日
に
日
に
成
長
す
る
バ
ス
ト
を
い
ち
い
ち
計
測
す
る
の
が
面
倒
に
  
の
だ
そ
う
だ
  
バ
ス
ト
の
サ
イ
ズ
を
よ
く
聞
か
れ
る
が
 
本
人
曰
く
 
知
ら
な
い
 
  
な
く
と
も
バ
レ
|
ボ
|
ル
大
は
超
え
て
い
る
だ
ろ
う
  
サ
ッ
カ
|
ボ
|
ル
の
よ
う
な
 
と
い
う
の
は
言
い
す
ぎ
だ
が
 
  
は
 
そ
の
豊
か
な
胸
で
あ
っ
た
  
結
構
可
愛
ら
し
い
顔
立
ち
を
し
て
い
る
が
 
彼
女
の
最
大
の
特
徴
  
運
動
 
特
に
サ
ッ
カ
|
が
大
好
き
な
高
校
二
年
生
で
あ
る
  
眼
を
輝
か
せ
て
い
た
少
女
の
名
は
柳
村
綾
乃
 °
元
気
ハ
ツ
ラ
ツ
 
  
隣
の
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
が
心
配
そ
う
に
見
つ
め
る
  
 
あ
 
綾
乃
・
・
・
 
  
て
い
る
よ
う
な
眼
で
あ
る
  
そ
の
眼
は
ま
る
で
 
こ
れ
か
ら
起
こ
る
事
に
絶
大
な
期
待
を
抱
い
  
先
生
が
そ
う
言
っ
た
瞬
間
 
一
人
の
少
女
の
目
が
輝
き
始
め
た
  
 
じ
ゃ
あ
 
今
日
の
体
育
は
サ
ッ
カ
|
を
し
ま
|
す
 
  
ど
こ
に
で
も
あ
る
よ
う
な
 
普
通
の
高
校
の
一
幕
だ
  
グ
ラ
ウ
ン
ド
で
は
こ
れ
か
ら
 
女
子
の
体
育
の
授
業
が
行
わ
れ
る
 °
  
  
橙
∧
物
語
∨
・
魏
乳
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
N
o
 
m
o
v
e
 
n
o
 
f
o
o
t
b
a
l
l







≪ <  

  
ッ
プ
に
据
え
る
  
他
の
チ
|
ム
メ
イ
ト
が
半
ば
予
定
通
り
の
顔
を
し
て
 
綾
乃
を
ト
  
 
・
・
・
や
っ
ぱ
り
  
  
綾
乃
が
即
座
に
手
を
上
げ
る
  
 
私
 
攻
め
た
い
!
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
ポ
ジ
シ
ョ
ン
と
か
 
や
り
た
い
所
が
あ
れ
ば
・
・
・
 
  
綾
乃
の
チ
|
ム
で
は
 
簡
単
な
作
戦
会
議
が
行
わ
れ
て
い
た
  
p
r
e
|
m
a
t
c
h
  
  
 
じ
ゃ
あ
 
チ
|
ム
組
ん
だ
ら
 
早
速
ゲ
|
ム
や
る
か
ら
ね
 
  
て
恥
ず
か
し
く
な
る
  
こ
ん
な
事
を
し
れ
っ
と
言
わ
れ
て
は
 
聞
い
て
い
る
方
が
か
え
っ
  
ま
あ
 
何
と
か
な
る
っ
て
 
  
 
大
丈
夫
だ
よ
 °
ち
ょ
っ
と
乳
首
が
擦
れ
て
感
じ
ち
ゃ
う
け
ど
 
  
隣
の
少
女
が
心
配
に
な
っ
て
聞
い
て
く
る
  
 
・
・
・
い
つ
も
の
事
だ
け
ど
 
大
丈
夫
な
の
?
そ
れ
 
  
薄
い
体
操
着
に
大
き
い
乳
首
が
突
き
出
て
い
る
の
が
丸
分
か
り
だ
  
ノ
|
ブ
ラ
で
あ
る
  
ブ
ラ
ジ
ャ
|
も
面
倒
だ
か
ら
し
て
い
な
い
 
と
い
う
事
で
 
今
は
  
な
っ
て
 
今
で
は
ま
っ
た
く
計
っ
て
い
な
い
ら
し
い






   

