い
わ
ゆ
る
フ
リ
|
タ
|
で
 
今
か
ら
コ
ン
ビ
ニ
エ
ン
ス
ス
ト
ア
の
  
バ
イ
ト
を
掛
け
持
ち
す
る
  
そ
ろ
そ
ろ
仕
事
に
行
く
時
間
だ
っ
た
 °
彼
女
は
い
く
つ
か
の
ア
ル
  
  
 
今
日
は
こ
れ
く
ら
い
に
し
て
お
こ
う
 °
 
  
  
あ
り
 
ノ
|
ト
に
ず
ら
り
と
羅
列
さ
れ
て
い
る
 °
  
れ
ら
は
い
ず
れ
も
人
名
で
  
平
ま
な
み
は
ノ
|
ト
の
上
に
何
や
ら
字
を
書
き
こ
ん
で
い
た
 °
  
み
が
飾
ら
れ
て
い
て
こ
こ
の
主
が
女
性
で
あ
る
こ
と
が
わ
か
る
 °
  
な
可
愛
ら
し
い
ぬ
い
ぐ
る
  
は
あ
ま
り
置
か
れ
て
い
な
い
 °
所
々
 
若
い
女
の
子
が
好
み
そ
う
  
ん
と
整
頓
さ
れ
て
お
り
物
  
な
一
人
暮
ら
し
用
で
お
世
辞
に
も
広
い
と
は
言
え
な
い
が
 
き
ち
  
が
い
る
 °
部
屋
は
一
般
的
  
薄
暗
い
暗
い
部
屋
の
中
で
机
に
向
か
っ
て
書
き
物
を
し
て
い
る
女
  
1
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
ち
ち
の
|
と





















≪ <  

  
  
先
ほ
ど
彼
女
が
書
い
て
い
た
ノ
|
ト
に
関
係
す
る
こ
と
だ
っ
た
 °
  
が
で
き
て
い
た
 °
そ
れ
は
  
し
か
し
 
最
近
彼
女
に
は
生
き
が
い
と
も
言
え
る
一
つ
の
楽
し
み
  
考
え
て
い
た
 °
  
に
行
く
の
は
気
が
重
く
 
コ
ン
ビ
ニ
は
そ
ろ
そ
ろ
辞
め
よ
う
か
と
  
じ
め
ら
れ
て
い
た
 °
仕
事
  
ア
ル
バ
イ
ト
先
で
は
周
り
の
ス
タ
ッ
フ
か
ら
は
馬
鹿
に
さ
れ
 
  
ド
店
の
面
接
な
ど
は
大
抵
落
ち
て
し
ま
う
 °
  
居
酒
屋
や
フ
ァ
ス
ト
フ
|
  
気
が
回
る
方
で
も
な
く
性
格
も
明
る
く
は
な
か
っ
た
 °
そ
の
た
め
  
た
 °
ど
ち
ら
か
と
言
え
ば
  
彼
女
は
背
が
低
く
て
身
体
が
細
く
 
力
が
な
く
 
動
作
も
遅
か
っ
  
ほ
か
な
い
 °
  
す
る
た
め
に
は
そ
う
す
る
  
思
っ
た
こ
と
は
な
く
 
で
き
れ
ば
働
き
た
く
は
な
か
っ
た
が
生
活
  
い
る
 °
仕
事
を
面
白
い
と
  
就
職
活
動
に
失
敗
し
て
か
ら
彼
女
は
ア
ル
バ
イ
ト
で
生
活
を
し
て
  
だ
っ
た
 °
  
バ
イ
ト
に
向
か
う
と
こ
ろ
















   

  
 
何
か
し
ら
こ
れ
?
 
