こ
か
ら
が
本
番
ね
 °
  
や
が
て
 
地
下
二
階
へ
進
む
階
段
ま
で
や
っ
て
き
た
 °
さ
あ
 
  
変
化
も
起
き
て
い
な
い
 °
  
鎧
の
下
の
胸
に
は
何
の
  
り
捨
て
て
い
っ
た
 °
本
当
に
こ
れ
で
胸
が
大
き
く
な
る
の
か
し
ら
?
  
う
な
奴
を
バ
サ
バ
サ
と
切
  
ゼ
リ
|
状
の
ど
ろ
ど
ろ
と
し
た
魔
物
と
コ
ウ
モ
リ
の
化
け
物
の
よ
  
  
 
や
あ
っ
!
 
  
  
か
か
っ
て
く
る
 °
  
面
か
ら
湧
き
出
す
よ
う
に
魔
物
た
ち
は
現
れ
て
は
私
た
ち
に
飛
び
  
が
 
そ
れ
で
も
た
ま
に
地
  
か
な
り
の
冒
険
者
が
訪
れ
た
ら
し
く
魔
物
の
数
は
少
な
い
よ
う
だ
  
薄
暗
い
洞
窟
に
足
を
踏
み
入
れ
た
 °
  
┏┓
地
下
一
階
┗┛
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
4

















≪ <  

  
り
か
ぶ
ろ
う
と
し
た
と
き
 
私
は
懐
に
飛
び
込
ん
で
細
身
の
剣
を
  
を
探
す
 °
1
体
が
剣
を
振
  
私
は
3
体
の
魔
物
の
剣
を
か
わ
る
が
わ
る
に
受
け
止
め
な
が
ら
隙
  
な
っ
た
ら
一
人
で
戦
う
し
か
な
い
 °
  
立
ち
上
が
れ
な
い
 °
こ
う
  
リ
ン
ダ
も
亡
霊
の
攻
撃
を
受
け
て
壁
に
打
ち
つ
け
ら
れ
て
し
ま
い
  
を
受
け
た
の
だ
 °
ま
さ
か
上
か
ら
降
っ
て
く
る
な
ん
て
 °
  
取
り
囲
ん
で
い
る
 °
奇
襲
  
す
る
と
目
の
前
に
は
剣
士
の
亡
霊
が
3
体
も
現
れ
て
お
り
 
私
を
  
私
は
頭
上
か
ら
一
撃
を
食
ら
っ
た
 °
敵
は
ど
こ
?
  
  
∧
バ
シ
ッ
!
∨
  
  
だ
っ
た
 °
  
少
し
ほ
っ
と
し
た
瞬
間
  
周
囲
に
魔
物
の
雰
囲
気
は
感
じ
ら
れ
な
い
 °
階
段
を
下
り
き
っ
て
  
階
段
を
下
り
て
い
く
 °
  
リ
ン
ダ
か
ら
魔
物
が
強
く
な
る
と
聞
か
さ
れ
て
い
た
の
で
慎
重
に
  
┏┓
地
下
二
階
┗┛
  


























   

  
  
た
 °
  
魔
物
が
残
し
た
ゴ
|
ル
ド
と
薬
草
を
拾
い
上
げ
て
リ
ン
ダ
に
渡
し
  
物
な
ら
落
ち
着
け
ば
何
体
で
も
片
づ
け
ら
れ
る
 °
  
っ
た
 °
こ
れ
く
ら
い
の
魔
  
奇
襲
の
一
撃
で
大
し
た
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
な
か
っ
た
の
が
幸
い
だ
  
リ
ン
ダ
が
私
の
剣
さ
ば
き
に
呆
気
に
取
ら
れ
て
い
る
 °
  
  
 
す
 
す
ご
い
:
:
:
:
簡
単
に
や
っ
つ
け
ち
ゃ
っ
た
 °
 
  
  
よ
う
に
と
ど
め
を
刺
す
 °
  
1
体
 
ま
た
1
体
と
同
じ
  
1
つ
倒
せ
ば
後
の
2
体
は
簡
単
だ
っ
た
 °
す
ば
や
く
切
り
か
か
り
  
な
っ
て
消
え
て
ゆ
く
 °
  
1
体
の
亡
霊
は
バ
タ
リ
と
倒
れ
 
さ
ら
さ
ら
と
し
た
砂
の
よ
う
に
  
  
 
う
ご
お
お
|
!
 
  
  
ん
だ
 °
  
よ
ろ
い
の
隙
間
に
差
し
込
















   

  
す
ぐ
に
鎧
を
脱
い
で
胸
が
膨
ら
ん
だ
の
か
確
か
め
た
い
と
こ
ろ
だ
  
  
じ
ゃ
な
い
?
 
