僕
こ
と
後
藤
諒
大
は
陰
湿
な
人
間
で
あ
る
が
 
太
陽
の
光
が
好
  
 
  
 
  
|
|
 °
  
芦
野
楓
花
の
胸
部
に
そ
び
え
立
つ
そ
の
巨
大
な
柔
肉
に
向
か
っ
て
  
 
僕
は
 
ゆ
っ
く
り
と
手
を
伸
ば
し
て
い
く
 °
目
の
前
に
あ
る
 
  
 
|
|
ど
う
せ
 
夢
の
中
な
ん
だ
か
ら
 °
  
て
い
る
よ
う
だ
っ
た
 °
  
つ
め
て
 
時
折
瞬
き
を
し
な
が
ら
 
こ
ち
ら
の
様
子
を
う
か
が
っ
  
め
た
柔
ら
か
そ
う
な
胸
 °
そ
の
芦
野
楓
花
が
 
僕
の
顔
を
た
だ
見
  
艶
や
か
な
黒
髪
 
可
愛
ら
し
く
端
整
な
顔
立
ち
 
大
き
く
張
り
つ
  
は
い
え
 
そ
の
姿
は
現
実
の
芦
野
楓
花
を
完
全
に
再
現
し
て
い
た
 °
  
シ
ョ
ン
 °
芦
野
楓
花
は
僕
の
目
を
じ
っ
と
見
て
い
る
 °
夢
の
中
と
  
楓
花
の
姿
が
あ
る
 °
本
来
な
ら
絶
対
に
あ
り
え
な
い
シ
チ
ュ
エ
|
  
だ
 °
な
ぜ
な
ら
 
僕
の
目
の
前
に
は
 
こ
ち
ら
を
見
つ
め
る
芦
野
  
 
そ
う
と
分
か
る
の
は
 
こ
れ
が
夢
だ
と
は
っ
き
り
分
か
る
か
ら
  
 
夢
を
見
て
い
た
 °
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
図
書
室
の
あ
の
子



















≪ <  

  
回
し
て
彼
女
を
探
す
 °
  
た
 °
こ
の
日
も
い
つ
も
と
同
じ
よ
う
に
扉
を
開
け
て
 
辺
り
を
見
  
 
僕
は
パ
シ
リ
の
役
目
を
果
た
す
と
 
す
ぐ
に
図
書
室
に
向
か
っ
  
 
昼
休
み
 °
  
 
  
 
  
て
仕
方
が
無
か
っ
た
 °
  
れ
よ
り
も
 
素
敵
な
夢
を
中
断
さ
せ
て
く
れ
た
教
師
に
腹
が
立
っ
  
て
い
る
 °
穴
が
あ
っ
た
ら
入
り
た
い
よ
う
な
状
態
だ
が
 
僕
は
そ
  
に
聞
こ
え
る
 °
そ
う
で
な
く
て
も
 
僕
に
は
好
奇
の
目
が
集
ま
っ
  
る
 °
い
つ
も
僕
を
パ
シ
リ
に
使
っ
て
い
る
男
子
の
笑
い
声
が
微
か
  
 
教
師
は
呆
れ
な
が
ら
着
席
を
促
す
 °
僕
は
ゆ
っ
く
り
と
席
に
座
  
 
バ
カ
タ
レ
 
ち
ゃ
ん
と
聞
い
て
ろ
 °
座
れ
 
  
 
え
 
え
っ
と
:
:
:
:
分
か
り
ま
せ
ん
:
:
:
:
 
  
 
こ
の
英
文
 
訳
し
て
み
ろ
 
  
世
界
に
舞
い
戻
っ
て
起
立
が
 
時
す
で
に
遅
し
 °
  
 
先
生
が
強
い
口
調
で
僕
を
指
名
す
る
 °
僕
は
は
っ
と
し
て
現
実
  
 
後
藤
!
 
