あ
っ
た
 °
し
か
し
次
の
2
0
2
0
年
調
査
で
は
平
均
値
が
約
4
4
  
も
も
っ
と
も
多
い
1
8
歳
女
性
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
は
L
カ
ッ
プ
で
  
に
正
規
分
布
を
描
い
て
い
た
 °
つ
ま
り
 
統
計
的
に
も
世
間
的
に
  
ダ
|
差
約
3
8
c
m
の
L
カ
ッ
プ
で
あ
り
 
そ
の
平
均
値
を
中
心
  
い
て
 
1
8
歳
の
女
性
の
平
均
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
は
ト
ッ
プ
|
ア
ン
  
た
 °
2
0
1
5
年
に
初
め
て
行
わ
れ
た
全
国
一
斉
発
育
調
査
に
お
  
そ
の
ヒ
ン
ト
は
 
女
性
の
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
の
分
布
の
推
移
に
あ
っ
  
  
そ
れ
で
は
ど
の
よ
う
な
問
題
が
発
生
し
た
の
だ
ろ
う
か
 °
  
プ
|
ア
ン
ダ
|
差
が
約
5
5
c
m
の
S
カ
ッ
プ
と
な
っ
て
い
る
 °
  
安
定
傾
向
に
あ
り
 
2
0
4
5
年
の
一
斉
調
査
に
お
い
て
は
ト
ッ
  
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
そ
の
も
の
は
2
0
3
0
年
を
す
ぎ
た
あ
た
り
か
ら
  
よ
り
大
き
な
変
動
が
生
じ
た
の
だ
 °
と
は
い
っ
て
も
国
民
の
平
均
  
乳
大
国
と
し
て
君
臨
し
て
い
た
日
本
で
あ
っ
た
が
 
こ
こ
に
き
て
  
1
世
紀
初
頭
か
ら
 
欧
米
各
国
の
猛
追
を
し
り
め
に
世
界
一
の
超
  
日
本
で
は
重
大
な
社
会
問
題
が
表
面
化
し
て
い
た
 °
も
と
も
と
2
  
2
1
世
紀
も
折
り
返
し
地
点
を
迎
え
よ
う
か
と
い
う
そ
の
こ
ろ
 
  
  
E
c
o
l
i
 
作
  
胸
囲
雇
用
機
会
均
等
法

















≪ <  

  
だ
と
か
 
  
微
小
 
に
二
極
化
し
 
そ
れ
に
合
わ
せ
て
変
化
し
た
か
ら
  
○
男
性
の
好
み
が
従
来
の
 
ほ
ど
ほ
ど
 
か
ら
 
極
巨
大
 
 
  
ば
 
  
つ
か
の
仮
説
が
挙
げ
ら
れ
る
中
 
有
力
な
も
の
を
紹
介
す
る
な
ら
  
は
は
っ
き
り
と
し
た
原
因
は
い
ま
だ
特
定
さ
れ
て
い
な
い
 °
い
く
  
で
は
な
ぜ
こ
の
よ
う
な
二
極
化
が
起
こ
っ
た
の
か
と
い
う
と
 
  
  
