は
一
向
に
収
ま
る
気
配
は
な
い
 °
  
う
か
ら
流
れ
て
く
る
雨
音
と
 
交
互
に
耳
を
傾
け
て
い
た
 °
雨
脚
  
 
僕
は
俯
い
た
ま
ま
 
聞
こ
え
て
く
る
彼
女
の
声
と
 
窓
の
向
こ
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
 
や
っ
ぱ
り
 
こ
|
く
ん
は
:
:
:
:
え
っ
と
:
:
:
:
 
  
て
く
れ
た
 °
  
た
 °
言
葉
を
選
ん
で
く
れ
て
い
る
よ
う
で
 
ゆ
っ
く
り
と
発
語
し
  
 
何
分
く
ら
い
だ
ろ
う
か
:
:
:
:
沈
黙
を
破
っ
た
の
は
葵
だ
っ
  
 
:
:
:
:
そ
の
:
:
:
:
 
  
ず
っ
と
自
分
が
座
っ
て
い
る
床
し
か
見
つ
め
て
い
な
い
の
だ
が
 °
  
座
っ
て
い
る
 °
向
か
い
合
う
と
い
う
よ
り
は
 
僕
は
先
ほ
ど
か
ら
  
て
い
る
 °
そ
れ
を
挟
む
よ
う
に
し
て
 
僕
と
葵
は
向
か
い
合
っ
て
  
ッ
ド
が
あ
り
 
一
人
用
の
小
さ
な
円
卓
|
|
ち
ゃ
ぶ
台
が
置
か
れ
  
 
こ
こ
は
僕
の
部
屋
 °
見
慣
れ
た
位
置
に
パ
ソ
コ
ン
が
あ
り
 
  
僕
の
耳
に
遠
く
響
い
て
い
た
 °
  
 
窓
の
外
は
雨
が
降
っ
て
い
る
 °
雨
粒
が
地
面
を
叩
く
音
だ
け
が
  
理
想
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
理
想
の
彼
女





















≪ <  

  
結
果
 
事
実
上
僕
ら
二
人
は
恋
人
に
な
っ
て
い
た
 °
  
2
0
年
 
ず
っ
と
葵
は
僕
の
こ
と
を
思
っ
て
く
れ
て
い
る
 °
そ
の
  
く
れ
る
人
が
い
る
の
は
冥
利
に
尽
き
る
話
だ
 °
何
だ
か
ん
だ
で
約
  
中
は
と
も
か
く
 
高
校
や
果
て
は
大
学
に
ま
で
僕
を
追
い
か
け
て
  
学
校
も
同
じ
で
 
高
校
は
お
ろ
か
受
験
し
た
大
学
ま
で
同
じ
 °
  
こ
と
に
由
来
す
る
∨
慕
っ
て
く
れ
て
い
る
 °
小
学
校
も
同
じ
 
  
れ
は
僕
の
本
名
が
我
孫
子
幸
平
∧
あ
び
こ
 
こ
う
へ
い
∨
で
あ
る
  
う
な
存
在
だ
 °
ず
っ
と
昔
か
ら
僕
を
 
こ
|
く
ん
 
と
呼
び
∧
こ
  
い
年
な
が
ら
ど
こ
か
幼
く
 
一
人
っ
子
の
僕
に
と
っ
て
は
妹
の
よ
  
は
よ
く
知
っ
て
い
る
 °
元
気
だ
け
が
取
り
柄
の
彼
女
は
 
僕
と
同
  
あ
お
い
∨
 °
家
が
斜
向
か
い
に
あ
り
 
幼
少
の
頃
か
ら
彼
女
の
事
  
 
僕
の
目
の
前
に
い
る
の
は
 
幼
馴
染
の
日
塔
葵
∧
に
っ
と
う
 
  
 
  
 
  
 
と
で
か
で
か
と
書
か
れ
て
い
た
 °
  
り
 
見
出
し
に
は
目
立
つ
黄
色
い
文
字
で
 
E
カ
ッ
プ
大
胆
披
露
!
!
  
の
雑
誌
が
あ
る
 °
そ
こ
に
は
水
着
姿
の
女
性
の
写
真
が
載
っ
て
お
  
 
葵
が
見
つ
め
る
先
に
は
 
ち
ゃ
ぶ
台
の
上
に
乗
せ
ら
れ
た
一
冊
  
 
こ
こ
で
僕
は
よ
う
や
く
顔
を
上
げ
た
 °
  
 
:
:
:
:
こ
う
い
う
女
の
人
が
 
好
き
な
の
:
:
:
:
?
 


   

  
で
 
女
性
を
見
る
と
き
に
ま
ず
胸
を
見
て
し
ま
う
タ
イ
プ
だ
っ
た
  
し
ま
い
 
僕
は
心
底
参
っ
て
い
た
 °
僕
は
所
謂
 
巨
乳
フ
ェ
チ
 
  
 
迂
闊
に
も
 
葵
に
一
番
知
ら
れ
た
く
な
か
っ
た
者
を
知
ら
れ
て
  
 
  
作
っ
た
の
は
僕
な
の
で
黙
っ
て
い
た
 °
  
の
子
が
子
供
の
よ
う
に
泣
く
の
は
ど
う
か
と
思
っ
た
が
 
原
因
を
  
 
葵
は
今
に
も
泣
き
だ
し
そ
う
だ
っ
た
 °
も
う
す
ぐ
成
人
す
る
女
  
ん
だ
よ
ね
:
:
:
:
?
 
  
 
:
:
:
:
こ
れ
を
持
っ
て
る
っ
て
こ
と
は
 
そ
う
言
う
こ
と
な
  
 
  
 
  
論
部
屋
は
乱
雑
で
 
色
々
と
物
が
ご
っ
た
返
し
て
た
わ
け
で
|
|
 °
  
る
と
 
葵
が
約
束
の
時
間
よ
り
も
早
く
来
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
 
そ
れ
は
さ
て
お
き
 
僕
が
ち
ゃ
ち
ゃ
っ
と
部
屋
を
掃
除
し
て
い
  
す
る
必
要
も
な
か
っ
た
わ
け
な
の
だ
が
 °
  
シ
ョ
ン
で
あ
る
 °
も
っ
と
も
 
ご
近
所
と
い
う
こ
と
で
今
更
意
識
  
出
か
け
て
お
り
 
恋
人
を
招
き
入
れ
る
の
に
は
最
高
の
コ
ン
デ
ィ
  
し
た
も
の
で
 
軽
く
部
屋
を
整
理
し
て
い
た
所
だ
っ
た
 °
両
親
は
  
 
で
 
今
日
は
葵
が
 
こ
|
く
ん
の
家
に
行
き
た
い
 
と
言
い
出
  
 

























   

  
 
:
:
:
:
男
の
人
っ
て
 
み
ん
な
そ
う
だ
よ
ね
:
:
:
:
 
  
 
  
に
 
葵
は
僕
の
素
性
を
知
っ
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
  
和
さ
れ
る
だ
ろ
う
と
思
っ
て
い
た
の
だ
が
:
:
:
:
そ
う
な
る
前
  
彼
女
を
恋
人
に
し
た
こ
と
で
 
僕
の
こ
の
性
癖
も
あ
る
程
度
は
緩
  
わ
ら
な
い
彼
女
の
印
象
が
根
付
い
て
し
ま
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
  
