女の子の秘密

ガラシア 作
Copyright 2015 by Garashia All rights reserved.

その1<愛美編>

「ふう…」

「どうした?…疲れたなら俺がやるぞ?」(愛美の胸…母乳で張ってるな…妊娠してからものすごい勢いで大きくなって…今でも大きくなり続けているようだ…)

「そう?…ありがとうございます…蒼」

私には蒼という夫がいるの…この大きなお腹の中には2人の子供がいるのよ…長女から順に来瑠美、瑠瑠美、弓美、礼美、亜優美、真優美、恋乃美と7人産むつもり……早く産まれて来ないかな…たくさん母乳を飲ませたいわ…

大きなお腹といっても12人とかいればものすごい大きさになるわね…双子でも結構大きくなるのに…12人とか…どうなるのか見てみたいわ…

………………………………………………

2年後…

「あ〜…忙しいわ…子供たちに母乳をあげなきゃ…もうすぐ産まれて来る赤ちゃんも産まないと…」(前の妊娠中より胸が張って苦しい…たくさん飲んでいいのよ?…ふふっ…)

(愛美の胸…前の妊娠より大きくなったな…忙しそうな愛美に俺ができる事は…)

………………………………………………

数日後…

「愛美…プレゼントがある…子供たちにたくさん母乳を飲んでもらうために搾乳器を…使ってくれ…」

「あら…嬉しい♪…蒼にも母乳…飲ませてあげる…たくさん噴き出て来るけど…搾るのが面倒なの…これで解決ね」

「ああ…たくさん搾ってくれ…」

「ふむふむ…こうやって装着して…スイッチオン♪」

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!…ごぼおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!…

(うん…とっても楽だし…何もしなくても大量の母乳が搾れる…便利ね…)

(よし…母乳をたくさん搾ってくれ…愛美の胸…もっと大きくなるな…大きくなりすぎると不便だな…この粉を母乳に混ぜて…)

この粉が愛美の能力で…これは子供にも受け継がれ…異世界探索に使われる事になる…

この粉には肉体組織を自由に変異させる事ができる最先端の技術が使われている…この粉は異世界には低濃度で大量に存在し…そこに住む女性はこれを魔力と呼ぶ…魔力の詳細は後程…

「愛美…これを飲んでくれ…美味しいぞ?」

「あら…ありがとうございます…いただきます♪」

ごくごくごくごく…(美味しい…私の母乳ってこんなに美味しいのね…)

「美味しいか?…」

「うん…とっても…こんなに美味しい液体が私の胸から出て来るなんて…断乳したくないわ…」

「するかしないかは愛美の自由だ…俺個人としてはして欲しくないが…」

「蒼がそう言うなら…断乳しないよ…」

「それと…これを見てくれ…これを有効活用して欲しい…」

「ん?…何この粉…一緒にマニュアルもあるね…」

(肉体組織(女性の胸と尻と腿)を自由に変異させる事ができる最先端の技術…胸を収乳という…収乳によって母乳の生成を調節する事ができる…胸だけでなく尻や腿も大きさの調節ができる…尻を収尻…腿を収腿という…)

(へぇ…大きくなりすぎると恥ずかしい胸尻腿の3部位を一時的に小さくできるのね…これは便利…まだあるみたい…)

(逆に大きくする事もできる…この場合は胸を逆収乳…尻を逆収尻…腿を逆収腿と呼ぶ…逆収乳によって母乳が増えると同時に血液が増えるために貧血は起こらない…増える量は大きさによって変動する…大きくすればするほど増加量も増える…また逆収乳と母乳量の増加は連動していて…逆収乳をしなければ母乳量は増加しない…)

(逆に大きくする事もできるのね…母乳の増加と逆収乳は連動していて片方だけはできないのね…貧血は起こらない…これはすごいわ…まだあるみたい…)

(血圧低下を防ぐために心肺機能が拡張される…血圧が上がり…肺活量が増加し…心拍数が上がりやすくなり…心拍出量が増える…)

(へぇ…ちょっと走ってこよう…)

……………………………………….........

「はぁ…はぁ…」(前より心臓が激しく鼓動する…心拍数が上がりやすくなってるし…中々下がらない…うっ…)

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!…

(あっ…自然噴乳しちゃった…母乳が溜まりやすくなったかな…)

(血液が濃くなり母乳の量が増加する…血液が濃くなるのは収乳の影響で胸の中にある血液が圧縮され…そのまま解凍されるため…1秒で1ミリリットルの血液から無量大数を超える量の母乳ができる事もある…)

(えっ?…1秒で無量大数を超える量の母乳ができる…その噴乳を実際に見てみたいわ…)

(この粉の使用者の母乳を搾るための空間が用意されている…)

(へぇ…ここなら胸を思いっきり逆収乳できるわね…子供たちが全員女の子だといいなぁ…)

愛美の祈りは現実となった…その後…7人目の恋乃美まで全員女の子が産まれた…

(ふぅ…全員女の子でよかった…来瑠美と瑠瑠美も育って来たし…子育てを今から教えるのもいいかな…)

愛美は自分のように育って欲しくないという熱意を込めて娘には英才教育をする事に決めたのであった…Fin

愛美の詳細プロフィール

名前:双葉愛美

年齢:49才(または22才)

スリーサイズ:上から158(49才現在):57:117

※実際のバストは最大756まで大きくなった事がある

配偶者:双葉蒼

作者より:双葉蒼の妻で7児の母…○○○○クラブでホストガールをしていた…蒼から何度も指名を受け…彼の事が好きになる…2人の関係は知り合いから友達…友達から親友…親友から恋人…恋人から妻…深い関係になるほど…元々大きかった愛美の胸はさらに大きくなり…母乳が出るようになった…

娘を妊娠すると愛美の胸はもっと大きくなり…母乳の量も増えた…娘が育つと母乳は止まるどころかさらに増え…娘たちは大量の母乳を飲む事になるのであった…

娘たちが成人すると異世界が発見された…この異世界を探索するために愛美は秘密の空間で研究を繰り返している…

研究をしている事は誰も知らない…愛美だけの秘密の実験である…愛美は研究として改良を依頼した物質の作用で収乳をしなければ胸から無限に母乳が噴き出るようになってしまった…

依頼先から多額の賠償を受け取った愛美は7人の娘全員に自身の能力を習得させた…この能力は4つの違いがあった…

この4つの違いは来瑠美&瑠瑠美編で解説する…