  
今
の
は
か
な
り
キ
タ
ん
  
 
強
い
魔
物
を
倒
す
ほ
ど
た
く
さ
ん
胸
が
膨
ら
む
み
た
い
だ
か
ら
 
  
  
 
う
ん
 °
何
だ
か
胸
が
変
な
の
 °
ち
ょ
っ
と
苦
し
く
っ
て
 °
 
  
  
き
 
き
た
ぁ
!
胸
が
な
ん
か
変
な
感
じ
が
す
る
 °
  
  
 
ど
う
か
し
た
?
マ
リ
ア
 
  
  
 
う
ん
 °
あ
 
あ
れ
?
 
  
  
 
ひ
え
え
っ
:
:
:
:
さ
 
先
に
進
み
ま
し
ょ
う
 
  
  
え
た
 °
  
私
は
近
く
に
い
く
つ
か
の
屍
が
転
が
っ
て
い
る
の
を
リ
ン
ダ
に
教
  
  
 
こ
い
つ
ら
に
か
な
り
の
冒
険
者
が
や
ら
れ
た
よ
う
ね
 °
ほ
ら
 °
 

   

  
  
し
ら
?
 
  
 
も
う
少
し
鎧
を
緩
く
し
た
い
わ
 °
ど
こ
か
に
い
い
場
所
な
い
か
  
  
か
っ
た
 °
  
ひ
も
を
ほ
ど
い
て
鎧
を
緩
め
る
 °
で
も
胸
の
苦
し
さ
は
収
ま
ら
な
  
配
が
少
な
い
と
こ
ろ
で
革
  
く
な
っ
て
胸
当
て
の
部
分
に
締
め
付
け
ら
れ
て
い
る
 °
魔
物
の
気
  
い
つ
の
間
に
か
そ
れ
が
な
  
よ
ろ
い
の
胸
の
部
分
に
は
か
な
り
空
洞
が
あ
っ
た
は
ず
な
の
に
 
  
や
っ
ぱ
り
:
:
:
:
 °
胸
が
苦
し
い
 °
  
  
に
進
ん
だ
 °
  
バ
サ
バ
サ
と
切
り
捨
て
先
  
の
敵
で
は
な
い
 °
そ
の
後
も
よ
ろ
い
の
化
け
物
や
ゾ
ン
ビ
た
ち
を
  
く
な
っ
た
 °
し
か
し
 
  
リ
ン
ダ
が
言
っ
て
い
た
通
り
 
1
階
に
比
べ
て
魔
物
は
格
段
に
強
  
  
が
漂
う
こ
の
エ
リ
ア
で
そ
う
す
る
わ
け
に
は
い
か
な
い
 °
  
っ
た
 °
で
も
魔
物
の
気
配
















   

  
リ
ン
ダ
が
見
張
っ
て
く
れ
て
い
る
間
に
私
は
革
紐
を
順
番
に
ほ
ど
  
  
ら
?
 
  
 
こ
こ
な
ら
大
丈
夫
そ
う
よ
 °
私
が
見
張
っ
て
い
る
か
ら
外
し
た
  
  
る
ん
だ
ろ
う
か
?
  
鎧
の
下
の
胸
が
ま
た
変
な
感
じ
が
す
る
 °
本
当
に
大
き
く
な
っ
て
  
  
い
 °
 
  
 
い
っ
ち
ょ
う
上
が
り
 °
う
う
っ
 
や
っ
ぱ
り
胸
が
き
つ
い
み
た
  
  
∧
バ
シ
ュ
ッ
∨
  
  
る
岩
石
を
避
け
な
が
ら
素
早
く
踏
み
込
ん
で
一
気
に
片
づ
け
る
 °
  
物
が
現
れ
る
 °
飛
ん
で
く
  
リ
ン
ダ
の
先
導
で
ダ
ン
ジ
ョ
ン
を
進
む
 °
と
 
今
度
は
岩
の
化
け
  
  
わ
 
そ
っ
ち
に
行
こ
う
 °
 
  
の
気
配
が
し
な
い
場
所
が
あ
る
  
 
そ
う
い
わ
れ
て
も
:
:
:
:
な
い
わ
よ
 °
あ
っ
 
近
く
に
魔
物

   

  
  
よ
い
感
触
 °
  
な
ん
て
柔
ら
か
い
の
?
そ
し
て
こ
の
う
っ
と
り
す
る
よ
う
な
心
地
  
谷
間
が
で
き
あ
が
っ
た
 °
  
手
で
乳
房
を
真
ん
中
に
寄
せ
る
と
今
ま
で
見
た
こ
と
が
な
い
胸
の
  
十
分
に
巨
乳
と
呼
ば
れ
る
大
き
さ
に
な
っ
て
い
る
 °
  
し
ま
う
 °
ロ
ブ
リ
ア
で
は
  
両
手
で
そ
れ
ら
を
覆
っ
て
み
る
が
 
手
の
ひ
ら
か
ら
は
み
出
し
て
  
  
な
っ
て
る
!
!
 
