に
返
し
た
 °
俺
は
深
い
た
め
息
を
つ
い
て
 
が
っ
く
り
と
首
を
垂
  
 
確
認
の
為
に
質
問
し
た
の
を
 
優
衣
は
ご
く
当
た
り
前
の
よ
う
  
 
水
着
 
  
 
:
:
:
:
で
 
何
買
う
ん
だ
っ
け
:
:
:
:
?
 
  
で
い
く
 °
  
て
窮
屈
な
胸
を
意
識
し
な
が
ら
 
俺
は
優
衣
と
共
に
店
内
を
進
ん
  
て
見
て
そ
の
辛
さ
が
よ
く
分
か
る
 °
小
さ
め
の
ブ
ラ
に
絞
め
ら
れ
  
と
そ
の
子
を
見
る
し
 
当
然
の
行
動
だ
と
は
思
う
が
 
女
に
な
っ
  
分
か
る
 °
俺
だ
っ
て
可
愛
い
女
の
子
が
目
の
前
を
通
っ
た
ら
じ
っ
  
世
代
の
男
の
視
線
が
 
俺
の
体
の
あ
ち
こ
ち
に
突
き
刺
さ
る
の
が
  
 
何
を
隠
そ
う
 
こ
ん
な
体
だ
 °
周
り
に
い
る
群
衆
が
 
特
に
同
  
ら
感
じ
る
視
線
に
耐
え
る
の
が
や
っ
と
だ
っ
た
 °
  
と
し
た
足
取
り
で
中
に
入
っ
て
い
く
 °
俺
は
と
言
え
ば
 
周
囲
か
  
を
運
ん
で
い
た
 °
優
衣
は
キ
ョ
ド
っ
て
い
る
俺
を
尻
目
に
 
淡
々
  
 
俺
と
優
衣
は
 
街
で
一
番
大
き
な
シ
ョ
ッ
ピ
ン
グ
モ
|
ル
に
足
  
ち
上
る
 °
  
 
照
り
つ
け
る
夏
の
日
差
し
に
 
ア
ス
フ
ァ
ル
ト
か
ら
陽
炎
が
立
  
  
F
_
a
b
l
e
 
作
  
転
生
 
一
日
目
|
2


















≪ <  

  
れ
た
バ
ス
ト
に
水
着
な
ど
纏
っ
て
み
れ
ば
 
そ
の
破
壊
力
た
る
や
  
の
胸
は
大
き
い
の
だ
 °
小
柄
な
体
躯
に
不
釣
り
合
い
な
ほ
ど
恵
ま
  
遊
び
に
来
る
が
 
そ
の
子
た
ち
と
比
較
し
て
も
 
明
ら
か
に
優
衣
  
似
た
の
か
 
な
か
な
か
に
成
長
が
著
し
い
 °
同
級
生
が
時
々
家
に
  
俺
は
思
う
∨
 °
そ
れ
に
加
え
て
 
胸
が
:
:
:
:
こ
れ
も
お
袋
に
  
は
 
そ
れ
だ
け
で
可
愛
ら
し
い
印
象
を
与
え
る
∧
と
 
兄
で
あ
る
  
り
の
栗
色
の
髪
の
毛
を
短
め
の
ツ
イ
ン
テ
|
ル
に
纏
め
て
い
る
姿
  
 
中
学
三
年
生
女
子
ら
し
い
ち
ょ
っ
と
小
柄
な
背
丈
と
 
お
袋
譲
  
る
と
き
は
少
し
肝
が
冷
え
る
 °
  
事
は
は
っ
き
り
と
歯
に
衣
を
着
せ
ず
に
述
べ
る
の
で
 
一
緒
に
い
  
笑
う
と
き
は
少
し
目
を
細
め
て
微
笑
む
程
度
だ
 °
そ
れ
で
い
て
物
  
常
時
眠
い
わ
け
で
も
な
い
 °
怒
る
時
は
静
か
に
怒
り
を
露
わ
に
し
 
  
落
差
が
そ
れ
ほ
ど
無
い
 °
い
つ
も
眠
た
そ
う
な
目
を
し
て
い
る
が
 
  
 
