愛美の娘たちの恋アナザー

ガラシア 作
Copyright 2016 by Garashia All rights reserved.

秘宝探索編GSその7<アーサーとサラの子作り>

「私が1番に子作りできるのね…やったぁ…」

「ああ…」

「いいなぁ…サラ姉が最初なんだね…」

「ああ…自分以外の全員がイくまでイかされなかったからな…」

「じゃあ私が最初にイかされたから子作りは最後なのね…」

「大丈夫…ソニアには待たせるお詫びにサプライズを用意してある…」

「本当!?…アーサーくん大好き…」

むにゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…

「むぐううううううううううううううううう…」

「ちょっとソニア…今は私がアーサーくんを独り占めなの…邪魔はさせないよ…」

「わかってるよ…アーサーくん…また後でね…サプライズ楽しみだな…」

「ぷはっ…柔らかかった…」

「私の胸はどうかな…柔らかい?」

むにゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…

「ああ…とっても柔らかいな…」

「ふふっ…よかった…もう前戯も終わってるし…挿入してもいいよ…」

「ならば遠慮なく…おらっ!…これでどうだ!」(サラの後ろから挿入するか…胸が背中から横にはみ出てる…でかい…)

「んああああっ…固くて太いものが私の○んこに入ってくる…」

ぶつっ…

「っ!?…いったぁい…これが初めての証拠なんだ…」

「これを俺は4人分もするんだ…責任が重いな…」

「4人の女の子の処女を奪うなんて贅沢…普通はできないよ…」

「ソニア…そうだな…」

「ねえ…そろそろ動いていいよ…」

「ああ…最初はゆっくり…」

ずにゅうううううううううううううううううう!…

「んんっ!…気持ちいい…もっと…」

「くっ…俺はこれを4度味わうのか…」

「いいじゃない…幸せにしてくれないと4人がかりでパイズリより気持ちいい事しちゃうから…」

「うっ…」(精力絶倫といえどもこれは精神的にきついぞ…)

「はぁ…動いてくれないと私から動くよ…んっ…んっ…んっ…」

「くうっ…」

「なるほど…アーサーくんは攻めるより攻められる方が好きなのかな?…ふふっ…どうなの?」

「違う…焦らしただけだ…」

「それで女の子に愛想尽かされたら本末転倒だよ…」

「そうじゃない…ある程度は放置する方が…いきなり刺激を得られた時に興奮できるだろ…こういう風になっ!」

ぐちゅっ!

「っ!?…ううっ…」(何これ…気持ちよすぎて体がびくびくする…イく時の気持ちよさとは全然違う…)

「決まったな…1突きでイくよりも強い快感を与える事ができる…FSC(ファーストストロングコンフォータブル)が…」

「っ…これ…気持ちよすぎ…ひっ…ねえ…止めて…イかされてるのと同じ…だよ…」

「挿入するか?…さっきよりも強い快感で気絶する可能性もあるが…」

「気絶しても…いいよ…もっと気持ちいい事…して…」

ずにゅうううううううううううううううううう!

「っ!?…!?…!?!?」(何これ…全身を突き刺すような気持ちよさ…幸せ…)

………………………………………………

「サラ…よかったな…妊娠してるぞ…」

「よかった…やっとアーサーくんの子供を産める…私だけじゃなくて…」

「ああ…シルヴィアもソニアもソフィーも妊娠したぞ…」

「4人の女の子に囲まれる生活がこれからも続くね…」

「ああ…そうだな…」

「うっ…」

「サラ!?…どうした?」

………………………………………………

「っ!?…」

「サラ…やっと起きたか…」

「ん?…アーサーくん…私…どうして…」

「すまない…やり過ぎた…」

「え?…どうして謝るの?…気持ちよくなってそれから…」

「思い出さなくていい…」

「うん…」

(FSCは封印した方がいいな…快感が強すぎてサラが気絶したからな…)

(アーサーくんが使ったFSC…っていうのかな…あれ…ものすごく気持ちよかった…おかげで幸せな未来が一瞬だけ見えたような…)

「サラ…」

「んっ…アーサーくん…」

「さっきはすまなかったな…ゆっくり気持ちよくなろう…」

「駄目…気絶するぎりぎりまで一気に気持ちよくして…」

「難しいな…これでどうか…なっ!」

「ああん!…もっと…」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!…

「んあああああああああああああああああっ!…」

「くうっ…」(○んこの締め付けがきつい…俺も出る…)

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!…

タイミング良く近くを通ったソニア…(っ!…すごい量…前戯の時の私の噴乳よりも多いかも…本番がこれほどの気持ちよさだって事が身に染みてわかるわ…射精の音が母乳が噴き出る音にかき消されて聞こえない…サラのお腹…精液注ぎ込まれてどんどん膨らんでる…)

(ん?…ソニアか?…待ちきれなくなったのか…仕方ないな…)

「ソニア…いるだろ…」

「うっ…バレてたのね…」

「ああ…サラを頼む…俺はソフィーと子作りする…」

「どうすればいいの?」

「飲むなり搾るなり自由にすればいい…」

「うん…」(ごくっ…ごくっ…ごくっ…ごくっ…ごくっ…ごくっ…美味しい…サラの○んこから精液がごぼごぼ溢れてる…お腹は妊娠後期くらいかな…ぶくぶく膨らんでるし…私が男の子だったらこのお腹をもっと…って私は何いやらしい事考えてるんだろ…)

その後…ソニアの胸はさらに大きく…ルナよりも大きくなる(バスト極特化型改4=レベル7)(最終的に4人全員の胸はルナより大きくなって…姉らしい大きさになるが…)

「んっ…ソニア?」

「…気がついた?」

「うん…アーサーくんはどこ?」

「ソフィーと子作り…私は母乳を飲み放題…ごちそうさま…」

「どういたしまして…美味しかった?」

「とっても…また飲んでいい?」

「いいよ…まだまだ母乳はたくさん出るし…」

「…いただきます」

(ソニア…可愛いな…私が男の子だったら絶対ソニアとあんな事やこんな事ができたのに…)

「サラ…心臓の音がうるさくて母乳飲むのに集中できない…ものすごい音量でどくんどくんしてるわ…」

「うっ…」(ソニアとあんな事やこんな事をする想像してたなんて言えない…)

「まあいいや…じゃあこの音を聞かせてもらうだけだから…」

(ふう…助かった…)

(サラの心臓…私の顔を押し返すくらい力強く動いてる…どくんどくんどくんどくんどくんどくんどくんどくん…すごい強さね…血液が流れる音まではっきり聞こえてくる…生命の神秘の1つと言われるだけあるわ…)

ソニアはシルヴィアが探しに来るまでサラの心臓の音を聞いていた…

続く。