っ
ち
ゃ
う
わ
 °
 
  
 
う
ん
 °
こ
の
胸
の
せ
い
で
足
元
が
見
え
な
く
っ
て
:
:
:
:
困
  
  
 
マ
リ
ア
 
大
丈
夫
?
 
  
  
 
お
っ
と
:
:
:
:
 
  
  
振
る
と
き
邪
魔
に
な
っ
て
く
る
 °
  
て
く
れ
ば
重
い
し
 
剣
を
  
い
く
ら
胸
が
揺
れ
な
い
か
ら
と
い
っ
て
も
こ
れ
だ
け
大
き
く
な
っ
  
い
た
ら
ま
た
胸
が
大
き
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
調
子
に
乗
っ
て
倒
し
て
  
り
で
大
ダ
メ
|
ジ
を
与
え
 
そ
の
あ
と
悠
々
と
魔
物
を
片
づ
け
る
 °
  
敵
で
は
な
か
っ
た
 °
一
振
  
七
階
に
来
て
魔
物
は
ま
た
一
段
と
強
く
な
っ
た
け
ど
電
撃
の
剣
の
  
私
は
電
撃
の
剣
の
攻
撃
力
に
酔
い
し
れ
て
い
た
 °
  
┏┓
地
下
七
階
┗┛
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
7

















≪ <  

  
ん
が
い
ら
っ
し
ゃ
る
な
ん
  
 
あ
ら
?
い
ら
っ
し
ゃ
い
ま
せ
 °
ま
さ
か
 
こ
の
階
に
冒
険
者
さ
  
  
思
い
 
二
人
で
追
い
か
け
て
い
っ
て
商
人
を
捕
ま
え
た
 °
  
聞
け
る
か
も
し
れ
な
い
と
  
確
か
も
う
一
人
い
る
っ
て
言
っ
て
た
っ
け
?
何
か
重
要
な
情
報
が
  
そ
の
と
き
遠
く
に
商
人
の
姿
を
見
か
け
た
 °
  
  
じ
ゃ
っ
た
ら
大
変
よ
ね
?
気
を
つ
け
な
き
ゃ
 °
  
の
と
き
に
本
当
に
こ
ろ
ん
  
胸
が
邪
魔
に
な
っ
て
足
元
が
見
え
な
い
な
ん
て
:
:
:
:
 °
戦
い
  
み
が
視
界
を
占
め
て
い
る
 °
  
胸
元
を
見
下
ろ
す
と
ま
た
一
段
と
大
き
く
な
っ
た
コ
|
ト
の
膨
ら
  
  
 
そ
ん
な
つ
も
り
じ
ゃ
な
い
わ
よ
 °
 
  
  
 
な
ん
か
イ
ヤ
ミ
ね
 °
ち
ょ
っ
と
胸
が
大
き
く
な
っ
た
か
ら
っ
て
 °
 
  
  
足
元
が
見
に
く
く
て
石
に
つ
ま
ず
い
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  


























   

  
い
い
で
し
ょ
う
 °
身
体
を
癒
す
こ
と
が
で
き
ま
す
 °
 
  
の
清
ら
か
な
泉
に
寄
る
と
  
感
じ
ま
す
 °
も
し
 
下
に
行
か
れ
る
の
な
ら
 
そ
の
前
に
こ
の
階
  
並
々
な
ら
ぬ
雰
囲
気
を
  
 
は
い
 
お
そ
ら
く
 °
私
は
妖
気
が
強
す
ぎ
て
近
づ
け
ま
せ
ん
が
 
  
  
ょ
う
か
?
 
