翌
日
 
マ
リ
ア
は
召
使
い
を
一
人
連
れ
て
ロ
ブ
ル
城
へ
と
や
っ
て
  
  
  
い
い
ん
だ
け
ど
 °
 
  
よ
う
 °
明
日
 
う
ま
く
い
く
と
  
 
は
あ
は
あ
:
:
:
:
 °
今
日
は
ゆ
っ
く
り
休
ん
で
明
日
に
備
え
  
  
だ
っ
た
 °
  
古
を
自
ら
に
課
し
た
の
  
て
し
ま
っ
て
い
た
の
だ
が
 
そ
れ
を
取
り
戻
す
た
め
の
激
し
い
稽
  
い
た
の
で
身
体
が
な
ま
っ
  
稽
古
も
で
き
ず
 
召
使
い
た
ち
に
か
し
ず
か
れ
て
生
活
を
送
っ
て
  
間
 
大
き
な
胸
の
せ
い
で
  
マ
リ
ア
は
こ
の
と
こ
ろ
練
習
に
明
け
暮
れ
て
い
た
 °
し
ば
ら
く
の
  
日
は
流
れ
 
剣
舞
を
披
露
す
る
前
日
に
な
っ
て
い
た
 °
  
  
 
え
い
っ
 
や
あ
っ
!
 
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
乳
神
様
の
洞
く
つ
 
1
1
















≪ <  

  
に
召
し
抱
え
ら
れ
る
可
能
性
も
あ
る
か
ら
だ
 °
マ
リ
ア
は
ダ
イ
ン
  
け
ば
夢
で
あ
っ
た
近
衛
隊
  
マ
リ
ア
は
少
し
緊
張
し
て
い
た
 °
も
し
今
日
の
仕
事
が
う
ま
く
い
  
じ
の
す
る
男
だ
っ
た
 °
  
も
た
た
き
上
げ
と
い
う
感
  
呼
ば
れ
る
ほ
ど
の
男
だ
が
見
た
目
は
若
々
し
く
 
精
悍
で
い
か
に
  
0
を
超
え
 
王
の
片
腕
と
  
マ
リ
ア
を
出
迎
え
た
の
は
近
衛
隊
長
の
ダ
イ
ン
だ
っ
た
 °
歳
は
5
  
  
 
や
あ
 
マ
リ
ア
殿
 °
よ
く
来
て
く
れ
た
 °
 
  
  
準
備
を
整
え
て
い
た
 °
  
ち
が
忙
し
そ
う
に
酒
宴
の
  
城
門
を
く
ぐ
り
 
剣
舞
を
踊
る
園
庭
へ
と
進
む
と
大
勢
の
侍
女
た
  
さ
ん
と
ま
っ
て
い
る
 °
  
な
い
美
し
い
馬
車
が
た
く
  
る
 °
外
国
か
ら
も
来
賓
が
や
っ
て
き
て
い
る
よ
う
で
見
た
こ
と
が
  
大
勢
の
人
で
賑
わ
っ
て
い
  
城
は
お
祭
り
ム
|
ド
で
き
ら
び
や
か
な
装
飾
が
な
さ
れ
て
お
り
 
  
き
た
 °























   

  
柄
は
き
ら
び
や
か
に
装
  
は
刃
が
つ
い
て
い
な
い
踊
り
専
用
の
も
の
で
鏡
の
よ
う
に
美
し
く
 
  
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
が
り
 
裾
の
切
れ
目
か
ら
彼
女
の
美
し
い
脚
が
ち
ら
り
と
見
え
る
  
た
よ
う
に
ス
カ
|
ト
が
広
  
し
く
装
飾
さ
れ
て
お
り
 
く
る
り
と
回
る
と
ふ
わ
り
と
花
が
咲
い
  
き
ら
き
ら
と
光
る
石
で
美
  
衣
装
は
踊
り
子
が
着
る
よ
う
な
絹
の
ド
レ
ス
で
瀟
洒
な
レ
|
ス
と
  
た
 °
  
く
り
と
荷
物
を
解
き
剣
舞
の
と
き
に
着
る
衣
装
と
剣
を
取
り
出
し
  
ふ
り
を
し
な
が
ら
 
ゆ
っ
  
い
つ
も
よ
り
心
臓
の
鼓
動
が
早
く
な
っ
て
い
る
の
に
気
づ
か
な
い
  
マ
リ
ア
は
そ
う
自
分
に
言
い
聞
か
せ
た
 °
  
  
 
