す
 °
し
か
し
 
青
鬼
は
両
腕
を
交
差
さ
せ
て
防
御
の
体
勢
を
取
り
 
  
め
が
け
て
体
当
た
り
し
ま
  
あ
や
め
は
一
気
に
加
速
し
 
自
ら
が
弾
丸
の
よ
う
に
な
っ
て
青
鬼
  
  
 
超
乳
砲
弾
!
!
 
  
  
下
っ
端
の
鬼
た
ち
を
片
付
け
た
三
人
が
桃
子
に
加
勢
し
ま
し
た
 °
  
  
 
桃
子
!
加
勢
す
る
わ
よ
!
 
  
  
き
な
い
よ
う
で
す
 °
  
人
の
力
で
は
太
刀
打
ち
で
  
す
 °
ほ
か
の
鬼
よ
り
格
段
に
素
早
く
 
力
も
強
い
青
鬼
に
桃
子
一
  
か
わ
さ
れ
て
し
ま
い
ま
  
の
が
桃
子
で
し
た
 °
桃
子
の
放
つ
剣
は
青
鬼
に
ひ
ら
り
ひ
ら
り
と
  
を
相
手
に
苦
戦
し
て
い
る
  
あ
や
め
 
き
き
ょ
う
 
さ
く
ら
の
三
人
が
活
躍
す
る
横
で
 
青
鬼
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
昔
ば
な
し
 
も
も
た
ろ
う
 
そ
の
8










≪ <  

  
困
っ
て
い
る
桃
子
に
あ
や
め
が
言
い
ま
し
た
 °
  
く
通
じ
な
い
よ
う
で
す
 °
  
青
鬼
は
四
人
を
前
に
高
笑
い
を
し
て
い
ま
す
 °
四
人
の
攻
撃
は
全
  
  
 
ぐ
わ
っ
は
っ
は
っ
!
遅
い
 
遅
い
わ
っ
!
 
  
  
れ
も
ひ
ら
り
と
か
わ
し
ま
す
 °
  
さ
せ
よ
う
と
し
ま
す
が
こ
  
さ
く
ら
は
高
く
飛
び
上
が
り
 
巨
大
乳
を
青
鬼
の
真
上
か
ら
落
下
  
  
 
超
乳
重
圧
!
!
 
  
  
ひ
ら
り
と
か
わ
さ
れ
て
し
ま
い
ま
す
 °
  
よ
う
と
し
ま
す
が
こ
れ
は
  
き
き
ょ
う
は
振
り
か
ぶ
っ
て
か
ら
巨
大
な
乳
房
を
青
鬼
に
ぶ
つ
け
  
  
 
超
乳
打
撃
!
!
 
  
  
け
止
め
ま
す
 °
  
超
乳
砲
弾
の
衝
撃
を
受

















   

  
し
て
い
ま
す
 °
  
両
手
を
前
で
組
み
合
わ
せ
 
乳
房
を
ぎ
ゅ
っ
と
抱
え
込
む
よ
う
に
  
と
り
ま
し
た
 °
  
あ
や
め
は
き
び
だ
ん
ご
を
口
に
放
り
込
み
 
超
乳
砲
弾
の
構
え
を
  
  
 
見
て
い
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
  
 
ど
う
す
る
つ
も
り
?
 
  
  
あ
や
め
に
渡
し
ま
し
た
 °
  
ま
し
た
 °
桃
子
は
腰
の
袋
か
ら
き
び
だ
ん
ご
を
一
つ
取
り
出
し
て
  
す
る
も
の
が
あ
る
と
思
い
  
桃
子
は
確
か
に
あ
や
め
の
言
う
通
り
速
度
だ
け
な
ら
青
鬼
に
匹
敵
  
  
ご
を
も
ら
え
な
い
で
し
ょ
う
か
?
 