一
見
す
る
と
不
思
議
な
現
象
が
発
生
し
て
い
る
の
だ
っ
た
 °
  
均
値
に
あ
た
る
S
カ
ッ
プ
の
女
性
は
そ
れ
ほ
ど
多
く
な
い
と
い
う
 
  
+
+
カ
ッ
プ
が
も
っ
と
も
多
く
な
っ
て
い
る
の
だ
 °
そ
れ
ゆ
え
平
  
と
9
3
c
m
 
す
な
わ
ち
世
間
的
に
は
D
カ
ッ
プ
と
Z
+
+
+
+
  
に
も
か
か
わ
ら
ず
 
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
分
布
の
ピ
|
ク
は
1
7
c
m
  
述
べ
た
通
り
平
均
ト
ッ
プ
|
ア
ン
ダ
|
差
が
約
5
5
c
m
で
あ
る
  
て
2
0
4
5
年
 
す
な
わ
ち
最
新
の
調
査
に
お
い
て
は
 
先
ほ
ど
  
ら
く
だ
 
型
の
分
布
を
見
せ
る
よ
う
に
な
っ
た
の
で
あ
る
 °
そ
し
  
2
0
c
m
と
8
7
c
m
 
と
い
っ
た
具
合
に
急
激
に
 
ふ
た
コ
ブ
  
5
c
m
 
そ
し
て
2
0
3
0
年
に
は
平
均
5
4
c
m
で
ピ
|
ク
が
  
に
2
0
2
5
年
に
は
平
均
4
9
c
m
で
ピ
|
ク
が
2
3
c
m
と
7
  
c
m
に
も
か
か
わ
ら
ず
ピ
|
ク
が
3
0
c
m
と
6
0
c
m
 
さ
ら

   

  
  
な
っ
て
き
た
と
発
言
す
る
知
識
人
も
少
な
く
な
か
っ
た
 °
  
厳
し
く
な
り
 
そ
ろ
そ
ろ
国
家
レ
ベ
ル
で
の
て
こ
入
れ
が
必
要
に
  
|
|
は
存
在
し
て
い
た
 °
し
か
し
女
性
を
と
り
ま
く
現
実
は
一
層
  
ビ
ス
や
社
会
保
障
|
|
超
乳
専
用
車
両
や
グ
ラ
マ
|
ク
ラ
ス
な
ど
  
も
ち
ろ
ん
こ
れ
ま
で
も
超
乳
ク
ラ
ス
以
上
の
女
性
に
対
す
る
サ
|
  
以
上
の
超
々
々
々
乳
で
さ
え
1
%
以
上
は
存
在
す
る
こ
と
に
な
る
 °
  
|
差
1
5
0
c
m
以
上
の
超
々
々
乳
で
も
約
7
%
 
2
0
0
c
m
  
超
々
乳
以
上
と
さ
れ
る
こ
と
に
な
る
 °
さ
ら
に
ト
ッ
プ
|
ア
ン
ダ
  
属
す
る
2
0
4
5
年
現
在
 
な
ん
と
全
女
性
人
口
の
約
2
0
%
が
  
女
性
の
半
数
が
ト
ッ
プ
|
ア
ン
ダ
|
差
9
3
c
m
の
正
規
分
布
に
  
に
カ
テ
ゴ
ラ
イ
ズ
さ
れ
る
女
性
の
大
幅
な
増
加
で
あ
る
 °
1
8
歳
  
ッ
プ
|
ア
ン
ダ
|
差
1
0
0
c
m
以
上
の
超
々
乳
か
 
そ
れ
以
上
  
う
な
こ
と
だ
ろ
う
か
 °
ま
ず
一
つ
目
に
政
府
が
挙
げ
た
の
は
 
  
で
は
 
こ
の
二
極
化
に
よ
っ
て
実
際
に
起
こ
る
問
題
と
は
ど
の
よ
  
  
ぎ
て
理
解
し
て
い
る
人
の
方
が
少
な
そ
う
だ
が
 °
  
な
ど
と
い
っ
た
あ
た
り
だ
ろ
う
 °
∧
後
者
に
つ
い
て
は
 
難
し
す
  
質
的
な
も
の
に
変
化
し
た
か
ら
  
○
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
を
つ
か
さ
ど
る
遺
伝
子
が
 
量
的
な
も
の
か
ら

   

