時
代
に
鉄
道
が
曳
か
れ
大
勢
の
人
々
で
賑
わ
っ
た
と
い
う
 °
そ
れ
  
た
が
 
明
治
か
ら
大
正
の
  
資
源
を
町
へ
と
供
給
す
る
た
め
江
戸
の
頃
に
は
筏
で
運
ば
れ
て
い
  
檜
が
育
ち
 
豊
富
な
森
林
  
と
が
な
い
と
言
わ
れ
て
い
る
 °
山
に
は
良
質
の
木
材
と
な
る
杉
や
  
は
凶
作
に
見
舞
わ
れ
た
こ
  
高
い
山
々
に
守
ら
れ
て
い
る
こ
と
に
よ
り
太
古
の
昔
か
ら
こ
の
村
  
げ
で
作
物
は
よ
く
育
ち
 
  
地
に
畑
を
開
墾
し
て
生
活
を
営
ん
で
き
た
 °
肥
え
た
土
壌
の
お
か
  
つ
く
り
な
だ
ら
か
な
傾
斜
  
る
 °
気
候
は
比
較
的
温
暖
で
 
人
々
は
わ
ず
か
な
平
地
に
集
落
を
  
着
実
な
減
少
を
続
け
て
い
  
い
る
 °
人
口
は
約
2
 
4
0
0
人
 °
過
疎
化
に
よ
り
ゆ
っ
く
り
と
  
る
高
い
山
々
に
囲
ま
れ
て
  
千
々
山
村
と
い
う
名
前
が
示
す
通
り
 
こ
の
村
は
幾
重
に
も
連
な
  
  
1
  
  
ブ
ラ
ン
 
作
  
千
々
山
村
役
場
 
地
域
振
興
課














≪ <  

  
あ
っ
た
し
 
実
際
に
い
く
  
る
と
批
判
を
浴
び
せ
る
 °
確
か
に
選
択
肢
は
ほ
か
に
い
く
ら
で
も
  
同
級
生
は
ど
う
か
し
て
い
  
こ
の
よ
う
な
し
が
な
い
山
村
の
村
役
場
に
就
職
し
た
俺
を
大
学
の
  
  
ま
う
の
だ
 °
  
転
せ
ね
ば
な
ら
ず
 
鉄
道
よ
り
も
は
る
か
に
時
間
が
か
か
っ
て
し
  
長
い
山
道
を
幾
時
間
も
運
  
な
い
か
ら
で
あ
る
 °
車
で
千
々
山
村
を
訪
れ
よ
う
と
す
れ
ば
細
く
  
他
に
有
効
な
交
通
手
段
が
  
な
ぜ
そ
の
鉄
道
が
潰
れ
ず
に
今
で
も
使
わ
れ
て
い
る
か
と
言
え
ば
  
い
 °
  
ん
ど
利
用
す
る
者
も
い
な
  
人
の
足
の
役
目
を
し
 
村
人
と
少
数
の
旅
行
者
を
除
い
て
は
ほ
と
  
カ
ル
線
と
し
て
細
々
と
村
  
今
で
は
そ
の
鉄
道
は
第
三
セ
ク
タ
|
が
運
営
す
る
し
が
な
い
ロ
|
  
め
て
都
市
へ
と
移
り
住
む
よ
う
に
な
っ
た
 °
  
衰
退
し
 
人
々
は
職
を
求
  
か
ら
安
い
木
材
が
輸
入
さ
れ
始
め
る
と
次
第
に
千
々
山
の
林
業
は
  
も
遠
い
昔
の
話
で
 
海
外
















   

