先
生
は
怪
訝
な
表
情
を
浮
か
べ
て
指
輪
を
見
て
い
る
 °
う
ま
く
切
  
指
輪
を
切
断
す
る
甲
高
い
金
属
音
が
診
察
室
に
鳴
り
響
い
た
 °
  
  
∧
キ
ュ
イ
|
|
|
ン
 
ガ
ガ
ガ
ガ
ガ
・
・
・
∨
  
  
タ
|
が
準
備
さ
れ
た
 °
  
わ
た
し
は
先
生
に
事
情
を
説
明
す
る
と
指
輪
を
切
る
た
め
の
カ
ッ
  
待
っ
て
い
る
と
よ
う
や
く
診
察
室
へ
と
呼
ば
れ
た
 °
  
ど
き
ど
き
し
な
が
ら
  
ち
ゃ
っ
た
ら
病
院
中
で
大
騒
ぎ
に
な
っ
て
し
ま
う
か
も
し
れ
な
い
 °
  
も
し
次
の
成
長
が
起
き
  
病
院
は
患
者
で
溢
れ
て
い
て
な
か
な
か
順
番
が
回
っ
て
こ
な
い
 °
  
高
く
 
胸
も
大
き
く
な
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
  
の
ほ
う
が
は
る
か
に
背
が
  
な
ぎ
さ
が
心
配
し
て
わ
た
し
に
付
い
て
来
て
く
れ
る
 °
今
で
は
私
  
視
線
を
浴
び
て
い
る
 °
  
学
校
を
出
て
病
院
へ
向
か
う
 °
歩
く
だ
け
で
胸
が
揺
れ
 
周
囲
の
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
育
ち
す
ぎ
に
注
意



















≪ <  

  
し
ま
っ
た
 °
1
7
4
セ
ン
チ
の
身
長
も
ま
た
1
0
セ
ン
チ
以
上
大
  
う
と
ま
た
ボ
タ
ン
が
弾
け
て
  
L
L
サ
イ
ズ
の
ブ
ラ
ウ
ス
の
胸
が
パ
ン
パ
ン
に
膨
ら
ん
だ
か
と
思
  
  
∧
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
っ
・
・
・
・
パ
チ
ン
ッ
!
∨
  
  
 
ま
た
体
が
大
き
く
な
る
!
!
 
  
  
そ
の
と
き
 
ま
た
指
輪
が
光
り
始
め
た
 °
  
と
し
て
病
院
を
出
た
 °
  
げ
 
が
っ
く
り
と
肩
を
落
  
私
は
待
っ
て
い
て
く
れ
て
い
た
な
ぎ
さ
に
ダ
メ
だ
っ
た
こ
と
を
告
  
  
も
切
れ
ま
せ
ん
ね
 °
 
  
 
こ
の
指
輪
は
普
通
の
金
属
じ
ゃ
な
い
よ
う
で
す
 °
ど
う
や
っ
て
  
  
よ
う
だ
 °
  
が
ど
う
し
て
も
切
れ
な
い
  
先
生
は
カ
ッ
タ
|
の
刃
を
取
り
換
え
て
も
う
一
度
や
っ
て
く
れ
た
  
れ
な
い
み
た
い
 °



















   

  
∧
ぶ
る
る
ん
っ
 
ぶ
る
る
ん
っ
 
ぶ
る
る
ん
っ
・
・
・
∨
  
  
大
き
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
ら
も
う
歩
け
な
い
 °
  
っ
た
 °
も
し
 
こ
れ
以
上
  
て
も
重
く
 
両
手
で
下
か
ら
抱
え
て
立
っ
て
い
る
の
が
や
っ
と
だ
  
き
い
サ
イ
ズ
で
重
さ
も
と
  
ま
た
大
き
く
な
っ
た
胸
は
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
よ
り
も
一
回
り
大
  
  
∧
急
が
な
き
ゃ
:
:
:
:
∨
  
  
す
し
か
な
い
 °
  
公
園
に
行
っ
て
老
婆
を
探
  
避
け
る
よ
う
に
歩
い
た
 °
こ
う
な
っ
た
ら
あ
の
指
輪
を
も
ら
っ
た
  
ら
道
行
く
人
々
の
視
線
を
  
わ
た
し
は
ボ
タ
ン
が
は
じ
け
た
ブ
ラ
ウ
ス
の
前
を
手
で
隠
し
な
が
  
  
 
な
ん
だ
 
あ
の
デ
カ
女
 °
す
げ
ぇ
乳
し
て
る
ぜ
 °
 
  
  
台
の
半
ば
に
な
っ
た
 °
  
き
く
な
り
1
8
0
セ
ン
チ
















   

  
 