  
性
社
員
の
標
的
に
な
り
や
す
い
の
だ
 °
そ
し
て
セ
ク
ハ
ラ
を
訴
え
  
性
的
な
魅
力
を
振
り
ま
い
て
い
る
超
乳
社
員
は
 
ど
う
し
て
も
男
  
を
受
け
る
リ
ス
ク
の
増
加
で
あ
る
 °
い
わ
ず
も
が
な
 
や
は
り
女
  
3
つ
目
 
一
番
の
問
題
は
セ
ク
ハ
ラ
な
ど
に
よ
っ
て
会
社
が
損
失
  
ア
も
よ
り
耐
久
性
の
高
い
も
の
が
必
要
と
な
っ
て
く
る
 °
そ
し
て
  
ス
ト
の
重
さ
が
ゆ
う
に
5
0
k
g
を
超
え
る
こ
と
も
あ
り
 
チ
ェ
  
を
用
意
せ
ざ
る
を
得
な
い
 °
さ
ら
に
超
々
々
乳
ク
ラ
ス
で
は
 
  
め
る
乳
房
の
割
合
は
馬
鹿
に
な
ら
ず
 
よ
り
広
い
面
積
の
デ
ス
ク
  
次
に
備
品
の
問
題
 °
超
々
乳
ク
ラ
ス
に
な
る
と
 
デ
ス
ク
上
に
占
  
努
力
を
し
た
い
企
業
に
と
っ
て
は
厄
介
者
に
他
な
ら
な
い
の
だ
 °
  
調
せ
ざ
る
を
得
な
い
場
合
も
多
々
あ
る
の
だ
か
ら
 
経
費
削
減
の
  
ら
に
は
入
社
後
の
 
発
育
 
に
よ
っ
て
制
服
を
数
カ
月
単
位
で
新
  
生
地
の
面
積
だ
け
で
も
貧
乳
社
員
の
そ
れ
の
数
倍
に
も
な
る
 °
  
で
あ
る
 °
ま
ず
一
つ
目
に
制
服
の
問
題
 °
超
乳
社
員
の
制
服
は
 
  
を
雇
っ
た
場
合
と
比
べ
て
様
々
な
経
費
が
重
く
の
し
か
か
る
か
ら
  
な
ぜ
な
ら
 
超
乳
女
性
を
雇
っ
た
場
合
 
貧
乳
∧
失
礼
!
∨
女
性
  
超
乳
女
性
の
雇
用
に
関
し
て
は
慎
重
に
な
ら
ざ
る
を
得
な
か
っ
た
 °
  
を
脱
し
 
順
調
な
成
長
を
続
け
て
き
た
日
本
企
業
に
と
っ
て
も
 
  
が
 
超
乳
女
性
の
雇
用
の
悪
化
で
あ
る
 °
2
1
世
紀
初
頭
に
不
況
  
そ
し
て
二
つ
目
 
よ
り
具
体
的
な
問
題
と
し
て
政
府
が
掲
げ
た
の

   

  
  
