き
 
出
入
口
の
暖
簾
を
く
ぐ
り
 
即
座
に
着
替
え
裸
一
貫
の
腰
に
  
今
頃
は
湯
に
浸
か
り
温
ま
っ
て
る
は
ず
だ
 °
俺
も
混
浴
温
泉
へ
行
  
へ
着
替
え
に
行
っ
て
る
 °
  
う
 °
そ
の
リ
サ
は
大
き
め
の
手
提
げ
鞄
を
持
ち
 
一
足
先
に
温
泉
  
通
路
は
広
め
だ
が
巨
体
の
リ
サ
頭
も
ぶ
つ
け
ず
歩
行
出
来
る
だ
ろ
  
明
に
な
っ
て
い
る
 °
時
代
劇
の
撮
影
で
も
控
え
て
る
の
だ
ろ
う
  
電
気
な
ど
あ
ま
り
使
っ
て
な
い
の
か
蝋
燭
な
ど
行
灯
や
提
灯
が
照
  
ま
で
も
古
風
だ
  
グ
の
よ
う
な
巨
大
な
旅
行
鞄
だ
 °
旅
館
は
時
代
遅
れ
な
の
か
ど
こ
  
ま
ず
は
荷
物
を
部
屋
に
置
く
 
俺
の
荷
物
と
リ
サ
の
ゴ
ル
フ
バ
ッ
  
っ
た
 °
  
移
動
さ
せ
る
た
め
に
俺
は
一
足
遅
れ
て
の
旅
館
に
入
る
こ
と
に
な
  
だ
が
 
気
を
急
か
さ
ず
通
路
外
に
停
め
て
お
い
た
車
を
旅
館
前
に
  
て
来
た
  
0
0
s
の
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
バ
デ
ィ
の
リ
サ
と
混
浴
の
時
が
近
づ
い
  
い
よ
い
よ
 
身
長
2
3
0
p
 
バ
ス
ト
2
m
オ
|
バ
|
の
体
重
3
  
:
:
リ
サ
と
混
浴
  
  
ガ
ン
ガ
ン
 
作
  
ト
|
ル
ガ
|
ル
 
そ
の
3
















≪ <  

  
リ
サ
は
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
ン
ギ
ャ
ル
 °
つ
ま
り
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
  
か
の
如
く
 
  
キ
ニ
だ
 °
そ
れ
も
ア
メ
リ
カ
ン
ギ
ャ
ル
が
星
条
旗
ビ
キ
ニ
を
着
る
  
水
着
が
大
胆
な
ビ
キ
ニ
だ
 °
リ
サ
の
身
体
に
合
わ
せ
た
特
注
の
ビ
  
を
見
た
ら
そ
ん
な
事
が
ど
う
で
も
良
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
  
気
持
ち
で
叱
ろ
う
と
し
た
が
湯
煙
か
ら
出
て
来
た
リ
サ
の
肉
体
美
  
彼
女
が
裸
で
あ
ろ
う
と
い
う
細
や
か
な
期
待
を
裏
切
ら
れ
複
雑
な
  
に
な
ん
だ
そ
の
水
着
は
!
:
:
:
:
わ
:
:
わ
あ
ぁ
!
?
 
  
 
こ
ら
リ
サ
!
!
温
泉
で
泳
ぐ
の
は
行
儀
が
悪
い
ん
だ
ぞ
!
そ
れ
  
し
て
来
た
 °
  
バ
シ
ャ
バ
シ
ャ
と
飛
沫
立
て
な
が
ら
バ
タ
フ
ラ
イ
で
豪
快
に
接
近
  
プ
|
ル
み
た
い
で
気
持
ち
良
い
わ
♪
 
  
 
あ
!
透
 
や
っ
と
来
た
の
ね
 °
コ
レ
が
露
天
風
呂
な
の
ね
温
水
  
:
:
  
を
ビ
ニ
|
ル
プ
|
ル
で
遊
ぶ
子
供
の
よ
う
に
燥
い
で
泳
い
で
た
  
水
着
と
い
う
い
ろ
ん
な
意
味
で
反
則
な
湯
浴
み
姿
の
リ
サ
が
温
泉
  
そ
こ
に
は
:
:
生
ま
れ
た
ま
ま
の
彼
女
が
丸
裸
で
:
:
は
な
く
 
  
け
も
な
く
す
ぐ
に
姿
が
湯
煙
の
奥
か
ら
見
え
て
き
た
の
で
近
づ
く
  
湯
煙
が
立
ち
込
め
見
渡
し
辛
い
が
リ
サ
の
あ
の
巨
体
が
隠
れ
る
わ
  
簡
単
に
布
を
巻
き
冬
空
の
寒
い
露
天
風
呂
へ
突
入
!