答
え
る
の
は
非
常
に
難
し
い
 °
や
は
り
 
い
つ
ま
で
経
っ
て
も
変
  
 
で
は
何
故
こ
の
貧
乳
の
葵
を
恋
人
に
し
た
の
か
と
聞
か
れ
る
と
 
  
事
な
  
を
形
成
し
て
い
た
 °
  
い
 
と
認
知
で
き
る
よ
う
な
膨
ら
み
は
見
え
ず
 
あ
る
意
味
で
見
  
5
8
c
m
と
か
な
り
小
柄
 °
体
の
全
面
に
は
 
と
て
も
 
お
っ
ぱ
  
中
学
生
後
半
か
ら
止
ま
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
ら
し
く
 
身
長
は
1
  
す
ぐ
2
0
歳
に
な
る
 °
な
の
だ
が
 
胸
を
含
め
て
彼
女
の
成
長
は
  
大
き
い
と
は
言
え
な
い
 °
何
度
も
言
う
よ
う
だ
が
 
彼
女
は
も
う
  
 
そ
れ
に
対
し
て
 
当
の
恋
人
で
あ
る
葵
の
胸
は
 
お
世
辞
に
も
  
い
る
 °
は
っ
き
り
言
う
と
 
僕
は
胸
の
大
き
い
女
性
が
好
み
だ
 °
  
か
れ
る
感
覚
が
好
き
で
た
ま
ら
な
か
っ
た
記
憶
は
微
か
に
残
っ
て
  
い
る
と
言
わ
れ
る
よ
う
だ
が
 
幼
稚
園
の
時
か
ら
母
親
の
胸
に
抱
  
:
∨
 °
性
癖
は
幼
い
頃
に
体
験
し
た
微
々
た
る
も
の
が
影
響
し
て
  
∧
世
の
女
性
が
聞
け
ば
さ
ぞ
気
持
ち
悪
が
ら
れ
る
だ
ろ
う
:
:
:

   

  
小
さ
い
の
が
悪
い
ん
だ
し
:
:
:
:
 
  
 
こ
|
く
ん
は
謝
ら
な
く
て
い
い
よ
:
:
:
:
そ
の
 
私
の
胸
が
  
 
:
:
:
:
ご
め
ん
 
  
を
床
に
こ
す
り
付
け
た
 °
  
 
と
に
か
く
詫
び
よ
う
 
謝
罪
し
よ
う
と
僕
は
思
い
 
深
々
と
頭
  
る
 °
  
 
 
お
っ
ぱ
い
が
小
さ
い
と
だ
め
?
 
と
 
葵
は
目
で
訴
え
て
く
  
 
け
ど
:
:
:
:
?
 
  
ど
:
:
:
:
 
  
ゃ
 
昔
か
ら
知
っ
て
る
か
ら
 
妹
っ
ぽ
い
な
ぁ
と
は
思
っ
て
る
け
  
 
そ
 
そ
ん
な
こ
と
な
い
よ
!
 
葵
は
可
愛
い
し
:
:
:
:
そ
り
  
の
:
:
:
:
?
 
  
 
:
:
:
:
や
っ
ぱ
り
 
こ
|
く
ん
は
私
の
事
 
好
き
じ
ゃ
な
い
  
き
な
い
 °
  
ま
せ
る
し
 
か
と
い
っ
て
証
拠
が
あ
る
た
め
否
定
す
る
こ
と
も
で
  
 
ま
ず
い
 
何
も
言
葉
が
出
て
こ
な
い
 °
肯
定
す
れ
ば
葵
を
悲
し
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
 
  
:
 
  
 
こ
|
く
ん
も
 
お
っ
ぱ
い
大
き
い
の
が
好
き
な
ん
だ
ね
:
:
:
  
 
正
座
し
た
葵
は
 
膝
の
上
の
握
り
拳
に
ぎ
ゅ
っ
と
力
を
入
れ
た
 °

   

  
背
表
紙
の
硬
い
部
分
が
ぶ
つ
か
り
鈍
い
音
を
立
て
 
続
け
て
紙
が
  
 
僕
は
雑
誌
を
む
ん
ず
と
掴
む
と
 
壁
に
向
か
っ
て
放
り
投
げ
た
 °
  
 
畜
生
!
 
  
の
無
い
怒
り
が
次
第
に
高
ま
っ
て
き
た
 °
  
雑
誌
に
腹
が
立
つ
し
 
僕
自
身
に
も
腹
が
立
つ
 °
ぶ
つ
け
る
宛
先
  
だ
の
だ
:
:
:
:
 °
こ
の
雑
誌
が
あ
る
か
ら
 
葵
は
:
:
:
:
 °
  
 
僕
が
こ
の
雑
誌
さ
え
買
わ
な
け
れ
ば
 
葵
は
悲
し
ま
ず
に
済
ん
  
 
葵
が
返
っ
た
後
 
僕
は
そ
の
雑
誌
と
睨
み
あ
っ
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
続
け
て
い
た
 °
  
送
り
に
出
る
の
だ
が
 
僕
は
誰
も
い
な
い
部
屋
で
た
だ
土
下
座
を
  
音
が
聞
こ
え
 
だ
ん
だ
ん
小
さ
く
な
っ
て
い
く
 °
い
つ
も
な
ら
見
  
の
隣
を
歩
い
て
 
部
屋
を
出
た
 °
彼
女
が
階
段
を
降
り
て
い
く
足
  
 
葵
は
す
っ
と
立
ち
上
が
り
 
床
と
に
ら
め
っ
こ
し
た
ま
ま
の
僕
  
 
:
:
:
:
私
 
帰
る
ね
 
  
女
に
接
す
る
こ
と
が
出
来
な
く
な
り
そ
う
で
あ
る
:
:
:
:
 °
  
拍
車
を
か
け
る
結
果
と
な
っ
た
 °
今
度
か
ら
今
ま
で
の
よ
う
に
彼
  
葵
は
胸
が
小
さ
い
こ
と
を
気
に
し
て
い
た
し
 
そ
の
こ
と
に
更
に
  
 
葵
は
怒
っ
て
こ
な
い
 °
だ
か
ら
こ
そ
 
僕
は
罪
悪
感
が
募
る
 °

   

  
面
す
ら
見
当
た
ら
な
い
 °
他
に
あ
る
の
は
 
こ
の
小
瓶
の
値
段
と
 
  
の
商
品
に
お
決
ま
り
の
 
効
果
に
は
個
人
差
が
あ
り
ま
す
 
の
文
  
の
だ
ろ
う
か
 °
利
用
者
の
声
と
い
っ
た
メ
ッ
セ
|
ジ
も
 
こ
の
手
  
 
首
を
捻
る
 °
ま
ず
こ
ん
な
物
に
 
本
当
に
そ
ん
な
効
果
が
あ
る
  
バ
ス
ト
を
保
証
し
ま
す
 
:
:
:
:
 
  
し
か
も
 
効
果
は
永
久
持
続
 °
将
来
垂
れ
る
こ
と
の
な
い
美
し
い
  
で
 
胸
の
乳
腺
や
リ
ン
パ
腺
を
刺
激
し
 
乳
房
を
大
き
く
し
ま
す
 °
  
 
 
こ
の
魔
法
の
液
体
を
服
用
し
胸
部
マ
ッ
サ
|
ジ
を
施
す
こ
と
  
す
る
作
用
が
あ
る
こ
と
が
書
か
れ
て
い
る
 °
  
の
雑
誌
に
見
る
よ
う
な
売
り
文
句
で
 
こ
の
小
瓶
に
胸
を
大
き
く
  
 
見
出
し
に
書
か
れ
た
文
章
を
読
み
上
げ
る
 °
そ
こ
に
は
 
通
販
  
に
 
:
:
:
:
?
 
