一
つ
で
し
た
の
で
 
二
つ
  
の
大
き
な
胸
で
し
た
 °
そ
の
国
で
は
大
き
な
胸
が
美
女
の
条
件
の
  
見
た
こ
と
が
な
い
く
ら
い
  
お
妃
さ
ま
の
自
慢
は
自
分
の
美
し
い
顔
と
も
う
一
つ
 
ち
ょ
っ
と
  
て
叱
り
つ
け
た
り
 
無
理
な
手
伝
い
を
頼
ん
だ
り
す
る
の
で
し
た
 °
  
い
じ
わ
る
な
こ
と
を
言
っ
  
さ
れ
る
白
雪
姫
の
こ
と
が
嫌
い
で
し
た
 °
そ
の
た
め
 
白
雪
姫
に
  
に
か
わ
い
い
と
も
て
は
や
  
が
 
嫉
妬
深
く
心
の
狭
い
人
で
も
あ
り
ま
し
た
 °
お
妃
さ
ま
は
皆
  
ほ
ど
美
し
い
人
な
の
で
す
  
度
目
の
お
母
さ
ん
で
し
た
 °
お
妃
さ
ま
は
国
で
一
番
と
言
わ
れ
る
  
お
妃
さ
ま
が
白
雪
姫
の
2
  
小
さ
い
頃
に
病
気
で
母
親
を
亡
く
し
て
い
ま
し
た
の
で
 
新
し
い
  
い
ま
し
た
 °
  
お
姫
様
は
雪
の
よ
う
に
肌
が
白
い
こ
と
か
ら
白
雪
姫
と
呼
ば
れ
て
  
ま
し
た
 °
  
む
か
し
む
か
し
 
あ
る
国
に
心
優
し
く
て
か
わ
い
い
お
姫
様
が
い
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
超
乳
お
と
ぎ
話
 
白
雪
姫
















≪ <  

  
1
2
歳
ご
ろ
か
ら
大
き
く
  
男
の
人
も
見
惚
れ
て
し
ま
う
ほ
ど
美
し
く
な
り
ま
し
た
 °
そ
し
て
  
気
が
漂
い
始
め
 
ど
ん
な
  
1
5
歳
に
な
る
と
あ
ど
け
な
か
っ
た
顔
に
は
大
人
の
女
性
の
雰
囲
  
白
雪
姫
は
成
長
す
る
に
つ
れ
て
ど
ん
ど
ん
美
し
く
な
り
ま
し
た
 °
  
  
を
聞
い
て
満
足
す
る
の
で
し
た
 °
  
お
妃
さ
ま
は
そ
の
答
え
  
の
谷
間
が
映
っ
て
い
ま
す
 °
鏡
の
答
え
は
い
つ
も
同
じ
で
し
た
が
 
  
ロ
ン
の
よ
う
に
大
き
な
胸
  
鏡
に
は
お
妃
さ
ま
の
美
し
い
顔
と
ド
レ
ス
の
胸
元
か
ら
の
ぞ
く
メ
  
  
 
は
い
 °
お
妃
さ
ま
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
あ
な
た
様
で
す
 °
 
  
  
 
鏡
よ
 
鏡
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
だ
あ
れ
?
 
  
  
う
尋
ね
ま
し
た
 °
  
そ
れ
で
も
お
妃
さ
ま
は
毎
日
の
よ
う
に
魔
法
の
鏡
に
向
か
っ
て
こ
  
ん
で
し
た
 °
  
の
美
を
兼
ね
備
え
た
お
妃
さ
ま
に
か
な
う
女
性
は
ほ
か
に
い
ま
せ

   

  
姫
が
世
界
で
一
番
美
し
く
  
の
白
雪
姫
も
日
に
日
に
美
し
さ
を
増
し
て
い
ま
す
 °
い
ず
れ
白
雪
  
し
か
し
 
あ
な
た
の
娘
  
 
は
い
 °
お
妃
さ
ま
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
あ
な
た
様
で
す
 °
  
  
 
鏡
よ
 
鏡
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
だ
あ
れ
?
 
  
  
る
白
雪
姫
の
胸
元
を
見
る
の
は
不
愉
快
で
し
た
 °
  
が
 
見
る
度
に
大
き
く
な
  
大
き
な
胸
か
ら
比
べ
れ
ば
ま
だ
ま
だ
子
供
の
よ
う
な
も
の
で
し
た
  
さ
ま
の
メ
ロ
ン
の
よ
う
な
  
白
雪
姫
の
顔
に
は
ま
だ
子
供
っ
ぽ
さ
が
残
っ
て
い
ま
す
し
 
お
妃
  
で
し
た
 °
  
お
妃
さ
ま
は
日
増
し
に
美
し
く
な
る
白
雪
姫
が
気
に
入
り
ま
せ
ん
  
  
て
い
る
の
で
し
ょ
う
 °
  
の
で
そ
れ
が
受
け
継
が
れ
  
白
雪
姫
の
母
親
は
国
一
番
の
豊
か
な
胸
を
持
っ
て
い
た
そ
う
で
す
  
で
成
長
し
て
い
ま
し
た
 °
  
な
り
始
め
た
胸
は
既
に
大
人
が
顔
負
け
す
る
ほ
ど
の
大
き
さ
に
ま

   

  
を
断
る
と
ど
ん
な
仕
打
ち
が
待
っ
て
い
る
か
わ
か
り
ま
せ
ん
で
し
  
で
も
 
お
妃
さ
ま
の
頼
み
  
白
雪
姫
は
暗
い
森
に
一
人
で
出
か
け
る
の
は
気
が
向
き
ま
せ
ん
 °
  
ま
し
た
 °
  
ほ
し
い
と
お
使
い
を
頼
み
  
そ
し
て
 
白
雪
姫
に
は
一
人
で
森
の
中
の
教
会
に
届
け
物
を
し
て
  
た
 °
  
殺
す
よ
う
に
命
じ
ま
し
  
あ
る
日
 
お
妃
さ
ま
は
お
城
に
腕
の
良
い
猟
師
を
呼
び
白
雪
姫
を
  
  
  
を
亡
き
者
に
し
て
し
ま
お
う
と
考
え
た
の
で
し
た
 °
  
し
た
 °
そ
し
て
 
白
雪
姫
  
お
妃
さ
ま
は
た
い
へ
ん
悔
し
が
り
何
日
も
眠
れ
な
い
日
が
続
き
ま
  
で
す
 °
  
も
り
の
よ
う
で
し
た
が
 
お
妃
さ
ま
を
激
怒
さ
せ
て
し
ま
っ
た
の
  
か
れ
と
思
っ
て
言
っ
た
つ
  
こ
の
よ
う
に
鏡
が
口
を
滑
ら
し
た
か
ら
も
う
大
変
で
す
 °
鏡
は
良
  
  
な
る
で
し
ょ
う
 °
 


















   