う
っ
・
・
・
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
っ
・
・
・
・
あ
|
ん
 
も
う
 
誰
か
何
  
  
∧
パ
チ
ン
ッ
!
パ
チ
ン
ッ
!
∨
  
  
が
ひ
か
り
始
め
た
 °
  
疲
れ
て
へ
と
へ
と
に
な
っ
て
足
を
止
め
た
そ
の
と
き
 
ま
た
指
輪
  
こ
と
は
で
き
な
か
っ
た
 °
  
し
ば
ら
く
公
園
を
探
し
て
回
っ
た
け
れ
ど
老
婆
の
姿
を
見
つ
け
る
  
  
∧
早
く
お
婆
さ
ん
を
見
つ
け
な
き
ゃ
:
:
:
:
∨
  
  
を
捜
す
こ
と
に
し
た
 °
  
け
し
て
公
園
の
中
と
周
辺
  
し
か
し
 
見
渡
し
て
も
老
婆
の
姿
は
な
く
な
ぎ
さ
と
二
人
で
手
分
  
な
ん
と
か
公
園
に
到
着
し
 
わ
た
し
は
老
婆
の
姿
を
探
し
た
 °
  
  
し
ま
う
 °
  
下
左
右
に
盛
大
に
暴
れ
て
  
歩
く
だ
け
で
も
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
れ
る
胸
は
軽
く
走
っ
た
だ
け
で
上
  


























   

  
  
 
外
せ
ん
こ
と
も
な
い
が
・
・
・
い
い
の
か
い
?
 
  
  
 
お
願
い
し
ま
す
!
こ
れ
 
外
し
て
く
だ
さ
い
!
 
  
  
た
 °
  
あ
の
老
婆
だ
っ
た
 °
顔
を
上
げ
る
と
目
の
前
に
老
婆
が
立
っ
て
い
  
  
 
あ
れ
ま
あ
 
指
輪
が
外
せ
な
く
な
っ
ち
ま
っ
た
の
か
い
?
 
  
  
ん
で
し
ま
っ
た
 °
  
巨
大
に
な
っ
た
胸
の
重
さ
に
耐
え
き
れ
ず
に
そ
の
場
に
へ
た
り
込
  
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
よ
り
も
  
ま
た
大
き
く
な
り
2
メ
|
ト
ル
ほ
ど
に
な
っ
て
い
る
 °
わ
た
し
は
  
だ
っ
た
 °
身
長
も
ぐ
ん
と
  
泣
き
叫
ん
で
助
け
を
求
め
た
け
れ
ど
公
園
に
む
な
し
く
響
く
だ
け
  
り
出
し
て
い
く
 °
  
ブ
ラ
ウ
ス
の
残
り
の
ボ
タ
ン
が
吹
っ
飛
び
 
胸
が
大
き
く
前
に
せ
  
  
と
か
し
て
|
!
!
 


















   

  
な
ぎ
さ
が
近
づ
い
て
く
る
と
さ
っ
き
よ
り
も
彼
女
が
ず
っ
と
大
き
  
心
し
て
い
る
よ
う
だ
 °
  
丈
夫
そ
う
な
の
を
見
て
安
  
な
ぎ
さ
が
私
の
姿
を
見
つ
け
て
駆
け
寄
っ
て
き
た
 °
わ
た
し
が
大
  
  
 
と
に
か
く
助
か
っ
た
わ
 °
 
  
  
た
 °
  
指
が
じ
ん
じ
ん
と
痛
か
っ
  
あ
の
老
婆
の
姿
も
消
え
て
い
た
 °
指
輪
に
締
め
付
け
ら
れ
て
い
た
  
い
た
 °
  
し
ば
ら
く
し
て
目
を
あ
け
る
と
私
の
指
か
ら
指
輪
が
消
え
去
っ
て
  
  
は
目
を
つ
ぶ
っ
た
 °
  
け
て
い
ら
れ
な
く
な
り
私
  
が
く
ら
む
ほ
ど
の
ま
ば
ゆ
い
光
に
な
っ
た
 °
ま
ぶ
し
さ
で
目
を
開
  
ん
と
強
く
な
り
や
が
て
目
  
そ
の
言
葉
に
反
応
し
て
指
輪
が
光
を
放
ち
始
め
た
 °
光
は
だ
ん
だ
  
を
唱
え
始
め
た
 °
  
わ
た
し
は
こ
く
ん
と
頷
く
と
老
婆
は
小
声
で
呪
文
の
よ
う
な
言
葉

   

  
  
  
  
  
E
N
D
 
  
  
:
:
:
:
な
ん
て
こ
と
は
考
え
な
い
こ
と
に
し
よ
う
 °
  
を
外
し
て
い
た
ら
?
  
わ
た
し
は
つ
る
ペ
タ
の
胸
元
を
見
下
ろ
し
た
 °
も
し
途
中
で
指
輪
  
り
ご
り
だ
わ
 °
  
元
の
姿
に
戻
れ
て
わ
た
し
は
ホ
ッ
と
安
心
し
た
 °
も
う
指
輪
は
こ
  
な
か
っ
た
 °
  
身
長
も
元
に
戻
っ
て
い
て
 
な
ぎ
さ
の
顔
を
見
上
げ
な
い
と
い
け
  
胸
が
見
え
て
い
た
 °
い
ま
ま
で
通
り
の
A
A
カ
ッ
プ
の
胸
だ
っ
た
 °
  
ラ
ウ
ス
の
隙
間
か
ら
平
ら
な
  
L
L
サ
イ
ズ
の
ブ
ラ
ウ
ス
は
だ
ぶ
だ
ぶ
に
な
っ
て
 
は
だ
け
た
ブ
  
  
 
あ
れ
?
わ
た
し
 
元
に
戻
っ
て
る
?
?
 
  
  
く
見
え
た
 °





















  > ≫