す
ご
|
い
 
お
っ
ぱ
い
 °
 
  
  
く
る
 °
  
の
か
私
の
後
ろ
を
付
い
て
  
道
行
く
人
々
は
足
を
止
め
て
私
を
見
る
 °
子
供
た
ち
は
物
珍
し
い
  
  
 
マ
リ
ア
?
女
剣
士
の
マ
リ
ア
じ
ゃ
な
い
の
か
?
 
  
 
で
 
で
 
で
か
い
!
な
ん
ち
ゅ
う
乳
だ
 °
 
  
 
な
 
な
ん
だ
あ
れ
!
?
 
  
  
も
人
目
を
引
い
て
し
ま
う
 °
  
ぽ
よ
と
揺
れ
る
の
で
嫌
で
  
た
胸
が
大
き
く
前
に
突
き
出
し
て
い
る
 °
胸
は
歩
く
だ
け
で
ぽ
よ
  
ず
 
天
女
の
布
に
包
ま
れ
  
大
き
な
胸
の
せ
い
で
バ
ト
ル
コ
|
ト
の
前
を
止
め
る
こ
と
は
で
き
  
分
の
屋
敷
を
目
指
し
た
 °
  
王
都
ロ
ブ
ル
の
入
り
口
で
私
は
リ
ン
ダ
と
別
れ
 
久
し
ぶ
り
の
自
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
1
0
















≪ <  

  
中
に
入
っ
た
 °
  
口
を
ぽ
か
ん
と
空
け
て
私
を
見
て
い
る
召
使
い
を
よ
そ
に
屋
敷
の
  
  
 
何
が
あ
っ
た
の
で
す
か
?
 
  
 
マ
リ
ア
様
 
そ
の
胸
は
 °
 
  
  
せ
な
い
 °
  
召
使
い
た
ち
は
非
常
識
に
大
き
な
私
の
胸
を
前
に
し
て
驚
き
が
隠
  
  
 
い
つ
帰
っ
て
来
ら
れ
る
の
だ
ろ
う
か
と
心
配
し
て
お
り
ま
し
た
 °
 
  
 
お
 
お
か
え
り
な
さ
い
ま
せ
 °
マ
リ
ア
様
:
:
:
:
 
  
  
だ
っ
た
の
で
皆
と
て
も
心
配
し
て
い
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
間
近
く
も
出
か
け
た
ま
ま
  
屋
敷
の
門
を
く
ぐ
る
と
二
人
の
召
使
い
が
私
を
出
迎
え
た
 °
二
週
  
着
い
た
 °
  
私
は
子
供
た
ち
を
振
り
切
り
よ
う
や
く
自
分
の
屋
敷
ま
で
た
ど
り
  
  
 
ね
ぇ
 
さ
わ
っ
て
も
い
い
?
 
  
 
牛
さ
ん
み
た
い
ね
 °
 
















   

  
い
い
 °
服
を
脱
い
で
 
そ
し
て
天
女
の
布
の
結
び
目
を
解
く
 °
  
た
 °
冷
た
く
て
気
持
ち
が
  
水
浴
び
の
準
備
が
整
う
と
水
の
張
ら
れ
た
大
き
な
桶
に
足
を
漬
し
  
て
 
魔
物
に
圧
倒
的
な
威
力
を
示
し
た
電
撃
の
剣
 °
  
ら
沢
山
の
金
貨
 °
そ
し
  
や
か
な
装
飾
が
施
さ
れ
た
テ
ィ
ア
ラ
や
首
飾
り
 
腕
輪
 
そ
れ
か
  
出
し
て
並
べ
る
 °
き
ら
び
  
準
備
が
で
き
る
ま
で
間
に
持
っ
て
帰
っ
て
き
た
宝
物
を
荷
物
か
ら
  
私
は
召
使
い
た
ち
に
水
浴
び
の
準
備
を
命
じ
た
 °
  
  
た
 °
  
す
ぐ
に
水
浴
び
で
体
の
汚
れ
を
落
と
し
 
ベ
ッ
ド
で
眠
り
た
か
っ
  
長
旅
で
疲
れ
て
い
た
 °
  
召
使
い
た
ち
は
色
々
と
詳
し
く
聞
き
た
い
よ
う
だ
っ
た
が
 
私
は
  
倒
し
た
後
 
こ
こ
ま
で
胸
が
大
き
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
こ
と
を
 °
  
ス
を
倒
す
よ
う
言
わ
れ
 
  
イ
テ
ム
と
宝
物
を
手
に
入
れ
た
こ
と
 °
女
神
さ
ま
か
ら
魔
物
の
ボ
  
い
っ
た
こ
と
 
様
々
な
ア
  
と
あ
る
ダ
ン
ジ
ョ
ン
で
魔
物
を
倒
す
と
胸
が
少
し
ず
つ
膨
ら
ん
で
  
私
は
彼
女
た
ち
に
簡
単
に
な
り
ゆ
き
を
説
明
し
た
 °






   

