外
出
届
を
出
す
だ
け
で
彼
  
ン
へ
連
れ
て
い
っ
た
 °
峯
山
学
園
の
寮
は
規
則
が
緩
く
 
簡
単
な
  
わ
せ
車
で
俺
の
マ
ン
シ
ョ
  
週
末
に
な
る
と
俺
は
彼
女
と
会
っ
た
 °
峯
山
駅
の
近
く
で
待
ち
合
  
  
 
香
川
せ
ん
せ
い
!
 
  
  
だ
っ
た
 °
  
し
か
し
 
油
断
は
禁
物
  
心
配
し
て
い
た
バ
ス
ト
の
痩
せ
は
今
の
と
こ
ろ
見
ら
れ
て
い
な
い
 °
  
せ
た
そ
う
で
あ
る
 °
  
見
た
目
に
は
大
き
く
変
わ
ら
な
い
が
 
彼
女
曰
く
 
す
っ
ご
く
痩
  
へ
と
入
っ
て
い
た
 °
  
鬼
門
の
一
ヶ
月
を
何
と
か
乗
り
越
え
 
ダ
イ
エ
ッ
ト
は
四
ヶ
月
目
  
春
が
来
て
國
場
ゆ
う
こ
は
高
校
三
年
生
に
な
っ
た
 °
  
  
1
1
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
育
乳
学
園






















≪ <  

  
  
け
は
ま
か
り
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
性
 °
処
女
を
奪
う
こ
と
だ
  
だ
け
暗
黙
の
ル
|
ル
が
あ
っ
た
 °
彼
女
は
い
ず
れ
巫
女
に
な
る
女
  
で
き
る
 °
た
だ
し
 
一
つ
  
て
ブ
ラ
を
取
り
 
巨
大
で
重
い
彼
女
の
バ
ス
ト
を
思
う
存
分
堪
能
  
が
で
き
る
 °
服
を
脱
が
せ
  
マ
ン
シ
ョ
ン
で
は
誰
の
目
も
気
に
す
る
こ
と
な
く
愛
し
合
う
こ
と
  
張
り
の
あ
る
柔
ら
か
い
膨
ら
み
が
あ
る
 °
  
に
は
依
然
と
し
て
巨
大
で
  
そ
う
言
っ
て
抱
き
合
い
濃
厚
な
キ
ス
を
す
る
 °
胸
を
触
る
と
そ
こ
  
  
 
私
も
で
す
 °
 
  
  
 
会
い
た
か
っ
た
よ
 °
 
  
  
り
反
動
に
耐
え
な
く
て
は
な
ら
な
か
っ
た
 °
  
な
胸
が
俺
の
体
に
ぶ
つ
か
  
二
人
き
り
に
な
る
と
彼
女
は
俺
の
胸
に
飛
び
込
ん
で
く
る
 °
巨
大
  
女
は
外
泊
す
る
こ
と
が
で
き
た
 °













   

  
を
奏
し
て
い
る
の
か
も
し
  
少
し
は
食
い
止
め
ら
れ
る
の
で
は
な
い
か
と
い
う
俺
の
考
え
が
功
  
イ
エ
ッ
ト
に
よ
る
縮
乳
を
  
を
刺
激
す
れ
ば
そ
れ
を
守
る
た
め
に
脂
肪
が
集
ま
っ
て
く
る
 °
  
サ
|
ジ
を
続
け
た
 °
乳
腺
  
俺
は
彼
女
の
胸
を
で
き
る
だ
け
維
持
し
よ
う
と
何
度
も
育
乳
マ
ッ
  
不
思
議
な
こ
と
だ
 °
こ
ん
な
こ
と
が
あ
り
え
る
の
だ
ろ
う
か
?
  
り
 
垂
れ
て
き
た
り
は
し
て
い
な
い
の
で
あ
っ
た
 °
  
か
な
ま
ま
で
 
萎
ん
だ
  
た
 °
し
か
し
 
俺
の
心
配
に
反
し
て
依
然
と
し
て
彼
女
の
胸
は
豊
  
は
仕
方
の
な
い
こ
と
だ
っ
  
は
い
い
が
 
そ
れ
に
応
じ
て
多
少
な
り
と
も
胸
が
縮
ん
で
い
く
の
  
身
体
が
引
き
締
ま
る
の
  
依
然
と
し
て
俺
が
気
に
な
る
の
は
バ
ス
ト
の
減
少
の
こ
と
だ
っ
た
 °
  
進
ん
で
い
た
 °
  
プ
の
サ
イ
ズ
も
一
回
り
小
さ
く
な
っ
た
 °
至
っ
て
順
調
に
減
量
が
  
さ
れ
始
め
て
い
た
 °
ヒ
ッ
  
り
も
少
し
脂
肪
が
落
ち
て
女
性
ら
し
い
く
び
れ
の
ラ
イ
ン
が
形
成
  
ま
り
 
豊
か
だ
っ
た
腰
回
  
夏
が
過
ぎ
 
彼
女
の
ダ
イ
エ
ッ
ト
は
順
調
に
進
み
 
顔
は
引
き
締

   

