キ
ス
を
続
け
た
ま
ま
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
を
上
か
ら
一
つ
ず
つ
外
  
効
か
な
い
 °
  
る
 °
僕
は
自
分
に
言
い
聞
か
せ
よ
う
と
す
る
が
気
持
ち
の
制
御
が
  
て
も
時
間
は
た
っ
ぷ
り
あ
  
つ
い
手
に
力
が
入
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
落
ち
着
け
 °
焦
ら
な
く
  
  
 
あ
ん
っ
 °
乱
暴
ね
 °
 
  
  
服
の
上
か
ら
お
姉
さ
ん
の
胸
を
ま
さ
ぐ
る
 °
  
ら
れ
る
の
か
と
思
う
と
僕
の
気
持
ち
は
は
や
っ
た
 °
  
つ
い
に
そ
の
生
の
姿
が
見
  
そ
し
て
僕
の
腹
部
に
押
し
付
け
ら
れ
て
い
る
巨
大
な
お
っ
ぱ
い
 °
  
吸
い
 
舌
を
絡
み
合
わ
せ
た
 °
  
キ
ス
は
こ
の
前
よ
り
も
長
く
濃
厚
に
お
姉
さ
ん
の
柔
ら
か
い
唇
を
  
て
唇
に
キ
ス
を
し
た
 °
  
そ
し
て
お
姉
さ
ん
の
肩
に
そ
っ
と
手
を
や
り
 
身
体
を
引
き
寄
せ
  
僕
は
ご
く
り
と
生
唾
を
飲
み
込
ん
だ
 °
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
美
容
室
の
お
姉
さ
ん
 
6
















≪ <  

  
  
る
 °
  
を
ま
わ
し
て
ホ
ッ
ク
に
手
を
か
け
る
が
 
こ
れ
が
何
と
5
段
も
あ
  
し
に
か
か
る
 °
背
中
に
手
  
ん
の
ブ
ラ
姿
を
十
分
堪
能
す
る
余
裕
も
な
く
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
を
外
  
詰
ま
っ
て
い
る
 °
お
姉
さ
  
そ
し
て
特
大
ブ
ラ
の
中
に
は
柔
ら
か
そ
う
な
乳
房
が
み
っ
ち
り
と
  
い
る
 °
  
る
け
ど
そ
れ
を
聞
か
な
い
く
ら
い
の
分
別
は
僕
に
は
ま
だ
残
っ
て
  
プ
な
ん
だ
ろ
う
?
気
に
な
  
て
は
チ
ャ
ン
ピ
オ
ン
ベ
ル
ト
の
よ
う
に
太
い
 °
い
っ
た
い
何
カ
ッ
  
う
だ
し
 
バ
ン
ド
に
至
っ
  
は
コ
ル
セ
ッ
ト
の
よ
う
に
見
え
る
 °
ス
ト
ラ
ッ
プ
は
ベ
ル
ト
の
よ
  
ブ
ラ
ジ
ャ
|
と
い
う
よ
り
  
レ
|
ス
の
つ
い
た
フ
ル
カ
ッ
プ
の
ブ
ラ
は
も
の
す
ご
く
大
き
く
 
  
の
姿
に
な
っ
た
 °
白
の
  
ス
を
脱
が
せ
て
し
ま
う
と
お
姉
さ
ん
は
上
半
身
ブ
ラ
ジ
ャ
|
だ
け
  
ン
を
全
て
外
し
 
ブ
ラ
ウ
  
ら
白
い
肌
と
長
大
で
深
い
胸
の
谷
間
が
顔
を
の
ぞ
か
せ
る
 °
ボ
タ
  
し
て
い
く
 °
そ
の
隙
間
か
















   

