い
る
 °
親
も
大
き
い
の
で
巨
体
一
家
だ
  
5
0
p
に
な
っ
ち
ゃ
っ
た
の
!
 
今
回
は
付
近
に
彼
女
の
両
親
も
  
 
ハ
ァ
イ
!
透
|
!
!
あ
れ
か
ら
ま
だ
身
体
の
成
長
が
続
い
て
2
  
  
こ
の
時
の
映
像
の
彼
女
は
こ
ん
な
報
告
を
し
て
い
る
  
胸
と
身
体
が
大
き
く
成
長
い
く
の
だ
  
送
ら
れ
て
く
る
映
像
の
リ
サ
が
月
日
が
経
つ
毎
に
少
し
ず
つ
だ
が
  
た
 °
そ
の
理
由
は
実
に
単
純
だ
が
彼
に
は
と
て
も
肝
心
:
:
  
彼
は
そ
の
手
紙
を
報
告
を
見
聞
き
す
る
の
が
楽
し
み
に
な
っ
て
い
  
桃
の
観
察
な
ど
一
見
日
常
的
な
事
が
ほ
と
ん
ど
だ
  
内
容
は
彼
女
の
自
身
の
成
長
と
最
近
身
近
に
あ
っ
た
事
 
植
え
た
  
う
に
な
っ
て
い
た
  
毎
月
の
よ
う
に
彼
女
か
ら
の
ビ
デ
オ
レ
タ
|
が
透
の
元
へ
来
る
よ
  
し
着
ら
れ
な
く
な
っ
た
そ
の
後
も
  
リ
サ
が
帰
国
し
土
産
に
制
服
を
渡
し
た
が
彼
女
が
更
な
る
成
長
を
  
  
夏
の
年
末
  
  
ガ
ン
ガ
ン
∧
物
語
∨
・
冷
暖
坊
∧
挿
し
絵
∨
 
作
  
ト
|
ル
ガ
|
ル
 
そ
の
6
















≪ <  

  
桃
栗
三
年
う
っ
か
り
八
兵
衛
っ
て
い
う
諺
が
あ
っ
た
け
ど
ア
レ
っ
  
し
て
る
の
!
凄
い
で
し
ょ
!
!
  
 
そ
れ
と
|
あ
の
美
味
し
い
桃
の
種
を
植
え
た
ら
こ
ん
な
に
成
長
  
  
そ
の
巨
体
を
支
え
る
の
に
ふ
さ
わ
し
い
引
き
締
ま
っ
た
四
股
だ
  
ち
切
れ
ん
ば
か
り
の
太
も
も
と
  
彼
女
の
腕
と
脚
も
伸
び
て
お
り
太
く
逞
し
く
発
達
し
て
い
る
 °
  
な
っ
て
る
ご
様
子
 °
  
だ
が
映
像
越
し
で
実
感
で
き
な
い
事
に
彼
は
と
て
も
も
ど
か
し
く
  
る
  
動
く
の
だ
 °
そ
れ
を
凝
視
し
透
は
モ
ニ
タ
|
に
釘
付
け
に
な
っ
て
  
人
並
は
ず
れ
た
ス
ケ
|
ル
の
双
乳
が
ど
い
ん
!
ど
い
ん
!
と
揺
れ
  
の
だ
 °
豪
乳
は
更
に
膨
ら
ん
で
い
る
の
が
判
る
 °
  
彼
女
の
帰
国
か
ら
半
年
 
リ
サ
の
身
長
は
2
5
0
p
に
到
達
し
た
  
じ
さ
ん
は
乾
い
た
笑
い
を
し
て
い
る
  
よ
う
で
食
費
も
足
り
な
く
な
っ
て
し
ま
う
よ
H
A
H
A
H
A
 
お
  
 
こ
れ
だ
け
大
き
い
か
ら
食
べ
て
も
食
べ
て
も
全
然
物
足
り
な
い
  
さ
え
差
が
開
い
て
る
か
ら
彼
女
の
巨
体
ぶ
り
が
引
き
立
つ
  
・
9
4
・
2
4
0
 
に
な
の
よ
 °
 
お
よ
そ
2
m
の
お
ば
さ
ん
に
  
 
こ
の
子
っ
て
ば
ま
た
育
ち
始
め
て
ス
リ
|
サ
イ
ズ
は
 
2
6
4

   

  
一
見
す
る
と
日
常
的
な
内
容
の
ビ
デ
オ
レ
タ
|
の
数
々
だ
が
所
々
  
ブ
ロ
ン
ド
だ
が
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
バ
デ
ィ
の
前
で
は
霞
ん
で
し
ま
う
  
髪
を
下
せ
ば
腰
に
届
く
の
で
は
な
い
だ
ろ
う
か
?
艶
や
か
な
長
い
  
に
伸
び
て
い
る
  
に
か
か
る
程
度
だ
っ
た
ポ
ニ
|
テ
|
ル
が
背
中
に
当
た
る
く
ら
い
  
リ
サ
も
ギ
ネ
ス
突
破
へ
の
願
掛
け
に
髪
を
伸
ば
し
 
正
月
で
は
肩
  
指
す
の
!
少
し
伸
び
て
女
ら
し
く
な
っ
た
で
し
ょ
?
 
  
 
あ
と
ね
:
:
髪
を
伸
ば
し
て
る
の
 °
透
と
の
約
束
で
ギ
ネ
ス
目
  
  
体
共
々
尋
常
で
は
な
い
勢
い
を
感
じ
る
  
桃
源
郷
の
桃
は
や
は
り
伊
達
で
は
な
い
の
だ
ろ
う
:
:
彼
女
の
身
  
が
り
そ
う
だ
わ
♪
 
  
 
こ
れ
な
ら
早
い
う
ち
に
桃
が
収
穫
出
来
て
 
食
費
の
負
担
が
下
  
く
は
ず
の
な
い
指
摘
を
す
る
  
し
か
し
凄
い
な
あ
の
美
味
し
い
桃
:
:
 
透
は
映
像
の
リ
サ
に
届
  
 
色
々
間
違
っ
て
る
ぞ
:
:
そ
れ
を
言
う
な
ら
柿
8
年
だ
よ
:
:
  
に
な
っ
て
い
る
  
女
の
背
丈
に
届
く
ま
で
伸
び
て
数
本
の
街
路
樹
く
ら
い
の
サ
イ
ズ
  
植
え
た
桃
の
種
数
個
は
も
う
リ
サ
の
成
長
に
負
け
な
い
勢
い
で
彼
  
て
違
う
の
か
し
ら
?
 

















   

  
彼
女
の
腕
は
一
般
男
性
の
足
よ
り
太
く
 
脚
は
一
般
男
性
の
胴
回
  
2
4
8
と
更
に
一
周
り
成
長
し
て
い
る
  
ち
な
み
に
リ
サ
の
ス
リ
|
サ
イ
ズ
は
上
か
ら
 
2
7
8
・
9
8
・
  
に
行
く
事
に
し
た
の
だ
  
そ
れ
な
ら
|
!
 