  
い
る
 °
  
大
き
な
桶
は
私
の
巨
大
な
乳
房
で
ほ
と
ん
ど
埋
ま
っ
て
し
ま
っ
て
  
  
 
私
は
右
を
 
あ
な
た
は
左
側
を
お
願
い
ね
 °
 
  
 
マ
リ
ア
さ
ま
 
身
体
を
お
拭
き
し
ま
す
 °
 
  
  
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °
こ
う
な
る
と
も
う
私
は
身
動
き
が
で
き
な
い
 °
  
を
抱
え
て
桶
の
底
に
座
り
  
予
想
し
て
い
た
こ
と
だ
っ
た
け
ど
 
そ
の
重
さ
に
耐
え
き
れ
ず
胸
  
  
 
き
ゃ
っ
 
  
  
に
の
し
か
か
っ
た
 °
  
今
ま
で
天
女
の
布
が
支
え
て
い
た
巨
大
な
胸
の
重
量
が
私
の
身
体
  
  
∧
ず
し
っ
∨
  
  
め
た
 °
  
き
大
き
な
乳
房
が
露
わ
に
な
る
 °
と
 
胸
が
急
に
重
く
な
り
は
じ
  
は
す
る
す
る
と
解
け
て
い
















   

  
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
 °
く
す
ぐ
っ
た
い
か
ら
や
め
な
さ
い
よ
 °
 
  
  
り
し
て
い
る
 °
  
し
た
り
頬
を
摺
り
寄
せ
た
  
召
使
い
た
ち
は
私
の
胸
を
ぺ
た
ぺ
た
と
触
り
 
ぽ
よ
ぽ
よ
と
揺
ら
  
  
 
ほ
ん
と
 °
ぽ
っ
ぺ
を
す
り
す
り
し
た
く
な
っ
ち
ゃ
い
ま
す
 °
 
  
ま
す
 °
 
  
 
と
っ
て
も
柔
ら
か
く
て
:
:
:
:
ず
っ
と
触
っ
て
い
た
く
な
り
  
  
召
使
い
か
ら
褒
め
ら
れ
て
少
し
得
意
に
な
る
 °
  
  
 
な
ん
て
大
き
い
ん
で
し
ょ
う
 °
ほ
れ
ぼ
れ
し
て
し
ま
い
ま
す
 °
 
  
 
マ
リ
ア
様
の
胸
 
す
て
き
で
す
わ
 °
 
  
  
せ
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
は
召
使
い
た
ち
に
身
を
任
  
れ
 
力
を
加
え
る
と
む
に
ゅ
ん
と
歪
む
 °
身
動
き
が
で
き
な
い
私
  
れ
る
と
ぽ
よ
ぽ
よ
と
揺
  
二
人
が
左
右
を
分
担
し
て
身
体
を
拭
い
て
く
れ
る
 °
手
が
胸
に
触

   

  
一
ヵ
月
ほ
ど
が
経
っ
た
あ
る
日
 
召
使
い
が
一
つ
の
書
状
を
持
っ
  
  
  
  
け
れ
ど
そ
れ
も
辞
め
て
し
ま
っ
た
 °
  
る
の
を
日
課
に
し
て
い
た
  
当
然
 
剣
を
振
る
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
朝
に
剣
の
鍛
錬
を
す
  
押
し
つ
ぶ
し
か
け
た
こ
と
も
あ
っ
た
 °
  
見
え
ず
に
召
使
い
を
胸
で
  
な
っ
て
し
ま
う
し
 
胸
が
邪
魔
で
扉
に
挟
ま
っ
た
り
 
前
が
よ
く
  
並
べ
る
ス
ペ
|
ス
が
な
く
  
食
堂
の
テ
|
ブ
ル
に
つ
く
と
胸
が
ど
っ
か
り
と
占
拠
し
て
食
事
を
  
ら
わ
な
い
と
い
け
な
い
 °
  
朝
は
一
人
じ
ゃ
起
き
ら
れ
な
い
し
 
服
を
着
る
の
も
手
伝
っ
て
も
  
日
常
生
活
は
不
便
に
な
っ
た
 °
  
  
わ
り
と
軽
く
な
っ
た
 °
  
に
着
け
た
 °
胸
が
ま
た
ふ
  
水
浴
び
が
終
わ
る
と
身
体
を
拭
い
て
も
ら
い
ま
た
天
女
の
布
を
身
  


























   