   

  
髪
は
ブ
ロ
ン
ド
で
ポ
ニ
|
テ
|
ル
を
下
し
た
お
り
ミ
ド
ル
ロ
ン
グ
  
そ
し
て
何
度
見
て
も
ま
だ
慣
れ
な
い
ハ
ジ
ケ
そ
う
な
爆
乳
 
爆
尻
 °
  
ら
れ
て
る
 °
太
く
逞
し
い
曲
線
美
も
兼
ね
た
腕
と
脚
  
や
は
り
全
身
が
重
量
あ
る
巨
体
を
支
え
る
為
に
並
は
ず
れ
て
鍛
え
  
そ
う
な
ほ
ど
引
き
締
ま
っ
て
い
て
弛
ん
で
な
ど
な
い
肉
体
美
  
実
際
に
脱
い
で
み
れ
ば
 
彼
女
の
ウ
エ
ス
ト
は
腹
筋
が
縦
に
割
れ
  
巨
大
な
胸
と
お
尻
の
影
響
で
着
太
り
し
て
見
え
る
の
だ
ろ
う
 °
  
以
上
か
も
し
れ
な
い
:
:
と
思
っ
て
た
が
違
っ
て
い
た
 °
リ
サ
は
  
肉
体
は
3
0
0
s
も
あ
る
と
聞
い
て
た
か
ら
お
腹
が
ぽ
っ
ち
ゃ
り
  
柄
が
描
か
れ
て
可
愛
げ
が
あ
る
も
の
を
穿
い
て
い
る
 °
  
|
ス
ト
ラ
リ
ア
大
陸
に
だ
け
棲
息
す
る
希
少
動
物
の
シ
ル
エ
ッ
ト
  
パ
ン
ツ
の
前
側
は
カ
ン
ガ
ル
|
 
コ
ア
ラ
 
カ
モ
ノ
ハ
シ
な
ど
オ
  
ル
の
尻
尾
の
よ
う
に
見
え
て
し
ま
う
  
七
稜
星
が
プ
リ
ン
ト
さ
れ
 
遠
く
後
方
か
ら
見
る
と
バ
ニ
|
ガ
|
  
下
の
ビ
キ
ニ
パ
ン
ツ
は
彼
女
の
巨
尻
に
合
わ
せ
後
ろ
に
は
大
き
な
  
に
引
き
伸
ば
さ
れ
湾
曲
し
て
い
る
 °
  
柄
が
リ
サ
の
2
m
越
え
の
巨
大
な
爆
乳
に
押
さ
れ
て
生
地
ご
と
弧
  
右
胸
の
生
地
が
ユ
ニ
オ
ン
ジ
ャ
ッ
ク
で
逆
の
左
胸
は
南
十
字
星
 
  
着
て
る
の
だ
 °
  
の
国
旗
が
モ
チ
|
フ
に
な
っ
て
る
デ
ザ
イ
ン
の
強
烈
な
ビ
キ
ニ
を

   

  
て
み
よ
う
か
 °
 
言
わ
れ
る
が
ま
ま
そ
こ
へ
向
か
う
  
 
ん
?
さ
っ
き
の
お
婆
さ
ん
が
言
っ
て
た
秘
湯
の
事
か
な
 °
入
っ
  
に
入
ろ
う
よ
♪
 
  
美
容
と
か
健
康
に
良
い
効
能
が
あ
る
お
風
呂
が
あ
っ
た
よ
 °
一
緒
  
 
ウ
フ
フ
ど
う
い
た
し
ま
し
て
 °
あ
!
そ
う
だ
 
透
 °
向
こ
う
に
  
:
:
  
っ
た
:
:
∨
 
  
∧
く
そ
ぅ
:
:
こ
う
な
る
な
ら
俺
も
海
パ
ン
持
っ
て
く
り
ゃ
良
か
  
 
も
う
イ
イ
よ
リ
サ
 °
そ
の
素
敵
な
身
体
に
免
じ
て
許
す
よ
 °
  
て
く
る
 °
迫
力
が
あ
り
悉
く
リ
サ
の
身
体
を
凝
視
し
て
し
ま
う
 °
  
若
さ
と
巨
体
を
弾
か
せ
魅
せ
付
け
な
が
ら
接
近
し
て
き
て
威
圧
し
  
な
い
 °
 
  
は
夏
な
の
よ
 
水
着
の
一
着
く
ら
い
持
っ
て
来
た
っ
て
イ
イ
じ
ゃ
  
 
∧
な
ん
だ
!
∨
っ
て
言
っ
て
も
 
あ
っ
ち
∧
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
∨
  
|
ズ
を
し
な
が
ら
俺
の
さ
っ
き
の
発
言
に
返
答
す
る
  
唖
然
と
し
て
る
俺
を
よ
そ
に
リ
サ
は
グ
ラ
ビ
ア
写
真
の
よ
う
な
ポ
  
ん
な
リ
サ
の
美
貌
に
見
惚
れ
て
し
ま
っ
た
  
1
6
才
と
い
う
女
子
高
生
の
年
相
応
な
若
さ
と
可
愛
げ
あ
る
 °
  
そ
の
美
貌
と
鍛
え
ら
れ
た
身
体
に
似
合
わ
ず
 
顔
は
雀
斑
が
残
る
  
の
ス
ト
レ
|
ト
ヘ
ア
|

















   

