で
あ
っ
た
 °
  
い
る
の
を
聞
く
と
か
な
り
の
ペ
|
ス
で
成
長
を
続
け
て
い
る
よ
う
  
つ
上
が
っ
た
と
か
言
っ
て
  
の
は
確
か
だ
っ
た
 °
ブ
ラ
が
き
つ
く
な
っ
た
と
か
 
サ
イ
ズ
が
一
  
順
調
に
成
長
し
て
い
る
  
た
 °
毎
日
彼
女
の
乳
に
触
れ
て
い
る
の
で
気
づ
き
に
く
い
の
だ
が
 
  
脂
肪
が
蓄
積
さ
れ
て
い
っ
  
お
か
げ
で
彼
女
の
バ
ス
ト
は
さ
ら
に
乳
腺
が
発
達
し
 
効
率
よ
く
  
眠
り
に
落
ち
て
し
ま
う
 °
  
だ
 °
夜
 
俺
が
マ
ッ
サ
|
ジ
を
し
て
い
る
と
た
い
て
い
そ
の
ま
ま
  
ど
に
と
れ
て
い
る
よ
う
  
な
し
た
 °
相
変
わ
ら
ず
食
欲
は
旺
盛
で
 
睡
眠
も
十
分
す
ぎ
る
ほ
  
文
句
ひ
と
つ
言
わ
ず
に
こ
  
朝
起
き
て
マ
ッ
サ
|
ジ
か
ら
始
め
る
一
日
の
メ
ニ
ュ
|
を
彼
女
は
  
こ
こ
で
の
生
活
環
境
は
彼
女
に
と
て
も
合
っ
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
  
9
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
育
乳
学
園






















≪ <  

  
に
測
っ
て
ま
し
た
が
 
こ
こ
に
来
て
か
ら
は
測
ら
れ
な
く
な
っ
て
  
に
い
る
時
は
サ
イ
ズ
を
こ
ま
め
  
 
そ
れ
が
:
:
:
:
 °
私
に
も
よ
く
わ
か
ら
な
い
ん
で
す
 °
学
園
  
  
 
そ
う
だ
っ
た
か
 
す
ご
い
ね
 °
何
カ
ッ
プ
に
な
っ
た
ん
だ
い
?
 
  
  
 
三
度
目
で
す
 °
 
  
  
 
ま
た
上
が
っ
た
の
か
い
?
こ
こ
に
来
て
二
度
目
だ
ね
 °
 
  
  
す
っ
ぽ
り
と
覆
う
フ
ル
カ
ッ
プ
の
純
白
の
ブ
ラ
だ
 °
  
彼
女
の
大
き
な
胸
を
  
そ
う
言
っ
て
日
課
の
マ
ッ
サ
|
ジ
の
時
に
ブ
ラ
を
見
せ
て
く
れ
た
 °
  
  
す
 °
 
  
を
合
わ
せ
て
く
れ
た
ん
で
  
 
今
日
の
昼
間
に
フ
ィ
ッ
タ
|
さ
ん
が
や
っ
て
き
て
新
し
い
ブ
ラ
  
  
た
 °
  
お
お
よ
そ
一
カ
月
が
経
っ
て
 
胸
は
一
段
と
大
き
さ
を
増
し
て
い

   

  
に
な
る
 °
  
だ
と
す
れ
ば
予
想
を
上
回
る
ペ
|
ス
で
成
長
が
進
ん
で
い
る
こ
と
  
の
は
間
違
い
な
さ
そ
う
だ
 °
  
セ
ン
チ
台
の
半
ば
で
あ
る
  
り
 
俺
の
目
測
と
ブ
ラ
を
三
回
替
え
た
と
い
う
こ
と
か
ら
1
3
0
  
実
に
大
き
さ
を
増
し
て
お
  
正
確
な
数
字
は
わ
か
ら
な
い
が
彼
女
の
バ
ス
ト
は
し
っ
か
り
と
着
  
い
 °
結
果
は
後
で
付
い
て
く
る
か
ら
と
い
う
こ
と
ら
し
い
 °
  
に
こ
だ
わ
っ
て
は
い
け
な
  
の
指
示
で
関
係
者
に
徹
底
さ
れ
て
い
る
 °
数
字
や
カ
ッ
プ
サ
イ
ズ
  
し
い
 °
こ
れ
は
真
壁
か
ら
  
盛
り
の
書
か
れ
て
な
い
紐
を
使
っ
て
サ
イ
ズ
を
確
認
し
て
い
る
ら
  
メ
ジ
ャ
|
で
は
な
く
 
  
フ
ィ
ッ
タ
|
が
彼
女
の
ブ
ラ
の
フ
ィ
ッ
テ
ィ
ン
グ
を
す
る
と
き
は
  
  
ミ
の
胸
の
測
定
は
禁
止
さ
れ
て
い
る
ん
だ
 °
 
  
ら
し
い
 °
俺
に
だ
っ
て
キ
  
 
あ
あ
 °
そ
れ
は
数
字
で
一
喜
一
憂
し
な
い
よ
う
に
と
い
う
配
慮
  
  
し
ま
っ
て
:
:
:
:
 °
 
















   

  
  
