し
た
 °
  
辺
り
に
鳴
り
響
き
始
め
ま
  
赤
鬼
が
し
ゃ
べ
り
終
え
る
と
同
時
に
地
響
き
の
よ
う
な
低
い
音
が
  
  
姉
ち
ゃ
ん
た
ち
も
こ
こ
で
終
わ
り
だ
 °
 
  
よ
う
だ
な
!
し
か
し
 
  
 
ふ
は
は
は
は
!
青
鬼
を
倒
す
と
は
少
し
は
骨
の
あ
る
娘
た
ち
の
  
  
 
赤
鬼
!
待
ち
な
さ
い
!
 
  
  
広
間
の
反
対
側
に
赤
鬼
の
姿
が
見
え
ま
す
 °
  
を
駆
け
上
が
る
と
そ
こ
に
は
ま
た
大
き
な
広
間
が
あ
り
ま
し
た
 °
  
続
い
て
い
ま
し
た
 °
階
段
  
赤
鬼
が
出
て
い
っ
た
広
間
の
奥
の
扉
を
開
け
る
と
そ
こ
は
階
段
が
  
追
い
ま
す
 °
  
桃
子
は
あ
や
め
を
置
い
て
き
き
ょ
う
と
さ
く
ら
の
三
人
で
赤
鬼
を
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
昔
ば
な
し
 
も
も
た
ろ
う
 
そ
の
9










≪ <  

  
 
あ
ん
な
の
に
勝
て
る
訳
な
い
じ
ゃ
な
い
!
?
 
  
 
な
 
な
ん
と
い
う
大
き
さ
・
・
・
 
  
  
黄
鬼
が
歩
く
た
び
に
体
が
浮
き
上
が
る
ほ
ど
の
地
響
き
が
し
ま
す
 °
  
  
∧
ズ
シ
ン
 
ズ
シ
ン
・
・
・
∨
  
  
な
体
を
し
て
い
ま
す
 °
  
黄
鬼
と
呼
ば
れ
た
鬼
は
ほ
か
の
鬼
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
大
き
  
  
 
黄
鬼
よ
 °
あ
い
つ
ら
を
片
付
け
る
の
だ
!
!
 
  
  
っ
し
り
と
出
て
き
ま
し
た
 °
  
扉
が
完
全
に
開
く
と
中
か
ら
と
て
つ
も
な
く
大
き
な
生
き
物
が
の
  
取
り
ま
し
た
 °
  
も
の
が
何
か
と
ん
で
も
な
い
邪
悪
な
気
を
発
し
て
い
る
の
を
感
じ
  
桃
子
は
そ
の
奥
に
あ
る
  
広
間
の
奥
に
あ
る
大
き
な
扉
が
ゆ
っ
く
り
と
開
い
て
い
る
の
で
す
 °
  
  
∧
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
・
・
・
・
∨








   

  
  
か
れ
っ
!
 
  
で
で
き
て
い
る
 °
お
前
た
ち
に
も
う
逃
げ
道
は
な
い
 °
黄
鬼
 
  
壁
や
天
井
は
す
べ
て
鋼
鉄
  
ん
だ
な
 °
も
う
一
つ
い
い
こ
と
を
教
え
て
や
ろ
う
 °
こ
の
広
間
の
  
に
せ
い
ぜ
い
震
え
上
が
る
  
 
威
勢
だ
け
は
一
人
前
の
よ
う
だ
な
 °
黄
鬼
の
と
ん
で
も
な
い
力
  
  
 
す
 
す
る
わ
け
な
い
で
し
ょ
!
 
  
  
  
参
す
る
な
ら
許
し
て
や
ろ
う
 °
 
  
こ
こ
で
お
と
な
し
く
降
  
 
が
は
は
は
は
っ
 
さ
す
が
に
ビ
ビ
っ
た
み
た
い
だ
な
!
ど
う
だ
 
  
  
い
ま
し
た
 °
  
人
は
途
方
に
暮
れ
て
し
ま
  
黄
鬼
は
桃
子
た
ち
の
軽
く
五
倍
以
上
の
背
丈
が
あ
る
の
で
す
 °
  
  
 
一
体
ど
う
し
た
ら
い
い
の
よ
!
?
 











   

  
跳
躍
力
に
自
信
の
あ
る
さ
く
ら
が
壁
を
蹴
っ
て
飛
び
上
が
り
 
  
い
ま
す
 °
  
桃
子
た
ち
三
人
は
山
の
よ
う
な
大
き
さ
の
黄
鬼
を
攻
め
あ
ぐ
ね
て
  
  
 
木
っ
端
み
じ
ん
ね
 °
 
  
 
あ
れ
を
食
ら
っ
た
ら
ひ
と
た
ま
り
も
な
い
わ
・
・
・
 
  
 
な
 
な
ん
て
馬
鹿
力
な
の
?
 