  
出
場
者
4
8
名
の
平
均
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
は
1
1
8
 
5
セ
ン
チ
 °
  
は
難
し
い
そ
う
で
あ
る
 °
  
ク
ラ
ス
で
8
人
に
入
る
の
  
る
 °
最
近
で
は
少
な
く
と
も
O
|
P
カ
ッ
プ
を
超
え
て
い
な
い
と
  
生
徒
た
ち
か
ら
選
抜
さ
れ
  
K
カ
ッ
プ
と
言
わ
れ
て
い
る
が
 
も
ち
ろ
ん
そ
の
平
均
を
超
え
た
  
三
年
生
の
平
均
が
J
|
  
れ
 
6
ク
ラ
ス
で
計
4
8
名
が
選
考
会
の
出
場
メ
ン
バ
|
と
な
る
 °
  
8
名
の
生
徒
が
選
抜
さ
  
非
常
に
重
要
な
イ
ベ
ン
ト
だ
っ
た
 °
ま
ず
各
ク
ラ
ス
で
巨
乳
順
に
  
行
わ
れ
る
学
内
選
考
会
は
  
り
大
き
な
目
標
で
あ
っ
た
 °
そ
し
て
そ
の
た
め
に
三
年
生
の
秋
に
  
も
が
想
い
描
く
憧
れ
で
あ
  
峯
山
学
園
の
生
徒
に
と
っ
て
峯
山
神
社
の
巫
女
に
な
る
こ
と
は
誰
  
考
会
の
日
が
や
っ
て
き
た
 °
  
秋
も
深
ま
っ
た
頃
 
と
う
と
う
彼
女
の
運
命
を
決
め
る
学
内
の
選
  
  
*
  
  
れ
な
い
 °






















   

  
い
て
い
く
 °
そ
し
て
 
  
順
に
前
に
進
み
出
て
マ
ン
ト
を
取
り
 
ス
テ
|
ジ
の
中
央
ま
で
歩
  
徒
か
ら
名
前
を
呼
ば
れ
た
  
る
 °
彼
女
た
ち
は
橙
色
の
マ
ン
ト
を
羽
織
っ
て
お
り
 
一
組
の
生
  
4
8
名
の
生
徒
が
登
場
す
  
例
年
の
よ
う
に
学
園
の
理
事
長
の
挨
拶
が
終
わ
る
と
ス
テ
|
ジ
に
  
  
た
 °
  
こ
が
出
場
す
る
か
ら
だ
っ
  
い
が
違
っ
て
く
る
 °
な
ぜ
な
ら
手
塩
に
か
け
て
育
て
た
國
場
ゆ
う
  
今
年
の
選
考
会
は
意
味
合
  
自
分
の
仕
事
を
抜
き
に
し
て
楽
し
い
こ
と
で
あ
っ
た
 °
し
か
し
 
  
分
な
乳
房
を
眺
め
る
の
は
  
の
誕
生
を
見
守
っ
て
い
る
 °
若
さ
あ
ふ
れ
る
生
徒
た
ち
の
発
育
十
  
に
来
賓
と
し
て
巫
女
候
補
  
俺
は
3
年
前
に
こ
の
選
考
会
に
招
か
れ
て
以
来
 
毎
年
同
じ
よ
う
  
ま
す
進
化
を
続
け
て
い
る
こ
と
を
物
語
っ
て
い
る
 °
  
学
園
の
育
乳
教
育
が
ま
す
  
の
と
き
に
比
べ
て
約
4
セ
ン
チ
も
大
き
く
な
っ
て
い
る
そ
う
で
 
  
こ
れ
は
3
年
前
の
選
考
会
















   

  
  
チ
 
ア
ン
ダ
|
6
8
セ
ン
チ
の
T
カ
ッ
プ
で
す
 °
 
  
は
ト
ッ
プ
1
2
6
セ
ン
  
 
1
組
の
奥
山
あ
り
す
で
す
 °
身
長
は
1
5
7
セ
ン
チ
 
バ
ス
ト
  
  
な
が
ら
彼
女
は
ス
テ
|
ジ
の
中
央
で
立
ち
止
ま
る
 °
  
胸
を
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
ら
し
  
こ
ぼ
れ
ん
ば
か
り
の
大
き
な
バ
ス
ト
が
お
目
見
え
す
る
 °
大
き
な
  
を
取
る
と
白
い
ビ
キ
ニ
に
  
最
初
に
名
前
を
呼
ば
れ
た
生
徒
が
前
に
進
み
出
て
橙
色
の
マ
ン
ト
  
選
考
が
ス
タ
|
ト
し
た
 °
  
  
 
は
い
っ
!
 
  
  
 
1
組
の
奥
山
あ
り
す
さ
ん
!
 
  
  
る
 °
  
と
戻
っ
て
い
く
の
だ
 °
審
査
員
は
そ
の
間
に
一
人
ず
つ
を
審
査
す
  
回
っ
て
か
ら
元
の
位
置
へ
  
キ
ニ
を
脱
い
で
胸
を
露
わ
に
し
て
か
ら
そ
の
場
で
く
る
り
と
一
周

   