え
が
あ
る
ら
し
か
っ
た
 °
  
い
切
っ
た
 °
彼
な
り
の
考
  
そ
の
こ
と
を
俺
は
真
壁
に
言
っ
た
が
 
彼
は
全
く
問
題
な
い
と
言
  
し
ま
う
の
だ
ろ
う
か
と
心
配
だ
っ
た
 °
  
ヶ
月
続
け
ば
ど
う
な
っ
て
  
今
ぐ
ら
い
な
ら
ま
だ
健
康
的
と
い
え
る
範
囲
だ
が
こ
れ
が
あ
と
二
  
ま
る
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
も
一
回
り
大
き
く
な
り
 
太
も
も
の
間
に
も
み
っ
ち
り
と
肉
が
つ
  
膨
ら
ん
で
い
る
 °
ヒ
ッ
プ
  
ウ
エ
ス
ト
に
は
柔
ら
か
い
脂
肪
の
層
が
つ
き
 
お
腹
は
ぽ
よ
ん
と
  
彼
女
で
も
そ
う
う
ま
く
は
い
か
な
い
 °
  
育
に
抜
群
の
適
正
を
も
つ
  
れ
が
全
て
胸
に
蓄
積
さ
れ
れ
る
な
ら
ば
問
題
な
い
が
 
い
く
ら
肥
  
余
剰
に
な
っ
て
い
る
 °
  
で
昼
寝
や
睡
眠
の
多
い
生
活
を
過
ご
す
た
め
か
な
り
カ
ロ
リ
|
が
  
軽
い
運
動
を
す
る
ぐ
ら
い
  
ふ
く
よ
か
に
な
っ
た
こ
と
だ
 °
一
日
三
食
を
た
っ
ぷ
り
と
食
べ
 
  
で
胸
以
外
の
部
分
も
少
し
  
し
か
し
 
一
つ
気
に
か
か
っ
て
い
る
こ
と
が
あ
る
 °
こ
の
一
ヶ
月

   

  
も
う
ま
い
が
た
ま
に
は
外
で
食
べ
る
の
も
い
い
だ
ろ
う
 °
彼
女
は
  
に
な
っ
た
 °
こ
こ
の
食
事
  
豊
丘
市
の
市
街
地
ま
で
出
て
ラ
ン
チ
で
も
食
べ
よ
う
と
い
う
こ
と
  
モ
ア
に
女
心
が
わ
か
っ
て
い
な
い
と
叱
ら
れ
そ
う
だ
っ
た
 °
  
ぐ
に
後
悔
し
た
 °
高
島
ト
  
た
よ
う
だ
 °
そ
れ
な
ら
も
っ
と
早
く
誘
え
ば
よ
か
っ
た
と
俺
は
す
  
る
の
を
心
待
ち
に
し
て
い
  
國
場
ゆ
う
こ
は
立
ち
上
が
っ
て
喜
ん
だ
 °
ど
う
や
ら
誘
っ
て
く
れ
  
  
 
え
え
っ
!
本
当
で
す
か
ぁ
 °
 
  
  
  
い
か
?
と
誘
っ
て
み
た
 °
  
グ
で
退
屈
そ
う
に
し
て
い
る
の
を
見
て
俺
は
ど
こ
か
に
出
か
け
な
  
し
か
し
 
彼
女
が
リ
ビ
ン
  
書
類
を
処
理
し
な
く
て
は
な
ら
ず
遊
び
に
行
く
暇
は
な
か
っ
た
 °
  
し
か
し
 
溜
ま
っ
て
い
る
  
日
曜
日
は
ク
リ
ニ
ッ
ク
が
休
診
の
た
め
仕
事
に
は
出
掛
け
な
い
 °
  
  
*

























   

  
  
品
に
ま
と
め
ら
れ
て
お
り
 
ど
こ
か
ら
見
て
も
良
い
お
嬢
さ
ん
だ
 °
  
象
が
違
う
 °
全
体
的
に
上
  
紺
色
で
ひ
ざ
が
見
え
る
程
度
の
長
さ
だ
 °
普
段
の
彼
女
と
ま
た
印
  
の
か
か
っ
た
ス
カ
|
ト
は
  
に
細
か
い
花
柄
の
カ
|
デ
ィ
ガ
ン
を
羽
織
っ
て
い
る
 °
ド
レ
|
ブ
  
淡
い
青
紫
色
の
ト
ッ
プ
ス
  
ア
ッ
プ
に
結
い
上
げ
た
 
耳
に
は
イ
ア
リ
ン
グ
が
光
っ
て
い
る
 °
  
る
の
が
見
え
た
 °
髪
を
  
ふ
と
新
聞
か
ら
目
を
上
げ
る
と
支
度
を
終
え
た
彼
女
が
や
っ
て
く
  
か
ら
仕
方
が
な
い
と
諦
め
て
新
聞
や
雑
誌
に
目
を
通
し
て
い
た
 °
  
か
か
る
の
は
女
子
の
常
だ
  
國
場
ゆ
う
こ
は
な
か
な
か
現
れ
な
か
っ
た
 °
お
し
ゃ
れ
に
時
間
が
  
  
準
備
を
し
て
リ
ビ
ン
グ
で
待
つ
こ
と
に
し
た
 °
  
い
っ
た
 °
俺
も
出
か
け
る
  
そ
う
と
決
ま
る
と
彼
女
は
身
支
度
を
す
る
た
め
部
屋
へ
と
駆
け
て
  
ろ
ん
オ
ッ
ケ
|
だ
 °
  
る
ら
し
く
つ
い
て
き
て
も
ら
っ
て
も
い
い
か
俺
に
尋
ね
た
 °
も
ち
  
買
い
物
し
た
い
も
の
が
あ
















   

  
が
 
周
囲
に
は
高
級
住
宅
街
が
あ
り
レ
ス
ト
ラ
ン
の
選
択
肢
は
多
  
の
人
は
少
な
め
で
あ
っ
た
  
豊
丘
は
峯
山
に
比
べ
れ
ば
小
さ
な
町
で
あ
る
 °
そ
の
た
め
市
街
地
  
に
し
た
 °
  
ラ
ン
を
探
し
て
歩
く
こ
と
  
俺
た
ち
は
豊
丘
の
駅
ま
で
車
で
送
っ
て
も
ら
い
そ
こ
か
ら
レ
ス
ト
  
  
か
っ
た
 °
  
ン
は
止
ま
り
そ
う
で
は
な
  
デ
ィ
ガ
ン
の
ボ
タ
ン
は
止
め
ら
れ
て
い
な
い
 °
ど
う
み
て
も
ボ
タ
  
張
り
出
し
て
お
り
 
カ
|
  
大
き
な
胸
の
膨
ら
み
が
ぽ
よ
ん
と
弾
む
 °
シ
ャ
ツ
は
大
き
く
前
に
  
彼
女
は
目
を
き
ら
き
ら
輝
か
せ
て
俺
を
見
つ
め
た
 °
  
  
い
で
す
 °
 
  
 
え
へ
っ
 
や
た
ぁ
!
先
生
に
褒
め
ら
れ
ち
ゃ
う
な
ん
て
!
嬉
し
  
  
つ
い
見
た
ま
ま
の
感
想
が
口
か
ら
出
て
し
ま
っ
た
 °
  
  
 
か
わ
い
い
:
:
:
:
 
















   

  
俺
も
も
っ
と
彼
女
を
気
遣
っ
て
歩
く
べ
き
だ
っ
た
 °
俺
は
彼
女
の
  
い
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
胸
が
大
き
す
ぎ
る
せ
い
で
足
元
が
よ
く
見
え
ず
 
低
い
段
差
に
躓
  
  
 
あ
 
は
い
 °
す
み
ま
せ
ん
 °
 
  
  
 
大
丈
夫
か
い
?
 