優
衣
は
ど
ち
ら
か
と
言
う
と
ク
|
ル
な
性
格
で
 
喜
怒
哀
楽
の
  
 
  
 
実
は
こ
の
妹
 
優
衣
は
:
:
:
:
何
と
言
う
か
 
目
立
つ
の
だ
 °
  
起
因
す
る
 °
  
 
俺
が
こ
こ
ま
で
落
胆
す
る
理
由
 °
そ
れ
は
 
他
で
も
な
い
妹
に
  
 
  
れ
た
 °























   

  
 
優
衣
は
ま
っ
す
ぐ
に
女
性
水
着
の
コ
|
ナ
|
に
向
か
っ
て
行
き
 
  
か
 °
  
見
受
け
ら
れ
た
 °
知
っ
て
い
る
顔
は
無
い
の
が
せ
め
て
も
の
幸
い
  
う
に
水
着
を
買
い
求
め
に
来
た
で
あ
ろ
う
若
者
た
ち
が
ち
ら
ほ
ら
  
い
る
 °
そ
れ
ほ
ど
人
が
多
い
わ
け
で
も
な
い
が
 
優
衣
と
同
じ
よ
  
 
店
内
は
色
取
り
取
り
の
水
泳
関
係
グ
ッ
ズ
で
埋
め
尽
く
さ
れ
て
  
急
い
で
後
を
追
う
 °
  
 
優
衣
は
さ
っ
さ
と
シ
ョ
ッ
プ
の
中
に
入
っ
て
し
ま
っ
て
 
俺
は
  
 
あ
 
あ
あ
:
:
:
:
悪
い
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
 
通
り
過
ぎ
た
よ
 
  
 
  
る
 °
こ
の
光
景
に
目
を
奪
わ
れ
な
い
男
性
が
い
る
だ
ろ
う
か
 °
  
の
だ
が
∨
が
公
衆
の
眼
前
を
ウ
ォ
|
キ
ン
グ
し
て
い
る
わ
け
で
あ
  
 
つ
ま
り
は
 
ス
タ
イ
ル
抜
群
の
姉
妹
∧
姉
は
中
身
が
  
な
  
き
つ
く
て
 
な
ど
と
雑
談
を
持
ち
込
ん
だ
り
す
る
の
だ
 °
  
タ
オ
ル
一
枚
で
俺
の
前
を
横
切
っ
た
り
 
平
気
で
 
最
近
ブ
ラ
が
  
し
て
は
油
断
し
き
っ
て
し
ま
っ
て
い
る
の
か
 
風
呂
上
り
に
バ
ス
  
妹
と
き
た
も
の
だ
か
ら
 
始
末
に
負
え
な
い
 °
し
か
も
 
俺
に
対
  
は
思
う
∨
 °
こ
れ
が
俺
と
無
関
係
な
女
な
ら
い
い
の
だ
が
 
我
が
  
世
の
男
子
諸
君
が
垂
涎
す
る
レ
ベ
ル
だ
ろ
う
∧
と
 
兄
で
あ
る
俺

   

  
て
い
る
連
中
は
皆
 
俺
が
女
だ
と
刷
り
込
ま
れ
て
い
る
は
ず
だ
 °
  
が
ら
 
変
な
お
姉
ち
ゃ
ん
 
と
呟
い
て
い
る
 °
そ
う
 
俺
を
知
っ
  
 
優
衣
は
優
衣
で
何
か
引
っ
か
か
る
の
か
 
何
度
も
首
を
傾
げ
な
  
 
俺
の
口
は
ぎ
こ
ち
な
い
返
答
を
し
た
 °
  
 
あ
 
あ
あ
 
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
?
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
っ
て
ば
 