  
い
 °
き
っ
と
特
注
な
の
だ
ろ
う
 °
  
売
っ
て
い
る
わ
け
が
な
  
ブ
ラ
ジ
ャ
|
も
特
大
だ
っ
た
 °
こ
ん
な
大
き
な
も
の
が
そ
の
辺
で
  
い
曲
線
を
保
っ
て
い
る
 °
  
も
な
く
美
し
い
優
美
な
丸
  
と
垂
れ
て
し
ま
う
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
心
配
し
た
が
 
そ
ん
な
こ
と
  
た
ん
お
っ
ぱ
い
は
で
ろ
ん
  
く
て
へ
そ
が
完
全
に
隠
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
ブ
ラ
を
外
し
た
と
  
の
塊
は
あ
ま
り
に
も
大
き
  
で
 
で
け
え
 °
な
ん
と
い
う
デ
カ
さ
 
ド
迫
力
 °
丸
く
て
白
い
そ
  
ぱ
い
と
対
面
す
る
 °
  
り
 
夢
に
ま
で
見
た
お
っ
  
恥
ず
か
し
そ
う
に
う
つ
む
い
て
い
る
お
姉
さ
ん
の
ブ
ラ
を
剥
ぎ
取
  
で
カ
ッ
プ
か
ら
白
い
乳
房
が
こ
ぼ
れ
出
る
 °
  
た
 °
ぶ
る
ん
と
い
う
感
じ
  
れ
た
瞬
間
 
拘
束
さ
れ
て
い
た
乳
肉
が
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
押
し
返
し
  
が
外
れ
な
か
っ
た
が
 
  
ブ
ラ
が
き
つ
い
の
か
 
そ
れ
と
も
僕
が
焦
っ
て
い
る
の
か
ホ
ッ
ク
  
  
 
そ
ん
な
に
焦
ら
な
く
っ
て
も
:
:
 











   

  
と
マ
シ
ュ
マ
ロ
の
よ
う
な
  
僕
の
顔
面
は
ず
ぶ
ず
ぶ
と
柔
ら
か
い
乳
房
に
埋
ま
り
 
ぽ
よ
ぽ
よ
  
う
お
っ
 
や
 
柔
ら
け
ぇ
 °
こ
れ
は
た
ま
ら
ん
 °
  
僕
は
正
面
で
ひ
ざ
ま
ず
き
 
思
い
切
り
お
っ
ぱ
い
に
顔
を
埋
め
る
 °
  
お
姉
さ
ん
を
ベ
ッ
ド
に
座
ら
せ
る
 °
  
  
 
や
だ
 
ち
ょ
っ
と
恥
ず
か
し
い
:
:
 
  
  
に
伝
わ
っ
て
く
る
 °
  
レ
ク
ト
に
僕
の
手
の
ひ
ら
  
ブ
ラ
に
支
え
ら
れ
て
い
な
い
分
 
そ
の
重
み
が
ず
っ
し
り
と
ダ
イ
  
に
揺
さ
ぶ
っ
て
み
る
 °
  
感
 °
こ
れ
だ
け
で
い
っ
た
い
何
キ
ロ
あ
る
ん
だ
ろ
う
?
胸
を
上
下
  
す
る
 °
そ
し
て
こ
の
重
量
  
く
 °
円
を
描
く
よ
う
に
揉
み
し
だ
い
て
柔
ら
か
さ
を
存
分
に
堪
能
  
れ
ら
を
持
ち
上
げ
て
ゆ
  
る
 °
手
は
柔
ら
か
い
お
っ
ぱ
い
に
ず
ぶ
ず
ぶ
と
埋
ま
り
な
が
ら
そ
  
お
っ
ぱ
い
を
持
ち
上
げ
  
お
姉
さ
ん
を
立
た
せ
た
ま
ま
僕
は
後
ろ
か
ら
両
方
の
手
で
巨
大
な
  
揉
む
か
吸
う
か
一
瞬
迷
っ
た
 °
ま
ず
は
思
う
存
分
揉
ん
で
み
る
 °

   

  
  
