○○○○クラブ

ガラシア 作
Copyright 2014 by Garashia All rights reserved.

(今日は楽しかったぞ!)

(メール来てる)

件名 肝試しについて

内容 肝試しはどうだった?楽しかったよね?色々恥ずかしい事もあったけど、終わり良ければ全てよし!というわけで!おやすみ〜ヾ(^▽^)ノ

(時間は遅いし返信はやめておくか…寝よう)

………………………

(たまには休むか…)

じっくり体を休めた。

………………………

(○○○○クラブ行くか)

「いらっしゃいませ!」
以下略。

席に案内されると…

ぶるんぶるん!
(うわ…!)

「肝試しは楽しかったね!またどこか行きたいわね!」

「は〜い!愛美だよ〜!ご指名ありがとう!今日もよろしくね!」

「お飲み物は何にします?」

「いつもの」

「はーい!…どうぞ!」

「ありがとう!君も何か飲みなよ!」

「ありがとう!いただくわね!…ワインが飲みたいわ!」

「どうぞどうぞ!」

(ありがとう!)

「じゃあ乾杯しようか?」

「ええ!二人で仲良く…カンパーイ!」

ごくごくごくごくごく!
ごくごくごくごくごく!
ふー!

「わあ!すごい!…次のお飲み物は何にします?」

「いつもの」

「はーい!…どうぞ!」

「うーん…」〈サブストーリー2−1〉

「何よ?」

「ああ…愛美ちゃんをデートに誘う方法を考えてた」

「そういえば…肝試しは私から誘ったからね!次の行き先は任せるわ!」


「来週までに考えておくよ!」

「期待してるわよ!」

(どこにしようかな…)

ごくごくごくごくごく!

飲みまくりな二人。

(酔って来たな…)
(酔って来たかも…)

「愛美ちゃんと仲良いのは誰かいる?」

「希ちゃんと仲良いわよ!彼女おしゃれには詳しいのよ!おかげで私も詳しくなったわ…」

「ん?黙り込んでどうしたの?」

「彼女の胸…私より大きいのよ!」

「ええ!?」(どれくらいなのか見てみたい!)

「彼女に目移りしそうで心配なの…」

「そう?愛美ちゃんも魅力的だからね?」

「う…ありがと…」

(希ちゃんと一度会ってみたいな…)

「そういえば…愛美ちゃんの胸…大きくなってきたね〜」〈メインストーリー3〉

「う〜…大きくなってるんだ…」

「あ…うん…どうかした?元気なさそうだけど?」

「そうね…ちょっと疲れてるの…肩凝るのよ…」

「肩揉みしようか?」

「ありがとう…」

(胸には触らないように)

「それっ!」

むぎゅううう
揉み揉み揉み揉み…

「あ…ん…入ってる…あう…気持ち…いい!」

(色仕掛けか?)

「おし!これでいいかな?」

「うん!すっきりしたわよ!…何?」

「あ…いや…なんでもないよ…」

「顔赤いし…もしかして…胸触りたかった?」

「肩揉みなんだから肩でいいよ…」

「ぶー!触りたいなら欲望に正直になりなさい!」

「はぁ…」

「えいっ!」

「おわっ!」

むにゅ!
(愛美ちゃんの胸…大きくなって…弾力が強くなってるし…触り心地は前より良いぞ…)

「どう?」

「すごく…大きいです…弾力あって最高…」

「うふふ!でしょ!」

「あっ!」

揉み揉み…

(うおおおお!天国だ!)

「うっ!…もう!」

「へ?」

ぼふ!

「ぐえ!」

(乳ビンタの威力も強くなったな…クラクラする…)

「うっ!…げほげほ!」

「あっ!大丈夫?」

「大丈夫じゃない…うう…」

「あう…ごめんなさい…」

「過ちは誰でもあるから…気にしないで…」
(あ〜目が回る〜)

「本当に?ごめんなさい!」

「そういう他人行儀はいいから!」

「え?なんで?」

「俺たちは友達だからだ!…友達でいいかな?」

「良いよ…友達で!嬉しいな〜!」

「あっ…治った!心配してくれてありがとう!」

「良かったわ…蒼くんと友達になれて…これからも…」

「ああ!よろしくね!それにしても友達か…本当はもっと仲良くなりたいけど…」

「それは蒼くんの努力次第よ!」

「本当!?」

「本当だってば!じゃあ…その証拠を見せるわよ!」

ぽふ!(胸の谷間に顔をうずめた)

「思いっきり息を吸ったり吐いたりしてみて?」

「すうううう!はああああ!」

「きゃっ!くすぐったい!…こんなに恥ずかしい事…いつもはしないからね?」

「ありがとう!信じるよ!」(愛美ちゃんのにおいを思いっきりかいでしまった…)

「そういえば…」

「何よ?」

「胸の細かい部分の名前は知ってる?」

「いきなり何言い出すの?恥ずかしいじゃない!…でも知らないわけじゃないわよ!」

(胸の先端を差しながら)
「ここが乳頭、乳房の内部から管(乳管という)がこの乳頭まで繋がっていて、乳頭には乳管の出口の穴が15から25個空いていて、乳頭の周囲に乳輪があるの」

(胸の先端付近一帯を差しながら)
「乳輪は成長に伴って拡大していくようね、乳輪について特に説明することはないわね」

(乳房の中心を差しながら)「乳房の内部には脂肪に包まれている乳腺が放射状に広がっていて、乳腺は15から25個の塊で存在しているわ、そのうちの1個を葉(よう)というみたいね、この葉から乳管が乳頭まで繋がっているわ…そして、乳腺で作られた母乳は乳管を通って乳頭にある出口から体外に出るの…」

「これでどう?」

「ああ!十分わかりやすい説明してくれてありがとう!」

「恥ずかしかったわ…」

「はは…ごめん…」

「変に謝らないで!」

「うっ…ごめんなさい…」

「はい、もうおしまい!…あ!時間みたいね…どうします?」

「そろそろ帰るかな」

「あ…帰るのね…また指名してね!」

「ああ!また指名するよ!」

「うふふ!おやすみ〜!」

(さて帰るか…)

次週へ続く。