い
よ
い
よ
ね
 °
最
高
の
演
技
を
見
せ
る
わ
よ
 °
 
  
  
る
ま
で
そ
こ
で
待
機
し
て
い
る
よ
う
に
と
指
示
が
あ
っ
た
 °
  
室
に
通
さ
れ
て
出
番
が
来
  
次
第
 
自
分
の
出
番
に
つ
い
て
説
明
を
受
け
た
 °
そ
の
あ
と
 
  
に
挨
拶
を
し
 
今
日
の
式
















   

  
と
突
き
刺
さ
っ
た
 °
  
何
の
気
な
し
に
召
使
い
の
言
っ
た
こ
と
が
マ
リ
ア
の
心
に
ぐ
さ
り
  
  
る
の
で
す
よ
 °
 
  
し
い
姫
様
 °
き
っ
と
王
子
は
あ
の
中
か
ら
将
来
の
お
妃
を
選
ば
れ
  
で
す
 °
い
ず
れ
劣
ら
ぬ
美
  
 
マ
リ
ア
様
 
王
子
の
周
り
に
座
っ
て
い
る
の
が
隣
国
の
姫
た
ち
  
  
召
使
い
が
マ
リ
ア
の
ド
レ
ス
を
引
っ
張
っ
て
言
っ
た
 °
  
し
い
姿
を
認
め
心
臓
の
鼓
動
が
高
鳴
っ
た
 °
  
た
 °
マ
リ
ア
は
そ
の
愛
お
  
そ
こ
か
ら
少
し
離
れ
た
と
こ
ろ
に
王
子
が
座
っ
て
い
る
の
が
見
え
  
ち
が
取
り
囲
ん
で
い
る
 °
  
王
と
王
妃
が
並
ん
で
座
り
 
そ
の
周
囲
を
大
臣
や
各
国
の
来
賓
た
  
わ
に
な
っ
て
い
る
様
子
が
伺
え
た
 °
  
く
る
と
 
酒
宴
が
た
け
な
  
マ
リ
ア
と
召
使
い
は
侍
女
の
後
に
つ
い
て
園
庭
の
脇
ま
で
や
っ
て
  
い
よ
い
よ
侍
女
が
呼
び
に
や
っ
て
き
た
 °
  
  
飾
さ
れ
て
い
た
 °



















   

