蔭
で
 
誰
も
知
ら
な
い
と
こ
ろ
で
ク
ラ
ス
テ
ス
ト
の
平
均
点
を
上
  
い
う
と
影
の
薄
い
方
だ
 °
そ
れ
で
も
 
懸
命
に
勉
強
し
て
い
る
お
  
 
俺
は
あ
ま
り
ク
ラ
ス
で
目
立
つ
存
在
で
は
な
く
 
ど
ち
ら
か
と
  
生
き
物
だ
と
思
っ
て
い
る
 °
  
 
り
く
∨
と
い
う
我
が
脳
は
 
少
な
く
と
も
高
校
生
を
そ
う
い
う
  
な
の
だ
か
ら
 °
人
に
も
よ
る
だ
ろ
う
が
 
小
川
名
陸
∧
お
が
わ
な
  
て
い
な
い
 °
高
校
二
年
生
と
い
う
の
は
ま
だ
ま
だ
遊
び
た
い
年
頃
  
た
い
な
こ
と
を
言
っ
て
る
け
ど
 
周
囲
に
そ
ん
な
ム
|
ド
は
漂
っ
  
の
継
続
で
 
先
生
は
 
も
う
受
験
は
始
ま
っ
て
る
ん
だ
ぞ
!
 
み
  
が
同
じ
高
校
に
入
学
し
た
く
ら
い
だ
ろ
う
か
 °
そ
れ
以
外
は
一
年
  
と
も
言
え
る
 °
ち
ょ
っ
と
変
わ
っ
た
こ
と
が
あ
る
と
言
え
ば
 
  
 
相
変
わ
ら
ず
毎
日
は
平
凡
で
 
退
屈
と
も
言
え
る
し
 
平
和
だ
  
 
高
校
に
入
学
し
 
1
年
と
ち
ょ
っ
と
経
過
し
た
 °
  
 
  
 
  
計
を
見
つ
め
て
い
る
 °
  
 
俺
は
今
 
自
室
に
あ
る
勉
強
机
に
腰
掛
け
て
 
掌
の
中
の
砂
時
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
マ
ジ
カ
ル
・
サ
ン
ド
グ
ラ
ス
 
第
1
話











≪ <  

  
て
い
る
物
体
が
あ
る
 °
そ
れ
が
 
今
俺
が
手
に
取
っ
て
い
る
砂
時
  
木
の
中
に
 
く
び
れ
た
ガ
ラ
ス
の
筒
 
中
に
は
紫
色
の
砂
が
入
っ
  
思
議
に
思
っ
て
拾
い
上
げ
て
開
け
て
み
る
と
 
焦
げ
茶
色
の
組
み
  
な
い
ゴ
ミ
置
き
場
に
 
ぽ
つ
ん
と
置
か
れ
て
い
た
小
さ
な
箱
 °
  
 
砂
時
計
は
 
そ
こ
で
見
つ
け
た
も
の
だ
 °
ゴ
ミ
が
置
か
れ
て
い
  
 
  
を
通
っ
た
 °
  
こ
に
は
一
カ
所
ゴ
ミ
置
き
場
が
あ
っ
て
 
た
ま
た
ま
僕
は
そ
の
前
  
 
い
つ
も
通
学
に
使
う
電
車
が
通
る
線
路
沿
い
の
道
を
歩
く
 °
  
の
が
僕
に
と
っ
て
は
大
切
な
も
の
だ
 °
  
で
コ
|
ヒ
|
を
頼
ん
だ
り
す
る
 °
一
人
気
ま
ま
な
時
間
と
い
う
も
  
面
白
い
も
の
だ
 °
本
屋
に
立
ち
寄
っ
た
り
 
フ
ァ
ス
ト
フ
|
ド
店
  
出
か
け
る
相
手
も
特
に
い
な
い
の
で
 
一
人
の
散
歩
と
い
う
の
は
  
 
日
曜
日
と
い
う
の
は
ど
う
し
よ
う
も
な
く
暇
で
 
連
れ
立
っ
て
  
 
こ
の
日
 
俺
は
気
ま
ま
に
散
歩
を
し
て
い
た
 °
  
 
  
 
  
だ
 °
顔
は
可
も
な
く
不
可
も
な
く
 
ご
く
普
通
 °
  
く
 
単
に
要
領
が
い
い
か
ら
物
覚
え
も
い
い
と
い
う
体
質
な
だ
け
  
げ
て
い
る
 °
だ
が
 
こ
れ
と
言
っ
て
勉
強
が
好
き
な
わ
け
で
は
な

   

  
せ
 
一
般
の
砂
時
計
と
一
緒
に
ひ
っ
く
り
返
し
て
く
だ
さ
い
 °
  
 
3
 
そ
の
紙
を
水
平
な
場
所
に
置
き
 
本
製
品
を
紙
の
上
に
乗
  
以
内
∨
に
い
る
こ
と
を
確
認
し
て
く
だ
さ
い
 °
  
の
近
く
∧
屋
内
で
あ
れ
ば
同
じ
部
屋
 
屋
外
で
あ
れ
ば
半
径
十
m
  
ど
の
大
き
さ
を
ご
記
入
く
だ
さ
い
 °
こ
の
と
き
 
女
性
が
本
製
品
  
 
2
 
紙
に
女
性
の
名
前
と
 
ご
希
望
の
身
長
 
体
重
 
胸
囲
な
  
結
構
で
す
 °
  
記
用
具
は
付
属
さ
れ
て
お
り
ま
せ
ん
 °
市
販
さ
れ
て
い
る
も
の
で
  
 
1
 
本
製
品
 
紙
 
筆
記
用
具
を
ご
用
意
く
だ
さ
い
 °
紙
と
筆
  
 
|
|
ご
使
用
方
法
 °
  
の
上
 
用
法
を
守
っ
て
お
使
い
く
だ
さ
い
 °
  
魔
法
の
砂
時
計
で
す
 °
使
用
す
る
際
は
こ
ち
ら
の
説
明
書
を
参
照
  
様
に
す
ば
ら
し
い
体
を
手
に
入
れ
て
い
た
だ
く
べ
く
開
発
さ
れ
た
  
だ
き
 
あ
り
が
と
ご
ざ
い
ま
す
 °
本
製
品
は
 
世
の
女
性
の
皆
々
  
 
|
|
本
日
は
 
マ
ジ
カ
ル
・
サ
ン
ド
グ
ラ
ス
 
を
ご
購
入
い
た
  
 
  
う
記
載
さ
れ
て
い
た
の
だ
 °
  
に
入
っ
て
い
た
一
枚
の
紙
に
 
俺
は
目
を
疑
っ
た
 °
そ
こ
に
は
こ
  
 
た
だ
の
砂
時
計
な
ら
何
の
問
題
も
な
い
 °
た
だ
 
そ
れ
と
一
緒
  
計
だ
 °























   

  
 