  
  
け
た
 °
  
を
俺
が
腕
を
つ
か
ん
で
助
  
突
然
 
彼
女
が
躓
い
て
前
に
つ
ん
の
め
り
そ
う
に
な
っ
た
と
こ
ろ
  
  
 
あ
っ
!
 
  
  
問
わ
ず
視
線
を
集
め
て
い
た
 °
  
っ
て
し
ま
う
よ
う
で
男
女
  
目
の
端
に
映
る
 °
す
れ
違
う
人
た
ち
も
彼
女
の
巨
乳
に
は
目
が
行
  
に
並
ん
で
い
る
と
そ
れ
が
  
彼
女
の
大
き
な
胸
は
歩
く
だ
け
で
ゆ
さ
っ
 
ゆ
さ
っ
と
揺
れ
 
  
か
っ
た
 °






















   

  
富
な
シ
ョ
ッ
プ
を
予
め
選
  
彼
女
の
胸
に
合
う
服
は
な
か
な
か
な
く
 
バ
リ
エ
|
シ
ョ
ン
が
豊
  
う
だ
っ
た
 °
と
い
う
の
も
  
彼
女
が
買
い
物
し
た
い
も
の
は
洋
服
で
も
う
店
は
決
め
て
あ
る
よ
  
  
量
を
控
え
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
っ
た
 °
外
な
の
で
食
べ
る
  
が
大
丈
夫
だ
ろ
う
か
と
思
っ
た
が
 
も
う
十
分
だ
と
い
う
こ
と
だ
  
も
明
ら
か
に
量
が
少
な
い
  
て
俺
た
ち
は
黙
々
と
そ
れ
ら
を
食
べ
た
 °
い
つ
も
の
肥
育
食
よ
り
  
料
理
が
順
に
運
ば
れ
て
き
  
ペ
ア
ラ
ン
チ
セ
ッ
ト
を
注
文
し
 
サ
ラ
ダ
 
パ
ス
タ
と
ピ
ザ
 
  
け
た
 °
  
と
い
つ
も
の
よ
う
に
テ
|
ブ
ル
の
縁
に
巨
乳
を
の
し
っ
と
寄
せ
か
  
た
 °
椅
子
に
腰
を
か
け
る
  
レ
ス
ト
ラ
ン
に
入
っ
て
も
彼
女
の
胸
は
大
勢
の
人
の
注
目
を
浴
び
  
こ
に
入
る
こ
と
に
し
た
 °
  
俺
た
ち
は
一
軒
の
イ
タ
リ
ア
ン
レ
ス
ト
ラ
ン
の
前
で
足
を
止
め
そ
  
恥
ず
か
し
が
っ
て
顔
を
赤
ら
め
た
 °
  
手
を
引
い
て
歩
き
だ
す
と
















   

  
ラ
ン
チ
の
量
が
全
然
足
り
  
き
い
パ
フ
ェ
を
一
人
で
ぺ
ろ
り
と
食
べ
て
し
ま
っ
た
 °
お
そ
ら
く
  
は
び
っ
く
り
す
る
ほ
ど
大
  
買
い
物
の
後
は
カ
フ
ェ
に
入
り
俺
は
コ
|
ヒ
|
を
頼
ん
だ
 °
彼
女
  
  
な
と
思
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
な
い
だ
ろ
う
 °
傍
か
ら
見
れ
ば
完
全
に
援
助
交
際
の
お
じ
さ
ん
だ
  
は
払
わ
な
い
訳
に
は
い
か
  
で
支
払
っ
た
 °
彼
女
は
と
て
も
遠
慮
し
た
が
 
大
人
の
男
と
し
て
  
っ
た
洋
服
を
俺
が
カ
|
ド
  
服
は
胸
の
と
こ
ろ
は
余
裕
が
な
さ
そ
う
だ
っ
た
 °
よ
う
や
く
決
ま
  
余
裕
が
あ
り
そ
う
だ
っ
た
  
え
は
決
め
手
に
な
ら
な
か
っ
た
よ
う
だ
 °
試
着
を
す
る
と
か
な
り
  
っ
た
よ
う
で
結
局
俺
の
答
  
訊
く
の
で
良
い
と
思
っ
た
方
を
言
っ
た
が
答
え
が
気
に
入
ら
な
か
  
ち
ら
が
い
い
で
す
か
?
と
  
入
っ
た
服
を
見
つ
け
た
よ
う
で
ど
れ
に
す
る
か
悩
ん
で
い
る
 °
  
始
め
た
 °
い
く
つ
か
気
に
  
店
に
入
る
と
彼
女
は
あ
れ
こ
れ
と
手
に
取
り
な
が
ら
洋
服
を
選
び
  
ん
で
い
た
 °





















   

  
 
も
う
・
・
・
ま
た
 
洋
服
が
入
ら
な
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
で
す
  
  
ぎ
 
彼
女
の
バ
ス
ト
は
ま
た
一
段
と
大
き
く
成
長
し
て
い
た
 °
  
の
生
活
が
約
二
ヶ
月
過
  
大
き
な
膨
ら
み
は
ど
こ
に
行
っ
て
も
目
立
っ
て
し
ま
う
 °
こ
こ
で
  
け
で
ユ
サ
ユ
サ
と
揺
れ
る
  
一
つ
難
点
は
彼
女
の
胸
が
注
目
を
浴
び
す
ぎ
る
こ
と
で
 
歩
く
だ
  
よ
う
で
 
も
ち
ろ
ん
俺
も
正
直
な
と
こ
ろ
楽
し
か
っ
た
 °
  
デ
|
ト
を
し
て
い
る
か
の
  
じ
さ
ん
と
並
ん
で
歩
い
て
も
彼
女
は
楽
し
そ
う
だ
っ
た
 °
ま
る
で
  
な
っ
た
 °
俺
の
よ
う
な
お
  
こ
の
よ
う
に
日
曜
日
は
彼
女
と
ど
こ
か
へ
出
か
け
る
こ
と
が
多
く
  
  
*
  
  
っ
た
 °
  
の
マ
ッ
サ
|
ジ
を
始
め
る
と
す
ぐ
彼
女
は
眠
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
  