と
彼
の
方
か
ら
久
し
ぶ
り
に
彼
女
の
い
る
豪
州
  
を
得
な
か
っ
た
よ
う
だ
 °
  
は
と
て
も
窮
屈
で
搭
乗
な
ど
の
移
動
が
厳
し
い
為
 
断
念
せ
ざ
る
  
飛
行
機
内
な
ど
狭
い
ら
し
く
 
更
に
大
き
く
な
っ
た
そ
の
巨
体
に
  
0
p
を
越
え
 
ま
た
日
本
へ
行
き
た
が
っ
て
い
た
彼
女
だ
が
  
そ
の
理
由
は
渡
航
す
る
前
の
月
の
報
告
で
は
リ
サ
の
身
体
は
2
6
  
ご
し
に
彼
女
の
元
へ
向
か
う
の
で
あ
る
  
今
度
は
透
が
リ
サ
の
国
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
で
夏
の
年
末
年
始
を
過
  
年
に
な
ろ
う
と
し
て
い
た
  
う
1
2
月
2
3
日
 
あ
の
衝
撃
的
だ
っ
た
リ
サ
と
の
再
会
か
ら
一
  
彼
女
か
ら
の
報
告
を
楽
し
み
に
し
続
け
て
い
る
間
に
時
は
流
れ
も
  
  
  
魅
力
に
夢
中
で
深
く
は
考
え
て
な
か
っ
た
よ
う
だ
  
透
も
何
か
気
に
掛
か
る
と
こ
が
あ
っ
た
か
も
し
れ
な
い
が
リ
サ
の
  
ど
こ
か
し
ら
異
常
だ
 °

















   

  
 
久
し
ぶ
り
だ
ね
リ
サ
 °
今
度
は
俺
か
ら
リ
サ
の
所
に
来
た
よ
!
  
  
る
:
:
:
:
:
:
  
ワ
な
人
が
喰
ら
え
ば
捌
降
り
に
な
る
か
も
し
れ
な
い
パ
ワ
|
が
あ
  
リ
サ
の
圧
倒
的
体
格
差
と
腕
力
の
抱
擁
に
な
ん
と
も
な
い
が
 
  
お
り
  
効
果
で
本
人
も
知
ら
な
い
う
ち
に
非
常
に
頑
丈
な
身
体
に
な
っ
て
  
彼
女
は
透
に
熱
烈
な
抱
擁
を
し
た
 °
彼
は
桃
源
郷
の
桃
を
食
べ
た
  
る
豪
州
旗
ビ
キ
ニ
に
似
た
デ
ザ
イ
ン
の
サ
マ
|
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
 °
  
下
も
特
注
の
青
い
ホ
ッ
ト
パ
ン
ツ
に
ベ
ル
ト
が
七
菱
星
に
な
っ
て
  
の
特
注
タ
ン
ク
ト
ッ
プ
と
  
迫
力
の
増
し
た
身
体
で
上
は
ユ
ニ
オ
ン
ジ
ャ
ッ
ク
柄
と
南
十
字
星
  
 
透
|
!
!
と
っ
て
も
会
い
た
か
っ
た
よ
!
 
重
量
感
と
美
貌
と
  
の
だ
  
気
付
く
 °
人
込
み
で
目
立
つ
中
 
彼
女
は
出
迎
え
に
来
て
く
れ
た
  
到
着
早
々
 
一
際
大
き
な
大
き
な
人
影
が
見
え
す
ぐ
に
リ
サ
だ
と
  
港
だ
 °
時
間
は
午
前
9
|
1
0
時
ぐ
ら
い
  
着
い
た
先
は
ニ
ュ
|
サ
ウ
ス
ウ
ェ
|
ル
ズ
州
の
シ
ド
ニ
|
国
際
空
  
  
り
く
ら
い
の
サ
イ
ズ
ま
で
逞
し
く
発
達
し
て
い
る







   

  
だ
 °
リ
サ
の
水
着
姿
も
み
た
い
し
♪
 
  
 
お
ぉ
イ
イ
ね
|
 °
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
の
海
で
泳
ぎ
た
か
っ
た
ん
  
あ
ま
り
人
気
の
な
い
浜
辺
で
水
浴
び
し
た
い
わ
 
  
 
そ
う
ね
 °
こ
っ
ち
は
日
本
と
逆
で
暑
く
て
た
ま
ら
な
い
か
ら
 
  
リ
サ
 
場
所
を
変
え
て
移
動
し
よ
う
 
  
:
ハ
ッ
?
!
い
か
ん
!
こ
ん
な
と
こ
ろ
で
は
目
立
っ
ち
ゃ
う
よ
!
  
 
お
ぉ
:
:
こ
れ
は
生
で
目
の
前
に
す
る
と
か
な
り
見
応
え
が
:
  
な
彼
女
と
そ
の
凄
ま
じ
い
身
体
を
見
て
し
ま
う
  
道
行
く
人
々
も
思
わ
ず
視
線
に
入
る
巨
影
に
歩
み
を
止
め
 
大
き
  
け
る
豪
乳
を
目
に
焼
き
付
け
る
  
透
は
そ
の
瞬
間
を
見
逃
す
は
ず
も
な
く
彼
女
の
成
長
し
続
け
る
弾
  
も
豊
満
な
双
球
を
大
き
く
揺
ら
す
  
彼
女
は
自
慢
げ
に
胸
を
張
り
豪
快
に
ボ
ゥ
ン
と
2
7
8
p
の
と
て
  
で
も
褒
め
言
葉
と
し
て
受
け
止
め
て
お
く
ね
 
  
 
も
う
!
挨
拶
代
わ
り
に
セ
ク
ハ
ラ
し
な
い
で
よ
ね
 °
フ
フ
ッ
 
  
豪
乳
を
透
は
下
か
ら
タ
ッ
チ
す
る
  
胸
が
さ
!
 
去
年
よ
り
膨
ら
み
 
ボ
リ
ュ
|
ム
が
増
し
た
彼
女
の
  
リ
サ
が
ホ
ン
ト
に
大
き
く
な
っ
た
か
ら
ね
!
!
特
に
そ
の
豊
か
な
  
だ
な
:
:
  
高
校
の
ホ
|
ム
ス
テ
イ
以
来
か
ぁ
:
:
で
も
あ
の
頃
と
は
大
違
い

   

  
の
身
内
 
叔
父
で
あ
っ
た
  
 
あ
|
そ
う
だ
っ
た
ん
で
す
か
 
ト
ラ
ッ
ク
の
運
ち
ゃ
ん
は
リ
サ
  
き
し
て
こ
こ
ま
で
来
て
君
の
到
着
待
っ
て
た
ん
だ
よ
 
  
大
分
楽
し
み
だ
っ
た
み
た
い
で
な
 °
朝
か
ら
リ
サ
ち
ゃ
ん
は
早
起
  
さ
  
父
さ
ん
だ
ぜ
 °
た
ま
た
ま
休
み
に
頼
ま
れ
て
デ
|
ト
の
お
手
伝
い
  
 
お
う
 
あ
の
娘
の
お
袋
さ
ん
の
弟
だ
よ
 °
言
っ
て
の
通
り
 
  
 
あ
っ
 
は
い
!
お
じ
さ
ん
は
リ
サ
と
は
お
知
り
合
い
で
す
か
?
 
