ど
う
し
た
の
透
?
夢
で
も
見
て
ん
じ
ゃ
な
い
?
 
首
を
傾
げ
る
  
い
姿
に
な
っ
て
い
る
じ
ゃ
あ
な
い
か
?
!
 
  
な
っ
て
い
つ
の
間
に
か
こ
ん
な
と
こ
ろ
に
い
て
リ
サ
が
昔
の
小
さ
  
そ
の
人
は
地
図
を
出
し
た
と
案
内
を
す
る
か
と
思
っ
た
ら
眩
し
く
  
ね
た
ん
だ
:
:
  
ら
っ
た
お
じ
さ
ん
に
君
が
来
日
し
た
時
に
行
っ
た
旅
館
の
道
を
尋
  
俺
と
君
は
初
詣
を
終
え
た
後
 
鼻
が
長
い
紅
潮
し
た
顔
の
酔
っ
ぱ
  
 
あ
:
:
あ
り
の
ま
ま
 
今
ま
で
に
起
こ
っ
た
事
を
話
す
よ
リ
サ
?
  
  
リ
サ
に
話
し
か
け
る
  
そ
れ
に
激
し
く
戸
惑
う
透
は
途
中
ま
で
の
記
憶
を
頼
り
に
小
さ
な
  
姿
で
あ
る
  
隣
に
は
リ
サ
が
い
る
が
彼
の
頭
一
つ
分
低
い
急
成
長
前
の
彼
女
の
  
っ
て
い
る
状
況
で
始
ま
る
  
い
き
な
り
だ
が
場
面
は
変
わ
っ
て
壮
大
な
地
で
透
が
ポ
ツ
リ
と
立
  
  
リ
サ
と
の
正
月
:
:
  
  
ガ
ン
ガ
ン
∧
物
語
∨
・
冷
暖
坊
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
ト
|
ル
ガ
|
ル
 
そ
の
5
















≪ <  

  
そ
の
ま
ま
時
が
経
過
し
日
付
が
替
わ
り
 
初
詣
を
し
願
掛
け
を
す
  
起
き
な
い
の
で
敢
え
て
気
に
し
な
か
っ
た
 °
  
透
も
薄
々
誰
か
に
見
ら
れ
て
い
る
よ
う
な
気
が
し
た
が
特
に
何
も
  
人
は
全
く
い
な
い
様
子
だ
が
リ
サ
は
何
か
視
線
を
感
じ
て
い
た
  
内
は
ボ
ロ
く
は
見
え
ず
手
入
れ
が
さ
れ
て
い
る
様
だ
 °
  
す
っ
か
り
夜
も
更
け
て
真
っ
暗
な
上
に
若
干
薄
気
味
が
悪
い
が
境
  
の
古
め
か
し
い
神
社
な
の
で
あ
る
 °
 °
  
そ
こ
は
こ
な
い
だ
の
旅
館
探
し
の
時
に
た
ま
た
ま
見
つ
け
た
山
奥
  
晩
 °
リ
サ
と
透
は
初
詣
を
す
る
為
 
人
気
の
な
い
神
社
に
い
た
 
  
ク
リ
ス
マ
ス
の
せ
い
な
る
夜
か
ら
約
1
週
間
が
過
ぎ
た
大
晦
日
の
  
場
面
を
少
し
遡
ろ
う
:
:
  
  
ン
ト
に
夢
や
幻
を
見
て
る
ん
だ
ろ
う
か
:
:
?
 
  
そ
ん
な
チ
ャ
チ
な
も
ん
じ
ゃ
あ
な
い
 
コ
コ
は
ど
こ
な
ん
だ
?
ホ
  
幻
覚
や
錯
覚
だ
と
か
  
な
い
:
:
 
頭
が
ど
う
に
か
な
り
そ
う
だ
:
:
 
催
眠
術
だ
と
か
  
俺
も
:
:
ま
し
て
や
リ
サ
も
何
が
起
き
て
る
の
か
 
わ
か
り
ゃ
し
  
か
な
:
:
 
何
を
言
っ
て
い
る
の
か
わ
か
ら
な
い
と
思
う
け
ど
 
  
 
あ
れ
?
日
本
語
が
通
じ
る
ん
だ
ね
?
良
か
っ
た
!
で
も
夢
な
の
  
チ
ビ
リ
サ






















   

  
せ
な
い
二
人
  
人
影
も
な
か
っ
た
境
内
で
突
如
現
れ
た
相
手
に
流
石
に
驚
き
を
隠
  
ど
長
い
鼻
が
印
象
的
だ
  
い
お
じ
さ
ん
が
座
っ
て
晩
酌
を
し
て
い
る
 °
酔
っ
払
い
だ
ろ
う
け
  
境
内
に
高
下
駄
を
履
い
た
着
物
姿
で
酒
瓶
を
持
っ
て
い
る
顔
の
赤
  
初
詣
を
終
え
 
帰
ろ
う
と
す
る
が
先
程
ま
で
に
誰
も
い
な
か
っ
た
  
真
相
は
全
く
別
で
幻
想
的
な
場
所
だ
と
も
知
ら
ず
に
:
:
  