れ
た
よ
う
で
俺
が
い
つ
も
  
俺
た
ち
が
戻
っ
て
き
た
の
は
夕
暮
れ
時
だ
っ
た
 °
か
な
り
歩
き
疲
  
な
か
っ
た
の
だ
ろ
う
 °

















   

  
え
る
ボ
リ
ュ
|
ム
に
な
っ
て
お
り
 
も
う
1
4
0
セ
ン
チ
を
超
え
  
ン
チ
の
北
前
ま
り
か
を
超
  
ト
は
爆
発
的
な
成
長
を
続
け
て
い
る
 °
い
つ
の
間
に
か
1
3
8
セ
  
特
に
優
れ
た
彼
女
の
バ
ス
  
眠
 
こ
れ
に
俺
の
マ
ッ
サ
|
ジ
の
技
術
が
加
わ
り
 
肥
育
適
正
に
  
な
運
動
と
た
っ
ぷ
り
の
睡
  
規
則
正
し
い
生
活
 
脂
肪
分
た
っ
ぷ
り
の
美
味
し
い
食
事
 
軽
度
  
俺
は
予
想
を
超
え
る
育
乳
効
果
に
驚
い
て
い
た
 °
  
  
く
な
っ
て
し
ま
う
の
だ
 °
  
つ
け
て
買
っ
て
も
急
成
長
す
る
バ
ス
ト
の
せ
い
で
ま
た
着
ら
れ
な
  
よ
う
や
く
合
う
服
を
見
  
ブ
と
し
て
不
格
好
に
見
え
る
か
の
ど
ち
ら
か
の
こ
と
が
多
か
っ
た
 °
  
入
っ
て
も
全
体
が
ダ
ブ
ダ
  
な
か
な
か
置
い
て
お
ら
ず
 
胸
が
き
つ
く
て
入
ら
な
い
か
 
胸
が
  
が
彼
女
の
胸
に
合
う
服
は
  
彼
女
も
普
通
の
女
の
子
と
同
じ
く
洋
服
を
買
う
の
が
好
き
だ
っ
た
  
  
ち
ゃ
う
 °
 
  
よ
ぉ
 °
ほ
ん
と
嫌
に
な
っ
















   

  
学
校
指
定
の
ス
ク
|
ル
水
着
が
彼
女
の
胸
に
合
う
よ
う
特
注
サ
イ
  
い
と
許
し
が
下
り
た
 °
  
泳
を
適
度
に
な
ら
問
題
な
  
り
 
胸
の
形
を
崩
す
恐
れ
も
あ
る
の
で
体
に
負
担
を
か
け
な
い
水
  
せ
て
し
ま
う
恐
れ
が
あ
  
を
始
め
た
よ
う
だ
っ
た
 °
激
し
い
運
動
は
肥
育
の
効
果
を
減
少
さ
  
夕
方
の
自
由
時
間
に
運
動
  
彼
女
も
自
分
の
ぷ
よ
ぷ
よ
と
し
た
お
腹
を
気
に
し
て
い
る
よ
う
で
  
  
す
 °
 
  
運
動
し
よ
う
と
思
う
ん
で
  
 
私
っ
て
 
や
っ
ぱ
り
食
べ
過
ぎ
て
ま
す
よ
ね
 °
も
う
ち
ょ
っ
と
  
  
り
つ
い
た
脂
肪
の
層
が
目
立
っ
て
き
て
い
る
 °
  
で
 
腹
部
と
腰
回
り
に
取
  
心
配
な
の
は
胸
以
外
の
部
分
も
肉
付
き
が
良
く
な
っ
て
い
る
こ
と
  
な
る
だ
ろ
う
 °
  
れ
ば
か
な
り
の
サ
イ
ズ
に
  
肥
育
期
間
は
残
す
と
こ
ろ
あ
と
一
か
月
 °
こ
の
ペ
|
ス
を
維
持
す
  
て
い
そ
う
だ
っ
た
 °


















   

  
る
 °
太
も
も
は
み
っ
ち
り
と
し
て
隙
間
が
な
く
 
お
世
辞
に
も
痩
  
窮
屈
そ
う
に
さ
せ
て
い
  
ス
ト
に
は
い
く
ら
か
脂
肪
が
乗
り
 
尻
は
大
き
く
な
っ
て
水
着
を
  
に
し
て
い
る
よ
う
に
ウ
エ
  
く
 
ボ
リ
ュ
|
ム
を
増
し
た
腰
回
り
に
も
目
が
行
く
 °
彼
女
が
気
  
っ
た
 °
胸
だ
け
で
は
な
  
大
な
胸
と
ス
ク
|
ル
水
着
の
組
み
合
わ
せ
は
反
則
と
言
っ
て
よ
か
  
さ
が
残
る
可
愛
い
顔
に
巨
  
包
ま
れ
て
い
る
と
逆
に
淫
靡
に
感
じ
て
し
ま
う
 °
ま
だ
あ
ど
け
な
  
バ
ス
ト
だ
が
紺
の
水
着
に
  
水
着
姿
で
彼
女
は
俺
を
誘
い
に
や
っ
て
き
た
 °
毎
日
揉
ん
で
い
る
  
  
 
先
生
も
一
緒
に
泳
ぎ
ま
せ
ん
?
 