∧
ち
ゅ
ぱ
 
ち
ゅ
ぱ
 
ち
ゅ
ぱ
 
ち
ゅ
ぱ
:
:
∨
  
  
り
弾
い
た
り
を
繰
り
返
し
て
刺
激
を
与
え
る
 °
  
や
さ
し
く
つ
ま
ん
だ
  
片
方
の
乳
頭
を
重
点
的
に
舐
め
ま
わ
し
な
が
ら
も
う
片
方
は
指
で
  
と
は
違
っ
て
可
愛
ら
し
い
 °
  
お
姉
さ
ん
が
漏
ら
す
小
さ
な
声
が
普
段
の
低
め
の
セ
ク
シ
|
な
声
  
乳
首
は
既
に
つ
ん
と
固
く
な
っ
て
い
る
 °
  
谷
間
か
ら
顔
を
上
げ
 
舌
で
乳
首
へ
愛
撫
を
与
え
る
 °
  
  
 
や
ん
っ
 
  
  
∧
ち
ゅ
ぱ
っ
∨
  
  
の
感
触
を
味
わ
う
 °
  
ぽ
よ
ぽ
よ
と
極
上
の
柔
肉
  
も
れ
て
し
ま
い
そ
う
だ
っ
た
 °
左
右
の
手
で
胸
を
中
央
に
寄
せ
て
  
僕
の
頭
が
全
部
谷
間
に
埋
  
ふ
わ
ふ
わ
と
し
た
感
触
に
酔
い
し
れ
る
 °
あ
ま
り
に
大
き
い
か
ら

   

  
れ
る
 °
そ
し
て
 
レ
|
ス
  
ス
カ
|
ト
の
ホ
ッ
ク
を
外
し
て
脱
が
せ
る
と
 
白
い
太
も
も
が
現
  
  
 
あ
あ
ん
っ
 
あ
っ
 
け
い
ご
く
ん
っ
た
ら
:
:
 
  
  
に
な
っ
て
い
る
 °
  
舌
で
舐
め
ま
わ
す
 °
お
っ
ぱ
い
の
魔
力
に
取
り
つ
か
れ
制
御
不
能
  
ぶ
り
つ
き
 
口
で
吸
い
 
  
今
度
は
お
姉
さ
ん
の
上
か
ら
覆
い
か
ぶ
さ
っ
て
お
っ
ぱ
い
に
し
ゃ
  
し
い
と
言
っ
て
い
る
か
の
よ
う
だ
っ
た
 °
  
を
も
っ
と
い
た
ぶ
っ
て
欲
  
で
乳
房
を
抱
え
る
よ
う
に
し
て
い
る
 °
そ
の
様
子
が
ま
る
で
乳
房
  
い
の
か
お
姉
さ
ん
は
両
腕
  
大
き
な
胸
が
重
力
に
従
っ
て
左
右
に
流
れ
る
 °
そ
れ
が
恥
ず
か
し
  
乳
首
を
吸
い
な
が
ら
お
姉
さ
ん
を
ベ
ッ
ド
に
押
し
倒
す
 °
  
り
の
も
の
だ
 °
  
大
き
い
の
に
感
度
は
か
な
  
本
格
的
な
喘
ぎ
声
に
僕
の
興
奮
度
は
一
気
に
高
ま
る
 °
こ
れ
だ
け
  
  
 
は
あ
あ
ん
っ
 
も
う
 °
こ
ら
ぁ
:
:
 










   

  
 
中
に
出
さ
な
い
で
:
:
 
  
  