俺
は
掌
の
砂
時
計
を
机
の
上
に
逆
さ
ま
に
置
い
た
 °
さ
ら
さ
ら
  
方
だ
し
 
買
う
方
も
買
う
方
だ
 °
  
商
品
が
売
れ
た
の
か
と
思
う
と
馬
鹿
ら
し
い
が
 
売
る
方
も
売
る
  
嘘
っ
ぱ
ち
だ
と
騙
さ
れ
て
捨
て
て
し
ま
っ
た
の
だ
ろ
う
 °
こ
ん
な
  
き
っ
と
 
そ
ん
な
く
だ
ら
な
い
売
り
文
句
を
真
に
受
け
た
人
が
 
  
 
 
胡
散
臭
い
 
の
一
言
だ
 °
そ
ん
な
こ
と
が
あ
っ
て
た
ま
る
か
 °
  
 
:
:
:
:
い
や
 
あ
り
え
な
い
だ
ろ
 °
  
 
  
 
  
先
は
汚
さ
れ
た
よ
う
に
真
っ
黒
で
 
電
話
番
号
は
読
め
な
か
っ
た
 °
  
 
そ
こ
ま
で
読
ん
で
説
明
書
か
ら
目
を
離
し
た
 °
お
問
い
合
わ
せ
  
 
  
し
た
ら
 
サ
ポ
|
ト
セ
ン
タ
|
に
お
問
い
合
わ
せ
く
だ
さ
い
 °
  
て
も
効
果
は
あ
り
ま
せ
ん
 °
そ
の
他
 
気
に
な
る
こ
と
が
あ
り
ま
  
じ
よ
う
に
使
う
こ
と
が
で
き
ま
す
 °
ま
た
 
男
性
の
名
前
を
書
い
  
 
5
 
紙
を
乗
せ
ず
に
使
用
し
た
場
合
は
 
普
通
の
砂
時
計
と
同
  
論
 
お
気
に
召
さ
な
い
場
合
は
小
さ
く
す
る
こ
と
も
可
能
で
す
 °
  
 
4
 
記
載
す
る
サ
イ
ズ
は
自
由
で
す
 °
大
き
く
す
る
こ
と
は
勿
  
し
 
落
ち
切
る
と
同
時
に
記
入
し
た
大
き
さ
に
な
り
ま
す
 °
  
が
落
ち
切
る
三
分
間
の
間
 
紙
に
記
入
し
た
大
き
さ
に
体
が
変
動

   

  
 
特
に
す
る
こ
と
も
な
い
か
ら
な
 °
飽
き
た
か
ら
帰
っ
て
き
た
 
  
 
あ
れ
 
陸
に
ぃ
 
帰
っ
て
た
ん
だ
 °
早
か
っ
た
ね
 
  
 
お
帰
り
 
  
部
屋
を
出
た
 °
  
 
妹
が
帰
っ
て
き
た
よ
う
だ
 °
俺
は
砂
時
計
を
ひ
と
ま
ず
放
置
し
 
  
 
不
意
に
声
が
し
た
の
で
俺
は
少
し
驚
い
た
 °
  
 
た
だ
い
ま
|
 
  
い
う
の
も
何
と
な
く
納
得
で
き
る
よ
う
な
 
で
き
な
い
よ
う
な
 °
  
出
来
上
が
っ
た
り
 
某
巨
大
ヒ
|
ロ
|
が
怪
獣
を
撃
退
し
た
り
と
  
い
よ
う
な
 
微
妙
な
時
間
だ
 °
こ
の
時
間
で
カ
ッ
プ
ラ
|
メ
ン
が
  
 
砂
が
全
部
落
ち
切
っ
た
 °
三
分
と
い
う
の
は
 
長
い
よ
う
な
短
  
ラ
ブ
な
夫
婦
だ
と
常
々
思
う
 °
  
し
て
母
が
付
い
て
い
っ
た
 °
年
甲
斐
も
な
く
新
婚
の
よ
う
に
ラ
ブ
  
俺
の
両
親
は
家
を
空
け
て
い
る
 °
父
の
海
外
出
張
に
付
き
添
い
と
  
数
人
の
友
達
と
一
緒
に
買
い
物
に
行
っ
た
よ
う
だ
 °
ち
な
み
に
 
  
出
か
け
て
い
る
ら
し
い
 °
リ
ビ
ン
グ
に
遺
さ
れ
た
メ
モ
を
見
る
と
 
  
 
家
に
は
誰
も
い
な
い
 °
帰
宅
し
て
分
か
っ
た
こ
と
だ
が
 
妹
も
  
た
 °
  
に
見
た
こ
と
も
あ
っ
て
か
 
俺
は
し
ば
ら
く
そ
れ
に
集
中
し
て
い
  
と
紫
色
の
砂
が
落
ち
て
い
く
 °
砂
時
計
と
い
う
物
体
を
久
し
ぶ
り

   

  
を
凄
く
気
に
し
て
い
る
の
だ
が
 
俺
に
言
わ
せ
る
と
 
こ
れ
か
ら
  
こ
か
ら
ど
う
見
て
も
子
供
み
た
い
な
体
格
だ
 °
本
人
は
そ
の
こ
と
  
身
長
差
が
あ
る
こ
と
に
な
る
 °
当
然
の
よ
う
に
胸
も
平
ら
で
 
  
俺
の
身
長
が
1
7
2
あ
る
か
ら
 
だ
い
た
い
2
0
セ
ン
チ
ほ
ど
の
  
い
る
 °
時
々
素
で
中
学
生
に
間
違
わ
れ
る
こ
と
も
あ
る
く
ら
い
だ
 °
  
だ
と
い
う
の
に
ま
だ
ま
だ
子
供
み
た
い
な
無
邪
気
な
性
格
を
し
て
  
5
0
セ
ン
チ
ち
ょ
っ
と
程
度
の
ち
ん
ち
く
り
ん
で
 
も
う
高
校
生
  
:
今
と
な
っ
て
は
た
だ
の
悪
ガ
キ
み
た
い
な
感
じ
だ
 °
身
長
は
1
  
父
さ
ん
だ
ろ
 
と
父
の
涙
を
誘
っ
た
こ
と
も
あ
る
の
だ
が
:
:
:
  
兄
ち
ゃ
ん
の
お
嫁
さ
ん
に
な
る
!
 