  
  
の
か
た
ち
を
顕
わ
し
て
い
た
 °
  
と
張
り
付
き
 
巨
大
な
胸
  
め
 
彼
女
の
巨
乳
に
紺
色
の
生
地
が
引
き
伸
ば
さ
れ
て
ぴ
っ
ち
り
  
生
地
で
作
ら
れ
て
い
る
た
  
多
少
サ
イ
ズ
が
変
わ
っ
て
も
い
い
よ
う
に
特
別
に
伸
縮
性
の
あ
る
  
ズ
で
作
ら
れ
て
い
た
 °

















   

  
同
じ
で
努
め
て
明
る
く
振
  
の
中
に
寂
し
い
も
の
を
感
じ
ざ
る
を
得
な
か
っ
た
 °
彼
女
の
方
も
  
に
な
っ
て
き
た
 °
俺
は
心
  
変
わ
り
 
標
高
の
高
い
豊
丘
研
修
所
で
は
朝
に
霜
が
降
り
る
よ
う
  
節
も
秋
か
ら
冬
へ
と
移
り
  
國
場
ゆ
う
こ
と
の
共
同
生
活
も
そ
れ
と
同
時
に
終
了
と
な
る
 °
  
告
げ
よ
う
と
し
て
い
た
 °
  
日
が
一
日
 
ま
た
一
日
と
過
ぎ
 
彼
女
の
肥
育
期
間
が
終
わ
り
を
  
  
*
  
  
少
し
後
悔
を
し
た
の
だ
っ
た
 °
  
行
け
ば
よ
か
っ
た
と
後
で
  
泳
が
な
い
ま
で
も
ぶ
る
ん
ぶ
る
ん
と
揺
れ
る
彼
女
の
乳
を
眺
め
に
  
行
っ
た
 °
  
一
人
で
プ
|
ル
の
方
へ
  
俺
は
泳
げ
な
い
と
い
っ
て
断
る
と
彼
女
は
不
満
そ
う
な
顔
を
し
て
  
チ
ム
チ
な
体
型
だ
 °
  
い
 °
ぽ
っ
ち
ゃ
り
と
い
う
と
言
い
過
ぎ
だ
が
 
肉
付
き
の
よ
い
ム
  
せ
て
い
る
と
は
言
え
な

















   

  
の
で
は
な
い
か
 °
高
島
ト
  
今
ま
で
厚
遇
し
て
く
れ
た
学
園
側
の
信
頼
を
裏
切
る
こ
と
に
な
る
  
ら
ど
う
な
る
だ
ろ
う
か
?
  
正
式
に
交
際
を
申
し
込
ん
で
 
も
し
彼
女
と
付
き
合
う
と
な
っ
た
  
ン
巫
女
候
補
で
も
あ
る
 °
  
山
学
園
の
期
待
の
星
で
も
あ
る
 °
紛
れ
も
な
い
次
期
ナ
ン
バ
|
ワ
  
だ
高
校
生
だ
 °
そ
れ
に
峯
  
れ
た
彼
女
に
な
ん
と
言
え
ば
い
い
の
か
わ
か
ら
な
い
 °
彼
女
は
ま
  
し
 
一
回
り
以
上
歳
が
離
  
そ
の
気
持
ち
は
俺
の
中
で
確
固
た
る
も
の
に
な
っ
て
い
る
 °
し
か
  
  
俺
は
國
場
ゆ
う
こ
が
好
き
だ
 °
  
  
な
っ
て
い
る
 °
  
り
前
の
よ
う
な
感
覚
に
  
二
ヶ
月
以
上
一
緒
に
暮
ら
し
 
今
で
は
一
緒
に
い
る
こ
と
が
当
た
  
の
だ
ろ
う
か
と
 °
彼
女
と
  
彼
女
は
俺
の
こ
と
を
想
っ
て
く
れ
て
い
る
が
 
俺
自
身
は
ど
う
な
  
俺
は
自
分
の
心
に
問
い
か
け
た
 °
  
舞
お
う
と
し
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °












   

  
喋
る
彼
女
も
今
日
に
限
っ
  
そ
う
言
っ
た
も
の
の
後
の
言
葉
が
続
か
な
か
っ
た
 °
い
つ
も
よ
く
  
  
 
急
に
呼
び
出
し
て
ご
め
ん
 °
 
  
  
た
ま
ま
で
首
に
カ
|
キ
色
の
マ
フ
ラ
|
を
巻
い
て
い
る
 °
  
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
の
前
は
開
け
  
散
策
す
る
と
き
の
格
好
で
や
っ
て
き
た
 °
胸
が
大
き
す
ぎ
る
た
め
  
下
は
デ
ニ
ム
と
い
う
外
を
  
彼
女
は
ク
リ
|
ム
色
の
セ
|
タ
|
に
黒
い
ダ
ウ
ン
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
 
  
出
し
た
 °
  
俺
は
彼
女
を
散
歩
に
誘
い
  
残
る
日
に
ち
も
わ
ず
か
と
な
り
 
暮
れ
も
押
し
迫
っ
た
日
曜
日
に
  
  
そ
れ
は
感
覚
的
に
わ
か
っ
て
い
る
 °
  
は
愛
し
合
う
だ
ろ
う
 °
  
い
る
 °
俺
が
一
つ
ス
イ
ッ
チ
を
押
せ
ば
堰
を
切
っ
た
よ
う
に
二
人
  
の
こ
と
を
想
っ
て
く
れ
て
  
し
か
し
 
頻
繁
に
彼
女
か
ら
の
好
意
を
感
じ
る
 °
彼
女
も
強
く
俺
  
モ
ア
や
真
壁
隆
盛
は
何
と
思
う
だ
ろ
う
か
 °









   

  
な
れ
た
ん
で
す
か
ら
 
  
 
は
い
 
わ
か
っ
て
ま
す
 °
先
生
の
お
か
げ
で
こ
こ
ま
で
大
き
く
  
  
乳
を
頑
張
っ
て
欲
し
い
 °
 
  
 
で
も
今
は
付
き
合
え
な
い
 °
君
は
ま
だ
高
校
生
だ
し
 
今
は
育
  
  
國
場
か
ら
発
せ
ら
れ
た
言
葉
に
満
足
と
い
う
か
安
堵
を
覚
え
た
 °
  
  
 
私
も
で
す
 °
先
生
の
こ
と
が
大
好
き
で
す
 °
 
  
  