  
く
 °
お
し
ゃ
べ
り
を
し
て
い
た
客
も
次
第
に
マ
リ
ア
の
演
技
か
ら
  
ド
レ
ス
が
優
雅
に
は
た
め
  
る
と
キ
ラ
リ
と
剣
先
が
光
り
 
身
体
を
く
る
り
と
回
転
さ
せ
る
と
  
め
た
 °
マ
リ
ア
が
剣
を
振
  
舞
を
踊
り
始
め
た
 °
観
客
た
ち
は
踊
り
を
舞
う
美
し
い
女
を
見
つ
  
の
手
を
滑
ら
か
に
振
り
 
  
マ
リ
ア
は
演
奏
に
合
わ
せ
て
剣
を
高
ら
か
に
上
げ
る
と
も
う
一
方
  
が
静
ま
り
 
マ
リ
ア
に
注
目
が
集
ま
る
 °
  
と
騒
が
し
か
っ
た
お
喋
り
  
し
ば
ら
く
す
る
と
静
か
に
弦
楽
器
の
演
奏
が
始
ま
る
 °
ざ
わ
ざ
わ
  
園
庭
の
中
央
ま
で
導
か
れ
て
王
の
前
で
深
々
と
一
礼
を
し
た
 °
  
い
よ
い
よ
マ
リ
ア
の
出
番
が
回
っ
て
き
た
 °
  
  
最
大
限
に
ア
ピ
|
ル
し
て
い
る
か
の
よ
う
に
み
え
た
 °
  
女
た
ち
が
王
子
に
魅
力
を
  
る
 °
ど
の
姫
も
あ
ふ
れ
ん
ば
か
り
の
豊
か
な
胸
を
し
て
お
り
 
  
し
げ
に
笑
い
か
け
て
い
  
を
身
に
着
け
胸
の
深
く
あ
い
た
美
し
い
ド
レ
ス
を
着
て
王
子
に
親
  
ち
は
き
ら
び
や
か
な
宝
石
  
王
子
は
周
り
の
姫
た
ち
と
楽
し
そ
う
に
談
笑
し
て
い
る
 °
彼
女
た

   

  
詰
め
て
そ
れ
を
見
守
っ
て
い
る
 °
  
に
見
せ
た
 °
観
客
は
息
を
  
い
う
自
信
が
マ
リ
ア
の
演
技
を
い
っ
そ
う
可
憐
に
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
  
う
ま
く
踊
れ
て
い
る
と
  
舞
が
終
盤
に
差
し
掛
か
り
 
マ
リ
ア
の
頬
に
は
汗
が
滴
っ
て
い
た
 °
  
マ
リ
ア
は
心
の
中
で
そ
う
つ
ぶ
や
き
な
が
ら
美
し
い
舞
を
踊
っ
た
 °
  
  
 
王
子
様
:
:
:
:
 °
私
の
最
高
の
演
技
を
あ
な
た
に
捧
げ
ま
す
 °
 
  
  
て
し
ま
う
の
だ
っ
た
 °
  
マ
リ
ア
が
時
々
王
子
の
顔
を
確
か
め
る
の
で
そ
の
度
に
目
が
合
っ
  
あ
っ
た
 °
  
の
中
に
は
王
子
の
も
の
も
  
全
て
の
観
客
た
ち
が
マ
リ
ア
の
舞
を
見
つ
め
て
い
た
 °
そ
の
視
線
  
れ
の
音
く
ら
い
し
か
聞
こ
え
な
く
な
っ
た
 °
  
剣
の
音
と
息
遣
い
 
衣
擦
  
園
庭
は
し
ん
と
静
ま
り
 
静
か
な
演
奏
の
ほ
か
は
マ
リ
ア
が
振
る
  
  
の
美
し
い
舞
を
息
を
の
ん
で
見
守
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
目
が
離
せ
な
く
な
り
 

   

  
∧
バ
チ
ン
!
∨
  
  
そ
う
思
っ
た
瞬
間
だ
っ
た
 °
  
  
ま
で
舞
を
演
じ
き
っ
た
 °
  
マ
リ
ア
は
背
中
を
気
に
し
な
が
ら
も
舞
を
続
け
 
よ
う
や
く
最
後
  
近
く
な
っ
て
い
た
 °
  
か
か
っ
て
い
た
 °
そ
し
て
そ
の
留
め
具
は
も
う
ほ
と
ん
ど
限
界
に
  
ラ
に
は
か
な
り
の
負
荷
が
  
こ
こ
数
日
 
激
し
い
練
習
を
重
ね
て
き
た
た
め
小
さ
く
見
せ
る
ブ
  
  
∧
お
願
い
!
こ
の
剣
舞
が
終
わ
る
ま
で
も
っ
て
!
∨
  
  
ブ
ラ
の
留
め
具
の
ギ
シ
ッ
と
軋
む
音
が
聞
こ
え
た
か
ら
だ
 °
  
た
 °
  
ど
の
小
さ
な
声
を
漏
ら
し
  
マ
リ
ア
は
背
中
に
少
し
変
な
感
触
を
覚
え
誰
に
も
聞
こ
え
な
い
ほ
  
  
∧
あ
っ
∨
  


























   