  
森
の
中
で
暮
ら
す
人
々
を
頼
っ
て
身
を
隠
す
の
が
よ
い
と
白
雪
姫
  
で
震
え
ま
し
た
 °
猟
師
は
  
白
雪
姫
は
お
妃
さ
ま
が
自
分
を
殺
そ
う
と
し
て
い
る
と
聞
き
恐
怖
  
  
お
逃
げ
な
さ
い
 °
 
  
よ
 °
こ
の
ま
ま
森
の
奥
に
  
は
ど
う
し
て
も
お
前
を
殺
す
こ
と
が
で
き
な
い
 °
さ
あ
 
白
雪
姫
  
て
き
た
 °
し
か
し
 
私
に
  
 
白
雪
姫
よ
 °
私
は
お
妃
さ
ま
か
ら
お
前
を
殺
す
よ
う
に
言
わ
れ
  
  
猟
師
は
白
雪
姫
の
前
に
姿
を
現
し
て
こ
う
言
い
ま
し
た
 °
  
た
 °
  
い
可
憐
な
お
姫
様
を
ど
う
し
て
も
殺
す
こ
と
は
で
き
ま
せ
ん
で
し
  
そ
し
て
 
何
の
罪
も
な
  
猟
師
は
美
し
い
白
雪
姫
の
姿
に
思
わ
ず
見
惚
れ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
  
付
け
狙
い
ま
し
た
 °
  
し
て
そ
の
後
ろ
を
猟
師
が
  
白
雪
姫
は
乗
り
気
の
し
な
い
ま
ま
一
人
で
お
城
を
出
ま
し
た
 °
  
た
 °
























   

  
上
に
は
七
枚
の
皿
が
並
べ
て
あ
り
ま
す
 °
横
に
は
皿
と
同
じ
数
だ
  
な
テ
|
ブ
ル
あ
り
 
そ
の
  
返
事
が
な
い
の
で
勝
手
に
小
屋
に
入
っ
て
み
る
と
 
中
に
は
小
さ
  
  
 
す
み
ま
せ
ん
 
誰
か
い
ま
せ
ん
か
?
 
  
  
姫
は
木
で
で
き
た
小
さ
な
小
屋
が
あ
る
の
を
見
つ
け
ま
し
た
 °
  
思
い
始
め
た
と
き
 
白
雪
  
夕
暮
れ
が
迫
っ
て
き
て
今
夜
は
森
の
中
で
野
宿
す
る
し
か
な
い
と
  
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
し
ま
い
に
は
疲
れ
果
て
て
  
雪
姫
は
ど
こ
を
歩
い
て
い
る
か
も
わ
か
ら
な
い
ま
ま
歩
き
続
け
 
  
を
歩
き
な
れ
て
い
な
い
白
  
一
方
 
白
雪
姫
は
暗
い
森
の
中
を
あ
て
も
な
く
歩
き
ま
し
た
 °
  
  
て
大
い
に
満
足
し
ま
し
た
 °
  
姫
を
殺
し
て
き
た
と
報
告
し
ま
し
た
 °
お
妃
さ
ま
は
そ
れ
を
聞
い
  
っ
赤
な
布
を
見
せ
 
白
雪
  
猟
師
は
お
城
に
帰
る
と
お
妃
さ
ま
に
イ
ノ
シ
シ
の
血
で
染
め
た
真
  
に
言
い
ま
し
た
 °



















   

  
  
使
っ
た
跡
が
あ
る
の
に
気
が
付
き
ま
し
た
 °
  
フ
ォ
|
ク
や
ナ
イ
フ
に
も
  
小
人
た
ち
は
自
分
た
ち
の
夕
食
が
少
し
ず
つ
食
べ
ら
れ
て
い
て
 
  
と
小
屋
に
帰
っ
て
き
ま
す
 °
  
を
掘
り
出
す
の
が
仕
事
で
 
日
が
昇
る
と
出
か
け
 
日
が
暮
れ
る
  
っ
て
金
や
銀
の
入
っ
た
石
  
住
人
と
い
う
の
は
七
人
の
小
人
た
ち
で
す
 °
小
人
た
ち
は
穴
を
掘
  
夜
に
な
る
と
こ
の
小
屋
の
住
人
た
ち
が
帰
っ
て
き
ま
し
た
 °
  
  
で
眠
り
に
つ
い
た
の
で
し
た
 °
  
し
な
が
ら
小
さ
な
ベ
ッ
ド
  
白
雪
姫
は
何
と
か
無
事
に
一
日
を
過
ご
せ
た
こ
と
を
神
様
に
感
謝
  
プ
を
食
べ
 
そ
れ
か
ら
一
つ
の
ベ
ッ
ド
に
潜
り
込
み
ま
し
た
 °
  
ら
少
し
ず
つ
パ
ン
や
ス
|
  
と
て
も
お
腹
の
空
い
て
い
た
白
雪
姫
は
七
人
分
の
小
さ
な
お
皿
か
  
布
が
し
い
て
あ
り
ま
し
た
 °
  
あ
り
 
そ
れ
ぞ
れ
に
白
い
  
ク
も
並
べ
て
あ
り
ま
す
 °
隣
の
部
屋
に
は
小
さ
な
ベ
ッ
ド
が
七
つ
  
け
の
ス
プ
|
ン
と
フ
ォ
|
















   

  
い
る
こ
と
に
と
て
も
驚
き
  
朝
に
な
っ
て
白
雪
姫
が
目
を
覚
ま
す
と
 
周
り
に
七
人
の
小
人
が
  
  
ベ
ッ
ド
で
眠
り
ま
し
た
 °
  
を
消
し
 
静
か
に
他
の
の
  
優
し
い
小
人
た
ち
は
白
雪
姫
を
起
こ
さ
な
い
よ
う
に
ラ
ン
プ
の
火
  
  
た
の
に
ち
が
い
な
い
 °
 
  
 
な
ん
て
美
し
い
女
の
子
な
の
だ
ろ
う
 °
き
っ
と
神
様
が
遣
わ
し
  
  
た
め
息
が
で
る
ほ
ど
で
し
た
 °
  
び
上
が
っ
た
美
し
い
顔
に
  
小
人
の
一
人
が
ラ
ン
プ
で
白
雪
姫
の
顔
を
照
ら
し
ま
し
た
 °
浮
か
  
  
 
お
や
 
誰
か
が
わ
し
の
ベ
ッ
ド
で
寝
て
い
る
ぞ
!
 
