う
っ
:
:
:
:
あ
あ
あ
あ
あ
あ
あ
っ
!
!
 
  
  
 
そ
う
い
わ
れ
て
も
ど
う
す
れ
ば
?
 
  
  
て
よ
!
 
  
 
く
っ
 
苦
し
い
:
:
:
:
 °
ち
ょ
っ
と
見
て
な
い
で
何
と
か
し
  
  
き
な
い
く
ら
い
苦
し
い
 °
  
部
が
圧
迫
さ
れ
て
息
が
で
  
ブ
ラ
に
か
け
ら
れ
た
魔
法
が
そ
れ
を
抑
え
よ
う
と
し
て
い
る
 °
  
胸
が
膨
ら
も
う
と
し
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
  
 
マ
リ
ア
?
大
丈
夫
?
 
  
  
き
 
き
つ
 
ブ
ラ
が
苦
し
い
:
:
:
:
 °
  
く
な
る
 °
  
戦
闘
の
途
中
か
ら
感
じ
て
い
た
胸
の
苦
し
さ
が
ど
ん
ど
ん
と
大
き
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
9

















≪ <  

  
  
∧
む
く
む
く
む
く
む
く
っ
∨
  
  
と
っ
さ
に
私
は
そ
れ
ら
を
両
手
で
抱
え
た
 °
お
 
お
も
|
い
!
!
  
な
 
な
に
?
こ
の
半
端
な
い
重
さ
?
  
急
に
乳
房
の
重
み
が
身
体
に
ず
っ
し
り
と
の
し
か
か
る
 °
  
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
あ
っ
!
!
な
に
こ
れ
?
 
  
  
弾
き
飛
ば
し
て
し
ま
い
大
き
な
胸
が
は
だ
け
て
露
わ
に
な
る
 °
  
具
を
も
パ
チ
 
パ
チ
ン
と
  
拘
束
が
解
け
て
胸
が
一
気
に
膨
ら
ん
だ
 °
バ
ト
ル
コ
|
ト
の
留
め
  
  
∧
ボ
イ
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
ン
!
!
!
∨
  
  
ブ
ラ
の
留
め
具
が
壊
れ
た
音
が
し
た
 °
  
突
然
 
胸
を
締
め
付
け
て
い
た
力
が
ふ
っ
と
抜
け
る
 °
  
  
∧
バ
チ
ン
!
∨
  


























   

  
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
 
  
  
  
と
も
で
き
な
い
 °
こ
れ
か
ら
ど
う
な
っ
ち
ゃ
う
の
 
わ
た
し
?
  
な
い
し
 
立
ち
上
が
る
こ
  
よ
う
や
く
胸
は
収
ま
っ
て
く
れ
た
け
ど
 
重
す
ぎ
て
持
ち
上
が
ら
  
  
 
な
に
冷
静
に
言
っ
て
ん
の
!
早
く
何
と
か
し
な
さ
い
よ
!
 
  
  
た
ら
そ
う
な
る
か
:
:
:
:
 
  
 
で
か
す
ぎ
っ
!
や
っ
ぱ
り
あ
れ
だ
け
の
神
官
と
魔
導
士
を
倒
し
  
  
だ
 °
  
私
は
地
べ
た
に
座
り
込
ん
  
乳
房
は
さ
ら
に
大
き
く
な
り
 
と
う
と
う
支
え
き
れ
な
く
な
っ
て
  
  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
 
も
う
い
い
っ
て
!
 
  
  
二
つ
の
乳
房
は
ま
だ
大
き
さ
を
増
し
て
い
る
 °








   

  
 
や
っ
た
|
|
!
!
 
  
  
で
す
 
あ
な
た
方
が
持
っ
て
行
っ
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
た
ち
が
貯
め
こ
ん
だ
も
の
  
押
せ
ば
宝
物
庫
の
扉
が
開
か
れ
る
で
し
ょ
う
 °
中
の
も
の
は
魔
物
  
の
後
ろ
に
あ
る
く
ぼ
み
を
  
の
で
す
 °
あ
な
た
方
に
は
非
常
に
感
謝
い
た
し
ま
す
 °
こ
の
祭
壇
  
の
間
 
封
印
さ
れ
て
い
た
  
 
私
は
豊
穣
の
女
神
レ
|
ラ
 °
私
は
魔
物
に
捕
ま
り
1
0
0
年
も
  
  
 
女
神
さ
ま
!
 
