通
り
抜
け
て
図
書
室
に
向
か
う
気
に
は
な
れ
な
か
っ
た
 °
そ
こ
で
  
す
 °
と
っ
さ
に
引
き
返
し
て
し
ま
っ
た
の
で
 
芦
野
楓
花
の
隣
を
  
 
僕
は
壁
に
ぴ
っ
た
り
と
張
り
付
い
て
 
息
を
殺
し
て
気
配
を
消
  
な
い
別
の
女
子
生
徒
が
い
た
 °
お
そ
ら
く
友
人
だ
ろ
う
 °
  
が
 
入
り
口
前
に
立
っ
て
い
た
の
で
あ
る
 °
隣
に
は
名
前
の
知
ら
  
 
そ
こ
に
は
 
い
つ
も
な
ら
図
書
室
の
中
に
い
る
筈
の
芦
野
楓
花
  
息
を
ひ
そ
め
た
 °
  
 
僕
は
そ
こ
に
あ
っ
た
光
景
に
衝
撃
を
受
け
 
と
っ
さ
に
戻
っ
て
  
  
  
か
 °
色
ん
な
妄
想
を
膨
ら
ま
せ
な
が
ら
 
丁
字
路
を
左
に
曲
が
る
 °
  
大
き
な
胸
を
机
に
乗
せ
て
 
幽
雅
に
本
を
読
ん
で
い
る
の
だ
ろ
う
  
日
は
芦
野
楓
花
は
ど
こ
に
座
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
 °
ま
た
あ
の
  
と
 
そ
の
奥
数
メ
|
ト
ル
の
と
こ
ろ
に
図
書
室
の
扉
が
あ
る
 °
  
 
廊
下
を
進
ん
で
 
丁
字
路
に
な
っ
て
い
る
個
所
を
左
に
曲
が
る
  
時
刻
よ
り
も
だ
い
ぶ
遅
れ
て
し
ま
っ
て
い
た
 °
  
室
に
向
か
っ
て
い
た
 °
今
日
は
注
文
が
い
つ
も
よ
り
多
く
 
予
定
  
 
こ
の
日
も
僕
は
 
昼
休
み
に
パ
シ
リ
の
仕
事
を
終
え
て
 
図
書
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
図
書
室
の
あ
の
子



















≪ <  

  
 
楓
花
は
勉
強
好
き
だ
も
ん
ね
|
 °
今
日
だ
っ
て
勉
強
し
に
図
書
  
天
と
地
よ
り
も
か
け
離
れ
た
存
在
だ
 °
  
な
 
ヒ
エ
ラ
ル
キ
|
の
最
下
層
で
這
い
つ
く
ば
っ
て
る
人
間
と
は
  
こ
に
芦
野
楓
花
の
名
前
が
載
ら
な
い
日
は
無
か
っ
た
 °
僕
の
よ
う
  
成
績
が
良
か
っ
た
上
位
1
0
名
の
名
前
を
掲
示
す
る
の
だ
が
 
  
テ
ス
ト
で
高
得
点
を
叩
き
だ
し
て
き
た
 °
こ
の
高
校
は
テ
ス
ト
の
  
 
芦
野
楓
花
は
優
等
生
で
 
1
年
生
の
頃
か
ら
あ
ら
ゆ
る
教
科
の
  
ら
し
い
 °
  
 
謙
遜
す
る
芦
野
楓
花
 °
そ
の
態
度
が
実
に
彼
女
ら
し
く
て
す
ば
  
れ
る
か
ら
:
:
:
:
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
な
い
よ
 °
ち
ゃ
ん
と
勉
強
す
れ
ば
誰
で
も
点
は
取
  
|
 
  
ち
ゃ
い
い
じ
ゃ
ん
 °
テ
ス
ト
の
点
も
い
い
し
さ
|
 
羨
ま
し
い
な
  
 
や
っ
ぱ
楓
花
は
違
う
な
|
 
あ
た
し
ら
凡
人
と
違
っ
て
頭
め
っ
  
明
る
く
快
活
な
今
ど
き
の
言
葉
を
話
す
 °
  
大
人
し
く
優
し
い
声
 °
一
緒
に
話
し
て
い
る
生
徒
は
対
照
的
に
 
  
 
後
か
ら
聞
こ
え
て
き
た
大
人
し
そ
う
な
声
が
 
芦
野
楓
花
だ
 °
  
 
う
ん
:
:
:
:
い
ろ
い
ろ
 °
外
に
は
出
て
行
か
な
い
 
か
な
 
  
 
|
|
で
さ
 
楓
花
っ
て
日
曜
と
か
何
し
て
る
の
?
 
