∧
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
・
・
・
∨
  
  
り
始
め
ま
す
 °
  
胸
の
辺
り
が
苦
し
く
な
  
桃
子
は
心
臓
の
音
が
大
き
く
聞
こ
え
て
き
た
よ
う
に
思
い
ま
し
た
 °
  
  
∧
ド
ク
ン
 
ド
ク
ン
・
・
・
∨
  
  
た
 °
  
ざ
と
い
う
と
き
の
た
め
に
桃
子
に
渡
し
て
く
れ
て
い
た
も
の
で
し
  
で
す
 °
お
ば
あ
さ
ん
が
い
  
り
ま
す
 °
き
び
だ
ん
ご
を
三
日
三
晩
煮
詰
め
た
と
い
う
特
別
な
薬
  
の
中
に
強
い
苦
み
が
広
が
  
そ
し
て
蓋
を
開
け
て
そ
の
中
身
を
口
の
中
に
流
し
込
み
ま
す
 °
  
り
出
し
ま
し
た
 °
  
赤
鬼
に
追
い
詰
め
ら
れ
た
桃
子
は
腰
の
袋
か
ら
小
さ
な
竹
筒
を
取
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
昔
ば
な
し
 
も
も
た
ろ
う
 
そ
の
1
1









≪ <  

  
大
き
さ
に
達
し
ま
し
た
 °
  
す
 °
鋼
鉄
の
広
間
で
黄
鬼
を
押
し
潰
し
た
さ
く
ら
の
乳
房
ほ
ど
の
  
だ
胸
は
膨
ら
ん
で
い
き
ま
  
や
め
の
乳
房
ほ
ど
の
大
き
さ
に
達
し
ま
し
た
 °
し
か
し
 
ま
だ
ま
  
動
け
な
く
な
っ
て
い
る
あ
  
あ
っ
と
い
う
間
に
き
き
ょ
う
の
大
き
さ
を
超
え
 
最
初
の
広
間
で
  
  
く
っ
!
!
!
!
!
∨
  
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
  
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
  
∧
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
む
く
  
  
房
は
服
を
突
き
破
っ
て
一
気
に
大
き
さ
を
増
し
ま
し
た
 °
  
次
の
瞬
間
 
桃
子
の
乳
  
桃
子
の
豊
か
な
胸
元
が
少
し
膨
ら
ん
だ
か
の
よ
う
に
見
え
ま
し
た
 °
  
  
∧
む
く
っ
∨
  
  
き
ま
す
 °
  
ガ
ク
ガ
ク
と
身
体
が
震
え
 
意
識
が
だ
ん
だ
ん
と
遠
く
な
っ
て
い

   

  
ん
で
し
ま
う
ほ
ど
に
な
り
  
桃
子
の
乳
房
は
赤
鬼
の
背
丈
を
追
い
越
し
 
す
っ
ぽ
り
と
包
み
込
  
  
 
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
・
・
・
・
 
  
  
き
ま
す
 °
  
増
し
て
い
き
ま
す
 °
赤
鬼
の
左
右
か
ら
乳
房
の
壁
が
押
し
迫
っ
て
  
房
の
か
さ
は
ど
ん
ど
ん
と
  
赤
鬼
は
桃
子
の
谷
間
か
ら
抜
け
出
そ
う
と
し
ま
す
 °
し
か
し
 
  
  
 
ぬ
う
・
・
・
こ
し
ゃ
く
な
 
  
  
な
か
な
か
足
が
動
き
ま
せ
ん
 °
  
ま
す
 °
逃
げ
出
そ
う
に
も
  
赤
鬼
の
腰
は
す
で
に
桃
子
の
二
つ
の
乳
房
の
谷
間
に
埋
も
れ
て
い
  
こ
と
に
気
づ
き
ま
し
た
 °
  
赤
鬼
は
ふ
と
周
り
を
見
る
と
桃
子
の
乳
房
の
間
に
挟
ま
れ
て
い
る
  
  
 
な
 
な
ん
だ
こ
れ
は
!
?
 