は
れ
て
合
格
通
知
を
受
け
取
っ
た
の
で
あ
る
 °
  
の
少
女
が
 
偶
然
に
も
そ
の
試
験
導
入
中
の
企
業
の
面
接
を
受
け
 
  
試
験
導
入
が
促
さ
れ
た
 °
そ
し
て
こ
の
春
高
校
を
卒
業
す
る
一
人
  
し
て
制
定
さ
れ
る
に
あ
た
り
 
い
く
つ
か
の
有
名
企
業
に
対
し
て
  
様
の
性
質
を
も
っ
た
も
の
で
あ
る
 °
な
お
 
こ
の
法
案
が
法
律
と
  
で
 
2
0
世
紀
終
盤
に
制
定
さ
れ
た
男
女
雇
用
機
会
均
等
法
と
同
  
っ
て
何
び
と
も
雇
用
機
会
を
妨
げ
ら
れ
な
い
こ
と
を
謳
っ
た
も
の
  
た
 °
こ
の
法
律
は
読
ん
で
字
の
ご
と
く
 
バ
ス
ト
の
大
き
さ
に
よ
  
た
め
と
し
て
 
 
胸
囲
雇
用
機
会
均
等
法
案
 
を
国
会
に
提
出
し
  
そ
こ
で
政
府
は
 
超
乳
女
性
の
就
職
率
低
下
に
歯
止
め
を
か
け
る
  
  
白
で
あ
る
 °
  
乳
女
性
に
対
し
 
超
乳
女
性
が
脚
を
引
っ
張
っ
て
い
る
こ
と
は
明
  
%
 
超
乳
女
性
で
は
5
1
%
と
 
男
性
と
ほ
ぼ
拮
抗
し
て
い
る
貧
  
が
6
8
%
と
開
き
が
あ
る
 °
し
か
し
実
際
は
貧
乳
女
性
で
は
8
5
  
2
0
4
5
年
度
の
高
卒
就
職
内
定
率
は
 
男
性
が
8
8
%
 
女
性
  
雇
用
面
で
不
利
と
さ
れ
る
よ
う
に
な
っ
た
の
で
あ
る
 °
ち
な
み
に
  
っ
て
し
ま
う
企
業
が
続
出
し
た
た
め
 
次
第
に
大
き
な
バ
ス
ト
は
  
た
女
性
社
員
に
よ
っ
て
 
金
銭
的
・
社
会
的
に
大
き
な
痛
手
を
追

   

  
に
 
黒
い
ス
|
ツ
に
包
ま
れ
た
大
き
な
バ
ス
ト
が
上
へ
下
へ
と
バ
  
大
き
く
深
呼
吸
を
し
た
 °
そ
の
動
き
に
シ
ン
ク
ロ
す
る
か
の
よ
う
  
そ
う
自
分
に
言
い
聞
か
せ
る
と
 
腕
を
ま
っ
す
ぐ
上
に
伸
ば
し
 
  
 
よ
し
 
大
丈
夫
よ
小
冬
!
今
日
か
ら
頑
張
ろ
う
!
 
  
が
ら
深
呼
吸
を
し
た
 °
  
た
小
冬
は
荷
物
を
手
に
し
靴
を
は
く
と
 
玄
関
の
鏡
を
見
つ
め
な
  
さ
て
 
い
よ
い
よ
入
社
式
当
日
 °
真
新
し
い
ス
|
ツ
に
袖
を
通
し
  
  
と
っ
て
は
バ
ス
ト
の
存
在
感
の
ほ
う
が
よ
ほ
ど
気
掛
か
り
で
あ
る
 °
  
ヒ
ッ
プ
に
恥
じ
ら
い
を
感
じ
て
い
る
よ
う
だ
が
 
周
り
の
人
間
に
  
と
な
っ
て
い
る
 °
本
人
は
ち
ょ
っ
と
肉
付
き
の
良
い
ウ
ェ
ス
ト
と
  
ス
リ
|
サ
イ
ズ
は
上
か
ら
2
9
9
c
m
 
6
4
c
m
 
9
3
c
m
  
票
な
ら
ぬ
∨
発
育
診
断
票
に
よ
る
と
 
身
長
1
6
0
c
m
な
が
ら
 
  
っ
た
 °
ち
な
み
に
1
年
前
の
就
活
期
間
に
作
成
し
た
∧
健
康
診
断
  
ら
と
て
も
就
職
に
は
漕
ぎ
着
け
な
い
よ
う
な
規
格
外
の
大
き
さ
だ
  
う
超
々
々
々
乳
以
上
で
あ
り
 
例
の
法
律
試
験
導
入
が
無
か
っ
た
  
方
に
属
し
て
い
た
 °
と
は
い
っ
て
も
 
そ
の
バ
ス
ト
は
世
間
で
い
  
高
卒
で
の
就
職
は
不
利
と
さ
れ
て
い
る
 
い
わ
ゆ
る
超
乳
女
性
の
  
文
字
通
り
 
ピ
チ
ピ
チ
ボ
イ
ン
ボ
イ
ン
の
新
社
会
人
だ
 °
彼
女
は
  
彼
女
の
名
は
桜
庭
小
冬
∧
さ
く
ら
ば
 
こ
ふ
ゆ
∨
 
年
は
1
8
歳
 °

   