  
お
城
か
ら
の
招
待
は
と
て
も
光
栄
な
こ
と
だ
し
 
剣
の
腕
が
認
め
  
私
は
し
ば
ら
く
言
葉
を
失
っ
た
 °
  
  
近
衛
隊
長
 
ダ
イ
ン
 
  
た
し
 °
 
  
日
以
内
に
返
事
を
送
ら
れ
  
賓
た
ち
を
唸
ら
せ
る
よ
う
な
舞
を
披
露
し
て
い
た
だ
き
た
い
 °
  
リ
ア
国
の
代
表
と
し
て
来
  
日
頃
の
鍛
錬
を
欠
か
さ
ぬ
貴
公
ゆ
え
心
配
は
な
い
と
思
う
が
ロ
ブ
  
露
し
て
い
た
だ
き
た
い
 °
  
そ
こ
で
剣
士
と
し
て
名
高
い
マ
リ
ア
殿
に
王
の
御
前
で
剣
舞
を
披
  
を
開
く
 °
  
 
ひ
と
月
後
の
王
の
誕
生
日
に
各
国
の
王
族
を
招
き
盛
大
な
酒
宴
  
  
私
は
そ
の
手
紙
を
読
む
よ
う
に
命
じ
た
 °
  
  
に
と
:
:
:
:
 
  
 
先
ほ
ど
 
城
か
ら
の
使
い
の
者
が
来
ら
れ
て
こ
れ
を
マ
リ
ア
様
  
  
て
や
っ
て
き
た
 °



















   

  
使
い
に
城
下
町
に
あ
る
道
具
屋
を
片
っ
端
し
か
ら
訪
ね
さ
せ
よ
う
 °
  
て
い
た
 °
早
速
 
明
日
召
  
商
人
は
魔
法
道
具
屋
な
ら
修
理
が
で
き
る
か
も
し
れ
な
い
と
言
っ
  
き
る
 °
  
胸
を
あ
の
ブ
ラ
に
押
し
込
め
て
し
ま
え
ば
剣
舞
を
踊
る
こ
と
が
で
  
ろ
う
か
?
  
あ
れ
を
修
理
で
き
な
い
だ
  
す
ぐ
に
小
さ
く
見
せ
る
ブ
ラ
の
こ
と
が
頭
に
浮
か
ん
だ
 °
何
と
か
  
て
い
る
 °
  
よ
う
な
体
で
は
な
く
な
っ
  
私
は
茫
然
と
立
ち
尽
く
し
た
 °
今
の
私
は
人
前
で
剣
舞
を
踊
れ
る
  
  
 
な
ん
て
こ
と
:
:
:
:
 °
せ
っ
か
く
の
チ
ャ
ン
ス
な
の
に
 °
 
  
  
し
か
し
 
今
の
私
は
満
足
に
剣
を
振
る
こ
と
も
で
き
な
い
の
だ
 °
  
ス
も
あ
る
 °
  
取
り
立
て
ら
れ
る
チ
ャ
ン
  
王
様
 
そ
し
て
王
子
の
前
で
剣
舞
を
披
露
で
き
る
し
 
近
衛
兵
に
  
た
 °
  
ら
れ
た
こ
と
は
嬉
し
か
っ
















   

  
  
 
リ
 
リ
ン
ダ
!
?
 
  
  
 
あ
ら
?
お
久
し
ぶ
り
 °
胸
の
大
き
な
女
剣
士
さ
ん
?
 
  
  
す
る
し
か
な
か
っ
た
 °
  
剣
舞
の
日
は
刻
々
と
迫
っ
て
く
る
 °
こ
の
ま
ま
だ
と
招
待
を
辞
退
  
た
 °
  
と
い
う
知
ら
せ
は
な
か
っ
  
一
週
間
 
二
週
間
と
日
が
過
ぎ
た
が
道
具
屋
か
ら
ブ
ラ
が
直
っ
た
  
  
と
に
し
た
 °
直
る
か
ど
う
か
確
証
は
な
い
の
だ
け
れ
ど
 °
  
を
そ
の
道
具
屋
に
託
す
こ
  
道
具
屋
の
仲
間
に
聞
い
て
み
る
と
い
う
こ
と
で
私
は
ブ
ラ
の
修
理
  
見
つ
け
た
が
 
修
理
で
き
る
か
ど
う
か
わ
か
ら
な
い
と
い
う
 °
  
が
あ
る
と
い
う
道
具
屋
を
  
も
聞
い
た
こ
と
も
な
い
と
い
う
 °
何
と
か
昔
に
取
り
扱
っ
た
こ
と
  
珍
し
い
ブ
ラ
を
見
た
と
こ
  
次
の
日
 
い
く
つ
か
の
魔
法
道
具
屋
を
回
っ
て
も
ら
っ
た
が
そ
の
  


























   