  
し
入
ろ
う
 
  
ょ
 °
や
っ
ぱ
り
撮
影
用
な
の
か
な
?
ま
あ
イ
イ
や
 
せ
っ
か
く
だ
  
 
そ
ん
な
馬
鹿
な
!
?
い
く
ら
な
ん
で
も
コ
レ
は
凄
す
ぎ
る
で
し
  
り
  
壮
 
成
長
促
進
 
身
体
強
化
な
ど
の
強
い
効
果
が
出
る
場
合
も
あ
  
他
に
個
人
差
で
無
病
息
災
な
ど
の
長
寿
 
美
容
・
美
肌
 
滋
養
強
  
痛
  
症
 
高
血
圧
症
 
月
経
障
害
 
貧
血
 
神
経
痛
 
筋
肉
痛
 
関
節
  
動
脈
硬
化
症
 
慢
性
皮
膚
病
 
慢
性
胆
の
う
炎
 
胆
石
症
 
肥
満
  
傷
 
火
傷
 
慢
性
皮
膚
病
 
糖
尿
病
 
痛
風
 
肝
臓
病
  
虚
弱
児
童
 
慢
性
婦
人
病
 
慢
性
消
化
器
病
 
慢
性
便
秘
 
切
り
  
:
:
効
能
 
入
浴
・
飲
泉
  
書
い
て
あ
っ
た
  
 
透
 
こ
こ
に
効
能
の
札
が
立
て
て
あ
る
よ
 °
 
立
札
に
は
こ
う
  
 
何
々
:
:
桃
幻
の
湯
か
:
:
大
層
な
秘
湯
だ
な
:
:
 
  
う
の
か
な
  
湯
船
に
は
無
数
の
桃
が
浮
い
て
い
る
 °
や
は
り
何
か
の
撮
影
に
使
  
き
な
檜
風
呂
だ
っ
た
 °
  
の
季
節
に
は
お
か
し
な
花
が
咲
き
乱
れ
た
桃
の
木
に
囲
ま
れ
た
大
  
 
へ
ぇ
 
こ
こ
が
そ
の
秘
湯
か
 °
変
わ
っ
て
る
な
|
 
そ
こ
は
こ

   

  
 
そ
う
で
し
ょ
?
私
も
美
味
し
か
っ
た
か
ら
結
構
食
べ
ち
ゃ
っ
た
  
ョ
ン
が
上
が
っ
て
い
る
感
じ
だ
  
が
と
て
も
暖
か
い
や
!
 
俺
も
リ
サ
も
顔
や
体
が
赤
る
み
テ
ン
シ
  
 
リ
サ
!
こ
の
桃
凄
く
美
味
し
い
し
元
気
出
た
よ
!
そ
れ
に
身
体
  
お
腹
が
満
た
さ
れ
た
 °
次
第
に
元
気
に
な
り
漲
っ
て
き
た
 °
  
も
っ
と
食
べ
て
み
た
か
っ
た
が
わ
ず
か
一
つ
食
べ
た
だ
け
な
の
に
  
の
ひ
と
時
を
味
わ
え
た
  
も
蕩
け
る
よ
う
な
甘
美
な
味
わ
い
あ
る
食
感
で
 
文
字
通
り
光
悦
  
桃
の
果
汁
が
極
上
の
酒
の
よ
う
に
甘
く
て
美
味
し
い
の
だ
 °
果
肉
  
で
一
個
全
部
食
べ
て
し
ま
っ
た
  
い
や
 
俺
は
試
し
に
一
口
齧
っ
た
が
あ
ま
り
の
美
味
し
さ
に
勢
い
  
 
へ
|
 
ど
れ
ど
れ
:
:
お
わ
っ
!
?
ホ
ン
ト
だ
と
て
も
美
味
し
  
女
は
こ
の
桃
を
食
べ
た
よ
う
だ
  
 
透
!
こ
の
桃
食
べ
て
み
な
よ
|
?
す
ご
い
美
味
し
い
よ
!
 
彼
  
だ
ん
だ
ん
眠
り
心
地
に
な
っ
て
た
が
リ
サ
が
声
を
か
け
て
来
た
 °
  
て
き
て
次
第
に
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
き
た
 °
  
大
層
な
効
能
が
あ
る
か
疑
心
暗
鬼
だ
っ
た
が
一
日
の
疲
れ
が
取
れ
  
て
る
が
不
思
議
な
事
に
糖
分
的
な
ベ
タ
ツ
キ
が
全
く
な
い
  
2
人
で
し
ば
ら
く
秘
湯
に
浸
か
る
 °
湯
船
を
覆
う
ほ
ど
桃
が
浮
い
  
:
:
























   

  
ね
|
A
H
A
H
A
☆
 
リ
サ
は
ま
る
で
酔
っ
て
出
来
上
が
っ
た
人
  
 
Y
E
S
!
太
ら
な
い
よ
う
に
毎
日
ト
レ
|
ニ
ン
グ
し
て
る
も
ん
  
し
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
 
思
い
の
ほ
か
引
き
締
ま
っ
て
い
た
  
背
筋
な
ど
が
2
m
越
え
の
爆
乳
を
支
え
る
為
に
人
並
み
外
れ
発
達
  
れ
に
か
な
り
鍛
え
ら
れ
て
る
 
  
 
わ
あ
 
リ
サ
の
背
中
大
き
い
ね
 °
俺
の
倍
は
あ
り
そ
う
だ
 °
  
を
満
遍
無
く
を
洗
え
な
い
の
だ
 °
  
巨
体
な
リ
サ
の
背
中
も
勿
論
大
き
い
 °
俺
が
座
っ
て
い
て
は
背
中
  
洗
う
 °
  
リ
サ
は
ア
ヒ
ル
座
り
を
し
て
い
る
が
俺
は
直
立
で
彼
女
の
背
中
を
  
そ
ん
な
こ
ん
な
で
俺
が
ま
ず
リ
サ
の
背
中
を
洗
う
事
に
な
っ
た
 °
  
:
:
  
し
|
背
中
流
し
合
お
う
よ
|
♪
 
  
 
