最
下
層
に
置
い
て
け
ぼ
り
に
さ
れ
て
し
ま
っ
た
の
だ
 °
そ
ん
な
こ
  
味
方
を
一
人
も
作
る
こ
と
な
く
 
こ
の
高
校
の
ヒ
エ
ラ
ル
キ
|
の
  
内
気
で
 
童
顔
だ
っ
た
僕
は
 
高
校
デ
ビ
ュ
|
に
見
事
に
失
敗
し
 
  
う
ち
に
 
僕
の
こ
の
ポ
ジ
シ
ョ
ン
は
確
定
し
た
 °
体
が
弱
く
て
 
  
る
で
も
な
い
 
中
途
半
端
な
扱
い
 °
入
学
し
て
半
月
も
経
た
な
い
  
と
い
っ
た
感
じ
だ
 °
暴
力
を
振
る
わ
れ
る
で
も
な
く
 
無
視
さ
れ
  
頼
ま
れ
て
い
る
 °
彼
ら
風
に
言
う
な
ら
 
体
裁
の
い
い
パ
シ
リ
 
  
人
か
取
り
巻
い
て
い
て
 
僕
は
そ
の
連
中
か
ら
い
ろ
ん
な
こ
と
を
  
友
達
も
い
な
い
 °
僕
の
周
り
に
は
気
の
強
そ
う
な
運
動
部
員
が
何
  
て
成
績
が
い
い
わ
け
で
も
な
く
 
部
活
に
も
通
わ
ず
 
仲
の
良
い
  
の
生
活
は
そ
れ
ら
と
は
大
き
く
か
け
離
れ
た
も
の
で
あ
る
 °
大
し
  
色
ん
な
暮
ら
し
方
が
高
校
生
活
に
は
あ
る
だ
ろ
う
 °
し
か
し
 
  
た
り
 
部
活
に
励
ん
だ
り
 
友
達
と
楽
し
く
過
ご
し
た
り
|
|
 °
  
他
の
人
と
比
べ
て
と
て
も
色
味
が
無
い
も
の
だ
と
思
う
 °
勉
強
し
  
 
僕
|
|
後
藤
諒
大
∧
ご
と
う
 
り
ょ
う
た
∨
の
高
校
生
活
は
 
  
 
そ
う
言
わ
れ
て
 
僕
は
い
つ
も
の
よ
う
に
無
言
で
教
室
を
出
た
 °
  
 
ん
じ
ゃ
 
ハ
ム
サ
ン
ド
3
つ
頼
む
ぜ
 
リ
ョ
|
タ
 
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
図
書
室
の
あ
の
子



















≪ <  

  
か
ら
こ
そ
漂
う
紙
の
匂
い
が
鼻
を
刺
激
す
る
 °
視
界
に
入
る
名
前
  
 
図
書
室
の
扉
を
開
け
る
 °
廊
下
と
は
違
う
 
本
を
扱
っ
て
い
る
  
る
た
め
に
来
て
い
る
の
だ
 °
  
勉
強
を
す
る
た
め
で
も
な
い
 °
僕
は
こ
こ
に
い
る
 
彼
女
 
を
見
  
ず
こ
こ
に
来
る
こ
と
に
し
て
い
る
 °
本
を
読
む
た
め
で
は
な
い
 °
  
 
僕
が
向
か
っ
た
の
は
図
書
室
 °
昼
休
み
の
こ
の
時
間
 
僕
は
必
  
 
  
 
  
だ
か
ら
 °
  
 
だ
っ
て
 
僕
は
彼
ら
に
は
な
い
別
の
楽
し
み
を
持
っ
て
い
る
の
  
 
こ
れ
で
い
い
 °
こ
れ
で
い
い
の
だ
 °
  
去
る
 °
  
て
い
い
ぞ
 
と
い
う
こ
と
ら
し
い
の
で
 
僕
は
無
言
で
そ
の
場
を
  
く
っ
て
 
僕
な
ん
か
そ
っ
ち
の
け
で
食
べ
始
め
る
 °
 
も
う
行
っ
  
戻
る
と
 
さ
っ
き
の
連
中
が
そ
れ
を
ニ
ヤ
ニ
ヤ
し
な
が
ら
ひ
っ
た
  
 
購
買
で
ハ
ム
サ
ン
ド
を
3
つ
買
っ
て
 
そ
れ
を
持
っ
て
教
室
に
  
の
ま
ま
一
向
に
成
長
し
な
い
こ
と
が
悩
み
で
も
あ
る
 °
  
生
に
な
っ
た
と
言
え
ば
 
入
学
当
初
か
ら
身
長
が
1
5
8
セ
ン
チ
  
で
も
 
僕
の
こ
の
パ
シ
リ
の
ポ
ジ
シ
ョ
ン
は
不
動
だ
っ
た
 °
2
年
  
と
を
し
な
が
ら
1
年
半
が
過
ぎ
 
2
年
生
の
中
ご
ろ
に
な
る
現
在

   