  
  
う
で
す
 °
 
  
 
よ
く
ぞ
倒
し
て
く
れ
ま
し
た
 °
お
陰
で
私
の
封
印
が
解
け
た
よ
  
  
る
 °
  
が
青
白
い
光
を
発
し
て
い
  
私
た
ち
は
周
囲
を
見
渡
し
た
 °
す
る
と
祭
壇
に
祭
ら
れ
た
女
神
像
  
会
っ
た
女
神
さ
ま
の
声
 °
  
ど
こ
か
ら
か
女
性
の
優
し
い
声
が
聞
こ
え
た
 °
清
ら
か
な
泉
で
出

   

  
は
年
頃
の
娘
の
胸
を
膨
ら
  
成
長
 
健
康
や
安
産
を
司
る
神
で
も
あ
り
ま
す
 °
乳
気
と
い
う
の
  
が
 
同
時
に
女
性
の
体
の
  
 
え
え
 °
私
は
豊
穣
の
女
神
 
作
物
を
豊
か
に
実
ら
せ
る
神
で
す
  
  
 
乳
気
?
 
  
  
で
す
ね
 °
 
  
乳
気
が
大
量
に
流
れ
込
ん
だ
の
  
 
ま
ぁ
 °
な
ん
と
大
き
な
:
:
:
:
 °
魔
物
ど
も
に
宿
っ
て
い
た
  
  
女
神
様
な
ら
こ
の
胸
を
何
と
か
し
て
く
れ
る
に
違
い
な
い
 °
  
私
は
地
面
に
へ
た
り
込
ん
だ
ま
ま
女
神
像
を
見
上
げ
た
 °
  
  
こ
こ
ま
で
大
き
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
で
す
 °
 
  
魔
物
た
ち
を
倒
し
た
ら
  
 
女
神
さ
ま
 
こ
の
胸
を
何
と
か
し
て
も
ら
え
な
い
で
し
ょ
う
か
?
  
  
リ
ン
ダ
が
歓
喜
の
声
を
上
げ
た
 °
  


























   

  
私
は
地
面
に
落
ち
て
い
た
小
さ
く
み
せ
る
ブ
ラ
を
拾
っ
て
み
る
と
  
に
困
る
 °
  
う
 
う
そ
よ
ね
 °
こ
の
胸
で
一
生
暮
ら
せ
っ
て
?
そ
ん
な
の
絶
対
  
  
 
え
え
っ
 
そ
ん
な
:
:
:
:
 
  
  
す
:
:
:
:
 
  
こ
と
は
で
き
な
い
の
で
  
 
困
り
ま
し
た
ね
 °
残
念
な
が
ら
一
度
受
け
た
乳
気
を
抜
き
去
る
  
  
う
か
?
 
  
て
い
た
だ
け
な
い
で
し
ょ
  
 
こ
れ
で
は
立
ち
上
が
り
歩
く
こ
と
も
で
き
ま
せ
ん
 °
何
と
か
し
  
  
で
す
 °
 
  
め
 
こ
の
洞
窟
に
い
た
魔
物
た
ち
に
乳
気
が
宿
っ
て
し
ま
っ
た
の
  
せ
ん
で
し
た
 °
そ
の
た
  
間
 
乳
気
は
外
に
は
及
ば
ず
こ
の
洞
窟
の
中
に
し
か
届
い
て
い
ま
  
私
が
封
印
さ
れ
て
い
た
  
ま
せ
る
き
っ
か
け
を
与
え
る
エ
ネ
ル
ギ
|
の
よ
う
な
も
の
で
す
 °

   

  
た
 °
商
人
は
身
動
き
で
き
な
い
ほ
ど
の
巨
大
な
胸
に
驚
き
を
隠
せ
  
し
ま
っ
た
こ
と
を
話
し
  
私
は
最
後
の
魔
物
た
ち
を
倒
し
た
後
 
こ
こ
ま
で
胸
が
膨
ら
ん
で
  
  
で
す
か
!
 