  


























   

  
く
な
り
そ
し
て
聞
こ
え
な
  
赤
鬼
の
う
め
き
声
が
聞
こ
え
て
い
ま
す
 °
し
か
し
そ
の
声
は
小
さ
  
  
 
ぐ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
|
|
|
っ
!
!
 
  
  
ま
っ
た
の
で
し
た
 °
  
の
谷
間
に
埋
も
れ
て
し
  
さ
く
な
っ
て
い
き
ま
す
 °
赤
鬼
は
と
う
と
う
完
全
に
桃
子
の
乳
房
  
た
隙
間
は
ど
ん
ど
ん
と
小
  
乳
房
は
ま
だ
ま
だ
大
き
く
な
り
ま
す
 °
天
井
と
乳
房
の
間
に
で
き
  
  
 
ぬ
お
お
お
お
お
・
・
・
苦
し
い
・
・
・
 
  
  
近
い
と
こ
ろ
で
し
た
 °
  
こ
は
も
う
広
間
の
天
井
に
  
や
が
て
赤
鬼
は
何
と
か
乳
房
の
谷
間
か
ら
顔
を
出
し
ま
し
た
が
そ
  
登
り
ま
す
 °
  
け
出
そ
う
と
上
へ
と
よ
じ
  
赤
鬼
は
乳
房
を
両
手
で
押
し
返
し
な
が
ら
な
ん
と
か
谷
間
か
ら
抜
  
ま
し
た
 °






















   

  
  
 
・
・
・
ん
っ
?
・
・
・
!
 
  
  
今
に
も
突
き
破
ろ
う
と
し
て
い
ま
す
 °
  
房
は
広
間
の
壁
や
天
井
を
  
桃
子
自
身
は
意
識
を
失
っ
て
い
る
よ
う
で
す
 °
し
か
し
 
そ
の
乳
  
  
∧
バ
キ
ッ
 
ベ
キ
ッ
 
ガ
シ
ャ
ン
∨
  
  
す
 °
  
桃
子
の
乳
房
は
な
お
も
そ
の
大
き
さ
を
増
そ
う
と
し
て
い
る
の
で
  
む
音
が
し
て
い
ま
す
 °
  
戦
い
は
終
わ
り
ま
し
た
 °
で
す
が
 
屋
敷
全
体
が
ミ
シ
ミ
シ
と
軋
  
  
∧
ミ
シ
ッ
 
ミ
シ
 
ミ
シ
ッ
・
・
・
∨
  
  
  
し
つ
け
 
窒
息
さ
せ
た
の
で
し
た
 °
  
た
し
 
谷
間
の
赤
鬼
を
押
  
く
な
り
ま
し
た
 °
桃
子
の
乳
房
は
大
き
な
広
間
を
い
っ
ぱ
い
に
満

   

  
 
そ
う
か
 
桃
子
が
あ
の
お
っ
ぱ
い
で
赤
鬼
を
押
し
潰
し
た
ん
だ
  
  
た
 °
  
き
き
ょ
う
に
は
だ
ん
だ
ん
と
状
況
が
飲
み
込
め
て
き
た
よ
う
で
し
  
  
る
わ
・
・
・
 
  
は
?
い
つ
の
間
に
か
あ
の
と
ん
で
も
な
い
邪
悪
な
気
が
消
え
て
い
  
・
・
・
そ
れ
よ
り
赤
鬼
  
 
あ
れ
っ
て
 
桃
子
の
お
っ
ぱ
い
よ
ね
?
な
ん
て
大
き
さ
な
の
!
  
  
房
が
部
屋
を
み
ち
み
ち
と
満
た
し
て
い
る
の
が
見
え
ま
す
 °
  
て
つ
も
な
い
大
き
さ
の
乳
  
き
き
ょ
う
が
突
き
破
っ
て
で
き
た
壁
の
穴
か
ら
広
間
を
覗
く
と
と
  
  
 
ど
 
ど
わ
|
|
|
っ
!
!
な
 
な
ん
な
の
あ
れ
?
 