に
射
精
し
て
し
ま
う
だ
ろ
う
 °
  
油
断
し
て
い
る
と
す
ぐ
  
中
は
暖
か
く
て
ぐ
い
ぐ
い
と
締
め
付
け
ら
れ
気
持
ち
が
よ
か
っ
た
 °
  
い
く
 °
  
ゆ
っ
く
り
と
ず
ぶ
ず
ぶ
と
お
姉
さ
ん
の
中
に
ペ
ニ
ス
を
挿
入
し
て
  
る
準
備
が
整
っ
て
い
た
 °
  
れ
て
お
り
僕
を
受
け
入
れ
  
体
を
入
れ
て
 
陰
部
に
そ
れ
を
突
き
立
て
る
 °
そ
こ
は
十
分
に
濡
  
さ
ん
の
白
い
脚
の
間
に
身
  
ズ
ボ
ン
を
下
ろ
し
猛
り
立
っ
た
肉
棒
を
解
放
す
る
 °
そ
し
て
お
姉
  
か
れ
た
僕
に
そ
こ
ま
で
の
余
裕
は
な
い
 °
  
っ
ぱ
い
の
魔
力
に
取
り
つ
  
本
来
な
ら
下
半
身
に
も
十
分
な
愛
撫
を
与
え
た
い
と
こ
ろ
だ
が
お
  
い
脂
肪
の
層
で
覆
わ
れ
て
い
る
 °
  
お
り
 
適
度
に
や
わ
ら
か
  
ス
ト
か
ら
ヒ
ッ
プ
に
か
け
て
美
し
い
く
び
れ
の
ラ
イ
ン
を
描
い
て
  
が
露
わ
に
な
っ
た
 °
ウ
エ
  
の
つ
い
た
白
い
シ
ョ
|
ツ
を
脱
が
す
 °
お
姉
さ
ん
の
白
い
下
腹
部

   

  
部
に
精
を
放
出
し
た
 °
  
射
精
の
寸
前
で
僕
は
な
ん
と
か
ペ
ニ
ス
を
抜
い
て
お
姉
さ
ん
の
腹
  
近
に
近
づ
い
た
 °
  
と
高
ま
り
す
ぐ
に
頂
点
付
  
く
大
暴
れ
す
る
乳
房
を
抑
え
き
れ
な
い
 °
僕
の
興
奮
は
ど
ん
ど
ん
  
し
か
し
 
努
力
も
む
な
し
  
お
姉
さ
ん
は
胸
を
腕
で
抱
え
て
揺
れ
を
抑
え
よ
う
と
し
て
い
る
 °
  
  
 
あ
ん
っ
 
や
だ
っ
 
す
ご
い
っ
:
:
:
:
 
  
  
強
く
し
て
い
っ
た
 °
  
も
っ
と
激
し
く
揺
ら
す
た
め
に
腰
を
打
ち
付
け
る
力
を
ど
ん
ど
ん
  
お
お
っ
 
す
げ
ぇ
 °
こ
の
光
景
 °
も
っ
と
だ
 
も
っ
と
揺
れ
ろ
 °
  
に
な
る
 °
  
徐
々
に
腰
の
動
き
を
速
め
て
い
く
と
 
ゆ
っ
さ
ゆ
っ
さ
と
大
揺
れ
  
わ
ず
か
な
振
動
で
お
っ
ぱ
い
が
ぷ
る
ん
ぷ
る
ん
と
揺
れ
る
 °
  
め
る
 °
  
僕
は
目
で
同
意
の
合
図
を
お
く
り
 
ゆ
っ
く
り
と
腰
を
動
か
し
始
  
お
姉
さ
ん
が
僕
に
懇
願
す
る
よ
う
に
言
う
 °
  


























   

  
:
 
そ
れ
 °
 
  
 
あ
は
は
っ
 
冗
談
 °
で
も
 
全
然
収
ま
っ
て
な
い
み
た
い
ね
:
  
  
 
変
態
っ
て
:
:
 
  
  
ら
ず
変
態
な
の
ね
 °
 
  
っ
と
変
よ
 °
見
か
け
に
よ
  
 
で
も
 
本
当
に
お
っ
ぱ
い
が
好
き
な
の
が
わ
か
っ
た
わ
 °
ち
ょ
  
  
て
し
ま
い
そ
う
だ
 °
  
た
こ
と
を
少
し
反
省
し
た
が
 
こ
ん
な
楽
し
い
こ
と
 
ま
た
や
っ
  
分
の
欲
望
が
暴
走
し
す
ぎ
  
胸
を
揺
ら
し
す
ぎ
た
の
が
痛
か
っ
た
ら
し
い
 °
僕
は
謝
っ
た
 °
  
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
  
:
 