も
覚
え
て
な
い
せ
い
も
あ
っ
て
見
つ
け
ら
れ
ず
諦
め
た
よ
う
だ
 °
  
ち
な
み
に
道
中
あ
の
古
宿
に
お
邪
魔
し
よ
う
と
思
っ
た
透
だ
が
道
  
ら
な
い
と
:
:
∨
  
に
食
欲
が
湧
い
て
し
ょ
う
が
な
い
わ
 °
約
束
を
果
た
す
為
に
頑
張
  
∧
透
と
神
様
に
感
謝
し
な
い
と
ね
:
:
な
ん
だ
が
あ
の
頃
み
た
い
  
無
茶
な
約
束
し
た
け
ど
そ
れ
ま
で
に
は
な
ん
と
か
し
な
い
と
な
∨
  
っ
た
が
あ
そ
こ
ま
で
だ
と
は
な
:
:
だ
が
 
い
い
勉
強
に
な
っ
た
 °
  
∧
リ
サ
が
色
々
と
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
ダ
イ
ナ
マ
イ
ト
な
身
体
だ
と
思
  
後
日
窶
れ
気
味
だ
っ
た
透
も
今
で
は
好
調
だ
  
ク
リ
ス
マ
ス
後
日
か
ら
は
心
な
し
か
リ
サ
の
身
体
は
艶
が
増
し
て
 
  
そ
れ
を
終
え
た
二
人
の
顔
は
ど
こ
か
充
実
し
て
る
感
じ
だ
  
  
る
 °
























   

  
 
あ
 
ど
う
も
新
年
お
め
で
と
う
ご
ざ
い
ま
す
 
  
  
鼻
の
酔
っ
払
い
親
父
に
話
題
を
振
り
に
行
く
透
そ
れ
を
追
う
リ
サ
  
狼
狽
え
る
リ
サ
を
宥
め
て
半
信
半
疑
を
感
じ
つ
つ
も
勇
み
足
で
長
  
大
丈
夫
だ
ろ
?
 
  
も
し
危
険
に
な
っ
た
ら
俺
:
:
も
し
く
は
リ
サ
が
対
処
す
る
形
で
  
調
べ
る
の
に
丁
度
イ
イ
か
ら
試
し
に
一
緒
に
話
し
掛
け
よ
う
か
?
  
こ
の
辺
に
誰
か
居
た
ら
聞
こ
う
と
思
っ
て
た
あ
の
旅
館
の
場
所
を
  
の
神
主
さ
ん
か
も
し
れ
な
い
よ
 °
  
き
っ
と
ア
レ
は
 
着
物
に
下
駄
で
古
風
な
出
で
立
ち
だ
し
 
神
社
  
に
本
当
に
女
子
高
生
ら
し
く
て
可
愛
い
な
ぁ
も
う
|
  
 
な
ぁ
に
 
た
じ
ろ
ぐ
事
は
無
い
さ
 
リ
サ
は
大
き
い
身
体
の
割
  
ん
ど
い
ん
と
揺
さ
ぶ
れ
る
  
リ
サ
は
思
わ
ず
動
揺
し
狼
狽
え
る
 
反
動
で
自
慢
の
豪
乳
が
ど
い
  
わ
 
  
な
ん
だ
か
妖
怪
図
鑑
で
見
た
天
狗
み
た
い
で
怪
し
く
て
不
気
味
だ
  
て
る
み
た
い
ね
 °
  
な
人
こ
の
神
社
に
居
な
か
っ
た
の
に
:
:
顔
が
赤
い
し
酔
っ
払
っ
  
 
わ
ぁ
!
?
何
か
し
ら
 
あ
の
お
じ
さ
ん
?
!
さ
っ
き
ま
で
あ
ん
  


























   

  
 
え
 
本
当
で
す
か
?
 
  
か
し
よ
う
か
の
?
 
  
 
ま
あ
 
そ
ん
な
も
ん
じ
ゃ
の
:
:
仕
方
な
い
か
ら
儂
が
ど
う
に
  
る
ん
で
す
か
?
 
  
 
え
 
ど
う
い
う
事
で
す
?
定
休
日
か
改
装
工
事
に
で
も
な
っ
て
  
知
っ
て
行
こ
う
と
し
て
も
泊
ま
れ
な
い
と
思
う
ぞ
 
  
 
お
ぅ
 
よ
く
知
っ
と
る
さ
 °
じ
ゃ
が
 
お
若
い
人
 
今
は
道
を
  
 
は
 
は
い
!
詳
し
い
で
す
ね
 
知
っ
て
る
ん
で
す
ね
!
?
 
  
お
若
い
人
 °
桃
が
美
味
か
っ
た
じ
ゃ
ろ
?
 