  
  
し
た
 °
  
で
気
を
失
っ
て
い
た
の
で
  
き
き
ょ
う
は
赤
鬼
に
ふ
っ
と
ば
さ
れ
て
壁
を
突
き
破
り
瓦
礫
の
中
  
大
き
な
物
音
に
目
を
覚
ま
し
た
の
は
き
き
ょ
う
で
し
た
 °




   

  
  
∧
バ
キ
バ
キ
ッ
 
ベ
キ
ッ
 
バ
リ
バ
リ
バ
リ
バ
リ
バ
リ
ッ
!
!
!
!
∨
  
  
ま
し
た
 °
  
せ
ん
 °
よ
た
よ
た
と
歩
き
な
が
ら
鋼
鉄
の
広
間
へ
の
階
段
を
探
し
  
こ
と
は
言
っ
て
い
ら
れ
ま
  
き
き
ょ
う
は
赤
鬼
の
攻
撃
で
身
体
を
痛
め
て
い
ま
し
た
が
そ
ん
な
  
  
わ
 °
 
  
ら
潰
さ
れ
る
こ
と
は
な
い
  
 
そ
う
だ
!
鋼
鉄
の
広
間
に
い
っ
た
ん
避
難
し
よ
う
 °
あ
そ
こ
な
  
  
と
を
考
え
ま
し
た
 °
  
え
ず
自
分
の
身
を
守
る
こ
  
シ
ャ
ン
と
物
が
落
ち
る
音
が
し
て
い
ま
す
 °
き
き
ょ
う
は
と
り
あ
  
と
壁
が
割
れ
る
音
や
ガ
  
屋
敷
は
ミ
シ
ミ
シ
と
音
を
立
て
て
お
り
 
あ
ち
こ
ち
で
バ
キ
バ
キ
  
  
ま
大
き
く
な
り
続
け
た
ら
こ
の
建
物
が
持
た
な
い
わ
・
・
・
 
  
・
・
・
 °
で
も
 
こ
の
ま
















   

  
き
き
ょ
う
は
二
人
に
上
で
起
こ
っ
た
こ
と
を
説
明
し
ま
す
 °
そ
し
  
  
 
一
体
何
が
起
こ
っ
て
い
る
の
?
 
  
 
き
き
ょ
う
ち
ゃ
ん
!
あ
な
た
こ
そ
 °
桃
子
は
?
大
丈
夫
な
の
?
 
  
  
た
 °
  
二
人
は
き
き
ょ
う
の
姿
を
認
め
て
ぱ
っ
と
顔
が
明
る
く
な
り
ま
し
  
  
 
あ
や
め
!
さ
く
ら
っ
!
大
丈
夫
だ
っ
た
!
?
 
  
  
で
し
た
 °
  
胸
を
少
し
ず
つ
移
動
さ
せ
な
が
ら
こ
の
広
間
ま
で
や
っ
て
き
た
の
  
が
異
変
を
察
知
し
 
重
い
  
配
し
て
い
ま
す
 °
あ
や
め
は
最
初
の
宴
会
の
広
間
に
い
た
の
で
す
  
部
屋
が
崩
れ
な
い
か
と
心
  
鋼
鉄
の
広
間
で
は
巨
大
な
乳
房
の
さ
く
ら
と
あ
や
め
が
不
安
げ
に
  
  
に
階
段
を
見
つ
け
鋼
鉄
の
広
間
へ
と
降
り
て
ゆ
き
ま
し
た
 °
  
ょ
う
は
壁
が
崩
れ
る
寸
前
  
桃
子
の
乳
房
が
広
間
の
壁
を
破
り
始
め
て
い
る
よ
う
で
す
 °
き
き

   

  
 
じ
ゃ
あ
 
私
が
外
の
様
子
を
見
て
く
る
わ
 °
 
  
 
う
ん
 °
大
丈
夫
 °
そ
れ
よ
り
桃
子
が
心
配
な
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
ふ
ぅ
 
す
ご
い
音
だ
っ
た
わ
ね
 °
み
ん
な
大
丈
夫
だ
っ
た
?
?
 