  
 
す
み
ま
せ
ん
 °
あ
の
 
こ
の
下
の
八
階
に
ボ
ス
が
い
る
の
で
し
  
  
高
い
商
人
の
よ
う
だ
 °
  
な
ん
て
か
な
り
レ
ベ
ル
の
  
普
通
の
冒
険
者
で
は
到
達
で
き
な
い
階
に
女
一
人
で
や
っ
て
く
る
  
私
た
ち
よ
り
も
年
上
の
お
姉
さ
ま
だ
っ
た
 °
  
ヒ
ッ
プ
に
か
け
て
は
優
美
な
女
性
ら
し
い
曲
線
を
描
い
て
い
る
 °
  
着
け
て
お
り
 
腰
か
ら
  
商
人
と
い
う
よ
り
踊
り
子
が
着
る
よ
う
な
露
出
の
多
い
服
を
身
に
  
膨
ら
ん
で
い
る
 °
  
女
商
人
は
大
人
っ
ぽ
い
セ
ク
シ
|
な
美
女
で
そ
の
胸
元
は
大
き
く
  
  
て
 
























   

  
ブ
ラ
と
い
い
ま
す
 °
 
  
す
:
:
:
:
 °
小
さ
く
み
せ
る
  
 
そ
う
で
す
ね
 °
と
っ
て
お
き
が
一
つ
あ
る
ん
で
す
よ
 °
こ
れ
で
  
  
た
 °
  
商
人
は
大
き
な
荷
物
を
足
元
に
下
し
 
中
か
ら
商
品
を
取
り
出
し
  
  
 
ど
ん
な
も
の
が
あ
る
ん
で
す
か
?
 
  
  
 
と
こ
ろ
で
:
:
:
:
 °
何
か
ご
入
用
で
し
ょ
う
か
?
 
  
  
 
あ
り
が
と
う
 °
是
非
行
っ
て
み
ま
す
 °
 
  
  
の
は
嬉
し
か
っ
た
 °
  
で
き
る
ポ
イ
ン
ト
が
あ
る
  
け
る
の
に
か
な
り
神
経
を
す
り
減
ら
し
て
い
る
の
で
体
力
を
回
復
  
た
 °
リ
ン
ダ
も
宝
箱
を
開
  
か
な
り
の
魔
物
を
倒
し
た
私
は
そ
れ
な
り
に
体
力
を
消
費
し
て
い
  
有
力
な
情
報
を
も
ら
っ
た
 °
  


























   

  
 
試
し
に
着
け
て
み
ら
れ
ま
す
か
?
 
  
  
手
に
取
っ
て
み
た
 °
  
疑
い
の
目
で
そ
の
ブ
ラ
を
  
小
さ
く
み
せ
る
っ
て
い
っ
て
も
限
度
が
あ
る
わ
よ
ね
 °
私
は
半
ば
  
  
ま
す
 °
 
  
る
ん
で
す
よ
 °
お
客
様
の
よ
う
に
豊
か
な
お
胸
の
方
に
お
勧
め
し
  
込
め
て
小
さ
く
し
て
く
れ
  
ア
イ
テ
ム
な
ん
で
す
 °
こ
れ
を
つ
け
る
と
大
き
な
バ
ス
ト
を
押
し
  
を
元
に
作
ら
れ
た
魔
法
の
  
 
戦
い
の
と
き
胸
が
邪
魔
で
困
る
と
い
う
女
戦
士
さ
ん
た
ち
の
声
  
  
た
 °
  
う
だ
っ
た
 °
商
人
は
続
け
  
で
 
デ
ザ
イ
ン
は
よ
さ
そ
う
だ
け
ど
布
の
面
積
が
か
な
り
小
さ
そ
  
い
ブ
ラ
と
よ
く
似
た
ブ
ラ
  
商
人
が
荷
物
か
ら
取
り
出
し
た
の
は
私
が
今
着
け
て
い
る
揺
れ
な
  
女
商
人
は
私
の
胸
元
を
見
な
が
ら
言
っ
た
 °
  


























   

  
女
商
人
は
ブ
ラ
の
バ
ン
ド
を
ぐ
い
っ
と
引
っ
張
っ
て
無
理
や
り
背
  
  
ね
 °
 
  
 
ち
ょ
っ
と
苦
し
い
と
思
い
ま
す
が
 
少
し
我
慢
し
て
く
だ
さ
い
  
  
が
小
さ
す
ぎ
て
全
く
胸
を
被
え
て
い
な
い
 °
全
然
ダ
メ
よ
 
こ
れ
 °
  
も
そ
も
カ
ッ
プ
の
サ
イ
ズ
  
揺
れ
な
い
ブ
ラ
を
外
し
新
し
い
ブ
ラ
を
つ
け
て
み
る
 °
だ
が
 
  
  