な
ど
と
言
い
 
 
そ
こ
は
お
  
学
生
だ
っ
た
頃
は
か
な
り
の
甘
え
ん
坊
で
 
大
き
く
な
っ
た
ら
お
  
呼
び
だ
し
た
の
は
中
学
生
に
な
っ
た
と
き
か
ら
だ
 °
お
互
い
に
小
  
自
由
人
 °
俺
の
事
を
 
お
兄
ち
ゃ
ん
 
で
は
な
く
 
陸
に
ぃ
 
と
  
 
こ
の
妹
|
|
名
前
を
桜
∧
さ
く
ら
∨
と
い
う
の
だ
が
 
結
構
な
  
 
  
派
な
高
校
生
の
様
相
だ
 °
  
ス
カ
|
ト
の
下
に
パ
ン
ス
ト
を
穿
い
た
姿
は
 
小
柄
と
は
い
え
立
  
春
ら
し
く
白
い
ブ
ラ
ウ
ス
を
着
て
 
と
赤
と
黒
の
チ
ェ
ッ
ク
柄
の
  
を
し
な
が
ら
 
ポ
ニ
|
テ
|
ル
に
結
わ
え
て
あ
る
茶
髪
を
解
い
た
 °
  
 
目
の
前
に
い
る
比
較
的
低
身
長
の
女
は
 
ふ
|
ん
 
と
生
返
事

   

  
う
や
ら
何
か
あ
っ
た
ら
し
い
と
い
う
こ
と
は
 
方
々
で
鈍
い
と
言
  
 
冷
た
く
俺
を
突
き
放
す
と
 
ま
た
桜
は
た
め
息
を
つ
い
た
 °
  
 
牛
乳
 °
冷
た
く
て
い
い
 
  
 
:
:
:
:
お
前
も
飲
む
か
?
 
  
だ
 °
  
並
み
に
薄
め
な
い
と
飲
め
な
い
と
い
う
の
だ
か
ら
 
や
は
り
子
供
  
し
い
匂
い
 °
俺
は
ブ
ラ
ッ
ク
で
も
平
気
だ
が
 
桜
は
カ
フ
ェ
オ
レ
  
の
粉
を
入
れ
た
マ
グ
カ
ッ
プ
に
お
湯
を
注
ぐ
 °
立
ち
込
め
る
香
ば
  
 
毒
の
あ
る
言
葉
に
若
干
ダ
メ
|
ジ
を
負
い
な
が
ら
 
コ
|
ヒ
|
  
 
へ
え
へ
え
 
手
厳
し
い
な
 
  
 
薄
幸
な
陸
に
ぃ
に
言
わ
れ
た
く
な
い
よ
 
  
 
ど
う
し
た
 °
た
め
息
つ
く
と
幸
せ
が
逃
げ
る
ぞ
 
  
っ
て
い
た
 °
  
つ
い
た
 °
俺
は
イ
ン
ス
タ
ン
ト
コ
|
ヒ
|
を
飲
も
う
と
台
所
に
立
  
 
リ
ビ
ン
グ
に
あ
る
ソ
フ
ァ
に
座
っ
た
桜
が
 
唐
突
に
た
め
息
を
  
 
:
:
:
:
は
ぁ
 
  
 
  
や
っ
て
い
る
 °
  
は
あ
る
が
 
何
だ
か
ん
だ
言
っ
て
喧
嘩
も
少
な
く
 
兄
妹
仲
良
く
  
大
き
く
な
る
か
ら
放
っ
て
お
け
ば
い
い
と
思
う
の
だ
が
 °
凸
凹
で

   

  
 
俺
が
聞
く
と
 
桜
は
上
目
遣
い
で
俺
を
見
て
き
た
 °
そ
の
仕
草
  
 
:
:
:
:
陸
に
ぃ
 
笑
わ
な
い
で
聞
い
て
く
れ
る
?
 
  
 
:
:
:
:
何
か
あ
っ
た
の
か
?
 
  
る
と
 
兄
と
し
て
少
し
心
配
で
は
あ
る
 °
  
を
持
て
余
し
て
い
る
こ
い
つ
が
こ
こ
ま
で
落
ち
込
ん
で
い
る
と
な
  
 
す
る
と
 
桜
は
三
度
目
の
た
め
息
を
吐
き
出
し
た
 °
普
段
元
気
  
る
が
 
そ
れ
ば
か
り
は
ど
う
な
の
だ
ろ
う
:
:
:
:
 °
  
乳
を
大
量
に
飲
ん
で
い
る
 °
カ
ル
シ
ウ
ム
を
摂
り
た
い
の
は
分
か
  
 
身
長
が
無
い
の
と
胸
が
無
い
の
と
で
悩
む
桜
は
 
こ
こ
最
近
牛
  
 
桜
は
仏
頂
面
で
返
し
た
 °
  
 
牛
乳
好
き
な
ん
だ
か
ら
い
い
じ
ゃ
ん
 
  
 
風
呂
上
り
の
オ
ヤ
ジ
か
 
  
 
ぷ
は
ぁ
 
  
さ
ま
口
に
運
び
 
一
気
に
飲
み
干
す
 °
  
す
と
 
桜
は
そ
れ
を
乱
暴
に
ひ
っ
た
く
っ
た
|
 °
そ
し
て
 
す
ぐ
  
 
俺
が
ペ
ッ
ト
に
エ
サ
を
や
る
よ
う
に
目
の
前
に
牛
乳
を
差
し
出
  
 
ほ
ら
よ
 
  
た
 °
  
杯
注
ぐ
と
 
コ
|
ヒ
|
と
共
に
そ
れ
を
持
っ
て
リ
ビ
ン
グ
に
戻
っ
  
わ
れ
る
俺
で
も
流
石
に
察
知
で
き
た
 °
俺
は
グ
ラ
ス
に
牛
乳
を
一

   

  
 
グ
ラ
ス
を
テ
|
ブ
ル
に
置
い
て
 
桜
は
強
く
言
い
放
っ
た
 °
  
な
い
の
!
 
  
 
そ
う
だ
け
ど
:
:
:
:
そ
う
な
ん
だ
け
ど
!
 
私
は
納
得
い
か
  
 
良
か
っ
た
じ
ゃ
な
い
か
 °
友
情
が
深
ま
っ
た
感
じ
だ
ろ
?
 
  
桜
の
周
り
が
ち
ょ
っ
と
常
軌
を
逸
し
て
い
る
の
だ
と
信
じ
た
い
 °
  
 
今
ど
き
の
高
校
生
女
子
っ
て
そ
ん
な
も
ん
な
の
か
?
 
い
や
 
  
 
う
ん
 
  
 
:
:
:
:
女
同
士
で
そ
ん
な
会
話
し
て
る
の
か
?
 
  
 
抱
き
し
め
ら
れ
る
手
ご
ろ
な
大
き
さ
だ
よ
ね
 
と
か
 
  
 
友
達
か
ら
 
 
桜
ち
ゃ
ん
は
ち
っ
ち
ゃ
く
て
可
愛
い
 
と
か
 
  
 
何
て
?
 
  
 
:
:
:
:
い
ろ
い
ろ
 
言
わ
れ
た
の
 
  
 
俺
が
聞
く
と
 
桜
は
自
分
の
胸
に
手
を
当
て
た
 °
  
っ
て
こ
な
か
っ
た
の
か
?
 