  
 
わ
ぁ
 
す
ご
お
い
 °
こ
れ
が
私
の
む
ね
な
の
?
本
当
に
大
き
く
  
  
す
る
と
見
事
な
丸
い
お
わ
ん
型
の
乳
房
が
お
目
見
え
し
た
 °
  
  
∧
ぷ
る
ん
っ
∨
  
  
着
を
め
く
り
上
げ
る
 °
  
を
表
し
て
い
る
 °
布
の
下
  
た
 °
布
の
下
着
の
胸
元
に
は
今
ま
で
な
か
っ
た
膨
ら
み
が
存
在
感
  
い
て
い
き
鎧
を
外
し
て
み
















   

  
奇
襲
を
一
度
喰
ら
っ
た
も
の
の
そ
の
後
は
許
し
て
い
な
か
っ
た
 °
  
な
が
ら
下
り
て
い
っ
た
 °
  
ほ
ど
な
く
リ
ン
ダ
が
三
階
へ
の
階
段
を
見
つ
け
 
二
人
で
警
戒
し
  
┏┓
地
下
三
階
┗┛
  
  
  
だ
ろ
う
?
  
ま
で
大
き
く
な
っ
ち
ゃ
ん
  
私
は
紐
を
う
ん
と
緩
め
て
か
ら
再
び
鎧
を
装
備
し
た
 °
一
体
ど
こ
  
た
 °
  
だ
け
ど
 
力
が
弱
く
直
接
攻
撃
で
は
ほ
と
ん
ど
役
に
立
た
な
か
っ
  
の
補
助
を
し
て
く
れ
る
 °
  
リ
ン
ダ
は
ト
ラ
ッ
プ
を
仕
掛
け
た
り
 
薬
草
を
く
れ
た
り
し
て
私
  
  
 
ち
が
う
わ
よ
 °
私
の
力
じ
ゃ
ダ
メ
|
ジ
が
与
え
ら
れ
な
い
の
よ
 °
 
  
  
 
あ
な
た
も
少
し
は
倒
し
な
さ
い
よ
!
私
ば
っ
か
り
働
か
せ
て
 °
 
  
  
物
を
倒
せ
る
か
ら
 °
 
  
 
私
よ
り
も
大
き
い
じ
ゃ
な
い
?
い
い
な
ぁ
 
マ
リ
ア
は
強
い
魔

   

  
  
も
い
け
な
い
し
 °
 
  
し
 °
装
備
を
外
す
わ
け
に
  
 
く
 
苦
し
い
 °
困
っ
た
わ
 °
こ
れ
以
上
 
鎧
は
緩
く
で
き
な
い
  
  
ず
の
鎧
は
い
つ
し
か
窮
屈
に
な
っ
て
き
て
い
る
 °
  
十
分
に
緩
め
て
い
た
は
  
魔
物
を
倒
す
た
び
に
少
し
ず
つ
膨
ら
ん
で
い
く
の
も
実
感
で
き
る
 °
  
戦
い
の
邪
魔
?
う
う
ん
 
こ
れ
く
ら
い
何
て
こ
と
は
な
い
わ
 °
  
し
ら
?
  
し
れ
な
い
 °
で
も
 
胸
が
揺
れ
る
っ
て
な
ん
て
素
晴
ら
し
い
の
か
  
し
素
早
さ
が
落
ち
た
か
も
  
か
っ
た
感
覚
に
酔
い
し
れ
て
し
ま
う
 °
胸
が
邪
魔
に
な
る
分
 
  
ま
で
に
感
じ
た
こ
と
の
な
  
で
揺
れ
て
し
ま
う
 °
ゆ
っ
さ
 
ゆ
っ
さ
 
ぷ
る
ん
 
ぷ
る
ん
 °
  
緩
く
し
た
の
で
動
く
と
中
  
し
か
し
 
気
に
な
る
の
は
鎧
の
下
の
胸
だ
っ
た
 °
革
紐
を
か
な
り
  
た
 °
  
同
じ
ク
ラ
ス
の
魔
物
た
ち
が
現
れ
る
 °
そ
れ
ほ
ど
苦
労
は
な
か
っ
  
地
下
三
階
は
二
階
と
ほ
ぼ
















   

  
人
だ
 °
  
か
な
か
し
た
た
か
な
女
商
  
や
っ
て
く
る
か
ら
そ
れ
を
狙
っ
て
商
売
を
し
て
い
る
ら
し
い
 °
  
て
 
冒
険
者
が
た
く
さ
ん
  
話
を
聞
く
と
 
こ
こ
は
最
近
人
気
の
ダ
ン
ジ
ョ
ン
に
選
ば
れ
て
い
  
こ
ろ
に
い
る
の
?
  