  
ま
う
 °
た
と
え
そ
れ
が
授
業
中
で
あ
っ
た
と
し
て
も
 
だ
 °
  
き
だ
 °
温
か
い
日
差
し
を
受
け
て
い
る
と
 
つ
い
眠
く
な
っ
て
し

   

  
し
の
中
に
瞬
時
に
そ
の
光
景
が
焼
き
付
け
ら
れ
る
 °
  
僕
の
目
が
そ
の
光
景
を
逃
す
こ
と
は
な
か
っ
た
 °
記
憶
の
引
き
出
  
 
歩
く
タ
イ
ミ
ン
グ
に
合
わ
せ
て
 
大
き
な
胸
が
豊
か
に
弾
む
 °
  
 
た
っ
ぷ
ん
 
た
っ
ぷ
ん
 °
  
っ
て
き
た
の
だ
 °
  
 
彼
女
は
急
い
で
い
る
の
か
 
少
し
小
走
り
で
こ
ち
ら
側
に
向
か
  
 
そ
の
時
 
僕
の
目
は
そ
の
瞬
間
を
と
ら
え
た
 °
  
気
に
跳
ね
上
が
る
 °
心
の
中
で
何
度
も
ガ
ッ
ツ
ポ
|
ズ
を
す
る
 °
  
大
き
な
胸
が
目
に
入
る
 °
芦
野
楓
花
だ
 °
僕
の
心
臓
は
期
待
で
一
  
 
図
書
室
の
扉
が
開
か
れ
る
と
 
そ
こ
に
は
誰
が
見
て
も
目
立
つ
  
 
果
た
し
て
 
そ
の
時
は
来
た
 °
  
 
  
芦
野
楓
花
が
や
っ
て
く
る
こ
と
を
願
っ
て
 °
  
と
 
僕
は
出
入
り
口
の
扉
を
じ
っ
と
見
つ
め
始
め
る
 °
こ
こ
か
ら
  
早
く
来
す
ぎ
た
 °
僕
は
席
に
つ
い
て
 
ダ
ミ
|
の
本
を
机
に
置
く
  
:
:
:
い
や
 
少
し
待
て
ば
来
る
か
も
し
れ
な
い
 °
今
日
は
少
し
  
楓
花
の
姿
は
見
当
た
ら
な
い
 °
今
日
は
来
て
な
い
の
だ
ろ
う
か
:
  
 
小
さ
く
消
え
入
る
よ
う
に
 
自
然
と
言
葉
が
呟
か
れ
た
 °
芦
野
  
 
|
|
い
な
い
:
:
:
:
 
  
 

























   

  
何
セ
ン
チ
あ
る
の
だ
ろ
う
:
:
:
:
8
0
 
い
や
9
0
セ
ン
チ
 
  
し
て
も
隠
し
き
れ
な
い
 
年
相
応
に
見
え
な
い
大
き
な
胸
 °
一
体
  
そ
う
な
瑞
々
し
さ
を
持
っ
て
い
る
よ
う
だ
 °
ど
ん
な
に
隠
そ
う
と
  
う
ぎ
ゅ
う
に
詰
ま
っ
て
い
て
 
ふ
と
し
た
瞬
間
に
弾
け
て
し
ま
い
  
の
上
に
乗
っ
か
っ
た
極
上
の
柔
肉
は
 
セ
|
ラ
|
服
の
中
に
ぎ
ゅ
  
 
正
面
か
ら
見
る
と
 
や
は
り
そ
の
巨
大
な
胸
に
目
が
行
く
 °
  
中
し
て
彼
女
の
姿
に
見
入
っ
た
 °
  
ぼ
正
面
か
ら
彼
女
を
見
る
こ
と
が
で
き
る
!
 