  
  
照
ら
し
ま
す
 °
  
小
人
た
ち
は
口
々
に
騒
ぎ
ま
す
 °
そ
し
て
ラ
ン
プ
で
小
屋
の
中
を
  
  
 
誰
か
が
食
べ
た
跡
が
あ
る
ぞ
!
 












   

  
小
人
た
ち
は
白
雪
姫
を
不
憫
に
思
い
 
炊
事
 
洗
濯
 
掃
除
な
ど
  
し
ま
し
た
 °
  
屋
を
み
つ
け
た
こ
と
を
話
  
し
て
く
れ
た
こ
と
 °
森
を
さ
ま
よ
い
歩
い
て
い
る
う
ち
に
こ
の
小
  
と
 °
猟
師
が
自
分
を
逃
が
  
白
雪
姫
は
お
妃
さ
ま
が
猟
師
を
雇
っ
て
自
分
を
殺
そ
う
と
し
た
こ
  
  
 
そ
れ
は
・
・
・
 
  
  
い
?
 
  
 
な
ぜ
こ
ん
な
森
の
奥
に
 
女
の
子
ひ
と
り
で
や
っ
て
き
た
ん
だ
  
  
 
白
雪
姫
で
す
 °
 
  
  
 
お
嬢
さ
ん
の
名
前
は
な
ん
て
い
う
の
か
な
?
 
  
  
に
し
て
く
れ
ま
し
た
 °
  
コ
ニ
コ
し
て
と
て
も
親
切
  
白
雪
姫
は
勝
手
に
小
屋
に
入
っ
た
こ
と
を
謝
る
と
小
人
た
ち
は
ニ
  
ま
し
た
 °






















   

  
ん
で
白
雪
姫
の
服
を
仕
立
  
仕
事
で
稼
い
だ
お
金
を
貯
め
て
白
い
布
を
買
い
 
仕
立
て
屋
に
頼
  
と
で
し
た
 °
小
人
た
ち
は
  
困
る
の
は
胸
が
大
き
く
な
っ
て
服
が
入
ら
な
く
な
っ
て
し
ま
う
こ
  
胸
も
さ
ら
に
大
き
く
な
っ
て
い
き
ま
し
た
 °
  
そ
れ
と
と
も
に
豊
か
な
  
月
日
が
経
つ
に
つ
れ
て
白
雪
姫
は
さ
ら
に
美
し
さ
を
増
し
ま
し
た
 °
  
で
し
た
 °
  
美
味
し
く
感
じ
ら
れ
る
の
  
ど
の
粗
末
な
食
べ
物
で
も
お
城
で
食
べ
る
の
と
は
違
っ
て
と
て
も
  
く
 
き
の
こ
や
木
の
実
な
  
合
わ
せ
夕
ご
飯
の
支
度
を
し
ま
し
た
 °
森
の
生
活
は
意
外
に
楽
し
  
し
て
小
人
が
帰
る
時
間
に
  
の
森
で
き
の
こ
や
木
の
実
を
採
っ
た
り
し
て
過
ご
し
ま
し
た
 °
  
洗
濯
を
し
た
り
 
近
く
  
白
雪
姫
は
朝
 
小
人
た
ち
を
送
り
出
す
と
小
屋
の
掃
除
を
し
た
り
 
  
  
  
小
屋
に
住
ま
わ
せ
て
あ
げ
る
こ
と
に
し
ま
し
た
 °
  
の
家
事
を
す
る
か
わ
り
に
















   

  
き
 
食
事
を
作
る
と
き
の
  
る
自
分
の
胸
が
嫌
い
で
し
た
 °
第
一
に
 
掃
除
や
洗
濯
を
す
る
と
  
が
 
白
雪
姫
は
大
き
す
ぎ
  
胸
が
大
き
い
こ
と
は
美
し
い
女
性
の
第
一
条
件
で
は
あ
り
ま
し
た
  
  
∧
ユ
サ
ッ
 
ユ
サ
ッ
・
・
・
∨
  
  
の
で
し
た
 °
  
出
し
て
 
大
き
な
ス
イ
カ
の
よ
う
に
大
き
く
立
派
に
育
っ
て
い
る
  
ら
み
は
大
き
く
前
に
張
り
  
え
る
く
ら
い
で
す
 °
そ
し
て
 
驚
く
の
は
そ
の
胸
元
で
豊
か
な
膨
  
べ
て
も
一
番
美
し
い
と
言
  
美
し
さ
に
は
さ
ら
に
磨
き
が
か
か
り
 
ど
こ
の
国
の
お
姫
様
と
比
  
な
り
ま
し
た
 °
  
森
で
の
生
活
が
3
年
を
過
ぎ
 
白
雪
姫
は
1
8
歳
の
美
し
い
娘
に
  
  
る
の
だ
っ
た
 °
  
と
胸
の
辺
り
が
窮
屈
に
な
っ
て
仕
立
て
直
さ
な
い
と
い
け
な
く
な
  
ま
す
が
 
何
ヶ
月
か
す
る
  
て
さ
せ
ま
し
た
 °
美
し
い
白
い
服
は
彼
女
に
ぴ
っ
た
り
に
作
ら
れ

   

  
と
こ
ろ
で
 
お
城
で
は
相
変
わ
ら
ず
悪
い
お
妃
さ
ま
が
我
が
も
の
  
  
  
し
た
 °
  
く
幸
せ
に
暮
ら
し
て
い
ま
  
そ
れ
で
も
白
雪
姫
は
や
さ
し
い
小
人
た
ち
に
囲
ま
れ
な
が
ら
楽
し
  
し
ま
う
の
で
す
 °
  
胸
を
テ
|
ブ
ル
に
乗
っ
け
る
と
料
理
を
お
く
場
所
が
狭
く
な
っ
て
  
ず
し
り
と
重
い
大
き
な
  
第
三
に
 
夕
食
の
と
き
に
小
人
た
ち
と
テ
|
ブ
ル
を
囲
み
ま
す
が
 
  
や
木
の
実
を
見
つ
け
ら
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
昔
よ
り
た
く
さ
ん
き
の
こ
  
木
の
枝
に
引
っ
か
か
っ
て
し
ま
っ
た
り
し
て
不
便
だ
か
ら
で
す
 °
  
え
に
く
か
っ
た
り
 
胸
が
  
第
二
に
 
森
に
き
の
こ
や
木
の
実
を
採
り
に
い
っ
て
も
足
元
が
見
  
で
し
た
 °
  
て
し
ま
っ
た
り
す
る
か
ら
  
ま
っ
た
り
 
胸
が
テ
|
ブ
ル
に
つ
い
て
ス
|
プ
を
ひ
っ
く
り
返
し
  
瓶
を
落
と
し
て
割
っ
て
し
  
邪
魔
に
な
っ
て
し
ま
う
か
ら
で
し
た
 °
大
き
な
胸
を
ぶ
つ
け
て
花

   