  
 
:
:
:
:
 
夢
の
豊
胸
剤
・
使
え
ば
あ
な
た
も
立
派
な
バ
ス
ト
  
真
が
載
っ
て
い
た
 °
  
に
目
を
通
す
 °
そ
こ
に
は
 
ピ
ン
ク
色
の
香
水
の
よ
う
な
瓶
の
写
  
 
雑
誌
を
拾
い
上
げ
 
コ
ラ
ム
の
よ
う
に
区
切
ら
れ
た
ス
ペ
|
ス
  
 
偶
然
開
か
れ
た
ペ
|
ジ
の
あ
る
部
分
に
視
線
が
留
ま
っ
た
 °
  
 
:
:
:
:
ん
?
 
  
じ
行
為
を
す
る
た
め
 
僕
は
諸
悪
の
根
源
に
歩
み
寄
っ
た
 °
  
め
く
れ
る
乾
い
た
音
が
響
い
て
 
雑
誌
は
床
に
落
ち
た
 °
再
び
同

   

  
た
 °
こ
れ
で
葵
の
胸
が
大
き
く
な
っ
て
く
れ
れ
ば
 
僕
の
恋
人
と
  
る
 °
一
瞬
戸
惑
っ
た
が
 
も
う
後
に
は
引
け
な
い
よ
う
な
気
が
し
  
文
 
そ
し
て
配
達
の
際
の
住
所
登
録
フ
ォ
|
ム
が
表
示
さ
れ
て
い
  
 
そ
こ
に
は
 
先
ほ
ど
と
同
じ
よ
う
な
小
瓶
の
写
真
と
そ
の
紹
介
  
飛
ん
だ
 °
  
ト
に
接
続
し
 
明
記
さ
れ
た
ア
ド
レ
ス
を
入
力
し
て
 
サ
イ
ト
に
  
 
僕
は
決
心
し
て
 
パ
ソ
コ
ン
を
立
ち
上
げ
た
 °
イ
ン
タ
|
ネ
ッ
  
さ
そ
う
だ
し
:
:
:
:
 °
  
れ
な
い
 °
も
し
偽
物
だ
と
し
て
も
 
体
に
害
が
あ
る
わ
け
で
は
な
  
び
の
気
持
ち
も
込
め
て
 
彼
女
に
渡
し
て
み
る
の
も
い
い
か
も
し
  
 
葵
を
悲
し
ま
せ
た
責
任
は
僕
に
あ
る
わ
け
だ
し
:
:
:
:
お
詫
  
 
:
:
:
:
で
も
:
:
:
:
 
  
タ
を
試
す
ほ
ど
馬
鹿
じ
ゃ
な
い
だ
ろ
う
 °
  
胸
を
大
き
く
し
た
い
と
思
っ
て
い
る
だ
ろ
う
が
 
こ
ん
な
ガ
セ
ネ
  
 
:
:
:
:
っ
て
 
何
を
考
え
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
確
か
に
葵
は
  
何
と
か
い
け
る
か
 °
  
は
な
い
 °
ア
ル
バ
イ
ト
の
貯
金
が
数
万
あ
る
の
で
 
切
り
崩
せ
ば
  
た
 °
そ
の
額
 
ジ
ャ
ス
ト
1
万
円
 °
:
:
:
:
買
え
な
い
値
段
で
  
て
ホ
|
ム
ペ
|
ジ
に
ア
ク
セ
ス
す
る
必
要
が
あ
る
と
の
こ
と
だ
っ
  
購
入
に
は
記
載
さ
れ
た
ア
ド
レ
ス
を
イ
ン
タ
|
ネ
ッ
ト
で
検
索
し

   

  
と
れ
る
言
葉
を
投
げ
か
け
ら
れ
る
 °
そ
の
位
 
僕
と
葵
の
関
係
は
  
 
友
人
か
ら
は
 
末
永
く
爆
発
し
ろ
 
と
 
嫉
妬
と
も
称
賛
と
も
  
食
は
一
緒
に
食
べ
て
|
|
 °
  
け
 
取
っ
て
な
い
講
義
の
時
間
は
お
互
い
に
時
間
を
潰
し
て
 
  
た
 °
同
じ
電
車
に
乗
っ
て
大
学
に
行
き
 
同
じ
よ
う
な
授
業
を
受
  
 
そ
れ
か
ら
数
日
 
葵
と
僕
は
な
ん
の
確
執
も
な
く
普
通
に
接
し
  
 
  
 
  
:
?
  
 
た
め
息
が
出
た
 °
ホ
ン
ト
に
こ
れ
で
よ
か
っ
た
の
か
な
:
:
:
  
切
り
替
わ
り
 
購
入
は
完
了
し
た
よ
う
だ
 °
  
す
 °
代
金
は
商
品
の
到
着
と
共
に
お
渡
し
く
だ
さ
い
 
と
画
面
が
  
 
手
続
き
が
完
了
し
ま
し
た
 °
商
品
は
3
日
以
内
に
お
届
け
し
ま
  
す
 °
  
 
僕
は
自
宅
の
住
所
を
入
力
し
 
意
を
決
し
て
送
信
ボ
タ
ン
を
押
  
 
:
:
:
:
よ
し
!
 
