で
見
え
る
 °
放
課
後
 
高
校
か
ら
の
帰
り
道
で
あ
る
が
 
ま
る
で
  
 
こ
の
日
は
 
特
に
暑
か
っ
た
 °
コ
ン
ク
リ
|
ト
の
地
面
が
歪
ん
  
 
  
な
さ
そ
う
だ
が
・
・
・
  
こ
と
が
な
い
 °
し
か
し
 
ユ
ミ
の
胸
を
見
る
限
り
で
は
 
嘘
で
は
  
T
カ
ッ
プ
あ
る
と
い
う
 °
T
カ
ッ
プ
?
そ
ん
な
カ
ッ
プ
は
聞
い
た
  
思
う
ほ
ど
大
き
い
 °
こ
れ
は
本
人
か
ら
聞
い
た
確
か
な
情
報
だ
が
  
だ
 °
胸
に
大
玉
の
ス
イ
カ
を
二
つ
抱
え
て
い
る
の
で
は
な
い
か
と
  
小
学
生
並
み
の
身
長
だ
が
 
な
に
よ
り
も
大
き
す
ぎ
る
胸
が
特
徴
  
 
あ
い
つ
の
名
前
は
 
星
川
ユ
ミ
 
 °
顔
は
童
顔
で
背
も
小
さ
い
 °
  
ん
で
い
た
な
ん
て
 °
そ
れ
が
き
っ
か
け
で
 
友
達
に
な
っ
た
 °
  
正
直
言
っ
て
驚
い
た
 °
近
所
に
あ
ん
な
胸
の
大
き
な
同
級
生
が
住
  
そ
ん
な
あ
い
つ
は
 
意
外
に
も
僕
の
近
所
に
住
ん
で
い
た
の
だ
 °
  
美
し
い
景
色
で
も
 
毎
日
眺
め
て
い
れ
ば
飽
き
る
よ
う
に
 °
  
け
れ
ど
 
時
間
が
経
つ
に
し
た
が
っ
て
慣
れ
て
く
る
 °
ど
ん
な
に
  
ば
か
り
の
頃
は
 
あ
い
つ
の
胸
の
大
き
さ
に
誰
も
が
驚
か
さ
れ
た
 °
  
 
最
初
は
 
た
だ
の
ク
ラ
ス
メ
イ
ト
だ
っ
た
 °
高
校
に
入
学
し
た
  
  
蛭
子
 
作
  
初
め
て
の
・
・
・



















≪ <  

  
い
事
を
改
め
て
確
認
し
た
 °
  
回
し
た
 °
僕
と
ユ
ミ
と
運
転
手
以
外
は
誰
も
バ
ス
に
乗
っ
て
い
な
  
 
あ
の
・
・
・
言
い
に
く
い
ん
だ
け
ど
・
・
・
 
僕
は
周
囲
を
見
  
 
え
っ
?
何
が
?
 
  
 
な
あ
 
ユ
ミ
・
・
・
平
気
な
の
か
?
 
  
付
け
ら
れ
る
 °
思
っ
た
以
上
に
柔
ら
か
い
感
触
だ
 °
  
た
 °
原
因
は
ユ
ミ
の
胸
だ
 °
僕
の
腕
が
ユ
ミ
の
大
き
な
胸
に
押
し
  
 
二
人
掛
け
の
座
席
だ
っ
た
が
 
異
常
な
ほ
ど
の
圧
迫
感
が
あ
っ
  
 
う
ん
 °
い
い
よ
 °
 
  
 
隣
に
座
っ
て
も
い
い
?
 
  
 
バ
ス
の
扉
が
閉
ま
り
 
程
な
く
し
て
バ
ス
は
走
り
出
す
 °
  
 
び
っ
く
り
し
た
な
 
驚
か
す
な
よ
 °
 
  
ら
 
彼
女
の
背
が
小
さ
い
た
め
に
見
え
な
か
っ
た
ら
し
い
 °
  
 
驚
い
た
 °
ユ
ミ
が
バ
ス
の
座
席
に
座
っ
て
い
た
の
だ
 °
ど
う
や
  
 
あ
っ
 
月
野
く
ん
 °
 
  
た
 °
  
ク
|
ラ
|
の
効
い
た
車
内
 °
暑
さ
か
ら
解
放
さ
れ
僕
は
一
息
つ
い
  
運
転
手
以
外
は
誰
も
乗
っ
て
い
な
い
よ
う
だ
っ
た
 °
  
バ
ス
の
タ
|
ミ
ナ
ル
か
ら
停
車
中
の
バ
ス
に
乗
り
込
ん
だ
 °
僕
と
  
砂
漠
を
さ
ま
よ
っ
て
い
る
よ
う
な
感
覚
だ
っ
た
 °
高
校
の
最
寄
駅
 

   

  
ラ
ッ
ク
・
・
・
 
と
つ
ぶ
や
い
て
親
指
を
立
て
た
 °
ど
う
も
 
  
車
賃
を
支
払
う
 °
す
る
と
 
バ
ス
の
運
転
手
は
小
声
で
 
グ
ッ
ド
  
 
バ
ス
が
停
留
所
に
停
車
し
た
 °
僕
と
ユ
ミ
は
I
C
カ
|
ド
で
乗
  
 
わ
っ
 
わ
か
っ
た
よ
 °
 
  
 
そ
う
だ
ね
 °
そ
れ
じ
ゃ
 
公
園
に
寄
ろ
う
よ
 °
 
  
 
