森エルフさんの巨乳願望

ブラン 作
Copyright 2021 by Buran All rights reserved.

25 休み明けの惨事

冬休み明け。朝、学校に行く準備をしているときに緊急事態が発生しました。

(あれっ?おかしいな…)

年末に買ったブラのホックが全く止まらなくなっているのです。

(ブラが小さくなった??そんなわけないよね)

薄いレモン色のIカップブラは買ってからまだ何度も着けていません。

(買ったばかりなのに)

ホックが止まらないだけでなくカップにも胸が収まってくれません。

(大きくなってる… 確実に…)

今から学校に行かなくてはならないのに時間がありません。ノーブラは校則違反になるので、急いでまじないを使い簡単にできるスポーツブラを作りました。
それから、制服のシャツのボタンも止まりません。シャツも自分で何とか作れるので上手ではありませんが慌てて用意しました。
しかし、緊急事態は胸だけではありませんでした。

(スカートが…)

キツいのです。お腹をへこませて、ホックの位置を最大にずらしてやっと止まりました。

(太ってる… 確実に…)

私は冬休み中に明らかに太ってしまいました。
原因はお餅の食べすぎです。人間でもお餅の食べ過ぎで太ってしまうそうですが、エルフだとなおさらそうなります。
食べすぎたお餅は脂肪に変換され、胸やお腹、お尻についてしまったのです。

(むちむちっ)

お腹には手で十分摘めるくらいのお肉がついています。お尻も大きくなってお揃いで買っ
たショーツも窮屈になっています。

「い、行ってきます…」

スクールコートの上からはほとんど分からないと思いますが、コートの下では大きくなった胸がユサユサと揺れています。
年末にみのりがダイエットをしていると言ってましたが、私も今日からダイエットを始めます。特にお餅を食べるのは禁止です。お餅、ダメ、絶対に。

学校ではやはり大きくなった胸がひときわ目立ってしまいました。

「エル、おはよー!っっって!なんじゃいその胸は!」

「わぁ。また大きくなったじゃない??」

かえでとみのりに早速、気づかれてしまいました。

「休み中にお餅食べすぎちゃってちょっと太っちゃった…」

「ちょっとってレベルじゃないでしょ!その胸!大体なんで胸にお肉が付くのよ。普通、お腹周りでしょうよ!」

「お腹とかお尻とかも結構キテるのよ。」

「エルの場合、身長があるから太って見えないのよね。ズルいわ。」

私は机にどっかりとバストを下ろしました。
そのせいでノートと教科書を広げるスペースが狭くなってしまいました。
男子たちも驚きの視線をこちらに向けています。チラチラ見てくるというのではなく、あからさまにこちらを見てきます。
大きな胸が誇らしい気持ちと大きすぎて少し恥ずかしい気持ちが入り混じって複雑な気分でした。
体育の授業では大きな胸が大揺れになりました。

(どっぷんっ、どっぷんっ、どっぷんっ…)

慌てて作った簡易なスポブラでは胸揺れをほとんど抑えることができないのです。
体操着は胸に布地を取られて丈が足りなくなっていて、走ると胸が揺れてお腹がチラリと見えてしまいます。
ジャージのズボンはまだ何とか入ってますが、ぴっちりと貼りついて大きなお尻のカタチを浮き上がらせていました。

"揺れてる!揺れてる!"
"スッゲーぞ!大迫力だ!"
"ムッチムチだな"

男の子たちが噂するのが聞こえます。
体育祭のリレーで活躍したときの身体のキレは残念ながら今はありません。重たい胸を抱えながらなんとか走っている感じです。

"エルちゃんのお肉〜!"
"エ、エロい…"
"あの乳にあの尻!まさに発育の暴力だな"

冬場なのに少し走っただけで汗をかいています。やはりこんな弛んだ身体では森に帰れません。必死にダイエットをしなきゃです。


学校から戻ってくると私はさっそく新しいブラの製作に取り掛かりました。
急いで作ったスポーツブラではやはり胸を保持する力が足りず、歩くだけでもユサユサと揺れていました。
まず、サイズの確認です。メジャーを胸に回します。

(アンダーバストは・・・76)

続いて、トップを測ります。

(この位置でいいのかな・・・118)

えっ?こんなにあるの?やはりかなり増えています。
トップとアンダーの差は42センチですが何カップになるのでしょう?
ショーツも作りたいので参考にヒップサイズも測っておきます。

(ヒップは・・・100ちょうど)

ウエストはあまり測りたくありませんが、現実を知るためです。

(ウエスト・・・69)

次に、Iカップブラを机の上に広げ、まじないを使ってバラバラにしました。
それを参考にしながら新しいブラのパーツを作っていきます。生地の色はホワイトです。

(アンダーは75のままでいいからサイドベルトの長さは同じにして… ベルトはもっと太くした方がいいわね)

今のブラよりベルトを太くしてホックの段数も一つ増やして4段にしました。

(カップの大きさはこれくらいかな?)

自分の胸の大きさを頭に描きながらカップのイメージを重ね合わせます。出来上がった2つのカップを乳房に被せてみてフィット感を確認します。

(いい感じみたい)

カップの土台となるセンターのパーツを作りそれを縫い合わせます。あとはサイドベルトと肩紐を付ければ出来上がりです。

「できた!」

さっそく着けてみます。
腕に肩紐を通して、カップを胸に当て、後ろ手でホックを止めます。そして、手をカップに差し入れて胸の収まり具合を調整します。

(あ、これいいかも。ぴったりじゃない??)

姿見に写して確認します。ブラが大きな胸を持ち上げてすごく前に突き出しているように見えます。出来上がったブラはカップサイズで言うと"N"くらいになるようです。