  
身
に
血
液
が
集
結
す
る
 °
  
う
に
大
き
く
な
っ
た
姿
を
想
像
す
る
と
:
:
:
:
い
か
ん
 
下
半
  
い
 °
葵
の
胸
が
 
雑
誌
の
表
紙
を
飾
る
グ
ラ
ビ
ア
ア
イ
ド
ル
の
よ
  
し
て
自
信
を
持
っ
て
く
れ
る
だ
ろ
う
し
 
何
よ
り
僕
が
一
番
嬉
し

   

  
さ
れ
て
い
る
 °
初
め
て
ゲ
|
ム
機
を
買
っ
た
時
の
よ
う
な
心
臓
の
  
ガ
ラ
ス
瓶
で
 
可
愛
ら
し
い
花
の
イ
ラ
ス
ト
が
小
さ
く
プ
リ
ン
ト
  
 
手
に
取
っ
て
み
る
と
 
そ
れ
は
僕
の
手
の
中
に
納
ま
る
細
長
い
  
て
い
た
 °
  
こ
に
は
 
綿
の
中
に
大
事
そ
う
に
包
ま
れ
た
 
あ
の
小
瓶
が
入
っ
  
 
そ
れ
を
持
っ
て
自
室
に
駆
け
込
み
 
恐
る
恐
る
開
封
す
る
 °
  
て
い
っ
た
 °
  
で
代
金
を
渡
し
 
半
分
呆
然
と
す
る
僕
を
し
り
目
に
業
者
は
帰
っ
  
業
者
が
送
っ
て
き
た
た
め
 
怪
し
い
感
じ
は
無
か
っ
た
 °
そ
の
場
  
 
小
包
が
届
い
た
 °
休
日
で
運
良
く
親
は
不
在
 °
よ
く
見
る
宅
配
  
 
  
 
  
 
期
待
と
不
安
が
入
り
混
じ
る
中
 
3
日
が
経
過
し
た
 °
  
う
す
れ
ば
 
葵
は
:
:
:
:
 °
  
 
で
も
 
も
う
少
し
だ
 °
も
う
少
し
で
 
あ
の
小
瓶
が
届
く
 °
  
僕
は
見
逃
し
て
い
な
い
 °
  
だ
が
 
時
折
下
を
|
|
自
分
の
胸
を
見
て
い
る
こ
と
が
あ
る
の
を
  
大
罪
を
犯
し
て
い
る
 °
何
で
も
な
い
よ
う
に
振
る
舞
っ
て
い
る
葵
  
れ
な
の
に
 
僕
は
彼
女
の
コ
ン
プ
レ
ッ
ク
ス
を
刺
激
す
る
と
い
う
  
恋
人
と
呼
ぶ
に
相
応
し
い
所
ま
で
発
展
し
て
い
た
 °
:
:
:
:
そ

   

  
 
あ
と
は
 
こ
れ
を
葵
に
服
用
さ
せ
 
胸
部
マ
ッ
サ
|
ジ
を
す
る
  
こ
れ
は
葵
の
為
だ
と
自
分
に
言
い
聞
か
せ
た
 °
  
 
様
々
な
疑
問
が
浮
か
び
上
が
っ
て
き
た
が
 
必
死
に
振
り
払
う
 °
  
葵
の
身
体
は
大
丈
夫
な
の
か
?
  
て
買
っ
た
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
?
 
万
が
一
ガ
セ
だ
っ
た
場
合
 
  
 
本
当
に
こ
れ
は
豊
胸
剤
な
の
か
?
 
イ
チ
ゴ
・
オ
レ
を
騙
さ
れ
  
 
:
:
:
:
い
ざ
読
み
返
す
と
 
非
常
に
胡
散
臭
い
 °
  
し
て
く
だ
さ
い
 °
ま
た
 
男
性
に
対
し
て
効
果
は
あ
り
ま
せ
ん
 
  
め
る
な
ど
す
る
と
効
果
が
低
下
し
ま
す
の
で
 
原
液
の
ま
ま
服
用
  
ま
す
 °
1
回
分
で
す
の
で
 
全
て
服
用
し
て
く
だ
さ
い
 °
水
で
薄
  
る
こ
と
が
で
き
ま
す
 °
更
に
効
果
は
生
涯
に
わ
た
っ
て
継
続
さ
れ
  
た
だ
き
ま
す
と
 
乳
腺
や
リ
ン
パ
腺
を
刺
激
し
て
胸
を
大
き
く
す
  
い
ま
す
 °
こ
れ
を
服
用
し
た
後
 
胸
部
マ
ッ
サ
|
ジ
を
施
し
て
い
  
 
こ
の
製
品
は
 
女
性
の
乳
房
を
大
き
く
す
る
成
分
が
含
ま
れ
て
  
す
 °
  
 
こ
の
度
は
本
製
品
を
ご
購
入
い
た
だ
き
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
ま
  
の
中
に
戻
し
 
同
封
さ
れ
た
取
扱
説
明
書
に
目
を
通
し
た
 °
  
の
よ
う
な
ピ
ン
ク
色
の
液
体
が
小
さ
く
波
打
つ
 °
一
度
小
瓶
を
綿
  
か
ら
眺
め
た
 °
揺
ら
し
て
み
る
と
 
一
見
す
る
と
イ
チ
ゴ
・
オ
レ
  
高
鳴
り
を
感
じ
な
が
ら
 
僕
は
し
ば
し
そ
の
瓶
を
い
ろ
ん
な
角
度

   

  
 
う
ち
も
出
か
け
て
る
か
ら
 
い
い
け
ど
:
:
:
:
 
  
母
さ
ん
も
出
か
け
て
る
ん
だ
|
 
  
 
あ
 
こ
|
く
ん
 °
今
か
ら
行
っ
て
も
い
い
?
 
お
父
さ
ん
も
お
  
 
も
し
も
し
 
葵
?
 
  
絡
を
入
れ
て
く
れ
る
の
が
彼
女
の
律
儀
な
と
こ
ろ
だ
 °
  
 
葵
か
ら
だ
っ
た
 °
家
が
近
所
だ
と
い
う
の
に
 
訪
問
の
度
に
連
  
 
:
:
:
:
お
 
  
そ
ん
な
中
 
携
帯
電
話
が
突
然
鳴
っ
た
 °
  
小
瓶
の
こ
と
は
半
ば
忘
れ
か
け
て
い
た
 °
  
倒
を
見
た
り
し
て
い
た
 °
葵
と
の
関
係
も
次
第
に
回
復
し
て
き
て
 
  
た
画
像
サ
イ
ト
を
駆
け
ず
り
回
り
 
固
く
な
っ
た
我
が
息
子
の
面
  
ッ
ト
サ
|
フ
ィ
ン
を
満
喫
し
て
い
た
 °
様
々
な
巨
乳
女
性
を
扱
っ
  
 
何
故
か
こ
の
日
も
我
が
両
親
は
不
在
で
 
僕
は
自
室
で
一
人
ネ
  
だ
っ
た
 °
  
 
そ
の
時
が
来
た
の
は
 
小
瓶
が
届
い
て
か
ら
1
週
間
後
の
休
日
  
 
  
 
  
 
僕
は
小
瓶
の
入
っ
た
箱
を
大
事
に
押
し
入
れ
に
し
ま
っ
た
 °
  
 
:
:
:
:
こ
れ
も
 
葵
の
為
だ
:
:
:
:
 
  
の
み
だ
 °






















   

  
 
葵
は
白
い
ブ
ラ
ウ
ス
を
着
て
い
て
 
明
る
い
笑
顔
で
挨
拶
し
た
 °
  
 
い
ら
っ
し
ゃ
い
 
  
 