  
フ
ァ
ウ
ル
を
し
な
い
よ
う
に
気
を
つ
け
な
が
ら
 
体
を
寄
せ
 
  
の
前
に
立
ち
ふ
さ
が
っ
た
  
一
人
の
少
女
が
ド
リ
ブ
ル
で
自
陣
に
侵
入
し
て
く
る
 °
綾
乃
が
そ
  
だ
  
キ
ッ
ク
オ
フ
の
笛
が
鳴
る
 °
相
手
チ
|
ム
の
ボ
|
ル
で
ス
タ
|
ト
  
|
 
  
 
じ
ゃ
あ
 
五
分
ハ
|
フ
の
合
計
十
分
 °
真
面
目
に
行
く
か
ら
ね
  
綾
乃
は
そ
れ
に
対
し
 
明
る
く
答
え
て
見
せ
た
  
 
大
丈
夫
で
す
よ
 °
そ
ん
な
に
や
わ
じ
ゃ
あ
り
ま
せ
ん
か
ら
 
  
先
生
が
綾
乃
を
た
し
な
め
る
よ
う
に
言
う
  
よ
?
 
  
 
相
変
わ
ら
ず
元
気
ね
え
 
あ
ん
た
・
・
・
ば
て
て
も
知
ら
な
い
  
準
備
万
端
と
い
っ
た
感
じ
で
綾
乃
が
叫
ぶ
  
 
さ
あ
 
バ
ッ
チ
コ
|
イ
!
 
  
k
i
c
k
|
o
f
f
  
  
チ
|
ム
の
面
々
で
す
ら
 
そ
の
揺
れ
に
見
入
っ
て
い
た
  
こ
の
綾
乃
の
胸
は
 
ク
ラ
ス
の
女
子
の
羨
望
の
的
で
あ
り
 
相
手
  
へ
走
る
  
綾
乃
は
胸
を
た
ぷ
ん
た
ぷ
ん
揺
ら
し
な
が
ら
 
ピ
ッ
チ
中
央
付
近

   

  
の
胸
だ
  
先
生
が
言
う
の
を
た
め
ら
う
 
そ
れ
 
・
・
・
も
ち
ろ
ん
 
綾
乃
  
よ
!
そ
れ
が
!
 
  
 
手
じ
ゃ
な
く
て
ね
・
・
・
あ
ん
た
の
場
合
 
そ
れ
が
原
因
な
の
  
綾
乃
が
不
満
そ
う
に
言
う
  
よ
?
 
  
 
え
|
 
何
で
で
す
か
?
手
で
押
さ
え
た
り
な
ん
か
し
て
ま
せ
ん
  
笛
が
鳴
っ
た
 °
フ
ァ
ウ
ル
だ
  
そ
の
時
 
綾
乃
か
ら
強
烈
な
圧
力
を
受
け
 
少
女
が
倒
れ
る
  
ど
う
し
て
も
 
感
覚
が
左
腕
に
集
中
し
て
し
ま
う
  
る
の
だ
が
・
・
・
無
理
だ
っ
た
  
豊
か
な
乳
房
を
左
腕
に
感
じ
な
が
ら
 
ゴ
|
ル
に
向
か
お
う
と
す
  
た
  
綾
乃
は
気
付
い
て
い
な
く
て
も
 
相
手
の
方
は
十
分
気
付
い
て
い
  
∧
・
・
・
ど
 
ど
う
し
よ
う
・
・
・
∨
  
相
手
の
左
腕
に
く
っ
つ
き
 
綾
乃
の
胸
は
ぐ
に
ぐ
に
と
変
形
す
る
  
の
だ
っ
た
  
・
・
・
彼
女
の
胸
は
 
相
手
の
体
に
ぴ
っ
た
り
と
密
着
し
て
い
た
  
し
か
し
 
こ
の
時
・
・
・
綾
乃
は
気
付
い
て
い
な
か
っ
た
の
だ
が
  
レ
ッ
シ
ャ
|
を
か
け
る

















   