  
  
心
配
に
な
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
う
な
る
と
桃
子
の
様
子
が
  
あ
や
め
 
き
き
ょ
う
 
さ
く
ら
の
三
人
は
無
事
の
よ
う
で
す
 °
  
静
ま
り
か
え
っ
て
い
ま
す
 °
  
ど
れ
ほ
ど
の
時
間
が
経
っ
た
で
し
ょ
う
か
 °
鬼
の
屋
敷
は
し
ん
と
  
  
  
  
崩
れ
な
い
こ
と
を
祈
り
ま
し
た
 °
  
が
ら
こ
の
鋼
鉄
の
広
間
が
  
屋
敷
が
崩
れ
る
大
き
な
音
が
し
ま
し
た
 °
三
人
は
耳
を
ふ
さ
ぎ
な
  
  
∧
ズ
ド
ド
ド
ド
|
|
|
|
ン
!
!
!
!
!
∨
  
  
戻
っ
て
き
た
こ
と
を
話
し
ま
し
た
 °
  
て
避
難
す
る
た
め
こ
こ
に
















   

  
う
ま
く
瓦
礫
の
間
を
す
り
抜
け
て
い
き
ま
す
 °
  
が
 
機
敏
な
き
き
ょ
う
は
  
て
い
き
ま
す
 °
時
々
 
大
き
な
胸
が
つ
か
え
て
邪
魔
に
な
り
ま
す
  
う
は
瓦
礫
の
隙
間
を
歩
い
  
鬼
の
屋
敷
は
完
全
に
崩
れ
落
ち
て
し
ま
っ
た
よ
う
で
す
 °
き
き
ょ
  
ま
し
た
 °
  
る
と
状
況
が
つ
か
め
て
き
  
て
散
ら
ば
っ
て
い
ま
す
 °
し
ば
ら
く
し
て
段
々
と
目
が
慣
れ
て
く
  
壁
や
天
井
が
瓦
礫
と
な
っ
  
広
間
を
一
歩
出
る
と
そ
こ
は
真
っ
暗
で
し
た
 °
辺
り
に
は
崩
れ
た
  
い
き
ま
し
た
 °
  
き
き
ょ
う
は
二
人
に
大
き
く
頷
い
て
 
鋼
鉄
の
扉
か
ら
外
に
出
て
  
  
 
桃
子
の
こ
と
頼
ん
だ
わ
よ
!
 
  
 
気
を
つ
け
て
ね
!
 
  
  
取
れ
な
い
た
め
き
き
ょ
う
に
任
せ
る
こ
と
に
し
ま
し
た
 °
  
く
な
り
す
ぎ
て
身
動
き
が
  
き
き
ょ
う
は
そ
う
言
い
ま
し
た
 °
あ
や
め
と
さ
く
ら
は
胸
が
大
き
  


























   

  
る
よ
う
で
頂
上
は
見
え
ま
  
き
き
ょ
う
は
目
の
前
の
そ
れ
を
見
上
げ
ま
す
が
相
当
な
高
さ
が
あ
  
鎮
座
し
て
い
る
の
で
す
 °
  
鬼
の
屋
敷
が
あ
っ
た
場
所
に
肌
色
の
巨
大
な
饅
頭
の
よ
う
な
塊
が
  
  
 
な
 
な
ん
な
の
!
?
あ
れ
!
 
  
  
き
き
ょ
う
は
歩
い
て
き
た
方
向
を
振
り
返
っ
て
驚
き
ま
し
た
 °
  
  
 
あ
れ
っ
?
こ
こ
っ
て
鬼
の
屋
敷
の
外
だ
よ
ね
?
 