や
っ
ほ
|
 
  
に
向
か
う
 °
空
い
て
い
る
片
方
の
手
で
扉
を
開
け
た
 °
  
鳴
っ
た
 °
僕
は
小
瓶
を
後
ろ
手
に
隠
し
な
が
ら
階
段
を
降
り
玄
関
  
 
そ
う
こ
う
し
て
1
分
立
た
な
い
う
ち
に
 
玄
関
の
チ
ャ
イ
ム
が
  
女
の
口
に
強
引
に
流
し
入
れ
る
し
か
な
さ
そ
う
だ
 °
  
量
 °
薄
め
る
の
は
厳
禁
と
書
い
て
あ
っ
た
し
 
こ
こ
は
ひ
と
つ
彼
  
し
 
コ
ッ
プ
に
注
い
で
飲
み
物
に
見
立
て
る
に
は
あ
ま
り
に
も
少
  
大
き
く
な
る
よ
 
と
言
っ
て
飲
ん
で
は
く
れ
な
い
だ
ろ
う
 °
し
か
  
れ
を
ど
う
や
っ
て
葵
に
飲
ま
せ
る
か
を
考
え
た
 °
素
直
に
 
胸
が
  
胸
液
∧
多
分
∨
が
入
っ
た
小
瓶
 °
僕
は
そ
れ
を
手
に
取
る
と
 
  
る
と
 
僕
は
小
包
を
開
け
た
 °
綿
に
包
ま
れ
た
 
ピ
ン
ク
色
の
豊
  
 
電
話
が
切
れ
た
 °
葵
の
声
が
電
子
音
に
変
わ
っ
た
の
を
確
認
す
  
 
う
ん
 °
じ
ゃ
 
今
か
ら
行
く
ね
 
  
 
い
 
い
や
 
な
ん
で
も
な
い
よ
 °
お
い
で
 
  
 
:
:
:
:
ど
う
し
た
の
?
 
  
る
と
 
そ
こ
に
は
1
週
間
前
と
同
じ
よ
う
に
小
包
が
あ
っ
た
 °
  
飛
び
出
し
て
き
た
 °
僕
は
携
帯
電
話
を
片
手
に
押
し
入
れ
を
開
け
  
 
そ
こ
ま
で
言
っ
て
 
よ
う
や
く
小
瓶
が
記
憶
の
引
き
出
し
か
ら

   

  
 
僕
は
負
け
犬
の
遠
吠
え
を
吐
き
捨
て
て
 
窓
の
外
に
目
を
や
っ
  
 
ゲ
|
ム
の
練
習
よ
り
も
す
る
こ
と
が
あ
る
か
ら
だ
よ
っ
 
  
 
こ
|
く
ん
下
手
だ
も
ん
 °
持
っ
て
る
の
に
何
で
練
習
し
な
い
の
?
 
  
女
に
勝
つ
の
は
ご
く
稀
で
あ
る
 °
  
 
僕
は
絶
叫
し
た
 °
葵
は
ゲ
|
マ
|
だ
 °
ど
の
ジ
ャ
ン
ル
で
も
彼
  
 
あ
|
!
 
ま
た
負
け
た
|
!
 
  
 
|
|
数
時
間
後
 °
  
 
  
 
  
僕
は
ゲ
|
ム
を
し
な
が
ら
算
段
を
立
て
る
こ
と
に
し
た
 °
  
そ
り
小
瓶
を
置
く
 °
こ
れ
を
ど
の
タ
イ
ミ
ン
グ
で
持
ち
出
す
か
 
  
繋
ぐ
葵
を
眺
め
て
い
た
 °
葵
が
背
を
向
け
た
ち
ゃ
ぶ
台
に
 
こ
っ
  
心
の
中
で
呟
き
な
が
ら
 
僕
は
夢
中
で
ゲ
|
ム
機
に
ケ
|
ブ
ル
を
  
 
2
0
歳
の
大
学
生
が
言
う
言
葉
じ
ゃ
な
い
で
し
ょ
:
:
:
:
と
  
 
テ
ト
リ
ス
!
 
  
 
い
い
よ
 °
何
す
る
?
 
  
 
こ
|
く
ん
 
ゲ
|
ム
し
よ
!
 
ゲ
|
ム
!
 
  
女
の
後
を
追
っ
て
2
階
に
上
が
っ
た
 °
  
小
瓶
に
は
気
付
か
な
か
っ
た
よ
う
で
 
ま
ず
は
一
安
心
 °
僕
は
彼
  
靴
を
脱
ぎ
 
ぱ
た
ぱ
た
と
小
走
り
で
僕
の
横
を
通
り
過
ぎ
て
行
く
 °

   

  
て
置
き
 
急
い
で
2
階
に
戻
っ
た
 °
半
月
前
の
雑
誌
と
言
い
 
  
 
小
瓶
を
手
放
し
て
い
る
!
 
僕
は
パ
ッ
ク
を
激
し
く
台
所
に
立
  
 
:
:
:
:
し
ま
っ
た
!
 
  
 
  
 
:
:
:
:
ピ
ン
ク
色
の
液
体
:
:
:
:
?
  
 
:
:
:
:
ピ
ン
ク
色
の
液
体
 °
  
 
  
体
を
注
ぎ
い
れ
る
 °
  
僕
は
二
つ
の
コ
ッ
プ
を
持
ち
出
し
 
パ
ッ
ク
か
ら
ピ
ン
ク
色
の
液
  
の
2
リ
ッ
ト
ル
パ
ッ
ク
が
あ
る
 °
代
わ
り
に
こ
れ
で
い
い
か
 
  
ュ
|
ス
は
:
:
:
:
残
念
な
が
ら
無
か
っ
た
が
 
イ
チ
ゴ
・
オ
レ
  
 
リ
ビ
ン
グ
を
通
り
過
ぎ
 
冷
蔵
庫
の
扉
を
開
く
 °
オ
レ
ン
ジ
ジ
  
た
 °
  
 
僕
は
立
ち
上
が
っ
て
 
飲
み
物
を
取
り
に
階
下
に
下
っ
て
い
っ
  
 
了
解
 
  
 
オ
レ
ン
ジ
ジ
ュ
|
ス
が
い
い
な
 
  
 
そ
っ
か
 °
:
:
:
:
何
か
飲
む
?
 
  
 
も
う
ち
ょ
っ
と
 
  
 
:
:
:
:
帰
ら
な
く
て
い
い
の
?
 
  
た
 °
す
っ
か
り
日
が
落
ち
て
 
空
は
茜
色
に
染
ま
っ
て
い
る
 °


   

  
 
僕
は
葵
を
一
度
ベ
ッ
ド
に
寝
か
せ
 
急
い
で
押
し
入
れ
か
ら
箱
  
 
え
っ
:
:
:
:
!
?
 
  
 
か
:
:
:
:
体
が
 
熱
い
:
:
:
:
の
:
:
:
:
 
  
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
は
ぁ
:
:
:
:
な
ん
か
 
私
:
:
:
:
 
  
訴
え
か
け
て
き
た
 °
  
 
僕
が
彼
女
の
身
体
を
揺
す
る
と
 
葵
は
苦
悶
の
表
情
で
 
僕
に
  
 
葵
!
 
し
っ
か
り
!
 
  
 
こ
:
:
:
:
こ
|
 
く
ん
:
:
:
:
 
  
荒
い
呼
吸
を
し
て
い
た
 °
  
体
が
つ
い
て
い
る
 °
意
識
こ
そ
あ
る
も
の
の
 
葵
は
苦
し
そ
う
に
  
り
服
用
し
て
し
ま
っ
た
よ
う
で
 
口
元
に
微
か
に
ピ
ン
ク
色
の
液
  
 
絶
望
感
に
苛
ま
れ
な
が
ら
 
僕
は
葵
を
抱
き
か
か
え
た
 °
や
は
  
 
:
:
:
:
あ
 
葵
!
 
