千々山村 その後のはなし

ブラン 作
Copyright 2018 by Buran All rights reserved.



「それでは!ボニータ最新作の発表です!モデルを務めますのは、いずれもボ
ニータ愛好家のお客様、9名です!ステージ中央からランウェイを歩いて戻っ
ていきますので皆様温かい拍手でお迎え下さい!」

テンポの良い曲に切り替わり、照明がキラキラとステージを照らす。司会の女
性の呼び込みによって、まず、トップバッターのモデルがステージの脇から現
れた。スラリとした細身でスタイル抜群。しかし、どうしてもその豊か過ぎる
胸元に目がいってしまう。

(で、でかい!)

「モデルを務めるのは、仁科ふみえさん!千々山村役場の観光課にお勤めの
30歳。バストは127センチのSカップです。ブラはすみれの花をあしらっ
た細かい花柄の淡い紫色。ガーリーなレースが可愛らしさを引き立てます。」

(おいおい、こんな美人が本当に役場で働いているのかよ?全く30には見え
んぞ。うおー、でっけえ乳。カラダはスリムなのに乳だけデカイなんて奇跡だ
ろ、マジで。)←豊臣心の声

豊かな胸がブラジャーにみっちりと詰まり、歩調に合わせてゆさゆさと揺れ
る。彼女は観客に笑顔を振りまきながら楽しそうにランウェイを歩いている。

(な、なんだ?手を振って、誰かにウインクしたぞ?家族でも見にきてるんだ
ろうか?)

彼女は来賓席にいる誰かにウインクしたようで、観客達が一斉にその方を向い
た。しかし、相手が誰なのかはわからなかった。

ランウェイでポージングするとカメラのシャッター音がけたたましく鳴った。
彼女は笑顔のまま引き返し、反対のステージ脇にはけていった。

彼女と入れ替わりに次のモデルが現れた。金髪の美しい美女、外国人の女性と
は意外だった。

「次のモデルは、アンナ・スルツカヤさん!日本在住のロシア人、26歳で
す。日本の友人からボニータのことを聞き、今では大ファンということで今日
は県外から駆けつけて下さいました。バストは128センチ、Tカップです。
ブラはバラの花をモチーフにした情熱のレッド。ブラックの縁取りもセクシー
さを演出します。」

(おっほぉ!次は金髪の爆乳ちゃんじゃないか!いいぞ、いいぞ!色白でむっ
ちり感がまた良いねー。柔らかそうな肉質の胸をデカブラがすっぽり包みこん
で。やっぱ、爆乳にはフルカップが似合うよな。)

アンナさんははにかみながらランウェイの先でポーズを取った。両腕でバスト
を中央に寄せて胸の盛り上がりを強調した。そういうところは外国人のサービ
ス精神だろう。

「三人目のモデルは、三枝ひかりさん!千々山村出身で現在は千々山温泉の旅
館にお勤めの24歳です。バストは131センチ、Tカップです。パステルカ
ラーの黄色ブラがとてもお似合いですね。白くあしらわれたレースが上品さを
演出しています。」

彼女は恥ずかしそうにステージを歩いた。前の二人に比べると背は低くやや
ふっくらとした体型だ。バストは大きく柔らかそうで歩調に合わせてたゆん、
たゆんと揺れている。ヒップは大きく厚みがあり、太ももはむっちりと肉がつ
いている。モデルとしてはやや太めだが、男性から見れば魅力的な肉感に見え
てしまう。

(エ、エロい。むちむちし過ぎてねぇか?あの乳に、あの尻、あの太もも、堪
んねえじゃないか!あんな子が嫁だったら毎日大変だろうな。)

大人の色気が漂う三枝さんの代わりに現れたのはまだ年の若い女性であった。

「次のモデルは、十津川みおさん!
千々山村出身の17歳。高校2年生です。フレッシュな雰囲気漂うお嬢さんに
は真っ白で天使の羽根をモチーフにしたレースとフリルがとても似合ですね。
バストは132センチのVカップです。」

若干、17歳にして他の成人女性を圧倒する膨らみはまさに圧巻であった。
十分な弾力の備わった乳房は歩くのに合わせてぷるん、ぷるんと小気味よく揺
れていた。

(ぶ、Vって、うそだろ?高校生でそんなのがいるなんて!あの膨らみは校則
違反じゃねぇか!?とんでもねぇ発育をしてやがるぜ!)

彼女は両手をグーに握ってネコのようなポーズをとった。高校生らしく初々し
い感じだ。

入れ替わりで現れたモデルは、匹田かなこだ。駅長ネコの秘書として既に有名
な彼女の登場に会場は一気に盛り上がる。

「さあて!五人目のモデルは皆さまよくご存知の匹田かなこさん!千々山村出
身の27歳。千々山駅の駅長ネコ、チヂの秘書としてご活躍されています。
バストは136センチのWカップ。黒い総レースのブラが大人の女性を演出し
ます。」

匹田さんはひときわ背が高く大人っぽい雰囲気を漂わせる。普段はスーツ姿し
か見たことのない観客は彼女の大人な下着姿に大興奮だ。男性だけでなく女性
からも歓声を集めている。歩調に合わせてWカップの胸がゆさっ、ゆさっと揺
れるがボニータがしっかりとホールドして揺れを最小限に抑えている。

(匹田さん、キター!!やはり、デカイ!相当デカイ!彼女を見るために駅ま
で行ったもんな。セクシー下着姿が拝めるなんて今日は超絶ラッキーだぜ!)