  
  
た
 °
  
攻
撃
は
空
振
り
に
終
わ
り
ま
し
た
が
鋼
鉄
製
の
床
が
へ
こ
み
ま
し
  
  
∧
ボ
ゴ
|
|
|
ン
!
!
∨
  
  
と
と
も
に
振
り
下
ろ
し
ま
す
 °
  
げ
た
か
と
思
う
と
 
轟
音
  
ち
に
襲
い
か
か
っ
て
き
ま
す
 °
そ
し
て
大
き
な
こ
ぶ
し
を
振
り
上
  
を
響
か
せ
な
が
ら
桃
子
た
  
ら
広
間
を
出
て
い
き
ま
し
た
 °
黄
鬼
は
ズ
シ
ン
 
ズ
シ
ン
と
足
音
  
高
笑
い
を
響
か
せ
な
が
  
赤
鬼
は
黄
鬼
に
命
令
を
与
え
る
と
自
分
は
重
い
鋼
鉄
の
扉
を
開
け
 

   

  
桃
子
は
剣
で
素
早
く
何
度
も
切
り
付
け
ま
す
が
 
黄
鬼
の
固
い
皮
  
転
ん
だ
と
こ
ろ
に
一
気
に
攻
撃
を
浴
び
せ
ま
す
 °
  
  
 
今
よ
!
 
  
  
∧
ズ
シ
|
|
|
ン
!
∨
  
  
ン
ス
を
崩
し
て
し
ま
い
も
ん
ど
り
う
っ
て
倒
れ
ま
す
 °
  
さ
す
が
の
黄
鬼
も
バ
ラ
  
三
人
は
示
し
合
わ
せ
て
 
黄
鬼
の
右
足
に
攻
撃
を
集
中
さ
せ
ま
す
 °
  
  
転
ば
せ
ら
れ
な
い
か
な
ぁ
・
・
・
 
  
 
私
と
き
き
ょ
う
は
攻
撃
が
届
か
な
い
わ
 °
な
ん
と
か
あ
い
つ
を
  
  
∧
ボ
ゴ
|
|
|
ン
!
!
∨
  
  
し
て
き
ま
す
 °
  
そ
う
し
て
い
る
間
に
も
黄
鬼
は
凄
ま
じ
い
勢
い
で
拳
を
振
り
下
ろ
  
ら
わ
せ
ま
す
 °
し
か
し
 
黄
鬼
に
は
ま
っ
た
く
効
き
ま
せ
ん
 °
  
鬼
の
後
頭
部
に
蹴
り
を
食
















   

  
  
そ
う
い
っ
た
の
は
さ
く
ら
で
し
た
 °
  
  
 
桃
子
さ
ん
!
私
に
一
つ
き
び
だ
ん
ご
を
く
れ
ま
せ
ん
か
?
 
  
  
三
人
は
途
方
に
く
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
  
 
こ
の
ま
ま
じ
ゃ
い
つ
か
は
や
ら
れ
ち
ゃ
う
・
・
・
 
  
 
ど
う
す
れ
ば
い
い
の
よ
 °
 
  
 
攻
撃
が
全
く
効
か
な
い
わ
!
 
  
  
た
 °
  
や
が
て
黄
鬼
は
立
ち
上
が
り
桃
子
た
ち
に
襲
い
か
か
り
始
め
ま
し
  
し
 
こ
れ
も
大
し
て
効
い
て
い
る
よ
う
に
は
み
え
ま
せ
ん
 °
  
を
落
と
し
ま
し
た
 °
し
か
  
さ
く
ら
は
再
び
壁
を
蹴
っ
て
高
い
と
こ
ろ
か
ら
顔
面
に
超
乳
重
圧
  
か
し
 
黄
鬼
は
平
然
と
し
て
い
ま
す
 °
  
撃
を
食
ら
わ
せ
ま
す
 °
  
き
き
ょ
う
は
大
き
く
振
り
か
ぶ
っ
て
黄
鬼
の
頭
に
得
意
の
超
乳
打
  
膚
に
全
く
歯
が
立
ち
ま
せ
ん
 °














   

  
  
飛
び
上
が
り
ま
し
た
 °
  
さ
く
ら
は
き
び
だ
ん
ご
を
口
に
放
り
込
ん
で
か
ら
 
壁
を
蹴
っ
て
  
  
 
今
だ
!
 
  
  
∧
ズ
シ
|
|
|
ン
!
∨
  
  
し
ま
し
た
 °
  
た
転
ば
せ
る
こ
と
に
成
功
  
そ
し
て
 
桃
子
と
き
き
ょ
う
は
協
力
し
て
黄
鬼
の
足
を
ね
ら
い
ま
  
桃
子
は
心
配
な
が
ら
も
さ
く
ら
に
き
び
だ
ん
ご
を
わ
た
し
ま
し
た
 °
  
  
 
わ
か
っ
た
わ
 °
 
  
  
も
う
一
度
 
あ
の
鬼
を
転
ば
せ
て
く
れ
ま
せ
ん
か
?
 
  
桃
子
さ
ん
と
き
き
ょ
う
は
  
 
先
ほ
ど
の
 
超
乳
重
圧
で
す
こ
し
考
え
が
浮
か
ん
だ
ん
で
す
 °
  
  
 
さ
く
ら
さ
ん
 
ど
う
す
る
つ
も
り
?
 