僕
は
よ
り
一
層
集
  
い
に
 
こ
ち
ら
を
向
い
て
座
っ
た
 °
横
顔
で
は
な
く
 
今
日
は
ほ
  
 
|
|
あ
あ
 
な
ん
と
幸
運
な
日
だ
ろ
う
 °
彼
女
は
僕
の
斜
向
か
  
こ
歩
い
て
 
席
に
つ
い
た
 °
  
 
そ
ん
な
僕
の
視
線
に
気
づ
く
こ
と
な
く
 
芦
野
楓
花
は
と
こ
と
  
く
り
と
生
唾
を
飲
み
こ
ん
だ
 °
  
向
い
た
 °
惰
性
で
胸
が
横
に
ぷ
る
ん
と
揺
れ
る
 °
僕
は
思
わ
ず
ご
  
 
彼
女
は
そ
の
本
を
取
る
と
 
く
る
り
と
振
り
返
っ
て
こ
ち
ら
に
  
い
こ
と
だ
 °
  
は
 
と
思
っ
た
が
 
そ
ん
な
こ
と
は
僕
に
と
っ
て
は
ど
う
で
も
い
  
っ
た
本
を
取
り
に
来
た
ら
し
い
 °
借
り
て
行
け
ば
よ
か
っ
た
の
で
  
 
芦
野
楓
花
は
小
さ
く
言
っ
た
 °
ど
う
や
ら
 
昨
日
読
み
か
け
だ
  
 
:
:
:
:
ん
 
あ
っ
た
 















   

  
ま
っ
た
方
が
い
い
の
で
は
な
い
か
 °
:
:
:
:
い
や
 
そ
れ
は
僕
  
活
が
永
遠
に
続
く
と
す
る
な
ら
 
こ
こ
で
楽
し
ん
で
終
ら
せ
て
し
  
一
生
を
棒
に
振
り
か
ね
な
い
 °
:
:
:
:
で
も
 
こ
の
退
屈
な
生
  
に
破
た
ん
す
る
 °
厭
ら
し
い
変
態
学
生
の
レ
ッ
テ
ル
を
張
ら
れ
 
  
で
本
当
に
触
れ
て
し
ま
え
ば
 
こ
の
後
の
僕
の
高
校
生
活
は
完
全
  
そ
の
度
に
 
僕
の
高
校
生
と
し
て
の
理
性
が
自
制
を
促
す
 °
こ
こ
  
っ
て
 
自
分
の
中
の
男
と
し
て
の
本
能
が
暴
走
し
そ
う
に
な
る
 °
  
 
じ
っ
と
見
続
け
て
い
る
と
 
そ
の
欲
望
は
い
よ
い
よ
激
し
く
な
  
え
て
く
れ
る
存
在
な
の
だ
か
ら
 °
  
何
の
娯
楽
も
要
ら
な
い
 
芦
野
楓
花
こ
そ
が
僕
の
中
に
幸
福
を
与
  
う
だ
ろ
う
 °
だ
が
 
こ
れ
こ
そ
が
僕
の
中
の
幸
せ
な
の
だ
 °
他
に
  
う
不
純
で
不
気
味
な
変
態
行
為
 °
最
低
な
人
間
だ
と
人
は
僕
を
笑
  
の
中
の
妄
想
で
し
か
成
立
し
な
い
行
為
 °
陰
湿
な
男
が
脳
内
で
行
  
 
そ
れ
は
決
し
て
叶
う
こ
と
が
無
い
夢
の
ま
た
夢
 
せ
い
ぜ
い
僕
  
せ
だ
ろ
う
か
 °
  
 
さ
っ
き
の
夢
み
た
い
に
 
彼
女
に
触
れ
ら
れ
た
な
ら
 
何
と
幸
  
 
:
:
:
:
触
れ
て
み
た
い
 °
  
も
い
い
だ
ろ
う
 °
  
し
い
顔
立
ち
が
揃
っ
て
い
る
の
だ
か
ら
 
絶
世
の
美
女
と
い
っ
て
  
も
し
か
し
た
ら
1
メ
|
ト
ル
あ
る
の
だ
ろ
う
か
 °
そ
れ
に
可
愛
ら

   