ユ
ミ
 
降
り
て
か
ら
だ
 °
バ
ス
を
降
り
た
ら
に
し
よ
う
よ
 °
 
  
 
車
内
ア
ナ
ウ
ン
ス
が
流
れ
る
 °
  
橋
に
到
着
い
た
し
ま
す
・
・
・
∨
  
∧
ご
乗
車
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 °
ま
も
な
く
天
王
橋
 
天
王
  
き
出
し
て
満
面
の
笑
み
を
浮
か
べ
る
ユ
ミ
 °
  
僕
は
心
の
中
で
叫
ん
だ
 °
そ
し
て
目
の
前
に
は
 
巨
大
な
胸
を
突
  
い
様
子
だ
 °
お
い
 
運
転
手
!
前
!
前
を
見
て
運
転
し
て
く
れ
!
  
思
わ
ず
こ
ち
ら
側
を
二
度
見
し
た
 °
そ
の
表
情
は
驚
き
を
隠
せ
な
  
 
さ
ら
に
気
ま
ず
い
 °
ル
|
ム
ミ
ラ
|
越
し
に
見
え
る
運
転
手
が
 
  
 
そ
れ
じ
ゃ
 
触
っ
て
も
い
い
よ
 °
 
  
 
え
っ
・
・
・
す
っ
 
好
き
だ
け
ど
・
・
・
 
  
 
ね
え
 
月
野
く
ん
っ
て
 
お
っ
ぱ
い
が
好
き
な
の
?
 
  
目
が
あ
っ
て
し
ま
っ
た
 °
や
ば
い
 
な
ん
か
気
ま
ず
い
な
 °
  
 
そ
の
瞬
間
 
バ
ス
の
ル
|
ム
ミ
ラ
|
越
し
に
 
僕
は
運
転
手
と
  
 
胸
が
・
・
・
僕
の
腕
に
当
た
っ
て
い
る
ん
だ
け
ど
・
・
・
 


   

  
ま
る
で
 
強
い
風
が
突
き
抜
け
た
よ
う
な
静
寂
に
包
み
こ
ま
れ
た
 °
  
 
僕
の
手
に
伝
わ
っ
て
く
る
ユ
ミ
の
鼓
動
が
激
し
さ
を
増
し
た
 °
  
人
に
な
っ
て
も
ら
え
ま
す
か
?
 
  
 
月
野
く
ん
 
お
願
い
が
あ
る
の
 °
こ
ん
な
私
で
良
け
れ
ば
 
  
 
ゆ
っ
 
ユ
ミ
・
・
・
 
  
キ
ド
キ
す
る
の
 °
 
  
つ
も
 
こ
う
な
ん
だ
よ
 °
月
野
く
ん
と
一
緒
に
い
る
と
 
胸
が
ド
  
 
ね
え
 
月
野
く
ん
 °
私
の
胸
の
ド
キ
ド
キ
・
・
・
伝
わ
る
?
い
  
|
ジ
が
あ
っ
た
が
 
ま
る
で
マ
シ
ュ
マ
ロ
の
よ
う
な
感
触
だ
っ
た
 °
  
て
の
感
触
だ
 °
あ
ま
り
に
も
大
き
な
胸
な
の
で
 
堅
そ
う
な
イ
メ
  
て
た
 °
そ
の
瞬
間
 
僕
の
胸
が
高
鳴
っ
た
 °
や
わ
ら
か
い
 °
初
め
  
 
ユ
ミ
は
躊
躇
す
る
僕
の
右
腕
を
掴
ん
で
 
自
分
の
胸
に
押
し
当
  
 
う
ん
 °
 
  
 
本
当
に
い
い
の
か
?
 
  
 
月
野
く
ん
 
触
っ
て
も
い
い
よ
 °
 
  
見
て
微
笑
ん
だ
 °
  
販
売
機
で
買
っ
た
ジ
ュ
|
ス
を
飲
み
干
す
と
 
ユ
ミ
は
僕
の
顔
を
  
 
停
留
所
の
向
か
い
側
に
あ
る
公
園
の
ベ
ン
チ
に
座
っ
た
 °
自
動
  
 
  
め
な
い
運
転
手
だ
な
 °

















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 
今
年
の
夏
は
 
い
つ
も
よ
り
暑
く
な
り
そ
う
だ
 °
  
初
め
て
の
恋
人
が
出
来
た
の
だ
か
ら
 °
  
息
が
出
来
な
い
・
・
・
け
れ
ど
 
う
れ
し
か
っ
た
 °
僕
に
と
っ
て
 
  
の
胸
が
 
僕
の
顔
を
圧
迫
す
る
 °
正
直
言
っ
て
 
苦
し
い
・
・
・
  
 
う
れ
し
か
っ
た
の
か
 
ユ
ミ
は
僕
に
抱
き
着
い
て
き
た
 °
ユ
ミ
  
 
月
野
く
ん
!
 
  
 
い
い
よ
 °
こ
れ
か
ら
も
 
今
ま
で
以
上
に
・
・
・
よ
ろ
し
く
 °
 
  
動
と
ユ
ミ
の
鼓
動
だ
け
が
聞
こ
え
て
い
る
 °
  
夏
の
暑
さ
も
 
セ
ミ
の
鳴
き
声
も
聞
こ
え
な
い
 °
た
だ
 
僕
の
鼓

  > ≫