  
は
揺
れ
る
  
悔
し
く
て
綾
乃
は
地
団
太
を
踏
む
 °
そ
の
時
に
も
 
き
ち
ん
と
胸
  
 
あ
|
ん
も
う
 
惜
し
い
!
 
  
と
こ
ろ
で
相
手
D
F
に
は
じ
き
返
さ
れ
て
し
ま
っ
た
  
ゴ
|
ル
右
隅
に
向
か
っ
て
ボ
|
ル
を
け
る
 °
し
か
し
 
間
一
髪
の
  
 
そ
れ
っ
!
 
  
気
が
付
い
た
時
に
は
 
綾
乃
は
も
う
ゴ
|
ル
正
面
に
い
た
  
い
く
の
だ
  
そ
し
て
そ
の
一
瞬
の
隙
を
つ
い
て
 
綾
乃
は
相
手
を
抜
き
去
っ
て
  
き
相
手
で
す
ら
一
瞬
息
を
呑
む
  
彼
女
の
上
下
左
右
に
揺
れ
る
胸
は
圧
巻
的
で
 
立
ち
ふ
さ
が
る
べ
  
も
ち
ろ
ん
 
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
だ
  
綾
乃
が
自
陣
深
く
で
ボ
|
ル
を
持
ち
 
ド
リ
ブ
ル
で
駆
け
上
が
る
 °
  
前
半
2
分
  
  
の
大
き
な
胸
を
考
慮
に
入
れ
な
い
で
動
く
場
合
が
多
い
  
胸
を
擦
り
な
が
ら
綾
乃
が
呟
く
 °
実
際
の
と
こ
ろ
 
綾
乃
は
自
分
  
 
あ
 
そ
っ
か
・
・
・
 
  
動
き
な
さ
い
よ
ね
 
全
く
・
・
・
 
  
 
あ
ん
た
の
は
人
の
よ
り
で
か
い
ん
だ
か
ら
 
そ
れ
も
考
慮
し
て

   

  
綾
乃
は
相
手
に
寄
り
か
か
っ
て
ジ
ャ
ン
プ
し
 
頭
を
ボ
|
ル
に
合
  
 
と
う
っ
!
 
  
そ
し
て
 
ボ
|
ル
が
綾
乃
の
上
に
飛
ん
で
き
た
  
ん
な
事
に
は
気
づ
か
な
い
  
若
干
 
綾
乃
の
前
の
選
手
の
動
き
が
硬
く
な
っ
て
い
た
の
が
 
  
が
ら
 
ポ
ジ
シ
ョ
ン
を
争
っ
て
い
た
  
当
然
綾
乃
も
 
マ
|
ク
に
付
い
た
相
手
を
そ
の
胸
で
押
し
の
け
な
  
分
に
ち
ょ
う
ど
い
い
ポ
ジ
シ
ョ
ン
を
確
保
し
よ
う
と
す
る
  
多
く
の
選
手
が
ゴ
|
ル
前
に
集
ま
り
 
押
し
合
い
へ
し
合
い
で
自
  
た
  
綾
乃
の
チ
|
ム
は
ゴ
|
ル
前
で
フ
リ
|
キ
ッ
ク
の
チ
ャ
ン
ス
を
得
  
前
半
3
分
  
  
な
き
ゃ
!
∨
  
∧
あ
あ
ん
 
気
持
ち
い
い
・
・
・
・
・
・
だ
め
 
試
合
に
集
中
し
  
感
が
走
る
  
激
し
い
運
動
で
乳
首
が
服
と
擦
れ
る
事
に
よ
り
 
綾
乃
の
体
に
快
  
身
も
感
じ
て
い
た
  
め
て
い
る
事
は
 
外
側
か
ら
で
も
十
分
見
え
て
い
た
し
 
綾
乃
自
  
開
始
二
分
も
経
た
な
い
う
ち
か
ら
 
綾
乃
の
乳
首
が
勃
起
し
は
じ

   