  
の
物
種
と
言
う
言
葉
も
あ
る
し
:
:
:
:
 °
  
で
し
ま
っ
た
方
が
良
か
っ
た
の
か
も
|
|
い
や
い
や
 
命
あ
っ
て
  
な
い
こ
と
に
俺
を
巻
き
込
み
や
が
っ
て
 °
ど
う
せ
な
ら
潔
く
死
ん
  
そ
の
ギ
ャ
ッ
プ
が
未
だ
に
慣
れ
な
い
 °
チ
ェ
ル
の
奴
 
と
ん
で
も
  
 
身
体
は
女
だ
と
理
解
し
て
い
て
も
 
心
が
男
の
ま
ま
だ
か
ら
 
  
:
:
:
 °
  
る
こ
と
な
ん
か
何
に
も
な
い
 
大
丈
夫
 
冷
静
に
振
る
舞
え
ば
:
  
 
そ
っ
か
 
俺
は
今
 
姉
ち
ゃ
ん
 
な
ん
だ
っ
た
な
 °
怪
し
ま
れ
  
が
っ
た
 °
  
 
そ
う
言
っ
て
 
優
衣
は
水
色
の
ビ
キ
ニ
を
手
に
取
り
 
体
に
宛
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
 
こ
れ
ど
う
か
な
 
  
:
:
:
 °
  
が
ビ
キ
ニ
な
ん
ぞ
眺
め
て
た
ら
怪
し
ま
れ
る
に
決
ま
っ
て
る
し
:
  
俺
は
そ
の
様
子
を
遠
巻
き
か
ら
眺
め
て
い
た
 °
な
ん
せ
 
男
の
俺

   

  
 
あ
 
な
 
な
に
?
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
 
  
 
  
 
:
:
:
:
こ
の
光
景
 
見
覚
え
が
あ
る
よ
う
な
:
:
:
:
 °
  
 
  
け
じ
ゃ
な
く
て
|
|
 °
  
る
と
い
う
か
 
そ
ん
な
こ
と
さ
れ
た
ら
俺
だ
っ
て
興
奮
し
な
い
わ
  
俺
に
迫
っ
て
く
る
 °
い
く
ら
兄
妹
と
は
い
え
 
油
断
し
な
さ
す
ぎ
  
を
背
け
て
し
ま
っ
て
 
そ
れ
な
の
に
優
衣
は
 
も
っ
と
見
て
 
と
  
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
 °
俺
は
恥
ず
か
し
さ
の
あ
ま
り
に
思
わ
ず
目
  
い
て
 
無
理
に
押
さ
え
つ
け
ら
れ
た
こ
と
で
谷
間
が
更
に
強
調
さ
  
そ
の
布
の
面
積
で
は
横
か
ら
下
か
ら
肉
が
は
み
出
し
て
し
ま
っ
て
  
艶
め
か
し
い
 °
身
長
は
小
柄
な
く
せ
に
胸
の
発
育
が
良
す
ぎ
て
 
  
前
で
そ
の
体
を
披
露
し
て
い
る
 °
そ
の
光
景
は
と
て
も
扇
情
的
で
  
ニ
で
申
し
訳
程
度
に
局
部
を
隠
し
た
だ
け
の
優
衣
が
 
俺
の
目
の
  
 
ふ
と
 
頭
の
中
に
水
着
を
着
た
優
衣
が
現
れ
た
 °
紺
色
の
ビ
キ
  
そ
の
様
子
を
隣
で
眺
め
て
い
る
 °
  
 
次
々
と
水
着
を
手
に
取
り
 
品
定
め
を
し
て
い
く
優
衣
 °
俺
は
  
 
水
色
と
オ
レ
ン
ジ
だ
っ
た
ら
ど
っ
ち
か
な
ぁ
 
  
堂
々
と
し
て
い
れ
ば
い
い
の
だ
 
堂
々
と
:
:
:
:
 °





   

  
 
優
衣
は
従
来
の
眠
た
そ
う
な
目
を
上
目
遣
い
に
し
て
 
俺
を
見
  
 
:
:
:
:
と
こ
ろ
で
 
  
こ
な
い
気
が
す
る
 °
  
 
女
に
生
ま
れ
変
わ
っ
て
か
ら
 
ど
う
も
記
憶
が
正
し
く
蘇
っ
て
  
 
:
:
:
:
し
た
よ
う
な
 
し
な
い
よ
う
な
 °
  
 
約
束
し
た
よ
 °
来
週
海
に
行
く
っ
て
 
  
 
:
:
:
:
俺
と
?
 