  
ぶ
台
の
上
に
は
:
:
:
:
空
に
な
っ
た
小
瓶
が
転
が
っ
て
い
た
 °
  
 
そ
し
て
 
僕
は
目
を
疑
っ
た
 °
床
に
葵
が
倒
れ
て
い
る
 °
ち
ゃ
  
 
僕
は
自
室
の
扉
を
開
け
放
っ
た
 °
  
 
葵
!
 
  
子
幸
平
で
あ
る
 °
  
な
が
ら
肝
心
な
と
こ
ろ
で
詰
め
が
甘
い
こ
と
に
定
評
が
あ
る
我
孫

   

  
 
僕
は
彼
女
に
跨
っ
た
 °
着
て
い
た
ブ
ラ
ウ
ス
に
手
を
か
け
 
  
 
え
っ
:
:
:
:
?
 
あ
っ
:
:
:
:
!
 
  
 
葵
:
:
:
:
今
 
助
け
る
よ
 
  
 
こ
:
:
:
:
こ
|
 
く
ん
:
:
:
:
っ
!
 
  
づ
い
た
 °
  
 
僕
は
ご
く
り
と
生
唾
を
飲
み
こ
ん
で
 
ベ
ッ
ド
の
上
の
葵
に
近
  
 
|
|
胸
部
マ
ッ
サ
|
ジ
は
 
今
し
か
な
い
!
  
そ
し
て
 
僕
の
  
の
本
能
が
瞬
時
に
囁
く
 °
  
よ
り
 
こ
の
瞬
間
が
一
番
  
を
感
じ
さ
せ
る
も
の
だ
っ
た
 °
  
な
そ
う
な
吐
息
を
吐
く
葵
 °
今
ま
で
見
て
き
た
彼
女
の
姿
の
ど
れ
  
 
不
覚
に
も
興
奮
し
て
し
ま
っ
た
 °
A
V
女
優
が
喘
ぐ
様
に
 
  
 
:
:
:
:
う
 
  
の
彼
女
の
表
情
を
見
て
い
る
う
ち
に
:
:
:
:
 °
  
い
い
が
 
ベ
ッ
ド
で
は
葵
が
苦
し
そ
う
に
悶
え
て
い
る
 °
僕
は
そ
  
 
心
配
あ
る
だ
ろ
ど
う
考
え
て
も
!
 
と
心
の
中
で
突
っ
込
む
は
  
ん
 
  
度
が
向
上
し
ま
す
 °
一
時
的
な
も
の
で
す
の
で
心
配
は
あ
り
ま
せ
  
 
服
用
す
る
と
一
時
的
に
心
拍
数
が
上
が
り
 
人
に
よ
っ
て
は
感
  
週
間
前
に
見
落
と
し
て
い
た
文
面
を
発
見
し
た
 °
  
を
引
っ
張
り
出
し
 
取
扱
説
明
書
を
再
び
眺
め
た
 °
そ
こ
で
 

   

  
 
僕
は
 
葵
の
胸
を
:
:
:
:
大
き
く
し
た
い
!
 
  
効
は
本
当
の
よ
う
だ
 °
  
の
胸
は
微
々
た
る
も
の
の
 
明
ら
か
に
大
き
く
な
っ
て
い
る
 °
  
用
し
て
い
た
の
は
こ
の
際
ど
う
で
も
い
い
 °
そ
れ
よ
り
も
 
彼
女
  
こ
か
き
つ
そ
う
に
見
え
た
 °
も
と
も
と
貧
乳
の
彼
女
も
ブ
ラ
を
着
  
 
と
 
こ
こ
で
異
変
に
気
付
く
 °
心
な
し
か
 
彼
女
の
ブ
ラ
は
ど
  
緑
の
ブ
ラ
ジ
ャ
|
の
み
と
な
っ
た
 °
  
 
イ
ン
ナ
|
も
脱
が
し
 
彼
女
の
肌
を
隠
す
も
の
は
可
愛
ら
し
い
  
:
:
:
葵
が
喜
ぶ
と
思
っ
て
 
僕
は
:
:
:
:
 
  
 
こ
の
薬
を
飲
ん
で
胸
を
揉
む
と
 
大
き
く
な
る
ら
し
い
ん
だ
:
  
い
る
 °
僕
の
中
の
  
は
次
第
に
肥
大
化
し
て
い
た
 °
  
と
し
て
見
て
き
た
女
性
が
 
こ
こ
ま
で
淫
ら
に
体
を
く
ね
ら
せ
て
  
 
今
ま
で
聞
い
た
こ
と
の
な
い
 
葵
の
色
っ
ぽ
い
声
 °
今
ま
で
妹
  
 
あ
あ
っ
:
:
:
:
ん
ん
!
 
  
っ
張
り
上
げ
る
 °
  
 
早
口
で
説
明
し
な
が
ら
 
今
度
は
彼
女
イ
ン
ナ
|
を
強
引
に
引
  
だ
 
  
 
葵
:
:
:
:
葵
が
飲
ん
だ
そ
れ
は
 
僕
が
買
っ
た
豊
胸
剤
な
ん
  
 
こ
|
く
ん
:
:
:
:
!
 
何
 
し
て
:
:
:
:
!
 
  
タ
ン
を
一
つ
一
つ
外
し
て
い
く
 °













   

  
 
大
き
な
声
を
出
さ
な
い
よ
う
に
堪
え
て
い
る
の
か
 
葵
は
右
手
  
 
あ
っ
:
:
:
:
!
 
ん
 
ん
く
っ
:
:
:
:
!
 
う
ぅ
ん
っ
!
 
  
の
圧
力
だ
け
で
 
軽
く
押
す
よ
う
に
刺
激
を
与
え
る
 °
  
 
僕
は
改
め
て
 
優
し
く
葵
の
胸
に
手
を
置
い
た
 °
ま
ず
は
指
先
  
 
じ
 
じ
ゃ
あ
:
:
:
:
 
  
:
:
 
  
:
:
:
:
 °
ち
ょ
っ
と
 
ぴ
り
っ
て
:
:
:
:
し
た
 
だ
け
:
:
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
ん
ん
っ
:
:
:
:
い
 
痛
く
:
:
:
:
な
い
よ
  
 
ご
 
ご
め
ん
!
 
痛
い
?
 
  
 
は
あ
ぁ
ぁ
ん
っ
!
 
  
の
身
体
が
激
し
く
跳
ね
上
が
る
 °
  
夢
中
で
 
彼
女
の
胸
に
手
を
重
ね
あ
わ
せ
た
 °
そ
の
瞬
間
 
彼
女
  
 
も
う
止
め
ら
れ
な
い
 °
誰
が
止
め
ら
れ
る
と
い
う
の
だ
 °
僕
は
  
 
葵
:
:
:
:
ご
め
ん
!
 