  
お
前
 
い
つ
も
の
バ
ッ
グ
の
他
に
何
も
持
っ
て
な
か
っ
た
な
 °
  
 
お
う
 °
メ
モ
に
書
い
て
あ
っ
た
な
 °
:
:
:
:
そ
う
言
え
ば
 
  
行
っ
た
ん
だ
け
ど
:
:
:
:
 
  
 
多
分
っ
て
:
:
:
:
ま
あ
い
い
や
 °
今
日
 
友
達
と
買
い
物
に
  
 
あ
 
あ
あ
 °
多
分
 
笑
わ
な
い
 
  
に
一
瞬
ド
キ
ッ
と
し
て
し
ま
う
 °













   

  
立
つ
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
 
と
考
え
始
め
て
い
た
 °
  
来
て
桜
の
話
を
聞
く
と
 
そ
ん
な
女
性
に
こ
そ
あ
の
砂
時
計
は
役
  
も
せ
ず
そ
の
ま
ま
に
し
て
お
い
た
は
ず
だ
っ
た
の
だ
が
 
こ
こ
に
  
 
俺
は
あ
の
売
り
文
句
が
信
用
で
き
な
か
っ
た
か
ら
 
特
に
意
識
  
 
そ
の
時
 
ふ
と
 
先
ほ
ど
の
砂
時
計
が
思
い
出
さ
れ
た
 °
  
 
  
言
え
ば
嘘
に
な
る
 °
  
:
:
や
は
り
 
男
と
し
て
 
そ
う
言
っ
た
も
の
に
興
味
が
無
い
と
  
 
俺
と
し
て
は
身
長
や
胸
の
大
き
さ
な
ど
関
係
な
い
の
だ
が
:
:
  
悩
み
だ
 °
  
 
身
長
と
胸
が
欲
し
い
 
ね
ぇ
 °
男
の
俺
に
は
よ
く
分
か
ら
な
い
  
 
は
い
は
い
 °
っ
た
く
 
子
供
の
考
え
る
こ
と
は
分
か
ら
ん
な
 
  
 
女
の
子
っ
て
大
変
な
の
!
 
  
 
陸
に
ぃ
は
色
々
無
頓
着
だ
か
ら
そ
ん
な
こ
と
言
え
る
ん
だ
よ
!
  
 
:
:
:
:
そ
う
い
う
も
ん
な
の
か
 
  
る
の
に
 
私
だ
け
壁
み
た
い
で
:
:
:
:
 
  
じ
が
す
る
の
 °
胸
だ
っ
て
 
他
の
子
は
ち
ょ
っ
と
ず
つ
膨
ら
ん
で
  
て
も
何
だ
か
し
っ
く
り
こ
な
く
て
:
:
:
:
服
に
着
ら
れ
て
る
感
  
こ
ん
な
ち
っ
ち
ゃ
な
体
だ
と
 
合
う
サ
イ
ズ
の
服
が
無
い
の
 °
  
 
だ
っ
て
 
私
だ
っ
て
高
校
生
ら
し
く
お
洒
落
し
た
い
よ
 °
で
も
 

   

  
ビ
を
見
て
い
る
 °
時
々
聞
こ
え
る
桜
の
笑
い
声
を
聞
き
な
が
ら
 
  
後
片
付
け
は
俺
の
仕
事
 °
そ
の
間
 
桜
は
ソ
フ
ァ
に
座
っ
て
テ
レ
  
 
桜
が
作
っ
た
豚
の
生
姜
焼
き
を
食
べ
て
夕
飯
を
済
ま
せ
る
と
 
  
 
時
間
帯
は
夜
に
移
る
 °
  
 
  
 
  
の
身
の
上
に
同
情
し
た
 °
  
ま
ま
に
し
た
 °
友
達
づ
き
あ
い
も
大
変
な
ん
だ
な
 
と
 
俺
は
桜
  
 
桜
が
何
か
を
呟
い
た
が
 
俺
は
聞
き
取
れ
な
か
っ
た
の
で
そ
の
  
 
:
:
:
:
:
:
:
:
?
 
  
:
:
い
け
な
い
し
 
  
 
:
:
:
:
大
き
く
な
ら
な
い
な
ぁ
:
:
:
:
 °
で
な
い
と
:
:
  
と
に
し
た
 °
  
す
と
 
何
か
を
買
い
に
行
く
手
間
が
省
け
て
よ
か
っ
た
と
思
う
こ
  
 
そ
う
言
え
ば
 
桜
の
誕
生
日
が
半
月
先
だ
っ
た
こ
と
を
思
い
出
  
使
お
う
 °
  
こ
っ
そ
り
試
し
て
 
効
果
が
無
か
っ
た
ら
普
通
の
砂
時
計
と
し
て
  
 
:
:
:
:
で
も
 
試
し
て
み
る
価
値
は
あ
る
よ
な
 °
バ
レ
ず
に
  
う
 °
  
 
:
:
:
:
い
や
 
何
を
考
え
て
い
る
 °
あ
れ
は
嘘
っ
ぱ
ち
だ
ろ

   

  
線
を
テ
レ
ビ
に
戻
し
た
 °
良
か
っ
た
 
ば
れ
て
な
い
よ
う
だ
 °
  
 
俺
は
適
当
に
ご
ま
か
す
 °
桜
は
 
姑
み
た
い
 
と
笑
っ
て
 
  
 
ん
!
?
 
あ
 
あ
あ
 °
ゴ
ミ
が
落
ち
て
た
 
  
 
陸
に
ぃ
 
何
し
て
る
の
?
 
  
さ
ら
さ
ら
と
落
ち
て
い
く
 °
  
砂
時
計
を
逆
さ
ま
に
紙
の
上
に
立
て
た
 °
紫
色
の
砂
が
抵
抗
な
く
  
て
 
部
屋
の
隅
の
床
に
紙
を
置
く
 °
一
瞬
だ
け
躊
躇
っ
て
 
俺
は
  
 
ソ
フ
ァ
に
座
る
桜
の
視
界
に
入
ら
な
い
よ
う
に
後
ろ
手
に
隠
し
  
砂
時
計
と
一
緒
に
そ
れ
を
手
に
取
っ
て
 
リ
ビ
ン
グ
に
戻
っ
た
 °
  
 
俺
は
桜
の
名
前
の
下
に
 
身
長
1
6
5
セ
ン
チ
 
と
記
入
し
 
  
身
長
は
:
:
:
:
1
6
5
く
ら
い
あ
れ
ば
十
分
か
?
  