  
 
お
ぉ
 
知
っ
と
る
よ
 °
そ
う
か
あ
の
宿
に
泊
ま
れ
た
の
か
ね
 
  
ん
で
す
が
見
当
た
ら
な
い
み
た
い
で
し
て
 
  
先
週
に
2
人
で
一
宿
一
飯
を
頂
い
た
ん
で
ま
た
来
よ
う
と
思
っ
た
  
ん
で
す
が
ご
存
知
で
す
か
?
  
 
こ
の
辺
に
あ
る
{
番
摩
屋
}
と
い
う
古
風
な
旅
館
を
探
し
て
る
  
 
ま
あ
 
そ
ん
な
も
ん
じ
ゃ
な
 °
儂
に
何
か
聞
き
た
い
の
か
ね
?
 
  
 
お
じ
さ
ん
は
こ
の
神
社
の
関
係
者
で
す
か
?
 
  
し
た
い
の
で
す
が
:
:
 
  
 
え
ぇ
 
よ
く
言
わ
れ
ま
す
 °
と
こ
ろ
で
挨
拶
つ
い
で
に
お
訪
ね
  
連
れ
の
娘
さ
ん
は
随
分
と
大
き
い
彼
女
さ
ん
じ
ゃ
わ
い
 
  
 
あ
ぁ
 
お
若
い
方
 
新
年
お
め
で
と
さ
ん
じ
ゃ
の
?
 °
し
か
し
 

   

  
隠
者
こ
と
天
狗
そ
の
も
の
だ
っ
た
の
だ
  
リ
サ
が
天
狗
に
似
て
る
と
例
え
た
顔
が
赤
い
酔
っ
払
い
は
山
林
の
  
仙
人
そ
の
人
で
あ
る
 °
  
そ
う
言
っ
て
姿
を
見
せ
た
の
は
番
摩
屋
に
い
た
お
爺
さ
ん
も
と
い
  
殿
:
:
 
  
 
う
む
 
こ
れ
で
彼
ら
と
意
思
疎
通
が
出
来
る
感
謝
す
る
ぞ
天
狗
  
れ
る
  
:
?
 
そ
う
い
う
と
暗
が
り
か
ら
人
影
が
何
処
か
ら
と
も
な
く
現
  
 
や
れ
や
れ
 
ち
ぃ
と
手
荒
い
が
こ
れ
で
宜
し
い
ん
で
す
か
な
:
  
地
面
を
震
わ
せ
て
リ
サ
も
遅
れ
て
卒
倒
す
る
  
 
透
!
ど
う
し
た
:
:
の
:
:
:
:
 
ド
シ
ぃ
ン
!
 
 
豪
乳
と
  
神
し
て
倒
れ
る
  
 
な
?
何
:
:
だ
:
:
:
:
 
ド
サ
ッ
 
 
そ
れ
を
見
た
透
は
失
  
両
目
が
激
し
く
閃
光
す
る
  
 
ふ
ぅ
お
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
ぁ
?
!
!
!
!
!
 
お
じ
さ
ん
の
  
  
を
近
づ
け
る
2
人
 
 
す
る
と
:
:
  
長
鼻
お
じ
さ
ん
が
懐
か
ら
地
図
ら
し
き
紙
切
れ
を
出
し
た
の
で
顔
  
し
よ
う
か
の
:
:
 
  
 
そ
う
と
も
:
:
取
り
敢
え
ず
顔
を
近
づ
け
な
さ
れ
地
図
で
案
内

   

  
 
透
!
!
 
甲
高
い
女
子
の
声
が
聞
こ
え
て
来
る
 °
急
成
長
以
前
  
そ
こ
に
ど
こ
か
ら
か
小
さ
い
人
影
が
走
っ
て
く
る
 °
  
は
夢
の
世
界
に
浸
っ
て
い
た
  
気
を
失
い
夢
幻
の
世
界
に
誘
わ
れ
初
夢
を
見
る
2
人
 
リ
サ
と
透
  
  
そ
し
て
話
は
冒
頭
の
場
面
に
近
づ
い
て
く
る
 °
  
  
え
神
社
の
寝
床
が
眩
し
い
光
に
包
ま
れ
る
  
仙
人
は
そ
う
話
し
た
後
 
ブ
ツ
ブ
ツ
と
念
仏
の
よ
う
な
呪
文
を
唱
  
か
く
事
を
済
ま
し
た
ら
宿
に
帰
る
か
ら
の
ぉ
 
  
:
や
れ
 
全
く
長
生
き
し
過
ぎ
る
も
ん
じ
ゃ
な
い
の
ぉ
:
:
と
に
  
あ
る
ん
じ
ゃ
よ
あ
の
時
に
全
部
伝
え
れ
ば
良
か
っ
た
ん
じ
ゃ
が
:
  