  
 
こ
|
く
ん
:
:
:
:
こ
|
く
ん
:
:
:
:
!
 
  
ぐ
蕾
が
咲
い
て
い
る
 °
  
っ
た
 °
な
だ
ら
か
な
二
つ
の
丘
の
頂
上
に
は
 
し
き
り
に
天
を
仰
  
ば
強
引
に
ブ
ラ
を
外
す
と
 
彼
女
の
慎
ま
し
い
胸
が
そ
こ
に
は
あ
  
 
僕
は
遂
に
彼
女
の
背
中
に
手
を
入
れ
 
ホ
ッ
ク
を
外
し
た
 °
  
 
ひ
ゃ
ぁ
ん
っ
!
 


















   

  
あ
げ
た
い
こ
と
の
一
心
だ
っ
た
 °
  
い
 °
た
だ
 
葵
の
胸
を
大
き
く
し
た
い
 
葵
を
気
持
ち
よ
く
し
て
  
屋
全
体
に
木
霊
す
る
 °
近
隣
住
民
の
こ
と
な
ど
既
に
念
頭
に
は
な
  
 
と
う
と
う
葵
が
右
手
を
口
か
ら
離
し
た
 °
快
楽
の
声
が
僕
の
部
  
 
ん
あ
っ
!
 
あ
は
ぁ
!
 
あ
あ
ぁ
ん
!
 
あ
ん
っ
!
 
あ
ぁ
|
!
 
  
を
 
今
度
は
上
下
か
ら
挟
み
込
む
よ
う
に
揉
ん
で
や
る
 °
  
い
る
 °
と
う
と
う
僕
の
手
の
ひ
ら
に
収
ま
る
ま
で
に
成
長
し
た
胸
  
側
か
ら
何
か
が
注
入
さ
れ
て
い
る
よ
う
に
 
ぷ
る
ぷ
る
と
震
え
て
  
た
 °
僕
の
手
の
中
で
 
胸
は
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
っ
て
い
く
 °
  
に
全
て
を
委
ね
て
い
る
よ
う
で
:
:
:
:
実
際
に
そ
の
通
り
だ
っ
  
 
喘
ぎ
声
を
出
す
葵
は
 
一
切
抵
抗
し
て
こ
な
い
 °
ま
る
で
 
  
ぅ
|
!
 
  
 
ん
!
 
ん
ん
|
!
 
ふ
っ
:
:
:
:
ん
く
っ
!
 
ん
 
ん
 
  
軽
く
揉
み
解
し
て
い
く
 °
  
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
今
度
は
あ
る
程
度
膨
ら
ん
だ
胸
を
 
指
先
で
  
柔
ら
か
い
も
の
に
な
っ
て
い
く
 °
や
は
り
 
葵
の
胸
は
大
き
く
な
  
が
指
先
に
感
じ
ら
れ
た
が
 
次
第
に
そ
れ
が
無
く
な
っ
て
い
き
 
  
 
変
化
は
徐
々
に
表
れ
て
き
た
 °
最
初
は
あ
ば
ら
骨
の
硬
い
感
触
  
う
な
彼
女
の
挙
動
は
 
僕
の
性
欲
を
激
し
く
掻
き
た
て
た
 °
  
の
甲
を
口
に
ぎ
ゅ
っ
と
押
し
当
て
て
い
る
 °
怯
え
る
小
動
物
の
よ

   

  
も
ひ
い
い
よ
ぉ
!
 
  
 
あ
う
っ
!
 
ふ
あ
ぁ
ぁ
!
 
こ
|
く
ん
!
 
い
 
い
い
!
 
き
  
で
 
葵
を
理
想
の
女
性
に
し
て
み
せ
る
!
  
何
に
も
代
え
が
た
い
 
思
い
描
い
た
理
想
の
女
性
だ
!
 
僕
の
手
  
に
身
を
委
ね
て
い
る
|
|
そ
れ
が
僕
に
と
っ
て
最
高
の
瞬
間
だ
 °
  
見
た
こ
と
が
無
い
 °
そ
の
女
性
が
僕
の
彼
女
で
 
今
目
の
前
で
僕
  
し
た
 °
高
校
生
に
満
た
な
い
身
長
で
こ
の
胸
を
持
つ
女
性
を
僕
は
  
 
と
う
と
う
自
然
に
谷
間
が
形
成
で
き
る
ほ
ど
に
ま
で
胸
は
成
長
  
 
葵
:
:
:
:
葵
:
:
:
:
っ
!
 
  
 
ひ
っ
あ
っ
あ
あ
っ
!
 
こ
っ
 
こ
|
く
ん
!
 
こ
|
く
ぅ
ぅ
ん
!
 
  
お
 
僕
は
胸
を
揉
み
続
け
る
 °
  
つ
い
に
僕
の
指
が
彼
女
の
胸
に
埋
も
れ
は
じ
め
た
 °
そ
れ
で
も
な
  
て
い
た
 °
僕
が
揉
む
た
び
に
む
に
む
に
と
脂
肪
分
が
増
し
て
ゆ
く
 °
  
は
喘
ぐ
 
ダ
メ
と
言
っ
て
る
一
方
で
 
体
は
確
か
に
快
楽
を
求
め
  
 
口
か
ら
だ
ら
し
な
く
涎
を
流
し
 
呂
律
の
回
ら
な
い
言
葉
で
葵
  
 
あ
あ
あ
っ
!
 
そ
 
そ
れ
ぇ
ぇ
!
 
ら
め
え
っ
!
 
  
彼
女
の
胸
を
鷲
掴
み
に
す
る
 °
  
か
し
 
ま
だ
ま
だ
葵
の
膨
胸
は
止
め
さ
せ
な
い
 °
今
度
は
上
か
ら
  
左
右
か
ら
押
し
寄
せ
れ
ば
谷
間
が
作
れ
る
ま
で
に
成
長
し
た
 °
  
 
数
分
前
ま
で
壁
同
然
だ
っ
た
胸
は
あ
っ
と
い
う
間
に
巨
大
化
し
 

   

  
宝
石
の
よ
う
な
輝
き
を
放
っ
て
い
る
 °
僕
の
今
ま
で
の
葵
の
イ
メ
  
り
 
胸
は
更
に
大
き
さ
を
増
し
て
い
く
 °
綺
麗
な
肌
は
汗
で
濡
れ
 
  
 
も
う
止
め
ら
れ
な
い
 °
葵
は
更
な
る
快
楽
を
求
め
て
僕
に
す
が
  
え
ぇ
!
 
  
の
お
ぉ
!
 
も
っ
と
ぉ
 
あ
お
い
の
お
っ
ぱ
い
 
お
っ
き
く
ひ
て
  
 
ん
あ
あ
あ
!
 
こ
|
く
ん
の
て
 
あ
っ
た
か
く
て
き
も
ち
い
い
  
が
与
え
ら
れ
続
け
て
い
る
 °
  
女
の
胸
か
ら
手
が
離
れ
な
い
 °
否
が
応
で
も
彼
女
の
胸
に
は
刺
激
  
 
葵
が
両
手
で
僕
の
手
首
を
掴
ん
で
き
た
 °
こ
の
状
態
だ
と
 
  
 
う
わ
っ
!
 