  
・
・
・
∨
  
∧
き
 
気
持
ち
い
い
・
・
・
ど
う
し
よ
う
 
止
め
ら
れ
な
い
か
も
  
し
か
し
 
周
り
に
は
と
っ
く
に
ば
れ
て
い
た
  
人
に
聴
か
れ
な
い
よ
う
な
る
べ
く
小
さ
な
音
で
あ
え
ぎ
声
を
出
す
 °
  
 
あ
っ
・
・
・
ん
ん
っ
!
 
  
コ
リ
コ
リ
し
た
感
触
が
指
先
か
ら
伝
わ
っ
て
く
る
  
綾
乃
は
 
暇
に
な
っ
た
せ
い
か
 
つ
い
に
乳
首
に
手
を
や
っ
た
  
h
a
l
f
|
t
i
m
e
  
  
試
合
は
 
後
半
へ
と
突
入
す
る
・
・
・
  
持
ち
よ
さ
そ
う
な
顔
を
し
て
い
た
  
す
ぐ
に
綾
乃
は
少
女
の
上
か
ら
退
く
 °
少
女
は
苦
し
そ
う
な
 
  
 
だ
・
・
・
大
丈
夫
!
?
 
  
下
か
ら
見
た
綾
乃
の
胸
は
 
さ
ぞ
圧
倒
的
な
存
在
感
な
の
だ
ろ
う
  
上
に
乗
り
か
か
っ
た
綾
乃
の
胸
が
 
相
手
の
顔
を
圧
迫
す
る
  
 
い
た
た
た
・
・
・
 
  
乗
り
上
げ
 
二
人
で
倒
れ
て
し
ま
っ
た
  
し
か
し
 
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
た
綾
乃
は
 
相
手
の
体
に
そ
の
ま
ま
  
 
あ
・
・
・
わ
わ
わ
わ
!
 
  
わ
せ
よ
う
と
す
る



















   

  
を
も
ら
え
ば
果
敢
に
ゴ
|
ル
を
狙
う
が
 
今
日
は
ま
だ
一
点
も
決
  
そ
れ
で
も
 
綾
乃
は
ま
だ
ま
だ
元
気
で
あ
る
 °
味
方
か
ら
ボ
|
ル
  
き
を
硬
く
し
て
し
ま
っ
た
  
そ
の
姿
に
 
相
手
チ
|
ム
は
も
ち
ろ
ん
 
自
分
チ
|
ム
ま
で
も
動
  
疲
れ
の
せ
い
だ
ろ
う
か
 
声
も
心
な
し
か
色
っ
ぽ
く
聞
こ
え
る
  
 
あ
っ
・
・
・
ん
っ
 
ふ
ぅ
・
・
・
 
  
大
き
く
な
っ
た
乳
首
が
ま
す
ま
す
分
か
り
や
す
く
な
っ
た
  
そ
の
せ
い
で
 
綾
乃
の
豊
か
な
バ
ス
ト
ラ
イ
ン
 
そ
し
て
 
硬
く
 
  
綾
乃
は
大
量
の
汗
を
か
き
 
濡
れ
た
服
が
体
に
密
着
す
る
  
見
え
始
め
た
  
試
合
開
始
か
ら
全
力
で
動
い
て
き
た
綾
乃
に
も
 
若
干
の
疲
れ
が
  
後
半
3
分
  
  
 
全
く
・
・
・
じ
ゃ
あ
 
後
半
始
め
る
わ
よ
!
 