わ
ね
 °
 
  
ど
比
べ
も
の
に
な
ら
な
い
  
 
わ
あ
っ
 
大
き
く
て
素
敵
な
胸
だ
こ
と
 °
私
も
大
き
い
方
だ
け
  
  
な
い
 °
  
大
き
く
張
り
出
し
て
い
る
 °
商
人
が
目
を
丸
く
し
た
の
も
無
理
は
  
と
詰
ま
っ
て
い
て
 
前
に
  
数
々
の
魔
物
を
倒
し
大
き
く
膨
ら
ん
だ
乳
房
は
ブ
ラ
に
み
っ
ち
り
  
姿
に
な
っ
た
 °
  
も
の
は
試
し
 °
私
は
バ
ト
ル
コ
|
ト
の
前
を
外
し
て
脱
ぎ
 
ブ
ラ
  


























   

  
 
う
そ
っ
 °
胸
が
小
さ
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
:
:
 
  
  
い
ま
す
わ
 °
 
  
て
る
う
ち
に
慣
れ
る
と
思
  
 
苦
し
く
な
い
で
す
か
?
少
し
苦
し
い
か
も
し
れ
ま
せ
ん
が
着
け
  
  
ら
み
に
変
化
し
て
い
た
 °
  
ひ
ら
に
収
ま
る
ほ
ど
の
膨
  
巨
大
だ
っ
た
胸
は
小
さ
く
な
り
 
一
分
も
経
た
な
い
う
ち
に
手
の
  
  
 
え
っ
 
あ
れ
ぇ
?
?
ど
う
な
っ
て
る
の
?
 
  
  
そ
れ
と
と
も
に
私
の
胸
は
み
る
み
る
う
ち
に
小
さ
く
な
っ
て
い
く
 °
  
し
ず
つ
和
ら
い
で
い
く
 °
  
ブ
ラ
が
ほ
の
か
に
青
く
光
っ
た
か
と
思
う
と
 
窮
屈
な
感
覚
が
少
  
間
だ
っ
た
 °
  
こ
ん
な
の
を
私
に
売
り
つ
け
よ
う
と
し
て
る
の
?
そ
う
思
っ
た
瞬
  
き
つ
い
し
 
全
く
サ
イ
ズ
が
合
っ
て
い
な
い
じ
ゃ
な
い
 °
  
き
 
き
つ
い
 °
  
中
の
留
め
具
を
止
め
る
 °
















   

  
  
重
さ
を
感
じ
な
い
の
ね
:
:
:
:
 °
 
  
 
す
ご
い
:
:
:
:
こ
の
ブ
ラ
 °
小
さ
く
な
っ
て
い
る
間
は
胸
の
  
  
重
み
が
ず
っ
し
り
と
身
体
に
の
し
か
か
る
 °
  
に
戻
っ
た
 °
大
き
な
胸
の
  
ブ
ラ
に
押
し
込
め
ら
れ
て
い
た
胸
が
一
気
に
膨
ら
み
元
の
サ
イ
ズ
  
  
∧
ボ
イ
|
|
ン
∨
  
  
と
 °
  
そ
う
言
い
な
が
ら
 
女
商
人
は
背
中
の
留
め
具
を
外
し
た
 °
す
る
  
  
り
ま
す
わ
 °
 
  
具
を
外
す
と
元
通
り
に
な
  
 
ど
う
で
す
か
?
魔
法
の
力
で
胸
を
収
め
て
い
る
の
で
す
 °
留
め
  
  
小
さ
く
な
っ
て
い
る
 °
  
私
は
胸
に
手
を
当
て
て
触
っ
て
み
た
 °
巨
大
だ
っ
た
胸
が
確
か
に
  


























   

  
魔
物
を
倒
し
て
も
小
さ
く
  
く
軽
く
な
っ
た
お
陰
で
と
て
も
身
軽
に
な
っ
た
 °
そ
れ
に
い
く
ら
  
薙
ぎ
払
っ
た
 °
胸
が
小
さ
  
途
中
 
魔
物
た
ち
に
遭
遇
し
た
が
私
は
電
撃
の
剣
を
一
振
り
し
て
  
た
 °
  
私
た
ち
は
商
人
と
別
れ
 
清
ら
か
な
泉
に
行
っ
て
見
る
こ
と
に
し
  
  
  