  
  
す
る
と
そ
こ
は
太
陽
の
光
が
降
り
注
ぐ
野
原
で
し
た
 °
  
し
た
 °
  
き
き
ょ
う
は
瓦
礫
の
隙
間
に
で
き
た
光
の
枠
に
足
を
踏
み
入
れ
ま
  
  
 
ま
ぶ
し
い
・
・
・
 
  
  
歩
き
ま
す
 °
  
う
は
そ
の
光
に
向
か
っ
て
  
し
ば
ら
く
歩
く
と
先
の
方
に
明
る
い
光
が
見
え
ま
し
た
 °
き
き
ょ

   

  
  
て
き
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
き
き
ょ
う
は
大
き
な
声
で
叫
び
ま
し
た
 °
し
か
し
 
返
事
は
帰
っ
  
  
 
桃
子
|
!
!
大
丈
夫
な
の
!
?
 
  
  
止
め
た
の
で
し
た
 °
  
ぎ
倒
し
山
の
よ
う
な
大
き
さ
に
な
っ
た
と
こ
ろ
で
や
っ
と
成
長
を
  
や
が
て
屋
敷
全
体
を
な
  
き
く
な
り
 
次
々
と
屋
敷
の
部
屋
を
押
し
つ
ぶ
し
て
ゆ
き
ま
し
た
 °
  
っ
た
後
も
ど
ん
ど
ん
と
大
  
な
い
大
き
さ
で
す
 °
桃
子
の
乳
房
は
広
間
の
壁
や
天
井
を
突
き
破
  
に
山
の
よ
う
な
と
て
つ
も
  
き
き
ょ
う
が
呟
い
た
通
り
 
そ
れ
は
桃
子
の
乳
房
で
し
た
 °
ま
さ
  
  
・
・
・
桃
子
の
 
お
っ
ぱ
い
 
だ
わ
 °
 
  
大
な
山
の
よ
う
な
も
の
  
 
辺
り
が
暗
か
っ
た
原
因
は
こ
れ
だ
っ
た
の
ね
 °
こ
の
二
つ
の
巨
  
  
せ
ん
 °























   

  
た
 °
顔
は
疲
れ
切
っ
て
い
  
き
き
ょ
う
は
乳
の
隙
間
か
ら
よ
う
や
く
桃
子
の
姿
を
見
つ
け
ま
し
  
  
 
桃
子
!
!
 
  
  
 
・
・
・
き
 
き
ょ
 
  
  
た
 °
  
き
き
ょ
う
の
必
死
な
呼
び
か
け
に
微
か
に
答
え
る
声
が
あ
り
ま
し
  
  
 
桃
子
|
!
!
ど
こ
な
の
|
!
?
 
  
  
元
に
桃
子
が
い
る
筈
で
す
 °
  
ま
し
た
 °
こ
の
谷
間
の
根
  
か
な
り
歩
い
た
と
こ
ろ
で
や
が
て
二
つ
の
山
の
谷
間
が
見
え
て
き
  
に
し
ま
し
た
 °
  
そ
う
考
え
て
 
き
き
ょ
う
は
乳
房
の
周
囲
を
だ
ど
っ
て
い
く
こ
と
  
  
か
も
・
・
・
 
  
 
こ
の
お
っ
ぱ
い
の
ふ
も
と
を
辿
っ
て
い
け
ば
 
桃
子
に
会
え
る

   

  
  
 
え
え
 °
鬼
退
治
は
終
わ
っ
た
わ
よ
っ
!
 
  
  
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
子
に
は
そ
の
覚
え
は
あ
り
  
と
て
つ
も
な
い
乳
圧
を
受
け
て
押
し
つ
ぶ
さ
れ
た
の
で
し
た
が
桃
  
は
谷
間
か
ら
出
ら
れ
ず
に
  
の
乳
房
は
も
の
す
ご
い
勢
い
で
膨
ら
ん
で
広
間
を
満
た
し
 
赤
鬼
  
い
る
よ
う
で
し
た
 °
二
つ
  
桃
子
は
胸
が
膨
ら
み
始
め
て
か
ら
の
記
憶
を
す
っ
か
り
無
く
し
て
  
  
 
わ
た
し
が
?
 