  
い
た
 °
そ
の
姿
形
に
僕
は
一
瞬
に
し
て
心
を
奪
わ
れ
た
 °
  
彼
女
は
全
く
僕
に
気
付
か
な
い
様
子
で
 
本
棚
に
視
線
を
注
い
で
  
ま
た
ま
僕
が
図
書
室
に
入
っ
た
時
 
彼
女
の
姿
が
目
に
留
ま
っ
た
 °
  
た
 °
何
故
僕
が
図
書
室
に
来
て
い
た
の
か
は
覚
え
て
い
な
い
 °
  
 
初
め
て
出
会
っ
た
の
は
 
何
気
な
く
立
ち
寄
っ
た
図
書
室
だ
っ
  
 
芦
野
楓
花
∧
あ
し
の
 
ふ
う
か
∨
 °
  
 
  
う
に
周
囲
に
は
見
せ
か
け
る
 °
  
ダ
ミ
|
の
本
を
1
冊
用
意
し
て
 
あ
た
か
も
本
を
読
ん
で
い
る
よ
  
彼
女
 
の
姿
を
見
る
 °
じ
っ
と
見
続
け
て
は
怪
し
ま
れ
る
か
ら
 
  
い
よ
う
に
 
近
く
て
遠
い
距
離
の
席
に
つ
い
て
 
読
書
に
耽
る
 
  
 
で
き
る
だ
け
近
く
に
 
し
か
し
 
彼
女
 
に
気
配
を
悟
ら
れ
な
  
い
く
 °
  
 
 
彼
女
 
の
姿
を
見
る
度
に
 
僕
の
心
臓
は
心
拍
数
を
上
げ
て
  
 
|
|
い
た
 °
  
 
  
こ
の
時
間
帯
 
 
彼
女
 
は
い
つ
も
こ
こ
に
い
る
筈
だ
 °
  
 
そ
の
中
を
見
回
し
て
 
僕
は
 
彼
女
 
の
姿
を
探
す
 °
い
つ
も
  
り
 
携
帯
電
話
を
弄
っ
た
り
と
思
い
思
い
に
過
ご
し
て
い
る
 °
  
も
知
ら
な
い
十
数
人
の
生
徒
が
 
読
書
を
し
た
り
 
勉
強
を
し
た

   

  
の
に
|
|
そ
ん
な
思
考
が
勝
手
に
脳
内
に
浮
か
び
上
が
っ
て
き
た
 °
  
姿
を
消
し
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
も
っ
と
ず
っ
と
見
て
い
た
か
っ
た
  
