愛美の娘たちの恋アナザー

ガラシア 作
Copyright 2016 by Garashia All rights reserved.

盗人と首飾りと恥辱編その1<喫茶店のその後と盗人>

「おい…放せよ…自分で歩くって言ってるだろ…」

「嫌よ…また逃げるつもりでしょ?…」

「違う…」(でかい胸が当たってんだよ…揉みてぇ…)

「いきなりおとなしくなったし…もしかして…私の大きな胸に興奮したとか…」

「ちっ…」

「図星ね…」

「なんだよ?…言ってみろよ…」

「そうね…揉みたいんでしょ?…今なら私の胸を好きにしていいよ…」

「断る…無理矢理触られたと騒がれても嫌だからな!…」

「私ってそんなに信用ないの?…」

「ないな…俺をどこに連れて行く気だ?」

「私の喫茶店だよ?…まさか牢屋にぶちこまれると思ってた?…残念でした♪」

「ふん…」

「な…何?」

ぼこっ!

「うっ…けほけほっ…何するのよ…痛いじゃない…」

「ふっ…その腹は本物か…俺に孕まされたと言えば俺は強姦罪で牢屋行きだ…どうする?」

「はぁ…何度言わせるつもり?…あなたを牢屋に入れる気はないのよ…」

「ふん…信じないぞ…」

「もう…強情ね…ならこっちから…」

むにゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!…

「ちょっ…おい!…何のつもりだ!?…」

「もう我慢できないの…私の胸…揉んで?」

「ちっ…後悔するなよ…誘ったのはお前からだからな…おらおら!…」

揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み!…

「んああっ!…んんっ…くっ…ううっ…」

「何喘いでんだ…この程度で気持ちよくなってるようじゃ俺の相手はできないな…」

「こんなの…気持ちいいに…決まってるじゃない…んああああああああっ!…」

ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!…

サラの胸から大量の母乳が噴き出す…

「ふん…胸だけでイクのか…まだまだだな…もっと鍛えろ…」

「アルト…ここにいたか…帰るぞ…」

「ちっ…いいところだったのに…あばよ!…」

「あっ…」(搾って欲しかったのに…)

「そちらもお迎えが来たようだ…」

「えっ?…あっ…ドラグリスちゃん…これは…その…///」

「言い訳は聞かないよ…喫茶店に帰るからね?…ワープ!」

「ちょ…まっ…きゃっ…」

「待たないし待てないの…サラお姉ちゃんの母乳を楽しみにしてる人がいるんだから…首飾りを奪還してからお姉ちゃんの母乳は…」

「うん…さらに美味しくなったし…出る量も増えたよ…おかげでケーキ作りが楽になったね…」

「そのケーキ作りに必要なものが1つ足りないの…」

「母乳でしょ?…ドラグリスちゃんの母乳じゃ駄目なの?…」

「駄目だからサラお姉ちゃんに頼んでるの…」

「シルヴィアかソニアかソフィーの母乳を使えば…」

「3人のお姉ちゃんの母乳を混ぜてやっとできるの…混ぜる手間がかかってケーキを焼く時間がなくなっちゃうの…」

「ニーナさんの母乳は?」

「ニーナさんは赤ちゃんに授乳するとちょうど母乳が出なくなっちゃうの…」

「ミシェルの母乳なら…」

「ミシェルちゃんの母乳は濃すぎてケーキに使えないの…」

「やっぱり私の母乳でしか作れないんだ…ドラグリスちゃんも妊娠して胸が大きくなって母乳がたくさん出るのに?…」

「うん…私の母乳だと膨乳作用がないのと…味もケーキのふんわり感も全然違うの…赤ちゃんに飲ませるしかないみたい…ケーキのふんわり感と味と膨乳作用の3つ全部があるのはサラお姉ちゃんの母乳しかないみたい…」

「それで私を呼び戻しに…ありがとう…今日もケーキ作りを頑張ろう!…」

「うん!…私も手伝うよ…お姉ちゃんの胸から母乳を搾り出すのを…」

「いつもみたいに一気にお願いね…ぶっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああって…勢いよく出したいの…」(さっき出した時も気持ちよかったけど…ドラグリスちゃんに搾ってもらう方がもっと出るし…気持ちいいの…)

