森エルフさんの巨乳願望

ブラン 作
Copyright 2021 by Buran All rights reserved.

18 秋の文化祭準備

朝日山中学では11月の初めに文化祭が行われます。体育祭が終わったところなので少し慌ただしい気はします。
ホームルームの時間にどんな出し物をするかの話し合いがありました。
私は人間の文化に興味がありますのでどんな催しになるのか楽しみにしています。
学級委員がホワイトボードにいくつかの案を書きましたが、その中から決めていくようです。

「演奏 歌 絵 オブジェ からくり装置 ファッションショー・・・」

演奏や歌、ファッションショーの場合は体育館のステージで発表するそうです。絵やオブジェ、からくり装置だと教室に展示して見に来てもらいます。
男子はあまり考える気がなさそうですが、特に演奏や歌、ファッションショーは気に入らないようでした。
それならみんなで大きな絵を描くか、オブジェを作るか、そんな感じになります。からくり装置とはボールを転がして、いろんな仕掛けを通過させてゴールに運ぶ装置のようですが、こちらは女子があまり乗り気ではありません。

「からくりって絶対失敗するだろ?だったらドミノ倒しのほうがいいんじゃない?」
「ドミノをどうやって作るんだ?すごい数がいるぞ?」

「歌とか演奏とか誰も聴かねぇって。どでかいオブジェでも作った方が面白いんじゃね?」
「オブジェって何作るんだ?」

「ファッションショーがいいわよー。かわいい服着られるし。男子は女子をエスコートするだけで簡単でしょ?」
「それ面倒くさくなくていいかもな…」

いろいろと意見が出て、最後は投票でファッションショーに決まりました。
その後、どんなショーにするか?テーマはどうするか?というところでまた行き詰まりました。

「不要品で服を作るとか?」

「ちょっとありがちな気がする…」

「男子が女装したら面白いんじゃない?」

「イヤだよ!だったら、女子は男装しろよ」

男女が反対の衣装を着てショーをしたら面白いんじゃないか?という意見がでましたが反対する人も多くいました。
ですが、このアイデアにすごく賛成したのが担任の先生でした。

「みなさん、ジェンダーレスという言葉を知ってますか?ジェンダーというのは性別という意味で、ジェンダーレスは性別の境がないとか、性別によって差別がないという意味です。
男は男らしく、女は女らしく振る舞いなさいという考えはもう過去のものです。男女の性別に関係なく自分らしく生きることが大切なのです。
男の子がスカートを履いて何がおかしいのでしょう?女子が男子のズボンを着てもいい筈です。
男女それぞれ制服を着ていますが、そもそもそれがヘン?って考え方もできますね。
先生は男女が反対の格好をしてショーをするのは素晴らしい問題提起になると思います。」

先生のこの一言に反対意見を言う生徒はいませんでした。というわけで、男女が反対の衣装を着てショーをするということになりました。
この後、学級委員が主役となって役割分担を考えました。みんながモデル、衣装係、舞台係のどれかを担当します。
私は薄々予感ていましたが、背が高いということでモデルに推薦されてしまいました。


次の日から文化祭の準備が始まりました。
モデルは男女5人ずつです。衣装係が衣装のデザインを考えて製作し、舞台係がステージのセットや飾り付けを考えます。
かえではデザイン担当になったらしく私に衣装のスケッチを見せてくれました。

「ほらっ、カッコいいでしょう?大人の男の人が着るビシッとしたスーツに見えて、少し女性っぽさも入れてあるの」

スケッチブックに描かれた男性は細身で黒っぽいスーツを着ており、中のシャツにはフリルがついていて華やかな感じになっています。

「上手い。かえでって絵の才能あったんだ…」

「こんなの絵とは言えないけどね… そうそう、明日、材料の買い出しに行くのよ。その前に採寸させてくれるかな?」

かえではメジャーを取り出して私に見せました。

「うん。いいけど」

まず、かえでは胴回りにメジャーを回しました。

「ウエストは・・・61ね。やっぱり細いな〜。服の上からだから少し誤差はあるかもしれないけど。」

この数ヶ月で私はかなり太ったと思ってましたが細いと言われて少し安心しました。
次にメジャーの位置を下げてヒップを測ります。

「ヒップは・・・90か」

制服のスカートが入らなくなったくらいなので昔に比べて肉付きがよくなっていると思います。
最後にかえでは胸周りにメジャーを回しました。

「バストは・・・むむっ、95っ!いつの間にこんなになったの!?」

「声が大きいよ!」

「私なんてAカップから全く成長してないってのに!ねぇ?いま何カップなのよ?」

そう言ってかえではメジャーを少し締め上げて私の胸にめり込ませました。

(むぎゅっ)

「言いなさいよ」

「エ、エフ…」

「Fカップもあるの!?この前までは私と変わらなかったのに…」

叔母さんと作ったEカップブラはすぐに小さくなってしまい、自分でFカップに作り替えたところでした。
大きくなった胸を自慢したい気持ちは少しあるのですが、かえでの前では気兼ねしてしまいます。
私は身長もあるので胸の膨らみが目立つみたいで、最近は胸元に視線が集まるのを感じることがあります。
特に男子はチラチラと私の胸を見ているようです。
ただ、この胸は男装には邪魔になるということでコスプレ用の胸潰しブラを着けることになりました。