  
山
々
に
よ
っ
て
育
ま
れ
た
も
の
で
あ
る
 °
こ
こ
の
水
を
一
口
飲
め
  
千
々
山
湧
水
の
水
は
深
い
  
ま
ず
 
 
水
 
で
あ
る
 °
天
下
の
名
水
と
謳
わ
れ
た
こ
と
も
あ
る
  
意
外
に
も
自
慢
で
き
る
ポ
イ
ン
ト
が
い
く
つ
か
あ
る
 °
  
と
思
わ
れ
る
だ
ろ
う
が
 
  
周
囲
を
峻
険
な
山
々
で
囲
ま
れ
た
寂
し
い
山
村
に
何
が
あ
る
の
だ
  
さ
て
 
も
う
少
し
こ
の
千
々
山
村
に
つ
い
て
の
話
を
し
よ
う
 °
  
  
こ
と
が
で
き
た
の
だ
っ
た
 °
  
俺
は
晴
れ
て
村
へ
と
戻
る
  
し
て
お
り
 
た
ま
た
ま
受
け
た
公
務
員
試
験
に
受
か
っ
た
こ
と
で
  
が
 
村
役
場
が
求
人
を
出
  
当
然
 
こ
ん
な
寒
村
に
働
き
の
口
が
あ
る
と
は
考
え
て
な
か
っ
た
  
く
な
る
の
だ
 °
  
っ
た
環
境
に
戻
っ
て
来
た
  
わ
し
さ
に
つ
い
て
い
け
ず
に
つ
い
大
自
然
に
囲
ま
れ
た
生
ま
れ
育
  
る
こ
と
だ
が
 
都
会
の
せ
  
い
う
思
い
が
大
き
か
っ
た
 °
千
々
山
村
生
ま
れ
の
人
間
に
よ
く
あ
  
慣
れ
た
村
で
働
き
た
い
と
  
つ
か
の
内
定
も
も
ら
っ
て
い
た
が
 
や
は
り
子
供
の
頃
か
ら
住
み

   

  
た
豆
腐
や
湯
葉
な
ど
の
食
  
的
だ
が
 
地
域
の
特
産
物
と
な
っ
て
い
る
地
鶏
や
大
豆
を
加
工
し
  
と
い
っ
た
川
の
幸
も
魅
力
  
る
キ
ノ
コ
類
と
い
っ
た
山
の
幸
 
清
流
に
住
む
鮎
や
ヤ
マ
メ
 
  
タ
ケ
 
舞
茸
を
始
め
と
す
  
そ
し
て
 
食
 
で
あ
る
 °
豊
か
な
自
然
が
生
み
出
す
山
菜
や
マ
ツ
  
て
は
重
要
な
働
き
口
に
も
な
っ
て
い
る
 °
  
千
々
山
の
人
た
ち
に
と
っ
  
連
ね
て
い
る
 °
こ
こ
で
働
く
の
は
ほ
と
ん
ど
が
地
元
民
で
あ
り
 
  
き
良
き
日
本
旅
館
が
軒
を
  
い
 °
温
泉
が
湧
く
渓
谷
に
は
申
し
訳
程
度
の
温
泉
街
が
あ
り
 
  
こ
と
は
言
う
ま
で
も
な
  
高
く
 
湯
は
乳
白
色
に
濁
り
 
も
ち
ろ
ん
源
泉
か
け
流
し
で
あ
る
  
美
人
の
湯
と
し
て
も
名
  
よ
い
と
一
部
の
マ
ニ
ア
に
は
知
ら
れ
て
い
る
千
々
山
温
泉
が
あ
る
 °
  
れ
 
秘
境
的
な
雰
囲
気
が
  
知
名
度
は
低
い
が
か
つ
て
の
江
戸
時
代
の
大
名
が
愛
し
た
と
言
わ
  
 
温
泉
 
だ
 °
全
国
的
な
  
値
し
な
い
も
の
だ
と
い
う
こ
と
が
わ
か
っ
て
し
ま
う
 °
そ
し
て
 
  
ば
都
会
の
水
な
ど
飲
む
に
















   