  
く
な
っ
て
し
ま
わ
れ
た
の
  
 
な
 
な
 
な
ん
で
す
か
!
?
そ
の
お
っ
ぱ
い
!
そ
ん
な
に
大
き
  
  
セ
ク
シ
|
な
商
人
は
私
の
胸
に
気
が
つ
い
て
驚
き
の
声
を
上
げ
た
 °
  
  
た
の
で
す
ね
?
 
  
 
わ
あ
 
す
ご
い
 °
妖
気
が
消
え
た
と
思
っ
た
ら
 
魔
物
を
倒
し
  
  
っ
て
く
る
の
が
見
え
た
 °
  
ち
ょ
う
ど
そ
の
と
き
 
上
の
階
に
い
た
女
商
人
が
こ
ち
ら
に
向
か
  
  
し
な
き
ゃ
 °
  
さ
っ
き
の
商
人
に
お
願
い
  
い
る
こ
と
が
わ
か
っ
た
 °
は
ぁ
 
修
理
っ
て
で
き
る
の
か
し
ら
?
  
留
め
具
が
完
全
に
壊
れ
て
















   

  
テ
ム
で
す
か
ら
 °
で
も
少
  
 
残
念
な
が
ら
同
じ
も
の
は
な
い
ん
で
す
 °
す
ご
く
レ
ア
な
ア
イ
  
  
 
で
は
 
新
し
い
の
が
一
つ
欲
し
い
ん
で
す
け
ど
?
 
  
  
私
は
が
っ
く
り
と
肩
を
落
と
し
た
 °
  
  
 
そ
う
で
す
か
:
:
:
:
 
  
  
ま
せ
ん
 °
専
門
の
魔
法
道
具
屋
で
見
て
も
ら
わ
な
い
と
:
:
:
:
 
  
直
る
か
ど
う
か
私
で
は
わ
か
り
  
 
こ
れ
を
弾
き
飛
ば
し
ち
ゃ
う
な
ん
て
:
:
:
:
 °
残
念
な
が
ら
  
  
具
の
と
こ
ろ
を
調
べ
た
 °
  
商
人
は
小
さ
く
み
せ
る
ブ
ラ
を
受
け
取
り
壊
れ
て
し
ま
っ
た
留
め
  
  
ど
直
せ
ま
す
か
?
 
  
 
あ
の
 
商
人
さ
ん
 °
こ
の
ブ
ラ
 
壊
れ
て
し
ま
っ
た
ん
で
す
け
  
  
な
い
様
子
だ
っ
た
 °


















   

  
  
巻
き
付
い
て
く
る
 °
  
つ
き
 
し
ゅ
る
し
ゅ
る
と
  
す
ぎ
る
胸
の
前
に
当
て
る
 °
そ
う
す
る
と
布
地
が
胸
に
ま
と
わ
り
  
広
げ
た
布
地
を
私
の
大
き
  
ラ
リ
と
光
っ
て
い
て
魔
法
の
ア
イ
テ
ム
で
あ
る
こ
と
が
伺
え
る
 °
  
地
を
広
げ
た
 °
表
面
は
キ
  
商
人
は
そ
う
い
う
と
私
の
目
の
前
で
白
く
絹
の
よ
う
に
美
し
い
布
  
  
 
見
て
い
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
  
 
ふ
つ
う
の
布
に
見
え
ま
す
が
 °
 
  
  
 
こ
れ
な
ん
か
ど
う
で
し
ょ
う
?
 
天
女
の
布
 
で
す
 °
 
  
  
を
出
し
た
 °
  
ら
布
き
れ
の
よ
う
な
も
の
  
商
人
は
背
中
に
背
負
っ
た
大
き
な
荷
物
を
降
ろ
し
て
中
か
ら
何
や
  
  
し
待
っ
て
く
だ
さ
い
:
:
:
:
 °
 












   

  
 
こ
れ
が
天
女
の
布
の
魔
法
効
果
で
す
 °
ど
ん
な
大
き
な
胸
で
も
  
  
て
収
ま
っ
た
 °
  
く
り
と
上
下
に
揺
れ
や
が
  
立
ち
上
が
る
と
大
き
な
胸
が
ふ
わ
ん
と
持
ち
上
が
る
 °
胸
は
ゆ
っ
  
  
 
す
 
す
ご
い
 °
ほ
と
ん
ど
重
さ
を
感
じ
な
い
:
:
:
:
 
  
  
れ
る
 °
  
あ
れ
だ
け
重
か
っ
た
胸
が
羽
が
生
え
た
か
の
よ
う
に
軽
く
感
じ
ら
  
私
は
商
人
に
言
わ
れ
た
通
り
 
ゆ
っ
く
り
と
立
ち
上
が
っ
て
み
る
 °
  
ま
さ
か
?
  