  
 
:
:
:
:
こ
れ
で
来
週
 
お
姉
ち
ゃ
ん
と
泳
げ
る
 
  
せ
て
呟
い
た
 °
  
 
と
一
言
呟
い
て
 
胸
に
抱
く
 °
そ
し
て
 
口
元
を
微
か
に
緩
ま
  
 
:
:
:
:
い
い
か
も
 
  
え
で
 
  
だ
っ
た
 °
優
衣
は
そ
れ
を
手
に
取
る
と
 
じ
っ
く
り
熟
考
し
た
う
  
そ
の
指
の
先
を
見
て
 
自
分
で
も
驚
い
た
 °
そ
の
ビ
キ
ニ
は
紺
色
  
 
俺
は
取
り
繕
う
た
め
に
 
手
近
に
あ
っ
た
ビ
キ
ニ
を
指
差
し
た
 °
  
 
こ
 
こ
れ
が
い
い
ん
じ
ゃ
な
い
か
?
 
  
な
る
 °
  
 
考
え
事
を
す
る
と
 
つ
い
周
囲
の
こ
と
は
目
や
耳
に
入
ら
な
く
  
 
い
 
い
や
 
平
気
だ
 
  
 
ぼ
う
っ
と
し
て
る
 °
熱
中
症
?
 












   

  
に
も
頭
を
下
げ
て
近
寄
っ
て
来
た
 °
  
え
て
い
る
 °
店
員
は
会
釈
を
し
て
 
俺
に
視
線
を
向
け
る
と
 
  
か
っ
て
行
っ
た
 °
そ
こ
で
女
の
店
員
を
捕
ま
え
る
と
 
何
か
を
伝
  
 
す
る
と
 
優
衣
は
売
り
場
か
ら
離
れ
 
カ
ウ
ン
タ
|
の
方
に
向
  
に
し
た
 °
  
の
ご
厚
意
に
甘
え
る
こ
と
に
し
て
 
俺
は
水
着
を
新
調
す
る
こ
と
  
 
意
外
と
太
っ
腹
な
∧
太
い
の
は
腹
じ
ゃ
な
く
て
胸
だ
が
∨
優
衣
  
 
い
い
の
か
?
 
悪
い
な
:
:
:
:
 
  
 
う
ん
 °
私
が
出
し
て
あ
げ
る
 
  
 
:
:
:
:
新
し
く
買
う
か
 
  
る
可
能
性
も
あ
る
 °
  
い
な
 
お
お
よ
そ
泳
げ
る
と
は
思
え
な
い
よ
う
な
水
着
に
な
っ
て
  
:
:
:
 °
も
し
か
し
た
ら
 
グ
ラ
ビ
ア
と
か
で
よ
く
見
る
紐
み
た
  
れ
た
の
だ
ろ
う
か
 °
普
段
着
や
制
服
は
し
っ
か
り
し
て
い
た
が
:
  
 
そ
う
言
え
ば
 
チ
ェ
ル
は
水
着
も
ち
ゃ
ん
と
女
物
に
変
え
て
く
  
俺
も
水
着
は
持
っ
て
た
気
が
す
る
が
:
:
:
:
 °
  
 
:
:
:
:
そ
う
か
 °
俺
と
泳
ぎ
に
行
く
っ
て
言
っ
て
た
も
ん
な
 °
  
 
え
?
 
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
は
 
水
着
持
っ
て
る
の
?
 
  
上
げ
た
 °






















   

  
 
  
空
間
に
押
し
込
め
ら
れ
た
 °
  
 
俺
は
優
衣
に
強
引
に
背
中
を
押
さ
れ
 
ス
タ
ッ
フ
オ
ン
リ
|
の
  
 
い
い
か
ら
 
ほ
ら
 
  
 
で
 
で
も
な
ぁ
 
人
前
で
裸
に
な
る
な
ん
て
:
:
:
:
 
  
な
い
ん
だ
っ
て
 
  
 
当
た
り
前
だ
よ
 °
大
丈
夫
 
こ
こ
っ
て
女
の
店
員
さ
ん
し
か
い
  
:
:
:
ぬ
 
脱
ぐ
ん
 
だ
よ
な
?
 