桜
 
と
記
入
す
る
 °
  
を
取
り
出
し
 
決
し
て
上
手
と
は
言
え
な
い
流
し
字
で
 
小
川
名
  
 
俺
は
手
ご
ろ
な
メ
モ
用
紙
と
い
つ
も
使
っ
て
い
る
ボ
|
ル
ペ
ン
  
 
:
:
:
:
紙
に
名
前
と
 
サ
イ
ズ
を
書
け
ば
い
い
ん
だ
な
 
  
説
明
書
に
再
び
目
を
通
し
た
 °
  
同
じ
場
所
に
砂
時
計
が
置
い
て
あ
る
 °
俺
は
そ
れ
を
手
に
取
り
 
  
何
食
わ
ぬ
顔
で
自
室
に
戻
っ
た
 °
電
気
を
つ
け
る
と
 
先
ほ
ど
と
  
 
一
通
り
作
業
が
終
わ
る
と
 
俺
は
桜
に
気
付
か
れ
な
い
よ
う
に
  
食
器
を
手
早
く
洗
い
 
片
付
け
て
い
く
 °










   

  
ぐ
に
打
ち
破
ら
れ
た
 °
  
し
い
 °
腹
で
も
下
し
た
だ
ろ
う
か
:
:
:
:
が
 
そ
の
考
え
は
す
  
せ
る
よ
う
に
ソ
フ
ァ
に
背
中
を
埋
め
て
い
る
 °
痛
が
っ
て
い
る
ら
  
 
桜
の
表
情
が
歪
ん
だ
 °
目
を
ぎ
ゅ
っ
と
瞑
っ
て
 
体
を
縮
こ
ま
  
 
な
 
な
ん
で
も
:
:
:
:
あ
ぅ
:
:
:
:
 
  
 
ど
う
し
た
?
 
  
る
 °
  
い
 °
そ
わ
そ
わ
し
な
が
ら
 
辺
り
を
き
ょ
ろ
き
ょ
ろ
見
回
し
て
い
  
 
視
線
を
テ
レ
ビ
か
ら
桜
に
移
す
と
 
な
ん
だ
か
様
子
が
お
か
し
  
 
桜
の
声
が
し
た
 °
  
 
:
:
:
:
ん
 
  
 
  
っ
て
 
俺
は
砂
時
計
を
回
収
す
る
た
め
に
立
ち
上
が
ろ
う
と
し
た
 °
  
 
変
な
説
明
書
に
踊
ら
さ
れ
た
自
分
が
馬
鹿
馬
鹿
し
い
 °
そ
う
思
  
 
:
:
:
:
当
然
と
言
え
ば
当
然
だ
よ
な
 °
  
ら
と
笑
う
だ
け
だ
 °
  
化
は
見
ら
れ
な
い
 °
い
つ
も
通
り
 
テ
レ
ビ
を
見
な
が
ら
け
ら
け
  
の
様
子
を
観
察
 °
:
:
:
:
だ
が
 
3
0
秒
く
ら
い
経
っ
て
も
変
  
か
い
て
座
る
 °
し
ば
ら
く
一
緒
に
テ
レ
ビ
を
見
な
が
ら
 
時
々
桜
  
所
を
移
動
し
 
何
食
わ
ぬ
顔
で
桜
か
ら
少
し
離
れ
た
床
に
胡
坐
を

   

  
 
は
う
ぅ
ん
!
 
い
 
い
や
ぁ
:
:
:
:
な
に
こ
れ
ぇ
:
:
:
:
!
?
  
覗
か
せ
る
 °
  
ス
ト
に
穴
が
開
き
始
め
た
 °
そ
こ
か
ら
血
色
の
い
い
肌
色
が
顔
を
  
い
く
 °
今
度
は
音
質
の
異
な
る
二
回
目
の
炸
裂
音
が
響
き
 
パ
ン
  
一
度
亀
裂
が
生
じ
る
と
 
そ
こ
か
ら
ど
ん
ど
ん
生
地
が
分
か
れ
て
  
ウ
ス
が
大
き
く
な
る
体
に
耐
え
切
れ
な
く
な
っ
て
破
れ
た
の
だ
 °
  
 
そ
の
時
 
ビ
リ
ッ
と
い
う
布
が
裂
け
る
音
が
聞
こ
え
た
 °
ブ
ラ
  
:
:
!
 
  
 
や
ん
っ
:
:
:
:
な
 
な
ん
で
:
:
:
:
き
っ
つ
い
よ
ぉ
:
:
  
声
が
遠
く
か
ら
聞
こ
え
て
き
た
よ
う
な
気
が
し
た
 °
  
る
の
だ
 °
そ
の
こ
と
に
気
付
い
た
と
き
 
す
ぐ
近
く
に
い
る
桜
の
  
し
た
 °
服
が
縮
ん
で
い
る
の
で
は
な
い
 
桜
が
大
き
く
な
っ
て
い
  
か
ら
伸
び
る
パ
ン
ス
ト
に
包
ま
れ
た
足
が
伸
び
て
い
る
の
を
確
認
  
第
に
そ
れ
は
縮
ん
で
い
る
よ
う
に
見
え
た
 °
同
時
に
 
ス
カ
|
ト
  
ブ
ラ
ウ
ス
の
手
首
回
り
が
 
明
ら
か
に
丈
が
足
り
て
い
な
い
 °
  
 
言
わ
れ
て
み
て
 
よ
う
や
く
気
付
い
た
 °
桜
の
着
て
い
る
長
袖
  
 
服
が
?
 
  
 
ふ
 
服
が
:
:
:
:
服
が
き
つ
い
の
:
:
:
:
 
  
 
ど
 
ど
う
し
た
!
?
 
何
が
あ
っ
た
ん
だ
!
?
 
  
 
陸
に
ぃ
:
:
:
:
い
や
ぁ
:
:
:
:
 










   

  
 
き
ゃ
っ
!
 
  
い
た
布
が
全
て
床
に
落
ち
た
 °
  
立
ち
上
が
っ
た
 °
そ
の
瞬
間
 
上
半
身
を
申
し
訳
程
度
に
隠
し
て
  
ば
ら
く
呆
然
と
し
て
い
た
が
 
ふ
と
し
た
瞬
間
に
我
に
返
っ
て
 
  
手
を
掴
み
 
ゆ
っ
く
り
と
起
き
上
ら
せ
る
 °
ソ
フ
ァ
に
座
っ
て
し
  
 
俺
は
桜
に
手
を
差
し
伸
べ
る
 °
ゆ
っ
く
り
と
彼
女
の
手
が
俺
の
  
 
:
:
:
:
桜
 
立
て
る
か
?
 
  
に
体
が
大
き
く
な
っ
て
い
る
の
が
分
か
っ
た
 °
  
の
縞
パ
ン
が
見
え
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
全
体
的
に
見
て
 
明
ら
か
  
ロ
ボ
ロ
 °
超
ミ
ニ
に
な
っ
て
し
ま
っ
た
ス
カ
|
ト
か
ら
は
白
と
緑
  
 
ブ
ラ
ウ
ス
は
ビ
リ
ビ
リ
に
破
け
て
し
ま
っ
て
 
パ
ン
ス
ト
も
ボ
  
で
 
破
れ
た
生
地
に
包
ま
れ
て
横
に
な
っ
て
悶
え
て
い
た
 °
  
 
息
苦
し
そ
う
に
し
て
い
る
桜
の
下
に
駆
け
寄
る
 °
ソ
フ
ァ
の
中
  
 
だ
 
だ
 
だ
 
大
丈
夫
か
 
桜
!
?
 
  
 
あ
う
ぅ
ん
:
:
:
:
な
 
何
が
起
こ
っ
た
の
ぉ
:
:
:
:
?
 