「任せて…ブレストミルク…ストロングバースト!」

「んんっ!…うっ…」(来た!…この胸の奥から母乳が涌き出る感覚…もう出るみたい…さっきよりも多い…)

アルトに胸だけでイカされた時よりも大量の母乳がサラの胸から噴き出る…母乳は密封タンクに保管され…母乳ケーキに使われる…これが喫茶店の母乳ケーキ作りの一部分である…

………………………………………………

それから3ヶ月後の喫茶店…妊娠3ヶ月…

「うっぷ…」

「ドラグリスちゃん…大丈夫?」

「大丈夫…ただのつわりだよ…うっぷ…」

「本当に大丈夫かな…」

「大丈夫…問題ないよ…」

「ならよかった…」

………………………………………………

寒冷地帯にいるマイも…

「うっぷ…ふふっ…」(この吐き気…つわりね…妊娠して子供が産まれる証拠の1つ…やっぱり私…妊娠してるんだね…ドラグリスちゃん…ありがとう…)

………………………………………………

妊娠6ヶ月…

「お腹が大きくなって来た…まだ6ヶ月なのにお姉ちゃんと同じくらい大きいよ…何人の赤ちゃんがいるのかな…」

「そうだね…まだ6ヶ月なのにこの大きさ…臨月になれば私よりもお腹が大きくなるよ…」

「サーチ…えっ…こんなにいるの!?…」

「ドラグリスちゃん…何人いたの?」

「実は…76の反応が…」

「結構いるね…」

「うん…」

ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ…

「んんっ…くすぐったい…」

「胎動は赤ちゃんが順調に成長してる証拠だよ…」

………………………………………………

同時刻…マイは…

「このお腹の中に73人の赤ちゃんがいるの…」

ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ…

「んんっ…ふふっ…」

(まさか女の子同士で子供を作れるなんて…思わなかったなぁ…ドラグリスちゃんがいなかったら私は…ずっと妊娠できないままだった…本当にありがとう…)

………………………………………………

妊娠9ヶ月…

「やっぱり私のお腹より大きくなったね…」

「うん…」

ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ…

「うっ…けほけほっ…」

「ドラグリスちゃん?…大丈夫?」

「大丈夫だよ…」

ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ!…

「うっ!…っ!?…ふう…危なかった…」

「ドラグリスちゃん…本当に大丈夫なの?」

「うん…肺を蹴られただけ…ちょっと痛かったけど…」

「横隔膜の近くまで子宮が大きくなってるって事だよ…気をつけないと…今度は心臓を蹴られるよ?…」

「うん…わかってる…でも胎動は止められないから…」

「大変だね…」

「サラお姉ちゃんだって同じくらいお腹が大きくなったでしょ?」

「まあね…ぼこぼこ動くと子宮がくすぐったくて…」

………………………………………………

マイも…

ぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこぼこ…

「うっ…けほけほ…こら…大人しくしなさい…」

(ドラグリスちゃんもこの胎動を味わってるのかな…)

………………………………………………

臨月…

「そろそろかな…」

「うん…ここをクリアすれば出産だよ…それにしても…すごい大きさ…」

「そうだね…サラお姉ちゃんのお腹と比べると倍近くあるかも…」

「そういえば…強化薬も強化できるってどうすればいいのかな…」

「お腹に魔力を集めるとか?…」

「うん…やってみるね…むむむ…」

どくん…

「…!?」

「ん〜?…サラお姉ちゃん?…」

「おい!…今の魔力反応はなんだ?」

「あっ…あなたは…アルトさん…」

「それは俺の名だ…首飾りなら返しただろう…今の魔力反応…お前のお腹から出ていたぞ…すげえもん持ってんなお前…」

「え?…何?」

「強化薬だ…しかもレベル2だ…レベル1でもすげえもんなのに…」

「アルト…!?…これは!」

「アントニオか…だから言っただろ…この女はすげえもんを持ってるんだって…な?」

「ああ…アルトの言う通り…これはすげえもんで間違いない…汝の名をお聞かせ願う…」

「サラよ…」

「サラ…俺らに腹を貸してくれ…頼む…」

「いいけど…何をすればいいの?」

「これだけでいい…」

アルトがサラのお腹に触れたその時…

何が起きたのか…

続く。