   

  
房
の
下
か
ら
逃
げ
出
そ
う
と
し
て
い
ま
す
 °
  
ま
す
 °
そ
し
て
必
死
に
乳
  
し
て
い
ま
す
 °
黄
鬼
は
苦
し
い
の
か
足
を
じ
た
ば
た
と
さ
せ
て
い
  
顔
面
を
完
全
に
被
い
尽
く
  
な
っ
た
乳
房
の
上
に
あ
り
ま
す
 °
そ
し
て
巨
大
な
乳
房
が
黄
鬼
の
  
く
ら
の
身
体
は
大
き
く
  
屋
敷
全
体
を
揺
ら
す
よ
う
な
地
響
き
が
辺
り
に
響
き
ま
し
た
 °
  
  
∧
ど
っ
っ
し
|
|
|
|
ん
!
!
!
∨
  
  
落
と
し
ま
し
た
 °
  
近
に
特
大
の
超
乳
重
圧
を
  
さ
く
ら
は
起
き
上
が
ろ
う
と
し
て
い
る
黄
鬼
の
首
元
か
ら
顔
面
付
  
  
∧
む
く
む
く
む
く
む
く
∨
  
  
に
大
き
く
な
っ
て
い
ま
す
 °
  
さ
く
ら
は
宙
を
舞
っ
て
い
ま
す
が
 
そ
の
乳
房
は
み
る
み
る
う
ち
  
  
 
い
く
わ
よ
っ
!
!
超
々
乳
重
圧
!
!
 










   

  
黄
鬼
は
む
ご
む
ご
と
呻
き
声
を
漏
ら
し
な
が
ら
足
を
じ
た
ば
た
さ
  
の
重
み
も
ど
ん
ど
ん
と
増
し
て
い
き
ま
す
 °
  
覆
い
尽
く
し
ま
す
 °
乳
房
  
さ
く
ら
の
乳
房
は
さ
ら
に
容
積
を
増
し
 
黄
鬼
の
上
半
身
を
全
て
  
  
∧
む
く
っ
 
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
・
・
・
∨
  
  
ま
し
た
 °
  
さ
く
ら
は
乳
房
の
下
敷
き
に
な
っ
て
い
る
黄
鬼
に
向
か
っ
て
叫
び
  
  
 
こ
の
ま
ま
 
お
と
な
し
く
し
な
さ
い
!
!
 
  
  
は
そ
れ
を
う
ま
く
受
け
取
っ
て
す
ぐ
さ
ま
口
に
入
れ
ま
し
た
 °
  
て
投
げ
ま
し
た
 °
さ
く
ら
  
桃
子
は
き
び
だ
ん
ご
を
も
う
一
つ
取
り
出
し
て
さ
く
ら
に
向
か
っ
  
  
 
わ
か
っ
た
わ
!
 
  
  
 
桃
子
さ
ん
!
き
び
だ
ん
ご
を
も
う
一
つ
く
だ
さ
い
!
 
  


























   

  
  
 
大
丈
夫
で
す
 °
で
も
 
ど
う
し
ま
し
ょ
う
・
・
・
こ
の
胸
 °
 
  
  
答
え
ま
し
た
 °
  
桃
子
が
心
配
そ
う
に
さ
く
ら
に
向
か
っ
て
叫
び
ま
す
 °
さ
く
ら
が
  
  
 
さ
く
ら
さ
ん
?
大
丈
夫
?
 
  
  
房
の
頂
に
い
る
の
で
そ
の
姿
は
見
え
ま
せ
ん
 °
  
く
ら
は
二
つ
の
巨
大
は
乳
  
桃
子
と
き
き
ょ
う
は
さ
く
ら
の
方
を
見
上
げ
ま
す
 °
し
か
し
 
  
  
 
山
の
よ
う
な
お
っ
ぱ
い
で
す
ね
・
・
・
天
井
に
く
っ
つ
き
そ
う
 
  
 
相
当
な
重
さ
よ
ね
 °
こ
れ
じ
ゃ
助
か
ら
な
い
か
 °
 
  
 
や
っ
た
わ
!
黄
鬼
を
や
っ
つ
け
た
わ
よ
!
 
  
  
呻
き
声
は
聞
こ
え
な
く
な
り
 
足
も
動
か
な
く
な
り
ま
し
た
 °
  
を
止
め
た
と
き
 
黄
鬼
の
  
や
が
て
 
乳
房
が
広
い
広
間
の
端
と
端
ま
で
到
達
し
て
そ
の
膨
張
  
せ
て
い
ま
す
 °




















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
こ
と
に
な
り
ま
し
た
 °
  
残
念
な
が
ら
さ
く
ら
も
戦
線
を
離
脱
し
 
こ
こ
で
み
ん
な
を
待
つ
  
な
り
ま
せ
ん
 °
  
さ
せ
て
み
て
も
ど
う
に
も
  
さ
く
ら
の
身
体
は
二
つ
の
球
体
の
上
に
あ
り
 
手
足
を
ば
た
ば
た

  > ≫