見
れ
ば
大
き
な
荷
物
を
背
負
っ
た
女
の
行
商
人
 °
な
ぜ
こ
ん
な
と
  
  
で
す
か
ぁ
?
?
 
  
 
こ
ん
に
ち
は
|
♪
 
私
は
旅
の
行
商
人
で
え
す
 °
何
か
お
困
り
  
  
こ
ち
ら
に
近
づ
い
て
く
る
者
が
い
る
 °
敵
?
だ
れ
な
の
?
  
そ
の
時
だ
っ
た
 °
  
  
 
困
っ
た
わ
ね
 °
マ
リ
ア
が
戦
闘
不
能
に
な
っ
た
ら
終
わ
り
だ
わ
 °
 
  
  
リ
ン
ダ
も
私
の
様
子
が
心
配
そ
う
だ
 °
  
は
い
か
な
い
 °
  
魔
物
た
ち
と
戦
う
わ
け
に
  
い
く
ら
な
ん
で
も
鎧
を
外
し
て
防
御
力
ゼ
ロ
の
布
の
下
着
だ
け
で

   

  
 
ね
え
 
商
人
さ
ん
?
こ
の
ダ
ン
ジ
ョ
ン
は
地
下
何
階
ま
で
あ
る
  
  
ド
を
支
払
い
自
分
の
も
の
に
し
た
 °
  
私
は
行
商
人
に
ゴ
|
ル
  
間
が
あ
り
よ
っ
ぽ
ど
の
こ
と
が
な
け
れ
ば
こ
れ
で
大
丈
夫
な
は
ず
 °
  
胸
元
に
は
か
な
り
の
空
  
な
め
し
革
の
鎧
を
外
し
新
し
い
鎧
を
す
っ
ぽ
り
と
上
か
ら
か
ぶ
る
 °
  
は
か
な
り
落
ち
る
が
背
に
腹
は
代
え
ら
れ
な
い
 °
  
に
な
っ
て
い
る
 °
素
早
さ
  
悪
い
品
で
は
な
か
っ
た
 °
今
の
鎧
よ
り
か
な
り
余
裕
が
あ
る
作
り
  
  
1
5
0
0
ゴ
|
ル
ド
で
す
け
ど
 
い
か
が
で
す
か
ぁ
?
 
  
で
す
よ
 °
お
ひ
と
つ
  
沢
 
美
し
い
で
し
ょ
う
?
名
の
あ
る
鍛
冶
屋
が
鍛
え
た
も
の
な
ん
  
ろ
い
で
す
 °
ほ
ら
こ
の
光
  
 
そ
れ
で
し
た
ら
ぁ
 
こ
れ
な
ん
か
い
か
が
で
す
か
?
鉄
製
の
よ
  
  
た
 °
  
私
は
今
装
備
し
て
い
る
鎧
の
代
わ
り
に
な
る
も
の
が
な
い
か
尋
ね
  


























   

  
く
な
る
の
を
感
じ
た
 °
  
ま
た
魔
物
を
や
っ
つ
け
た
 °
重
い
鎧
の
下
で
ま
た
胸
が
少
し
大
き
  
  
 
重
い
し
 
暑
い
し
 
動
き
に
く
い
わ
 °
 
  
  
 
マ
リ
ア
ど
う
?
新
し
い
鎧
は
?
 
  
  
や
っ
つ
け
て
進
む
 °
  
う
戦
い
方
だ
が
今
は
仕
方
が
な
い
 °
1
体
 
ま
た
1
体
と
魔
物
を
  
自
分
の
ス
タ
イ
ル
と
は
違
  
く
ほ
ど
高
く
な
っ
た
 °
少
し
く
ら
い
攻
撃
を
受
け
て
も
平
気
だ
 °
  
落
ち
た
が
 
守
備
力
は
驚
  
私
は
鉄
製
の
鎧
を
身
に
着
け
て
先
に
進
ん
だ
 °
素
早
さ
が
ぐ
ん
と
  
  
ぁ
い
 °
 
  
の
仲
間
も
い
ま
す
か
ら
 
そ
の
子
た
ち
に
聞
い
ち
ゃ
っ
て
く
だ
さ
  
ま
す
ぅ
 °
他
の
階
に
は
私
  
 
さ
ぁ
?
た
ぶ
ん
 
6
階
か
7
階
か
8
階
く
ら
い
だ
っ
た
と
思
い
  
  
ん
で
す
か
?
 




















  > ≫