っ
た
だ
け
だ
っ
た
 °
  
何
と
言
い
だ
し
て
よ
い
か
わ
か
ら
ず
 °
結
局
 
思
っ
た
言
葉
を
言
  
  
 
キ
ミ
の
こ
と
が
好
き
だ
 °
 
  
  
す
見
晴
ら
し
の
よ
い
公
園
の
ベ
ン
チ
に
並
ん
で
腰
か
け
た
 °
  
そ
の
と
き
も
湖
を
見
下
ろ
  
二
人
で
散
歩
を
す
る
と
き
は
近
く
の
湖
の
ほ
と
り
ま
で
行
っ
た
 °
  
っ
た
 °
  
て
は
黙
り
込
ん
で
し
ま
い
二
人
は
無
言
で
黙
々
と
歩
く
こ
と
に
な

   

  
な
が
ら
片
手
で
豊
か
な
彼
女
の
膨
ら
み
に
触
れ
る
と
た
お
や
か
に
  
れ
て
い
る
 °
キ
ス
を
続
け
  
ク
リ
|
ム
色
の
セ
|
タ
|
に
包
ま
れ
た
巨
大
な
胸
が
俺
に
捧
げ
ら
  
う
 °
  
が
そ
れ
と
は
意
味
が
違
  
俺
は
彼
女
の
胸
に
手
を
伸
ば
し
た
 °
毎
晩
触
っ
て
い
る
バ
ス
ト
だ
  
従
っ
て
い
る
 °
  
閉
じ
て
俺
の
リ
|
ド
に
  
長
ら
く
自
分
が
待
ち
焦
が
れ
て
い
た
瞬
間
だ
っ
た
 °
彼
女
は
目
を
  
を
し
た
 °
  
俺
は
彼
女
の
手
を
取
っ
て
自
分
の
方
に
引
き
寄
せ
 
そ
し
て
キ
ス
  
  
 
う
ん
 °
わ
か
っ
て
る
よ
 °
そ
の
と
き
は
ね
 °
 
  
  
 
で
も
 
一
位
に
な
っ
た
ら
:
:
:
:
先
生
 °
 
  
  
開
い
た
 °
  
し
ば
ら
く
無
言
の
時
間
が
流
れ
た
 °
今
度
は
國
場
ゆ
う
こ
が
口
を
  
  
対
に
ナ
ン
バ
|
ワ
ン
に
な
り
ま
す
 °
 











   

  
っ
た
 °
レ
|
ス
の
デ
ザ
イ
  
ら
サ
イ
ズ
が
替
わ
っ
て
も
彼
女
の
着
け
る
ブ
ラ
は
い
つ
も
純
白
だ
  
し
だ
っ
た
 °
し
か
し
 
  
ら
溢
れ
て
し
ま
い
ま
た
サ
イ
ズ
を
替
え
て
も
ら
う
と
い
う
繰
り
返
  
長
し
て
す
ぐ
に
カ
ッ
プ
か
  
フ
ィ
ッ
タ
|
に
来
て
も
ら
っ
て
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
合
わ
せ
て
も
 
  
  
う
か
・
・
・
∨
  
∧
す
ご
い
ブ
ラ
だ
 °
こ
こ
に
来
て
何
回
サ
イ
ズ
を
替
え
た
の
だ
ろ
  
  
ラ
ジ
ャ
|
を
露
出
さ
せ
た
 °
  
俺
が
触
り
や
す
い
よ
う
に
セ
|
タ
|
を
た
く
し
上
げ
て
純
白
の
ブ
  
ら
胸
を
触
っ
た
 °
彼
女
は
  
俺
は
セ
|
タ
|
の
下
に
手
を
滑
り
込
ま
せ
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
上
か
  
胆
に
し
て
い
た
 °
  
そ
れ
が
二
人
を
少
し
大
  
場
に
地
元
の
人
も
良
く
知
ら
な
い
湖
に
誰
か
が
来
る
と
は
思
え
ず
 
  
俺
を
苛
む
 °
し
か
し
 
  
女
子
高
生
と
屋
外
で
こ
ん
な
こ
と
を
し
て
い
る
と
い
う
背
徳
感
が
  
形
を
変
え
る
 °




















   

  
ブ
ラ
ジ
ャ
|
を
ず
ら
し
 
  
由
を
得
て
解
放
さ
れ
る
 °
コ
ル
セ
ッ
ト
を
思
い
だ
さ
せ
る
巨
大
な
  
に
し
て
い
た
バ
ス
ト
が
自
  
背
中
に
手
を
や
っ
て
何
段
か
あ
る
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
を
外
す
と
窮
屈
  
し
て
す
っ
ぽ
り
と
脱
い
だ
 °
  
彼
女
は
こ
っ
く
り
と
頷
き
 
ダ
ウ
ン
ジ
ャ
ケ
ッ
ト
を
肩
か
ら
ず
ら
  
  
 
外
し
て
い
い
か
い
?
 
  
  
る
 °
  
そ
の
巨
大
な
ブ
ラ
の
カ
ッ
プ
か
ら
乳
肉
が
溢
れ
気
味
に
な
っ
て
い
  
  
 
は
い
 °
先
生
の
お
か
げ
で
す
 °
 
  
  
 
ま
た
大
き
く
な
っ
た
ね
 °
 
  
  
だ
っ
た
 °
  
か
ら
白
し
か
着
け
た
こ
と
が
な
い
か
ら
と
い
う
の
が
彼
女
の
答
え
  
聞
い
た
こ
と
が
あ
る
 °
  
ン
が
多
少
異
な
る
が
色
は
い
つ
も
白
な
の
だ
 °
な
ぜ
白
な
の
か
と

   

  
く
 °
乳
輪
は
ぷ
っ
く
り
と
  
乳
を
真
ん
中
に
寄
せ
 
俺
の
方
に
向
い
た
乳
首
に
顔
を
寄
せ
て
い
  
ナ
ン
バ
|
ワ
ン
だ
 °
  
文
句
な
し
の
ダ
ン
ト
ツ
の
  
触
れ
て
き
た
が
 
彼
女
は
大
き
さ
 
形
 
感
触
ど
れ
を
取
っ
て
も
  
し
て
き
て
色
ん
な
乳
房
に
  
房
を
中
央
に
寄
せ
る
と
深
い
谷
間
が
で
き
た
 °
今
ま
で
育
乳
師
を
  
温
か
か
っ
た
 °
両
手
で
乳
  
白
く
巨
大
な
乳
房
は
木
目
が
細
か
く
つ
や
つ
や
と
し
て
 
そ
し
て
  
た
 °
  
季
節
は
冬
だ
が
そ
の
日
は
暖
か
い
日
差
し
が
二
人
を
温
め
て
く
れ
  
  
 
は
い
 °
ぜ
ん
ぜ
ん
 °
 
  
  
 
寒
く
な
い
か
い
?
 