  
 
そ
 
そ
う
か
|
|
じ
ゃ
な
い
!
 
採
寸
っ
て
こ
と
は
 
そ
の
:
  
ニ
|
ズ
に
お
応
え
す
る
の
が
務
め
で
す
か
ら
 
  
 
当
店
で
は
比
較
的
安
価
に
お
求
め
い
た
だ
け
ま
す
よ
 °
幅
広
い
  
 
  
 
ま
 
待
て
!
 
オ
|
ダ
|
メ
イ
ド
っ
て
高
い
ん
じ
ゃ
な
い
の
か
!
?
  
 
と
 
優
衣
は
真
顔
で
言
う
 °
  
ん
と
し
た
も
の
作
っ
て
も
ら
っ
た
方
が
い
よ
 
  
 
だ
っ
て
絶
対
お
姉
ち
ゃ
ん
に
大
き
さ
が
合
わ
な
い
か
ら
 °
ち
ゃ
  
は
意
味
が
分
か
ら
な
か
っ
た
 °
  
 
店
員
が
何
の
躊
躇
い
も
無
く
そ
ん
な
こ
と
を
言
っ
た
の
で
 
  
 
:
:
:
:
は
?
 
  
 
で
は
 
採
寸
し
ま
す
か
ら
 
こ
ち
ら
に
来
て
く
だ
さ
い
 



   

  
 
脱
い
で
 
  
 
:
:
:
:
し
 
下
は
い
い
よ
な
:
:
:
:
?
 
  
い
う
金
属
音
が
響
い
て
 
胸
に
解
放
感
が
や
っ
て
来
た
 °
  
ブ
ラ
の
ホ
ッ
ク
に
手
を
掛
け
 
指
先
で
そ
れ
を
外
す
 °
パ
キ
ッ
と
  
カ
|
ト
を
下
ろ
し
 
レ
|
ス
の
入
っ
た
下
着
姿
に
な
る
 °
続
い
て
  
 
上
着
に
手
を
掛
け
 
袖
を
引
き
抜
い
て
脱
ぎ
捨
て
る
 °
次
に
ス
  
し
て
脱
衣
を
開
始
し
た
 °
  
 
え
え
い
 
ま
ま
よ
 °
成
る
よ
う
に
成
り
や
が
れ
 °
俺
は
意
を
決
  
 
分
か
っ
た
 
分
か
っ
た
か
ら
:
:
:
:
 
  
 
早
く
 °
時
間
な
い
よ
 
  
い
か
 °
  
さ
い
 
と
言
っ
て
奥
に
引
っ
込
ん
で
く
れ
た
の
が
せ
め
て
も
の
救
  
て
く
れ
:
:
:
:
 °
店
員
が
 
準
備
が
出
来
た
ら
声
を
お
掛
け
下
  
 
隣
で
優
衣
が
じ
っ
と
こ
ち
ら
を
見
て
い
る
 °
せ
め
て
何
か
言
っ
  
さ
れ
た
 °
  
 
採
寸
の
部
屋
に
は
巨
大
な
一
枚
鏡
が
あ
っ
て
 
俺
は
そ
こ
に
通
  
 
  
 
  
 
 
☆
  
 

























   

  
で
い
る
の
か
 
チ
ェ
ル
は
 
こ
れ
か
ら
採
寸
し
ま
す
よ
|
 
と
言
  
上
 
下
手
な
真
似
は
で
き
な
い
 °
一
方
 
こ
ち
ら
の
状
況
を
汲
ん
  
ェ
ル
だ
っ
た
 °
叫
ん
で
や
ろ
う
と
思
っ
た
が
 
隣
に
妹
が
い
る
以
  
 
紛
れ
も
な
い
 °
そ
い
つ
は
 
俺
の
体
を
魔
改
造
し
た
悪
魔
 
  
 
ふ
ふ
っ
 
ま
た
会
っ
た
ね
 
  
 
:
:
:
:
!
?
 