 
彼
ら
は
わ
し
に
用
が
あ
る
よ
う
じ
ゃ
し
 
わ
し
も
伝
え
忘
れ
が
  
直
に
話
し
合
え
ば
宜
し
い
の
に
:
:
 
  
 
手
間
な
事
を
し
ま
す
な
ぁ
 
わ
ざ
わ
ざ
こ
ん
な
事
を
せ
ん
で
も
  
と
運
び
布
団
を
被
せ
る
  
る
リ
サ
の
体
格
差
さ
え
物
と
も
せ
ず
神
社
の
屋
内
に
2
人
を
早
々
  
天
狗
と
仙
人
は
術
で
も
使
っ
て
い
る
の
だ
ろ
う
か
:
:
巨
躯
で
あ
  
い
て
し
ま
う
わ
い
 
中
へ
運
ぶ
ぞ
い
 
  
 
じ
ゃ
が
 
こ
こ
で
眠
ら
せ
た
ま
ま
で
は
こ
の
2
人
が
風
邪
を
ひ

   

  
華
奢
な
リ
サ
が
変
貌
し
て
い
く
 °
グ
グ
グ
グ
グ
ン
 
グ
グ
 
グ
グ
  
て
い
く
  
べ
た
時
み
た
い
な
勢
い
で
ど
ん
ど
ん
大
き
く
な
り
急
激
に
発
育
し
  
リ
サ
の
身
体
が
某
有
名
ゲ
|
ム
の
配
管
工
オ
ヤ
ジ
が
キ
ノ
コ
を
食
  
  
透
は
モ
モ
を
食
べ
て
る
彼
女
に
異
変
が
起
き
た
の
に
気
付
い
た
  
に
ど
こ
な
ん
だ
ろ
:
:
ん
?
!
 
  
 
そ
う
か
 
旅
館
は
無
い
け
ど
桃
の
木
は
あ
る
の
か
:
:
ホ
ン
ト
  
バ
ク
バ
ク
食
べ
だ
す
リ
サ
 °
  
の
を
採
っ
た
ん
だ
よ
 °
い
た
だ
き
ま
|
す
!
 
  
 
う
う
ん
 
近
く
の
大
き
な
モ
モ
の
木
に
実
が
た
く
さ
ん
あ
っ
た
  
 
こ
れ
は
あ
の
桃
じ
ゃ
な
い
か
?
近
く
に
旅
館
が
あ
っ
た
の
か
い
?
 
  
あ
っ
た
桃
だ
と
判
っ
た
 °
  
リ
サ
は
ど
こ
か
ら
か
桃
を
取
り
出
し
た
一
口
齧
っ
て
あ
の
旅
館
に
  
 
透
!
気
に
し
て
も
仕
方
な
い
か
ら
一
先
ず
何
か
食
べ
な
い
?
 
  
  
し
か
し
当
時
は
こ
ん
な
甲
高
い
声
を
し
て
た
の
か
:
:
∨
  
∧
そ
う
そ
う
昔
の
リ
サ
は
こ
ん
な
に
チ
ビ
だ
っ
た
ん
だ
よ
な
:
:
  
格
好
は
温
泉
で
着
て
た
豪
州
旗
ビ
キ
ニ
だ
が
ミ
ニ
サ
イ
ズ
だ
  
の
華
奢
で
お
チ
ビ
な
リ
サ
だ















   

  
桃
の
木
に
無
数
に
あ
る
桃
の
実
を
今
度
は
大
き
く
な
っ
た
分
ガ
ツ
  
っ
と
ッ
!
!
 
  
 
そ
う
よ
!
!
も
っ
と
食
べ
た
い
の
 
そ
う
 
も
っ
と
よ
:
:
も
  
 
ん
?
ま
だ
物
足
り
な
い
の
か
リ
サ
?
!
 
  
ジ
ャ
ン
い
け
る
わ
!
 
  
 
ま
あ
イ
イ
わ
!
木
か
ら
モ
モ
が
採
れ
易
く
な
っ
た
か
ら
ジ
ャ
ン
  
然
と
す
る
透
  
 
え
:
:
!
?
コ
レ
は
一
体
:
:
ホ
ン
ト
に
夢
な
の
か
?
!
 
唖
  
現
在
の
リ
サ
に
急
成
長
し
た
チ
ビ
リ
サ
  
さ
い
:
:
?
私
の
身
体
が
戻
っ
た
の
?
 