  
も
う
身
動
き
は
で
き
な
い
 °
  
り
込
ん
だ
 °
こ
う
な
る
と
  
マ
リ
ア
は
ず
っ
し
り
を
重
い
乳
房
を
抱
え
き
れ
ず
そ
の
場
に
へ
た
  
き
れ
な
い
 °
  
と
す
る
も
両
手
で
は
抑
え
  
大
き
な
胸
が
は
だ
け
て
露
わ
に
な
り
 
マ
リ
ア
は
そ
れ
を
隠
そ
う
  
に
大
き
く
膨
ら
ん
だ
 °
  
ド
レ
ス
の
拘
束
を
破
っ
て
巨
大
な
乳
房
が
一
気
に
あ
ふ
れ
出
し
前
  
  
∧
ボ
イ
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
ン
!
!
!
∨
  
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
っ
!
 
だ
 
だ
め
っ
!
 
  
  
な
い
力
で
そ
れ
を
ビ
リ
ビ
リ
と
破
く
 °
  
さ
せ
て
か
ら
 
と
て
つ
も
  
気
に
膨
ら
み
は
じ
め
 
美
し
い
絹
の
ド
レ
ス
を
窮
屈
に
張
り
詰
め
  
え
ら
れ
て
い
た
乳
房
が
一
  
胸
を
き
つ
く
締
め
付
け
て
い
た
力
が
ふ
っ
と
抜
け
る
 °
ブ
ラ
に
抑
  
と
う
と
う
ブ
ラ
の
留
め
具
が
耐
え
切
れ
ず
に
崩
壊
し
た
の
だ
 °
  


























   

  
  
 
我
々
の
国
に
も
こ
こ
ま
で
大
き
い
も
の
は
お
ら
ん
 
  
 
む
ほ
お
っ
 °
な
ん
と
豊
満
な
:
:
 
  
 
ロ
ブ
リ
ア
に
は
こ
ん
な
乳
の
娘
が
い
る
の
か
 
  
  
る
 °
  
そ
の
様
子
に
驚
い
て
い
  
外
国
か
ら
の
来
賓
た
ち
も
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
と
お
互
い
目
を
合
わ
せ
  
  
 
な
ん
て
巨
大
な
乳
な
ん
だ
!
 
  
 
で
っ
 
で
か
い
!
?
 
  
 
お
お
|
|
っ
 
  
  
見
守
っ
て
い
た
人
た
ち
が
騒
然
と
な
る
 °
  
  
 
早
く
そ
の
者
を
何
と
か
せ
よ
!
 
  
 
王
の
前
で
 
け
 
け
し
か
ら
ん
!
?
 
  
 
な
 
な
ん
だ
!
?
 
  
  


























   

  
  
  
  
  
園
庭
で
は
し
ば
ら
く
ど
よ
め
き
が
収
ま
ら
な
か
っ
た
 °
  
退
場
し
た
 °
  
手
を
引
か
れ
て
園
庭
か
ら
  
マ
リ
ア
は
恥
ず
か
し
さ
か
ら
ず
っ
と
下
を
向
い
た
ま
ま
召
使
い
に
  
る
 °
  
ん
ふ
わ
ん
と
上
下
に
揺
れ
  
召
使
い
は
マ
リ
ア
の
手
を
引
い
て
立
た
せ
た
 °
巨
大
な
胸
が
ふ
わ
  
  
 
マ
リ
ア
さ
ま
!
こ
ち
ら
へ
!
 
  
  
完
全
に
包
ん
で
し
ま
う
と
ふ
わ
り
と
浮
い
た
よ
う
に
な
る
 °
  
り
つ
く
 °
そ
う
し
て
胸
を
  
布
が
青
白
い
光
を
放
ち
な
が
ら
広
が
り
 
マ
リ
ア
の
胸
に
ま
と
わ
  
広
げ
た
 °
  
彼
女
は
機
転
を
利
か
せ
て
持
っ
て
き
て
い
た
天
女
の
布
を
サ
ッ
と
  
マ
リ
ア
の
召
使
い
が
主
人
の
元
へ
と
駆
け
寄
っ
て
き
た
 °




   