H
E
E
E
Y
!
透
ゥ
ゥ
|
!
な
ん
か
私
も
あ
っ
た
ま
っ
て
来
た
  
だ
っ
た
の
で
2
人
と
も
秘
湯
か
ら
上
が
る
  
 
も
|
う
リ
サ
は
元
気
だ
な
|
ハ
ハ
ハ
|
 
次
第
に
逆
上
せ
そ
う
  
体
が
明
ら
か
に
赤
る
み
と
て
も
ハ
イ
テ
ン
シ
ョ
ン
だ
 °
  
多
く
食
べ
た
リ
サ
は
効
果
が
俺
以
上
に
顕
著
に
出
て
た
 °
顔
と
身
  
体
故
か
判
ら
ん
が
彼
女
の
食
欲
に
も
驚
く
ば
か
り
だ
 °
  
よ
|
♪
 
リ
サ
は
あ
の
桃
を
多
め
に
食
べ
た
の
か
:
:
:
:
 °

   

  
は
手
は
届
か
な
か
っ
た
が
  
女
の
大
き
な
背
中
の
後
ろ
か
ら
で
は
先
端
に
あ
る
2
つ
突
起
物
に
  
そ
の
リ
サ
の
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
な
爆
乳
故
に
両
手
を
伸
ば
し
て
も
彼
  
 
き
ゃ
ん
!
そ
こ
は
ダ
メ
ぇ
:
:
あ
ぁ
:
:
:
:
 
  
∧
爆
乳
接
触
∨
を
決
行
し
た
  
た
♪
 
俺
は
ご
機
嫌
な
リ
サ
相
手
に
調
子
に
乗
り
パ
イ
タ
ッ
チ
  
 
へ
|
 
じ
ゃ
あ
コ
コ
は
ど
う
か
な
?
!
:
:
お
っ
と
手
が
滑
っ
  
ポ
|
ズ
を
す
る
 °
俺
は
そ
の
隙
を
見
逃
さ
ず
:
:
  
上
げ
 
背
中
や
ウ
エ
ス
ト
を
く
ね
く
ね
さ
せ
強
調
的
な
セ
ク
シ
|
  
彼
女
は
自
信
あ
り
気
に
座
っ
た
ま
ま
腕
を
上
に
曲
げ
て
髪
を
掻
き
  
し
ょ
?
こ
の
身
体
に
は
自
信
あ
る
ん
だ
か
ら
|
☆
 
  
 
へ
へ
|
ん
♪
だ
か
ら
言
っ
た
で
し
ょ
|
 °
私
の
事
見
直
し
た
で
  
ト
驚
か
さ
れ
て
ば
か
り
だ
  
 
わ
あ
 
凄
い
!
?
確
か
に
鍛
え
ら
れ
て
る
!
 
リ
サ
に
は
ホ
ン
  
に
硬
く
な
っ
た
  
が
力
を
入
れ
た
途
端
 
お
腹
が
一
気
に
引
き
締
ま
り
カ
ッ
チ
カ
チ
  
 
あ
ぁ
ん
!
く
す
ぐ
っ
た
|
|
い
!
不
意
打
ち
よ
透
!
!
 
リ
サ
  
エ
ス
ト
は
柔
ら
か
か
っ
た
 °
が
:
:
  
 
ほ
|
 
腹
筋
は
ど
う
な
の
か
ね
|
?
 
す
か
さ
ず
触
っ
た
ら
ウ
  
の
様
に
ご
機
嫌
だ
っ
た

















   

  
抱
き
か
か
え
ら
れ
た
飼
い
犬
の
よ
う
な
俺
  
げ
る
間
も
な
く
リ
サ
に
す
ぐ
捕
ま
る
 °
体
格
差
も
あ
り
飼
い
主
に
  
 
:
:
!
?
 
な
 
何
?
!
:
:
う
お
っ
:
:
!
!
 
戸
惑
い
逃
  
に
逆
セ
ク
ハ
ラ
す
る
ん
だ
か
ら
ぁ
:
:
!
 
  
 
別
に
イ
イ
わ
よ
 °
謝
ら
な
く
て
も
 
だ
っ
て
こ
れ
か
ら
私
が
透
  
る
 °
  
の
だ
っ
た
か
ら
つ
い
:
:
 
平
謝
り
し
 
土
下
座
で
彼
女
に
詫
び
  
 
わ
 
悪
か
っ
た
リ
サ
:
:
 °
あ
ま
り
に
見
事
な
身
体
だ
っ
た
も
  
の
だ
 °
あ
の
大
尻
に
も
触
り
た
か
っ
た
が
熱
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
 °
  
太
く
逞
し
い
剛
腕
と
爆
尻
で
弾
き
飛
ば
さ
れ
俺
は
戦
意
喪
失
し
た
  
る
わ
!
仏
の
顔
も
三
度
傘
よ
!
!
 