  
お
妃
さ
ま
の
胸
も
メ
ロ
ン
を
二
つ
並
べ
た
よ
り
も
は
る
か
に
大
き
  
  
 
な
 
な
ん
て
大
き
さ
な
の
か
し
ら
・
・
・
 
  
  
元
は
お
妃
さ
ま
よ
り
は
る
か
に
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
で
す
 °
  
い
ま
す
 °
そ
し
て
そ
の
胸
  
し
た
 °
す
る
と
世
に
も
美
し
い
女
性
が
森
で
き
の
こ
採
り
を
し
て
  
雪
姫
の
姿
を
映
し
出
し
ま
  
死
ん
だ
と
思
っ
て
い
た
白
雪
姫
は
生
き
て
い
る
の
で
す
 °
鏡
は
白
  
お
妃
さ
ま
は
鏡
の
言
葉
に
絶
句
し
て
し
ま
い
ま
す
 °
  
  
白
雪
姫
で
す
 °
 
  
し
て
い
る
あ
な
た
の
娘
 
  
 
は
い
 °
お
妃
さ
ま
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
森
の
中
で
暮
ら
  
  
 
鏡
よ
 
鏡
 °
世
界
で
一
番
美
し
い
の
は
だ
あ
れ
?
 
  
  
あ
る
日
 
女
王
は
魔
法
の
鏡
に
尋
ね
ま
し
た
 °
  
ま
し
た
 °
  
顔
で
好
き
放
題
を
し
て
い
















   

  
白
雪
姫
が
住
む
小
屋
を
訪
れ
ま
し
た
 °
  
の
い
な
い
昼
間
を
狙
っ
て
  
白
雪
姫
は
昼
間
は
一
人
で
過
ご
し
て
い
ま
す
 °
お
妃
さ
ま
は
小
人
  
ら
お
婆
さ
ん
の
姿
に
扮
し
て
一
人
で
森
へ
と
向
か
っ
た
の
で
し
た
 °
  
せ
ま
し
た
 °
そ
し
て
 
  
お
妃
さ
ま
は
魔
女
に
頼
ん
で
魔
法
の
力
を
込
め
た
リ
ン
ゴ
を
作
ら
  
  
牢
屋
に
入
れ
ら
れ
て
し
ま
う
恐
れ
が
あ
り
ま
す
 °
  
変
に
行
動
す
る
と
自
分
が
  
を
知
っ
て
い
る
の
で
は
な
い
か
と
疑
い
を
か
け
て
い
る
の
で
す
 °
  
な
り
 
お
妃
さ
ま
が
何
か
  
白
雪
姫
が
い
な
く
な
っ
て
か
ら
と
い
う
も
の
 
王
様
は
疑
い
深
く
  
  
い
手
は
な
い
か
し
ら
?
 
  
た
の
が
王
様
に
ば
れ
た
ら
牢
屋
に
入
れ
ら
れ
て
し
ま
う
 °
何
か
い
  
い
や
 
だ
め
だ
わ
 °
殺
し
  
 
お
の
れ
 
あ
の
姫
を
今
度
は
本
当
に
亡
き
者
に
し
て
や
ろ
う
 °
  
  
白
雪
姫
の
胸
は
そ
れ
よ
り
は
る
か
に
大
き
い
の
で
す
 °
  
い
く
ら
い
立
派
で
す
が
 
















   

  
白
雪
姫
は
急
に
息
が
苦
し
く
な
っ
て
そ
の
場
で
バ
タ
リ
と
倒
れ
ま
  
  
 
く
っ
 
苦
し
い
・
・
・
 
  
  
リ
ン
ゴ
を
一
口
か
じ
り
ま
し
た
 °
す
る
と
 °
  
婆
さ
ん
に
言
わ
れ
た
通
り
  
リ
ン
ゴ
は
真
っ
赤
で
と
て
も
美
味
し
そ
う
で
し
た
 °
白
雪
姫
は
お
  
  
ん
た
に
あ
げ
る
よ
 °
 
  
 
お
一
つ
齧
っ
て
み
な
さ
い
な
 °
気
に
入
っ
た
ら
い
く
つ
で
も
あ
  
  
ン
ゴ
を
渡
し
ま
し
た
 °
  
お
婆
さ
ん
に
扮
し
た
お
妃
さ
ま
は
白
雪
姫
に
真
っ
赤
で
大
き
な
リ
  
  
 
ま
あ
 
お
い
し
そ
う
な
リ
ン
ゴ
だ
こ
と
 °
 
  
  
ら
こ
う
や
っ
て
ご
近
所
に
配
っ
て
歩
い
て
い
る
ん
だ
よ
 °
 
  
た
く
さ
ん
採
れ
す
ぎ
た
か
  
 
美
し
い
お
嬢
さ
ん
 °
リ
ン
ゴ
を
お
一
つ
い
か
が
か
い
?
今
年
は
  


























   

  
小
人
は
白
雪
姫
が
助
か
っ
た
と
い
う
嬉
し
さ
と
同
時
に
変
わ
り
果
  
ま
し
ま
す
 °
  
こ
し
て
カ
|
テ
ン
を
開
け
 
日
の
光
を
入
れ
る
と
小
人
が
目
を
覚
  
人
が
い
ま
し
た
 °
体
を
起
  
白
雪
姫
が
目
を
覚
ま
す
と
横
に
は
看
病
に
疲
れ
て
眠
っ
て
い
る
小
  
く
目
を
覚
ま
し
ま
し
た
 °
  
の
朝
 
白
雪
姫
は
よ
う
や
  
三
日
三
晩
 
小
人
た
ち
の
看
病
が
続
き
ま
し
た
 °
そ
し
て
四
日
目
  
  
た
 °
  
夜
通
し
で
看
病
を
続
け
ま
し
た
が
姫
は
目
を
覚
ま
し
ま
せ
ん
で
し
  
で
い
ま
す
 °
小
人
た
ち
は
  
が
 
高
い
熱
が
出
て
い
て
 
意
識
は
な
く
時
々
苦
し
そ
う
に
喘
い
  
幸
い
息
は
し
て
い
ま
し
た
  
小
人
た
ち
は
力
を
合
わ
せ
て
白
雪
姫
を
ベ
ッ
ド
に
運
び
ま
し
た
 °
  
る
の
に
気
づ
い
て
駆
け
寄
り
ま
し
た
 °
  
白
雪
姫
が
倒
れ
こ
ん
で
い
  
夜
に
な
っ
て
小
人
た
ち
帰
っ
て
き
ま
し
た
 °
小
人
た
ち
は
玄
関
に
  
動
か
な
く
な
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
し
た
 °
そ
し
て
そ
の
ま
ま
















   

  
の
少
女
の
姿
に
変
え
て
し
  
お
妃
さ
ま
は
魔
法
の
リ
ン
ゴ
に
呪
い
を
こ
め
 
白
雪
姫
を
1
0
歳
  
  
 
わ
 
わ
た
し
 
ど
う
な
っ
ち
ゃ
っ
た
の
?
 