  
 
も
う
 
乱
暴
者
 °
胸
が
揺
れ
る
と
す
っ
ご
く
痛
い
ん
だ
か
ら
:
  
  
白
い
精
液
が
ど
く
ど
く
と
止
め
ど
な
く
流
れ
出
た
 °






   

  
を
与
え
て
く
る
 °
  
ぐ
に
ゅ
ぐ
に
ゅ
と
刺
激
  
に
完
全
に
埋
も
れ
て
し
ま
う
 °
お
姉
さ
ん
は
胸
を
少
し
揺
さ
ぶ
り
 
  
ん
だ
 °
巨
大
な
胸
の
谷
間
  
そ
う
言
う
と
両
胸
を
寄
せ
て
僕
の
ペ
ニ
ス
を
す
っ
ぽ
り
と
包
み
込
  
  
 
こ
う
い
う
の
が
好
き
な
ん
で
し
ょ
?
変
態
さ
ん
 °
 
  
  
い
重
さ
が
伝
わ
っ
て
く
る
 °
  
い
の
ず
っ
し
り
と
心
地
よ
  
ぱ
い
を
ゆ
っ
く
り
と
僕
の
太
腿
の
辺
り
に
着
地
さ
せ
た
 °
お
っ
ぱ
  
そ
し
て
 
特
大
の
お
っ
  
今
度
は
仰
向
け
の
僕
の
上
に
お
姉
さ
ん
が
覆
い
か
ぶ
さ
っ
て
き
た
 °
  
言
わ
れ
た
ま
ま
ベ
ッ
ド
に
体
を
横
た
え
る
 °
  
  
く
れ
る
?
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
お
姉
さ
ん
が
も
う
少
し
し
て
あ
げ
る
か
ら
寝
転
ん
で
  
  
僕
の
肉
棒
は
依
然
と
し
て
硬
度
を
保
っ
た
ま
ま
だ
っ
た
 °
  


























   

  
束
し
て
お
別
れ
を
し
た
 °
  
ん
に
会
い
に
行
く
日
を
約
  
服
に
着
替
え
た
 °
僕
は
駅
ま
で
お
姉
さ
ん
を
送
り
 
今
度
 
娘
さ
  
汗
を
流
し
て
か
ら
 
元
の
  
お
姉
さ
ん
は
僕
の
部
屋
の
ユ
ニ
ッ
ト
バ
ス
で
シ
ャ
ワ
|
を
浴
び
て
  
  
知
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
胸
の
間
が
こ
ん
な
に
気
持
ち
の
い
い
も
の
だ
な
ん
て
僕
は
初
め
て
  
お
姉
さ
ん
の
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
の
間
で
再
び
精
を
放
出
し
た
 °
  
  
 
く
は
っ
!
 
  
  
間
に
昇
天
モ
|
ド
に
達
し
て
し
ま
う
 °
  
だ
か
ら
僕
は
あ
っ
と
い
う
  
力
を
変
え
た
り
 
左
右
に
揺
さ
ぶ
る
動
き
を
入
れ
た
り
す
る
も
の
  
め
る
 °
谷
間
で
挟
み
込
む
  
お
姉
さ
ん
は
ペ
ニ
ス
を
挟
み
込
ん
だ
ま
ま
胸
を
上
下
に
動
か
し
始
  
の
こ
と
を
言
う
の
だ
ろ
う
 °
  
う
な
感
覚
 °
天
国
と
は
こ
  
き
 
気
持
ち
い
い
 °
特
大
の
マ
シ
ュ
マ
ロ
か
何
か
に
包
ま
れ
た
よ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
つ
づ
く
  


























  > ≫