リ
サ
が
流
石
に
怒
り
 
  
 
い
や
ぁ
ん
!
も
う
ス
ケ
ベ
な
透
!
!
セ
ク
ハ
ラ
に
も
限
界
が
あ
  
に
引
っ
込
む
 °
  
次
第
に
危
な
い
気
持
ち
が
湧
き
上
が
っ
て
来
た
が
 
そ
れ
は
す
ぐ
  
た
い
く
ら
い
の
極
上
の
感
触
だ
っ
た
 °
  
爆
乳
は
張
り
が
強
く
 
だ
が
柔
ら
か
く
も
あ
り
ず
っ
と
触
っ
て
い
  
捏
ね
繰
り
回
し
て
も
文
字
通
り
持
て
余
す
リ
サ
の
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
  
え
は
抜
群
だ
っ
た
  
事
は
出
来
た
 °
石
鹸
で
滑
り
上
手
く
揉
め
た
か
判
ら
な
い
が
手
応
  
両
手
で
は
収
ま
ら
な
い
感
触
抜
群
の
2
m
越
え
の
爆
乳
を
鷲
掴
む

   

  
 
フ
フ
 
乗
・
せ
・
て
・
る
・
の
・
よ
☆
 
も
う
|
ち
ゃ
っ
か
り
  
間
で
絶
妙
な
心
境
に
立
た
さ
れ
て
い
る
  
ん
だ
?
こ
の
巨
女
体
天
g
 °
い
や
地
獄
は
!
?
痛
み
と
快
感
の
狭
  
下
は
筋
肉
 
上
は
大
爆
乳
 °
あ
と
 
後
ろ
は
腹
筋
か
:
:
な
ん
な
  
:
:
 
俺
は
爆
乳
に
頭
を
埋
も
れ
な
が
ら
彼
女
に
抗
議
を
す
る
  
 
リ
サ
!
デ
カ
パ
イ
が
圧
し
掛
か
っ
て
重
い
よ
!
し
か
も
苦
し
い
  
深
い
谷
間
に
俺
を
挟
み
込
ん
だ
の
だ
 °
  
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
爆
乳
で
俺
の
上
半
身
の
動
き
を
封
じ
よ
う
と
そ
の
  
突
然
重
い
物
が
圧
し
掛
か
り
視
界
が
真
っ
暗
に
な
っ
た
 °
リ
サ
が
  
ま
れ
下
半
身
の
動
き
を
封
じ
ら
れ
 
痛
気
持
ち
よ
く
な
っ
て
た
ら
  
若
干
足
掻
い
て
い
た
が
 
彼
女
の
丸
太
の
よ
う
な
両
足
で
挟
み
込
  
え
つ
け
ら
れ
椅
子
に
座
ら
さ
れ
る
 °
  
わ
ぁ
|
♪
キ
ャ
ハ
ハ
 
ガ
ッ
チ
リ
と
リ
サ
の
両
手
に
上
か
ら
押
さ
  
 
さ
あ
 °
交
代
よ
透
ぅ
 °
次
は
私
が
透
の
背
中
を
洗
っ
て
あ
げ
る
  
:
:
  
巨
体
の
威
圧
感
も
あ
り
実
に
怖
ろ
し
か
っ
た
・
  
リ
サ
の
顔
は
赤
ら
み
ニ
ヤ
ケ
面
だ
が
目
が
笑
っ
て
い
な
か
っ
た
 °
  
:
 
  
で
 
透
を
玩
具
に
し
て
弄
ん
で
あ
げ
る
っ
て
:
:
ウ
フ
フ
フ
フ
:
  
 
空
港
出
た
後
に
言
っ
た
で
し
ょ
|
?
大
き
く
な
っ
た
こ
の
身
体

   

  
 
あ
ぁ
ん
 
だ
か
ら
ダ
メ
ぇ
ん
 °
透
っ
て
ば
エ
ッ
チ
ぃ
|
 
  
に
何
遍
で
も
触
り
た
く
な
る
リ
サ
の
豪
乳
  
俺
は
ま
た
リ
サ
の
爆
乳
に
揉
み
つ
い
た
 °
欲
求
不
満
で
も
な
い
の
  
い
じ
ゃ
な
い
か
リ
サ
!
も
う
辛
抱
堪
ら
ん
揉
み
返
す
ぞ
|
|
!
!
 
  
 
い
た
た
た
た
た
た
た
た
た
た
!
痛
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
あ
あ
あ
あ
!
!
痛
  
上
が
っ
て
い
て
 
力
加
減
が
出
来
て
な
く
結
構
痛
い
 °
  
当
の
本
人
は
マ
ッ
サ
|
ジ
感
覚
な
の
だ
ろ
う
が
 
テ
ン
シ
ョ
ン
が
  
の
仕
返
し
よ
|
♪
 
リ
サ
は
俺
の
全
身
を
隈
な
く
揉
ん
で
き
た
 °
  
 
ん
|
 
そ
れ
な
ら
 
身
体
は
鍛
え
て
る
の
?
ほ
|
れ
 
さ
っ
き
  
れ
ば
逆
転
す
る
さ
 
  
 
俺
は
あ
の
時
の
ま
ま
だ
よ
 °
リ
サ
が
そ
れ
だ
け
大
き
く
成
長
す
  
る
な
ん
て
ね
 
  
 
昔
は
あ
ん
な
に
大
き
か
っ
た
透
の
背
中
も
こ
ん
な
に
小
さ
く
な
  
に
か
く
洗
う
わ
よ
|
 
リ
サ
は
俺
の
背
中
を
洗
い
始
め
る
 °
  
 
私
の
お
っ
ぱ
い
は
取
分
け
大
き
い
か
ら
仕
方
が
な
い
の
:
:
と
  
快
だ
っ
た
の
か
も
し
れ
な
い
 °
  
き
く
重
た
い
極
上
の
球
体
二
つ
に
圧
迫
さ
れ
る
の
は
あ
る
意
味
痛
  
実
際
お
互
い
満
更
で
は
な
か
っ
た
 °
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
よ
り
も
大
  