  
れ
て
し
ま
っ
た
  
必
死
に
隠
そ
う
と
す
る
が
 
無
駄
で
あ
る
 °
綾
乃
は
ま
た
も
怒
ら
  
 
あ
っ
!
?
・
・
・
い
 
い
え
 
別
に
何
も
・
・
・
 
  
 
ち
ょ
っ
と
 
何
や
っ
て
る
の
よ
 
柳
村
!
 
  
き
た
  
ど
う
見
て
も
普
通
で
な
い
綾
乃
の
様
子
を
見
て
 
先
生
が
飛
ん
で

   

  
と
 
そ
の
時
 
ゴ
|
ル
前
に
い
た
綾
乃
に
パ
ス
が
出
る
 °
ボ
|
ル
  
や
り
か
ね
な
い
 °
先
生
は
そ
れ
が
恐
ろ
し
か
っ
た
  
も
し
 
そ
の
状
態
で
 
ゴ
|
ル
を
決
め
た
と
し
た
ら
・
・
・
  
フ
ラ
ス
ト
レ
|
シ
ョ
ン
が
溜
ま
っ
て
い
る
  
さ
ら
に
 
今
日
 
綾
乃
は
ま
だ
ゴ
|
ル
を
決
め
て
い
な
い
 °
若
干
  
る
  
し
か
も
 
今
日
の
綾
乃
は
∧
い
つ
も
の
事
だ
が
∨
ノ
|
ブ
ラ
で
あ
  
し
た
ら
・
・
・
  
も
し
 
綾
乃
が
ゴ
|
ル
を
決
め
て
 
そ
れ
を
や
っ
て
し
ま
っ
た
と
  
や
っ
て
し
ま
う
人
も
い
る
  
現
在
で
は
そ
の
行
為
は
禁
止
さ
れ
て
い
る
が
 
そ
れ
で
も
 
時
々
  
上
の
服
を
脱
ぐ
人
も
い
る
  
サ
ッ
カ
|
選
手
の
中
に
は
 
ゴ
|
ル
を
決
め
た
瞬
間
 
興
奮
し
て
  
実
は
 
先
生
に
は
一
つ
不
安
が
あ
っ
た
  
0
|
0
の
ま
ま
で
あ
る
  
試
合
終
了
が
近
づ
い
て
き
た
 °
し
か
し
 
ス
コ
ア
は
依
然
と
し
て
  
後
半
4
分
  
  
∧
・
・
・
お
か
し
い
な
・
・
・
?
∨
  
め
ら
れ
て
い
な
か
っ
た

















   

  
  
  
  
  
  
  
し
な
い
  
周
囲
の
視
線
が
一
斉
に
綾
乃
に
注
が
れ
る
が
 
そ
ん
な
事
は
気
に
  
ピ
ン
ク
色
の
乳
首
が
大
き
め
の
乳
輪
も
含
め
て
遂
に
露
に
な
る
 °
  
回
っ
た
  
綾
乃
は
T
シ
ャ
ツ
を
脱
ぎ
捨
て
る
と
 
喜
び
を
爆
発
さ
せ
て
走
り
  
遅
か
っ
た
  
ゴ
|
ル
が
決
ま
っ
た
瞬
間
先
生
は
綾
乃
の
方
へ
向
か
う
 °
し
か
し
 
  
 
・
・
・
や
っ
 
た
|
!
 