勉
強
?
 
  
僕
は
 
こ
っ
そ
り
と
二
人
の
会
話
を
盗
み
疑
義
す
る
こ
と
に
し
た
 °

   

  
 
身
体
に
何
か
が
ぶ
つ
か
っ
た
 °
  
 
  
字
路
に
足
を
踏
み
入
れ
た
 °
  
振
る
の
は
嫌
だ
 °
1
秒
 
2
秒
 
3
秒
 
4
秒
数
え
て
 
僕
は
丁
  
見
た
く
て
仕
方
が
な
い
 °
こ
の
ま
ま
何
も
せ
ず
に
昼
休
み
を
棒
に
  
て
 
丁
字
路
に
繰
り
出
す
こ
と
に
し
た
 °
早
く
芦
野
楓
花
の
姿
を
  
 
二
人
が
別
れ
る
旨
の
発
言
を
す
る
 °
僕
は
そ
れ
か
ら
少
し
待
っ
  
 
う
ん
 
い
い
よ
 °
じ
ゃ
あ
ね
 
  
で
数
学
の
問
題
教
え
て
ほ
し
い
な
 
  
 
:
:
:
:
ん
じ
ゃ
 
あ
た
し
も
う
行
く
ね
 °
:
:
:
:
あ
 
  
に
浸
っ
て
し
ま
う
 °
  
い
る
こ
と
を
知
ら
ず
に
 °
僕
は
人
と
し
て
最
低
な
行
為
で
優
越
感
  
本
を
読
ん
で
い
る
の
だ
 °
僕
が
じ
っ
く
り
と
そ
の
体
を
見
つ
め
て
  
い
た
よ
う
だ
が
 
そ
の
こ
と
は
も
う
僕
が
知
っ
て
い
る
 °
彼
女
は
  
 
芦
野
楓
花
は
図
書
室
で
勉
強
し
な
い
 °
そ
の
生
徒
は
発
言
に
驚
  
 
へ
|
 
  
い
ん
だ
よ
 
  
:
す
る
だ
け
だ
か
ら
 °
勉
強
漬
け
す
れ
ば
い
い
っ
て
も
の
じ
ゃ
な
  
 
う
う
ん
 
図
書
室
で
は
勉
強
し
な
い
の
 °
本
読
ん
だ
り
:
:
:
  
室
に
来
て
る
ん
で
し
ょ
?
 















   

  
 
:
:
:
:
だ
 
大
丈
|
|
 
  
上
が
ら
せ
よ
う
と
手
を
差
し
伸
べ
よ
う
と
す
る
 °
  
衝
撃
で
大
き
な
胸
が
ぶ
る
ん
と
大
胆
に
弾
ん
だ
 °
本
能
的
に
立
ち
  
尻
も
ち
を
つ
い
た
芦
野
楓
花
が
可
愛
ら
し
く
声
を
上
げ
る
 °
そ
の
  
 
僕
と
ぶ
つ
か
っ
た
こ
と
で
バ
ラ
ン
ス
を
崩
し
 
後
方
に
倒
れ
て
  
 
あ
ん
!
 
  
 
目
の
前
の
映
像
が
ス
ロ
|
再
生
さ
れ
る
 °
  
芦
野
楓
花
の
巨
大
な
胸
 
間
違
い
な
く
そ
の
感
触
で
あ
っ
た
 °
  
は
 
ま
さ
か
|
|
い
や
 
確
か
に
そ
う
だ
 
間
違
い
な
い
|
|
 °
  
っ
た
 °
そ
し
て
 
僕
の
体
に
ぶ
つ
か
っ
た
心
地
よ
い
感
触
 °
あ
れ
  
う
と
ば
か
り
思
っ
て
い
た
が
 
こ
ち
ら
側
に
来
る
と
は
想
定
外
だ
  
 
僕
の
思
考
は
一
瞬
で
フ
リ
|
ズ
し
た
 °
彼
女
は
図
書
室
に
向
か
  
 
:
:
:
:
!
 
