き
な
水
晶
の
つ
い
た
杖
を
  
黒
い
装
束
を
身
に
ま
と
い
 
顔
は
隠
れ
て
見
え
な
い
 °
手
に
は
大
  
低
く
お
ぞ
ま
し
い
声
が
洞
窟
に
こ
だ
ま
し
た
 °
  
  
 
こ
こ
に
何
の
用
だ
?
 
  
  
祭
壇
の
前
に
は
一
人
の
神
官
が
立
っ
て
い
た
 °
  
  
二
人
で
足
音
に
気
を
つ
け
な
が
ら
歩
い
て
い
く
 °
  
よ
う
な
も
の
が
あ
る
 °
  
く
進
む
と
広
間
の
よ
う
な
場
所
に
出
た
 °
一
番
遠
い
所
に
祭
壇
の
  
階
段
を
降
り
て
し
ば
ら
  
最
下
層
は
だ
だ
っ
広
く
ワ
ン
フ
ロ
ア
に
な
っ
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
こ
れ
を
も
っ
と
前
か
ら
感
じ
て
い
た
に
違
い
な
い
 °
  
感
覚
の
鋭
い
リ
ン
ダ
は
  
周
囲
に
立
ち
込
め
る
妖
気
は
濃
厚
で
私
で
も
そ
れ
が
感
じ
取
れ
る
 °
  
┏┓
地
下
八
階
┗┛
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
8

















≪ <  

  
の
魔
物
た
ち
と
は
次
元
が
  
目
の
前
が
炎
に
包
ま
れ
た
 °
も
の
す
ご
い
炎
の
勢
い
 °
こ
れ
ま
で
  
  
∧
ド
ド
ド
|
|
|
ン
!
!
∨
  
  
ん
で
く
る
 °
や
ば
い
!
  
ら
こ
ち
ら
に
向
か
っ
て
飛
  
杖
の
先
か
ら
大
き
な
火
の
玉
が
飛
び
出
し
 
大
き
さ
を
増
し
な
が
  
  
 
死
ね
っ
!
 
  
  
神
官
ネ
ル
ロ
は
手
に
持
っ
て
い
た
杖
を
こ
ち
ら
に
向
け
た
 °
  
  
こ
こ
で
終
わ
り
だ
 °
 
  
う
 °
し
か
し
 
貴
様
ら
も
  
 
我
は
魔
導
神
官
ネ
ル
ロ
 °
こ
こ
ま
で
来
た
こ
と
は
褒
め
て
や
ろ
  
  
い
を
と
っ
て
身
構
え
た
 °
  
こ
の
神
官
が
魔
物
た
ち
の
ボ
ス
な
の
だ
ろ
う
か
?
私
は
少
し
間
合
  
持
っ
て
い
る
 °




















   

  
水
の
カ
|
テ
ン
が
火
の
玉
を
呑
み
込
み
消
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
  
∧
バ
ッ
シ
ャ
|
|
ン
!
∨
  
  
|
テ
ン
が
出
現
す
る
 °
  
す
る
と
 
そ
れ
が
青
白
く
光
っ
た
か
と
思
う
と
目
の
前
に
水
の
カ
  
私
は
水
流
の
盾
を
頭
の
上
に
か
ざ
し
た
 °
  
  
 
お
願
い
!
女
神
さ
ま
!
!
!
 
  
  
こ
ち
ら
へ
撃
っ
て
く
る
 °
  
ネ
ル
ロ
は
杖
の
先
か
ら
巨
大
な
火
の
玉
を
生
み
出
し
 
容
赦
な
く
  
  
 
ぐ
は
は
は
 °
焼
け
死
ん
で
し
ま
え
!
 
  
  
も
う
一
度
食
ら
っ
た
ら
命
の
保
証
は
な
い
  
た
 °
  
メ
|
ジ
を
負
っ
て
し
ま
っ
  
素
早
く
身
を
引
い
て
盾
を
構
え
た
が
私
と
リ
ン
ダ
は
か
な
り
の
ダ
  
違
う
 °























   

  
  
∧
ズ
バ
バ
バ
バ
|
|
|
ッ
!
!
!
!
!
∨
  
  
裂
い
た
 °
  
ネ
ル
ロ
が
再
び
杖
を
振
る
よ
り
早
く
 
私
の
剣
が
敵
の
体
を
引
き
  
魔
法
タ
イ
プ
は
接
近
戦
に
弱
い
 °
こ
こ
で
一
気
に
片
づ
け
る
!
  
め
た
 °
  
ネ
ル
ロ
が
う
ず
く
ま
っ
た
隙
を
つ
い
て
私
は
一
気
に
間
合
い
を
詰
  
  
 
ぐ
お
お
お
お
っ
 °
人
間
の
分
際
で
こ
し
ゃ
く
な
ま
ね
を
!
 