透
の
目
の
前
で
一
気
に
  
 
ふ
ぅ
 
美
味
し
い
!
ま
だ
ま
だ
食
べ
ら
れ
る
わ
!
あ
れ
透
が
小
  
と
伸
び
広
が
り
拡
張
す
る
豪
州
旗
ビ
キ
ニ
  
水
着
も
夢
だ
か
ら
か
破
れ
ず
に
生
地
が
身
体
に
合
わ
せ
グ
イ
グ
イ
  
り
ボ
リ
ュ
|
ム
も
重
量
感
も
増
し
て
成
長
す
る
リ
サ
の
身
体
  
に
 
並
か
ら
豊
 
巨
 
爆
と
風
船
の
よ
う
に
グ
ン
グ
ン
膨
れ
上
が
  
平
坦
だ
っ
た
バ
ス
ト
が
グ
ン
グ
ン
膨
ら
み
出
し
 
控
え
め
か
ら
並
  
だ
け
で
一
回
り
二
回
り
全
身
が
発
達
し
て
い
く
よ
う
だ
  
あ
っ
と
い
う
間
に
伸
び
て
視
線
が
上
っ
て
行
く
リ
サ
 °
一
口
齧
る
  
ズ
ズ
ズ
 
ズ
ズ
ン
 
ド
ス
ド
ス
ド
ス
ン
!
!
  
|
ン
!
!
ム
ク
ム
ク
 
プ
ク
プ
ク
 
プ
ル
プ
ル
 
ド
プ
ル
ン
 
ズ

   

  
て
い
る
  
そ
の
声
は
巨
大
化
故
か
大
分
重
低
に
な
り
中
性
的
な
声
質
に
な
っ
  
迫
力
と
自
信
溢
れ
る
顔
と
身
体
に
に
な
り
優
越
感
に
浸
る
リ
サ
  
 
ふ
ぅ
:
:
お
腹
一
杯
だ
わ
!
そ
れ
に
な
ん
だ
か
良
い
気
分
よ
 
  
柔
肌
の
猛
烈
な
弾
力
で
全
身
が
締
め
付
け
ら
れ
る
よ
う
だ
  
そ
の
山
の
よ
う
な
豪
乳
の
肌
と
肌
と
の
谷
間
に
押
し
込
ま
れ
る
透
 °
  
に
摘
ま
ま
れ
  
化
し
た
リ
サ
 °
腕
と
脚
は
大
木
並
 
丸
太
の
よ
う
な
大
き
さ
の
指
  
ゆ
く
 
ま
る
で
特
撮
の
怪
獣
や
巨
人
の
よ
う
だ
 °
急
成
長
で
巨
大
  
身
体
も
伸
び
て
ゆ
き
 
透
と
の
体
格
差
が
ま
す
ま
す
か
け
離
れ
て
  
リ
サ
の
豪
乳
  
ズ
か
ら
大
型
ガ
ス
タ
ン
ク
級
へ
と
ど
ん
ど
ん
膨
れ
上
が
っ
て
い
く
  
バ
ラ
ン
ス
ボ
|
ル
か
ら
大
玉
 
ア
ド
バ
ル
|
ン
 
更
に
気
球
サ
イ
  
だ
:
:
  
|
|
|
ン
!
!
一
個
食
べ
る
毎
に
身
体
が
一
回
り
成
長
し
て
く
様
  
グ
グ
グ
|
ン
 
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
ゴ
:
:
 
ズ
ズ
ズ
ズ
ズ
ズ
ズ
シ
  
い
で
再
び
成
長
し
出
し
た
  
す
る
と
た
だ
で
さ
え
巨
体
の
リ
サ
が
グ
ン
グ
ン
と
目
に
見
え
る
勢
  
  
ガ
ツ
と
沢
山
食
べ
だ
す

















   

  
れ
だ
け
の
大
成
長
す
る
と
い
う
試
行
じ
ゃ
 
  
 
あ
の
娘
が
あ
の
小
さ
い
身
体
で
こ
の
桃
を
食
べ
る
と
最
大
で
こ
  
 
へ
ぇ
?
!
:
:
そ
れ
は
ど
う
い
う
:
:
 
  
 
も
う
イ
イ
ぞ
い
 
判
っ
と
る
か
ら
説
明
せ
ん
で
い
い
 
  
急
成
長
だ
と
か
そ
ん
な
チ
ャ
チ
な
も
ん
じ
ゃ
あ
:
:
 
  
り
そ
う
で
す
:
:
  
も
何
が
起
き
て
い
る
の
か
判
ら
な
い
で
す
:
:
頭
が
ど
う
に
か
な
  
な
:
:
何
を
言
っ
て
い
る
の
か
わ
か
ら
な
い
と
思
い
ま
す
が
 
俺
  
れ
ど
こ
ろ
か
更
に
成
長
し
て
こ
ん
な
巨
大
に
:
:
!
  