  
に
な
っ
て
い
る
 °
き
ち
ん
  
人
た
ち
は
 
ち
ち
や
ま
 
と
呼
ん
で
お
り
 
そ
れ
が
普
通
の
よ
う
  
正
し
い
の
だ
け
ど
 
外
の
  
そ
の
た
め
 
千
々
山
は
 
ち
ぢ
や
ま
 
と
濁
っ
て
発
音
す
る
の
が
  
か
と
い
う
く
ら
い
大
き
な
乳
房
を
お
持
ち
な
の
で
あ
る
 °
  
入
っ
て
い
る
の
じ
ゃ
な
い
  
お
姉
さ
ん
も
皆
 
胸
に
ド
ッ
ジ
ボ
|
ル
か
バ
ス
ケ
ッ
ト
ボ
|
ル
が
  
所
の
お
ば
さ
ん
も
親
戚
の
  
の
だ
が
ま
っ
た
く
も
っ
て
の
事
実
な
の
で
あ
る
 °
母
親
も
姉
も
近
  
ろ
う
と
い
う
顔
を
さ
れ
る
  
こ
の
話
を
人
に
す
る
と
 
皆
そ
ん
な
馬
鹿
な
 
担
い
で
い
る
の
だ
  
よ
り
も
は
る
か
に
大
き
い
の
で
あ
る
 °
  
り
に
す
る
商
売
の
人
た
ち
  
え
ば
テ
レ
ビ
に
出
て
い
る
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
の
よ
う
な
胸
を
売
  
と
い
う
だ
け
で
な
く
 
  
い
 
と
い
う
こ
と
だ
ろ
う
 °
世
間
一
般
の
人
か
ら
比
べ
て
大
き
い
  
性
は
と
て
も
胸
が
大
き
  
そ
の
他
に
何
か
特
徴
が
な
い
か
と
問
わ
れ
る
と
 
 
千
々
山
の
女
  
美
味
い
の
で
あ
る
 °
  
品
も
都
会
の
も
の
と
は
比
べ
物
に
な
ら
な
い
ほ
ど
滋
味
に
溢
れ
て

   

  
に
天
国
の
よ
う
な
村
な
の
  
こ
の
よ
う
に
 
も
し
巨
乳
好
き
の
男
な
ら
 
彼
に
と
っ
て
は
ま
さ
  
あ
る
 °
  
イ
ズ
を
増
し
て
い
く
の
で
  
を
過
ぎ
て
も
な
ぜ
か
千
々
山
村
の
女
性
は
毎
年
少
し
ず
つ
胸
の
サ
  
高
校
を
卒
業
し
 
二
十
歳
  
き
さ
に
成
長
し
て
い
る
の
で
あ
る
 °
そ
し
て
 
不
思
議
な
こ
と
に
  
ラ
を
着
用
す
る
ほ
ど
の
大
  
業
す
る
頃
に
は
既
成
の
下
着
で
は
収
ま
ら
ず
 
特
注
で
作
っ
た
ブ
  
さ
に
成
長
し
て
お
り
 
  
校
に
入
る
頃
に
は
一
般
的
に
 
爆
乳
 
と
呼
ば
れ
る
ほ
ど
の
大
き
  
が
ほ
と
ん
ど
で
あ
る
 °
  
的
に
 
巨
乳
 
と
称
し
て
よ
い
ほ
ど
の
大
き
さ
に
到
達
す
る
こ
と
  
し
れ
な
い
が
中
学
で
一
般
  
る
 °
の
び
の
び
と
し
た
環
境
で
栄
養
豊
富
に
育
つ
か
ら
な
の
か
も
  
の
立
派
な
胸
に
成
長
す
  
学
生
に
上
が
る
頃
に
は
ほ
と
ん
ど
が
成
人
女
性
と
見
ま
が
う
ほ
ど
  
す
く
と
成
長
を
始
め
 
  
千
々
山
の
女
の
子
は
小
学
校
の
高
学
年
ご
ろ
か
ら
バ
ス
ト
が
す
く
  
と
 
ち
ぢ
や
ま
 
と
言
う
の
は
こ
の
村
の
人
た
ち
だ
け
で
あ
る
 °

   