  
  
話
し
た
 °
  
て
い
る
こ
と
を
リ
ン
ダ
に
  
私
は
城
か
ら
の
招
き
で
王
の
誕
生
日
に
剣
舞
を
踊
る
こ
と
に
な
っ
  
  
 
う
ん
 
実
は
:
:
:
:
 
  
  
 
ど
う
し
た
の
?
浮
か
な
い
顔
し
て
る
わ
ね
?
 
  
  
 
あ
ん
っ
 
こ
ら
 
ち
ょ
っ
と
!
 
  
  
ら
か
い
胸
の
感
触
を
確
か
め
た
 °
  
し
 
ぽ
よ
ん
ぽ
よ
ん
と
柔
  
リ
ン
ダ
は
挨
拶
代
わ
り
に
両
手
で
私
の
胸
を
持
ち
上
げ
て
は
降
ろ
  
  
:
:
 
  
 
相
変
わ
ら
ず
も
の
す
ご
い
お
っ
ぱ
い
ね
 °
ち
ょ
っ
と
触
ら
せ
て
  
  
た
 °
  
ま
た
し
て
も
屋
敷
の
警
備
を
す
り
抜
け
て
や
っ
て
き
た
よ
う
だ
っ

   

  
  
た
 °
  
柄
が
違
う
別
の
も
の
だ
っ
  
一
瞬
 
壊
れ
て
し
ま
っ
た
私
の
ブ
ラ
の
よ
う
に
見
え
た
が
 
少
し
  
  
 
え
っ
 
な
に
?
 
  
  
リ
ン
ダ
が
突
然
 
私
の
目
の
前
に
白
い
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
広
げ
た
 °
  
  
 
マ
リ
ア
?
こ
れ
 
な
|
ん
だ
?
 
  
  
じ
ゃ
剣
舞
は
踊
れ
な
い
:
:
:
:
 
  
な
い
と
こ
の
胸
の
ま
ま
  
 
そ
う
な
の
 °
剣
舞
の
日
は
近
づ
い
て
き
て
る
し
 
あ
れ
が
直
ら
  
  
ね
 °
 
  
ぱ
り
マ
リ
ア
だ
っ
た
の
  
人
が
い
る
っ
て
聞
い
た
か
ら
 
も
し
か
し
て
?
と
思
っ
た
ら
や
っ
  
修
理
を
訪
ね
回
っ
て
い
る
  
 
へ
|
 
な
る
ほ
ど
 °
ロ
ブ
ル
中
の
道
具
屋
に
不
思
議
な
ブ
ラ
の

   

  
て
た
 °
胸
の
大
き
さ
に
対
し
て
ブ
ラ
は
と
て
も
小
さ
い
 °
柔
ら
か
  
ブ
ラ
を
私
の
胸
に
押
し
当
  
二
人
は
そ
れ
ぞ
れ
バ
ン
ド
の
端
を
ぐ
い
っ
と
引
っ
張
り
な
が
ら
 
  
う
 °
  
使
い
に
手
伝
っ
て
も
ら
  
だ
 °
自
分
一
人
で
は
着
け
る
こ
と
が
で
き
な
い
の
で
リ
ン
ダ
と
召
  
は
そ
の
場
に
座
り
込
ん
  
天
女
の
布
の
結
び
目
を
解
く
と
胸
が
ず
っ
し
り
と
重
く
な
り
 
  
早
速
 
私
は
そ
れ
を
着
け
て
み
る
こ
と
に
し
た
 °
  
  
る
?
 
  
 
少
し
レ
|
ス
の
デ
ザ
イ
ン
が
違
う
け
ど
 
本
物
よ
 °
着
け
て
み
  
  
 
え
っ
 
ほ
 
本
当
に
?
小
さ
く
見
せ
る
ブ
ラ
な
の
?
 