  
た
 °
  
 
そ
れ
は
紛
れ
も
な
く
 
僕
が
追
い
続
け
る
女
 
芦
野
楓
花
だ
っ
  
し
っ
と
り
と
し
た
黒
髪
 
整
っ
た
顔
 °
  
い
衝
撃
が
走
る
 °
び
っ
く
り
し
て
目
を
見
開
く
と
 
目
の
前
に
は
  
 
可
愛
ら
し
い
女
の
子
の
悲
鳴
が
耳
に
入
る
 °
僕
の
胸
に
柔
ら
か
  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
 

























   

  
 
あ
の
時
触
れ
た
 
柔
ら
か
い
感
触
 °
僕
の
大
し
て
逞
し
く
な
い
  
し
て
 
深
い
思
考
の
中
に
沈
ん
で
い
く
 °
  
し
て
い
た
 °
し
か
し
 
僕
の
注
意
は
教
師
の
解
説
を
完
全
に
無
視
  
か
っ
た
か
ら
で
は
な
い
 
逆
に
意
識
は
必
要
以
上
に
は
っ
き
り
と
  
 
そ
の
日
の
午
後
の
授
業
は
 
ま
る
で
集
中
で
き
な
か
っ
た
 °
  
 
  
 
  
へ
 
遠
く
へ
と
走
り
抜
け
て
い
っ
た
 °
  
入
ら
な
い
 °
僕
は
急
い
で
階
段
を
駆
け
下
り
 
で
き
る
だ
け
遠
く
  
背
中
で
何
か
声
が
聞
こ
え
た
気
が
し
た
が
 
そ
ん
な
も
の
は
耳
に
  
た
 °
危
険
な
現
象
か
ら
逃
れ
ん
と
す
る
よ
う
に
 
脱
兎
の
ご
と
く
 °
  
 
僕
は
そ
う
考
え
る
や
否
や
 
踵
を
返
し
て
一
目
散
に
駆
け
出
し
  
こ
こ
か
ら
早
急
に
立
ち
去
ら
な
け
れ
ば
!
  
の
姿
を
見
る
こ
と
は
で
き
な
く
な
る
 °
逃
げ
な
け
れ
ば
い
け
な
い
 °
  
女
に
知
ら
れ
て
は
い
け
な
い
 °
知
ら
れ
て
し
ま
え
ば
 
も
う
彼
女
  
 
ま
ず
い
 °
芦
野
楓
花
に
触
れ
て
は
い
け
な
い
 °
僕
の
存
在
を
彼
  
る
 °
  
は
っ
と
我
に
返
っ
た
 °
そ
の
直
後
 
背
中
に
ぞ
く
り
と
悪
寒
が
走
  
 
先
ほ
ど
聞
こ
え
て
い
た
女
子
生
徒
の
声
が
耳
に
刺
さ
り
 
僕
は
  
 
ど
っ
た
|
?
 



















   

  
注
意
が
無
理
な
話
だ
 °
僕
は
今
 
最
高
に
幸
せ
な
自
分
の
世
界
に
  
 
棒
読
み
で
謝
罪
す
る
 °
は
っ
き
り
言
っ
て
 
集
中
し
ろ
と
い
う
  
 
:
:
:
:
す
み
ま
せ
ん
 
  
 
:
:
:
:
集
中
し
ろ
 
  
る
 °
こ
れ
で
叩
か
れ
た
の
か
 
と
即
座
に
理
解
す
る
 °
  
て
顔
を
上
げ
る
と
 
教
師
が
出
席
簿
を
持
っ
て
仏
頂
面
を
し
て
い
  
 
脳
天
に
激
し
い
衝
撃
 °
目
か
ら
火
が
出
た
よ
う
な
感
覚
に
陥
っ
  
 
後
藤
!
 