  
守
る
よ
う
な
気
持
ち
で
彼
  
逆
に
俺
の
方
が
緊
張
し
て
い
た
の
か
も
し
れ
な
い
 °
我
が
子
を
見
  
を
返
す
余
裕
が
あ
っ
た
 °
  
う
と
に
っ
こ
り
と
微
笑
み
  
か
る
 °
彼
女
は
特
に
緊
張
し
た
様
子
も
な
く
た
ま
に
俺
と
目
が
合
  
け
一
回
り
大
き
い
の
が
わ
  
生
徒
た
ち
の
マ
ン
ト
の
膨
ら
み
を
見
比
べ
る
と
明
ら
か
に
彼
女
だ
  
ス
テ
|
ジ
に
並
ん
で
立
つ
  
國
場
ゆ
う
こ
の
ク
ラ
ス
は
5
組
で
あ
り
 
終
盤
の
登
場
と
な
る
 °
  
ば
れ
同
じ
よ
う
に
審
査
が
進
ん
で
い
く
 °
  
て
次
の
生
徒
の
名
前
が
呼
  
と
 
胸
を
は
だ
け
た
ま
ま
で
元
の
位
置
ま
で
戻
っ
て
い
く
 °
続
い
  
は
そ
の
場
で
一
周
回
る
  
色
で
か
わ
い
ら
し
く
小
指
の
先
く
ら
い
の
大
き
さ
で
あ
る
 °
彼
女
  
相
応
で
 
乳
首
は
ピ
ン
ク
  
ら
し
い
フ
ォ
ル
ム
を
保
っ
て
い
る
 °
乳
輪
は
バ
ス
ト
の
大
き
さ
に
  
下
が
る
こ
と
は
な
く
素
晴
  
を
露
わ
に
す
る
 °
ビ
キ
ニ
の
拘
束
が
な
く
な
っ
て
も
乳
房
は
垂
れ
  
を
引
っ
張
っ
て
解
き
 
  
女
生
徒
は
サ
イ
ズ
を
告
げ
る
と
手
を
後
ろ
に
回
し
て
ビ
キ
ニ
の
紐

   

  
  
し
て
し
ま
わ
な
い
か
と
や
き
も
き
し
て
し
ま
う
 °
  
が
 
何
か
大
き
な
失
敗
を
  
題
な
く
巫
女
候
補
に
選
ば
れ
る
だ
ろ
う
 °
そ
れ
は
分
か
っ
て
い
る
  
れ
れ
ば
彼
女
な
ら
何
も
問
  
キ
と
早
ま
っ
て
い
る
 °
気
負
わ
ず
に
普
段
通
り
に
振
る
舞
っ
て
く
  
の
心
臓
の
鼓
動
は
ド
キ
ド
  
き
た
 °
ス
テ
|
ジ
上
の
彼
女
の
顔
色
は
変
わ
っ
て
い
な
い
が
 
  
と
う
彼
女
の
番
が
回
っ
て
  
一
人
 
ま
た
一
人
と
審
査
が
進
み
 
3
組
 
4
組
が
終
わ
り
と
う
  
な
っ
て
い
た
 °
  
年
顔
を
合
わ
せ
る
彼
ら
と
は
世
間
話
を
す
る
程
度
の
知
り
合
い
に
  
が
席
を
連
ね
て
い
る
 °
  
俺
と
同
じ
な
の
だ
ろ
う
 °
来
賓
席
に
は
俺
の
ほ
か
に
数
名
の
要
人
  
場
ゆ
う
こ
を
見
守
る
目
は
  
導
員
の
ト
ッ
プ
と
し
て
選
考
に
加
わ
っ
て
い
た
 °
も
ち
ろ
ん
 
  
た
 °
彼
も
学
園
の
育
乳
指
  
改
め
て
会
場
を
見
渡
す
と
審
査
員
席
に
は
真
壁
隆
盛
の
姿
が
あ
っ
  
  
女
の
こ
と
を
応
援
し
て
い
た
か
ら
な
の
だ
ろ
う
 °







   

  
い
隠
す
の
が
や
っ
と
で
上
下
左
右
か
ら
柔
ら
か
そ
う
な
乳
肉
が
こ
  
乳
房
の
中
央
付
近
を
覆
  
よ
り
も
ま
だ
一
回
り
大
き
い
二
つ
の
乳
房
を
被
っ
て
い
る
の
だ
が
 
  
ビ
キ
ニ
が
ビ
|
チ
ボ
|
ル
  
は
明
ら
か
に
レ
ベ
ル
の
異
な
る
巨
乳
が
目
の
前
で
揺
れ
る
 °
白
い
  
今
ま
で
の
生
徒
た
ち
と
  
審
査
員
 
来
賓
 
関
係
者
た
ち
か
ら
大
き
な
ど
よ
め
き
が
起
こ
る
 °
  
  
 
な
 
な
ん
だ
あ
れ
は
!
?
 
  
 
で
 
で
か
い
!
!
 
  
 
う
お
お
お
お
っ
!
 
  
  
超
弩
級
の
巨
大
バ
ス
ト
が
周
囲
の
目
に
曝
さ
れ
る
 °
  
ン
ト
を
と
っ
た
 °
す
る
と
  
彼
女
は
他
の
生
徒
と
同
じ
よ
う
に
一
歩
前
に
進
み
出
て
橙
色
の
マ
  
い
よ
い
よ
彼
女
の
番
だ
 °
  
  
 
は
い
っ
!
 
  
  
 
5
組
 
國
場
ゆ
う
こ
さ
ん
!
 













   

  
て
し
ま
う
ほ
ど
に
大
き
  
正
面
を
向
く
と
彼
女
の
胸
は
自
分
の
ウ
エ
ス
ト
の
ラ
イ
ン
を
隠
し
  
  
 
む
ほ
お
っ
 
な
ん
と
豊
満
な
娘
じ
ゃ
!
 
  
 
5
Z
な
ん
て
サ
イ
ズ
 
聞
い
た
こ
と
が
な
い
ぞ
!
!
 
  
 
ひ
ゃ
 
1
5
2
だ
と
ぉ
!
?
 