  
全
て
落
ち
切
っ
た
 °
  
た
 °
俺
の
視
界
に
そ
の
砂
時
計
が
入
る
と
同
時
に
 
紫
色
の
砂
が
  
我
に
返
っ
た
俺
は
 
す
ぐ
さ
ま
部
屋
の
隅
の
砂
時
計
を
見
に
行
っ
  
 
混
乱
し
て
い
る
桜
と
 
そ
の
姿
に
終
始
驚
愕
す
る
俺
 °
は
っ
と
  
 

























   

  
 
桜
が
感
嘆
の
声
を
漏
ら
す
 °
俺
は
そ
れ
よ
り
も
 
完
全
に
公
然
  
 
ほ
ぇ
|
:
:
:
:
信
じ
ら
れ
な
い
よ
:
:
:
:
 
  
か
 
本
当
に
桜
の
体
が
大
き
く
な
る
な
ん
て
 
思
っ
て
な
か
っ
た
 °
  
る
と
 
信
用
せ
ざ
る
を
得
な
か
っ
た
 °
俺
だ
っ
て
そ
う
だ
 °
ま
さ
  
な
視
線
を
送
っ
て
い
た
が
 
自
分
の
身
に
起
き
た
こ
と
を
理
解
す
  
 
砂
時
計
を
見
せ
る
と
 
桜
は
そ
れ
に
対
し
て
明
ら
か
に
訝
し
げ
  
 
俺
は
い
き
さ
つ
を
全
て
桜
に
暴
露
し
た
 °
  
 
  
 
  
 
桜
の
悲
鳴
が
こ
だ
ま
し
た
 °
  
 
な
 
な
に
こ
れ
え
え
え
ぇ
ぇ
ぇ
!
?
 
  
に
向
か
っ
て
走
り
出
し
て
い
た
 °
  
い
た
の
だ
ろ
う
 °
次
の
瞬
間
に
は
上
半
身
を
晒
し
た
ま
ま
脱
衣
所
  
 
桜
は
辺
り
を
見
回
す
 °
視
界
が
高
く
な
っ
て
い
る
こ
と
に
気
付
  
 
:
:
:
:
は
い
?
 
  
 
お
 
俺
じ
ゃ
な
い
!
 
お
前
が
大
き
く
な
っ
た
ん
だ
よ
!
 
  
だ
?
 
  
 
:
:
:
:
あ
 
あ
れ
?
 
陸
に
ぃ
:
:
:
:
ち
ょ
っ
と
 
縮
ん
  
俺
は
慌
て
て
視
線
を
逸
ら
し
 
桜
は
腕
で
胸
を
隠
す
 °
  
 
う
お
っ
!
 




















   

  
 
マ
ジ
か
よ
:
:
:
:
 
  
 
や
っ
て
み
た
い
 
  
 
あ
あ
:
:
:
:
で
き
る
ら
し
い
が
 
  
き
く
し
よ
う
と
い
う
の
か
 °
  
 
身
長
を
増
や
す
だ
け
で
は
飽
き
足
ら
ず
 
今
度
は
胸
ま
で
も
大
  
 
俺
の
背
中
に
悪
寒
が
走
っ
た
 °
  
 
:
:
:
:
こ
れ
 
胸
も
大
き
く
で
き
る
ん
だ
よ
ね
?
 
  
 
桜
は
砂
時
計
と
俺
を
交
互
に
見
て
 
ぽ
つ
り
と
呟
い
た
 °
  
 
:
:
:
:
ど
う
し
た
 
  
 
ね
え
 
陸
に
ぃ
:
:
:
:
 
  
つ
め
る
 °
  
っ
た
が
 
唐
突
に
動
き
を
止
め
た
 °
そ
し
て
じ
っ
と
砂
時
計
を
見
  
 
し
ば
ら
く
そ
の
体
を
実
感
す
る
よ
う
に
飛
び
回
っ
て
い
た
桜
だ
  
心
ま
で
大
人
に
近
く
な
る
は
ず
は
な
い
か
ら
な
 °
  
 
嬉
し
そ
う
に
は
し
ゃ
ぐ
桜
 °
ま
あ
 
体
は
大
き
く
な
っ
て
も
 
  
 
よ
 
よ
か
っ
た
な
:
:
:
:
 
  
は
は
!
 
  
 
:
:
:
:
で
も
 
大
き
く
な
れ
た
ん
だ
か
ら
い
い
か
!
 
あ
は
  
で
き
る
だ
け
視
界
に
入
ら
な
い
よ
う
に
と
気
を
付
け
る
 °
  
わ
い
せ
つ
状
態
に
な
っ
た
桜
の
体
が
気
に
な
っ
て
仕
方
が
な
い
 °

   

  
そ
の
ま
ま
ふ
ら
ふ
ら
と
後
退
し
て
 
胸
を
押
さ
え
て
床
に
ぺ
た
ん
  
 
桜
の
背
中
が
ピ
ク
リ
と
跳
ね
た
 °
何
か
を
感
じ
取
っ
た
ら
し
く
 
  
 
ん
っ
 
  
 
先
ほ
ど
と
違
い
 
効
果
は
す
ぐ
に
表
れ
始
め
た
 °
  
い
た
 °
紫
色
の
砂
が
再
び
さ
ら
さ
ら
と
安
定
し
た
落
下
を
始
め
る
 °
  
 
緊
張
し
た
面
持
ち
の
桜
を
前
に
 
俺
は
紙
の
上
に
砂
時
計
を
置
  
 
う
ん
:
:
:
:
 
  
 
:
:
:
:
い
く
ぞ
 
  
桜
 
胸
囲
9
0
セ
ン
チ
 
と
書
い
た
 °
  
 
俺
は
再
び
ボ
|
ル
ペ
ン
を
取
り
 
別
の
メ
モ
用
紙
に
 
小
川
名
  
 
あ
あ
:
:
:
:
わ
か
っ
た
 
  
 
そ
う
自
分
の
理
性
に
言
い
聞
か
せ
て
 
俺
は
首
を
縦
に
振
っ
た
 °
  
い
 °
  
 
:
:
:
:
桜
の
悩
み
を
解
決
す
る
た
め
だ
 °
決
し
て
下
心
は
な
  
た
今
 
桜
の
心
は
晴
れ
渡
ろ
う
と
し
て
い
た
 °
  
ク
ス
を
抱
え
て
い
た
か
が
伺
い
知
れ
る
 °
そ
の
一
つ
が
無
く
な
っ
  
 
必
死
に
訴
え
る
そ
の
態
度
か
ら
 
余
程
桜
が
体
に
コ
ン
プ
レ
ッ
  
 
9
0
は
で
か
い
だ
ろ
!
  
ぱ
い
も
欲
し
い
!
 
9
0
セ
ン
チ
は
欲
し
い
!
 
  
 
だ
っ
て
 
ホ
ン
ト
に
身
長
が
増
え
た
ん
だ
よ
?
 