  
い
生
活
に
陥
る
の
だ
:
:
:
:
 °
  
れ
る
 °
パ
シ
リ
が
変
態
に
な
っ
て
 
誰
か
ら
も
助
け
て
も
ら
え
な
  
こ
の
こ
と
が
学
校
に
知
ら
れ
た
ら
 
僕
は
い
よ
い
よ
立
場
を
追
わ
  
徒
が
 
厭
ら
し
い
眼
差
し
で
胸
を
凝
視
し
て
く
る
か
ら
で
あ
る
 °
  
図
書
室
に
来
な
い
 °
な
ぜ
な
ら
 
陰
湿
で
内
気
な
怪
し
い
男
子
生
  
来
な
く
な
っ
た
ら
 
僕
は
ど
う
す
れ
ば
い
い
の
か
 °
芦
野
楓
花
は
  
て
し
ま
っ
た
 °
最
悪
の
結
末
だ
 °
こ
れ
を
機
に
彼
女
が
図
書
室
に
  
 
ま
ず
い
 °
こ
れ
は
ま
ず
い
 °
僕
と
い
う
存
在
が
彼
女
に
知
ら
れ
  
 
血
の
気
が
引
い
た
 °
  
の
目
を
 
彼
女
は
し
っ
か
り
と
見
た
 °
見
て
し
ま
っ
た
 °
  
て
か
ら
今
に
至
る
ま
で
 
一
度
も
見
た
こ
と
が
無
い
で
あ
ろ
う
僕
  
 
確
か
に
 
芦
野
楓
花
は
僕
を
見
て
い
た
 °
僕
が
初
め
て
出
会
っ
  
 
慌
て
て
目
を
逸
ら
す
 °
  
 
:
:
:
:
っ
!
!
 
  
 
目
が
合
っ
た
 °
  
 
  
ふ
と
視
線
を
上
げ
て
み
た
 °
  
 
そ
ん
な
葛
藤
を
脳
内
で
延
々
と
繰
り
返
し
て
い
る
う
ち
 
僕
は
  
|
|
 °
  
の
両
親
が
泣
く
だ
ろ
う
 °
何
の
た
め
に
僕
を
産
ん
で
く
れ
た
の
か

   

  
  
  
  
  
  
る
 °
  
絶
頂
に
達
し
て
い
て
 
ズ
ボ
ン
の
中
で
固
ま
っ
て
い
た
か
ら
で
あ
  
も
歩
き
に
く
か
っ
た
 °
な
ぜ
な
ら
 
僕
の
分
身
は
完
全
に
興
奮
の
  
ち
上
が
っ
て
 
図
書
室
を
出
る
こ
と
に
し
た
 °
そ
の
帰
路
は
と
て
  
 
僕
は
 
こ
れ
以
上
は
も
う
限
界
だ
と
判
断
し
 
僕
の
方
か
ら
立
  
 
  
い
た
 °
  
 
額
を
触
っ
て
み
る
 °
妙
な
脂
汗
が
び
っ
し
り
と
指
先
に
絡
み
つ
  
 
:
:
:
:
よ
か
っ
た
 °
ど
う
や
ら
気
の
せ
い
だ
っ
た
よ
う
だ
 °
  
る
 °
  
て
き
て
 
座
っ
た
 °
重
そ
う
な
胸
を
机
に
乗
せ
 
本
を
読
み
始
め
  
を
揺
ら
し
な
が
ら
く
る
っ
と
振
り
返
り
 
ま
た
同
じ
場
所
に
戻
っ
  
し
に
行
く
様
子
が
見
え
る
 °
彼
女
は
ま
た
別
の
本
を
取
っ
て
 
  
 
顔
を
上
げ
る
と
 
芦
野
楓
花
が
席
を
立
っ
て
 
本
棚
に
本
を
返
  
 
僕
が
絶
望
し
て
い
る
と
 
か
た
ん
と
音
が
し
た
 °






  > ≫