捕
ま
り
  
  
 
ぐ
お
お
お
っ
 
何
を
す
る
ん
だ
?
 
  
  
す
 °
  
す
 °
そ
し
て
持
っ
て
き
た
縄
で
手
足
を
ぐ
る
ぐ
る
と
縛
り
上
げ
ま
  
が
青
鬼
を
取
り
押
さ
え
ま
  
一
瞬
の
う
ち
に
桃
子
と
あ
や
め
が
赤
鬼
を
 
き
き
ょ
う
と
さ
く
ら
  
  
 
今
よ
!
 
  
  
桃
子
は
時
期
を
見
計
ら
い
 
三
人
に
合
図
を
出
し
ま
し
た
 °
  
て
い
ま
す
 °
  
ま
っ
て
い
ま
す
 °
赤
鬼
と
青
鬼
も
気
分
よ
さ
げ
に
ふ
ら
ふ
ら
と
し
  
っ
て
床
に
突
っ
伏
し
て
し
















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
ま
し
た
 °
  
に
ひ
き
ち
ぎ
っ
て
し
ま
い
  
な
ん
と
 
赤
鬼
と
青
鬼
は
手
足
を
縛
っ
て
い
る
縄
を
い
と
も
簡
単
  
  
 
な
ん
だ
こ
ん
な
も
の
!
∧
ブ
チ
 
ブ
チ
ブ
チ
ッ
∨
 
  
  
 
ぐ
ぬ
ぬ
ぬ
 
人
間
に
女
ど
も
め
や
り
や
が
っ
た
な
!
 
  
  
桃
子
た
ち
は
大
喜
び
で
す
 °















  > ≫