り
っ
た
け
の
ゴ
|
ル
ド
を
女
商
人
に
渡
し
た
 °
  
な
い
手
は
な
い
 °
私
は
あ
  
さ
す
が
に
高
い
 °
と
思
っ
た
け
ど
こ
れ
だ
け
の
優
れ
も
の
を
買
わ
  
  
 
い
っ
 
1
6
5
0
0
!
?
 
  
  
で
結
構
で
す
よ
 °
 
  
を
1
6
5
0
0
ゴ
|
ル
ド
  
 
今
な
ら
キ
ャ
ン
ペ
|
ン
中
で
1
8
0
0
0
ゴ
|
ル
ド
の
と
こ
ろ
  
  
の
ブ
ラ
が
ほ
し
く
な
っ
た
 °
  
こ
れ
な
ら
全
く
戦
い
の
邪
魔
に
な
ら
な
い
 °
私
は
ど
う
し
て
も
こ

   

  
 
ち
ょ
っ
と
休
憩
し
ま
し
ょ
う
 °
私
 
ブ
ラ
を
外
し
て
い
い
か
し
  
  
た
い
 °
 
  
魔
物
は
寄
り
つ
か
な
い
み
  
 
泉
の
底
か
ら
き
れ
い
な
水
が
涌
い
て
い
る
み
た
い
ね
 °
お
陰
で
  
  
 
洞
窟
の
奥
に
こ
ん
な
素
敵
な
泉
が
あ
る
な
ん
て
ね
 °
 
  
  
 
ふ
ぅ
 
お
い
し
い
水
 °
生
き
返
っ
た
ぁ
 
  
  
と
も
体
力
が
全
回
復
し
た
 °
  
と
不
思
議
な
こ
と
に
二
人
  
泉
の
ほ
と
り
に
腰
を
下
ろ
し
清
ら
か
な
水
を
飲
ん
で
み
る
 °
す
る
  
へ
と
へ
と
だ
っ
た
 °
  
や
が
て
清
ら
か
な
水
が
集
ま
る
泉
に
た
ど
り
着
い
た
 °
私
た
ち
は
  
  
次
々
に
魔
物
を
倒
し
た
 °
  
抑
え
て
く
れ
て
い
る
よ
う
だ
 °
私
は
軽
快
な
動
き
で
剣
を
振
る
い
  
る
の
だ
ろ
う
け
ど
ブ
ラ
が
  
見
せ
る
ブ
ラ
の
胸
は
膨
ら
ま
な
い
 °
実
際
に
は
大
き
く
な
っ
て
い

   

  
な
っ
ち
ゃ
っ
た
の
?
も
う
  
き
く
な
っ
て
い
る
 °
え
え
っ
 
今
の
間
だ
け
で
こ
ん
な
に
大
き
く
  
り
も
明
ら
か
に
一
回
り
大
  
リ
ン
ダ
が
目
を
丸
く
し
て
い
る
 °
胸
元
を
見
下
ろ
す
と
さ
っ
き
よ
  
  
 
ま
 
マ
リ
ア
:
:
:
:
 °
ま
た
大
き
く
な
っ
た
わ
ね
 °
 
  
  
が
加
わ
る
が
そ
の
感
覚
も
愛
お
し
く
感
じ
る
 °
  
代
わ
り
に
ず
し
っ
と
重
さ
  
ふ
う
 °
ブ
ラ
の
拘
束
か
ら
胸
が
解
放
さ
れ
る
の
が
気
持
ち
い
い
 °
  
  
∧
ボ
イ
|
|
|
ン
!
∨
  
  
ぎ
 
ブ
ラ
の
留
め
具
を
外
す
 °
  
バ
ト
ル
コ
|
ト
を
脱
  
さ
な
ブ
ラ
に
大
き
な
胸
を
押
し
込
め
て
い
る
の
で
や
は
り
苦
し
い
 °
  
ア
イ
テ
ム
と
は
い
え
 
  
さ
っ
き
買
っ
た
ば
か
り
の
ブ
ラ
が
や
っ
ぱ
り
慣
れ
な
い
 °
魔
法
の
  
  
ら
?
 