  
  
だ
っ
た
 °
  
が
ひ
か
れ
て
し
ま
っ
た
の
  
フ
ァ
ン
シ
|
で
可
愛
ら
し
い
装
丁
の
ノ
|
ト
だ
っ
た
の
で
つ
い
気
  
通
り
過
ぎ
る
の
だ
が
 
  
ノ
|
ト
が
落
ち
て
い
る
の
に
気
が
付
い
た
 °
普
通
な
ら
気
に
せ
ず
  
と
ベ
ン
チ
の
横
に
一
冊
の
  
と
ぼ
と
ぼ
と
歩
き
な
が
ら
近
所
の
公
園
を
横
切
っ
て
い
る
と
 
  
だ
っ
た
 °
  
い
 
商
品
を
間
違
え
た
 
会
計
を
間
違
え
た
な
ど
と
い
っ
た
こ
と
  
業
が
遅
い
 
気
が
利
か
な
  
て
 
精
神
的
に
も
へ
と
へ
と
に
な
っ
て
い
た
 °
怒
ら
れ
る
の
は
作
  
々
怒
ら
れ
て
 
な
じ
ら
れ
  
い
時
間
だ
っ
た
 °
ど
ち
ら
の
バ
イ
ト
先
で
も
ミ
ス
し
た
こ
と
を
散
  
終
わ
っ
た
の
は
か
な
り
遅
  
そ
の
日
は
ス
|
パ
|
と
コ
ン
ビ
ニ
を
掛
け
持
ち
し
た
の
で
仕
事
が
  
話
は
一
週
間
前
に
さ
か
の
ぼ
る
 °
  
  
*

























   

  
背
の
高
い
美
し
い
女
性
が
彼
女
を
見
下
ろ
し
て
い
る
 °
髪
は
金
髪
  
突
然
 
ま
な
み
の
目
の
前
に
人
が
立
っ
て
い
た
の
だ
 °
  
  
 
き
ゃ
あ
あ
っ
!
!
 
  
  
 
拾
っ
て
く
だ
さ
っ
て
あ
り
が
と
う
 °
 
  
  
気
配
を
感
じ
た
 °
  
ど
う
い
う
意
味
だ
ろ
う
か
?
そ
う
思
っ
た
瞬
間
 
辺
り
に
何
か
の
  
書
か
れ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
ま
な
み
は
ノ
|
ト
を
手
に
取
っ
て
広
げ
て
み
た
が
 
中
に
は
何
も
  
  
 
ち
ち
の
|
と
?
 
  
  
表
紙
に
書
か
れ
た
文
字
で
あ
る
 °
  
か
し
 
気
に
な
っ
た
の
は
  
生
く
ら
い
の
子
が
忘
れ
て
い
っ
た
の
で
は
な
い
か
と
思
っ
た
 °
  
ば
め
ら
れ
て
い
る
 °
小
学
  
ノ
|
ト
は
B
5
サ
イ
ズ
く
ら
い
で
 
表
紙
に
は
細
か
い
花
が
ち
り
  


























   

  
ま
な
み
に
は
何
の
こ
と
か
 
ま
た
何
が
起
き
た
の
か
さ
っ
ぱ
り
理
  
  
ナ
 °
 
  
 
そ
の
ノ
|
ト
は
 
ち
ち
の
|
と
 
よ
 
そ
し
て
私
は
乳
神
の
ル
  
  
女
は
そ
れ
に
は
直
接
答
え
な
か
っ
た
 °
  
  
 
こ
れ
は
あ
な
た
の
も
の
?
 
  
  
拾
っ
た
ノ
|
ト
が
彼
女
の
も
の
か
尋
ね
た
 °
  
気
お
く
れ
し
な
が
ら
  
ま
な
み
は
そ
の
女
性
の
あ
ま
り
の
美
し
さ
に
圧
倒
さ
れ
て
し
ま
い
 °
  
か
な
谷
間
を
覗
か
せ
て
い
る
 °
  
突
き
出
さ
せ
て
お
り
 
  
る
 °
そ
し
て
驚
く
べ
き
は
そ
の
胸
元
で
 
ド
レ
ス
の
前
を
大
き
く
  
れ
の
ラ
イ
ン
を
描
い
て
い
  
ら
伸
び
る
手
足
は
す
ら
り
と
長
い
 °
腰
は
細
く
女
性
ら
し
い
く
び
  
ス
を
着
て
い
て
 
そ
こ
か
  
本
人
離
れ
し
た
顔
で
あ
る
 °
少
し
透
け
感
の
あ
る
シ
ッ
ク
な
ド
レ
  
で
目
鼻
立
ち
の
整
っ
た
日
















   