  
も
ら
う
と
い
う
マ
リ
ア
の
夢
も
潰
え
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
近
衛
兵
に
召
し
抱
え
て
  
て
も
ど
う
や
っ
て
こ
の
国
で
暮
ら
せ
ば
い
い
の
だ
ろ
う
か
 °
当
然
 
  
牢
屋
か
ら
出
て
き
た
と
し
  
の
だ
か
ら
少
な
く
と
も
牢
屋
に
は
投
獄
さ
れ
る
だ
ろ
う
 °
た
と
え
  
面
目
を
潰
し
て
し
ま
っ
た
  
ロ
ブ
リ
ア
王
の
誕
生
日
の
祝
い
だ
っ
た
と
い
う
の
に
完
全
に
王
の
  
の
だ
 °
  
胸
を
さ
ら
し
て
し
ま
っ
た
  
王
と
王
子
 
そ
れ
か
ら
た
く
さ
ん
の
王
族
や
来
賓
の
眼
前
で
裸
の
  
た
め
息
し
か
出
な
か
っ
た
 °
  
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
 
  
  
っ
た
 °
  
し
ば
ら
く
自
宅
で
謹
慎
す
る
よ
う
に
言
わ
れ
て
帰
っ
て
き
た
の
だ
  
て
処
分
を
言
い
渡
す
の
で
  
あ
の
後
 
近
衛
隊
長
の
ダ
イ
ン
か
ら
厳
し
い
叱
責
を
受
け
 
追
っ
  
あ
え
い
で
い
た
 °
  
剣
舞
で
大
失
態
を
犯
し
て
し
ま
っ
た
マ
リ
ア
は
失
意
の
ど
ん
底
に

   

  
王
子
は
小
さ
い
こ
ろ
マ
リ
ア
の
こ
と
を
小
さ
い
マ
リ
ア
と
呼
ん
で
  
  
 
は
い
 °
 
  
  
た
ん
だ
ね
?
 
  
 
マ
リ
ア
 °
あ
あ
 
や
っ
ぱ
り
キ
ミ
は
あ
の
小
さ
い
マ
リ
ア
だ
っ
  
  
 
お
 
王
子
さ
ま
!
 
  
  
高
い
男
だ
っ
た
 °
  
し
い
顔
立
ち
を
し
た
背
の
  
し
か
し
 
そ
こ
に
立
っ
て
い
た
の
は
使
者
で
は
な
く
 
金
髪
の
美
  
け
た
 °
  
ア
は
自
ら
玄
関
の
扉
を
開
  
召
使
い
か
ら
城
か
ら
の
使
者
が
来
た
と
の
連
絡
を
受
け
て
 
マ
リ
  
  
リ
ア
に
処
分
が
言
い
渡
さ
れ
る
の
だ
 °
  
止
ま
っ
た
 °
と
う
と
う
マ
  
そ
ん
な
こ
と
を
考
え
て
い
る
う
ち
に
屋
敷
の
前
に
一
台
の
馬
車
が
  


























   

  
の
本
人
か
ら
自
分
の
処
分
を
言
い
渡
さ
れ
る
の
だ
 °
  
で
き
た
の
に
マ
リ
ア
は
そ
  
な
ん
と
い
う
こ
と
だ
ろ
う
 °
せ
っ
か
く
憧
れ
の
人
と
会
う
こ
と
が
  
  
た
ん
だ
 °
 
  
 