  
氏
く
ん
だ
な
?
 
  
 
ハ
イ
喜
ん
で
|
 
U
h
?
H
E
Y
!
お
前
が
リ
サ
ち
ゃ
ん
の
彼
  
強
そ
う
な
オ
ヤ
ジ
が
顔
を
見
せ
る
  
 
お
じ
さ
ん
 
あ
の
ビ
|
チ
ま
で
お
願
い
ね
 
ト
ラ
ッ
ク
に
は
屈
  
  
あ
っ
た
の
だ
  
パ
ッ
と
見
て
タ
ク
シ
|
と
は
呼
べ
な
い
4
t
の
中
型
ト
ラ
ッ
ク
が
  
な
く
ト
ラ
ッ
ク
が
止
ま
っ
て
い
る
  
で
来
た
か
ら
乗
り
ま
し
ょ
☆
 
だ
が
そ
の
先
に
は
タ
ク
シ
|
で
は
  
ア
ッ
チ
で
大
き
め
の
タ
ク
シ
|
を
呼
ん
で
あ
る
の
 
行
き
も
そ
れ
  
よ
早
く
泳
い
で
涼
し
く
な
り
た
い
も
ん
 °
  
 
あ
|
透
っ
て
ば
ま
た
エ
ッ
チ
な
事
考
え
た
で
し
ょ
 °
で
も
O
K

   

  
る
と
思
う
よ
 
  
 
そ
ん
な
に
か
か
ら
な
い
わ
ね
 °
ゆ
っ
く
り
し
て
る
間
に
到
着
す
  
は
ど
れ
く
ら
い
掛
か
る
ん
だ
っ
け
?
 
  
 
そ
れ
は
良
か
っ
た
 °
と
こ
ろ
で
さ
っ
き
言
っ
て
た
ビ
|
チ
ま
で
  
行
き
は
退
屈
だ
っ
た
け
ど
今
は
一
緒
だ
か
ら
嬉
し
い
よ
 
  
 
フ
フ
 
透
:
:
こ
の
豪
州
に
ま
た
来
て
く
れ
て
あ
り
が
と
う
♪
  
ゃ
な
い
:
:
  
て
い
る
感
覚
だ
:
:
余
裕
は
あ
る
荷
台
の
中
だ
が
威
圧
感
が
並
じ
  
そ
れ
だ
け
で
床
面
積
の
ス
ペ
|
ス
の
半
分
以
上
が
巨
体
で
埋
ま
っ
  
っ
て
い
る
  
の
荷
物
と
空
調
の
用
意
と
マ
ッ
ト
が
敷
か
れ
彼
女
が
既
に
横
た
わ
  
指
示
通
り
リ
サ
が
先
に
乗
っ
た
荷
台
へ
移
動
す
る
 °
中
に
は
彼
女
  
サ
は
乗
れ
な
い
か
も
な
:
:
∨
 
  
よ
り
更
に
サ
イ
ズ
ア
ッ
プ
し
て
る
か
ら
も
う
俺
の
ワ
ゴ
ン
に
も
リ
  
 
御
存
じ
な
ん
で
す
ね
?
分
か
り
ま
し
た
 °
∧
そ
う
か
:
:
去
年
  
だ
ら
け
な
ん
で
君
も
あ
の
娘
と
一
緒
に
後
ろ
に
乗
っ
て
く
れ
ぇ
 °
 
  
彼
氏
く
ん
は
か
な
り
丈
夫
な
ん
だ
っ
て
な
?
助
手
席
は
俺
の
私
物
  
だ
よ
 °
  
ト
じ
ゃ
窮
屈
で
座
れ
ね
ぇ
ん
で
後
ろ
の
荷
台
に
乗
せ
て
運
ん
だ
ん
  
 
リ
サ
ち
ゃ
ん
は
あ
の
通
り
 
大
き
く
育
ち
過
ぎ
て
車
内
の
シ
|

   

  
来
な
い
シ
ュ
ノ
|
ケ
リ
ン
グ
や
親
子
連
れ
に
人
気
の
静
か
な
ビ
|
  
居
眠
り
感
覚
で
ビ
|
チ
に
到
着
し
た
 °
こ
こ
は
観
光
客
も
多
く
は
  
  
  
む
わ
け
は
な
く
瀕
死
の
重
傷
だ
ろ
う
:
:
  
に
寝
苦
し
く
な
っ
た
よ
う
で
起
き
る
 
普
通
な
ら
こ
の
程
度
で
済
  
寝
返
り
を
さ
れ
圧
し
掛
か
ら
れ
た
時
も
頑
強
な
身
体
の
透
も
流
石
  
ろ
う
か
?
  
い
な
く
増
し
て
い
る
 °
4
0
0
s
に
到
達
し
て
る
の
で
は
な
い
だ
  
体
重
を
秘
密
裏
に
し
報
告
を
し
な
い
か
ら
不
明
だ
が
重
量
は
間
違
  
が
そ
の
巨
躯
は
安
定
し
て
い
る
  
心
が
据
わ
っ
て
い
る
の
か
大
き
な
豪
乳
や
豪
尻
は
激
し
く
揺
れ
る
  
ト
ラ
ッ
ク
は
時
折
大
き
く
揺
れ
る
時
も
あ
っ
た
 °
だ
が
リ
サ
は
重
  
も
ん
で
は
な
い
:
:
  
う
に
ベ
ア
ハ
ッ
グ
で
締
め
付
け
て
い
る
 °
並
の
人
な
ら
た
ま
っ
た
  
見
届
け
て
た
リ
サ
も
途
中
で
眠
り
 
寝
惚
け
て
透
を
抱
き
枕
の
よ
  
る
う
ち
に
次
第
に
眠
る
  
こ
と
に
な
る
 °
彼
は
旅
の
疲
れ
も
あ
り
横
に
な
り
荷
台
に
揺
ら
れ
  
そ
れ
か
ら
し
ば
し
の
間
荷
台
の
密
閉
空
間
で
移
動
時
間
を
過
ご
す
  


























   

  
特
大
ス
イ
カ
か
巨
大
ビ
|
チ
ボ
|
ル
の
如
く
た
わ
わ
に
実
っ
た
豪
  
|
2
8
0
p
は
あ
り
そ
う
な
  
2
6
0
p
以
上
の
9
頭
身
は
あ
り
そ
う
な
リ
サ
の
長
身
と
2
7
8
  
が
基
調
の
ビ
キ
ニ
は
映
え
る
  
赤
く
日
焼
け
し
た
リ
サ
の
白
い
巨
体
と
長
い
金
髪
に
相
対
的
な
青
  
新
調
し
た
の
 
  
 