彼女はランウェイの前まで来ると指を唇に当てて投げキッスをした。男達から
さらに大きな歓声が上がった。

「歓声がなかなか鳴り止みませんが、次に現れましたモデルは千々山村以外か
らのご参加です。飯村なつみさん、二十歳の大学生です。バストは141セン
チのZカップ。なつみさんも知り合いからボニータのことを聞き、大ファンに
なった一人です。今日はボニータのためならということで遠くからお越し頂き
ました。上品なレースで装飾された淡いブルーのブラがとてもお似合いで
す。」

収まりかけていた歓声がどよめきに変わる。Zカップの登場に観衆は興味津々
だ。千々山の女性たちもは村の外でこんなに胸の大きな女性がいるとは意外
だったようだ。
歩長に合わせて胸がユサッ、ユサッと揺れ、ランウェイの前まで来てゆっくり
くるりと体を回転させた。

(マジかー!驚きの匹田超え!Zカップちゃんが若干ハタチの女の子だなん
て!おい、この後一体どうなっちまうんだ??)

「次は七人目、富士岡みねこさん。千々山村生まれ、千々山村育ちの主婦の方
です。小学生のお子さんがお一人いらっしゃると言うことですがとてもそんな
風に見えません。年齢は非公開だとのことです。ブラは谷間もあらわな3/4
カップに純白の総レース。Tバックのショーツとの組合せが妖艶な大人の女性
を引き立てます。バストは148センチ、2Zカップです。」

ウェーブのかかった長い黒髪がふわふわと揺れ動くのに合わせて、柔らかそう
な胸がたゆん、たゆんと波打っている。

(うおーっ!つ、ツー・ゼットオォ!これまた極上のエロボディーだ!2Zな
んて乳が現実に存在するなんて、マジで信じられん!乳だけでなく尻もムッチ
ン、ムッチンのデカ尻だぁ!)

富士岡さんはランウェイ先端で大きなバストを両手で抱えるようにしてアピー
ルした。柔らかな乳房がぐっと真ん中に寄って深い谷間がさらに深くなった。

もうこれ以上のバストが現れるわけがない。そう思ったがその考えはもろくも
次の瞬間に打ち崩された。
次に出てきたモデルは富士岡さんをさらに一回り上回っているのだ。

(な、なんなんだ、あれは!?)

「さて、次のモデルは中村やえこさん。千々山村育ちの19歳。服飾系専門学
校の生徒さんです。何でもいずれは自分でボニータのデザインをしてみたいの
だそうです。バストは154センチ、4Zカップ。重量感のバストをすっぽり
包んで支える安心構造。洋服に響かないシャンパン・ゴールド色のモールドブ
ラです。」

中村さんの巨大な胸は少し歩くだけでゆっさ、ゆっさと揺れ、観客達を唖然と
させる。中にバスケットボールが二つ入っているんじゃないかと思わせるほど
大きく前に突き出していた。勘の良い方なら気付いていると思うが、一年前、
桜木ミリアがロケする番組でインタビューされたとんでもなく胸の大きい女子
高生だ。当時より胸はワンサイズ大きくなっている。

(ふぉ、フォー・ゼットオオ!?当時はフェイクじゃないのかって噂になって
たが、本物のビッグ・バストちゃんじゃないか!マジでこんな子いたんか
よ!?)

中村さんはランウェイの先端でうーん、と伸びをするように両手を高く上げ、
横に開きながら下ろした。手を下ろしても全くブラずれすることもなかった。

いよいよ、最後の九人目のモデルが現れた。中村さんより大きい子なんている
筈がないと皆が思う中、現れたのは・・・

「では、最後の九人目のモデルは、足立ここみさん。千々山村生まれの22
歳。ショッピングセンター・かしのに今年入社した新入社員です。バストサイ
ズは155センチ。カップはボニータ最大クラスの6Zです!うす紫色のフル
カップブラは繊細な細工のレースで装飾され、上品な淑女を演出します。」

最後に出てきたのは、なんと、かしのの女子社員。これまでに十分驚いていた
観客が、さらなるどよめきで彼女を迎えた。中村さんとトップバストはほぼ同
じだが、少し華奢な彼女の方がトップとアンダーの差で上回ってしまうのだ。

(しっ、シックス・ゼットだとぉ!?どんだけ俺の想定を裏切りやがるん
だ!?とんでもない乳をしてやがる!まったく、冗談じゃねーよな!?)

彼女の歩調に合わせて胸が踊るようにぼよん、ぼよんと弾んでいる。ランウェ
イの先端では、手を後ろで組んでお辞儀をするように前かがみになったが、驚
くほど深い谷間がくっきりと写った。
ランウェイをターンしたあとも後ろからでも胸が跳ねるようすがわかった。

「では、もう一度、九人全員のモデルに登場していただきましょう!」

脇に待機していたモデル達がまたステージ上に現れた。仁科さんから足立さん
まで横一列に並ぶと観客席に向かって深くお辞儀をした。

(トップバッターの仁科さんだって規格外爆乳なのに、こいつら、揃いも揃っ
てとんでもない乳をしてやがる!スタイルの良さでは仁科さんが飛び抜けてい
るな。あえて次点を挙げるならロシア人のアンナさんか長身の匹田さんだろ
う。どれも乳フェチの俺にとっちゃ極上の逸品だが、好みを聞かれたらおっぱ
いが柔らかそうな三枝さんか富士岡さんだろうな。乳以外の腰回りのムチムチ
感もエグいしな。)

挨拶が終わるとモデル達はステージの脇へと下がっていった。
乳好きの人間には最高の余興だったなと俺は大いに満悦し、そろそろ閉会だろ
うと思っていたのだが、まだ次に何か用意されているようだった。
単にボニータの最新モデルの発表会があるとだけ聞いていたのだが。