  
お
ろ
か
あ
ば
ら
骨
が
浮
き
  
れ
る
く
ら
い
に
痩
せ
て
お
り
 
手
足
は
細
く
 
胸
に
は
膨
ら
み
は
  
っ
た
彼
女
は
気
味
悪
が
ら
  
み
の
な
い
貧
乳
 
い
や
無
乳
だ
っ
た
 °
幼
い
頃
か
ら
身
体
の
弱
か
  
に
彼
女
の
胸
は
全
く
膨
ら
  
ま
な
み
は
自
分
の
胸
の
こ
と
を
言
わ
れ
て
ド
キ
リ
と
し
た
 °
確
か
  
  
胸
の
女
で
も
ね
 °
 
  
た
と
え
ど
ん
な
に
豊
か
な
  
 
貴
女
み
た
い
に
平
ら
な
ム
ネ
に
な
っ
て
し
ま
う
っ
て
こ
と
よ
 °
  
  
 
ム
ネ
を
失
う
・
・
・
っ
て
?
 
  
  
ネ
を
失
う
 °
 
  
 
そ
の
ノ
|
ト
に
名
前
を
書
か
れ
た
者
は
立
ち
ど
こ
ろ
に
そ
の
ム
  
  
と
思
っ
た
 °
  
に
な
っ
た
ん
じ
ゃ
な
い
か
  
変
な
名
前
の
ノ
|
ト
に
乳
神
と
名
乗
る
美
女
 °
自
分
の
頭
が
ヘ
ン
  
解
が
で
き
な
か
っ
た
 °

















   

  
彼
女
は
声
に
出
さ
ず
に
も
う
一
度
繰
り
返
し
た
 °
こ
ん
な
こ
と
現
  
  
 
ム
ネ
を
失
う
・
・
・
 
  
  
よ
う
に
な
っ
て
い
た
 °
  
ま
な
み
は
い
つ
し
か
胸
の
大
き
い
女
 
胸
を
自
慢
す
る
女
を
憎
む
  
で
あ
っ
た
 °
  
然
 
水
泳
の
時
間
は
無
乳
の
彼
女
に
と
っ
て
地
獄
の
よ
う
な
時
間
  
女
の
子
で
あ
っ
た
 °
  
た
 °
男
子
た
ち
が
好
き
な
の
は
ス
タ
イ
ル
の
よ
く
 
胸
の
豊
か
な
  
は
相
手
に
も
さ
れ
な
か
っ
  
ネ
 
平
ま
な
板
な
ど
と
あ
だ
名
を
つ
け
ら
れ
た
 °
男
子
た
ち
か
ら
  
リ
 
ガ
リ
ガ
リ
 
平
ム
  
ク
ラ
ス
の
女
子
か
ら
は
惨
め
な
目
で
見
ら
れ
 
馬
鹿
に
さ
れ
 
  
少
女
の
よ
う
で
あ
り
 
胸
も
平
ら
な
ま
ま
変
わ
ら
な
か
っ
た
 °
  
中
で
 
自
分
だ
け
は
幼
い
  
た
女
子
た
ち
の
身
体
が
ど
ん
ど
ん
と
発
達
し
大
き
く
な
っ
て
い
く
  
た
 °
第
二
次
性
徴
を
迎
え
  
こ
の
貧
弱
な
身
体
の
せ
い
で
学
校
で
は
ず
っ
と
い
じ
め
ら
れ
て
き
  
出
て
い
た
 °





















   