  
私
に
も
う
一
つ
き
び
だ
ん
  
早
さ
な
ら
な
ん
と
か
で
き
る
か
も
し
れ
ま
せ
ん
 °
お
願
い
で
す
 °
  
け
止
め
ま
し
た
 °
私
の
素
  
 
桃
子
さ
ん
 
青
鬼
は
わ
た
し
の
攻
撃
だ
け
は
避
け
き
れ
ず
に
受
  


























   

  
  
ば
さ
れ
ま
し
た
 °
  
鬼
は
巨
大
化
し
た
乳
房
に
弾
か
れ
 
も
の
す
ご
い
速
度
で
吹
っ
飛
  
し
か
し
 
次
の
瞬
間
 
  
が
あ
や
め
の
乳
房
に
取
り
込
ま
れ
た
か
の
よ
う
に
見
え
ま
し
た
 °
  
一
瞬
 
青
鬼
の
大
き
な
体
  
両
腕
で
拘
束
さ
れ
て
い
た
乳
房
が
一
気
に
大
き
く
膨
ら
み
ま
す
 °
  
  
∧
ボ
イ
|
|
|
|
ン
∨
  
  
で
す
 °
  
せ
て
い
た
手
を
放
し
た
の
  
青
鬼
に
ぶ
つ
か
る
そ
の
瞬
間
で
し
た
 °
あ
や
め
は
前
で
組
み
合
わ
  
青
鬼
は
再
び
防
御
の
構
え
を
取
り
 
こ
れ
を
堪
え
よ
う
と
し
ま
す
 °
  
あ
や
め
は
胸
を
抱
え
な
が
ら
青
鬼
め
が
け
て
一
気
に
加
速
し
ま
す
 °
  
  
 
必
殺
!
超
々
乳
砲
弾
!
!
 
  
  
込
ん
で
い
る
よ
う
で
す
 °
  
む
く
む
く
と
胸
が
大
き
く
な
る
の
を
腕
の
力
で
無
理
や
り
押
さ
え

   

  
の
し
か
か
っ
て
き
た
の
で
す
 °
  
青
鬼
を
弾
い
た
反
動
で
あ
や
め
は
後
ろ
に
倒
れ
 
自
分
の
乳
房
が
  
せ
ん
 °
  
な
っ
て
身
動
き
が
取
れ
ま
  
三
人
が
見
る
と
あ
や
め
は
巨
大
化
し
た
自
分
の
乳
房
の
下
敷
き
に
  
  
 
み
ん
な
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
助
け
て
ぇ
・
・
・
 
  
  
向
を
眺
め
て
い
ま
す
 °
  
桃
子
 
き
き
ょ
う
 
さ
く
ら
の
三
人
は
青
鬼
が
飛
ん
で
い
っ
た
方
  
  
わ
ね
・
・
・
 
  
 
お
っ
ぱ
い
を
一
気
に
膨
ら
ま
せ
る
な
ん
て
 
凄
い
こ
と
考
え
る
  
 
す
っ
ご
|
い
!
あ
や
め
ち
ゃ
ん
!
 
  
 
や
っ
た
あ
!
 
  
  
ま
し
た
 °
  
青
鬼
は
屋
敷
の
壁
を
突
き
破
っ
て
ど
こ
か
遠
く
ま
で
飛
ん
で
行
き
  
  
∧
バ
ヒ
ュ
|
|
|
ン
!
!
ド
ゴ
ォ
|
|
ン
!
∨








   

  
  
線
を
離
脱
し
 
こ
こ
で
み
ん
な
を
待
つ
こ
と
に
な
り
ま
し
た
 °
  
残
念
な
が
ら
あ
や
め
は
戦
  
で
は
素
早
い
動
き
は
お
ろ
か
 
歩
く
こ
と
も
ま
ま
な
り
ま
せ
ん
 °
  
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
こ
れ
  
あ
や
め
の
乳
房
は
大
き
く
な
り
す
ぎ
て
地
面
に
付
く
ほ
ど
に
な
っ
  
  
け
な
い
ん
で
す
・
・
・
 
  
 
立
て
ま
す
 °
で
も
・
・
・
お
っ
ぱ
い
が
重
す
ぎ
て
こ
こ
か
ら
動
  
  
桃
子
が
心
配
そ
う
に
あ
や
め
の
様
子
を
伺
い
ま
す
 °
  
  
 
立
ち
上
れ
る
?
 
  
  
あ
や
め
は
三
人
に
助
け
て
も
ら
っ
て
身
体
を
起
こ
し
ま
し
た
 °
  
  
 
大
丈
夫
?
あ
や
め
ち
ゃ
ん
?
 
  
 
も
の
す
ご
い
お
っ
ぱ
い
に
な
っ
た
わ
ね
 °
 
  
 
で
 
で
か
い
・
・
・
 
  


























  > ≫