え
る
 °
こ
れ
ま
で
ほ
と
ん
  
視
線
の
先
を
見
る
と
洞
窟
の
行
き
止
ま
り
に
宝
箱
が
あ
る
の
が
見
  
リ
ン
ダ
が
嬉
し
そ
う
に
声
を
上
げ
た
 °
  
  
 
あ
あ
っ
!
み
|
っ
つ
け
た
!
!
 
  
  
闘
の
邪
魔
に
な
る
こ
と
も
な
か
っ
た
 °
  
ド
し
て
く
れ
る
お
陰
で
戦
  
の
ボ
リ
ュ
|
ム
が
増
え
て
も
揺
れ
な
い
ブ
ラ
が
し
っ
か
り
ホ
|
ル
  
う
こ
と
は
な
か
っ
た
 °
  
バ
ト
ル
コ
|
ト
の
前
を
張
り
出
さ
せ
る
が
特
に
窮
屈
に
な
る
と
い
  
き
く
な
る
 °
大
き
な
胸
は
  
挑
み
 
次
々
と
倒
し
て
い
っ
た
 °
倒
す
た
び
に
胸
は
少
し
ず
つ
大
  
を
楽
し
む
よ
う
に
魔
物
に
  
魔
物
の
レ
ベ
ル
は
あ
ま
り
変
わ
ら
な
い
 °
私
は
身
軽
に
な
っ
た
体
  
女
商
人
に
階
段
の
場
所
を
聞
き
 
六
階
へ
と
や
っ
て
き
た
 °
  
┏┓
地
下
六
階
┗┛
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
6

















≪ <  

  
リ
ン
ダ
の
話
に
よ
る
と
ト
ラ
ッ
プ
を
外
し
終
わ
り
 
宝
箱
の
蓋
を
  
り
だ
け
ど
確
実
に
外
し
て
い
く
 °
  
そ
し
て
そ
れ
を
ゆ
っ
く
  
り
 
す
ぐ
に
ど
ん
な
性
質
の
ト
ラ
ッ
プ
な
の
か
見
破
っ
て
し
ま
う
 °
  
近
寄
っ
て
何
か
を
嗅
ぎ
取
  
い
た
 °
宝
箱
を
見
つ
け
る
と
訓
練
さ
れ
た
犬
の
よ
う
に
注
意
深
く
  
晴
ら
し
い
素
質
を
持
っ
て
  
あ
る
 °
し
か
し
 
ト
ラ
ッ
プ
を
破
る
こ
と
に
関
し
て
リ
ン
ダ
は
素
  
備
し
て
い
る
こ
と
だ
っ
て
  
ラ
ッ
プ
が
何
重
に
も
仕
掛
け
ら
れ
て
い
る
し
 
魔
法
や
呪
い
で
防
  
の
込
ん
で
い
る
も
の
は
ト
  
り
 
洞
窟
が
落
盤
し
て
生
き
埋
め
に
な
る
こ
と
だ
っ
て
あ
る
 °
  
り
 
岩
が
転
が
っ
て
き
た
  
け
れ
ば
痛
い
目
に
あ
っ
て
し
ま
う
 °
時
に
は
毒
矢
が
飛
ん
で
来
た
  
知
識
を
持
っ
た
も
の
で
な
  
普
通
は
ト
ラ
ッ
プ
が
仕
掛
け
ら
れ
て
い
る
こ
と
が
多
く
 
専
門
の
  
宝
箱
は
簡
単
に
開
け
ら
れ
る
わ
け
で
は
な
い
 °
  
に
も
開
け
ら
れ
て
い
な
い
よ
う
だ
っ
た
 °
  
見
つ
け
た
も
の
は
ま
だ
誰
  
ど
の
宝
箱
は
誰
か
に
開
け
ら
れ
て
お
り
中
は
空
っ
ぽ
だ
っ
た
が
 

   

  
り
尽
し
た
か
な
と
思
っ
た
と
き
 
物
々
し
く
祭
壇
に
祭
ら
れ
た
大
  
に
入
れ
た
 °
そ
ろ
そ
ろ
取
  
リ
ン
ダ
は
そ
れ
か
ら
も
い
く
つ
か
宝
箱
を
見
つ
け
ア
イ
テ
ム
を
手
  
  
 
ト
ラ
ッ
プ
に
警
戒
し
て
宝
箱
を
諦
め
た
の
か
も
し
れ
な
い
わ
ね
 °
 
  
  
 
や
っ
ぱ
り
 
こ
の
階
に
は
ま
だ
誰
も
や
っ
て
き
て
な
い
わ
ね
?
 