  
  
ま
し
た
 °
  
っ
て
い
る
こ
と
が
わ
か
り
  
み
が
姿
を
消
し
て
い
ま
す
 °
手
を
当
て
て
み
る
と
胸
が
平
ら
に
な
  
を
誇
っ
て
い
た
胸
の
膨
ら
  
美
し
い
顔
立
ち
は
変
わ
り
あ
り
ま
せ
ん
が
 
背
は
縮
み
 
巨
大
さ
  
  
 
は
い
 °
 
  
  
 
白
雪
姫
な
の
か
い
?
 
  
  
た
 °
  
姿
に
な
っ
て
い
る
の
で
し
  
美
し
い
年
ご
ろ
の
娘
だ
っ
た
白
雪
姫
は
1
0
歳
く
ら
い
の
少
女
の
  
驚
き
ま
し
た
 °
  
て
て
し
ま
っ
た
そ
の
姿
に
















   

  
姫
が
森
で
珍
し
い
き
の
こ
を
取
っ
て
く
る
と
小
人
た
ち
は
大
喜
び
  
で
き
ま
し
た
 °
  
れ
な
か
っ
た
き
の
こ
や
木
の
実
を
簡
単
に
た
く
さ
ん
採
る
こ
と
が
  
胸
が
邪
魔
で
見
つ
け
き
  
森
に
入
る
と
小
さ
な
身
体
は
と
て
も
役
に
立
ち
ま
し
た
 °
今
ま
で
 
  
ベ
ッ
ド
も
ぴ
っ
た
り
の
大
き
さ
に
な
っ
た
の
で
喜
ん
で
い
ま
し
た
 °
  
ち
ょ
っ
と
小
さ
か
っ
た
  
な
胸
が
無
く
な
っ
た
お
陰
で
動
き
や
す
く
な
り
ま
し
た
 °
そ
し
て
  
し
不
便
で
し
た
が
 
大
き
  
だ
ん
と
慣
れ
て
い
き
ま
し
た
 °
小
さ
な
身
体
は
掃
除
や
洗
濯
に
少
  
た
が
 
そ
の
う
ち
に
だ
ん
  
白
雪
姫
は
1
0
歳
の
少
女
の
姿
に
な
り
最
初
は
戸
惑
っ
て
い
ま
し
  
  
  
助
か
っ
た
こ
と
を
皆
で
喜
び
合
い
ま
し
た
 °
  
し
か
し
 
何
と
か
命
が
  
他
の
小
人
も
や
っ
て
き
ま
し
た
 °
そ
し
て
姫
の
姿
に
驚
き
ま
し
た
 °
  
る
心
配
が
な
い
か
ら
で
す
 °
  
に
美
し
さ
で
追
い
抜
か
れ
  
ま
っ
た
の
で
し
た
 °
ず
っ
と
1
0
歳
の
姿
に
し
て
お
け
ば
 
永
遠

   

  
命
に
は
別
条
は
あ
り
ま
せ
ん
で
し
た
が
 
足
を
ひ
ど
く
痛
め
て
し
  
そ
の
瞬
間
に
足
を
踏
み
外
し
て
崖
か
ら
落
ち
て
し
ま
い
ま
し
た
 °
  
採
り
ま
し
た
 °
し
か
し
 
  
け
ま
し
た
 °
白
雪
姫
は
小
さ
な
体
で
崖
に
よ
じ
登
っ
て
き
の
こ
を
  
が
生
え
て
い
る
の
を
見
つ
  
あ
る
日
 
森
の
奥
に
出
か
け
て
い
た
ら
崖
の
上
に
珍
し
い
き
の
こ
  
  
  
い
ま
し
た
 °
  
し
ま
い
 
だ
ん
だ
ん
森
の
奥
へ
奥
へ
と
出
か
け
る
よ
う
に
な
っ
て
  
近
場
の
き
の
こ
を
採
っ
て
  
白
雪
姫
は
き
の
こ
探
し
が
上
手
に
な
っ
て
い
ま
し
た
 °
最
近
で
は
  
ん
 °
  
ま
で
変
わ
り
あ
り
ま
せ
  
白
雪
姫
は
二
十
歳
に
な
り
ま
し
た
が
 
姿
は
1
0
歳
の
少
女
の
ま
  
こ
の
よ
う
な
生
活
が
二
年
ほ
ど
続
き
ま
し
た
 °
  
高
く
売
れ
る
の
で
す
 °
  
て
い
っ
て
い
く
と
と
て
も
  
根
元
に
し
か
生
え
な
い
七
色
の
光
を
放
つ
キ
ノ
コ
で
 
町
に
も
っ
  
し
ま
し
た
 °
特
別
な
木
の
















   

  
 
お
嬢
さ
ん
 
大
丈
夫
で
す
か
?
 
  
  
士
が
現
れ
ま
し
た
 °
  
と
馬
に
乗
っ
た
一
人
の
騎
  
馬
の
ひ
ず
め
の
音
が
近
づ
い
て
き
ま
し
た
 °
白
雪
姫
が
見
上
げ
る
  
  
 
誰
か
来
る
?
 