  
  
俺
の
左
右
に
座
る
来
賓
た
ち
の
驚
き
の
声
が
聞
こ
え
る
 °
  
会
場
は
再
び
大
き
な
ど
よ
め
き
に
包
ま
れ
た
 °
  
  
チ
 
ア
ン
ダ
|
7
0
セ
ン
チ
 °
カ
ッ
プ
は
5
Z
で
す
 °
 
  
は
ト
ッ
プ
1
5
2
セ
ン
  
 
5
組
の
國
場
ゆ
う
こ
で
す
 °
身
長
は
1
6
0
セ
ン
チ
 
バ
ス
ト
  
  
っ
て
い
た
 °
  
ゆ
っ
さ
と
揺
れ
る
 °
観
客
た
ち
全
員
の
視
線
は
彼
女
の
胸
に
集
ま
  
き
な
胸
が
盛
大
に
ゆ
っ
さ
  
彼
女
が
ス
テ
|
ジ
の
端
か
ら
中
央
に
向
か
っ
て
歩
く
と
 
そ
の
大
  
紐
も
柔
ら
か
い
胸
に
完
全
に
め
り
込
ん
で
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
ぼ
れ
て
い
る
 °
ビ
キ
ニ
の
















   

  
た
 °
肥
育
が
終
わ
っ
て
か
ら
の
1
1
ヶ
月
で
彼
女
は
計
画
的
な
減
  
:
:
俺
は
心
の
中
で
そ
う
呟
い
  
え
 
続
い
て
形
の
良
い
ヒ
ッ
プ
が
見
え
た
 °
女
神
の
よ
う
だ
:
:
  
美
し
い
腰
の
ラ
イ
ン
が
見
  
彼
女
は
そ
の
場
で
く
る
り
と
回
る
と
巨
大
な
乳
房
に
隠
れ
て
い
た
  
  
 
な
ん
て
美
し
い
ん
だ
ろ
う
:
:
:
:
 
  
 
し
 
信
じ
ら
れ
ん
 °
 
  
 
わ
お
っ
!
 
  
  
い
な
い
 °
理
想
的
な
美
し
い
フ
ォ
ル
ム
を
保
っ
て
い
る
 °
  
の
か
た
ち
は
全
く
崩
れ
て
  
胸
の
位
置
は
変
わ
っ
て
お
ら
ず
 
こ
の
大
き
さ
・
重
さ
の
割
に
胸
  
ビ
キ
ニ
の
紐
を
解
い
て
も
  
白
の
ビ
キ
ニ
が
は
ら
り
と
落
ち
て
彼
女
の
生
乳
が
披
露
さ
れ
る
 °
  
た
 °
  
し
て
ビ
キ
ニ
の
紐
を
引
い
  
が
 
よ
う
や
く
静
ま
っ
て
き
た
こ
ろ
に
彼
女
は
背
中
に
両
手
を
回
  
ら
く
収
ま
ら
な
か
っ
た
  
く
 
胴
か
ら
横
に
大
き
く
は
み
出
し
て
い
る
 °
ど
よ
め
き
は
し
ば

   

  
な
か
っ
た
 °
  
し
た
こ
と
は
言
う
ま
で
も
  
サ
|
ジ
が
乳
房
の
形
と
ボ
リ
ュ
|
ム
を
保
つ
の
に
大
き
な
貢
献
を
  
で
念
入
り
な
バ
ス
ト
マ
ッ
  
彼
女
の
健
気
な
努
力
が
結
実
し
た
結
果
で
あ
っ
た
が
 
俺
の
緻
密
  
Z
と
3
サ
イ
ズ
も
大
き
く
な
っ
て
い
た
の
だ
 °
  
育
終
了
後
の
2
Z
か
ら
5
  
か
ア
ン
ダ
|
バ
ス
ト
が
細
く
な
っ
た
結
果
 
カ
ッ
プ
サ
イ
ズ
は
肥
  
な
か
っ
た
 °
そ
れ
ど
こ
ろ
  
が
 
彼
女
の
場
合
 
奇
跡
的
に
ト
ッ
プ
バ
ス
ト
の
減
少
は
み
ら
れ
  
し
て
し
ま
う
と
こ
ろ
だ
  
こ
れ
だ
け
痩
せ
れ
ば
普
通
 
乳
房
の
ボ
リ
ュ
|
ム
も
相
応
に
縮
小
  
た
 °
  
化
さ
せ
て
い
た
の
だ
っ
  
あ
る
程
度
の
肉
量
は
残
し
な
が
ら
も
丸
く
女
性
ら
し
い
も
の
に
変
  
を
増
し
す
ぎ
た
ヒ
ッ
プ
も
  
り
 
美
し
い
く
び
れ
の
ラ
イ
ン
を
獲
得
し
て
い
た
 °
ボ
リ
ュ
|
ム
  
な
脂
肪
を
見
事
に
消
し
去
  
ツ
に
ぽ
っ
こ
り
と
乗
っ
て
い
た
お
腹
と
脇
腹
に
取
り
つ
い
た
余
分
  
量
を
成
功
さ
せ
 
シ
ョ
|
















   