ん
だ
か
ら
ぁ
|
 
  
触
り
な
が
ら
揉
ん
で
る
し
透
っ
て
ば
ホ
ン
ト
そ
う
い
う
の
好
き
な

   

  
そ
こ
か
ら
下
は
ダ
ブ
ダ
ブ
に
余
り
バ
ス
ロ
|
ブ
っ
ぽ
く
見
え
た
り
  
リ
サ
の
豪
乳
も
肌
蹴
ず
包
め
る
位
に
胸
元
に
余
裕
が
あ
る
た
め
 
  
が
3
 
4
人
は
入
れ
そ
う
だ
っ
た
 °
  
そ
の
浴
衣
は
巨
体
の
リ
サ
で
も
袖
が
少
し
余
る
く
ら
い
巨
大
で
俺
  
た
ん
だ
|
 
  
 
結
び
方
が
解
ら
な
い
帯
と
か
お
ば
あ
さ
ん
に
手
伝
っ
て
も
ら
っ
  
れ
る
よ
う
な
お
っ
き
い
サ
イ
ズ
が
あ
っ
て
す
っ
ご
く
嬉
し
い
よ
 °
  
 
見
て
透
!
似
合
う
で
し
ょ
こ
の
浴
衣
 °
こ
の
旅
館
 
私
で
も
着
  
っ
た
顔
の
大
き
い
仲
居
の
お
婆
さ
ん
も
同
行
し
て
た
 °
  
そ
の
姿
は
寝
巻
用
の
大
き
な
浴
衣
だ
 °
後
ろ
に
は
さ
っ
き
外
で
会
  
来
た
 °
  
っ
と
待
っ
て
る
と
脱
衣
所
の
暖
簾
を
大
き
く
屈
ん
で
リ
サ
が
出
て
  
提
灯
で
照
ら
さ
れ
る
仄
暗
く
も
風
情
の
あ
る
旅
館
の
通
路
で
ち
ょ
  
な
い
と
:
:
 
  
に
な
る
と
巨
体
と
剛
力
故
に
手
に
負
え
な
く
な
る
な
 °
気
を
つ
け
  
 
は
|
 
イ
イ
お
湯
だ
っ
た
な
|
 °
し
か
し
 
リ
サ
は
H
I
G
H
  
:
:
  
が
っ
た
 °
  
い
て
冷
え
て
来
た
の
で
湯
船
に
戻
り
温
ま
り
直
し
て
温
泉
か
ら
上
  
お
互
い
攻
め
て
は
攻
め
ら
れ
て
の
流
し
合
い
っ
こ
は
し
ば
ら
く
続

   

  
リ
サ
は
早
く
も
寝
た
が
朝
方
前
に
 
寝
惚
け
な
が
ら
俺
を
ヌ
イ
グ
  
寝
す
る
 
  
睡
魔
に
襲
わ
れ
物
凄
く
眠
く
な
っ
た
の
で
リ
サ
と
部
屋
に
戻
り
就
  
あ
っ
た
が
  
ん
で
そ
ろ
そ
ろ
床
に
就
き
ま
す
よ
 
お
ば
あ
さ
ん
の
話
に
興
味
が
  
 
あ
は
は
 
彼
女
は
十
分
大
物
で
す
よ
 °
と
り
あ
え
ず
夜
も
遅
い
  
ね
え
 
  
が
出
て
来
る
と
は
長
生
き
す
る
も
ん
だ
あ
 °
あ
の
子
大
物
に
な
る
  
 
も
し
か
し
て
と
思
っ
た
が
ま
さ
か
娘
っ
子
で
コ
レ
を
着
れ
る
人
  
れ
て
た
か
な
?
ま
あ
い
い
か
 
  
 
え
?
日
本
の
方
に
そ
ん
な
巨
体
の
人
が
!
?
ギ
ネ
ス
に
記
載
さ
  
郎
た
ち
が
来
た
大
き
な
浴
衣
だ
よ
 
  
だ
か
:
:
ど
う
に
も
忘
れ
ち
ま
っ
た
ね
え
 °
と
に
か
く
何
と
か
太
  
 
ぎ
ね
す
?
そ
ん
な
名
前
は
知
ら
な
い
が
チ
カ
ラ
|
だ
か
三
年
|
  
ギ
ネ
ス
の
人
で
す
か
?
 
  
 
へ
|
 
こ
ん
な
大
き
な
人
が
過
去
に
泊
ま
り
に
来
た
ん
で
す
ね
?
  
し
な
が
ら
俺
に
話
し
か
け
た
  
着
れ
る
人
な
ん
て
久
し
ぶ
り
見
た
よ
 
お
婆
さ
ん
が
リ
サ
に
感
心
  
 
い
や
|
 
凄
い
ね
 °
お
客
さ
ん
の
連
れ
の
娘
 °
あ
の
大
浴
衣
を
  
も
す
る























   

  
の
反
応
  
か
っ
た
が
今
回
は
夢
見
心
地
で
隙
だ
ら
け
 
小
突
い
た
だ
け
で
こ
  
 
き
ゃ
ん
:
:
!
 
