○○○○クラブ

ガラシア 作
Copyright 2014 by Garashia All rights reserved.

(また愛美ちゃんの胸を好き放題…乳絞りできるぞ!)

「愛美ちゃんの頼みを断るなんてできないな!」

「やったあ!じゃあお願いします!」

「おう!」

「うふふ…また乳絞りお願いしちゃった!」

「お願いされた!…大量に出そうだな…」

「うん!いっぱい絞ってね!」

「ああ!母乳びゅうびゅう…」

揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み!

「あん!」

むにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅむにゅ!

「きゃっ!そこはだめっ!うっ!」(内側から湧き出る感覚…)

「お、来たか!」

ブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!

「出たな…」

「もっと…」

ブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!
ブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
ドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバ!
バシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャ!
ドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクン!
ぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるん!

今まで見た事もない量の母乳が愛美ちゃんの胸から噴き出す。激しい噴乳と心臓の鼓動は乳房をぶるんぶるんと揺らし、気持ち良さを増幅しているようだ。破裂しそうなほど内圧が上がった乳房から噴き出した母乳はかなり遠くまで飛び散っている。

「はあう!気持ちいいよおおおお!胸が母乳びゅうびゅう出してる…」

(うわ…すごい顔…こんなに出せば気持ちいいだろうな…っ!内圧が上がって揉みにくい…)

「もっと気持ちよくしてあげるか!」

揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み!

「はあああああああん!」

ブッシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!
ブッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!
ドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバドバ!
バシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャバシャ!
ドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクン!
ぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるん!

「はああ…あうう…うふふ!」

「はあ…疲れたな…」

「ありがとう…蒼くん…」

「どういたしまして…」

…………………………

「ふう…ものすごい量の母乳が出た…」

「リミッター解除と圧縮解除を併用したからね…あの量はすごかったわ…」

「水着にはどんな機能があったの?」

「まずは着用するだけで胸が大きくなるわ…次にリミッター解除…これで胸がさらに大きくなるわ…もちろん母乳の量も増えるわ…圧縮は胸を一時的に小さくできるけど解除したら元の大きさより大きくなる…まだあるけど使い方次第では胸がとてつもない大きさになるし、母乳出す時に内圧が上がりすぎて苦しいのよ…」

「負担もあるし、まだ見ていない機能もあるのか…何だろうな…」

「うん…蒼くんとまた来たら見せてあげるわ!」

「え?今見たいんだけどな…」

「むう…蒼くん…私を抱いて?」

「な、なんだって!…こうかな…」

むにゅむにゅむにゅ!

(柔らかい胸が当たって気持ちいい…)

ムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムクムク!

「うわあ!」

「はあ…はあ…」(超膨乳の消費はすごいわ…)

(愛美ちゃん…どうしたんだろう?)

「愛美ちゃん?」

「うふふ!蒼くんがだーいすきっ!」

「なんだと…」

「なんてね!一度言ってみたかったの!」

「なんだ…冗談なのか…」

「冗談じゃないかも…」

「え…まさか…」

「そんな事より…そろそろ帰る時間よ?」

「あっ!もうこんな時間なんだ…帰るかな…」

…………………………

「んしょ、んしょ…よし…!」

「もう大丈夫?」

「うん…今日はありがとう!無事予備の水着も入ったし…リミッターを…かけた!元のサイズに…戻せた!…海水浴楽しかったよ!また来ようね!」

「ああ!また来たいな」(しかし来年もここに愛美ちゃんと来られるかはわからない…)

「うん…どうしたの?難しい顔して…」

「なんでもないよ…また来られるといいね…」(なんだろう…このもやもやした気持ち…)

「そうね…」(なんだかもやもやするわ…何この気持ち…)

(愛美ちゃんが…)
(蒼くんが…)

((好き…なのかも))

「そろそろ帰りましょ…時間も遅いし疲れたわ…」

「ああ…またお店で!」

「うん!お店でね!」

次週へ続く。