た
 °
は
っ
と
我
に
返
っ
た
時
 
彼
女
は
も
う
本
棚
の
陰
に
隠
れ
て
  
ま
で
の
十
数
秒
が
 
ま
る
で
1
時
間
く
ら
い
の
長
さ
に
感
じ
ら
れ
  
付
け
る
 °
彼
女
が
読
み
た
い
本
を
手
に
取
っ
て
僕
に
背
を
向
け
る
  
の
映
像
を
ま
る
で
射
影
器
の
よ
う
に
深
く
脳
の
記
憶
装
置
に
焼
き
  
プ
ロ
ポ
|
シ
ョ
ン
を
目
の
前
に
 
僕
の
脳
は
思
考
を
停
止
し
 
  
立
ち
尽
く
し
た
ま
ま
 
彼
女
の
姿
を
凝
視
し
て
い
た
 °
圧
倒
的
な
  
胸
だ
け
が
異
様
な
大
き
さ
を
し
て
い
る
 °
僕
は
し
ば
ら
く
呆
然
と
  
つ
め
て
い
た
 °
そ
の
他
は
年
頃
の
少
女
と
ほ
ぼ
変
わ
ら
な
い
の
に
 
  
を
内
側
か
ら
押
し
の
け
よ
う
と
し
て
 
生
地
は
ぴ
っ
ち
り
と
張
り
  
る
の
で
は
と
い
う
く
ら
い
大
き
な
そ
の
膨
ら
み
は
 
セ
|
ラ
|
服
  
て
は
大
き
な
 
そ
の
胸
 °
ま
る
で
バ
レ
|
ボ
|
ル
で
も
詰
め
て
い
  
 
そ
し
て
何
よ
り
 
そ
の
少
し
下
に
あ
る
も
の
|
|
高
校
生
に
し
  
て
い
る
 °
  
ぷ
る
ん
と
し
た
唇
に
当
て
ら
れ
た
右
手
は
 
健
康
的
な
肌
色
を
し
  
大
人
し
そ
う
な
目
 °
丸
く
な
く
尖
り
す
ぎ
て
も
い
な
い
端
整
な
鼻
 °
  
輝
い
て
い
る
 °
横
顔
か
ら
で
も
拝
見
で
き
る
少
し
目
尻
が
垂
れ
た
  
っ
と
り
と
し
た
黒
髪
は
肩
の
辺
り
ま
で
伸
び
て
い
て
 
艶
や
か
に
  
 
僕
が
小
さ
す
ぎ
る
た
め
 
身
長
は
そ
れ
ほ
ど
変
わ
ら
な
い
 °

   

  
ギ
リ
ギ
リ
の
と
こ
ろ
で
 
僕
は
芦
野
楓
花
の
観
察
を
続
け
て
い
る
 °
  
ら
 
周
囲
は
僕
を
い
よ
い
よ
軽
蔑
し
だ
す
だ
ろ
う
 °
そ
ん
な
境
界
  
性
は
い
な
い
 °
こ
ん
な
邪
な
こ
と
を
考
え
て
い
る
こ
と
が
ば
れ
た
  
:
:
 °
僕
の
中
に
眠
る
  
を
刺
激
す
る
の
に
こ
れ
ほ
ど
の
女
  
姿
を
見
続
け
た
 °
美
し
い
髪
 
整
っ
た
顔
立
ち
 
巨
大
な
胸
:
:
  
書
室
に
通
っ
て
は
 
読
み
も
し
な
い
本
を
ダ
ミ
|
に
芦
野
楓
花
の
  
望
に
素
直
に
従
っ
た
 °
初
め
て
会
っ
た
そ
の
日
か
ら
 
何
度
も
図
  
と
い
う
プ
ロ
グ
ラ
ム
が
形
成
さ
れ
て
し
ま
い
 
僕
自
身
も
そ
の
欲
  
僕
の
行
動
パ
タ
|
ン
の
中
に
 
図
書
室
で
芦
野
楓
花
の
姿
を
見
る
  
 
け
れ
ど
 
僕
の
脳
は
芦
野
楓
花
の
姿
を
消
す
こ
と
を
許
さ
な
い
 °
  
て
ほ
し
く
は
な
か
っ
た
 °
  
を
恐
れ
る
人
間
だ
か
ら
 
最
初
か
ら
彼
女
に
は
僕
の
存
在
を
知
っ
  
味
悪
が
ら
れ
る
と
思
っ
た
か
ら
だ
 °
僕
は
誰
か
に
嫌
わ
れ
る
こ
と
  
陰
湿
で
内
気
な
男
子
生
徒
な
ど
 
話
し
か
け
ら
れ
る
だ
け
で
も
気
  
 
だ
が
 
僕
に
は
彼
女
に
告
白
す
る
勇
気
は
な
い
 °
僕
の
よ
う
な
  
 
  
は
瞬
く
間
に
彼
女
に
一
目
惚
れ
し
て
し
ま
っ
た
の
だ
っ
た
 °
  
知
っ
た
 °
 
ふ
う
か
 
:
:
:
:
そ
の
響
き
さ
え
も
美
し
く
 
  
帰
っ
た
そ
の
隙
に
 
そ
の
本
の
背
表
紙
の
裏
に
あ
る
読
者
履
歴
で
  
芦
野
楓
花
と
い
う
名
前
は
 
彼
女
が
借
り
て
い
た
本
を
返
却
し
て

   