透
 
ど
う
か
し
ら
?
こ
の
ビ
キ
ニ
 
気
に
入
っ
て
く
れ
た
か
ら
  
ニ
だ
  
長
し
た
彼
女
に
合
わ
せ
て
サ
イ
ズ
ア
ッ
プ
し
た
あ
の
豪
州
旗
ビ
キ
  
少
し
経
過
し
て
着
替
え
終
え
た
彼
女
が
荷
台
か
ら
出
て
来
る
 °
  
に
サ
マ
|
ベ
ッ
ド
を
出
し
昼
寝
中
だ
  
タ
ク
シ
|
代
わ
り
の
ト
ラ
ッ
ク
の
お
じ
さ
ん
は
気
持
ち
よ
さ
そ
う
  
替
え
て
て
い
る
  
リ
サ
は
ト
ラ
ッ
ク
の
荷
台
を
更
衣
室
代
わ
り
に
揺
ら
し
な
が
ら
着
  
透
は
キ
ャ
リ
|
バ
ッ
グ
か
ら
海
パ
ン
を
出
し
早
々
と
着
替
え
た
 °
  
の
に
は
ち
ょ
う
ど
イ
イ
の
か
も
し
れ
な
い
  
近
く
を
通
る
人
も
少
な
く
 
巨
体
で
目
立
つ
リ
サ
が
海
水
浴
す
る
  
を
楽
し
む
人
々
が
遠
く
で
確
認
で
き
る
程
度
だ
  
波
も
弱
い
た
め
サ
|
フ
ァ
|
も
あ
ま
り
お
ら
ず
数
少
な
い
日
焼
け
  
チ

























   

  
た
ん
じ
ゃ
:
:
い
や
指
摘
は
や
め
よ
う
∨
  
∧
そ
れ
は
鮫
が
リ
サ
を
鯨
み
た
い
な
大
型
生
物
と
思
っ
て
怖
れ
て
  
か
ら
静
か
で
今
は
快
適
な
私
の
お
気
に
入
り
の
ビ
|
チ
よ
 
  
こ
こ
で
何
回
も
泳
い
で
る
け
ど
何
も
問
題
な
い
し
誰
も
泳
が
な
い
  
ど
サ
メ
っ
て
女
性
を
襲
う
率
は
低
い
ら
し
く
っ
て
  
 
大
丈
夫
よ
 
ち
ょ
っ
と
前
に
襲
わ
れ
た
っ
て
事
故
が
あ
っ
た
け
  
の
注
意
書
き
が
チ
ラ
ホ
ラ
あ
る
  
ビ
|
チ
に
は
S
H
A
R
K
や
D
A
N
G
E
R
な
ど
不
穏
な
英
単
語
  
 
コ
レ
:
:
鮫
注
意
の
看
板
じ
ゃ
な
い
か
 
マ
ズ
い
ん
じ
ゃ
:
:
 
  
の
案
内
に
何
か
言
い
た
そ
う
な
透
  
 
う
ん
 
行
こ
う
か
:
:
ん
?
!
ち
ょ
っ
と
待
っ
て
!
?
 
彼
女
  
も
っ
と
静
か
な
所
に
行
き
ま
し
ょ
う
 °
穴
場
が
あ
る
の
 
  
 
サ
ン
キ
ュ
|
☆
と
に
か
く
泳
ぎ
た
い
け
ど
ま
だ
人
が
い
る
か
ら
  
し
い
ビ
キ
ニ
だ
ね
|
 
  
 
う
ん
 
凄
い
似
合
っ
て
る
よ
 °
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
な
身
体
に
相
応
  
  
よ
り
国
旗
ら
し
く
な
っ
て
い
る
が
大
胆
な
デ
ザ
イ
ン
に
な
っ
た
  
腹
部
の
辺
り
に
付
い
て
る
の
で
  
変
更
点
は
下
生
地
の
柄
の
後
ろ
に
あ
っ
た
七
菱
星
が
前
に
来
て
下
  
乳
の
成
長
に
合
わ
せ
ビ
キ
ニ
も
生
地
全
体
が
拡
張
さ
れ
て
る



   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
け
だ
:
:
少
し
驚
い
た
け
ど
リ
サ
が
大
丈
夫
な
ら
泳
ご
う
か
:
:
 
  
 
そ
 
そ
う
な
ん
だ
 °
通
り
で
海
水
浴
を
し
て
る
人
が
い
な
い
わ

   

  
T
V
で
見
る
様
な
綺
麗
な
魚
と
海
洋
生
物
に
サ
ン
ゴ
礁
を
見
て
テ
  
見
れ
な
い
が
  
グ
レ
|
ト
バ
リ
ア
リ
|
フ
は
も
っ
と
北
上
に
あ
る
の
で
コ
コ
で
は
  
 
ほ
ほ
う
!
ど
れ
ど
れ
:
:
お
お
コ
レ
は
綺
麗
な
眺
め
だ
!
!
 
  
を
覗
き
込
ん
で
楽
し
む
の
 
  
 
仕
方
な
い
わ
ね
 °
で
も
こ
こ
か
ら
が
お
楽
し
み
よ
海
中
の
景
色
  
ん
だ
よ
 
  
 
ご
め
ん
リ
サ
:
:
で
も
俺
に
は
も
う
深
く
て
沈
む
か
ら
大
変
な
  
紐
も
引
っ
張
ら
な
い
で
最
近
キ
ツ
い
ん
だ
か
ら
ぁ
 
  
 
ち
ょ
っ
と
透
っ
て
ば
私
の
お
っ
ぱ
い
触
り
過
ぎ
よ
!
ビ
キ
ニ
の
  
と
頭
や
上
半
身
に
触
れ
っ
放
し
だ
  
透
は
足
が
付
か
ず
筋
肉
質
な
た
め
沈
ま
ぬ
様
に
リ
サ
の
大
き
な
胸
  
が
浮
き
輪
代
わ
り
に
な
り
溺
れ
る
心
配
も
な
い
  
彼
女
は
浜
か
ら
結
構
離
れ
て
も
足
が
底
に
付
く
上
に
豊
満
な
豪
乳
  
持
ち
主
の
リ
サ
も
海
に
深
く
浸
か
れ
ば
全
く
目
立
た
な
い
  
長
身
・
豪
乳
・
豪
尻
の
ダ
イ
ナ
ミ
ッ
ク
ダ
イ
ナ
マ
イ
ト
バ
デ
ィ
な
  
マ
リ
ン
レ
ジ
ャ
|
を
す
る
気
満
々
で
あ
る
  
シ
ュ
ノ
|
ケ
ル
と
専
用
マ
ス
ク
な
ど
の
セ
ッ
ト
2
人
分
を
持
っ
て
  
ビ
|
チ
で
プ
ラ
イ
ベ
|
ト
な
海
水
浴
を
楽
し
む
2
人
  
目
立
つ
こ
と
を
避
け
人
気
の
な
い
鮫
警
戒
中
の
遊
泳
禁
止
区
域
の

   

  
 
?
!
:
:
透
:
:
ア
レ
:
:
?
∧
あ
っ
ち
で
声
が
し
た
け
ど
見
  
声
に
リ
サ
も
ふ
と
気
づ
き
見
回
す
  
 
ぐ
わ
あ
あ
!
!
!
?
 