  
  
 
え
え
 °
終
わ
っ
た
わ
よ
 °
桃
子
が
や
っ
つ
け
た
ん
だ
か
ら
ね
!
 
  
  
 
終
わ
っ
た
の
ね
・
・
・
?
 
  
  
ど
う
す
る
こ
と
も
で
き
ま
せ
ん
で
し
た
 °
  
よ
う
に
も
こ
の
乳
房
で
は
  
ま
し
た
が
生
気
は
あ
る
よ
う
で
し
た
 °
た
だ
 
き
き
ょ
う
が
助
け

   

  
  
 
う
|
ん
 °
困
っ
た
わ
ね
・
・
・
 
  
  
い
か
な
い
わ
!
 
  
 
だ
め
よ
 °
桃
子
や
あ
や
め
 
さ
く
ら
を
置
い
て
行
く
わ
け
に
は
  
  
法
を
聞
い
て
き
て
く
れ
な
い
か
し
ら
?
 
  
っ
て
ム
ネ
を
元
に
戻
す
方
  
 
き
き
ょ
う
ち
ゃ
ん
 
悪
い
け
ど
私
の
お
ば
あ
さ
ん
に
会
い
に
行
  
  
い
ま
し
た
 °
  
今
で
は
き
き
ょ
う
の
胸
が
四
人
の
中
で
一
番
小
さ
く
な
っ
て
し
ま
  
  
 
ま
と
も
に
動
け
る
の
は
私
だ
け
ね
・
・
・
 
  
  
 
こ
れ
か
ら
ど
う
し
よ
う
?
こ
の
ム
ネ
じ
ゃ
身
動
き
で
き
な
い
 °
 
  
  
す
 °
  
し
か
し
 
安
心
す
る
と
心
配
に
な
っ
て
く
る
の
は
今
後
の
こ
と
で
  
桃
子
は
ほ
っ
と
安
堵
の
息
を
漏
ら
し
ま
し
た
 °








   

  
  
き
き
ょ
う
は
厳
し
い
目
つ
き
で
少
年
を
睨
み
付
け
ま
す
 °
  
  
 
あ
な
た
は
誰
?
な
ぜ
こ
ん
な
と
こ
ろ
に
い
る
の
?
 
  
  
気
弱
そ
う
で
あ
ま
り
腕
っ
ぷ
し
は
強
そ
う
に
は
見
え
ま
せ
ん
 °
  
  
た
ん
で
す
・
・
・
 
  
 
あ
 
あ
の
ぅ
 °
そ
の
・
・
・
盗
み
見
す
る
つ
も
り
じ
ゃ
な
か
っ
  
  
た
の
は
人
間
の
若
者
で
し
た
 °
  
を
見
せ
ま
し
た
 °
出
て
き
  
す
る
と
身
を
潜
め
て
こ
っ
そ
り
様
子
を
う
か
が
っ
て
い
た
者
が
姿
  
き
き
ょ
う
は
草
む
ら
に
向
か
っ
て
叫
び
ま
し
た
 °
  
  
 
誰
!
?
そ
こ
に
誰
か
い
る
ん
で
し
ょ
!
?
 