で
縮
ん
だ
と
思
っ
た
ら
桃
を
食
べ
た
ら
元
に
戻
っ
た
ん
で
す
 °
  
く
あ
り
の
ま
ま
今
起
こ
っ
た
事
を
話
し
ま
す
!
大
き
い
彼
女
が
夢
  
 
あ
:
:
旅
館
の
お
爺
さ
ん
!
何
故
こ
ん
な
状
況
で
?
!
と
に
か
  
 
大
変
そ
う
じ
ゃ
の
:
:
お
若
い
方
 
  
た
だ
た
だ
戸
惑
う
ば
か
り
の
彼
に
旅
館
の
主
・
仙
人
が
出
て
来
た
  
れ
意
識
と
思
考
が
麻
痺
し
て
い
る
  
彼
は
二
つ
の
巨
大
超
乳
の
弾
力
と
リ
サ
の
フ
ェ
ロ
モ
ン
に
魅
惑
さ
  
は
越
え
て
そ
う
で
と
に
か
く
デ
カ
い
  
推
定
2
3
m
以
上
の
背
丈
に
バ
ス
ト
は
判
断
不
能
だ
が
約
3
0
m
  
る
ん
じ
ゃ
な
い
か
!
?
 
  
 
リ
:
:
リ
サ
が
こ
ん
な
に
大
き
く
:
:
1
0
倍
は
巨
大
化
し
て

   

  
 
あ
|
や
っ
ぱ
り
・
夢
・
な
ん
で
す
ね
 °
道
理
で
こ
れ
だ
け
無
茶
  
二
人
は
目
覚
ま
せ
ば
殆
ん
ど
忘
れ
る
は
ず
じ
ゃ
:
:
 
  
か
ら
 °
あ
と
そ
れ
に
:
:
こ
れ
は
夢
の
中
の
出
来
事
じ
ゃ
か
ら
お
  
そ
れ
だ
け
の
巨
大
重
量
物
の
乳
房
に
挟
ま
れ
て
潰
れ
な
い
の
じ
ゃ
  
っ
て
る
し
大
丈
夫
じ
ゃ
ろ
ぉ
:
:
  
若
い
方
も
個
人
差
と
は
い
え
桃
の
効
果
で
凄
い
頑
強
な
身
体
に
な
  
よ
う
じ
ゃ
の
 °
ワ
シ
の
取
り
越
し
苦
労
じ
ゃ
っ
た
よ
う
だ
:
:
お
  
 
ど
う
や
ら
こ
れ
か
ら
の
娘
さ
ん
の
苦
難
を
受
け
入
れ
て
く
れ
る
  
が
惜
し
い
が
 
そ
れ
を
聞
け
て
安
心
し
ま
し
た
 
  
 
良
か
っ
た
!
ち
ょ
っ
と
こ
の
巨
大
お
っ
ぱ
い
が
味
わ
え
な
い
の
  
り
は
更
に
大
き
く
成
長
し
て
し
ま
う
の
ぉ
 
  
じ
ゃ
ろ
?
実
際
の
娘
さ
ん
は
そ
ん
な
感
じ
じ
ゃ
 °
ひ
と
ま
ず
今
よ
  
え
か
け
の
火
に
可
燃
性
の
高
い
油
や
火
薬
を
加
え
た
ら
爆
発
す
る
  
 
な
ぬ
?
!
肯
定
的
と
は
大
し
た
も
ん
じ
ゃ
の
:
:
例
え
ば
 
  
残
念
で
す
:
:
 
  
 
こ
ん
な
可
能
性
が
あ
っ
た
だ
な
ん
て
:
:
そ
れ
は
途
轍
も
な
く
  
に
食
べ
た
か
ら
こ
ん
な
に
巨
大
に
は
な
ら
ん
が
の
ぉ
 °
 
  
た
ら
こ
ん
だ
け
巨
大
に
育
つ
 °
現
実
は
成
長
期
が
鈍
り
出
し
た
際
  
 
あ
く
ま
で
最
大
じ
ゃ
急
成
長
期
に
こ
の
桃
ば
か
り
食
べ
続
け
て
  
 
な
ん
:
:
で
す
と
:
:
!
?
 













   

  
方
が
な
い
の
だ
  
の
大
部
分
を
覚
え
て
い
な
い
 °
夢
と
は
そ
う
い
う
も
の
だ
か
ら
仕
  
そ
し
て
透
と
リ
サ
は
目
を
覚
ま
す
 °
あ
れ
だ
け
の
夢
を
見
て
内
容
  
  
で
起
き
た
事
は
忘
れ
る
お
達
者
で
な
ぁ
お
若
い
方
:
:
 
  
方
は
君
し
か
お
ら
ぬ
 °
こ
れ
ら
は
覚
え
て
い
る
が
ワ
シ
と
あ
の
宿
  
け
の
大
き
な
身
体
と
そ
れ
に
比
例
す
る
愛
を
受
け
入
れ
ら
れ
る
殿
  
あ
の
娘
さ
ん
の
凄
ま
じ
い
食
欲
を
満
た
せ
る
は
ず
じ
ゃ
 °
あ
れ
だ
  
種
を
植
え
さ
せ
な
さ
い
 °
そ
れ
な
り
に
良
い
実
が
な
る
じ
ゃ
ろ
う
  
ゃ
ろ
?
ア
レ
は
こ
の
娘
さ
ん
の
故
郷
に
持
っ
て
行
か
せ
 
そ
こ
で
  
な
人
間
に
な
っ
て
る
事
 °
後
は
土
産
に
渡
し
た
桃
が
ま
だ
あ
る
じ
  
更
な
る
成
長
が
待
っ
て
る
の
と
君
が
不
死
身
に
近
い
よ
う
な
頑
丈
  
 
い
や
 
忘
れ
て
し
ま
う
 °
覚
え
て
る
事
と
言
え
ば
 
娘
さ
ん
の
  
よ
 
  
 