  
  
な
い
様
子
で
あ
る
 °
な
ん
と
も
得
な
性
格
で
あ
る
 °
  
き
の
表
情
で
凝
視
す
る
の
だ
が
 
本
人
は
そ
ん
な
こ
と
気
に
な
ら
  
か
っ
た
 °
す
れ
違
う
人
た
ち
は
 
揺
れ
動
く
小
冬
の
バ
ス
ト
を
驚
  
そ
ん
な
独
り
言
を
も
ら
し
な
が
ら
小
冬
は
小
走
り
に
改
札
へ
と
向
  
な
の
か
な
?
 
  
 
う
わ
 
す
ご
い
:
:
:
:
 °
み
ん
な
私
と
同
じ
会
社
の
人
た
ち
  
い
ス
|
ツ
姿
の
人
た
ち
で
ホ
|
ム
は
ご
っ
た
返
し
て
い
た
 °
  
小
冬
が
駅
へ
降
り
立
つ
と
 
同
じ
電
車
に
乗
っ
て
い
た
ら
し
い
若
  
出
発
し
て
か
ら
3
0
分
ほ
ど
し
て
会
社
の
最
寄
駅
へ
と
到
着
し
た
 °
  
超
乳
専
用
車
両
に
ゆ
ら
れ
 
路
線
を
乗
り
継
ぐ
こ
と
2
回
 
家
を
  
  
の
だ
っ
た
 °
  
話
に
な
っ
て
い
た
超
乳
専
用
車
両
に
乗
っ
て
 
会
社
へ
向
か
っ
た
  
方
へ
と
歩
い
て
い
っ
た
 °
最
寄
駅
に
つ
く
と
高
校
時
代
か
ら
お
世
  
 
行
っ
て
き
ま
す
!
 
と
い
う
元
気
な
声
を
残
し
 
彼
女
は
駅
の
  
そ
し
て
す
べ
て
の
準
備
が
整
っ
た
こ
と
を
確
認
し
て
か
ら
一
言
  
な
い
危
な
い
財
布
を
忘
れ
る
と
こ
ろ
だ
っ
た
!
 
  
 
ス
|
ツ
は
O
K
 
靴
は
O
K
 
バ
ッ
グ
は
O
K
 
と
 °
あ
 
  
ウ
ン
ド
す
る
 °




















   

  
作
っ
た
も
の
で
あ
り
 
彼
女
の
胸
は
一
年
前
よ
り
さ
ら
に
発
育
を
  
中
に
申
告
し
た
バ
ス
ト
サ
イ
ズ
 
す
な
わ
ち
2
9
9
c
m
を
基
に
  
で
き
な
い
 °
そ
れ
も
そ
の
は
ず
 
こ
の
制
服
は
彼
女
が
就
職
活
動
  
ま
っ
た
く
持
っ
て
胸
囲
り
が
足
り
ず
 
ボ
タ
ン
を
締
め
る
こ
と
が
  
ほ
ど
受
け
取
っ
た
会
社
指
定
の
ブ
ラ
ウ
ス
を
着
よ
う
と
し
た
 °
が
 
  
ひ
と
し
き
り
同
僚
た
ち
に
胸
を
触
ら
せ
て
あ
げ
た
小
冬
は
 
さ
き
  
  
達
を
増
産
し
て
い
っ
た
彼
女
の
特
権
で
あ
る
と
も
い
え
る
 °
  
あ
る
 °
中
学
・
高
校
の
と
き
も
 
同
じ
よ
う
に
し
て
初
日
か
ら
友
  
に
話
題
の
花
が
咲
き
 
早
く
も
打
ち
溶
け
る
こ
と
が
で
き
た
の
で
  
注
目
を
集
め
る
の
に
十
分
で
あ
っ
た
 °
小
冬
の
バ
ス
ト
か
ら
す
ぐ
  
を
脱
ぎ
 
下
着
姿
に
な
っ
た
小
冬
は
 
ほ
か
の
新
入
社
員
た
ち
の
  
を
い
ち
早
く
脱
い
で
着
替
え
を
始
め
る
 °
ブ
ラ
ウ
ス
と
ス
カ
|
ト
  
先
輩
の
案
内
で
更
衣
室
に
通
さ
れ
た
小
冬
は
 
来
て
い
た
ス
|
ツ
  
室
で
着
替
え
な
く
ち
ゃ
!
 