  
  
に
命
中
し
 
神
官
の
苦
し
そ
う
な
声
が
こ
だ
ま
す
る
 °
  
い
掛
か
る
 °
電
撃
は
見
事
  
剣
先
か
ら
電
撃
が
ほ
と
ば
し
り
刃
の
よ
う
に
な
っ
て
ネ
ル
ロ
に
襲
  
私
は
す
か
さ
ず
電
撃
の
剣
を
振
っ
た
 °
  
  
だ
 °
  
て
水
の
カ
|
テ
ン
で
防
い
  
ネ
ル
ロ
が
続
け
て
大
玉
を
撃
っ
て
く
る
 °
私
は
ま
た
盾
を
か
ざ
し
  
な
る
ほ
ど
 
こ
う
や
っ
て
使
う
の
ね
 °











   

  
オ
|
ラ
を
ま
と
っ
て
い
る
 °
  
も
の
に
な
ら
な
い
闇
の
  
し
か
も
 
身
体
は
数
倍
に
大
き
く
な
り
 
さ
っ
き
ま
で
と
は
比
べ
  
ネ
ル
ロ
の
身
体
が
再
生
し
て
い
る
 °
  
の
?
  
そ
し
て
そ
れ
ら
は
次
第
に
集
ま
り
実
体
を
現
し
始
め
る
 °
な
ん
な
  
る
 °
  
祭
壇
の
上
に
は
何
や
ら
黒
っ
ぽ
い
霧
の
よ
う
な
も
の
が
漂
っ
て
い
  
な
 
な
に
?
今
の
?
  
光
っ
た
 °
  
突
然
 
ネ
ル
ロ
の
身
体
が
妖
し
い
赤
い
閃
光
を
あ
げ
て
ま
ぶ
し
く
  
意
外
と
あ
っ
け
な
か
っ
た
か
も
?
そ
う
思
っ
た
瞬
間
だ
っ
た
 °
  
リ
ン
ダ
が
大
喜
び
で
私
に
駆
け
寄
る
 °
  
  
 
や
っ
た
わ
ね
!
マ
リ
ア
!
 
  
  
た
わ
 °
  
神
官
は
膝
を
つ
い
て
そ
の
場
に
崩
れ
落
ち
る
 °
や
っ
た
!
仕
留
め
  
  
 
ぐ
あ
あ
あ
あ
あ
|
|
|
っ
 














   

  
す
る
と
左
右
に
2
体
ず
つ
 
4
体
の
魔
導
士
が
あ
ら
わ
れ
た
 °
  
ネ
ル
ロ
は
両
手
を
大
き
く
横
に
広
げ
た
 °
  
  
な
ん
て
威
力
な
の
?
  
受
け
私
と
リ
ン
ダ
は
吹
き
飛
ば
さ
れ
ダ
メ
|
ジ
を
受
け
る
 °
  
を
上
げ
た
 °
そ
の
爆
風
を
  
巨
大
な
火
の
玉
が
水
の
カ
|
テ
ン
に
ぶ
つ
か
り
物
凄
い
水
し
ぶ
き
  
私
は
す
か
さ
ず
水
流
の
盾
を
か
ざ
し
た
 °
  
  
 
こ
れ
で
も
食
ら
い
や
が
れ
!
!
 
  
  
さ
だ
 °
  
比
べ
物
に
な
ら
な
い
大
き
  
神
官
は
杖
を
掲
げ
巨
大
な
火
の
玉
を
生
み
出
し
た
 °
さ
っ
き
と
は
  
  
 
マ
リ
ア
!
気
を
つ
け
て
!
 
  
  
い
ら
し
い
な
!
 
  
 
グ
ロ
ロ
ロ
ロ
・
・
・
人
間
め
 °
ど
う
や
ら
本
当
の
地
獄
が
見
た
  


























   

  
き
た
 °
そ
れ
を
ま
た
水
の
  
魔
導
士
た
ち
は
身
構
え
る
と
火
の
玉
を
こ
ち
ら
目
が
け
て
撃
っ
て
  
  
 
ま
た
呼
ん
だ
わ
よ
!
?
 
  
  
た
 °
  
す
る
と
ど
こ
か
ら
と
も
な
く
 
ま
た
4
体
の
魔
導
士
が
あ
ら
わ
れ
  
ネ
ル
ロ
は
ま
た
両
手
を
大
き
く
横
に
広
げ
た
 °
  
  
 
よ
し
!
 
  
  
っ
た
 °
  
蛇
行
し
な
が
ら
魔
導
士
た
ち
に
襲
い
掛
か
り
 
4
体
と
も
消
し
去
  
撃
は
狂
っ
た
竜
の
よ
う
に
  
私
は
剣
を
思
い
切
り
横
一
文
字
に
振
っ
て
電
撃
を
走
ら
せ
る
 °
  
受
け
た
 °
  
脇
の
魔
導
士
た
ち
の
火
の
玉
が
足
元
で
破
裂
し
ま
た
ダ
メ
|
ジ
を
  
  
 
仲
間
を
呼
ん
だ
わ
!
や
つ
ら
も
火
の
玉
を
撃
っ
て
く
る
!
 