  
な
っ
た
 °
  
ろ
う
か
と
気
に
な
っ
た
が
 
後
の
新
聞
記
事
で
俺
は
知
る
こ
と
に
  
何
を
し
ゃ
べ
っ
た
の
だ
  
國
場
ゆ
う
こ
も
選
考
会
終
了
後
に
イ
ン
タ
ビ
ュ
|
を
受
け
て
い
た
 °
  
ニ
ュ
|
ス
が
出
た
り
す
る
 °
  
た
り
 
新
聞
 
ネ
ッ
ト
に
  
度
も
高
い
ら
し
く
選
考
会
で
選
ば
れ
る
と
イ
ン
タ
ビ
ュ
|
が
あ
っ
  
徒
の
動
向
は
世
間
の
注
目
  
峯
山
神
社
の
巫
女
を
ほ
ぼ
独
占
状
態
に
し
て
い
る
峯
山
学
園
の
生
  
ム
も
入
っ
て
い
た
 °
  
学
内
選
考
会
に
は
来
賓
の
ほ
か
に
地
元
の
メ
デ
ィ
ア
の
取
材
チ
|
  
  
徒
は
い
な
い
だ
ろ
う
 °
  
冬
に
行
わ
れ
る
本
線
に
お
い
て
も
お
そ
ら
く
彼
女
の
敵
と
な
る
生
  
の
で
あ
る
 °
  
出
さ
れ
る
こ
と
と
な
っ
た
  
た
 °
当
然
 
本
戦
で
あ
る
巫
女
選
び
の
峯
山
学
園
代
表
と
し
て
選
  
を
つ
け
て
ト
ッ
プ
と
な
っ
  
審
査
の
結
果
 
國
場
ゆ
う
こ
は
2
位
に
1
0
セ
ン
チ
以
上
の
大
差
  


























   

  
う
で
あ
る
 °
日
本
一
バ
ス
  
後
日
 
峯
山
新
聞
以
外
に
も
数
社
か
ら
取
材
の
依
頼
が
あ
っ
た
そ
  
  
聞
∨
 
  
人
の
バ
ス
ト
ア
ッ
プ
を
手
助
け
す
る
こ
と
だ
と
い
う
 °
∧
峯
山
新
  
る
仕
事
に
つ
い
て
色
ん
な
  
以
来
だ
と
い
う
 °
國
場
さ
ん
の
将
来
の
夢
は
自
分
も
育
乳
に
携
わ
  
サ
イ
ズ
は
学
園
始
ま
っ
て
  
育
乳
に
力
を
入
れ
る
こ
と
で
有
名
な
峯
山
学
園
だ
が
彼
女
ほ
ど
の
  
の
巨
乳
の
持
ち
主
だ
 °
  
1
5
2
セ
ン
チ
 
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
カ
ッ
プ
は
5
Z
と
い
う
規
格
外
  
ト
サ
イ
ズ
は
な
ん
と
  
た
の
は
本
学
園
の
三
年
生
 
國
場
ゆ
う
こ
さ
ん
∧
1
8
∨
 °
バ
ス
  
見
事
ト
ッ
プ
で
選
ば
れ
  
峯
山
学
園
で
は
1
1
月
某
日
 
恒
例
の
学
内
選
考
会
が
行
わ
れ
た
 °
  
巫
女
の
多
く
を
輩
出
す
る
  
 
毎
年
2
月
に
開
催
さ
れ
る
峯
山
神
社
の
乳
巫
女
選
び
に
向
け
 
  
う
こ
さ
ん
 °
  
 
峯
山
学
園
選
考
会
 
今
年
は
な
ん
と
1
5
2
セ
ン
チ
の
國
場
ゆ
  


























   

  
の
は
そ
う
い
う
も
の
だ
 °
し
か
し
 
彼
女
が
ま
た
巫
女
に
選
ば
れ
  
な
っ
た
 °
世
間
と
い
う
も
  
幸
い
し
ば
ら
く
す
る
と
メ
デ
ィ
ア
か
ら
の
問
い
合
わ
せ
も
下
火
に
  
だ
 °
  
け
る
必
要
が
あ
っ
た
か
ら
  
し
 
本
戦
で
あ
る
巫
女
選
び
に
備
え
て
バ
ス
ト
マ
ッ
サ
|
ジ
は
続
  
会
い
た
い
と
言
っ
て
い
た
  
は
毎
週
末
に
必
ず
会
っ
た
 °
彼
女
は
人
目
な
ど
気
に
せ
ず
に
俺
と
  
に
な
っ
て
か
ら
も
俺
た
ち
  
國
場
ゆ
う
こ
が
学
内
選
考
会
で
ト
ッ
プ
に
な
り
 
ち
ょ
っ
と
有
名
  
  
ま
う
か
も
し
れ
な
い
か
ら
だ
 °
  
と
が
で
き
な
く
な
っ
て
し
  
た
 °
あ
ま
り
に
有
名
に
な
っ
て
し
ま
え
ば
二
人
で
自
由
に
会
う
こ
  
少
し
複
雑
な
気
分
だ
っ
  
と
し
た
有
名
人
と
な
っ
て
し
ま
っ
た
よ
う
だ
っ
た
 °
俺
と
し
て
は
  
れ
國
場
ゆ
う
こ
は
ち
ょ
っ
  
い
 °
こ
れ
は
学
園
側
が
断
っ
た
そ
う
だ
が
 
ネ
ッ
ト
上
で
も
騒
が
  
フ
ァ
|
も
あ
っ
た
ら
し
  
ト
の
大
き
い
女
子
高
生
と
し
て
テ
レ
ビ
に
出
て
ほ
し
い
と
い
う
オ

   