こ
の
際
お
っ

   

  
に
見
ら
れ
て
い
る
こ
と
で
更
に
赤
み
を
増
し
た
 °
胸
だ
け
が
ど
ん
  
桜
は
苦
し
そ
う
に
声
を
上
げ
る
 °
顔
は
ほ
ん
の
り
と
上
気
し
 
  
 
外
側
に
押
し
出
さ
れ
て
い
く
力
を
無
理
や
り
押
し
込
み
な
が
ら
 
  
い
で
ぇ
:
:
:
:
ひ
ぅ
っ
!
 
  
 
ひ
ゃ
あ
!
 
や
だ
 
陸
に
ぃ
:
:
:
:
あ
ぁ
ん
!
 
み
 
見
な
  
外
側
に
ム
ニ
ム
ニ
と
膨
ら
ん
で
い
く
 °
  
込
ま
れ
て
谷
間
を
形
作
り
は
じ
め
 
腕
の
力
を
押
し
の
け
よ
う
と
 
  
の
胸
が
 
明
ら
か
に
膨
ら
ん
で
い
る
 °
そ
れ
は
彼
女
の
腕
に
抑
え
  
 
俺
は
目
の
前
の
光
景
を
疑
っ
た
 °
先
ほ
ど
ま
で
平
ら
だ
っ
た
桜
  
や
ぁ
ん
:
:
:
:
熱
い
よ
ぉ
:
:
:
:
!
 
  
 
お
 
お
か
し
い
の
:
:
:
:
ひ
ぅ
ん
っ
!
 
何
だ
か
 
胸
が
っ
 
  
 
ど
 
ど
 
ど
う
し
た
の
?
 
  
 
ふ
わ
 
あ
ぁ
:
:
:
:
ん
ん
っ
 
り
 
陸
に
ぃ
:
:
:
:
 
  
固
ま
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
今
ま
で
聞
い
た
こ
と
も
な
い
桜
の
妖
美
な
声
色
を
聞
い
て
 
俺
は
  
る
 °
先
ほ
ど
と
は
違
う
 
明
ら
か
に
質
の
異
な
る
  
の
声
 °
  
 
俺
が
心
配
し
て
傍
に
寄
り
添
う
と
 
桜
が
切
な
げ
な
声
を
上
げ
  
 
は
ぅ
っ
:
:
:
:
あ
あ
 
ん
:
:
:
:
 
  
 
お
 
お
い
:
:
:
:
 
  
と
座
り
込
ん
で
し
ま
っ
た
 °















   

  
別
の
生
き
物
の
よ
う
に
バ
イ
ン
バ
イ
ン
と
揺
さ
ぶ
り
暴
れ
 
桜
の
  
さ
れ
 
外
側
に
大
き
な
胸
が
ブ
ル
ル
ン
と
飛
び
跳
ね
る
 °
ま
る
で
  
弾
き
飛
ば
さ
れ
た
 °
そ
の
瞬
間
 
押
し
込
ま
れ
て
い
た
力
が
解
放
  
 
砂
が
落
ち
切
る
と
同
時
に
 
耐
え
切
れ
な
く
な
っ
た
桜
の
腕
が
  
 
あ
 
あ
 
あ
!
 
は
ぁ
ぁ
ぁ
ん
!
 
あ
あ
あ
あ
あ
あ
!
 
  
く
 °
外
側
に
柔
肉
が
溢
れ
だ
し
て
い
る
 °
  
す
る
力
に
耐
え
切
れ
な
い
の
か
 
次
第
に
腕
の
力
が
弱
ま
っ
て
い
  
 
終
盤
に
か
け
て
 
桜
は
い
っ
そ
う
乱
れ
だ
す
 °
腕
の
中
で
膨
張
  
る
う
う
ぅ
!
 
  
 
あ
あ
ん
!
 
お
 
お
っ
ぱ
い
 
や
あ
ぁ
!
 
わ
た
し
 
変
に
な
  
 
ら
 
ら
め
ぇ
!
 
お
に
い
ち
ゃ
ぁ
ん
!
 
見
ち
ゃ
 
や
だ
ぁ
!
  
時
計
に
目
を
や
る
 °
半
分
以
上
の
砂
は
落
ち
切
っ
て
い
た
 °
  
て
い
く
よ
う
に
ブ
ル
ン
ブ
ル
ン
と
震
え
て
い
る
 °
は
っ
と
し
て
砂
  
超
え
て
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
る
桜
の
胸
 °
中
に
脂
肪
が
注
入
さ
れ
  
 
俺
は
た
だ
呆
け
た
顔
を
し
て
い
る
だ
け
だ
っ
た
 °
俺
の
予
想
を
  
ぅ
:
:
:
:
!
 
  
よ
ぉ
:
:
:
:
!
 
ふ
あ
ぁ
:
:
:
:
く
ふ
ぅ
ん
!
 
お
っ
き
く
  
 
は
あ
ぁ
ん
っ
!
 
す
 
す
ご
 
い
:
:
:
:
胸
 
お
っ
き
な
る
  
と
が
で
き
な
い
 °
  
ど
ん
大
き
く
な
っ
て
い
く
そ
の
様
子
に
 
不
覚
に
も
目
を
離
す
こ

   

  
 
桜
は
僕
の
方
に
前
の
め
り
に
倒
れ
て
き
た
 °
俺
は
そ
れ
を
体
で
  
:
:
:
 
  
 
は
ぁ
:
:
:
:
ふ
ぅ
:
:
:
:
お
 
に
い
:
:
:
:
ち
ゃ
ん
:
  
 
さ
 
桜
:
:
:
:
 
  
な
か
っ
た
 °
  
成
長
し
た
桜
の
胸
を
前
に
 
俺
は
た
だ
呆
然
と
目
を
見
開
く
他
は
  
桜
色
の
突
起
は
不
釣
り
合
い
な
く
ら
い
に
小
さ
い
ま
ま
 °
立
派
に
  
と
震
え
る
 °
胸
自
体
は
巨
大
化
し
た
が
 
そ
の
先
に
つ
い
て
い
る
  
 
そ
の
呼
吸
に
合
わ
せ
て
 
巨
大
化
し
た
胸
が
プ
ル
ン
 
プ
ル
ン
  
 
は
ぁ
|
:
:
:
:
は
ぁ
|
:
:
:
:
は
ぁ
|
:
:
:
:
 
  
っ
た
 °
  
着
き
を
取
り
戻
し
 
桜
は
肩
で
荒
く
呼
吸
を
繰
り
返
す
の
み
に
な
  
 
し
ば
ら
く
惰
性
で
プ
ル
プ
ル
震
え
て
い
た
胸
は
 
次
第
に
落
ち
  
な
る
 °
  
う
な
胸
の
膨
張
 °
突
き
つ
け
ら
れ
た
現
実
に
俺
は
失
神
し
そ
う
に
  
る
よ
う
な
感
覚
を
覚
え
た
 °
目
の
前
で
繰
り
広
げ
ら
れ
る
嘘
の
よ
  
 
桜
の
淫
ら
な
姿
を
脳
裏
に
焼
き
付
け
る
と
 
俺
は
気
が
遠
く
な
  
 
お
に
い
ち
ゃ
ん
が
 
見
て
る
の
に
ぃ
!
 