  
  
私
た
ち
は
大
喜
び
し
た
 °
  
腕
輪
が
入
っ
て
い
た
 °
  
ま
た
別
の
場
所
で
宝
箱
を
見
つ
け
る
 °
中
に
は
金
で
装
飾
さ
れ
た
  
  
そ
う
ね
 °
う
ふ
 °
 
  
 
ヤ
ッ
ホ
|
!
紫
水
晶
の
ネ
ッ
ク
レ
ス
だ
わ
 °
こ
れ
は
高
く
売
れ
  
  
開
け
た
 °
  
る
と
外
し
 
宝
箱
の
蓋
を
  
彼
女
は
宝
箱
に
仕
掛
け
ら
れ
た
い
く
つ
か
の
ト
ラ
ッ
プ
を
す
る
す
  
も
っ
と
も
ド
キ
ド
キ
す
る
瞬
間
ら
し
い
 °
  
開
け
る
と
き
が
人
生
で

















   

  
箱
を
開
け
る
寸
前
に
な
っ
  
け
ど
か
な
り
の
時
間
が
経
っ
た
と
思
う
 °
リ
ン
ダ
が
よ
う
や
く
宝
  
感
覚
が
あ
ま
り
な
い
の
だ
  
ど
れ
く
ら
い
時
間
が
経
っ
た
だ
ろ
う
か
 
洞
窟
の
中
で
は
時
間
の
  
  
く
 
大
体
の
見
当
が
つ
く
と
そ
れ
ら
を
一
つ
ず
つ
外
し
に
か
か
る
 °
  
の
種
類
を
見
分
け
て
い
  
近
づ
い
て
匂
い
を
嗅
い
だ
り
 
小
石
を
投
げ
た
り
し
て
ト
ラ
ッ
プ
  
る
 °
  
ラ
ッ
プ
を
外
す
の
を
見
守
  
私
は
魔
物
が
や
っ
て
こ
な
い
か
見
張
り
を
し
な
が
ら
リ
ン
ダ
が
ト
  
  
て
て
 °
 
  
マ
リ
ア
は
そ
こ
で
見
張
っ
  
 
よ
お
し
!
や
る
わ
よ
!
ち
ょ
っ
と
時
間
か
か
り
そ
う
だ
か
ら
 
  
  
の
は
諦
め
る
の
か
と
思
い
き
や
リ
ン
ダ
は
破
る
つ
も
り
の
よ
う
だ
 °
  
い
そ
う
だ
 °
こ
う
い
う
も
  
ど
う
考
え
て
も
妖
し
い
 °
幾
重
に
も
ト
ラ
ッ
プ
が
仕
掛
け
ら
れ
て
  
き
な
宝
箱
を
見
つ
け
た
 °
















   

  
  
∧
シ
ュ
ウ
ウ
ウ
ウ
ウ
:
:
:
:
∨
  
  
め
始
め
た
 °
  
少
し
持
ち
上
が
っ
た
と
思
っ
た
瞬
間
 
周
囲
に
黒
い
霧
が
立
ち
込
  
リ
ン
ダ
が
恐
る
恐
る
宝
箱
の
蓋
を
開
け
る
 °
  
  
よ
 °
 
  
 
ど
ん
な
魔
物
が
飛
び
出
す
か
わ
か
ら
な
い
わ
よ
 °
い
 
い
く
わ
  
  
私
は
リ
ン
ダ
の
目
を
見
て
し
っ
か
り
と
首
を
縦
に
動
か
し
た
 °
  
は
い
か
な
い
 °
  
こ
こ
で
諦
め
る
わ
け
に
  
リ
ン
ダ
は
疲
れ
た
顔
を
私
に
向
け
た
 °
あ
と
一
歩
と
い
う
と
こ
ろ
 °
  
  
し
よ
う
も
な
い
わ
 °
マ
リ
ア
ど
う
す
る
?
 
  
て
る
:
:
:
:
 °
こ
れ
は
ど
う
  
 
ダ
メ
ね
 °
箱
を
開
け
れ
ば
魔
物
が
召
喚
さ
れ
る
仕
掛
け
に
な
っ
  
  
て
ピ
タ
リ
と
手
を
止
め
首
を
振
っ
た
 °











   

  
∧
ゴ
オ
オ
オ
オ
オ
オ
・
・
・
∨
  
  
 
炎
を
吐
く
気
だ
わ
!
物
陰
に
隠
れ
て
!
 