  
言
っ
て
い
た
 °
  
自
分
は
小
さ
い
方
だ
と
も
  
き
く
な
っ
た
と
記
憶
し
て
い
る
 °
た
だ
し
 
同
級
生
と
比
べ
れ
ば
  
と
き
に
は
M
カ
ッ
プ
ま
で
大
  
ペ
|
ス
で
大
き
く
な
り
高
校
入
学
時
に
は
I
カ
ッ
プ
 
卒
業
す
る
  
た
が
 
毎
年
2
サ
イ
ズ
の
  
に
上
が
っ
た
と
き
に
母
親
が
買
い
与
え
た
ブ
ラ
は
E
カ
ッ
プ
だ
っ
  
胸
が
膨
ら
み
始
め
 
中
学
  
俺
に
は
二
つ
年
上
の
姉
が
い
る
 °
彼
女
も
5
年
生
の
夏
ご
ろ
か
ら
  
  
い
と
感
じ
る
者
が
多
い
 °
  
き
す
ぎ
る
胸
よ
り
も
未
発
達
な
く
ら
い
の
小
振
り
な
胸
の
方
が
良
  
ど
ち
ら
か
と
い
え
ば
大
  
巨
乳
に
は
全
く
と
言
っ
て
い
い
ほ
ど
に
性
的
な
魅
力
を
感
じ
な
い
 °
  
い
で
 
俺
た
ち
村
の
男
は
  
で
特
別
不
思
議
と
は
思
わ
な
い
 °
こ
の
よ
う
な
村
に
生
ま
れ
た
せ
  
が
こ
の
よ
う
な
巨
乳
な
の
  
母
 
親
戚
の
叔
母
や
従
姉
妹
に
始
ま
り
 
村
に
住
む
全
て
の
女
性
  
と
で
あ
り
 
母
親
や
祖
  
で
あ
る
が
 
俺
た
ち
村
の
男
に
と
っ
て
は
至
極
当
た
り
前
な
の
こ

   

  
ラ
ボ
ン
が
豊
富
に
含
ま
  
れ
て
い
る
 °
ま
た
あ
る
人
は
千
々
山
で
獲
れ
る
大
豆
に
は
イ
ソ
フ
  
果
も
あ
る
の
だ
と
も
言
わ
  
分
豊
富
な
温
泉
成
分
が
加
わ
り
 
美
肌
効
果
だ
け
で
な
く
豊
乳
効
  
千
々
山
の
水
に
ミ
ネ
ラ
ル
  
が
あ
る
と
い
う
研
究
結
果
も
あ
り
 
元
々
 
名
水
と
し
て
名
高
い
  
あ
る
温
泉
の
成
分
に
原
因
  
本
的
に
の
ん
び
り
と
し
た
性
格
の
人
が
多
い
こ
と
 °
村
の
自
慢
で
  
し
く
働
か
ず
と
も
よ
く
基
  
で
安
定
し
て
お
り
 
作
物
が
よ
く
獲
れ
る
こ
と
 
そ
の
た
め
せ
わ
  
つ
に
気
候
が
比
較
的
温
暖
  
た
こ
と
が
あ
る
そ
う
だ
 °
結
論
は
は
っ
き
り
し
な
い
の
だ
が
 
  
の
大
学
で
研
究
が
な
さ
れ
  
な
ぜ
千
々
山
村
の
女
性
の
胸
は
大
き
い
の
か
 
と
過
去
に
ど
こ
か
  
  
ジ
ャ
|
は
特
注
サ
イ
ズ
で
あ
る
こ
と
は
間
違
い
な
い
 °
  
し
て
い
な
い
が
ブ
ラ
  
ず
つ
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
だ
と
い
う
 °
現
在
の
サ
イ
ズ
は
把
握
  
5
歳
の
今
で
も
ま
だ
少
し
  
高
校
を
卒
業
し
て
か
ら
は
成
長
の
ペ
|
ス
は
落
ち
た
も
の
の
 

   