彼
の
叫
び
と
水
飛
沫
が
上
が
り
 
そ
の
  
ヒ
レ
が
彼
に
ど
ん
ど
ん
接
近
し
て
い
く
:
:
そ
し
て
!
!
  
角
状
の
ヒ
レ
が
海
面
か
ら
見
え
る
:
:
鮫
だ
!
!
  
リ
サ
か
ら
離
れ
さ
ら
に
沖
へ
と
泳
い
で
い
く
透
の
後
方
に
黒
い
三
  
リ
ン
グ
で
遊
泳
に
夢
中
な
時
に
そ
れ
は
近
づ
い
て
き
て
い
た
:
:
  
リ
サ
が
豪
乳
を
浮
輪
代
わ
り
さ
せ
く
つ
ろ
ぎ
 
透
が
シ
ュ
ノ
|
ケ
  
  
ッ
ク
ダ
イ
ナ
マ
イ
ト
ボ
デ
ィ
は
全
く
沈
ま
な
い
:
:
  
豪
乳
の
浮
力
が
強
い
の
だ
ろ
う
:
:
大
分
重
た
そ
う
な
ダ
イ
ナ
ミ
  
:
 
  
あ
ん
な
に
重
た
い
身
体
と
お
っ
ぱ
い
が
軽
く
な
っ
て
最
高
だ
わ
:
  
 
透
っ
て
ば
あ
ん
な
に
燥
い
じ
ゃ
っ
て
|
そ
れ
に
し
て
も
水
中
は
  
全
身
を
重
力
か
ら
解
放
し
て
休
ん
で
い
る
の
だ
  
大
き
さ
も
ス
ゴ
イ
豪
乳
の
ス
ゴ
イ
重
み
を
水
中
で
浮
力
に
変
え
 
  
で
い
る
  
に
泳
い
で
い
く
透
 °
燥
ぐ
彼
を
リ
サ
が
近
く
で
眺
め
海
中
で
涼
ん
  
も
っ
と
シ
ュ
ノ
|
ケ
リ
ン
グ
を
楽
し
も
う
と
浮
遊
具
を
借
り
て
沖
  
ン
シ
ョ
ン
が
上
が
る
透

















   

  
埋
も
れ
上
半
身
は
剛
力
に
ハ
グ
さ
れ
る
:
:
屈
強
な
男
性
で
も
恐
  
リ
サ
は
透
に
思
い
っ
き
り
抱
き
付
く
 °
彼
の
頭
は
特
大
の
豪
乳
に
  
か
が
起
き
た
と
思
っ
て
心
配
し
た
の
よ
!
!
!
!
 
  
 
透
!
!
?
よ
:
:
良
か
っ
た
あ
!
ホ
ン
ト
に
良
か
っ
た
!
!
何
  
そ
こ
か
ら
サ
メ
に
襲
わ
れ
た
と
思
わ
れ
た
透
が
出
て
来
た
!
  
 
ふ
う
|
|
|
|
!
!
!
!
死
ぬ
か
と
思
っ
た
あ
あ
:
:
!
!
 
  
 
き
ゃ
あ
あ
あ
あ
!
!
!
 
突
然
の
出
来
事
に
驚
く
リ
サ
  
先
を
急
ぎ
走
る
女
の
前
方
で
ザ
ッ
パ
ァ
!
!
と
水
飛
沫
が
上
が
る
  
彼
女
は
必
死
で
あ
る
  
豪
乳
が
ビ
キ
ニ
か
ら
こ
ぼ
れ
そ
う
だ
が
気
に
し
て
ら
れ
な
い
ほ
ど
  
ら
急
い
で
る
  
だ
ん
だ
ん
上
げ
 
重
力
に
逆
ら
い
な
が
ら
全
身
を
暴
れ
さ
せ
な
が
  
底
に
足
が
着
く
よ
う
に
な
り
砂
浜
へ
出
よ
う
と
身
体
を
水
面
か
ら
  
な
勢
い
で
泳
い
で
行
く
 °
  
冷
静
に
落
ち
着
か
ず
急
い
で
助
け
を
呼
ぼ
う
と
浜
を
目
指
し
猛
烈
  
不
安
で
限
界
に
な
り
泣
き
そ
う
な
顔
に
な
る
  
∧
透
に
ま
さ
か
の
事
が
:
:
!
ど
う
し
よ
う
!
?
!
!
∨
彼
女
は
  
見
て
も
待
っ
て
も
水
面
は
静
か
な
ま
ま
:
:
  
リ
サ
は
声
が
し
た
海
面
付
近
へ
泳
ぎ
移
動
し
て
1
|
2
分
ど
こ
を
  
当
た
ら
な
い
:
:
∨
 
彼
女
は
次
第
に
不
安
に
な
っ
て
い
く
:
:

   

  
当
た
り
前
で
あ
る
 °
だ
が
こ
の
2
人
に
は
桃
源
郷
の
桃
で
人
智
を
  
 
  
:
普
通
鮫
に
噛
ま
れ
た
ら
無
事
じ
ゃ
済
ま
な
い
は
ず
な
の
に
:
:
?
!
  
 
な
ん
だ
か
よ
く
解
ら
な
い
け
ど
俺
:
:
助
か
っ
ち
ゃ
っ
た
よ
:
  
が
ら
浜
に
上
が
っ
た
の
だ
 °
肺
活
量
も
人
並
み
外
れ
て
る
よ
う
だ
  
体
質
で
浮
か
べ
な
い
透
は
海
中
の
底
を
歩
き
 
鮫
を
引
っ
張
り
な
  
れ
 
激
痛
に
怯
み
気
を
失
い
窒
息
  
襲
う
は
ず
が
透
の
想
定
外
過
ぎ
る
頑
強
な
身
体
に
返
り
討
ち
に
さ
  
折
れ
 
頑
丈
な
顎
が
砕
け
  
ろ
か
出
血
も
な
い
:
:
逆
に
透
の
抵
抗
で
鮫
の
無
数
の
歯
が
全
部
  
噛
ま
れ
は
し
た
が
彼
に
は
全
身
に
歯
形
が
付
い
た
だ
け
で
傷
ど
こ
  
  
明
す
る
と
:
:
  