  
だ
っ
た
 °
  
の
関
係
者
に
伝
え
る
こ
と
  
様
子
を
見
守
る
こ
と
だ
 °
そ
し
て
選
考
の
速
報
を
い
ち
早
く
学
園
  
連
れ
て
い
き
 
選
考
会
の
  
名
を
待
っ
て
い
た
 °
彼
女
の
役
目
は
候
補
者
た
ち
を
受
け
付
け
に
  
峯
山
神
社
の
前
で
そ
の
7
  
当
日
の
朝
 
北
前
ま
り
か
は
か
つ
て
自
分
が
巫
女
を
務
め
て
い
た
  
選
考
会
で
選
ば
れ
た
7
名
は
軽
く
こ
の
条
件
を
ク
リ
ア
し
て
い
た
 °
  
れ
て
い
る
 °
学
園
の
学
内
  
4
0
セ
ン
チ
以
上
∧
M
カ
ッ
プ
以
上
∨
が
足
切
り
ラ
イ
ン
と
言
わ
  
ッ
プ
と
ア
ン
ダ
|
の
差
が
  
も
バ
ス
ト
に
自
身
の
あ
る
高
校
3
年
の
女
生
徒
た
ち
で
 
概
ね
ト
  
っ
て
き
て
い
た
 °
い
ず
れ
  
各
地
か
ら
書
類
選
考
で
選
ば
れ
た
候
補
者
が
峯
山
神
社
へ
と
集
ま
  
い
よ
い
よ
峯
山
神
社
の
巫
女
選
び
の
当
日
 °
  
  
*
  
  
に
な
る
の
だ
ろ
う
と
想
像
す
る
と
少
し
嫌
な
気
分
に
な
っ
た
 °
  
た
ら
こ
れ
以
上
に
大
騒
ぎ
















   

  
迫
っ
て
い
る
の
で
一
先
ず
  
高
島
ト
モ
ア
に
連
絡
を
取
り
状
況
を
伝
え
る
 °
締
め
切
り
時
間
が
  
た
が
 
繋
が
ら
な
か
っ
た
 °
  
北
前
ま
り
か
は
焦
り
始
め
た
 °
彼
女
の
携
帯
電
話
に
連
絡
し
て
み
  
國
場
ゆ
う
こ
は
集
合
時
間
を
過
ぎ
て
も
現
れ
な
か
っ
た
 °
  
  
 
来
て
い
な
い
の
は
・
・
・
國
場
ゆ
う
こ
さ
ん
 
  
  
手
元
の
名
簿
を
確
認
し
 
集
ま
っ
て
い
る
生
徒
の
点
呼
を
と
る
 °
  
  
 
あ
れ
?
ま
だ
一
人
来
て
い
な
い
わ
 °
 
  
  
集
合
時
間
が
近
づ
き
 
彼
女
は
生
徒
の
数
を
確
認
す
る
 °
  
  
 
い
ち
 
に
 
さ
ん
 
し
 
ご
 
ろ
く
・
・
・
 
  
  
り
に
張
り
出
し
て
い
る
 °
  
れ
で
も
か
と
言
わ
ん
ば
か
  
い
ず
れ
の
生
徒
も
峯
山
学
園
の
制
服
姿
で
 
そ
の
制
服
の
前
を
こ
  
一
人
 
ま
た
一
人
と
候
補
者
が
集
合
場
所
に
や
っ
て
き
た
 °



   

  
か
っ
た
 °
  
す
よ
う
な
素
振
り
は
な
  
本
番
が
迫
り
ド
キ
ド
キ
し
て
い
る
と
言
っ
て
い
た
の
だ
 °
逃
げ
出
  
話
し
た
と
き
は
い
よ
い
よ
  
ま
さ
か
怖
く
な
っ
て
逃
げ
出
し
た
の
だ
ろ
う
か
?
昨
晩
 
彼
女
と
  
て
き
て
な
い
 °
  
ろ
に
も
直
ぐ
に
電
話
が
か
か
っ
て
き
た
 °
俺
の
と
こ
ろ
に
も
や
っ
  
た
 °
も
ち
ろ
ん
俺
の
と
こ
  
高
島
ト
モ
ア
は
寮
や
実
家
な
ど
方
々
手
を
尽
く
し
て
彼
女
を
探
し
  
  
 
何
て
こ
と
!
?
こ
ん
な
大
事
な
日
に
 °
 
  
  
い
か
 
電
波
の
届
か
な
い
場
所
に
い
る
ら
し
か
っ
た
 °
  
た
 °
電
源
が
入
っ
て
い
な
  
高
島
ト
モ
ア
も
彼
女
の
携
帯
に
電
話
を
か
け
た
が
繋
が
ら
な
か
っ
  
  
し
か
し
 
國
場
ゆ
う
こ
は
い
つ
ま
で
経
っ
て
も
現
れ
な
か
っ
た
 °
  
入
れ
た
 °
  
で
待
っ
て
ほ
し
い
と
申
し
  
6
名
の
生
徒
を
連
れ
て
受
付
を
済
ま
せ
 
ま
だ
も
う
一
人
来
る
の

   

  
  