  
 
  
 
む
に
っ
 
ぽ
よ
ん
 °
  
 
む
に
っ
 
ぽ
よ
ん
 °
  
 
む
に
っ
 
ぽ
よ
ん
 °
  
 
む
に
っ
 
ぽ
よ
ん
 °
  
 
む
に
っ
 
ぽ
よ
ん
 °
  
 
  
中
で
何
十
回
と
リ
ピ
|
ト
す
る
 °
  
し
返
し
て
き
た
 °
た
っ
た
1
秒
く
ら
い
の
出
来
事
を
 
僕
は
脳
の
  
ゴ
ム
毬
の
よ
う
に
張
り
の
あ
る
弾
力
で
 
ぽ
よ
ん
と
僕
の
体
を
押
  
ま
る
で
餅
の
よ
う
に
む
に
っ
と
し
た
柔
ら
か
さ
を
持
つ
と
思
え
ば
 
  
胸
板
に
押
し
付
け
ら
れ
た
 
弾
力
の
あ
る
柔
ら
か
い
塊
 °
あ
れ
は

   

  
っ
く
り
し
た
 °
胸
の
感
触
が
味
わ
え
た
こ
と
で
吉
と
見
る
か
 
  
か
ら
自
分
の
靴
を
取
り
出
し
 
履
き
か
え
る
 °
今
日
は
本
当
に
び
  
 
教
室
を
出
て
 
階
段
を
降
り
て
 
昇
降
口
に
向
か
う
 °
下
駄
箱
  
て
も
仕
方
が
な
い
の
で
 
僕
は
そ
の
ま
ま
家
に
帰
る
だ
け
だ
 °
  
放
課
後
は
図
書
室
に
い
な
い
ら
し
い
 °
目
的
の
無
い
場
所
に
行
っ
  
書
室
に
立
ち
寄
っ
て
も
い
い
の
だ
が
 
ど
う
や
ら
芦
野
楓
花
は
 
  
 
帰
宅
部
の
僕
は
 
ま
っ
す
ぐ
家
に
帰
る
こ
と
に
し
て
い
る
 °
  
 
放
課
後
 °
  
 
  
 
  
当
な
言
い
訳
を
し
て
乗
り
切
っ
た
 °
  
な
か
っ
た
 °
後
で
教
師
に
呼
び
出
し
を
く
ら
っ
た
が
 
色
々
と
適
  
 
結
局
 
そ
の
日
の
午
後
の
授
業
の
内
容
は
さ
っ
ぱ
り
頭
に
入
ら
  
い
の
だ
ろ
う
|
|
 °
  
柔
ら
か
く
 
弾
力
が
あ
っ
て
 
直
接
触
っ
た
ら
と
て
も
気
持
ち
い
  
に
似
つ
か
わ
し
く
な
い
 
た
わ
わ
に
実
っ
た
二
つ
の
お
っ
ぱ
い
 °
  
じ
ら
れ
る
 °
あ
れ
は
胸
じ
ゃ
な
い
 
お
っ
ぱ
い
だ
 °
小
柄
な
体
格
  
た
 
あ
の
胸
の
感
触
|
|
い
や
 
胸
と
呼
ぶ
と
堅
苦
し
く
さ
え
感
  
も
の
だ
 °
今
ま
で
芦
野
楓
花
を
追
い
求
め
て
き
て
 
初
め
て
触
れ
  
ど
っ
ぷ
り
と
浸
か
っ
て
い
る
の
だ
か
ら
 
邪
魔
し
な
い
で
欲
し
い

   

  
授
業
以
外
で
は
滅
多
に
人
が
立
ち
入
ら
な
い
た
め
 
所
々
に
雑
草
  
競
技
の
道
具
を
入
れ
る
小
屋
が
立
っ
て
い
る
だ
け
の
そ
の
場
所
は
 
  
 
や
っ
て
来
た
の
は
 
や
は
り
校
舎
の
裏
手
 °
体
育
で
使
う
陸
上
  
 
  
り
と
後
を
つ
け
て
み
た
 °
  
 
普
段
無
気
力
な
僕
が
珍
し
く
興
味
を
引
か
れ
て
 
僕
は
こ
っ
そ
  
 
何
を
し
て
い
る
ん
だ
ろ
う
:
:
:
:
 °
  
は
よ
く
知
ら
な
い
が
 
苗
字
く
ら
い
な
ら
覚
え
て
お
け
る
 °
  
か
 
牧
田
と
か
い
う
男
だ
っ
た
 °
僕
を
使
っ
て
い
る
男
た
ち
の
事
  
は
 
い
つ
も
僕
を
パ
シ
リ
に
使
っ
て
い
る
男
子
生
徒
だ
っ
た
 °
  
手
の
方
に
向
か
っ
て
小
走
り
に
去
っ
て
い
く
の
が
見
え
た
 °
そ
れ
  
 
気
配
の
方
に
目
を
向
け
る
と
 
男
子
生
徒
が
一
人
 
校
舎
の
裏
  
 
視
界
の
隅
を
何
か
が
横
切
っ
た
 °
  
 
:
:
:
:
?
 