昨
晩
の
温
泉
で
は
背
後
か
ら
で
触
れ
ら
れ
な
  
突
い
た
 °
  
た
の
だ
 °
俺
は
色
ん
な
意
味
で
隙
だ
ら
け
の
彼
女
の
隙
を
正
し
く
  
胸
の
先
端
に
突
起
が
浴
衣
の
生
地
か
ら
で
も
ぷ
っ
く
り
見
え
て
い
  
彼
女
は
な
ん
と
ノ
|
ブ
ラ
で
寝
て
た
の
だ
  
 
:
:
よ
し
 
嫌
で
も
目
を
覚
ま
し
て
あ
げ
よ
う
:
:
ぬ
ふ
ふ
ふ
 
  
差
ボ
ケ
で
は
な
い
は
ず
な
の
に
全
く
仕
方
が
な
い
  
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
と
日
本
の
時
差
は
大
差
が
な
い
は
ず
だ
か
ら
時
  
け
る
  
浴
衣
が
乱
れ
気
味
で
だ
ら
し
な
い
寝
巻
姿
で
寝
返
り
ソ
ッ
ポ
を
向
  
 
:
:
え
ぇ
 
:
:
あ
:
:
ん
:
:
:
:
う
ぅ
:
:
z
z
z
 
大
  
風
邪
に
な
ら
な
い
な
ぁ
:
:
  
を
引
っ
剥
が
し
寝
相
が
悪
い
の
リ
サ
を
起
こ
す
 °
冬
な
の
に
よ
く
  
 
さ
あ
 
起
き
る
ん
だ
リ
サ
 °
帰
る
準
備
を
す
る
ぞ
|
!
 
布
団
  
そ
し
て
翌
朝
|
|
|
  
:
:
  
て
来
た
の
は
素
晴
ら
し
い
悪
夢
だ
っ
た
  
ル
ミ
か
何
か
と
間
違
え
剛
腕
と
健
脚
 
そ
し
て
爆
乳
で
抱
き
付
い

   

  
に
答
え
て
く
れ
た
  
 
:
:
あ
あ
 
そ
ん
な
も
ん
じ
ゃ
な
あ
 
お
爺
さ
ん
は
俺
の
問
い
  
 
あ
れ
?
お
爺
さ
ん
も
こ
の
旅
館
の
従
業
員
で
す
か
?
 
  
々
爺
と
い
う
感
じ
だ
  
て
さ
し
ず
め
ド
ラ
○
ン
○
|
ル
の
亀
○
人
の
よ
う
な
顔
を
し
た
好
  
長
い
白
眉
毛
と
白
髭
 
頭
は
少
し
白
髪
が
あ
る
が
ほ
ぼ
丸
剥
げ
て
  
し
て
い
た
 °
  
お
う
と
玄
関
を
出
た
ら
外
で
は
見
慣
れ
ぬ
お
爺
さ
ん
が
庭
掃
除
を
  
ロ
ビ
|
に
お
ば
あ
さ
ん
が
い
た
の
で
宿
泊
代
を
渡
す
 °
車
に
向
か
  
纏
め
る
 °
  
と
り
あ
え
ず
起
き
て
く
れ
た
の
で
 
宿
を
発
つ
準
備
を
し
 
荷
を
  
な
い
か
ら
起
こ
し
て
あ
げ
た
っ
て
の
に
 
  
 
い
つ
ま
で
も
お
胸
:
:
い
や
 
お
ネ
ム
な
リ
サ
が
目
を
覚
ま
さ
  
れ
た
  
っ
て
し
ま
っ
た
 °
ビ
ン
タ
で
は
な
く
張
り
手
だ
見
事
に
張
り
倒
さ
  
胸
だ
け
で
な
く
逆
鱗
に
も
触
れ
た
ら
し
く
顔
面
に
張
り
手
を
喰
ら
  
す
る
の
!
∧
バ
チ
ン
!
!
∨
 
リ
サ
は
起
き
て
く
れ
た
が
  
 
あ
:
:
:
:
ひ
ゃ
あ
ぁ
ん
!
!
 
 
も
う
 
な
ん
て
起
こ
し
方
  
な
く
生
地
越
し
で
擽
る
 °
  
調
子
に
乗
り
 
更
に
思
い
切
り
摘
ま
ん
だ
り
揉
ん
で
あ
げ
直
で
は

   

  
で
は
失
礼
し
ま
す
 
  
 
あ
あ
 
こ
れ
凄
く
美
味
し
い
で
す
よ
ね
 °
記
念
に
貰
い
ま
す
ね
 °
  
つ
じ
ゃ
 
  
お
客
さ
ん
 °
土
産
に
桃
は
ど
う
か
ね
?
秘
湯
に
も
使
っ
て
る
桃
二
  
 
そ
う
か
い
 
出
来
れ
ば
ま
た
来
て
も
ら
い
た
い
の
お
:
:
あ
と
 
  
ん
で
ま
た
機
会
が
あ
っ
た
ら
ま
た
泊
ま
り
に
来
ま
す
よ
 
  
 
十
分
 
大
物
で
す
け
ど
ね
 °
と
り
あ
え
ず
面
白
い
旅
館
だ
っ
た
  
ボ
ロ
ワ
ゴ
ン
車
よ
り
も
背
丈
が
あ
る
リ
サ
が
俺
を
呼
び
出
し
て
る
  
 
何
や
っ
て
る
の
よ
透
|
!
早
く
帰
ろ
う
よ
|
!
 