  
刺
さ
り
 
ゴ
|
ル
ネ
ッ
ト
が
揺
れ
る
  
綾
乃
は
冷
静
に
ボ
|
ル
を
蹴
る
 °
ボ
|
ル
は
ゴ
|
ル
左
隅
に
突
き
  
け
揺
れ
よ
う
が
 
お
構
い
な
し
だ
  
も
は
や
 
彼
女
に
は
ゴ
|
ル
し
か
見
え
て
い
な
い
 °
胸
が
ど
れ
だ
  
め
た
  
を
受
け
取
っ
た
綾
乃
は
一
気
に
相
手
D
F
を
か
わ
し
て
 
走
り
始

   

  
ハ
イ
タ
ッ
チ
を
す
る
者
 
ふ
ざ
け
て
綾
乃
の
胸
を
触
る
者
 
様
々
  
綾
乃
も
よ
う
や
く
 
チ
|
ム
の
輪
に
加
わ
る
  
っ
た
  
結
局
 
綾
乃
の
決
め
た
ゴ
|
ル
が
決
勝
点
と
な
り
 
チ
|
ム
は
勝
  
  
 
こ
ら
!
服
ぐ
ら
い
着
な
さ
い
!
 
  
に
横
に
な
っ
た
 °
・
・
・
服
を
着
な
い
ま
ま
  
綾
乃
は
ぶ
つ
ぶ
つ
と
文
句
を
言
っ
て
ピ
ッ
チ
か
ら
去
り
 
そ
の
辺
  
 
男
の
人
な
ら
大
丈
夫
な
の
に
・
・
・
 
  
済
む
わ
け
が
な
い
で
し
ょ
!
 
  
 
何
言
っ
て
ん
の
 °
あ
ん
な
恥
ず
か
し
い
事
し
て
 
イ
エ
ロ
|
で
  
 
え
|
 
そ
ん
な
 
せ
い
ぜ
い
イ
エ
ロ
|
カ
|
ド
止
ま
り
で
す
よ
?
 
  
先
生
が
グ
ラ
ウ
ン
ド
脇
を
指
差
す
  
 
も
う
・
・
・
退
場
よ
 °
退
場
!
 
  
 
あ
|
・
・
・
す
い
ま
せ
ん
 °
興
奮
し
た
も
の
で
 
  
 
何
考
え
て
る
の
よ
 
あ
ん
た
!
 
  
よ
う
や
く
先
生
が
止
め
に
入
り
 
二
人
を
引
き
剥
が
す
  
 
・
・
・
こ
・
・
・
こ
ら
っ
 
こ
ら
っ
!
 
  
を
圧
迫
す
る
  
綾
乃
は
近
く
に
居
た
味
方
に
抱
き
つ
く
 °
巨
大
な
胸
が
そ
の
味
方

   

  
  
  
  
f
u
l
l
 
t
i
m
e
 
  
  
の
だ
が
  
も
っ
と
も
 
他
の
人
に
と
っ
て
は
ち
っ
と
も
ど
う
で
も
よ
く
な
い
  
ツ
だ
出
来
る
喜
び
が
そ
こ
に
あ
っ
た
の
で
あ
る
  
綾
乃
に
と
っ
て
は
 
胸
の
事
な
ど
ど
う
で
も
よ
く
 
た
だ
ス
ポ
|
  
す
う
す
分
か
っ
て
い
た
  
っ
た
 °
そ
れ
に
 
言
っ
て
も
無
駄
だ
と
い
う
事
は
 
先
生
に
も
う
  
そ
う
口
で
は
言
う
も
の
の
 
気
を
つ
け
る
よ
う
な
感
じ
は
し
な
か
  
 
は
|
い
 
今
度
か
ら
は
気
を
つ
け
ま
|
す
 
  
出
し
に
し
た
り
な
ん
か
し
て
い
い
と
思
っ
て
ん
の
?
 
  
 
何
で
す
か
?
じ
ゃ
な
い
っ
て
の
 °
あ
ん
た
ね
ぇ
 
学
校
で
胸
丸
  
 
・
・
・
何
で
す
か
?
 
  
た
  
先
生
が
綾
乃
を
呼
ぶ
 °
綾
乃
は
胸
を
揺
ら
し
な
が
ら
歩
い
て
い
っ
  
 
柳
村
・
・
・
ち
ょ
っ
と
 
  
で
あ
っ
た






















  > ≫