   

  
  
 
リ
ン
ダ
?
何
か
言
っ
た
?
 
  
  
 
助
け
て
く
だ
さ
い
:
:
:
:
 
  
  
気
の
せ
い
か
と
思
っ
た
 °
で
も
誰
か
の
小
さ
な
声
が
聞
こ
え
た
 °
  
あ
れ
?
誰
か
が
呼
ん
で
る
?
  
  
 
助
け
て
:
:
:
:
 
  
  
リ
ン
ダ
に
従
い
 
腰
を
上
げ
よ
う
と
し
た
と
き
だ
っ
た
 °
  
や
っ
ぱ
り
 
リ
ン
ダ
が
素
直
に
う
ん
と
い
う
訳
が
な
い
 °
  
  
で
行
く
ん
だ
か
ら
ね
!
 
  
 
え
え
|
っ
!
!
こ
こ
で
帰
る
な
ん
て
絶
対
な
し
!
最
後
の
階
ま
  
  
ろ
引
き
返
え
そ
う
か
?
 
  
 
お
宝
も
結
構
い
た
だ
い
た
し
 
胸
も
も
う
十
分
だ
し
 
そ
ろ
そ
  
  
本
当
に
こ
れ
以
上
い
ら
な
い
か
も
し
れ
な
い
 °








   

  
で
は
な
い
よ
う
だ
 °
実
体
は
魔
物
に
捕
ら
え
て
い
る
た
め
だ
ろ
う
 °
  
は
透
き
通
っ
て
お
り
実
体
  
水
面
に
青
白
く
女
神
の
姿
が
浮
か
び
上
が
っ
て
い
る
 °
女
神
の
体
  
  
 
め
 
女
神
様
?
 
  
  
ど
う
か
わ
た
し
を
助
け
て
く
だ
さ
い
:
:
:
:
 
  
じ
込
め
ら
れ
て
い
ま
す
 °
  
 
わ
た
し
は
こ
の
洞
窟
の
女
神
で
す
 °
悪
い
魔
物
に
捕
ま
っ
て
閉
  
  
人
の
形
に
な
っ
た
 °
  
た
 °
そ
し
て
そ
れ
は
女
の
  
ぼ
ん
や
り
と
し
た
光
は
集
め
っ
て
い
き
 
徐
々
に
形
を
作
り
始
め
  
  
 
な
 
な
に
!
?
 
  
  
ん
で
い
る
 °
  
泉
の
方
に
目
を
や
る
と
水
面
の
上
を
ぼ
ん
や
り
と
し
た
光
が
浮
か
  
  
 
う
う
ん
 °
私
じ
ゃ
な
い
わ
 °
何
か
し
ら
ね
?
 







   

  
  
  
  
ら
か
な
泉
を
後
に
し
た
 °
  
を
装
備
し
 
私
た
ち
は
清
  
下
の
階
に
降
り
る
決
心
が
つ
い
た
 °
女
神
さ
ま
か
ら
も
ら
っ
た
盾
  
私
は
大
き
な
胸
を
ブ
ラ
に
収
め
て
コ
ン
パ
ク
ト
に
し
た
 °
  
  
 
こ
こ
ま
で
来
た
ら
や
る
し
か
な
い
わ
ね
?
マ
リ
ア
?
 
  
  
 
女
神
さ
ま
:
:
:
:
 
  
  
私
は
そ
れ
を
手
に
取
っ
た
 °
  
が
浮
か
ん
で
い
た
 °
  
女
神
の
姿
が
ふ
っ
と
消
え
た
か
と
思
う
と
 
水
面
に
は
一
つ
の
盾
  
  
た
ち
を
守
っ
て
く
れ
る
で
し
ょ
う
 °
 
  
強
力
な
魔
法
か
ら
あ
な
た
  
 
あ
な
た
方
に
こ
の
水
流
の
盾
を
授
け
ま
す
 °
こ
の
盾
は
魔
物
の
  


























  > ≫