え
ぇ
 
あ
ん
な
に
個
性
的
な
旅
館
を
忘
れ
る
わ
け
が
な
い
で
す
  
と
は
来
れ
ぬ
場
所
じ
ゃ
て
 
  
夢
と
現
の
境
目
に
あ
り
ど
ち
ら
に
し
ろ
生
き
て
る
う
ち
に
は
二
度
  
ら
の
い
る
宿
の
事
も
忘
れ
る
ぞ
 °
あ
そ
こ
は
桃
源
郷
の
入
り
口
 °
  
 
何
割
か
は
ワ
シ
の
術
で
も
あ
る
 °
そ
し
て
も
う
一
つ
:
:
わ
し
  
苦
茶
な
事
が
起
き
る
わ
け
だ
:
:
 












   

  
  
シ
も
初
詣
で
忙
し
く
な
る
か
ら
気
を
つ
け
て
の
ぉ
 
  
 
そ
う
し
な
さ
い
お
二
人
さ
ん
 °
そ
ろ
そ
ろ
日
の
出
も
近
い
し
ワ
  
か
く
帰
ろ
う
か
 
  
ら
れ
た
気
が
す
る
け
ど
大
し
て
思
い
出
せ
な
い
な
ぁ
:
:
 °
と
に
  
な
物
で
サ
ン
ド
イ
ッ
チ
に
さ
れ
た
ん
だ
 °
で
誰
か
に
何
か
を
伝
え
  
 
俺
は
昔
の
リ
サ
が
出
て
来
て
:
:
そ
の
後
柔
ら
か
い
凄
く
大
き
  
い
:
:
 
  
な
っ
て
い
く
の
 °
爽
快
感
が
あ
っ
た
:
:
で
も
よ
く
思
い
出
せ
な
  
 
な
ん
か
ス
ゴ
イ
初
夢
を
見
た
よ
透
:
:
 
私
が
大
き
な
巨
人
に
  
じ
ゃ
よ
 
  
 
2
人
が
夜
更
か
し
で
眠
っ
て
し
ま
っ
た
か
ら
泊
め
て
あ
げ
た
ん
  
 
  
 
あ
 
あ
あ
:
:
赤
鼻
の
お
じ
さ
ん
!
と
い
う
事
は
こ
こ
は
神
社
!
?
  
を
起
こ
す
  
 
起
き
た
か
ね
?
カ
ッ
プ
ル
の
お
二
人
さ
ん
 
天
狗
が
リ
サ
と
透
  
寝
起
き
を
味
わ
っ
て
い
た
の
だ
  
彼
の
後
頭
部
は
彼
女
の
豪
乳
に
あ
た
っ
て
お
り
苦
し
く
も
愉
悦
な
  
リ
締
め
付
け
て
ホ
|
ル
ド
さ
れ
て
い
た
 °
  
透
が
起
き
た
時
の
状
況
は
リ
サ
が
彼
を
抱
き
枕
の
よ
う
に
ガ
ッ
ツ

   

  
届
け
る
 °
  
日
リ
サ
が
要
望
し
た
特
注
制
服
が
仕
上
が
り
 
リ
サ
の
元
へ
送
り
  
そ
う
し
て
見
送
る
彼
を
背
に
リ
サ
は
豪
州
に
帰
っ
て
行
っ
た
 °
  
お
達
者
で
!
!
 
  
 
G
O
O
D
L
U
C
K
だ
リ
サ
!
俺
も
そ
の
時
を
待
っ
て
る
よ
!
  
 
色
々
あ
り
が
と
う
ね
 °
ま
た
会
う
時
を
楽
し
み
に
す
る
か
ら
!
!
 
  
で
食
べ
て
記
念
に
植
え
る
と
い
い
 
  
件
は
後
日
 
出
来
次
第
リ
サ
の
所
に
送
る
よ
 °
そ
の
桃
は
向
こ
う
  
 
あ
あ
 
大
丈
夫
だ
 °
機
内
食
じ
ゃ
物
足
り
な
い
だ
ろ
?
制
服
の
  
も
こ
ん
な
に
:
:
 
  
 
お
土
産
も
こ
ん
な
に
渡
し
て
く
れ
た
け
ど
い
い
の
?
デ
ザ
|
ト
  
は
真
冬
で
寒
い
ん
だ
か
ら
 
  
 
向
こ
う
は
夏
だ
も
ん
な
 °
で
も
涼
し
く
は
な
い
だ
ろ
?
こ
っ
ち
  
わ
 
  
 