  
 
う
|
ん
 
や
っ
ぱ
り
O
L
は
制
服
か
ら
よ
ね
 °
さ
っ
そ
く
更
衣
  
て
か
み
し
め
る
 °
  
め
て
会
社
の
制
服
を
受
け
取
っ
た
彼
女
は
 
入
社
の
喜
び
を
改
め
  
新
人
研
修
の
た
め
に
や
や
小
さ
な
別
室
へ
と
移
っ
た
 °
そ
こ
で
初
  
会
社
に
到
着
し
 
無
事
に
ホ
|
ル
で
入
社
式
を
済
ま
せ
た
小
冬
は
 

   

  
 
○
○
高
校
を
卒
業
し
て
 
本
日
×
×
株
式
会
社
に
入
社
し
ま
し
  
る
 °
  
余
裕
も
な
く
 
小
冬
は
大
き
く
深
呼
吸
し
て
か
ら
し
ゃ
べ
り
始
め
  
会
場
か
ら
ざ
わ
め
き
が
聞
こ
え
て
く
る
 °
そ
ん
な
こ
と
気
に
す
る
  
っ
た
 °
見
た
こ
と
も
な
い
よ
う
な
巨
大
乳
を
持
つ
少
女
の
登
場
に
 
  
々
と
し
た
歩
き
を
意
識
し
て
新
入
社
員
が
見
つ
め
る
真
正
面
に
立
  
間
も
な
く
し
て
小
冬
の
番
に
な
り
 
彼
女
は
緊
張
し
な
が
ら
も
堂
  
の
出
身
や
座
右
の
銘
を
披
露
す
る
と
い
っ
た
形
式
で
あ
る
 °
さ
て
 
  
的
な
自
己
紹
介
の
あ
と
 
新
入
社
員
が
一
人
一
人
前
に
出
て
自
分
  
研
修
は
ま
ず
自
己
紹
介
か
ら
始
ま
っ
た
 °
先
輩
社
員
に
よ
る
模
範
  
  
込
め
て
研
修
会
場
へ
と
戻
っ
た
 °
  
タ
ン
を
締
め
 
大
き
く
丸
み
の
あ
る
ヒ
ッ
プ
を
ス
カ
|
ト
に
押
し
  
え
る
と
 
そ
の
上
か
ら
会
社
指
定
の
ベ
ス
ト
を
着
て
な
ん
と
か
ボ
  
し
か
た
な
く
先
輩
の
許
し
を
も
ら
っ
て
自
前
の
ブ
ラ
ウ
ス
に
着
替
  
片
足
を
突
っ
込
ん
で
い
る
と
い
う
 
モ
ン
ス
タ
|
バ
ス
ト
な
の
だ
 °
  
た
た
め
で
あ
る
 °
∨
カ
テ
ゴ
リ
で
い
う
な
ら
 
超
々
々
々
々
乳
に
  
メ
ジ
ャ
|
し
か
な
か
っ
た
た
め
 
正
確
な
サ
イ
ズ
は
図
れ
な
か
っ
  
∧
な
ぜ
推
定
か
と
い
う
と
 
彼
女
の
行
き
つ
け
の
店
で
は
3
m
の
  
重
ね
て
い
た
の
だ
か
ら
 °
現
在
の
バ
ス
ト
は
推
定
3
1
4
c
m
 °

   

  
左
ど
な
り
に
座
っ
た
男
性
社
員
の
発
し
た
意
見
に
意
義
を
唱
え
る
  
 
い
え
 
私
は
そ
う
は
思
い
ま
せ
ん
!
 