  
  
せ
ん
で
し
た
 °
  
き
き
ょ
う
は
聞
き
逃
し
ま
  
そ
の
時
で
し
た
 °
近
く
の
草
む
ら
で
わ
ず
か
な
物
音
が
し
た
の
を

   

  
 
ほ
ん
と
っ
 
大
変
だ
っ
た
ん
だ
か
ら
!
・
・
・
あ
っ
 
ち
ょ
う
  
  
大
な
胸
の
ふ
く
ら
み
が
気
に
な
っ
て
い
ま
し
た
 °
  
に
似
つ
か
わ
し
く
な
い
巨
  
そ
し
て
目
の
前
に
い
る
小
柄
な
少
女
の
愛
く
る
し
い
表
情
と
そ
れ
  
し
ま
し
た
 °
  
桃
太
郎
は
彼
女
た
ち
が
鬼
を
退
治
し
た
と
聞
い
て
素
直
に
喜
ん
で
  
  
・
・
・
 
  
れ
て
い
た
ん
で
す
が
 
あ
な
た
た
ち
が
退
治
し
て
く
れ
た
な
ん
て
  
ら
い
い
の
か
と
途
方
に
く
  
し
・
・
・
正
直
な
と
こ
ろ
 
一
人
で
ど
う
や
っ
て
鬼
を
退
治
し
た
  
屋
敷
も
無
く
な
っ
て
る
  
 
え
え
っ
 
ほ
 
本
当
で
す
か
!
?
ど
お
り
で
誰
も
い
な
い
し
 
  
  
 
鬼
な
ら
私
た
ち
が
や
っ
つ
け
た
わ
よ
!
 
  
  
て
・
・
・
 
  
鬼
が
見
当
た
ら
な
く
  
 
僕
は
桃
太
郎
と
い
い
ま
す
 °
鬼
退
治
に
や
っ
て
き
た
ん
で
す
が
 

   

  
桃
太
郎
は
立
ち
寄
っ
た
村
で
鬼
が
退
治
さ
れ
た
こ
と
を
知
ら
せ
る
  
た
 °
  
桃
太
郎
は
き
き
ょ
う
の
頼
み
を
果
た
す
た
め
鬼
ヶ
島
を
発
ち
ま
し
  
  
も
言
っ
て
お
い
て
ね
!
 
  
ち
が
鬼
を
退
治
し
た
こ
と
  
 
じ
ゃ
あ
 
お
願
い
ね
っ
!
つ
い
で
に
村
に
立
ち
寄
っ
た
ら
私
た
  
  
て
き
て
欲
し
い
と
頼
み
ま
し
た
 °
  
を
元
に
戻
す
方
法
を
聞
い
  
き
き
ょ
う
は
桃
太
郎
に
桃
子
の
お
ば
あ
さ
ん
に
会
い
に
い
っ
て
胸
  
  
 
ぼ
 
僕
に
で
き
る
こ
と
な
ら
協
力
す
る
け
ど
・
・
・
 
  
  
み
な
ら
聞
い
て
あ
げ
る
し
か
な
い
と
思
い
ま
し
た
 °
  
こ
の
美
し
い
少
女
の
頼
  
桃
太
郎
は
頼
み
ご
と
と
聞
い
て
少
し
面
倒
そ
う
に
思
い
ま
し
た
が
 
  
  
一
つ
頼
み
た
い
こ
と
が
あ
る
の
 °
 
  
ど
よ
か
っ
た
!
あ
な
た
に
















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
め
で
た
し
 
め
で
た
し
 °
  
  
と
さ
 °
  
と
に
か
く
鬼
ヶ
島
の
鬼
は
桃
子
た
ち
に
よ
っ
て
退
治
さ
れ
ま
し
た
  
  
村
人
も
い
た
よ
う
で
す
 °
  
が
悪
く
て
 
中
に
は
桃
太
郎
自
身
が
鬼
退
治
を
し
た
と
誤
解
し
た
  
明
し
ま
し
た
が
 
伝
え
方
  
き
た
が
り
ま
し
た
 °
桃
子
と
三
人
の
お
供
が
鬼
を
退
治
し
た
と
説
  
を
受
け
 
村
人
は
話
を
聞
  
ぎ
の
よ
う
に
大
喜
び
し
ま
し
た
 °
ど
の
村
で
も
桃
太
郎
は
大
歓
迎
  
と
村
人
た
ち
は
お
祭
り
騒
















  > ≫