  
  
ル
と
鳴
ら
し
て
い
る
 °
  
は
低
い
音
で
喉
を
グ
ル
グ
  
で
 
で
か
い
 °
よ
り
に
よ
っ
て
大
物
を
引
く
な
ん
て
 °
ド
ラ
ゴ
ン
  
る
 °
  
巨
大
な
ド
ラ
ゴ
ン
が
赤
い
二
つ
の
目
で
私
た
ち
を
睨
み
付
け
て
い
  
  
 
な
 
な
に
あ
れ
?
 
  
  
 
出
た
わ
:
:
 
  
  
薄
れ
ゆ
く
霧
の
中
か
ら
赤
い
二
つ
の
光
が
見
え
た
 °
  
い
っ
た
 °
  
黒
い
霧
は
周
囲
を
た
っ
ぷ
り
満
た
し
た
後
 
少
し
ず
つ
収
ま
っ
て
  
魔
物
の
気
配
が
漂
う
 °
  
  
 
な
 
な
に
?
 



















   

  
な
口
を
開
き
次
の
炎
を
吐
  
こ
の
隙
に
攻
撃
を
仕
掛
け
よ
う
と
思
っ
た
が
 
ド
ラ
ゴ
ン
が
大
き
  
  
 
マ
リ
ア
!
今
の
う
ち
!
 
  
  
ド
ラ
ゴ
ン
は
光
に
や
ら
れ
て
目
を
つ
ぶ
っ
て
い
る
 °
  
  
∧
グ
ロ
ロ
ロ
ロ
ロ
・
・
・
∨
  
  
光
が
辺
り
を
包
ん
だ
 °
  
一
瞬
 
ま
ば
ゆ
い
白
い
  
リ
ン
ダ
は
発
光
弾
に
火
を
つ
け
て
ド
ラ
ゴ
ン
に
向
か
っ
て
投
げ
た
 °
  
  
 
マ
リ
ア
!
目
を
閉
じ
て
!
く
ら
え
っ
 
発
光
弾
!
 
  
  
打
ち
で
き
な
い
 °
  
い
く
ら
火
に
強
い
バ
ト
ル
コ
|
ト
で
も
ド
ラ
ゴ
ン
の
炎
に
は
太
刀
  
る
と
こ
ろ
だ
っ
た
 °
  
灼
熱
の
炎
が
頭
の
上
を
通
り
す
ぎ
て
い
く
 °
危
う
く
黒
焦
げ
に
な
  


























   

  
  
ン
を
倒
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
れ
 
冷
た
い
洞
窟
に
横
た
わ
る
 °
一
撃
必
殺
 
私
は
そ
の
ド
ラ
ゴ
  
の
巨
体
は
そ
の
場
に
崩
  
洞
窟
中
に
響
き
渡
る
よ
う
な
う
め
き
声
が
鳴
り
響
く
 °
ド
ラ
ゴ
ン
  
  
∧
グ
ア
ア
ア
ア
ア
ア
:
:
:
:
!
!
∨
  
  
私
は
あ
り
っ
た
け
の
力
で
ド
ラ
ゴ
ン
の
脳
天
に
剣
を
突
き
立
て
た
 °
  
  
∧
グ
サ
ッ
!
!
∨
  
  
さ
れ
る
瞬
間
だ
っ
た
 °
  
ま
さ
に
次
の
炎
が
吐
き
出
  
大
き
く
ジ
ャ
ン
プ
し
魔
物
に
飛
び
か
か
る
 °
ド
ラ
ゴ
ン
の
口
か
ら
  
飛
び
出
し
た
 °
そ
し
て
 
  
私
は
ド
ラ
ゴ
ン
が
炎
を
履
き
終
わ
っ
た
瞬
間
 
岩
陰
か
ら
素
早
く
  
れ
燃
や
さ
れ
て
し
ま
う
 °
  
だ
 °
こ
の
ま
ま
で
は
い
ず
  
き
出
し
た
 °
目
が
見
え
な
い
の
で
あ
て
ず
っ
ぽ
う
に
吐
い
た
よ
う

   

  
  
一
回
り
 
二
回
り
大
き
く
な
っ
て
胸
の
成
長
は
止
ま
っ
た
 °
  
て
い
る
 °
  
リ
ン
ダ
が
驚
き
の
ま
な
ざ
し
で
私
の
大
き
な
胸
の
膨
ら
み
を
眺
め
  
  
 