と
に
気
が
つ
い
た
 °
  
度
し
か
入
っ
て
い
な
い
こ
  
ふ
と
俺
は
朝
か
ら
何
も
食
べ
て
お
ら
ず
 
ポ
ケ
ッ
ト
に
は
小
銭
程
  
た
 °
  
も
う
夕
方
だ
っ
た
 °
神
社
の
巫
女
選
び
は
と
っ
く
に
終
わ
っ
て
い
  
ど
こ
に
も
彼
女
は
見
つ
か
ら
な
か
っ
た
 °
  
全
部
回
っ
た
 °
し
か
し
 
  
回
っ
た
 °
峯
山
市
 
隣
の
豊
丘
市
 
心
当
た
り
の
あ
る
と
こ
ろ
は
  
と
こ
ろ
を
順
番
に
探
し
て
  
高
島
ト
モ
ア
と
連
絡
を
取
り
な
が
ら
國
場
ゆ
う
こ
が
行
き
そ
う
な
  
俺
は
彼
女
を
探
す
た
め
に
マ
ン
シ
ョ
ン
を
飛
び
出
し
た
 °
  
  
∧
一
体
ど
こ
へ
行
っ
た
ん
だ
!
?
∨
  
  
で
繋
が
ら
な
か
っ
た
 °
  
俺
も
彼
女
の
電
話
に
掛
け
て
み
た
が
 
電
源
が
切
れ
て
い
る
よ
う
  
考
え
を
巡
ら
せ
た
 °
居
て
も
た
っ
て
も
い
ら
れ
な
か
っ
た
 °
  
害
か
?
俺
は
い
ろ
い
ろ
と
  
何
か
の
事
件
に
巻
き
込
ま
れ
た
の
か
?
そ
れ
と
も
ラ
イ
バ
ル
の
妨

   

  
連
絡
し
た
 °
  
俺
は
す
ぐ
学
園
に
電
話
を
入
れ
て
國
場
ゆ
う
こ
が
見
つ
か
っ
た
と
  
  
 
先
生
:
:
:
:
:
:
 °
ご
め
ん
な
さ
い
 
私
:
:
:
:
 
  
  
 
探
し
た
よ
 °
い
つ
か
ら
こ
こ
で
待
っ
て
た
ん
だ
い
?
 
  
  
駆
け
寄
っ
て
き
た
俺
の
姿
に
気
づ
い
て
顔
を
上
に
あ
げ
た
 °
  
地
面
を
見
て
い
た
 °
  
夕
暮
れ
が
迫
る
中
 
彼
女
は
花
壇
の
縁
に
腰
か
け
て
俯
き
加
減
に
  
  
 
國
場
さ
ん
・
・
・
 
  
  
見
慣
れ
た
峯
山
学
園
の
制
服
で
あ
っ
た
 °
  
ん
で
い
る
の
が
見
え
た
 °
  
マ
ン
シ
ョ
ン
の
エ
ン
ト
ラ
ン
ス
の
前
で
 
一
人
の
女
性
が
座
り
込
  
し
た
 °
  
俺
は
体
制
を
立
て
直
す
べ
く
自
分
の
マ
ン
シ
ョ
ン
へ
戻
る
こ
と
に
  
  
∧
く
そ
っ
!
一
旦
 
出
直
し
だ
 °

   

  
  
俺
は
彼
女
の
言
葉
の
続
き
を
待
っ
た
 °
  
  
で
も
:
:
:
:
:
:
 
  
し
て
い
ま
す
 °
  
に
ま
で
な
る
こ
と
が
で
き
ま
し
た
 °
す
っ
ご
く
 
す
っ
ご
く
感
謝
  
た
 °
お
陰
で
学
園
で
一
番
  
を
諦
め
か
け
て
い
ま
し
た
 °
そ
ん
な
と
き
に
先
生
と
出
会
い
ま
し
  
が
大
き
く
な
ら
な
く
て
夢
  
か
ら
ず
っ
と
巫
女
に
な
る
こ
と
に
憧
れ
て
い
ま
し
た
 °
で
も
 
  
し
た
 °
私
も
初
等
部
の
頃
  
 
峯
山
神
社
の
巫
女
に
な
る
こ
と
は
全
て
の
女
の
子
達
の
憧
れ
で
  
  
俺
は
彼
女
が
口
を
開
く
の
を
待
っ
た
 °
  
し
落
ち
着
い
た
よ
う
だ
っ
た
 °
  
ソ
フ
ァ
|
に
座
ら
せ
て
温
か
い
ス
|
プ
を
飲
ま
せ
る
と
彼
女
は
少
  
  
ず
マ
ン
シ
ョ
ン
の
部
屋
へ
と
連
れ
て
上
が
っ
た
 °
  
理
由
を
聞
く
前
に
俺
は
ま
  
寒
空
の
下
で
長
時
間
待
っ
て
い
た
彼
女
は
寒
さ
で
震
え
て
い
た
 °

   

  
  
な
い
で
欲
し
い
 °
 
  
ず
っ
と
そ
う
思
っ
て
い
た
ん
だ
 °
僕
の
傍
に
い
て
ど
こ
に
も
行
か
  
キ
ミ
を
探
し
な
が
ら
も
  
ま
し
だ
 °
今
朝
 
キ
ミ
が
居
な
く
な
っ
た
と
聞
い
て
 
そ
し
て
 
  
ら
い
な
ら
死
ん
だ
ほ
う
が
  
 
國
場
さ
ん
・
・
・
僕
だ
っ
て
そ
う
だ
よ
 °
キ
ミ
と
会
え
な
い
く
  
  
き
寄
せ
た
 °
  
俺
は
泣
い
て
し
ゃ
く
り
あ
げ
な
が
ら
話
す
彼
女
の
肩
を
静
か
に
抱
  
  
ん
:
:
:
:
 