透
が
噛
ま
れ
水
中
に
消
え
た
後
の
一
体
ど
う
な
っ
た
か
展
開
を
説
  
っ
た
鮫
を
指
さ
す
 °
  
彼
は
身
体
に
付
い
た
咬
み
痕
と
す
ぐ
隣
に
腹
を
浮
か
せ
瀕
死
に
な
  
 
ホ
ラ
:
:
 
  
い
や
待
っ
て
く
れ
リ
サ
:
:
俺
は
さ
っ
き
鮫
に
噛
ま
れ
た
ん
だ
よ
  
 
う
ぷ
っ
:
:
:
:
!
!
苦
し
ぃ
け
ど
気
持
ち
イ
イ
|
 
い
:
:
  
ら
く
命
が
:
:
∧
以
下
略
∨















   

  
2
人
は
危
険
な
目
に
遭
っ
た
?
が
 
お
じ
さ
ん
に
は
内
緒
に
し
2
  
  
市
伝
説
が
生
ま
れ
し
ば
ら
く
話
題
に
な
る
:
:
  
そ
れ
を
仕
留
め
た
巨
体
の
フ
ィ
ッ
シ
ャ
|
マ
ン
が
い
る
と
い
う
都
  
泳
禁
止
区
域
の
浜
に
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鮫
の
変
死
体
と
  
そ
の
後
目
撃
者
で
も
い
た
の
だ
ろ
う
か
:
:
そ
の
ビ
|
チ
で
は
遊
  
最
期
を
遂
げ
た
  
鮫
は
上
顎
・
下
顎
を
起
点
に
全
身
を
2
枚
下
ろ
し
に
さ
れ
凄
惨
な
  
で
力
任
せ
に
引
き
裂
く
リ
サ
 °
  
鮫
へ
の
怒
り
と
2
6
0
p
越
え
の
そ
の
巨
体
を
支
え
る
豪
快
な
腕
  
た
口
元
上
下
を
掴
み
 
  
絶
命
状
態
な
上
に
歯
が
無
く
な
り
顎
が
ハ
ズ
れ
口
が
ダ
ラ
ン
と
し
  
か
こ
う
し
て
や
る
!
!
!
 
  
|
全
部
こ
の
鮫
の
せ
い
よ
!
!
透
を
殺
そ
う
と
し
た
コ
イ
ツ
な
ん
  
 
ど
う
だ
っ
て
良
い
よ
:
:
と
に
か
く
無
事
な
ら
:
:
:
:
も
う
  
て
た
  
常
な
ま
で
に
身
体
が
頑
丈
な
ん
だ
と
自
覚
す
る
よ
う
に
な
り
始
め
  
こ
の
一
件
で
彼
自
身
 
衝
撃
的
な
展
開
で
無
事
だ
っ
た
た
め
 
  
も
無
事
で
済
む
だ
ろ
う
:
:
  
超
越
し
て
る
た
め
 
そ
ん
な
常
識
は
不
問
で
あ
る
 °
恐
ら
く
リ
サ

   

  
時
間
 
  
地
帯
か
ら
更
に
離
れ
 
休
憩
を
入
れ
つ
つ
走
り
続
け
る
事
3
 
  
シ
ド
ニ
|
郊
外
に
あ
る
ブ
ル
|
マ
ウ
ン
テ
ン
 
国
立
や
森
林
公
園
  
0
q
以
上
と
か
な
り
離
れ
て
る
 °
  
リ
サ
の
家
を
目
指
す
 °
彼
女
の
家
は
シ
ド
ニ
|
都
心
部
か
ら
2
0
  
に
な
っ
た
  
メ
ン
を
食
し
 
汗
だ
く
だ
っ
た
の
か
上
だ
け
脱
い
で
大
胆
に
下
着
  
腹
を
満
た
し
ト
ラ
ッ
ク
で
移
動
を
再
開
す
る
 °
リ
サ
は
巨
大
ラ
|
  
計
時
ま
で
終
始
驚
愕
状
態
だ
っ
た
:
:
  
め
全
て
平
ら
げ
る
:
:
 °
店
員
が
あ
ら
ゆ
る
意
味
で
入
店
か
ら
会
  
リ
サ
が
俺
と
お
じ
さ
ん
の
男
性
陣
2
人
が
大
半
を
残
し
た
分
も
含
  
り
全
乗
せ
ラ
|
メ
ン
を
  
そ
の
店
で
普
通
の
人
な
ら
食
べ
切
れ
な
い
超
特
大
山
盛
り
こ
っ
て
  
特
に
激
戦
区
で
あ
る
 °
 
閑
話
休
題
 °
  
ち
な
み
に
オ
|
ス
ト
ラ
リ
ア
は
ラ
|
メ
ン
ブ
|
ム
で
シ
ド
ニ
|
は
  
で
食
べ
る
事
に
し
た
 °
  
外
食
先
は
海
外
進
出
し
て
い
る
日
本
の
行
列
系
人
気
ラ
|
メ
ン
屋
  
後
 
空
腹
だ
っ
た
た
め
遅
め
の
昼
食
を
摂
る
 °
  
そ
の
後
は
浅
瀬
や
浜
辺
で
遊
び
 
時
を
過
ご
し
海
水
浴
を
終
え
た
  
人
だ
け
の
思
い
出
に
し
た
 °















   

  
 
ち
ょ
っ
と
ぉ
私
が
い
る
か
ら
イ
イ
で
し
ょ
!
?
:
:
そ
れ
に
:
  
姿
も
久
し
ぶ
り
に
見
た
か
っ
た
の
に
:
:
 
  
 
え
!
?
そ
う
な
の
!
急
だ
な
ぁ
|
お
ば
さ
ん
の
あ
の
魅
惑
的
な
  
日
か
ら
懸
賞
で
当
た
っ
た
世
界
旅
行
の
真
っ
最
中
よ
 
  
 
パ
パ
と
マ
マ
な
ら
今
頃
|
ハ
ワ
イ
に
バ
カ
ン
ス
か
し
ら
?
一
昨
  
 
所
で
リ
サ
:
:
お
じ
さ
ん
と
お
ば
さ
ん
は
?
 
  
  
彼
は
リ
サ
に
質
問
す
る
  
途
中
で
宅
配
便
が
来
て
 
居
合
わ
せ
た
透
が
受
け
取
る
 °
そ
の
後
  
た
よ
う
な
錯
覚
に
陥
る
  
リ
サ
の
部
屋
は
天
井
が
高
く
 
彼
女
の
隣
に
い
る
と
小
人
に
な
っ
  
と
解
っ
た
 °
  
そ
こ
の
大
扉
へ
リ
サ
が
入
っ
て
行
く
の
で
そ
こ
が
彼
女
の
部
屋
だ
  
の
隣
に
一
戸
建
て
の
大
き
め
の
小
屋
が
追
加
さ
れ
て
お
り
  
む
し
ろ
増
築
だ
ろ
う
か
:
:
か
つ
て
と
変
わ
ら
な
い
リ
サ
の
自
宅
  
巨
大
な
彼
女
に
合
う
よ
う
に
改
築
さ
れ
て
い
た
の
だ
 °
  
リ
サ
の
家
は
ホ
|
ム
ス
テ
イ
の
時
と
住
所
は
変
わ
ら
な
い
 
だ
が
 
  
  
る
 °
す
っ
か
り
日
も
傾
き
夕
方
だ
  
荒
野
と
農
耕
地
帯
が
広
が
る
場
所
に
彼
女
の
家
が
あ
り
 
到
着
す

   

  
 
去
年
泊
ま
っ
た
健
康
ラ
ン
ド
の
展
示
品
だ
よ
 °
間
違
え
て
持
っ
  
 
あ
!
コ
レ
っ
て
:
:
?
!
 