  
  
に
違
い
な
か
っ
た
 °
  
ス
ト
が
下
が
っ
て
し
ま
う
が
 
理
想
的
な
形
を
し
た
美
し
い
乳
房
  
で
ブ
ラ
を
外
す
と
少
し
バ
  
下
か
ら
豊
か
な
乳
房
を
露
出
さ
せ
る
 °
そ
の
大
き
さ
と
重
量
な
の

   

  
  
思
っ
て
い
た
の
だ
 °
  
り
な
ぶ
っ
て
見
た
い
と
  
こ
う
や
っ
て
彼
女
の
巨
大
な
胸
を
思
う
存
分
ま
さ
ぐ
り
 
思
い
切
  
て
い
る
 °
も
う
押
し
留
め
る
す
べ
を
知
ら
な
か
っ
た
 °
  
て
い
た
こ
と
を
俺
は
や
っ
  
毎
晩
マ
ッ
サ
|
ジ
を
し
な
が
ら
絶
対
に
い
け
な
い
と
自
分
に
禁
じ
  
  
∧
ち
ゅ
ぱ
っ
 
ち
ゅ
ぱ
っ
∨
  
  
 
あ
っ
 
は
ぁ
つ
 
や
ん
っ
 
せ
 
先
生
・
・
・
 
  
  
漂
っ
て
い
た
 °
  
衣
服
の
ほ
の
か
な
香
り
が
  
俺
は
躊
躇
な
く
彼
女
の
右
の
乳
首
に
し
ゃ
ぶ
り
つ
い
た
 °
彼
女
の
  
  
∧
ち
ゅ
ぱ
っ
∨
  
  
げ
で
硬
く
な
っ
て
い
る
 °
  
膨
ら
み
 
穢
れ
を
し
ら
ぬ
ピ
ン
ク
色
の
乳
首
は
俺
の
愛
撫
の
お
か

   

  
俺
は
自
ら
ズ
ボ
ン
を
下
ろ
し
 
彼
女
の
前
で
ペ
ニ
ス
を
露
出
さ
せ
  
外
し
た
 °
  
し
 
ズ
ボ
ン
の
ボ
タ
ン
を
  
彼
女
は
乳
責
め
を
受
け
な
が
ら
も
俺
の
ベ
ル
ト
に
手
を
か
け
て
外
  
  
 
先
生
の
こ
こ
も
 
す
ご
い
こ
と
に
・
・
・
 
  
  
直
し
て
い
た
 °
  
も
ち
ろ
ん
俺
の
ペ
ニ
ス
は
今
ま
で
に
な
い
ほ
ど
見
事
な
く
ら
い
硬
  
彼
女
の
小
さ
な
手
が
俺
の
股
間
を
触
っ
て
い
た
 °
  
  
に
抗
し
な
が
ら
も
続
け
て
彼
女
の
乳
頭
を
責
め
続
け
る
 °
  
は
圧
倒
的
な
乳
肉
の
圧
力
  
だ
ろ
う
か
彼
女
の
方
か
ら
胸
を
俺
の
口
に
押
し
付
け
て
く
る
 °
  
っ
ぽ
ど
気
持
ち
が
い
い
の
  
な
乳
首
を
責
め
ら
背
中
を
び
く
ん
び
く
ん
と
と
さ
せ
て
い
る
 °
  
を
証
明
し
て
い
る
 °
敏
感
  
胸
の
大
き
さ
と
感
度
は
比
例
し
な
い
 °
彼
女
の
胸
は
見
事
に
そ
れ
  
  
 
あ
あ
ん
 
や
っ
 
は
あ
っ
 
ち
ょ
 
ち
ょ
っ
と
・
・
・
 



   

  
当
に
誰
も
い
な
い
か
辺
り
  
生
温
か
い
感
覚
と
ぞ
く
ぞ
く
と
し
た
緊
張
が
俺
を
支
配
す
る
 °
  
彼
女
の
小
さ
な
口
が
俺
の
ペ
ニ
ス
の
先
端
を
含
ん
だ
 °
  
  
∧
ち
ゅ
ぽ
っ
∨
  
  
ん
な
こ
と
を
 °
  
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
く
れ
 °
ま
さ
か
こ
の
子
が
 °
國
場
ゆ
う
こ
が
こ
  
  
∧
う
そ
だ
ろ
?
∨
  
  
ペ
ニ
ス
を
握
っ
た
ま
ま
 
彼
女
の
顔
が
そ
れ
に
近
づ
い
て
い
く
 °
  
  
 
す
っ
ご
く
固
い
ん
だ
 °
 
  
  
彼
女
が
恐
る
恐
る
そ
れ
に
手
を
近
づ
け
て
根
元
を
ぎ
ゅ
っ
と
握
る
 °
  
  
 
こ
れ
が
先
生
の
・
・
・
 
  
  
た
 °
























   

  
  
 
う
っ
 
お
っ
 
  
  