  
  
め
だ
か
ら
ひ
と
肌
脱
い
だ
わ
け
 °
 
  
ほ
か
な
ら
ぬ
マ
リ
ア
の
た
  
通
じ
て
手
に
入
れ
た
の
よ
 °
結
構
な
手
数
料
を
取
ら
れ
た
け
ど
 
  
困
る
わ
 °
盗
賊
ギ
ル
ド
を
  
 
小
さ
く
見
せ
る
ブ
ラ
よ
 °
私
の
情
報
網
を
舐
め
て
も
ら
っ
ち
ゃ

   

  
 
ふ
ぅ
 °
成
功
ね
 °
 
  
  
ろ
で
留
め
金
を
止
め
た
 °
  
リ
ン
ダ
は
召
使
い
か
ら
も
う
一
つ
の
端
を
受
け
取
り
背
中
の
と
こ
  
  
 
止
ま
る
か
し
ら
?
 
  
  
後
ろ
に
回
っ
た
 °
  
る
 °
や
が
て
胸
が
か
な
り
小
さ
く
な
っ
て
く
る
と
リ
ン
ダ
は
私
の
  
た
せ
る
よ
う
に
し
て
い
  
胸
が
縮
む
の
に
合
わ
せ
て
二
人
は
ブ
ラ
を
引
っ
張
り
 
張
り
を
持
  
  
 
い
い
わ
よ
 °
そ
の
調
子
 °
全
部
収
ま
る
と
い
い
ん
だ
け
ど
:
:
 
  
  
め
た
 °
  
す
る
と
 
私
の
大
き
な
胸
は
少
し
ず
つ
し
ゅ
る
し
ゅ
る
と
縮
み
始
  
光
を
放
ち
始
め
た
 °
  
し
ば
ら
く
し
て
も
っ
と
小
さ
く
見
せ
る
ブ
ラ
は
ほ
の
か
な
青
白
い
  
が
食
い
込
ん
で
い
る
 °
  
な
乳
肉
に
ブ
ラ
の
バ
ン
ド
















   

  
ね
 °
だ
か
ら
あ
ま
り
ブ
ラ
を
酷
使
す
る
と
ま
た
留
め
具
が
壊
れ
ち
  
り
容
量
オ
|
バ
|
な
の
  
ブ
ラ
は
も
と
も
と
あ
な
た
の
胸
に
は
小
さ
す
ぎ
る
み
た
い
 °
つ
ま
  
い
こ
と
が
あ
る
わ
 °
そ
の
  
 
ど
う
い
た
し
ま
し
て
 °
で
も
 
一
つ
気
を
つ
け
な
き
ゃ
い
け
な
  
  
し
め
た
 °
  
私
は
嬉
し
さ
の
あ
ま
り
リ
ン
ダ
に
抱
き
つ
き
 
ぎ
ゅ
う
っ
と
抱
き
  
  
 
あ
り
が
と
う
!
!
恩
に
着
る
わ
 
リ
ン
ダ
 °
 
  
  
う
だ
 °
  
舞
を
踊
る
こ
と
が
で
き
そ
  
け
ど
胸
は
揺
れ
な
い
し
 
小
さ
く
軽
い
 °
こ
れ
で
心
置
き
な
く
剣
  
確
認
し
た
 °
少
し
苦
し
い
  
私
は
そ
の
場
で
ピ
ョ
ン
ピ
ョ
ン
飛
び
跳
ね
て
胸
の
収
ま
り
具
合
を
  
ら
み
に
変
わ
っ
て
い
た
 °
  
ズ
の
こ
ん
も
り
と
し
た
膨
  
見
下
ろ
す
と
胸
は
見
事
に
ブ
ラ
に
収
ま
っ
て
い
て
手
の
ひ
ら
サ
イ
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
の
だ
っ
た
 °
  
き
ゃ
 °
そ
う
心
に
決
め
た
  
最
高
の
演
技
を
見
せ
ら
れ
る
よ
う
に
し
っ
か
り
練
習
し
て
お
か
な
  
の
舞
を
披
露
す
る
こ
と
が
で
き
る
 °
  
の
前
で
思
い
切
り
私
の
剣
  
陰
で
一
気
に
吹
き
飛
ん
で
い
た
 °
こ
れ
で
王
様
 
そ
し
て
王
子
様
  
も
の
は
新
し
い
ブ
ラ
の
お
  
と
す
ぐ
に
屋
敷
か
ら
帰
っ
て
い
っ
た
 °
私
の
中
の
も
や
も
や
し
た
  
く
さ
か
っ
た
の
か
そ
の
あ
  
私
は
お
礼
を
渡
そ
う
と
し
た
が
彼
女
は
何
も
受
け
取
ら
ず
 
照
れ
  
  
 
う
ん
 
わ
か
っ
た
わ
 °
気
を
つ
け
る
 °
 
  
  
ゃ
う
か
も
し
れ
な
い
 °
 
















  > ≫