  
源
郷
の
宿
で
リ
サ
が
来
た
特
大
の
浴
衣
だ
  
さ
っ
き
の
宅
配
便
の
箱
だ
 °
中
か
ら
衣
類
が
出
て
来
る
 °
あ
の
桃
  
ん
だ
!
 
  
っ
て
日
本
か
ら
今
日
届
く
よ
う
に
送
っ
て
た
の
が
さ
っ
き
届
い
た
  
 
そ
 
そ
う
だ
 
俺
も
気
を
使
わ
せ
て
よ
 °
渡
し
た
い
も
の
が
あ
  
  
を
変
え
る
  
透
も
つ
ら
れ
て
赤
く
な
る
 °
ち
ょ
っ
と
気
ま
ず
い
か
ら
彼
は
話
題
  
は
照
れ
と
恥
ず
か
し
さ
で
真
っ
赤
だ
  
 
変
な
所
で
気
を
使
わ
な
く
て
良
い
の
に
 
も
ぅ
|
 
彼
女
の
顔
  
か
れ
た
置
き
手
紙
だ
っ
た
:
:
  
る
 °
Y
O
U
達
ヤ
ッ
ち
ゃ
い
な
よ
|
☆
と
言
う
よ
う
な
意
味
で
書
  
 
ん
?
!
コ
レ
っ
て
つ
ま
り
:
:
 
つ
ま
り
:
:
と
は
こ
う
で
あ
  
は
:
:
  
リ
サ
が
顔
を
赤
く
し
て
壁
に
貼
ら
れ
た
メ
モ
を
指
さ
す
 
そ
れ
に
  
  
わ
:
:
:
:
!
 
  
:
パ
パ
と
マ
マ
は
そ
の
:
:
:
:
応
援
し
て
:
:
く
れ
て
た
:
:

   

  
音
は
伏
せ
て
お
く
透
  
そ
う
な
る
の
を
今
す
ぐ
見
た
い
け
ど
ね
∨
 
建
て
前
を
言
い
 
  
 
肌
蹴
な
き
ゃ
い
い
け
ど
ね
∧
む
し
ろ
御
自
慢
で
特
大
の
豪
乳
が
  
ね
|
フ
フ
 
  
 
成
長
し
て
る
か
ら
合
う
わ
よ
♪
お
っ
ぱ
い
は
少
し
キ
ツ
い
か
も
  
リ
サ
な
ら
ど
う
か
な
?
 
  
 
あ
の
時
は
胸
が
合
っ
て
て
他
の
丈
が
大
分
余
っ
て
た
け
ど
今
の
  
り
が
と
う
 °
 
  
 
制
服
の
次
は
浴
衣
な
ん
て
日
本
土
産
ら
し
く
て
嬉
し
い
わ
!
あ
  
の
ま
ま
プ
レ
ゼ
ン
ト
っ
て
わ
け
 
  
 
返
そ
う
と
し
た
ら
貰
っ
ち
ゃ
っ
た
ん
だ
よ
 °
だ
か
ら
リ
サ
に
そ
  
の
仕
業
か
も
し
れ
な
い
:
:
  
リ
サ
の
両
親
が
旅
行
で
い
な
い
の
も
ひ
ょ
っ
と
す
る
と
仙
人
た
ち
  
よ
う
だ
 °
  
度
々
都
合
に
合
わ
せ
2
人
の
関
係
に
陰
な
が
ら
支
援
を
し
て
い
る
  
一
度
 
透
と
リ
サ
は
記
憶
を
操
作
さ
れ
た
が
 
実
は
あ
れ
か
ら
も
  
う
だ
  
送
し
記
憶
を
替
え
て
 
彼
女
の
手
に
渡
る
よ
う
に
暗
示
さ
れ
た
よ
  
ど
う
や
ら
桃
源
郷
の
仙
人
が
術
で
こ
の
特
大
浴
衣
を
彼
の
元
へ
転
  
て
帰
っ
ち
ゃ
っ
た
ろ
?
 
















   

  
が
り
で
行
楽
客
が
リ
サ
を
巨
大
生
物
と
見
間
違
え
る
ハ
プ
ニ
ン
グ
  
そ
の
後
は
パ
|
テ
ィ
を
し
 
は
し
ゃ
ぐ
う
ち
に
疲
れ
て
眠
る
 °
  
生
∧
歓
喜
∨
  
B
B
Q
 °
海
で
見
れ
な
か
っ
た
ビ
キ
ニ
ぽ
ろ
り
の
ハ
プ
ニ
ン
グ
発
  
更
に
次
の
2
5
日
は
自
然
公
園
へ
出
か
け
 
湖
畔
で
キ
ャ
ン
プ
と
  
い
 
せ
い
な
る
夜
を
過
ご
す
 °
  
恋
愛
映
画
を
見
て
た
ら
い
い
雰
囲
気
に
な
り
お
互
い
熱
く
愛
し
合
  
り
  
常
は
早
さ
だ
 °
夜
は
リ
サ
の
浴
衣
姿
に
彼
は
す
っ
か
り
お
熱
く
な
  
実
も
沢
山
生
っ
て
お
り
も
う
す
ぐ
熟
れ
て
食
べ
頃
な
ご
様
子
 °
  
伸
び
て
い
る
  
イ
を
し
て
も
木
の
て
っ
ぺ
ん
に
は
届
か
な
い
4
m
は
あ
る
樹
木
へ
  
す
っ
か
り
大
き
く
育
ち
2
6
0
p
は
あ
る
巨
体
の
リ
サ
が
バ
ン
ザ
  
見
に
行
く
透
  
次
の
2
4
日
 
リ
サ
の
自
宅
か
ら
離
れ
た
畑
に
植
え
た
桃
の
木
を
  
  
か
な
:
:
?
 
  
 
え
え
?
!
本
当
か
い
 °
し
っ
か
し
早
い
な
|
!
品
種
改
良
な
の
  
も
う
立
派
な
木
に
な
っ
て
る
の
!
 