  
み
は
ほ
と
ん
ど
な
く
 
  
姿
見
に
彼
女
の
貧
弱
な
身
体
が
映
っ
て
い
る
 °
下
着
の
胸
の
膨
ら
  
彼
女
は
服
を
脱
い
で
部
屋
着
へ
と
着
替
え
た
 °
  
悪
い
冗
談
に
違
い
な
い
 °
  
ノ
|
ト
 
こ
れ
は
た
だ
の
  
女
 
あ
れ
は
夢
だ
っ
た
の
だ
ろ
う
か
?
ち
ち
の
|
と
と
書
か
れ
た
  
乳
神
と
名
乗
る
金
髪
美
  
先
ほ
ど
公
園
で
起
こ
っ
た
出
来
事
が
現
実
と
は
思
え
な
か
っ
た
 °
  
家
に
帰
り
 
ま
な
み
は
そ
の
ノ
|
ト
を
机
の
上
に
放
り
投
げ
た
 °
  
  
  
を
消
し
た
 °
  
そ
う
い
う
と
乳
神
と
名
乗
る
女
は
忽
然
と
彼
女
の
目
の
前
か
ら
姿
  
  
浮
か
べ
な
が
ら
ね
 °
じ
ゃ
 
ま
た
い
ず
れ
 °
 
  
る
と
い
い
わ
 °
顔
を
思
い
  
 
信
じ
ら
れ
な
く
て
当
然
よ
 °
試
し
に
誰
か
の
名
前
を
書
い
て
み
  
  
な
か
っ
た
 °
  
実
に
起
こ
り
得
る
わ
け
が
















   

  
書
く
こ
と
に
し
た
 °
私
を
  
彼
女
は
手
軽
な
と
こ
ろ
で
コ
ン
ビ
ニ
バ
イ
ト
先
の
二
人
の
名
前
を
  
人
も
思
い
浮
か
ん
だ
 °
  
今
ま
で
い
じ
め
ら
れ
続
け
て
き
た
彼
女
に
は
憎
い
と
思
う
女
が
何
  
  
 
試
し
に
名
前
を
書
い
て
み
る
?
で
も
だ
れ
の
名
前
を
?
 
  
  
を
広
げ
て
み
た
 °
  
し
か
し
 
や
は
り
ノ
|
ト
が
気
に
な
っ
て
机
の
上
に
座
っ
て
そ
れ
  
お
う
と
思
っ
た
 °
  
今
日
は
も
う
夜
が
遅
い
 °
シ
ャ
ワ
|
を
浴
び
て
す
ぐ
に
寝
て
し
ま
  
  
う
わ
け
?
そ
ん
な
バ
カ
な
 °
 
  
う
な
ム
ネ
に
な
っ
て
し
ま
  
 
あ
の
ノ
|
ト
に
名
前
を
書
け
ば
 
書
か
れ
た
人
は
皆
 
私
の
よ
  
  
い
な
い
 °
  
A
A
A
カ
ッ
プ
 °
中
学
の
頃
か
ら
サ
イ
ズ
は
1
ミ
リ
も
変
わ
っ
て
  
バ
ス
ト
は
7
0
セ
ン
チ
の
  
ラ
ジ
ャ
|
を
す
る
意
味
は
ほ
と
ん
ど
な
い
と
言
っ
て
よ
か
っ
た
 °

   

  
よ
う
呼
ば
れ
た
 °
ま
た
怒
ら
れ
る
 °
今
日
は
何
で
怒
ら
れ
る
の
だ
  
ッ
フ
ル
|
ム
の
方
に
来
る
  
お
客
が
途
切
れ
た
タ
イ
ミ
ン
グ
で
 
私
は
店
員
の
二
人
か
ら
ス
タ
  
  
 
平
さ
ん
 
ち
ょ
っ
と
!
 
  
  
次
の
日
 
コ
ン
ビ
ニ
に
て
 °
  
  
*
  
  
た
 °
  
気
分
が
少
し
す
っ
き
り
し
  
を
ノ
|
ト
に
書
い
た
 °
バ
カ
バ
カ
し
い
と
思
い
な
が
ら
も
書
く
と
  
な
が
ら
彼
女
た
ち
の
名
前
  
ま
な
み
は
あ
の
女
が
言
っ
た
よ
う
に
一
人
ず
つ
顔
を
思
い
浮
か
べ
  
  
 
崎
谷
祥
子
:
:
:
:
 
西
峰
香
:
:
:
:
 
  
  
女
達
だ
 °
  
馬
鹿
に
し
 
い
つ
も
二
人
で
グ
ル
に
な
っ
て
い
じ
め
て
く
る
嫌
な

   

  
祥
子
と
親
友
の
西
峰
香
が
言
っ
た
 °
  
  
 
私
で
す
か
 °
私
は
も
と
も
と
胸
が
無
い
ん
で
 °
 
  
  
そ
ん
な
こ
と
な
い
?
 