  
時
 
そ
れ
が
見
え
た
 °
  
 
昇
降
口
を
出
て
 
校
門
ま
で
続
く
校
舎
前
広
場
を
歩
く
 °
そ
の
  
だ
 °
  
ど
要
は
無
い
の
で
 
さ
っ
さ
と
帰
っ
て
 
ま
た
妄
想
に
耽
る
だ
け
  
に
は
判
別
が
つ
か
な
い
 °
芦
野
楓
花
の
姿
が
見
え
な
い
学
校
に
な
  
野
楓
花
に
存
在
を
知
ら
れ
か
け
た
こ
と
を
凶
と
見
る
か
 
今
の
僕

   

  
て
い
る
と
い
う
の
だ
?
 
も
っ
と
も
 
僕
は
芦
野
楓
花
の
何
者
で
  
い
る
の
か
?
 
僕
の
知
ら
な
い
と
こ
ろ
で
 
芦
野
楓
花
に
何
を
し
  
:
:
 °
も
し
か
し
た
ら
 
あ
い
つ
は
芦
野
楓
花
と
関
係
を
持
っ
て
  
 
そ
れ
に
し
て
も
 
こ
ん
な
場
所
に
彼
女
を
呼
び
出
す
と
は
:
:
  
 
  
の
心
に
巨
大
な
嫉
妬
心
が
渦
巻
き
始
め
た
 °
  
か
見
え
な
い
が
 
鼻
の
下
が
伸
び
て
い
る
の
が
よ
く
分
か
る
 °
  
正
面
か
ら
堂
々
と
見
る
こ
と
が
出
来
て
い
る
の
だ
ろ
う
 °
横
顔
し
  
お
っ
ぱ
い
が
上
下
に
ゆ
さ
ゆ
さ
と
揺
れ
て
い
る
 °
牧
田
は
そ
れ
を
  
っ
た
 °
小
走
り
で
駆
け
て
く
る
た
め
 
相
変
わ
ら
ず
そ
の
大
き
な
  
 
間
違
い
な
く
 
や
っ
て
来
た
そ
の
女
子
生
徒
は
 
芦
野
楓
花
だ
  
 
芦
野
楓
花
 °
  
 
  
そ
の
光
景
に
僕
は
戦
慄
し
た
 °
  
れ
て
い
る
方
向
で
は
な
い
 °
彼
が
向
い
た
方
向
に
目
を
や
る
と
 
  
 
し
ば
ら
く
し
て
 
牧
田
が
右
を
向
い
て
手
を
振
っ
た
 °
僕
の
隠
  
れ
 
牧
田
の
様
子
を
う
か
が
っ
て
い
た
 °
  
を
待
っ
て
い
る
様
子
だ
 °
僕
は
昼
休
み
と
同
じ
よ
う
に
物
陰
に
隠
  
警
戒
し
て
い
る
の
か
 
周
囲
を
見
回
し
て
い
る
 °
ど
う
や
ら
誰
か
  
が
生
え
て
い
る
 °
そ
の
中
に
 
例
の
牧
田
は
一
人
佇
ん
で
い
た
 °

   

  
か
 
激
昂
に
よ
る
も
の
か
 
判
断
が
付
か
な
い
震
え
だ
っ
た
 °
  
て
い
る
 °
僕
の
体
は
勝
手
に
震
え
は
じ
め
た
 °
恐
怖
に
よ
る
も
の
  
 
愛
の
告
白
だ
ろ
う
 °
牧
田
は
芦
野
楓
花
を
恋
人
に
し
よ
う
と
し
  
た
い
こ
と
を
理
解
し
た
 °
  
が
あ
る
の
だ
ろ
う
か
:
:
:
:
 °
僕
は
直
感
で
す
ぐ
に
牧
田
が
し
  
 
牧
田
は
急
に
し
ど
ろ
も
ど
ろ
し
だ
し
た
 °
何
か
言
い
た
い
こ
と
  
 
あ
 
あ
あ
:
:
:
:
あ
の
さ
:
:
:
:
 
  
田
は
顔
見
知
り
で
は
な
い
ら
し
い
 °
  
 
そ
の
言
葉
を
聞
い
て
 
僕
は
少
し
安
堵
し
た
 °
芦
野
楓
花
と
牧
  
何
で
す
か
?
 