で
も
 
今
日
は
キ
ミ
に
あ
の
出
来
事
の
処
分
を
言
い
渡
し
に
来
  
  
王
子
の
顔
を
見
る
こ
と
も
で
き
な
か
っ
た
 °
  
な
っ
た
 °
恥
ず
か
し
く
て
  
憧
れ
の
王
子
に
美
し
い
と
言
わ
れ
マ
リ
ア
は
頭
の
中
が
真
っ
白
に
  
  
な
美
し
い
女
性
に
な
っ
て
い
る
な
ん
て
思
わ
な
か
っ
た
よ
 °
 
  
た
マ
リ
ア
が
ま
さ
か
こ
ん
  
 
城
の
庭
で
よ
く
遊
ん
だ
の
を
覚
え
て
い
る
よ
 °
で
も
小
さ
か
っ
  
  
マ
リ
ア
は
そ
う
呼
ば
れ
て
す
ご
く
懐
か
し
く
感
じ
た
 °
  
そ
う
呼
ん
で
い
た
の
だ
ろ
う
 °
  
リ
ア
と
区
別
す
る
た
め
に
  
マ
リ
ア
と
い
う
名
前
は
あ
り
ふ
れ
た
名
前
だ
か
ら
き
っ
と
他
の
マ
  
い
た
 °























   

  
姿
が
目
に
留
ま
っ
た
 °
  
よ
う
に
思
え
た
ん
だ
 °
そ
ん
な
と
き
 
剣
舞
を
踊
る
可
憐
な
君
の
  
僕
に
は
そ
の
誰
も
が
同
じ
  
た
ん
だ
 °
外
国
の
美
し
い
姫
た
ち
が
僕
に
紹
介
さ
れ
た
け
れ
ど
 
  
よ
う
王
か
ら
言
わ
れ
て
い
  
 
僕
は
こ
の
前
の
祝
宴
に
参
加
し
て
い
た
姫
の
中
か
ら
妃
を
選
ぶ
  
  
し
ば
ら
く
沈
黙
の
時
間
が
流
れ
た
 °
  
  
 
で
 
で
も
:
:
:
:
 
  
  
 
結
婚
し
て
ほ
し
い
 °
 
  
  
王
子
の
言
っ
た
言
葉
が
マ
リ
ア
に
は
信
じ
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
  
 
え
え
っ
?
 
  
  
し
て
 °
 
  
 
キ
ミ
は
こ
れ
か
ら
ず
っ
と
城
で
暮
ら
し
て
も
ら
う
 °
私
の
妃
と
  


























   

  
ア
は
王
子
に
エ
ス
コ
|
ト
  
王
子
は
マ
リ
ア
の
手
を
握
り
 
馬
車
に
乗
る
よ
う
促
し
た
 °
マ
リ
  
  
に
乗
る
ん
だ
 °
 
  
 
で
は
 °
キ
ミ
を
こ
れ
か
ら
城
へ
と
連
れ
て
い
く
 °
さ
あ
 
馬
車
  
  
マ
リ
ア
は
う
つ
む
い
た
ま
ま
小
さ
な
声
で
返
事
を
し
た
 °
  
  
 
は
い
:
:
:
:
喜
ん
で
 °
 
  
  
 
受
け
て
く
れ
る
か
い
?
 
  
  
 
王
子
様
:
:
:
:
 
  
  
ん
だ
 °
 
  
残
っ
て
い
る
 °
そ
の
瞬
間
 
僕
は
キ
ミ
を
妃
に
し
よ
う
と
決
め
た
  
さ
い
マ
リ
ア
の
面
影
が
  
え
が
あ
る
よ
う
な
気
が
し
た
ん
だ
 °
よ
く
よ
く
顔
を
眺
め
る
と
小
  
ア
と
聞
い
て
何
か
聞
き
覚
  
侍
女
に
あ
れ
は
誰
か
と
聞
く
と
君
の
名
を
教
え
て
く
れ
た
 °
マ
リ

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
E
N
D
  
  
馬
車
は
ゆ
っ
く
り
と
ロ
ブ
ル
城
を
目
指
し
て
動
き
始
め
た
 °
  
  
を
滑
り
込
ま
せ
て
マ
リ
ア
の
横
に
座
っ
た
 °
  
王
子
は
そ
の
隙
間
に
体
  
ほ
と
ん
ど
マ
リ
ア
の
巨
大
な
胸
で
ぎ
ゅ
う
ぎ
ゅ
う
詰
め
に
な
っ
た
 °
  
む
と
車
内
の
ス
ペ
|
ス
は
  
さ
れ
 
豪
華
な
二
頭
立
て
の
馬
車
へ
導
か
れ
た
 °
馬
車
に
乗
り
込

  > ≫