  
て
く
る
に
つ
れ
 
小
冬
の
胸
の
躍
動
も
激
し
さ
を
増
し
て
く
る
 °
  
べ
て
 
題
材
を
決
め
討
論
が
始
ま
っ
た
 °
そ
し
て
次
第
に
白
熱
し
  
ブ
レ
イ
ン
ス
ト
|
ミ
ン
グ
訓
練
が
始
ま
っ
た
 °
机
を
四
角
形
に
並
  
さ
て
自
己
紹
介
が
終
わ
っ
て
か
ら
は
 
グ
ル
|
プ
に
分
か
れ
て
の
  
  
そ
ん
な
声
が
会
場
に
響
く
と
 
再
び
会
場
は
笑
い
に
包
ま
れ
た
 °
  
ち
ゃ
っ
た
か
ら
 
今
日
は
注
意
し
て
た
の
に
|
 °
 
  
 
ご
 
ご
め
ん
な
さ
い
!
あ
あ
ん
 
卒
業
式
で
校
長
先
生
に
当
て
  
社
員
の
眉
間
に
命
中
し
 
意
識
を
失
っ
た
彼
は
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
  
ん
だ
 °
ボ
タ
ン
は
目
に
も
止
ま
ら
ぬ
速
さ
で
真
正
面
に
い
た
男
性
  
え
つ
け
て
い
た
ベ
ス
ト
の
ボ
タ
ン
が
大
き
な
音
を
立
て
て
弾
き
飛
  
ま
の
勢
い
で
体
を
も
と
に
戻
す
 °
そ
の
瞬
間
!
彼
女
の
胸
を
押
さ
  
彼
女
は
懇
親
の
力
を
込
め
て
お
辞
儀
を
す
る
と
 
さ
ら
に
そ
の
ま
  
願
い
し
ま
す
!
 
  
思
い
ま
す
が
 
温
か
い
目
で
見
守
っ
て
く
だ
さ
い
 °
よ
ろ
し
く
お
  
 
高
卒
間
も
な
い
と
い
う
こ
と
で
至
ら
な
い
点
も
多
く
あ
る
か
と
  
会
場
か
ら
ド
ッ
と
笑
い
が
漏
れ
る
 °
  
た
桜
庭
小
冬
で
す
 °
好
き
な
言
葉
は
 
大
は
小
を
兼
ね
る
 
で
す
 °
 

   

  
だ
っ
た
 °
ま
た
昼
食
休
憩
で
訪
れ
た
社
員
食
堂
で
は
 
そ
こ
に
い
  
気
が
つ
け
ば
本
体
フ
ァ
ン
を
塞
い
で
熱
暴
走
さ
せ
て
し
ま
っ
た
の
  
マ
ウ
ス
を
胸
で
覆
い
つ
く
し
て
作
業
が
思
う
よ
う
に
は
か
ど
ら
ず
 
  
の
簡
単
な
文
書
作
成
練
習
で
は
 
デ
ィ
ス
プ
レ
イ
と
キ
|
ボ
|
ド
 
  
に
小
冬
の
バ
ス
ト
は
猛
威
を
振
る
っ
た
 °
パ
ソ
コ
ン
を
使
用
し
て
  
さ
て
 
そ
の
後
も
研
修
は
続
き
 
新
し
い
課
題
が
課
さ
れ
る
た
び
  
  
中
退
場
に
な
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
:
:
:
:
う
ぅ
!
 