  


























   

  
ネ
ル
ロ
が
仲
間
を
呼
び
 
そ
の
魔
導
士
た
ち
が
火
の
玉
を
撃
ち
始
  
  
 
突
っ
込
む
わ
!
援
護
し
て
!
 
  
  
 
え
え
っ
?
マ
リ
ア
は
ど
う
す
る
の
?
 
  
  
そ
う
言
っ
て
私
は
水
流
の
盾
を
彼
女
の
方
に
放
り
投
げ
た
 °
  
  
 
リ
ン
ダ
!
こ
れ
を
任
せ
た
わ
!
 
  
  
れ
や
ら
れ
て
し
ま
う
 °
  
た
ち
の
体
力
は
ど
ん
ど
ん
削
ら
れ
て
い
く
 °
こ
の
ま
ま
で
は
い
ず
  
大
な
火
の
玉
の
爆
風
で
私
  
し
ま
う
 °
こ
れ
の
繰
り
返
し
だ
っ
た
 °
ネ
ル
ロ
が
撃
っ
て
く
る
巨
  
が
新
し
い
仲
間
を
呼
ん
で
  
電
撃
の
剣
を
振
る
っ
て
魔
導
士
た
ち
を
片
付
け
て
も
す
ぐ
ネ
ル
ロ
  
  
 
く
っ
 
周
り
の
魔
導
士
た
ち
が
邪
魔
で
近
づ
け
な
い
わ
!
 
  
  
カ
|
テ
ン
で
消
し
去
っ
た
 °















   

  
魔
導
士
ネ
ル
ロ
の
断
末
魔
が
広
い
洞
く
つ
の
中
で
反
響
し
た
 °
  
  
 
う
ぎ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
|
|
|
っ
 
  
  
∧
ズ
バ
バ
バ
ッ
ッ
ッ
|
|
|
|
!
!
!
!
!
∨
  
  
た
 °
  
け
て
剣
を
振
り
下
ろ
し
  
周
り
の
魔
導
士
た
ち
に
は
目
も
く
れ
ず
私
は
神
官
ネ
ル
ロ
に
目
が
  
  
 
や
あ
|
|
|
っ
!
!
 
  
  
 
な
に
ぃ
!
!
!
 
  
  
私
は
大
き
く
飛
び
上
が
り
敵
の
目
の
前
に
飛
び
出
し
た
 °
  
と
き
だ
っ
た
 °
  
火
の
玉
が
飲
み
込
ま
れ
 
大
き
な
音
と
蒸
気
が
発
せ
ら
れ
た
そ
の
  
り
出
す
 °
  
今
度
は
リ
ン
ダ
が
盾
を
頭
の
上
に
か
ざ
し
て
水
の
カ
|
テ
ン
を
作
  
め
る
 °























   

  
た
の
が
不
思
議
な
く
ら
い
だ
っ
た
 °
強
大
な
魔
力
を
も
つ
ネ
ル
ロ
  
が
 
正
直
な
と
こ
ろ
勝
て
  
私
は
リ
ン
ダ
に
何
で
も
な
か
っ
た
か
の
よ
う
に
強
が
っ
て
見
せ
た
  
  
 
ま
 
当
然
ね
 °
 
  
  
 
さ
っ
す
が
ぁ
!
私
が
見
込
ん
だ
だ
け
の
剣
士
だ
わ
 °
 
  
  
リ
ン
ダ
が
喜
び
の
声
を
上
げ
て
駆
け
寄
り
 
私
に
飛
び
つ
い
た
 °
  
つ
め
た
 °
  
私
は
剣
を
下
し
 
神
官
が
溶
け
て
な
く
な
っ
て
い
っ
た
地
面
を
見
  
  
 
ふ
ぅ
 
ち
ょ
っ
と
手
強
か
っ
た
わ
ね
 °
 
  
  
ち
も
魔
力
を
失
い
同
じ
よ
う
に
消
え
去
っ
て
い
っ
た
 °
  
い
く
 °
周
り
の
魔
導
士
た
  
ネ
ル
ロ
の
身
体
は
崩
れ
去
り
砂
の
よ
う
に
溶
け
て
次
第
に
消
え
て
  
  
 
や
っ
つ
け
た
の
?
 
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
う
っ
 
く
っ
 
苦
し
い
:
:
:
:
胸
が
:
:
:
:
  
  
 
!
?
 
  
  
な
い
 °
  
や
ら
れ
て
い
た
か
も
し
れ
  
導
士
た
ち
 
飛
び
込
ん
で
一
発
勝
負
を
か
け
て
な
か
っ
た
ら
今
頃
  
と
際
限
な
く
出
て
く
る
魔
















  > ≫