愛美の娘たちの恋アナザー

ガラシア 作
Copyright 2015 by Garashia All rights reserved.

大昔の姫編その5<王女ジュリエットの子作り>

「パイズリかぁ…俺の体をどうすれば気持ちよくする事ができるのかな…」

「こうやって正面から挿して…うわっ…気持ちいい…」(エリックはこれを感じていたのね…羨ましいわ…私の胸ってこんな感触なんだ…)

「へぇ…これで気持ちいいのか…左右から寄せてむぎゅっと…」

「ふあっ!…それ…気持ちいい…」

「魔力を使って左右から谷間に向かって強く…ぎゅうぎゅうと…」

「ふああ…動かしてもいいよ…」

「こう?…」

「そう…前後に動かすの…くあっ!…気持ちいい…」

「下から挿して上下に動かすパイズリの他に…正面から挿して前後に動かすパイズリもあるのか…次パイズリする時はやって欲しいな…ジュリエット…」

「うん…」(やばい…○んこの奥から何か来る…)

「出したい?…思いっきりぶっかけていいよ…」

「んあっ…くうっ…」

ぶっびゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…ぶっしゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…べちゃ!

「うっ…」(精液が顔にかかってべとべとだ…うわっ…くっさ…精液ってこんな臭いだったのか…)

「んんっ…」(射精もなかなか気持ちいいじゃない…うわ…顔に精液がかかった私…えっちいなぁ…このまま下を犯したくなっちゃうけど…処女膜破った時の痛みは味わいたいな…)

「そろそろ戻ろうか?」

「うん…戻ろう…あの痛みを味わいたいから…」

「あの痛み…」(処女膜を突き破る時の痛みか…)

「セクシャルチェンジ…リバース…」

「うん…戻った…」

「いきなり挿入して大丈夫だよね…」

「うん…大丈夫…」(せき止めのお守りを身に着けて…)

「ゆっくりと…」

ずにゅう…

「んあっ…入った…」

「まだ先っぽしか入ってないよ…」(意外ときついな…もっと深く…ん?…これが処女膜か…奥へ突き刺す…)

ずにゅう…ぶちっ!

「んあああっ!…ううっ…いったぁい…」(これで私も処女じゃなくて大人の女よ…)

「えっ…ジュリエット…君は処女だったのか…胸が大きくて母乳も出るから男とした経験があると思っていたんだが…」

「生まれてから私は男の人から遠ざけられて生きてきたの…男とした経験なんてないわ…あるのはえっちな事に関係する知識だけ…」

「その知識だけで俺を気持ちよくしてくれる君が好きだ…大好きだ…ジュリエット…君は俺を現世の煩悩から救ってくれた…俺の子供を産んで欲しい…」

「うん…私もエリックの事が好きなの…大好きなの…淫魔から助けてくれたあの時から…現世の煩悩からエリックを救う事ができてよかった…私はエリックの子供を産みたい…産ませてください…」

「よし…濃いのをたくさんくれてやる…要らないって言うなよ…俺に尻を向けて手を壁に…俺が腰を引っ張って体を支える…膝は曲げない方がいい…」

「要らないなんて言わないってば…こう?」

「ああ…それでいい…」(胸が地面に届いていない…よかった…)

ぐちゅ…ぶるん…ぼよん…

「ああん!…」(1回突き上げられただけなのに…快感が全身に広がる感じ…クンニよりも気持ちいい…)

「気持ちいいか?…」(いい乳揺れだ…大きい胸だからか…迫力があるぞ…尻に包み込まれる感触もいい…)

「うん…とっても気持ちいいよ…もっと突いて…」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!…ぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるん!…ぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよん!…

エリックがジュリエットを下から突き上げる度にジュリエットの大きな胸が重そうにぶるんぶるんゆっさゆっさと激しく揺れ…大きなお尻がぼよんぼよんと弾む…

(やばい…この気持ちよさはパイズリの比じゃない…腰が止まらない…)

「んあっ!…ああっ…ああん!…はあっ…」(気持ちいいよぉ…もっと深くまで突き刺して…子宮に穴が開くくらい…)

(声がかすれてるぞ…それくらい気持ちいいって事だな…もっと深くまで突き刺しても大丈夫だな…)

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!…ぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるんぶるん!…ぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよんぼよん!…

「んああっ!…はあっ!…ああん!…ふあああっ!」(子宮の入り口をごつんごつんされてる…気持ちいい…もうイきそう…)

(締め付けが強くなった…俺もそろそろイく…濃いのをたくさん出すぞ…)

「んあっ!…えりっ……んぐっ!…いっ…」

「イっていいぞ…子宮に濃いのをたくさん出してやるからな…」

「んんっ!…いっ…ああん…いいっ…イうううううううううううううううううううう!…」(気持ちいい…全身に広がる快感…体がびくびくする…)

「ぐおっ…俺もイく…」

ぶっびゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…ぶっしゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!………どくっ!

「んんっ!…」(私のお腹からどくっ…って音が…何が始まるの?…あっ…お腹が膨らむ…)

どくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっどくっ………ぼんっ!

「うぐっ!…エリック…」

(すまん…ジュリエット…腰が止まらないんだ…)

ジュリエットのお腹が爆発するように大きくなる…子宮の中に入った精子と卵子が魔力によってコピーされ…コピーされた精子と卵子が子宮を内側から押し広げている…

ぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっぼこっ!…

(突き上げる度にジュリエットのお腹が膨らむ…子宮に濃いのが入っていく…)

(突き上げられる度に私のお腹が膨らむ…どこまで膨らむのかな…)

ジュリエットのお腹は赤ちゃんが30人は入りそうなくらい大きくなった…

(臨月になったらこれくらい大きくなりそう…)

「うおおおっ…ふう…やっと腰を止められた…」

「エリック…抜かないで…」

「ああ…奥まで突き刺しておく…こう…ぐちゅっと…」

「んああ!…もう動いちゃだめぇ…」

「すまん…それにしても大きなお腹だな…30人は入りそうな大きさだ…」

「うん…臨月になればこれくらい大きくなるよね…」

「そうだな…ジュリエット…このまま寝ていいか?」

「うん…眠くなってきちゃった…一緒に寝よ?」

「ああ…おやすみ…」

「うん…おやすみ…」

………………………………………………

「んんっ…ふああ…エリック…おはよう…」

「ジュリエット…おはよう…昨日は気持ちよかったな…またしよう…」

「いいよ…朝からえっちな事しようね…」

ぐちゅ…ぶびゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…

「んんっ…溢れた精液が逆流してくる…もったいないなぁ…」

「もう1回するか?」

「うん♪」

………………………………………………

「んあああ!…イくうううううううううう!…」

「ぐうっ…」

(やっぱり気持ちいい…この子宮がぼこぼこ膨らむのもえろくていいかも…)

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!…

(やっぱり母乳噴き出るのは気持ちいいなぁ…赤ちゃんのために控えめにしないとね…)

「やっぱり気持ちいいな…ジュリエットも気持ちよかったか?」

「うん…ものすごく気持ちいいよ…妊娠したら我慢しないと…」

「そうだな…素股でもしてくれ…」

「うん…妊娠してるといいなぁ…」

「2回もしたんだ…妊娠しない方がおかしい…」

「そうだね…」(36人の子供を産んだ記録…ね…)

ジュリエット自身は妊娠したのかまだわかっていないが…ちゃんと妊娠していた…この後…何人の子供が産まれるのか…

続く。