そ
ん
な
メ
ッ
セ
|
ジ
を
残
し
 
彼
も
ま
た
途
  
あ
る
 °
 
ど
う
せ
な
ら
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
で
:
:
:
:
ぶ
た
れ
  
そ
こ
に
座
っ
て
い
た
こ
れ
ま
た
別
の
男
性
の
顎
を
直
撃
し
た
の
で
  
き
つ
け
ら
れ
た
と
た
ん
 
テ
コ
の
原
理
で
反
対
側
が
浮
き
上
が
り
 
  
辺
∨
を
更
な
る
悲
劇
が
襲
う
 °
彼
女
の
バ
ス
ト
が
長
机
の
端
に
叩
  
そ
ん
な
こ
と
を
言
い
な
が
ら
勢
い
よ
く
腰
を
下
し
た
小
冬
∧
の
周
  
 
あ
|
ん
 
今
日
は
な
ん
か
ツ
イ
て
な
い
!
 
  
後
 
鼻
血
を
出
し
て
気
絶
し
担
架
で
運
ば
れ
て
い
っ
た
 °
  
員
を
直
撃
す
る
 °
彼
は
な
ぜ
か
一
瞬
満
足
げ
な
笑
顔
を
た
た
え
た
  
g
以
上
は
あ
る
か
と
い
う
彼
女
の
 
ミ
サ
イ
ル
砲
 
が
 
男
性
社
  
の
体
の
動
き
に
遅
れ
る
こ
と
コ
ン
マ
数
秒
 
片
方
だ
け
で
3
0
k
  
た
め
 
小
冬
は
体
を
9
0
度
回
転
さ
せ
な
が
ら
立
ち
上
が
る
 °

   

  
  
嗚
 
超
乳
化
社
会
の
受
難
は
尽
き
な
い
 °
  
こ
る
で
あ
ろ
う
小
冬
旋
風
を
乗
り
切
る
画
策
を
練
る
の
だ
っ
た
 °
  
失
敗
だ
っ
た
の
か
 °
人
事
担
当
は
頭
を
抱
え
な
が
ら
 
今
後
も
起
  
ぶ
せ
に
床
に
臥
し
て
い
る
 °
や
っ
ぱ
り
超
乳
女
性
を
雇
っ
た
の
は
  
ち
を
よ
そ
に
 
当
の
小
冬
は
す
や
す
や
と
寝
息
を
立
て
て
 
う
つ
  
ま
で
も
を
巻
き
込
ん
で
止
ま
っ
た
 °
顔
面
蒼
白
な
ほ
か
の
社
員
た
  
ち
は
文
字
通
り
ド
ミ
ノ
た
お
し
と
な
り
 
あ
げ
く
の
果
て
に
社
長
  
々
々
々
々
の
バ
ス
ト
は
重
い
 °
彼
女
の
前
に
並
ん
で
い
た
社
員
た
  
っ
て
目
を
瞑
り
な
が
ら
倒
れ
て
し
ま
っ
た
 °
知
っ
て
の
通
り
 
  
そ
ん
な
自
分
へ
の
励
ま
し
も
む
な
し
く
 
小
冬
は
真
正
面
に
向
か
  
 
あ
と
少
し
 
あ
と
少
し
だ
か
ら
頑
張
れ
小
冬
!
 
  
し
な
が
ら
聞
い
て
い
た
 °
  
か
れ
た
疲
れ
か
ら
か
 
社
長
の
訓
示
を
列
の
最
後
尾
で
ウ
ト
ウ
ト
  
も
終
了
式
を
迎
え
た
と
い
う
と
き
 °
小
冬
は
慣
れ
な
い
環
境
に
お
  
そ
し
て
社
会
人
と
し
て
の
長
い
1
日
が
終
わ
り
 
い
よ
い
よ
研
修
  
  
が
壊
れ
そ
う
な
の
を
同
僚
に
指
摘
さ
れ
た
り
も
し
た
 °
  
べ
す
ぎ
て
 
自
前
の
ブ
ラ
ウ
ス
の
ボ
タ
ン
と
ス
カ
|
ト
の
ホ
ッ
ク
  
た
全
員
の
注
目
の
ま
と
に
な
っ
た
上
に
 
お
い
し
さ
の
あ
ま
り
食

   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
お
し
ま
い






















  > ≫