  
 
あ
 
そ
う
だ
わ
!
明
日
植
え
た
桃
の
木
を
見
せ
て
あ
げ
る
わ
 °

   

  
腕
 
2
8
0
p
付
近
の
豪
乳
に
締
め
付
け
ら
れ
快
感
と
圧
力
を
存
  
リ
サ
が
透
に
熱
く
ハ
グ
を
す
る
 °
彼
女
の
2
6
0
p
の
巨
体
と
剛
  
く
ら
い
な
の
に
ぃ
|
 
  
 
わ
ざ
わ
ざ
来
て
く
れ
て
感
謝
し
て
る
わ
 °
ず
っ
と
い
て
も
良
い
  
よ
 
  
く
っ
て
去
年
と
は
ま
た
違
っ
て
 
と
て
も
イ
イ
思
い
出
に
な
っ
た
  
 
じ
ゃ
あ
ね
リ
サ
!
こ
っ
ち
で
の
リ
サ
と
の
年
の
瀬
は
暑
く
て
熱
  
も
ら
う
透
 °
  
リ
サ
と
叔
父
さ
ん
の
ト
ラ
ッ
ク
で
シ
ド
ニ
|
国
際
空
港
へ
送
っ
て
  
時
が
来
る
 °
  
リ
サ
と
の
ア
ツ
熱
な
時
を
過
ご
す
が
物
足
り
な
い
感
覚
で
帰
国
の
  
っ
た
様
子
だ
っ
た
  
意
し
た
 
花
火
セ
ッ
ト
で
新
年
を
お
祝
い
し
 
な
ん
か
調
子
が
狂
  
N
E
W
 
Y
E
A
R
を
迎
え
リ
サ
が
夏
だ
か
ら
と
ち
ゃ
っ
か
り
用
  
番
組
を
見
た
後
  
大
晦
日
は
薄
手
で
冷
房
を
か
け
な
が
ら
紅
白
な
ど
の
日
本
の
年
末
  
透
  
々
と
楽
し
い
日
々
を
リ
サ
と
過
ご
し
ホ
ッ
ト
な
年
の
瀬
を
迎
え
る
  
他
に
も
エ
ア
|
ズ
ロ
ッ
ク
に
行
っ
た
り
な
ど
の
観
光
も
混
ぜ
て
色
  
発
生
∧
錯
乱
∨




















   

  
一
年
で
種
か
ら
植
え
た
桃
が
沢
山
実
が
採
れ
る
ほ
ど
と
は
桃
源
郷
  
リ
サ
は
浴
衣
姿
で
報
告
を
始
め
る
  
こ
の
実
の
種
も
植
え
て
ど
ん
ど
ん
増
や
し
て
桃
畑
に
し
た
い
な
|
 
  
の
!
  
ん
な
に
甘
く
な
い
け
ど
お
腹
を
満
た
せ
て
良
い
デ
ザ
|
ト
に
な
る
  
 
透
見
て
!
あ
の
桃
の
実
が
豊
作
な
の
!
早
く
出
来
た
せ
い
か
そ
  
っ
た
ビ
デ
オ
レ
タ
|
が
来
た
  
そ
れ
か
ら
一
ヶ
月
ほ
ど
経
っ
た
頃
リ
サ
か
ら
感
謝
の
お
返
事
が
入
  
  
  
見
送
る
2
人
を
背
に
し
て
透
は
日
本
へ
帰
国
す
る
 °
  
 
ま
た
ね
|
透
|
!
!
ま
た
来
る
の
楽
し
み
に
待
っ
て
る
か
ら
|
!
 
  
さ
 °
そ
れ
ま
で
G
O
O
D
 
L
U
C
K
!
お
達
者
で
!
!
 
  
リ
ト
ル
マ
イ
ダ
|
リ
ン
な
ん
て
ね
 °
そ
の
内
ま
た
こ
の
地
へ
来
る
  
 
さ
し
ず
め
リ
サ
は
ビ
ッ
グ
マ
イ
ハ
ニ
|
で
す
ね
 °
そ
し
て
俺
は
  
の
顔
が
赤
く
な
る
  
 
ダ
|
リ
ン
っ
て
:
:
も
う
|
お
じ
さ
ん
っ
た
ら
|
!
!
 
リ
サ
  
あ
ん
ま
り
泣
か
せ
ち
ゃ
イ
ケ
な
い
ぜ
!
 
叔
父
さ
ん
が
諭
す
  
 
リ
サ
ち
ゃ
ん
 °
ダ
|
リ
ン
君
が
い
な
く
て
淋
し
が
っ
て
る
ぜ
 °
  
分
に
味
わ
う
 °




















   

  
に
な
り
ま
し
た
 °
司
会
は
御
馴
染
み
:
:
∨
  
∧
お
待
た
せ
し
ま
し
た
|
み
て
み
て
ビ
ッ
ク
リ
ワ
|
ル
ド
の
時
間
  
の
で
彼
は
楽
し
み
で
仕
方
が
な
い
  
番
組
S
P
の
C
M
で
リ
サ
の
巨
躯
が
チ
ラ
ッ
と
だ
け
映
っ
て
い
た
  
近
づ
い
て
る
  
そ
し
て
し
ば
ら
く
経
過
し
た
翌
日
 °
リ
サ
が
出
る
番
組
の
時
間
が
  
  
 
何
!
?
リ
サ
が
T
V
に
?
!
こ
れ
は
見
て
お
か
な
い
と
な
:
:
 
  
日
☆
曜
日
?
時
く
ら
い
に
や
る
特
番
ら
し
い
わ
!
 
  
 
日
本
で
も
番
組
が
流
さ
れ
る
み
た
い
だ
か
ら
見
て
よ
!
○
月
○
  
告
に
感
慨
深
く
な
る
透
  
と
う
と
う
そ
ん
な
領
域
に
ま
で
達
し
た
の
か
と
リ
サ
の
成
長
の
報
  
る
こ
と
に
し
た
の
 
  
い
に
な
る
の
は
抵
抗
が
あ
る
け
ど
透
と
の
約
束
も
あ
る
か
ら
応
じ
  
流
石
に
こ
れ
だ
け
大
き
い
と
 
注
目
す
る
み
た
い
で
見
世
物
み
た
  
T
V
の
取
材
が
来
て
ち
ょ
っ
と
戸
惑
っ
た
わ
  
 
背
も
伸
び
た
み
た
い
で
2
7
0
p
に
届
き
そ
う
な
の
 °
そ
れ
と
  
た
せ
る
だ
け
で
も
効
力
は
ま
だ
ま
だ
強
い
  
早
熟
で
甘
さ
が
控
え
め
の
よ
う
だ
が
大
喰
ら
い
リ
サ
の
食
欲
を
満
  
の
桃
は
い
さ
さ
か
尋
常
で
は
な
い
:
:











   

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
が
緊
張
し
て
来
る
:
:
 
番
組
が
始
ま
り
透
は
何
故
か
構
え
る
  
 
い
よ
い
よ
か
:
:
リ
サ
が
T
V
で
登
場
す
る
の
に
な
ん
だ
か
俺

  > ≫