  
こ
こ
に
来
て
っ
て
書
い
て
あ
っ
た
の
で
:
:
:
:
 °
お
話
し
っ
て
  
 
:
:
:
:
あ
の
 
牧
田
さ
ん
 
で
す
よ
ね
 °
お
手
紙
を
頂
い
て
 
  
な
こ
と
は
出
来
な
か
っ
た
 °
  
も
で
き
る
の
だ
ろ
う
が
 
陰
湿
な
男
で
あ
る
後
藤
諒
大
に
は
そ
ん
  
え
を
す
る
 °
僕
に
勇
気
が
あ
っ
た
な
ら
 
こ
こ
で
割
り
込
む
こ
と
  
た
 °
対
し
て
 
牧
田
の
方
は
少
し
緊
張
し
て
い
る
様
子
で
受
け
答
  
 
昼
の
出
来
事
と
違
い
 
芦
野
楓
花
は
敬
語
で
牧
田
と
話
し
始
め
  
 
ん
や
 
お
 
俺
も
来
た
と
こ
ろ
っ
す
 
  
 
:
:
:
:
ご
め
ん
な
さ
い
 
待
た
せ
ま
し
た
?
 
  
も
な
い
の
だ
が
 °



















   

  
 
そ
の
言
葉
を
聞
い
て
 
牧
田
は
一
瞬
び
く
っ
と
痙
攣
し
て
か
ら
 
  
 
:
:
:
:
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
 
  
 
芦
野
楓
花
は
 
と
う
と
う
重
い
口
を
開
い
た
 °
  
よ
り
も
僕
の
方
が
強
い
気
持
ち
で
答
え
を
待
っ
て
い
る
だ
ろ
う
 °
  
ど
う
答
え
る
か
に
全
神
経
を
集
中
さ
せ
て
い
る
 °
お
そ
ら
く
牧
田
  
目
を
丸
く
し
て
い
た
 °
僕
の
中
の
時
間
は
停
止
し
 
芦
野
楓
花
が
  
 
牧
田
は
勢
い
よ
く
頭
を
下
げ
る
 °
芦
野
楓
花
は
驚
い
た
様
子
で
  
付
き
合
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
  
 
お
 
俺
 
芦
野
さ
ん
の
事
 
め
っ
ち
ゃ
好
き
っ
す
!
 
つ
つ
 
  
 
そ
し
て
 
牧
田
は
遂
に
そ
の
言
葉
を
放
っ
た
 °
  
 
嫌
だ
 
そ
れ
だ
け
は
嫌
だ
!
  
も
無
価
値
な
も
の
に
な
っ
て
し
ま
う
 °
  
う
彼
女
に
触
れ
る
こ
と
が
で
き
た
の
に
 
こ
の
素
晴
ら
し
い
快
感
  
る
日
も
来
る
日
も
芦
野
楓
花
を
観
察
し
続
け
て
 
今
日
は
と
う
と
  
僕
は
こ
の
高
校
生
活
に
見
出
し
た
希
望
を
失
う
こ
と
に
な
る
 °
  
野
楓
花
を
独
占
し
 
誰
に
も
渡
さ
な
い
で
あ
ろ
う
 °
そ
う
な
る
と
 
  
ば
 
僕
は
芦
野
楓
花
を
み
る
こ
と
が
出
来
な
く
な
る
 °
牧
田
は
芦
  
大
さ
が
分
か
っ
て
き
た
 °
牧
田
の
告
白
に
芦
野
楓
花
が
了
解
す
れ
  
分
両
方
が
合
わ
さ
っ
て
い
た
の
だ
ろ
う
 °
僕
は
よ
う
や
く
事
の
重

   

  
 
:
:
:
:
好
き
な
人
 
い
る
ん
だ
:
:
:
:
 