は
う
ぅ
ぅ
ぅ
ん
!
 
  
 
ひ
ゃ
あ
あ
ぁ
ぁ
ん
!
 
お
っ
ぱ
い
ぃ
!
 
お
っ
ぱ
い
や
あ
ぁ
!
  
叫
び
が
部
屋
中
に
木
霊
す
る
 °














   

  
こ
の
時
に
な
っ
て
昔
の
よ
う
に
 
お
兄
ち
ゃ
ん
 
と
俺
に
呼
び
か
  
 
桜
の
様
子
が
お
か
し
い
 °
い
つ
も
 
陸
に
ぃ
 
と
呼
ぶ
く
せ
に
 
  
っ
て
く
れ
る
よ
ね
?
 
  
 
こ
れ
な
ら
 
お
兄
ち
ゃ
ん
も
 
私
の
事
子
供
じ
ゃ
な
い
っ
て
言
  
 
ど
 
ど
う
し
た
 
桜
:
:
:
:
?
 
  
し
後
退
す
る
 °
  
る
と
 
俺
の
目
の
前
に
差
し
出
し
て
き
た
 °
何
事
か
と
驚
き
 
  
 
す
る
と
 
桜
は
下
か
ら
胸
を
持
ち
上
げ
る
よ
う
に
両
腕
で
支
え
  
:
:
:
 
  
 
見
て
 
お
兄
ち
ゃ
ん
:
:
:
:
こ
ん
な
に
大
き
く
な
っ
た
よ
:
  
そ
の
様
子
を
間
近
で
見
て
 
生
唾
を
飲
み
こ
ん
だ
 °
  
合
わ
せ
て
 
ム
ニ
ム
ニ
と
揺
れ
 
た
ゆ
ん
た
ゆ
ん
と
弾
む
 °
俺
は
  
そ
し
て
 
自
ら
の
手
で
そ
の
柔
肉
を
弄
び
始
め
る
 °
手
の
動
き
に
  
 
悩
ま
し
い
声
を
上
げ
な
が
ら
 
桜
は
濁
っ
た
眼
で
胸
を
見
た
 °
  
:
:
:
 
  
 
お
っ
ぱ
い
:
:
:
:
あ
ぁ
ん
:
:
:
:
こ
ん
な
に
 
大
き
く
:
  
て
い
た
 °
  
ま
で
は
壁
同
然
だ
っ
た
そ
の
場
所
に
 
豊
か
な
実
り
が
姿
を
現
し
  
が
る
 °
今
ま
で
感
じ
た
こ
と
の
無
い
極
上
の
柔
ら
か
さ
 °
3
分
前
  
受
け
止
め
る
と
 
俺
の
胸
板
に
柔
ら
か
い
感
触
が
プ
ニ
ュ
ン
と
広

   

  
動
が
伝
わ
っ
て
き
そ
う
な
勢
い
だ
 °
  
っ
た
 °
目
の
前
に
迫
る
桜
の
顔
は
真
っ
赤
に
上
気
し
 
心
臓
の
鼓
  
 
予
想
外
の
妹
の
告
白
に
 
俺
の
思
考
回
路
は
シ
ョ
|
ト
寸
前
だ
  
っ
と
不
安
だ
っ
た
の
 
  
ん
に
女
の
子
っ
て
認
め
て
も
ら
え
な
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
っ
て
 
  
身
長
が
伸
び
な
い
し
 
胸
も
大
き
く
な
ら
な
い
か
ら
 
お
兄
ち
ゃ
  
 
だ
か
ら
 
早
く
大
人
に
な
り
た
か
っ
た
 °
い
つ
ま
で
経
っ
て
も
  
 
は
 
は
い
?
 
  
に
な
る
っ
て
 
  
 
小
っ
ち
ゃ
い
頃
 
約
束
し
た
よ
ね
 °
お
兄
ち
ゃ
ん
の
お
嫁
さ
ん
  
理
性
が
再
び
刺
激
さ
れ
る
 °
  
き
た
 °
ム
ニ
ュ
ム
ニ
ュ
と
潰
れ
る
二
つ
の
膨
ら
み
を
感
じ
 
俺
の
  
 
俺
が
呆
気
に
と
ら
れ
て
い
る
と
 
桜
は
突
然
俺
に
抱
き
つ
い
て
  
 
俺
に
 
愛
し
て
ほ
し
い
?
  
 
:
:
:
:
何
だ
っ
て
?
  
ら
 
  
く
大
人
に
な
っ
て
 
お
兄
ち
ゃ
ん
に
愛
し
て
も
ら
い
た
か
っ
た
か
  
 
私
 
お
兄
ち
ゃ
ん
の
こ
と
 
大
好
き
だ
っ
た
か
ら
:
:
:
:
早
  
 
お
い
 
桜
 
ど
う
し
た
ん
だ
よ
 
  
け
て
く
る
 °
少
し
だ
け
恐
怖
を
覚
え
る
 °










   

  
  
  
  
  
 
そ
の
瞬
間
 
俺
の
理
性
は
粉
々
に
砕
け
散
っ
た
|
|
 °
  
 
  
 
:
:
:
:
私
の
お
っ
ぱ
い
 
揉
ん
で
:
:
:
:
?
 
  
 
  
俺
の
耳
か
ら
桜
の
声
が
直
接
脳
に
浸
透
し
た
 °
  
 
桜
の
顔
が
俺
の
す
ぐ
横
に
触
れ
る
 °
首
筋
に
熱
い
吐
息
が
触
れ
 
  
 
:
:
:
:
お
兄
ち
ゃ
ん
 
  
ぷ
る
ぷ
る
揺
れ
る
爆
乳
が
交
互
に
映
る
 °
  
桜
が
覆
い
か
ぶ
さ
っ
て
く
る
 °
目
の
前
に
 
桜
の
潤
ん
だ
瞳
と
 
  
 
な
お
も
迫
る
桜
に
押
さ
れ
 
俺
は
床
に
倒
れ
込
ん
だ
 °
そ
こ
に
  
け
で
も
 
お
嫁
さ
ん
に
し
て
ほ
し
い
の
 
  
 
そ
ん
な
こ
と
分
か
っ
て
る
よ
 °
:
:
:
:
だ
か
ら
 
気
持
ち
だ
  
い
こ
と
に
な
っ
て
い
て
だ
な
 
  
 
ま
 
待
て
 
桜
 °
日
本
の
法
律
で
 
兄
妹
間
の
結
婚
は
で
き
な
  
く
れ
る
よ
ね
?
 
  
 
で
も
 
こ
の
体
な
ら
 
お
兄
ち
ゃ
ん
は
私
を
お
嫁
さ
ん
に
し
て

  > ≫