  
  
そ
の
と
き
で
す
 °
近
く
で
馬
の
い
な
な
き
が
聞
こ
え
ま
し
た
 °
  
帰
っ
て
き
た
ら
白
雪
姫
が
い
な
い
の
で
大
変
心
配
す
る
で
し
ょ
う
 °
  
ま
し
た
 °
小
人
た
ち
も
  
白
雪
姫
は
ど
う
し
て
よ
い
か
わ
か
ら
ず
に
途
方
に
暮
れ
て
し
ま
い
  
し
い
く
ら
い
で
し
た
 °
  
少
し
で
も
足
に
力
を
入
れ
る
と
痛
み
が
で
る
の
で
立
つ
こ
と
も
難
  
  
し
 
ど
う
す
れ
ば
・
・
・
 
  
 
痛
た
た
・
・
・
ど
う
し
よ
う
 °
こ
こ
は
小
屋
か
ら
か
な
り
遠
い
  
  
く
な
り
ま
し
た
 °
  
ま
い
そ
の
場
か
ら
動
け
な
















   

  
ハ
ン
カ
チ
|
フ
で
そ
れ
を
  
騎
士
は
あ
て
木
に
な
る
探
し
て
白
雪
姫
の
痛
め
た
足
に
当
て
る
と
  
  
 
あ
あ
 
ち
ょ
っ
と
ひ
ど
い
な
 °
で
も
折
れ
て
は
い
な
い
よ
う
だ
 °
 
  
  
る
の
だ
そ
う
で
す
 °
  
騎
士
は
隣
の
国
か
ら
遊
び
に
来
て
い
て
 
狩
猟
の
下
見
を
し
て
い
  
  
う
 °
 
  
 
足
を
相
当
痛
め
て
い
る
み
た
い
だ
な
 °
ち
ょ
っ
と
見
て
あ
げ
よ
  
  
し
た
 °
  
騎
士
は
転
げ
た
カ
ゴ
か
ら
キ
ノ
コ
が
散
ら
ば
っ
て
い
る
の
を
見
ま
  
  
滑
ら
せ
た
の
だ
な
 °
 
  
コ
採
り
に
来
て
い
て
足
を
  
 
小
さ
な
お
嬢
さ
ん
が
一
人
で
こ
ん
な
と
こ
ろ
で
 °
あ
あ
 
キ
ノ
  
  
 
は
い
 °
 
  


























   

  
 
お
嬢
さ
ん
 
ど
う
し
た
ん
だ
い
?
 
  
  
ま
し
た
 °
  
そ
の
と
き
で
す
 °
白
雪
姫
の
身
体
か
ら
清
ら
か
な
光
が
溢
れ
始
め
  
を
し
ま
し
た
 °
  
騎
士
は
そ
う
い
う
と
白
雪
姫
の
手
を
引
き
寄
せ
 
そ
の
甲
に
キ
ス
  
  
 
ど
う
い
た
し
ま
し
て
 °
こ
れ
く
ら
お
易
い
ご
用
だ
よ
 °
 
  
  
白
雪
姫
は
騎
士
に
お
礼
を
言
い
ま
し
た
 °
  
  
 
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
 °
 
  
  
ほ
う
が
い
い
 °
 
  
 
よ
し
 °
応
急
処
置
は
し
た
け
ど
 
早
く
薬
を
塗
っ
て
も
ら
っ
た
  
  
分
に
優
し
く
し
て
く
れ
る
人
は
い
な
か
っ
た
か
ら
で
す
 °
  
け
ば
今
ま
で
こ
ん
な
に
自
  
優
し
い
騎
士
に
白
雪
姫
は
好
意
を
感
じ
ま
し
た
 °
小
人
た
ち
を
除
  
縛
り
ま
し
た
 °




















   

  
子
供
に
見
え
た
女
の
子
は
い
つ
の
間
に
か
1
5
歳
く
ら
い
の
美
少
  
  
∧
ぐ
ぐ
ぐ
ぐ
っ
・
・
・
・
∨
  
  
り
に
押
し
上
げ
ま
す
 °
  
の
服
を
は
ち
き
れ
ん
ば
か
  
長
く
な
り
ま
し
た
 °
平
ら
だ
っ
た
胸
元
が
窮
屈
に
な
り
 
子
供
用
  
手
足
も
そ
れ
に
合
わ
せ
て
  
突
然
 
白
雪
姫
の
体
が
成
長
を
始
め
ま
す
 °
少
女
の
背
が
伸
び
て
  
  
∧
ぐ
ぐ
っ
・
・
・
∨
  
  
し
た
 °
  
取
り
巻
か
れ
て
い
る
の
で
  
ま
し
た
 °
し
か
し
 
そ
れ
と
は
別
に
自
分
の
周
り
が
青
白
い
光
で
  
臓
が
ド
キ
ド
キ
と
し
て
い
  
白
雪
姫
は
手
の
甲
と
言
え
ど
男
の
人
に
初
め
て
キ
ス
を
さ
れ
て
心
  
  
 
い
い
え
 °
な
ん
で
も
あ
り
ま
せ
ん
 °
 
  


























   

  
た
こ
と
 °
森
の
小
人
に
お
世
話
に
な
り
な
が
ら
暮
ら
し
て
い
る
こ
  
が
自
分
を
逃
が
し
て
く
れ
  
お
妃
さ
ま
が
猟
師
を
雇
っ
て
自
分
を
殺
そ
う
と
し
た
こ
と
 °
猟
師
  
白
雪
姫
は
騎
士
に
今
ま
で
の
出
来
事
を
話
し
ま
し
た
 °
  
大
人
顔
負
け
の
立
派
な
も
の
に
な
っ
て
い
る
の
で
す
 °
  
女
で
す
が
胸
の
膨
ら
み
も
  
会
っ
た
ど
の
女
性
よ
り
も
美
し
い
の
で
す
 °
そ
し
て
見
た
目
は
少
  
ま
い
ま
し
た
 °
今
ま
で
出
  
騎
士
は
驚
く
と
と
も
に
目
の
前
に
現
れ
た
美
少
女
に
見
惚
れ
て
し
  
ま
い
そ
う
で
す
 °
  
に
な
っ
た
胸
に
布
地
が
張
り
つ
い
て
今
に
も
ぱ
ち
ん
と
弾
け
て
し
  
て
い
ま
す
 °
胸
元
は
豊
か
  
な
太
も
も
が
露
わ
に
な
り
 
腰
回
り
も
ぴ
っ
ち
り
と
窮
屈
に
な
っ
  
裾
は
短
く
な
っ
て
健
康
的
  
子
供
用
の
服
は
今
の
白
雪
姫
に
は
小
さ
す
ぎ
 
膝
を
隠
し
て
い
た
  
  
 
い
っ
た
い
こ
れ
は
ど
う
い
う
こ
と
だ
?
 