す
 
す
ご
い
 °
ま
た
大
き
く
な
っ
た
ぁ
 °
 
  
  
バ
ト
ル
コ
|
ト
の
胸
の
膨
ら
み
が
目
に
見
え
て
大
き
く
な
る
 °
  
  
 
む
 
胸
が
:
:
:
:
大
き
く
な
る
っ
 
  
  
∧
む
く
っ
 
む
く
む
く
む
く
∨
  
  
胸
に
変
な
感
覚
が
あ
る
の
に
気
づ
く
 °
  
っ
た
 °
  
れ
ま
で
で
一
番
大
き
な
ド
ラ
ゴ
ン
だ
っ
た
 °
私
は
少
し
得
意
に
な
  
戦
っ
た
こ
と
が
あ
る
が
こ
  
こ
れ
ま
で
何
度
か
ダ
ン
ジ
ョ
ン
に
潜
り
 
ド
ラ
ゴ
ン
と
も
何
度
か
  
  
 
す
ご
い
わ
 
マ
リ
ア
!
や
っ
た
あ
!
 










   

  
 
す
ご
い
よ
こ
れ
 
電
撃
の
剣
よ
 °
 
  
  
 
き
れ
い
な
剣
:
:
 
  
  
が
姿
を
見
せ
た
 °
  
リ
ン
ダ
は
恐
る
恐
る
宝
箱
を
開
け
る
 °
す
る
と
中
か
ら
美
し
い
剣
  
  
 
忘
れ
て
た
 °
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
:
:
:
:
 
  
  
 
リ
ン
ダ
 
宝
箱
は
?
 
  
  
ろ
う
 °
  
性
を
探
す
の
は
難
し
い
だ
  
ロ
ブ
リ
ア
国
は
も
ち
ろ
ん
 
異
国
で
も
こ
れ
ほ
ど
大
き
な
胸
の
女
  
見
た
こ
と
が
な
い
 °
  
リ
ン
ダ
に
羨
ま
し
が
ら
れ
て
内
心
嬉
し
く
な
っ
た
 °
こ
ん
な
胸
 
  
  
 
い
い
な
ぁ
 °
私
に
も
分
け
て
ほ
し
い
な
 °
 
  
  
 
ち
ょ
っ
と
大
き
す
ぎ
る
わ
 °
も
う
十
分
よ
 °
 







   

  
 
え
え
っ
!
な
に
?
今
の
私
が
?
 
  
  
た
 °
  
電
撃
が
ぶ
つ
か
っ
た
と
こ
ろ
に
は
ぽ
っ
こ
り
と
大
き
な
穴
が
空
い
  
  
∧
ド
ド
|
ン
!
!
!
∨
  
  
壁
へ
と
飛
ん
で
い
く
 °
  
そ
の
電
気
が
集
ま
っ
て
  
中
く
ら
い
の
力
で
剣
を
振
る
 °
剣
先
に
ビ
リ
ビ
リ
と
電
気
が
走
り
 
  
く
振
り
か
ぶ
っ
た
 °
  
私
は
リ
ン
ダ
か
ら
剣
を
受
け
取
り
 
洞
窟
の
壁
に
向
か
っ
て
大
き
  
  
 
う
ん
 °
ち
ょ
っ
と
剣
を
振
っ
て
み
て
 °
 
  
  
 
電
撃
の
剣
?
 
  
  
リ
と
震
わ
せ
て
い
る
 °
  
美
し
い
剣
は
電
気
を
帯
び
て
い
る
よ
う
で
周
囲
の
空
気
を
ピ
リ
ピ
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
じ
た
 °
  
も
う
十
分
と
言
っ
て
い
た
胸
が
ま
た
一
回
り
大
き
く
な
る
の
を
感
  
う
に
な
っ
た
 °
  
ど
倒
す
こ
と
が
で
き
る
よ
  
今
ま
で
苦
労
し
て
い
た
魔
物
た
ち
も
こ
の
剣
の
一
振
り
で
ほ
と
ん
  
特
に
水
系
と
ゾ
ン
ビ
系
の
魔
物
に
は
圧
倒
的
な
威
力
が
あ
っ
た
 °
  
を
持
っ
て
い
た
 °
  
そ
の
剣
は
今
ま
で
の
細
身
の
剣
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
攻
撃
力
  
  
 
す
ご
い
威
力
ね
 °
 
  


























  > ≫