布
地
に
包
ま
れ
た
胸
が
ふ
っ
と
軽
く
な
っ
た
気
が
し
た
 °
え
っ
 
  
  
 
ど
う
で
す
か
?
立
っ
て
み
て
く
だ
さ
い
 °
 
  
  
形
を
変
え
て
い
る
 °
  
布
地
は
い
つ
し
か
胸
全
体
を
包
み
込
ん
で
お
り
 
下
着
の
よ
う
に
  
  
 
え
っ
 
な
に
こ
れ
?
 
















   

  
私
は
手
に
入
れ
た
金
貨
の
い
く
ら
か
を
布
地
の
お
礼
と
し
て
商
人
  
を
回
収
し
た
 °
  
え
き
れ
な
い
ほ
ど
の
お
宝
  
金
貨
や
宝
石
を
散
り
ば
め
た
首
飾
り
や
腕
輪
 
テ
ィ
ア
ラ
な
ど
抱
  
始
め
た
 °
  
胸
の
件
が
片
付
い
た
の
で
リ
ン
ダ
は
魔
物
の
残
し
た
宝
箱
を
開
け
  
  
私
は
商
人
に
礼
を
言
っ
た
 °
  
う
 °
  
て
帰
る
こ
と
は
で
き
そ
  
胸
が
邪
魔
で
剣
を
振
る
こ
と
は
で
き
な
い
け
れ
ど
 
何
と
か
歩
い
  
た
 °
  
感
じ
な
い
し
 
胸
の
付
け
根
が
痛
く
な
る
よ
う
な
こ
と
も
な
か
っ
  
本
当
に
ほ
と
ん
ど
重
さ
を
  
体
を
左
右
に
振
っ
て
み
る
と
ふ
よ
ん
ふ
よ
ん
と
左
右
に
揺
れ
た
 °
  
ふ
よ
ん
と
揺
れ
る
 °
  
私
は
そ
の
場
で
軽
く
跳
ね
て
み
た
 °
大
き
な
胸
が
上
下
に
ふ
よ
ん
  
  
減
す
る
効
果
が
あ
る
の
で
す
 °
 
  
包
み
込
み
そ
の
重
さ
を
軽
















   

  
  
た
の
だ
っ
た
 °
  
将
来
に
ち
ょ
っ
と
期
待
と
不
安
を
感
じ
な
が
ら
私
は
帰
途
に
つ
い
  
て
み
た
い
気
持
ち
も
あ
る
 °
  
の
胸
を
ち
ょ
っ
と
自
慢
し
  
見
ら
れ
る
ん
だ
ろ
な
ぁ
 °
で
も
 
ま
ぁ
 
そ
れ
も
あ
り
か
な
?
こ
  
ろ
ん
な
人
に
ジ
ロ
ジ
ロ
と
  
こ
と
だ
け
ど
 
予
想
外
に
大
き
く
な
り
す
ぎ
て
し
ま
っ
た
胸
 °
  
る
程
度
は
自
分
で
望
ん
だ
  
大
き
な
胸
は
歩
く
だ
け
で
ふ
よ
ん
ふ
よ
ん
と
揺
れ
て
し
ま
う
 °
  
商
人
に
も
別
れ
を
言
っ
て
私
た
ち
は
歩
き
だ
し
た
 °
  
  
方
に
神
の
ご
加
護
が
あ
り
ま
す
よ
う
に
 °
 
  
す
 °
こ
れ
か
ら
も
あ
な
た
  
 
本
当
に
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
あ
な
た
た
ち
の
お
陰
で
  
  
た
 °
  
私
た
ち
は
女
神
さ
ま
に
手
を
合
わ
せ
て
洞
く
つ
を
発
つ
こ
と
に
し
  
  
に
渡
し
た
 °





















  > ≫