  
  
す
 °
  
女
に
成
長
を
遂
げ
て
い
ま
















   

  
白
雪
姫
は
騎
士
の
突
然
の
申
し
出
に
戸
惑
い
ま
し
た
 °
し
か
し
 
  
  
い
 °
 
  
の
妃
に
な
っ
て
く
だ
さ
  
い
ま
せ
ん
で
し
た
 °
さ
あ
 
私
の
国
に
き
て
く
だ
さ
い
 °
そ
し
私
  
え
ら
れ
る
と
は
思
っ
て
も
  
来
て
し
ま
っ
た
の
で
す
が
 
ま
さ
か
こ
ん
な
美
し
い
獲
物
を
捕
ま
  
う
っ
か
り
国
境
を
越
え
て
  
 
実
は
私
は
隣
の
国
の
王
子
な
の
で
す
 °
狩
り
の
獲
物
を
求
め
て
  
  
騎
士
は
言
い
ま
し
た
 °
  
度
と
城
に
戻
る
こ
と
が
で
き
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
の
で
す
 °
  
な
女
王
の
た
く
ら
み
で
二
  
と
し
て
立
派
な
お
城
に
住
ん
で
い
た
は
ず
で
す
 °
そ
れ
が
意
地
悪
  
本
当
な
ら
こ
の
国
の
王
女
  
騎
士
は
姫
の
不
幸
な
話
を
聞
い
て
と
て
も
不
憫
に
思
い
ま
し
た
 °
  
2
0
歳
の
女
性
で
あ
る
こ
と
を
話
し
ま
し
た
  
そ
し
て
 
自
分
が
本
当
は
  
ン
ゴ
を
食
べ
さ
せ
ら
れ
1
0
歳
の
姿
に
さ
れ
て
し
ま
っ
た
こ
と
 °
  
と
 °
呪
い
の
か
か
っ
た
リ
















   

  
ご
さ
な
く
て
は
い
け
な
い
こ
と
を
案
じ
て
い
ま
し
た
 °
王
子
は
年
  
っ
と
今
の
ま
ま
の
姿
で
過
  
白
雪
姫
は
自
分
に
か
け
ら
れ
た
呪
い
が
完
全
に
解
け
な
け
れ
ば
ず
  
た
 °
  
到
底
敵
わ
な
い
と
あ
き
ら
め
て
二
人
を
祝
福
す
る
こ
と
に
し
ま
し
  
さ
を
み
て
自
分
た
ち
で
は
  
国
中
の
女
性
た
ち
は
皆
が
っ
か
り
し
ま
し
た
が
 
白
雪
姫
の
美
し
  
の
で
す
 °
  
の
子
と
結
婚
す
る
と
い
う
  
し
い
少
女
を
連
れ
て
き
た
の
で
す
 °
し
か
も
 
王
子
様
は
そ
の
女
  
若
い
け
れ
ど
と
び
き
り
美
  
王
子
様
が
国
に
戻
る
と
 
国
中
が
大
騒
ぎ
に
な
り
ま
し
た
 °
歳
は
  
  
  
に
し
ま
し
た
 °
  
を
言
っ
て
か
ら
行
く
こ
と
  
受
け
入
れ
る
こ
と
に
し
ま
し
た
 °
た
だ
し
 
小
人
た
ち
に
お
別
れ
  
雪
姫
は
王
子
の
申
し
出
を
  
く
れ
た
優
し
い
王
子
様
に
も
う
恋
心
を
抱
い
て
い
た
の
で
す
 °
  
白
雪
姫
は
自
分
を
助
け
て
















   

  
少
女
の
か
わ
い
い
提
案
に
居
合
わ
せ
た
人
は
み
な
笑
顔
に
な
り
ま
  
  
す
れ
ば
い
い
の
よ
 °
 
  
ゃ
あ
 
も
う
一
回
キ
ス
を
  
 
お
姫
様
に
キ
ス
を
し
た
ら
呪
い
が
半
分
解
け
た
の
で
し
ょ
?
じ
  
  
様
に
言
い
ま
し
た
 °
  
あ
る
日
 
お
城
で
催
さ
れ
た
晩
さ
ん
会
で
小
さ
な
女
の
子
が
王
子
  
  
ら
解
け
る
の
か
は
一
向
に
わ
か
ら
な
い
の
で
し
た
 °
  
い
る
の
か
 
ど
う
や
っ
た
  
命
じ
ま
し
た
が
 
い
ろ
い
ろ
調
べ
て
も
ど
ん
な
呪
い
が
か
か
っ
て
  
っ
た
呪
い
を
解
く
よ
う
に
  
王
子
は
さ
っ
そ
く
国
中
の
高
名
な
学
者
を
呼
び
 
白
雪
姫
に
か
か
  
せ
る
と
い
い
ま
し
た
 °
  
い
を
解
く
方
法
を
考
え
さ
  
な
い
と
い
い
ま
し
た
 °
で
す
が
 
国
中
の
学
者
を
連
れ
て
き
て
呪
  
王
子
は
そ
れ
で
も
か
ま
わ
  
自
分
は
き
っ
と
同
じ
1
5
歳
の
姿
の
ま
ま
な
の
で
す
 °
し
か
し
 
  
を
重
ね
て
い
き
ま
す
が
 
















   

  
  
 
え
っ
 
ど
う
な
っ
て
る
の
?
 
  
  
王
子
は
驚
い
て
唇
を
離
し
ま
し
た
 °
  
た
 °
  
青
い
光
が
溢
れ
て
き
ま
し
  
そ
の
時
で
し
た
 °
あ
の
時
の
よ
う
に
白
雪
姫
の
体
か
ら
清
ら
か
な
  
じ
る
と
王
子
様
の
唇
が
自
分
の
唇
に
触
れ
合
い
ま
し
た
 °
  
し
た
 °
白
雪
姫
が
目
を
閉
  
気
に
し
な
が
ら
白
雪
姫
の
細
い
体
を
引
き
寄
せ
て
顔
を
近
づ
け
ま
  
王
子
様
は
周
り
の
目
を
  
無
邪
気
な
女
の
子
の
せ
い
で
王
子
様
は
断
れ
な
い
雰
囲
気
で
し
た
 °
  
  
て
真
剣
に
 °
 
  
 
だ
め
だ
め
 
そ
ん
な
の
じ
ゃ
 
だ
め
よ
 °
も
っ
と
見
つ
め
あ
っ
  
  
た
 °
し
か
し
 
残
念
な
が
ら
白
雪
姫
の
呪
い
は
解
け
ま
せ
ん
 °
  
と
っ
て
キ
ス
を
し
ま
し
  
王
子
様
は
女
の
子
の
ご
機
嫌
を
損
ね
な
い
よ
う
に
白
雪
姫
の
手
を
  
し
た
 °























   