  
ん
だ
 °
  
 
僕
は
一
部
始
終
を
見
届
け
て
 
僕
は
校
舎
の
壁
を
背
に
座
り
込
  
残
さ
れ
た
 °
  
 
広
い
空
間
に
 
芦
野
楓
花
と
 
彼
女
を
見
守
る
僕
だ
け
が
取
り
  
 
  
て
い
っ
た
 °
  
な
ぎ
こ
ち
な
い
動
き
で
 
芦
野
楓
花
が
歩
い
て
き
た
方
向
に
去
っ
  
 
牧
田
は
け
ら
け
ら
笑
い
な
が
ら
 
が
た
が
た
と
音
を
立
て
そ
う
  
:
:
:
:
 °
が
 
頑
張
っ
て
く
だ
さ
い
!
 
  
 
そ
:
:
:
:
そ
う
な
ん
す
か
:
:
:
:
は
は
は
 
参
っ
た
な
ぁ
  
 
私
 
他
に
好
き
な
人
が
い
る
ん
で
す
 °
だ
か
ら
:
:
:
:
 
  
芦
野
楓
花
は
少
し
目
を
細
め
て
理
由
を
返
し
た
 °
  
告
白
し
た
の
だ
ろ
う
 °
目
が
泳
い
で
い
る
よ
う
な
感
じ
が
す
る
 °
  
 
震
え
声
で
問
い
た
だ
す
牧
田
 °
お
そ
ら
く
一
世
一
代
の
懸
け
で
  
 
な
 
何
で
?
 
何
で
っ
す
か
?
 
  
 
牧
田
さ
ん
と
は
付
き
合
え
ま
せ
ん
 °
ご
め
ん
な
さ
い
 
  
し
っ
か
り
と
聞
こ
え
て
い
る
 °
  
呆
気
に
と
ら
れ
て
硬
直
し
て
い
た
 °
し
か
し
 
芦
野
楓
花
の
声
は
  
ブ
リ
キ
の
人
形
の
よ
う
に
小
刻
み
に
上
体
を
元
に
戻
し
た
 °
僕
は

   

  
  
  
  
野
楓
花
の
気
配
を
微
か
に
感
じ
な
が
ら
 °
  
 
僕
は
ふ
ら
つ
く
足
取
り
で
 
そ
の
場
を
後
に
し
た
 °
背
中
に
芦
  
意
味
が
よ
う
や
く
分
か
っ
た
気
が
す
る
 °
  
 
失
恋
す
る
と
妙
に
心
が
晴
れ
る
と
誰
か
が
言
っ
て
い
た
 °
そ
の
  
 
:
:
:
:
は
は
:
:
:
:
帰
ろ
う
 
  
が
 
最
初
か
ら
僕
の
こ
と
を
知
る
こ
と
も
無
か
っ
た
の
だ
 °
  
っ
た
の
だ
 °
僕
は
存
在
を
知
ら
れ
な
い
よ
う
に
振
る
舞
っ
て
い
た
  
っ
て
 
輝
か
し
い
芦
野
楓
花
は
近
づ
く
こ
と
す
ら
で
き
な
い
人
だ
  
誰
か
の
為
に
あ
る
 °
ヒ
エ
ラ
ル
キ
|
の
最
下
層
で
暮
ら
す
僕
に
と
  
っ
た
の
だ
ろ
う
 °
黒
髪
も
 
顔
も
 
お
っ
ぱ
い
も
 
僕
で
は
な
い
  
で
き
な
い
の
だ
 °
本
当
は
も
っ
と
前
か
ら
近
づ
い
て
は
い
け
な
か
  
て
い
る
と
い
う
こ
と
だ
 °
も
う
僕
は
芦
野
楓
花
に
近
づ
く
こ
と
は
  
白
す
る
ま
で
も
な
く
 
芦
野
楓
花
と
寄
り
添
う
男
は
既
に
存
在
し
  
な
い
で
き
た
か
ら
 
僕
に
は
全
く
関
係
の
な
い
話
だ
 °
牧
田
が
告
  
も
お
か
し
く
な
い
だ
ろ
う
 °
僕
は
今
ま
で
彼
女
に
存
在
を
公
表
し
  
 
や
は
り
 
芦
野
楓
花
は
年
頃
の
女
子
学
生
 °
意
中
の
人
が
い
て
  
 
僕
の
心
は
絶
望
し
て
い
た
 °














  > ≫