天
井
が
高
い
  
中
々
の
大
物
に
な
る
か
も
な
 
  
 
ワ
シ
の
目
に
は
あ
る
意
味
毒
じ
ゃ
よ
 °
ホ
ホ
ホ
:
:
 
あ
の
子
  
た
い
で
 
  
 
え
え
 
俺
も
驚
い
て
ま
す
 °
ま
だ
成
長
期
が
終
わ
っ
て
な
い
み
  
き
い
が
連
れ
の
娘
さ
ん
は
随
分
と
大
き
く
育
っ
と
る
の
 
  
 
そ
う
か
い
 
あ
そ
こ
の
婆
さ
ん
か
ら
話
は
聞
い
た
よ
 °
君
も
大
  
十
分
で
す
 
  
 
い
や
ぁ
 
こ
ち
ら
も
事
情
が
あ
り
ま
す
ん
で
お
気
持
ち
だ
け
で
  
ゆ
っ
く
り
し
て
も
イ
イ
ん
じ
ゃ
よ
?
お
安
く
す
る
ぞ
い
 
  
 
何
 
も
う
帰
る
の
か
い
?
せ
っ
か
く
来
た
ん
だ
か
ら
ず
|
っ
と
  
 
色
々
お
邪
魔
し
ま
し
た
 °
こ
れ
か
ら
早
速
帰
り
ま
す
ん
で
 


   

  
っ
た
わ
い
 °
 
  
れ
た
よ
う
じ
ゃ
 
特
に
あ
の
大
き
い
娘
さ
ん
は
多
目
に
食
べ
て
お
  
 
だ
が
 
桃
源
郷
の
桃
の
湯
に
入
り
な
が
ら
桃
を
ご
賞
味
し
て
く
  
で
し
ょ
う
ね
 °
も
う
来
れ
な
い
事
も
知
ら
ず
に
:
:
 
  
 
外
界
か
ら
こ
の
桃
源
郷
に
来
る
な
ん
て
余
程
欲
が
な
か
っ
た
ん
  
ん
て
の
う
:
:
ホ
ホ
ホ
 
  
ら
の
客
人
だ
っ
た
が
 
あ
ん
な
大
き
い
異
国
の
娘
さ
ん
が
来
る
な
  
 
お
う
 
山
姥
さ
ん
 °
ご
苦
労
じ
ゃ
っ
た
 °
久
し
ぶ
り
に
俗
世
か
  
 
行
っ
て
し
ま
い
ま
し
た
ね
 °
仙
人
様
 °
 
  
先
ほ
ど
の
旅
館
で
は
:
:
  
:
:
  
:
:
  
ち
は
年
末
の
プ
ラ
ン
を
練
り
 
家
路
へ
と
向
か
う
の
だ
っ
た
 °
  
 
途
中
で
変
な
の
混
じ
っ
て
た
ぞ
?
ま
あ
 
善
処
す
る
よ
 
透
た
  
コ
ス
プ
レ
と
か
年
末
や
年
始
に
は
神
社
で
お
参
り
と
か
か
な
?
  
 
う
|
ん
と
ね
 
あ
の
ね
|
ク
リ
ス
マ
ス
パ
|
テ
ィ
や
ア
キ
バ
で
  
だ
?
 
  
 
さ
あ
 
リ
サ
 °
温
泉
は
今
度
は
ど
ん
な
日
本
観
光
が
し
た
い
ん
  
く
  
そ
う
し
て
俺
た
ち
二
人
は
旅
館
を
後
に
し
て
街
へ
山
下
り
し
て
行

   

  
っ
た
 °
  
日
は
ク
リ
ス
マ
ス
パ
|
テ
ィ
を
し
て
楽
し
い
一
日
を
終
え
る
の
だ
  
不
思
議
体
験
に
気
付
か
ぬ
ま
ま
 
2
人
は
透
の
家
に
帰
り
 
そ
の
  
:
:
  
だ
が
 
手
土
産
に
貰
っ
た
桃
が
何
よ
り
の
証
拠
で
あ
る
の
だ
 °
  
程
度
で
あ
る
  
日
本
に
つ
い
て
勉
強
を
し
て
る
リ
サ
は
お
化
け
屋
敷
と
疑
っ
て
る
  
科
学
の
時
代
に
生
き
て
る
透
は
終
始
気
付
か
ず
終
い
だ
っ
た
の
だ
 °
  
で
あ
る
  
と
す
る
と
辿
り
着
け
な
い
限
り
な
く
近
く
遥
か
に
遠
い
世
界
な
の
  
そ
こ
は
理
想
郷
の
そ
れ
と
は
違
い
 
一
度
認
識
し
て
か
ら
来
よ
う
  
る
  
だ
 °
そ
し
て
 
そ
こ
で
仙
人
が
経
営
す
る
宿
に
泊
ま
れ
た
の
で
あ
  
知
ら
ず
知
ら
ず
に
別
次
元
の
桃
源
郷
に
繋
が
り
辿
り
着
い
た
よ
う
  
こ
か
の
ト
ン
ネ
ル
を
潜
り
抜
け
た
辺
り
で
  
ど
う
や
ら
透
と
リ
サ
は
宿
探
し
に
一
心
不
乱
だ
っ
た
せ
い
か
 
  
て
:
:
 
  
 
あ
の
リ
サ
と
い
う
娘
さ
ん
は
文
字
通
り
大
物
に
な
る
じ
ゃ
ろ
う
  
い
っ
て
ぇ
の
は
イ
イ
ね
|
 
  
 
へ
え
 
あ
た
し
ゃ
一
口
食
べ
る
だ
け
で
一
日
大
丈
夫
な
の
に
若

  > ≫