  
 
も
 
も
っ
と
ぉ
!
 
こ
|
く
ん
!
 
も
っ
と
し
て
ぇ
!
 
  
 
だ
が
|
|
 °
  
手
を
離
そ
う
と
し
た
 °
  
 
も
う
こ
の
く
ら
い
で
い
い
だ
ろ
う
 °
僕
は
そ
う
思
い
 
胸
か
ら
  
の
に
ま
で
膨
ら
ん
で
い
る
 °
  
に
溢
れ
た
葵
の
胸
 °
 
お
っ
ぱ
い
 
と
形
容
す
る
に
相
応
し
い
も
  
に
っ
と
は
み
出
す
 °
今
ま
で
触
れ
た
何
よ
り
も
柔
ら
か
く
 
弾
力
  
に
ま
で
成
長
し
た
 °
力
を
込
め
て
握
る
と
 
指
の
間
か
ら
肉
が
む
  
 
と
う
と
う
葵
の
胸
は
 
僕
の
片
手
に
は
収
ま
り
き
ら
な
い
ほ
ど
  
 
葵
:
:
:
:
も
う
 
少
し
だ
か
ら
 
ね
っ
:
:
:
:
!
 



   

  
え
な
か
っ
た
葵
の
胸
は
 
彼
女
の
頭
ほ
ど
も
あ
る
大
き
さ
に
ま
で
  
来
事
だ
っ
た
ろ
う
か
:
:
:
:
先
ほ
ど
ま
で
は
微
か
な
膨
ら
み
さ
  
息
も
絶
え
絶
え
に
そ
の
全
貌
を
目
視
す
る
 °
こ
こ
ま
で
何
分
の
出
  
 
葵
は
ぐ
っ
た
り
と
力
尽
き
た
 °
僕
も
彼
女
の
胸
か
ら
口
を
離
し
 
  
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
中
を
満
た
し
 
一
瞬
の
は
ず
だ
っ
た
そ
の
声
は
1
分
く
ら
い
続
い
  
が
ら
体
を
何
度
も
痙
攣
さ
せ
た
 °
張
り
裂
け
る
よ
う
な
声
が
部
屋
  
 
こ
の
日
一
番
の
絶
頂
を
迎
え
 
彼
女
は
快
楽
の
叫
び
を
あ
げ
な
  
 
ん
ひ
ゃ
あ
あ
あ
あ
あ
!
 
そ
れ
ら
め
ぇ
ぇ
ぇ
ぇ
!
 
  
に
キ
ス
を
し
た
 °
  
唇
を
離
し
 
緩
ん
だ
葵
の
手
を
振
り
払
っ
て
 
今
度
は
可
憐
な
蕾
  
巨
乳
と
言
わ
れ
る
範
疇
か
ら
爆
乳
へ
と
レ
ベ
ル
を
上
げ
る
 °
僕
は
  
ま
す
ま
す
葵
の
胸
は
大
き
さ
を
増
し
て
い
き
 
遂
に
は
一
般
的
に
  
の
唾
液
を
交
換
す
る
 °
そ
の
間
も
胸
部
へ
の
刺
激
は
怠
ら
な
い
 °
  
た
こ
と
が
無
い
深
い
口
づ
け
を
す
る
 °
舌
を
絡
め
あ
い
 
お
互
い
  
 
く
ぐ
も
っ
た
声
が
口
内
で
反
響
す
る
 °
初
め
て
の
キ
ス
以
来
し
  
 
ん
っ
!
 
ん
ん
|
っ
!
 
ん
ふ
ぅ
|
!
 
  
け
て
 
僕
の
唇
を
あ
て
が
っ
た
 °
  
中
の
野
生
は
既
に
限
界
だ
っ
た
 °
僕
は
愛
し
い
恋
人
の
唇
に
め
が
  
|
ジ
と
は
か
け
離
れ
た
 
官
能
的
で
美
し
い
女
性
の
肢
体
 °
僕
の

   

  
 
こ
れ
で
:
:
:
:
ホ
ン
ト
に
こ
|
く
ん
の
彼
女
に
な
れ
た
ん
だ
  
 
葵
は
嬉
し
そ
う
に
笑
っ
て
 
僕
の
方
を
見
た
 °
  
 
:
:
:
:
え
 
え
へ
へ
:
:
:
:
 
  
ち
上
げ
る
と
 
た
ぷ
た
ぷ
と
表
面
が
波
打
つ
 °
  
と
 
ぐ
に
ゅ
っ
と
重
量
感
を
感
じ
る
様
子
で
 
さ
ら
に
何
度
も
持
  
た
ぷ
ん
っ
と
上
下
に
揺
れ
た
 °
下
か
ら
持
ち
上
げ
る
よ
う
に
す
る
  
 
ま
だ
薬
効
が
残
っ
て
い
る
の
か
 
少
し
だ
け
葵
の
胸
は
膨
ら
み
 
  
 
ん
っ
:
:
:
:
!
 
  
誕
生
し
た
二
つ
の
膨
ら
み
を
目
に
し
 
軽
く
手
を
触
れ
て
み
た
 °
  
り
と
焦
点
が
定
ま
ら
な
い
彼
女
だ
っ
た
が
 
次
第
に
自
身
の
前
に
  
 
僕
は
葵
の
肩
を
抱
い
て
ゆ
っ
く
り
と
起
き
上
ら
せ
た
 °
ぼ
ん
や
  
 
ん
っ
:
:
:
:
 
  
 
:
:
:
:
お
っ
ぱ
い
大
き
く
な
っ
た
よ
  
  
を
感
じ
る
葵
に
囁
い
た
 °
  
 
:
:
:
:
と
 
自
己
満
足
も
程
々
に
し
て
 
僕
は
絶
頂
の
余
韻
  
い
素
敵
な
お
っ
ぱ
い
を
手
に
入
れ
た
ん
だ
!
  
ん
な
に
嬉
し
い
こ
と
か
!
 
僕
の
彼
女
は
 
他
の
誰
に
も
負
け
な
  
を
手
に
入
れ
た
の
が
 
他
で
も
な
い
僕
の
恋
人
 
葵
 °
こ
れ
が
ど
  
 
あ
あ
:
:
:
:
こ
れ
が
 
僕
が
夢
見
た
理
想
の
胸
だ
 °
そ
の
胸
  
成
長
し
て
い
た
 °



















   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
∧
了
∨
  
 
  
 
葵
は
そ
う
言
っ
て
 
僕
に
軽
く
口
づ
け
て
く
れ
た
 °
  
:
:
 
  
 
あ
 
や
ん
っ
:
:
:
:
!
 
も
ぉ
 
こ
|
く
ん
の
え
っ
ち
:
:
  
 
僕
は
彼
女
を
抱
き
し
め
 
こ
っ
そ
り
横
か
ら
胸
を
揉
ん
だ
 °
  
 
:
:
:
:
あ
り
が
と
う
  
  
ぁ
:
:
:
:
嬉
し
い
な
ぁ
:
:
:
:
 











  > ≫