  
|
ラ
|
服
を
ぱ
つ
ぱ
つ
に
す
る
ほ
ど
大
き
な
胸
 °
僕
は
終
始
そ
の
  
 
ぷ
る
ん
 
と
机
の
上
か
ら
胸
が
離
れ
て
 
小
さ
く
震
え
る
 °
  
と
椅
子
か
ら
立
ち
上
が
っ
た
 °
  
 
何
分
程
経
っ
た
だ
ろ
う
か
 °
芦
野
楓
花
は
本
を
閉
じ
て
 
す
っ
  
だ
 °
  
僕
は
そ
ん
な
仕
草
さ
え
と
て
も
か
わ
い
ら
し
く
思
え
て
し
ま
う
の
  
け
大
き
い
胸
だ
と
肩
が
凝
る
の
か
:
:
:
:
な
ど
と
思
い
な
が
ら
 
  
げ
て
 
左
手
で
右
肩
を
揉
ん
で
い
る
 °
あ
あ
 
や
っ
ぱ
り
そ
れ
だ
  
0
秒
ほ
ど
数
え
て
横
目
で
彼
女
を
見
る
と
 
芦
野
楓
花
は
首
を
傾
  
て
ダ
ミ
|
の
本
に
目
を
通
す
 °
1
秒
 
2
秒
 
3
秒
:
:
:
:
1
  
 
芦
野
楓
花
が
顔
を
上
げ
た
 °
気
づ
か
れ
た
の
か
と
思
い
 
慌
て
  
な
ら
思
わ
ず
見
て
し
ま
う
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
 °
  
揺
れ
る
 °
そ
の
柔
ら
か
く
巨
大
な
存
在
感
は
 
僕
で
な
く
と
も
男
  
少
し
身
じ
ろ
ぎ
を
す
る
た
び
に
 
ふ
る
ん
 
ふ
る
ん
 
と
微
か
に
  
巨
大
な
胸
は
 
机
に
乗
っ
か
っ
て
程
よ
く
潰
れ
て
い
る
 °
彼
女
が
  
ど
の
女
子
生
徒
よ
り
も
美
し
い
 °
そ
し
て
 
特
筆
す
る
べ
き
そ
の
  
じ
っ
と
文
面
に
目
を
通
し
て
い
る
 °
そ
の
横
顔
は
相
変
わ
ら
ず
 
  
 
こ
の
日
も
 
芦
野
楓
花
は
本
を
読
ん
で
い
た
 °
席
に
座
っ
て
 
  
 
  
 

























   

  
  
  
か
の
よ
う
に
 °
  
観
察
す
る
 °
頭
か
ら
つ
ま
先
ま
で
 
一
つ
の
芸
術
品
を
堪
能
す
る
  
れ
る
の
だ
 °
だ
か
ら
 
僕
は
明
日
も
こ
こ
に
来
て
 
芦
野
楓
花
を
  
由
が
無
い
高
校
生
活
に
は
 
余
り
あ
る
ほ
ど
に
刺
激
を
与
え
て
く
  
に
罪
悪
感
が
無
い
わ
け
で
は
な
い
 °
で
も
 
僕
の
こ
の
窮
屈
で
自
  
人
と
し
て
最
低
の
行
動
を
し
て
い
る
こ
と
を
知
ら
ず
に
 °
僕
の
中
  
き
た
 °
明
日
も
ま
た
 
彼
女
は
来
る
だ
ろ
う
 °
僕
が
こ
う
し
て
 
  
 
こ
の
日
も
僕
は
 
芦
野
楓
花
を
じ
っ
く
り
堪
能
す
る
こ
と
が
で
  
 
  
ペ
|
ス
な
歩
み
で
僕
か
ら
遠
ざ
か
り
 
図
書
室
を
出
て
行
っ
た
 °
  
い
た
本
を
本
棚
に
返
し
て
 
そ
し
て
全
く
急
ぐ
こ
と
な
く
 
マ
イ
  
の
心
臓
は
い
き
な
り
激
し
く
鼓
動
し
だ
す
 °
芦
野
楓
花
は
持
っ
て
  
僕
の
鼻
先
に
女
の
子
の
良
い
匂
い
が
ふ
わ
り
と
漂
っ
て
き
て
 
  
は
僕
の
椅
子
の
後
ろ
を
と
こ
と
こ
歩
い
て
い
く
 °
そ
れ
と
同
時
に
 
  
 
:
:
:
:
ど
う
や
ら
ば
れ
て
い
な
か
っ
た
よ
う
で
 
芦
野
楓
花
  
 
慌
て
て
僕
は
ダ
ミ
|
の
本
に
視
線
を
落
と
す
 °
  
 
そ
の
時
だ
 °
芦
野
楓
花
が
こ
ち
ら
を
向
い
た
の
だ
 °
  
胸
に
見
入
っ
て
い
た
 °
当
然
 
彼
女
に
ば
れ
な
い
よ
う
に
 °



  > ≫