  
の
か
と
聞
け
ば
 
千
々
山
  
そ
の
課
長
も
定
年
間
近
と
き
て
い
る
 °
こ
こ
で
何
を
す
れ
ば
い
い
  
け
の
課
で
あ
り
 
し
か
も
  
地
域
振
興
課
と
い
え
ば
聞
こ
え
が
良
い
が
 
課
長
と
俺
の
二
人
だ
  
こ
と
に
な
っ
た
ら
し
い
 °
  
こ
の
課
へ
の
配
属
さ
れ
る
  
と
い
っ
た
ア
ピ
|
ル
ポ
イ
ン
ト
で
も
な
い
が
 
そ
れ
を
か
わ
れ
て
  
カ
メ
ラ
も
得
意
 °
と
こ
れ
  
れ
た
の
が
 
地
域
振
興
課
 
で
あ
る
 °
山
歩
き
や
旅
行
が
趣
味
 °
  
職
し
た
 °
そ
し
て
配
属
さ
  
俺
こ
と
 
中
山
昇
一
は
大
学
を
卒
業
し
 
千
々
山
村
の
役
場
に
就
  
さ
て
 
胸
の
話
は
こ
れ
く
ら
い
に
し
て
俺
自
身
の
話
を
し
よ
う
 °
  
  
な
い
 °
  
れ
と
い
う
結
論
は
出
て
い
  
上
げ
れ
ば
も
っ
と
た
く
さ
ん
あ
る
の
だ
が
 
い
ず
れ
に
し
て
も
こ
  
人
も
い
る
 °
諸
説
を
数
え
  
べ
て
育
っ
た
地
鶏
に
は
さ
ら
な
る
豊
乳
効
果
が
あ
る
の
だ
と
言
う
  
い
 
そ
の
大
豆
か
す
を
食
  
れ
 
豆
乳
や
豆
腐
 
湯
葉
な
ど
の
大
豆
製
品
を
摂
る
か
ら
だ
と
言

   

  
ん
だ
 °
  
退
屈
し
の
ぎ
に
話
し
か
け
て
き
た
の
は
観
光
課
の
仁
科
ふ
み
え
さ
  
  
中
山
く
ん
 °
 
  
 
は
あ
|
あ
 
退
屈
だ
な
ぁ
 °
ね
え
 
何
か
面
白
い
こ
と
な
い
の
?
  
  
そ
こ
沸
い
て
い
る
 °
  
モ
チ
ベ
|
シ
ョ
ン
は
そ
こ
  
め
る
た
め
に
ひ
と
肌
脱
い
で
や
ろ
う
で
は
な
い
か
と
 
俺
な
り
に
  
少
し
で
も
そ
れ
を
食
い
止
  
れ
ば
い
ず
れ
は
廃
村
や
他
の
市
町
村
と
の
合
併
も
考
え
ら
れ
る
 °
  
口
が
減
少
の
一
途
を
た
ど
  
や
れ
や
れ
 °
と
は
い
っ
て
も
自
分
の
故
郷
で
あ
る
千
々
山
村
の
人
  
を
か
け
ず
に
村
お
こ
し
を
や
れ
と
い
う
こ
と
な
の
だ
ろ
う
 °
  
S
か
何
か
を
使
っ
て
費
用
  
算
は
雀
の
涙
ほ
ど
し
か
な
い
の
で
あ
る
 °
若
者
な
ら
得
意
の
S
N
  
り
 
そ
の
た
め
使
え
る
予
  
村
の
人
口
は
右
肩
下
が
り
で
あ
る
か
ら
税
収
も
同
様
に
右
肩
下
が
  
の
だ
 °
  
村
の
人
口
減
少
を
食
い
止
め
る
た
め
何
か
企
画
を
考
え
ろ
と
い
う

   

  
 
な
い
で
す
よ
 °
そ
れ
よ
り
も
邪
魔
し
な
い
で
く
だ
さ
い
 °
 
  
  