ち
ょ
 
お
ま
|
|
 
  
は
何
故
か
ニ
タ
ニ
タ
と
笑
っ
て
い
て
|
|
 °
  
本
人
離
れ
し
た
ピ
ン
ク
色
の
頭
髪
が
目
に
眩
し
く
感
じ
る
 °
彼
女
  
 
鏡
に
映
っ
た
店
員
は
受
け
付
け
た
女
性
と
別
の
人
だ
っ
た
 °
  
を
押
さ
え
て
待
っ
た
 °
  
下
は
隠
し
き
れ
ず
に
溢
れ
て
し
ま
っ
て
い
る
|
|
 
左
手
で
局
部
  
た
 °
俺
は
胸
を
覆
い
隠
す
よ
う
に
右
手
で
抱
き
|
|
そ
れ
で
も
上
  
 
す
る
と
 
奥
か
ら
店
員
が
メ
ジ
ャ
|
を
持
っ
て
颯
爽
と
登
場
し
  
 
は
い
 
畏
ま
り
ま
し
た
|
 
  
 
店
員
さ
ん
 
お
願
い
し
ま
す
 
  
そ
う
だ
:
:
:
:
!
  
の
前
で
全
裸
を
披
露
す
る
と
は
 
恥
ず
か
し
く
て
顔
か
ら
火
が
出
  
く
下
を
見
な
い
よ
う
に
 
恐
る
恐
る
パ
ン
ツ
を
脱
い
だ
 °
実
の
妹
  
 
俺
は
 
は
い
 
そ
う
で
す
か
 
と
小
声
で
ぼ
や
い
て
 
な
る
べ
  
 
即
答
 °






















   

  
笑
い
も
せ
ず
に
じ
っ
と
見
て
る
し
:
:
:
:
せ
め
て
何
か
言
っ
て
  
 
畜
生
 
な
ん
て
エ
ロ
い
声
出
し
て
ん
だ
 
俺
 °
隣
で
は
優
衣
が
  
 
動
か
な
い
で
く
だ
さ
|
い
 
  
 
あ
っ
 
ん
:
:
:
:
は
っ
 
あ
ぁ
:
:
:
:
 
  
敏
感
に
そ
の
衝
撃
を
感
じ
取
っ
て
い
た
 °
  
 
チ
ェ
ル
が
キ
ュ
ッ
と
メ
ジ
ャ
|
を
締
め
付
け
る
度
 
俺
の
胸
は
  
が
あ
る
 °
  
況
を
周
囲
は
ま
る
で
分
か
っ
て
な
い
か
ら
 
な
お
さ
ら
辛
い
も
の
  
の
よ
う
で
 
感
じ
る
と
こ
ろ
で
感
じ
て
し
ま
う
 °
し
か
も
こ
の
状
  
体
が
ビ
ク
ッ
と
跳
ね
る
 °
心
は
男
の
ま
ま
で
も
 
体
は
完
全
に
女
  
 
ひ
ん
や
り
と
し
た
感
触
が
 
胸
の
頭
頂
の
蕾
か
ら
伝
わ
っ
て
 
  
 
思
わ
ず
声
が
漏
れ
て
 
慌
て
て
口
を
塞
い
だ
 °
  
 
ぁ
っ
 
  
を
巻
き
つ
け
て
い
く
 °
  
ま
|
す
 
と
耳
元
で
陽
気
な
断
り
を
入
れ
 
俺
の
胸
に
メ
ジ
ャ
|
  
晒
し
た
 °
何
て
羞
恥
プ
レ
イ
だ
:
:
:
:
 °
チ
ェ
ル
は
 
失
礼
し
  
 
優
衣
に
促
さ
れ
 
俺
は
恐
る
恐
る
腕
を
解
放
し
 
巨
大
な
胸
を
  
 
お
姉
ち
ゃ
ん
 
手
を
挙
げ
て
 
  
 