  
て
く
れ
ま
せ
ん
 °
  
背
丈
の
伸
び
は
す
ぐ
に
止
ま
っ
た
の
に
胸
の
成
長
は
ま
だ
止
ま
っ
  
  
∧
む
く
っ
 
む
く
む
く
む
く
・
・
・
・
∨
  
  
す
 °
  
き
さ
を
増
し
て
ゆ
き
ま
  
そ
し
て
 
も
と
も
と
十
分
に
大
き
か
っ
た
胸
は
さ
ら
に
一
段
と
大
  
た
 °
  
て
い
た
顔
が
大
人
っ
ぽ
く
な
り
さ
ら
に
と
て
も
美
し
く
な
り
ま
し
  
た
 °
あ
ど
け
な
さ
の
残
っ
  
そ
れ
に
伴
っ
て
細
い
手
と
足
は
さ
ら
に
す
ら
り
と
長
く
伸
び
ま
し
  
辺
り
ま
で
伸
び
ま
し
た
 °
  
王
子
様
の
胸
元
く
ら
い
し
か
な
か
っ
た
白
雪
姫
の
背
丈
が
あ
ご
の
  
  
∧
ぐ
ぐ
ぐ
っ
・
・
・
∨
  
  
す
る
と
突
然
 
白
雪
姫
の
体
が
成
長
を
始
め
ま
す
 °
  
ん
で
い
ま
す
 °
  
青
い
清
ら
か
な
光
は
ど
ん
ど
ん
強
く
な
り
白
雪
姫
の
体
全
体
を
包

   

  
王
子
様
の
真
実
の
愛
で
魔
法
の
リ
ン
ゴ
の
呪
い
は
解
け
 
白
雪
姫
  
  
 
い
や
っ
 
見
な
い
で
く
だ
さ
い
・
・
・
 
  
  
し
た
 °
  
成
長
が
止
ま
っ
て
く
れ
ま
  
白
雪
姫
は
な
ん
と
か
そ
れ
を
両
手
で
抑
え
た
と
こ
ろ
で
よ
う
や
く
  
が
こ
ぼ
れ
出
し
ま
し
た
 °
  
清
楚
な
白
い
ド
レ
ス
が
破
け
し
ま
い
柔
ら
か
そ
う
な
真
っ
白
い
胸
  
  
∧
ビ
リ
ビ
リ
ビ
リ
|
ッ
!
!
∨
  
  
て
い
き
ま
す
 °
  
し
か
し
 
胸
は
そ
の
大
き
さ
に
達
し
て
も
ま
だ
ま
だ
大
き
く
な
っ
  
1
8
歳
で
大
き
な
ス
イ
カ
二
つ
分
よ
り
も
大
き
か
っ
た
の
で
す
 °
  
い
出
し
ま
し
た
 °
  
白
雪
姫
は
か
つ
て
の
自
分
の
胸
が
す
ご
く
大
き
か
っ
た
こ
と
を
思
  
  
∧
む
く
む
く
む
く
む
く
・
・
・
∨
  


























   

  
た
白
雪
姫
の
姿
を
み
て
感
激
で
涙
を
流
し
ま
し
た
 °
そ
し
て
口
々
  
小
人
た
ち
は
美
し
く
な
っ
  
結
婚
式
に
は
も
ち
ろ
ん
七
人
の
小
人
た
ち
も
招
待
さ
れ
ま
し
た
 °
  
の
で
す
 °
  
ユ
サ
ッ
と
大
き
く
揺
れ
る
  
い
谷
間
が
つ
く
ら
れ
て
い
ま
す
 °
そ
し
て
歩
く
た
び
に
ユ
サ
ッ
 
  
か
り
に
な
っ
て
お
り
 
  
た
 °
大
き
く
空
い
た
胸
元
は
白
雪
姫
の
豊
か
な
胸
が
こ
ぼ
れ
ん
ば
  
レ
ス
が
誂
え
ら
れ
ま
し
  
こ
の
日
の
た
め
に
白
雪
姫
の
巨
大
な
胸
に
合
う
ウ
エ
デ
ィ
ン
グ
ド
  
し
た
 °
  
数
日
後
 
王
子
様
と
白
雪
姫
の
結
婚
式
が
盛
大
に
執
り
行
わ
れ
ま
  
  
  
大
き
な
胸
を
覆
い
隠
し
ま
し
た
 °
  
な
布
を
持
っ
て
き
て
そ
の
  
の
腰
や
お
へ
そ
を
覆
う
ほ
ど
に
な
っ
て
い
ま
す
 °
王
子
様
は
大
き
  
る
か
に
大
き
く
 
白
雪
姫
  
取
り
戻
し
た
の
で
し
た
 °
胸
は
大
き
な
ス
イ
カ
二
つ
分
よ
り
も
は
  
は
と
う
と
う
本
当
の
姿
を
















   

  
王
子
様
は
花
嫁
の
ベ
|
ル
を
上
げ
て
キ
ス
と
し
よ
う
と
し
ま
し
た
  
  
本
当
だ
っ
た
よ
う
じ
ゃ
の
・
・
・
ふ
ふ
ふ
 
  
 
姫
が
大
好
物
じ
ゃ
っ
た
キ
ノ
コ
 °
胸
の
成
長
に
効
く
っ
て
噂
は
  
  
ひ
ひ
 
  
 
森
の
キ
ノ
コ
を
た
っ
ぷ
り
食
べ
て
育
っ
た
か
ら
の
う
・
・
・
う
  
  
 
亡
き
母
上
様
も
大
き
か
っ
た
が
 
比
べ
物
に
な
ら
ん
わ
 °
 
  
  
 
あ
ん
な
豊
か
な
胸
 
見
た
こ
と
が
な
い
 °
 
  
  
の
う
 °
 
  
 
い
や
ぁ
 
大
人
っ
ぽ
く
な
ら
れ
た
 °
呪
い
が
解
け
て
よ
か
っ
た
  
  
 
こ
れ
ほ
ど
美
し
い
姫
は
世
界
中
に
お
ら
ん
じ
ゃ
ろ
う
て
 °
 
  
  
 
姫
様
 °
美
し
く
な
ら
れ
た
の
う
・
・
・
 
  
  
に
こ
う
話
し
ま
す
 °


















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
E
N
D
 
  
  
そ
し
て
 
二
人
は
末
永
く
幸
せ
に
暮
ら
し
ま
し
た
と
さ
 °
  
ス
を
し
ま
し
た
 °
  
を
上
げ
て
ゆ
っ
く
り
と
キ
  
な
胸
に
体
が
半
分
め
り
込
み
ま
し
た
 °
そ
し
て
も
う
一
度
ベ
|
ス
  
強
く
引
き
寄
せ
る
と
大
き
  
が
つ
っ
か
え
て
届
き
ま
せ
ん
で
し
た
 °
王
子
様
が
白
雪
姫
の
肩
を
  
が
 
白
雪
姫
の
大
き
な
胸
















  > ≫