  
い
て
 °
見
る
と
ム
ネ
が
平
ら
に
な
っ
ち
ゃ
っ
て
る
の
 °
平
さ
ん
は
  
バ
ガ
バ
で
変
な
の
に
気
付
  
ぐ
は
気
づ
か
な
か
っ
た
ん
だ
け
ど
 
ブ
ラ
を
し
た
と
き
に
妙
に
ガ
  
く
な
っ
て
い
た
の
 °
起
き
て
す
  
 
今
朝
起
き
た
ら
ね
 °
ム
ネ
が
小
さ
く
:
:
:
:
っ
て
い
う
か
無
  
  
ま
な
み
よ
り
3
つ
年
上
の
崎
谷
祥
子
が
言
う
 °
  
  
 
む
 
ム
ネ
で
す
か
 °
 
  
  
か
し
く
な
い
?
 
  
 
ね
え
 
平
さ
ん
 °
変
な
こ
と
聞
く
け
ど
・
・
・
ム
ネ
 
何
か
お
  
  
部
屋
に
入
る
と
二
人
は
真
剣
な
顔
を
し
て
私
を
見
た
 °
  
ろ
う
か
と
覚
悟
を
決
め
て
















   

  
か
い
て
い
た
 °
  
し
 
西
峰
は
彼
氏
に
振
ら
れ
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
と
心
配
で
べ
そ
を
  
美
乳
を
失
っ
て
自
信
喪
失
  
然
の
A
A
A
カ
ッ
プ
と
な
っ
て
い
た
 °
崎
谷
は
自
慢
に
し
て
い
た
  
え
 
二
人
と
も
ま
な
板
同
  
崎
谷
祥
子
の
D
カ
ッ
プ
と
西
峰
香
の
C
カ
ッ
プ
の
胸
は
忽
然
と
消
  
ま
あ
見
ろ
 
と
叫
ん
で
や
り
た
か
っ
た
 °
  
を
し
て
い
る
こ
と
に
 
ざ
  
た
 °
そ
し
て
 
い
つ
も
自
分
を
い
じ
め
て
く
る
二
人
が
悲
壮
な
顔
  
内
心
す
ご
く
興
奮
し
て
い
  
私
は
ク
|
ル
に
装
い
な
が
ら
も
ノ
|
ト
が
本
当
で
あ
っ
た
こ
と
に
  
る
よ
う
だ
 °
  
い
る
よ
う
に
見
え
る
が
ブ
ラ
に
タ
オ
ル
を
詰
め
て
ご
ま
か
し
て
い
  
つ
も
の
よ
う
に
膨
ら
ん
で
  
彼
女
た
ち
は
二
人
揃
っ
て
泣
き
そ
う
に
な
っ
て
い
る
 °
胸
元
は
い
  
  
一
体
ど
う
し
た
ら
い
い
か
わ
か
ら
な
く
て
 °
 
  
ネ
も
平
ら
に
な
っ
て
て
 °
  
 
私
も
な
の
 °
祥
子
か
ら
聞
い
て
ま
さ
か
と
思
っ
た
ら
自
分
の
ム
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
┌┐
ム
ネ
を
吸
い
取
っ
た
合
計
人
数
‥
2
└┘
  
  
書
い
て
や
ろ
う
か
と
考
え
を
巡
ら
せ
て
い
た
の
だ
っ
た
 °
  
事
中
も
次
に
誰
の
名
前
を
  
二
人
が
帰
っ
た
あ
と
も
ま
な
み
の
興
奮
は
収
ま
ら
な
か
っ
た
 °
  
  
 
ふ
ふ
 °
あ
の
ノ
|
ト
使
え
る
わ
 °
 
  


























  > ≫