で
は
 
バ
ス
ト
か
ら
計
っ
て
い
き
ま
す
ね
|
 
  
わ
ん
ば
か
り
の
悪
戯
っ
ぽ
い
笑
顔
を
向
け
て
く
る
 °






   

  
 
雑
誌
で
し
か
見
た
こ
と
が
無
か
っ
た
胸
や
谷
間
が
 
俺
の
体
に
  
 
:
:
:
:
H
 
カ
ッ
プ
:
:
:
:
 °
  
 
珍
し
く
残
念
そ
う
な
表
情
だ
 °
  
 
:
:
:
:
H
:
:
:
:
 
  
呟
く
 °
  
入
す
る
チ
ェ
ル
 °
そ
の
様
子
を
隣
で
見
て
い
た
優
衣
が
ボ
ソ
ッ
と
  
 
メ
ジ
ャ
|
を
巻
き
取
る
と
 
慣
れ
た
手
つ
き
で
メ
モ
用
紙
に
記
  
 
ア
ン
ダ
|
は
:
:
:
:
七
二
で
す
ね
|
 
  
の
辺
り
か
ら
回
し
て
 
再
び
採
寸
 °
  
 
チ
ェ
ル
は
構
わ
ず
採
寸
を
続
け
る
 °
メ
ジ
ャ
|
を
胸
の
付
け
根
  
 
じ
ゃ
あ
 
次
は
ア
ン
ダ
|
を
計
り
ま
す
ね
 
  
ら
ど
う
し
て
く
れ
よ
う
 °
  
そ
ん
な
に
デ
カ
く
調
整
し
や
が
っ
た
の
か
:
:
:
:
今
度
会
っ
た
  
存
在
す
る
悪
魔
に
 
ふ
つ
ふ
つ
と
憎
悪
が
滾
っ
て
く
る
 °
チ
ェ
ル
 
  
 
俺
は
自
ら
の
大
き
さ
に
驚
愕
し
て
い
た
 °
そ
し
て
 
目
の
前
に
  
 
は
っ
!
?
 
ひ
ゃ
く
 
に
!
?
 
  
 
え
っ
と
|
:
:
:
:
一
〇
二
セ
ン
チ
で
す
ね
|
 
  
は
数
値
を
弾
き
出
し
た
 °
  
 
ワ
ザ
と
に
も
感
じ
る
締
め
付
け
を
何
度
か
行
っ
た
後
 
チ
ェ
ル
  
く
れ
:
:
:
:
 °



















   

  
  
  
  
  
  
  
  
程
度
だ
ろ
う
 °
  
り
際
 
チ
ェ
ル
を
鋭
く
睨
み
つ
け
て
き
た
が
 
負
け
犬
の
遠
吠
え
  
い
う
こ
と
で
ま
と
ま
り
 
俺
た
ち
は
シ
ョ
ッ
プ
を
後
に
し
た
 °
  
し
た
 °
後
日
 
仕
立
て
た
水
着
を
受
け
取
っ
て
支
払
い
を
す
る
と
  
た
 °
ぶ
ん
殴
っ
て
や
ろ
う
と
思
っ
た
が
 
優
衣
が
い
る
手
前
我
慢
  
 
そ
う
俺
に
告
げ
た
と
き
 
チ
ェ
ル
は
満
ち
足
り
た
顔
を
し
て
い
  
 
B
一
〇
二
∧
G
∨
 
W
六
九
 
H
九
八
 °
  
∧
何
故
ウ
エ
ス
ト
を
測
ら
れ
た
の
か
は
謎
∨
 °
  
た
 °
結
果
 
俺
の
体
の
ス
リ
|
サ
イ
ズ
が
発
覚
し
た
の
で
あ
っ
た
  
 
そ
の
後
 
意
外
に
も
チ
ェ
ル
は
テ
キ
パ
キ
と
俺
の
採
寸
を
終
え
  
 
  
恐
ろ
し
い
 °
  
出
来
て
い
る
こ
と
を
考
え
る
と
 
悪
魔
の
力
っ
て
い
う
の
は
実
に

  > ≫