だ
 °
  
な
奉
仕
を
受
け
て
い
る
ん
  
セ
ン
チ
を
超
え
る
見
事
な
巨
乳
を
有
す
る
娘
に
俺
は
野
外
で
こ
ん
  
生
 
そ
し
て
今
や
1
4
0
  
め
て
い
く
 °
飛
び
切
り
の
美
少
女
に
成
長
し
た
1
7
歳
の
女
子
高
  
感
は
ど
ん
ど
ん
と
登
り
つ
  
ぎ
こ
ち
な
い
が
彼
女
の
精
一
杯
の
フ
ェ
ラ
チ
オ
を
受
け
て
俺
の
快
  
か
ら
激
し
く
揺
ら
し
て
は
い
け
な
い
と
言
わ
れ
て
い
る
の
に
 °
  
れ
る
 °
胸
の
形
が
崩
れ
る
  
頭
を
上
下
さ
せ
る
の
に
同
期
し
て
裸
の
胸
が
ぷ
る
ん
ぷ
る
ん
と
暴
  
卑
猥
な
音
が
誰
も
い
な
い
湖
の
公
園
に
響
い
た
 °
  
  
∧
ち
ゅ
ぷ
っ
 
ち
ゅ
ぽ
っ
 
ち
ゅ
ぷ
っ
・
・
・
∨
  
  
た
 °
  
彼
女
は
ゆ
っ
く
り
と
頭
を
上
下
さ
せ
俺
の
ペ
ニ
ス
に
刺
激
を
与
え
  
を
見
回
し
た
が
誰
も
い
な
か
っ
た
 °












   

  
 
く
お
っ
・
・
・
 
  
  
∧
ぱ
ふ
っ
∨
  
  
込
ま
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
に
そ
の
大
き
な
胸
に
取
り
  
押
し
つ
ぶ
す
よ
う
に
力
を
加
え
た
 °
俺
の
ペ
ニ
ス
は
い
と
も
簡
単
  
込
み
両
側
か
ら
ぐ
い
っ
と
  
く
と
脈
動
し
て
い
る
 °
彼
女
は
そ
れ
を
自
分
の
大
き
な
胸
で
挟
み
  
与
え
ら
れ
た
く
て
び
く
び
  
彼
女
の
唾
液
で
べ
と
べ
と
に
な
っ
た
俺
の
肉
棒
は
さ
ら
に
快
感
を
  
し
た
 °
  
上
目
遣
い
に
そ
う
言
っ
て
 
彼
女
は
巨
大
な
双
丘
を
俺
に
差
し
出
  
  
し
い
ん
で
す
 °
 
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
 °
先
生
に
は
こ
っ
ち
で
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
欲
  
  
ス
を
放
し
て
し
ま
っ
た
 °
  
は
そ
の
口
か
ら
俺
の
ペ
ニ
  
し
か
し
 
快
感
が
頂
点
に
登
り
つ
め
よ
う
と
す
る
寸
前
に
 
彼
女

   

  
ペ
ニ
ス
に
摩
擦
を
加
え
る
 °
  
ず
っ
し
り
と
重
い
巨
大
な
乳
房
を
彼
女
は
上
下
に
ゆ
す
り
 
俺
の
  
  
マ
ッ
サ
|
ジ
を
し
て
い
ま
し
た
 °
 
  
そ
う
想
い
な
が
ら
毎
日
  
 
い
つ
か
胸
が
大
き
く
な
っ
た
ら
先
生
に
こ
う
し
て
あ
げ
よ
う
と
 
  
  
長
し
俺
の
肉
棒
を
挟
み
込
ん
で
く
れ
て
い
る
 °
  
勝
る
巨
大
な
乳
房
へ
と
成
  
初
め
て
会
っ
た
と
き
全
く
平
ら
だ
っ
た
彼
女
の
胸
は
今
 
誰
に
も
  
  
 
ず
っ
と
先
生
に
こ
う
し
た
い
と
思
っ
て
い
た
ん
で
す
 °
 
  
  
∧
に
ゅ
ぷ
っ
∨
  
  
巨
乳
な
ん
だ
ろ
う
 °
  
大
き
さ
や
形
だ
け
で
な
く
な
ん
て
柔
ら
か
く
触
り
ご
こ
ち
の
よ
い
  
で
締
め
付
け
て
く
る
 °
  
と
ん
で
も
な
い
肉
量
が
俺
の
ペ
ニ
ス
を
包
み
込
み
 
適
度
な
圧
力
  


























   

  
づ
か
い
が
混
じ
り
合
っ
て
  
谷
間
か
ら
発
せ
ら
れ
る
卑
猥
な
音
と
彼
女
の
は
ぁ
は
ぁ
と
い
う
息
  
  
・
・
・
∨
  
∧
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぷ
っ
  
  
う
と
し
て
い
る
 °
  
い
う
ち
に
そ
れ
に
屈
し
よ
  
圧
倒
的
な
肉
感
 °
そ
れ
に
包
ま
れ
る
快
感
 °
俺
は
一
分
も
経
た
な
  
  
∧
な
 
な
ん
だ
 
何
と
い
う
極
上
の
感
触
な
ん
だ
 
こ
れ
は
!
!
∨
  
  
∧
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぽ
っ
・
・
・
∨
  
  
み
揺
れ
動
く
 °
  
乳
房
が
形
を
変
え
て
歪
  
白
く
柔
ら
か
な
乳
房
 °
重
い
胸
を
細
い
腕
で
抱
え
て
上
下
さ
せ
る
 °
  
  
∧
に
ゅ
ぷ
っ
 
に
ゅ
ぱ
っ
・
・
・
∨
  


























   

  
  
  
  
  
  
浮
か
べ
て
い
た
 °
  
ら
満
足
そ
う
に
微
笑
み
を
  
ク
ン
ビ
ク
ン
と
跳
ね
動
く
俺
の
ペ
ニ
ス
を
乳
房
で
挟
み
こ
み
な
が
  
精
液
を
放
出
し
な
が
ら
ビ
  
そ
れ
も
今
ま
で
に
出
し
た
こ
と
が
な
い
ほ
ど
大
量
に
だ
 °
彼
女
は
  
を
放
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
あ
っ
け
な
く
俺
は
國
場
ゆ
う
こ
の
二
つ
の
乳
房
の
間
に
熱
い
精
液
  
  
 
く
あ
っ
!
 
  
  
∧
く
っ
 
き
 
気
持
ち
良
す
ぎ
る
!
!
!
だ
め
だ
っ
:
:
∨
  
  
す
る
す
べ
も
な
か
っ
た
 °
  
の
圧
倒
的
な
乳
圧
に
抵
抗
  
静
穏
な
公
園
に
響
く
 °
も
う
少
し
持
ち
こ
た
え
よ
う
と
す
る
も
の

  > ≫