じ
ゃ
あ
ね
!
透
 °
日
本
で
の
年
末
年
始
涼
し
い
し
楽
し
か
っ
た
  
行
く
透
 °
  
リ
サ
の
帰
国
す
る
日
が
来
た
 °
彼
女
が
来
日
し
た
空
港
に
送
り
に
  
2
人
で
楽
し
い
お
正
月
を
過
ご
し
 
  
初
日
の
出
を
見
る
 °
ご
来
光
を
見
終
え
え
て
帰
宅
し
た
数
日
間
は
  
そ
の
後
 
リ
サ
と
透
は
見
晴
ら
し
の
良
い
山
の
展
望
ス
ポ
ッ
ト
で

   

  
胸
元
は
ボ
タ
ン
が
締
め
ら
れ
ず
袖
も
足
り
な
く
な
っ
て
い
る
 °
  
謝
罪
す
る
リ
サ
は
小
さ
く
な
っ
た
特
注
制
服
を
着
よ
う
と
す
る
が
  
そ
の
言
葉
に
透
は
驚
い
た
 °
  
:
:
成
長
し
ち
ゃ
っ
た
の
:
:
:
:
 
  
服
も
う
窮
屈
で
着
れ
な
く
な
っ
ち
ゃ
っ
た
 °
ま
た
身
体
が
大
き
く
  
 
ご
め
ん
な
さ
い
透
:
:
せ
っ
か
く
プ
レ
ゼ
ン
ト
し
て
く
れ
た
制
  
な
ん
か
違
和
感
を
感
じ
る
が
 
映
像
の
彼
女
が
喋
っ
た
 °
  
そ
こ
へ
普
段
着
の
ら
し
き
リ
サ
が
映
る
が
ど
こ
か
残
念
そ
う
だ
 °
  
前
の
撮
影
さ
れ
た
映
像
に
な
る
  
だ
が
 
そ
れ
で
終
わ
り
で
は
な
い
続
く
映
像
で
は
日
付
が
1
週
間
  
た
よ
 °
ア
レ
な
ら
も
っ
と
食
べ
た
い
く
ら
い
ね
☆
 
  
産
と
デ
ザ
|
ト
も
と
て
も
よ
か
っ
た
わ
!
特
に
桃
が
美
味
し
か
っ
  
 
透
!
素
敵
な
制
服
の
プ
レ
ゼ
ン
ト
あ
り
が
と
う
 °
貰
っ
た
お
土
  
姿
の
リ
サ
が
嬉
し
そ
う
に
燥
い
で
い
る
映
像
だ
 °
  
彼
は
そ
の
D
V
D
を
再
生
す
る
 °
前
の
手
紙
の
写
真
で
見
た
制
服
  
が
届
い
て
い
た
 °
デ
ィ
ス
ク
が
付
い
て
い
る
 
ビ
デ
オ
レ
タ
|
だ
  
だ
が
し
ば
ら
く
し
な
い
更
に
一
ヶ
月
後
ま
た
も
リ
サ
か
ら
の
便
り
  
サ
  
制
服
姿
の
写
真
も
付
い
て
い
て
逞
し
く
も
可
愛
ら
し
い
容
姿
の
リ
  
2
週
間
く
ら
い
し
た
ら
リ
サ
か
ら
感
謝
の
お
返
事
が
来
た
 °



   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
透
は
逆
に
そ
の
成
長
ぶ
り
に
歓
喜
し
て
い
る
の
だ
っ
た
  
て
た
が
  
彼
女
は
プ
レ
ゼ
ン
ト
で
貰
っ
た
憧
れ
の
制
服
姿
に
な
れ
ず
落
胆
し
  
堪
能
し
た
か
っ
た
の
に
な
:
:
グ
ス
ン
 
  
ち
ゃ
っ
た
の
 °
胸
も
膨
ら
ん
じ
ゃ
っ
て
:
:
こ
の
制
服
を
も
っ
と
  
 
ま
だ
成
長
は
止
ま
っ
て
な
い
み
た
い
で
2
4
0
p
O
V
E
R
し
  
一
回
り
大
き
く
成
長
し
て
い
る
の
だ
 °
  
違
和
感
は
コ
レ
な
の
だ
 °
豪
乳
な
巨
体
の
リ
サ
が
帰
国
か
ら
更
に
  
ッ
と
盛
り
上
が
り
服
か
ら
解
放
を
求
め
る
よ
う
だ
  
無
理
し
て
着
て
る
為
 
ム
ニ
ュ
ッ
と
柔
ら
か
そ
う
な
乳
肉
が
ギ
ュ
  
子
で
弾
け
跳
び
そ
う
な
く
ら
い
引
き
伸
ば
さ
れ
て
い
る
 °
  
ブ
ラ
ウ
ス
も
胸
の
所
で
と
め
て
あ
る
ボ
タ
ン
が
ち
ょ
っ
と
し
た
拍

  > ≫