  
ぎ
て
耐
え
ら
れ
ま
せ
  
自
由
に
会
え
な
く
な
り
ま
す
 °
そ
ん
な
の
は
今
の
私
に
は
淋
し
す
  
香
川
先
生
と
は
今
み
た
い
に
  
乳
を
頑
張
っ
て
き
ま
し
た
:
:
:
:
 °
巫
女
に
な
れ
ば
三
年
の
間
 
  
と
い
う
一
心
で
今
ま
で
育
  
も
 
先
生
た
ち
 
学
園
の
ス
タ
ッ
フ
の
方
の
期
待
に
答
え
な
き
ゃ
  
て
い
た
の
で
す
 °
そ
れ
で
  
 
い
つ
か
ら
か
 
私
の
中
で
巫
女
に
な
る
こ
と
へ
の
想
い
は
薄
れ

   

  
生
と
生
徒
の
恋
愛
と
同
じ
よ
う
に
扱
わ
れ
て
い
る
感
が
あ
っ
た
 °
  
女
学
園
に
あ
り
が
ち
な
先
  
だ
と
い
う
こ
と
に
な
っ
て
い
た
 °
確
か
に
そ
れ
が
事
実
な
の
だ
が
  
に
な
る
よ
り
も
俺
を
選
ん
  
形
と
し
て
は
 
國
場
ゆ
う
こ
が
育
乳
師
の
俺
に
恋
を
し
て
 
巫
女
  
驚
い
た
の
は
峯
山
学
園
の
ス
タ
ッ
フ
と
世
間
の
人
た
ち
だ
っ
た
 °
  
ち
に
挙
げ
る
予
定
だ
 °
  
彼
女
の
卒
業
を
待
っ
て
 
俺
た
ち
は
婚
約
を
し
た
 °
式
は
近
い
う
  
  
*
  
  
た
 °
  
体
を
抱
き
寄
せ
て
温
め
  
そ
の
後
 
俺
た
ち
は
長
い
キ
ス
を
し
た
 °
そ
し
て
彼
女
の
冷
え
た
  
  
 
は
い
 °
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
 °
 
  
  
 
結
婚
し
よ
う
 °
ず
っ
と
二
人
一
緒
に
い
よ
う
 °
 
  
  
 
先
生
:
:
:
:
:
:
 
















   

  
の
準
備
も
整
っ
て
い
る
の
  
ク
リ
ニ
ッ
ク
か
ら
帰
っ
て
く
る
と
部
屋
は
明
る
く
暖
か
く
 
食
事
  
き
て
い
た
 °
  
今
ま
で
一
人
住
ま
い
だ
っ
た
俺
の
マ
ン
シ
ョ
ン
に
彼
女
が
越
し
て
  
  
*
  
  
取
り
上
げ
な
か
っ
た
 °
  
め
る
こ
と
と
な
り
 
学
園
と
し
て
も
國
場
ゆ
う
こ
の
一
件
は
特
に
  
園
の
名
前
を
世
に
知
ら
し
  
の
生
徒
た
ち
が
選
ば
れ
る
と
い
う
結
果
に
な
っ
た
 °
ま
た
峯
山
学
  
た
も
の
の
 
見
事
に
学
園
  
巫
女
選
び
に
つ
い
て
は
 
エ
|
ス
の
國
場
ゆ
う
こ
が
不
在
で
あ
っ
  
こ
そ
の
こ
と
で
あ
っ
た
が
 °
  
ッ
フ
た
ち
の
力
が
あ
っ
て
  
も
ち
ろ
ん
俺
一
人
の
成
果
で
は
な
く
 
真
壁
隆
盛
や
優
秀
な
ス
タ
  
よ
う
だ
っ
た
 °
  
に
ま
で
育
て
上
げ
た
腕
利
き
の
育
乳
師
と
し
て
評
価
を
得
て
い
る
  
徒
を
学
園
ト
ッ
プ
の
巨
乳
  
俺
に
対
す
る
批
判
的
な
意
見
も
あ
っ
た
よ
う
だ
が
 
貧
乳
の
女
生

   

  
  
完
  
  
あ
げ
た
い
の
だ
と
い
う
 °
  
ト
ア
ッ
プ
を
手
助
け
し
て
  
を
始
め
て
い
た
 °
自
分
の
よ
う
に
胸
で
悩
ん
で
い
た
女
性
の
バ
ス
  
ら
も
育
乳
師
に
な
る
勉
強
  
彼
女
は
時
々
 
俺
の
ク
リ
ニ
ッ
ク
で
受
付
を
手
伝
い
な
が
ら
 
  
  
が
俺
の
日
課
に
な
っ
た
 °
  
玄
関
先
で
キ
ス
を
し
な
が
ら
彼
女
の
豊
満
な
バ
ス
ト
に
触
れ
る
の
  
て
い
る
 °
  
胸
の
膨
ら
み
が
は
み
出
し
  
エ
プ
ロ
ン
の
左
右
か
ら
白
い
ニ
ッ
ト
に
包
ま
れ
た
柔
ら
か
そ
う
な
  
く
れ
る
彼
女
 °
  
大
き
な
胸
を
ぽ
よ
ん
ぽ
よ
ん
と
揺
ら
し
な
が
ら
玄
関
で
出
迎
え
て
  
  
 
先
生
 
お
か
え
り
な
さ
|
い
!
 
  
  
が
嬉
し
か
っ
た
 °



















  > ≫