あ
っ
た
が
 
仁
科
さ
ん
に
考
え
を
乱
さ
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
を
絞
っ
て
い
る
と
こ
ろ
で
  
俺
は
上
司
か
ら
村
を
盛
り
上
げ
る
企
画
を
考
え
ろ
と
言
わ
れ
て
頭
  
る
 °
  
の
美
人
と
あ
っ
て
役
場
の
男
性
人
気
ナ
ン
バ
|
ワ
ン
と
な
っ
て
い
  
と
は
見
え
ず
 
な
か
な
か
  
さ
れ
て
い
る
 °
事
実
 
童
顔
な
の
が
手
伝
っ
て
か
も
う
す
ぐ
三
十
  
く
れ
と
ち
ょ
っ
か
い
を
出
  
冗
談
の
よ
う
に
役
場
の
お
じ
さ
ん
た
ち
か
ら
自
分
の
嫁
に
な
っ
て
  
し
い
独
身
で
あ
り
い
つ
も
  
三
十
路
に
も
う
少
し
で
手
が
届
く
と
こ
ろ
で
あ
る
が
 
村
で
は
珍
  
持
ち
で
あ
る
 °
  
が
ら
巨
大
な
バ
ス
ト
を
お
  
の
が
視
界
に
入
る
 °
彼
女
も
千
々
山
育
ち
で
あ
り
当
然
の
こ
と
な
  
お
っ
ぱ
い
を
載
せ
て
い
る
  
つ
挟
ん
で
向
か
い
合
わ
せ
に
座
っ
て
お
り
 
い
つ
も
机
に
特
大
の
  
の
美
人
で
あ
る
 °
机
を
一
  
俺
の
6
つ
年
上
の
先
輩
に
あ
た
る
が
 
お
っ
と
り
系
の
な
か
な
か

   

  
∧
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
ぱ
い
・
・
・
か
・
・
・
そ
う
だ
!
!
∨
  
  
み
つ
け
て
い
た
 °
  
仁
科
ふ
み
え
は
俺
を
に
ら
  
白
い
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
を
今
に
も
弾
け
そ
う
に
さ
せ
な
が
ら
 
  
  
 
こ
ら
っ
 
無
視
す
る
な
 °
 
  
  
か
な
り
大
き
い
方
だ
ろ
う
な
 
仁
科
さ
ん
は
 °
  
遥
か
に
デ
カ
い
 °
村
で
も
  
∧
相
変
わ
ら
ず
デ
カ
い
お
っ
ぱ
い
だ
な
 °
う
ち
の
姉
さ
ん
よ
り
も
  
  
に
乗
っ
た
大
き
な
膨
ら
み
が
ふ
に
ゅ
っ
と
形
を
変
え
る
 °
  
胸
が
ぶ
る
ん
と
揺
れ
 
  
が
頭
の
中
も
相
応
に
若
い
の
だ
ろ
う
 °
彼
女
が
ゴ
ミ
を
投
げ
る
と
  
っ
た
く
 
見
た
目
も
若
い
  
し
て
俺
の
方
に
消
し
ゴ
ム
の
カ
ス
や
紙
く
ず
を
飛
ば
し
て
く
る
 °
  
い
の
だ
 °
ふ
く
れ
っ
面
を
  
冷
た
く
言
い
放
っ
た
が
 
彼
女
に
は
こ
れ
く
ら
い
が
ち
ょ
う
ど
い
  


























   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
そ
う
 
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
ぱ
い
だ
 °
お
っ
ぱ
い
で
村
お
こ
し
だ
 °
  
が
降
り
て
き
た
の
だ
 °
  
な
素
晴
ら
し
い
ア
イ
デ
ア
  
ふ
み
え
さ
ん
の
揺
れ
る
バ
ス
ト
の
お
陰
で
俺
に
神
の
啓
示
の
よ
う
  


























  > ≫